神戸出張





繁華街・三宮のランドマーク・生田神社の近くにある


「bar shark」(バーシャーク)に立ち寄る。


神戸・三宮「bar shark」へ行く。_f0232060_19504422.jpg













店内は薄暗く、至るところに熱帯魚が入った水槽があって、


テーブルも水槽になっているので、魚を眺めながらお酒が楽しめる。


神戸・三宮「bar shark」へ行く。_f0232060_1952917.jpg


神戸・三宮「bar shark」へ行く。_f0232060_19522686.jpg


神戸・三宮「bar shark」へ行く。_f0232060_1952378.jpg












水槽お酒の相性がすごくいい。


お酒のメニューも豊富で、フレッシュフルーツのカクテルも作ってくれる。


団体でも、デートでも、一人でも気軽に立ち寄れそうなバーだった。


神戸・三宮「bar shark」へ行く。_f0232060_19543931.jpg


神戸・三宮「bar shark」へ行く。_f0232060_1955768.jpg


神戸・三宮「bar shark」へ行く。_f0232060_19551692.jpg








■「bar shark」
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28032128/








タグ:
by meshi-quest | 2019-05-12 08:06 | 旅行_国内









いま、海外で


「ミクソロジーカクテル」


なるものが流行っているらしい。













混ぜる「mix」と科学的な「ology」を合わせた造語だが、


通常のカクテルで使うようなリキュールではなく、


新鮮なハーブ、スパイス、フルーツと、


さらに数種のお酒を合わせて、


今までのカクテルの概念を超えたカクテルがミクソロジーだそうだ。














そんなミクソロジーカクテルは、


東京駅に有名店があって飲めるのだが、


ここ金沢でも駅のすぐ隣の


オシャレなビルの2階で飲めると聞き、お邪魔してみた。


一見、事務所のような緑のドアが入口。


金沢「ザ ステーションバー ミクソロジー」へ行く。_f0232060_17511376.jpg


金沢「ザ ステーションバー ミクソロジー」へ行く。_f0232060_17514647.jpg















中に入ると、広々とした開放感あるオシャレな店内で、


外観からは想像できない雰囲気にテンションが上がる。


金沢「ザ ステーションバー ミクソロジー」へ行く。_f0232060_17531795.jpg


金沢「ザ ステーションバー ミクソロジー」へ行く。_f0232060_17533097.jpg















たまたまオープン近くで入れたので、まだ席が空いてて、


窓際の、これまたオシャンティーなソファを独占。


この鹿の骨のランプ、カッコいいなあー。


金沢「ザ ステーションバー ミクソロジー」へ行く。_f0232060_17543830.jpg














早速、オススメのミクソロジーカクテルメニューを見てみる。


組み合わせが意外過ぎて、全く味が想像できんw


勇気を持ってチャレンジしたい気になるメニューもあるが、


まずはチュートリアル的に飲みやすいカクテルをお願いしてみる。


金沢「ザ ステーションバー ミクソロジー」へ行く。_f0232060_1757376.jpg


金沢「ザ ステーションバー ミクソロジー」へ行く。_f0232060_17575620.jpg















「Four Seams」(フォーシームス)という看板カクテル。


石川の地酒・天狗舞と、


ジンと、レモンと、黒ごまシロップの組み合わせ。


これが見た目の華やかさと反して、


上品ですごく飲みやすく、とても美味しい。


金沢「ザ ステーションバー ミクソロジー」へ行く。_f0232060_182711.jpg
















次のミクソロジーカクテルは、


純米酒 × ジャスミン × ミルクパンチ。


ミルクパンチは、数種のハーブを加えた独自のシロップだそう。


クジャクの羽が付いた豪華な見た目だが、


これまたものすごく上品な味わいで、一気に飲めてしまう飲みやすさ。


金沢「ザ ステーションバー ミクソロジー」へ行く。_f0232060_184354.jpg














本当は軽く一杯のつもりだったが、


居心地の良さに加え、あまりに美味しくて、もう少し飲ませてもらうことに。


お通しの燻製ナッツも美味しいな。


金沢「ザ ステーションバー ミクソロジー」へ行く。_f0232060_185894.jpg















続いては、洋梨 × 山わさび。


大好きな洋梨のカクテルを注文。


洋梨のいい香りが残りつつ、山わさびで甘さが抑えられてて、


とてもサッパリと飲めるカクテルになっていた。


金沢「ザ ステーションバー ミクソロジー」へ行く。_f0232060_1865374.jpg














最後は、一番派手なものを!とお願いした一品。


棒茶 × ホワイトチョコレート × スモーク


蓋がされてるのは、中に燻製のスモークが入っているから。


金沢「ザ ステーションバー ミクソロジー」へ行く。_f0232060_189879.jpg















これまでの3つの中では一番アルコールがきつめだが、


ホワイトチョコを一口加えながら、


スモークの香りと共に飲むカクテルは、


初めて飲む組み合わせだが、変に逸脱してなくて、


ちゃんと一般人の思う美味しいの範囲に留まっている。


金沢「ザ ステーションバー ミクソロジー」へ行く。_f0232060_18112419.jpg


金沢「ザ ステーションバー ミクソロジー」へ行く。_f0232060_18113461.jpg










何から何まで素晴らしいバーだった。


カクテルのプロデューサーを聞いてみたら南雲主于三さんで、


実は以前によく「XEX東京」でお世話になっていたバーテンさんだった。


ミクソロジーをされる前の当時の南雲さんの貴重なカクテルが


備忘録のように「メシクエ」に残ってて、懐かしいかぎり。


当時からすごく不思議で、


それでいて美味しいカクテルを作ってくださる素敵なバーテンさんだった。


こんなところでまたお名前を聞けるとはなあ、これだから人生は面白い。








■「ザ ステーションバー ミクソロジー」
https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17010698/







by meshi-quest | 2019-01-14 08:07 | 旅行_国内



Barは、カクテルの味もさることながら、


店やスタッフの雰囲気、客層など、


自分との相性がどれだけいいかが重要だと思う。











簡単に言うと、「居心地がいいか」。


これに尽きる気がする。













クリスタルグラスで有名なバカラ直営のBar、


「B bar」は、私がいま都内で一番好きで、


私にとって最高に居心地のいいBarだ。













■「B bar」
http://www.baccarat.co.jp/ja/the-world-of-baccarat/bars-restaurants/b-bar.htm















■今日のカメ

■「B bar」
六本木「B bar」へ行く。_f0232060_15593345.jpg六本木ヒルズ横の、けやき坂通りにあります。バカラショップに併設されています。









■これを飲みにきた。
六本木「B bar」へ行く。_f0232060_1603765.jpg私がこよなく愛する「ロイヤルブルーティー」という最高級茶。

1杯1800円ですが、その価値があるお茶です。ちなみに、一番好きなのはロイヤルブルーティーの中の「Fall in Love」という種類ですが、「B bar」にあるのは「QUEEN of BLUE」のみです。




■マスカット
六本木「B bar」へ行く。_f0232060_1641169.jpg熟したマスカットを使ったカクテル。

見た目にも美しく、味も香りも最高に素晴らしい。ホント「B bar」のフレッシュフルーツカクテルは美味しいです。






■エルダーフラワー
六本木「B bar」へ行く。_f0232060_1645294.jpgさっきのマスカットのカクテル、マスカット以外に初夏の草花のような爽やかな香りがすると思ったら、このエルダーフラワーのリキュールが入っていたそうです。いい香り。







■マンゴー
六本木「B bar」へ行く。_f0232060_1655642.jpgちょっと贅沢をして、宮崎完熟マンゴーを使ったカクテルを。トロトロでいい香り。最高。




久しぶりに下北沢探索。


私の学生の頃より、ずっとアングラ臭が薄くなって、


フレッシュになったというか、なんか原宿みたいになってきたなという印象。













夜は、「Cuore Forte クオーレ・フォルテ」で、イタリアン。


夜になってくると、人や雰囲気が変わり始め、


ようやく、ちょっと懐かしいアングラ臭が漂ってきた。













ああ、これだ、これ。このにおい。


アングラ臭をつまみに、赤ワイン。













■「Cuore Forte クオーレ・フォルテ」
http://ameblo.jp/daisuke8741/















■今日のカメ

■店内の様子
下北沢「クオーレ・フォルテ」へ行く。_f0232060_15434578.jpg井の頭線「下北沢駅」から徒歩5分ほど。

カウンターがメインで、奥にテーブル。かなり人気店なので、ディナータイムは予約必須。







■赤ワイン
下北沢「クオーレ・フォルテ」へ行く。_f0232060_1546594.jpgお店おすすめの赤をグラスで。










■前菜の盛り合わせ
下北沢「クオーレ・フォルテ」へ行く。_f0232060_1548076.jpg迷ったら、盛り合わせw。7種の前菜が乗っています。









■前菜アップ①
下北沢「クオーレ・フォルテ」へ行く。_f0232060_15502622.jpg茄子とナッツのパテ、豚肉のコラーゲンテリーヌ、パプリカのマリネなど。どれも食べやすく、美味しいです。








■前菜アップ②
下北沢「クオーレ・フォルテ」へ行く。_f0232060_15522359.jpgライスコロッケ(?)のような感じ。










■前菜アップ③
下北沢「クオーレ・フォルテ」へ行く。_f0232060_15533368.jpg鶏ハム。










■前菜アップ④
下北沢「クオーレ・フォルテ」へ行く。_f0232060_1554131.jpg生ハム。ホースラディッシュ付き。










■前菜アップ⑤
下北沢「クオーレ・フォルテ」へ行く。_f0232060_1555109.jpgホタルイカのマリネ。










■じゃが芋パンケーキ
下北沢「クオーレ・フォルテ」へ行く。_f0232060_15564691.jpg「じゃが芋とフォンティーナチーズのフリコ」です。

「フリコ」とは、イタリアのフリウーリ地方の名物料理で、パンケーキのようなもの。






■鶏のフリット
下北沢「クオーレ・フォルテ」へ行く。_f0232060_1611595.jpgみんな大好き鶏のから揚げ。プリプリで美味しく揚がっていました。









■ポルケッタ
下北沢「クオーレ・フォルテ」へ行く。_f0232060_1625253.jpg「豚バラ肉のポルケッタ」(950円)です。

「ポルケッタ」とは、イタリアのウンブリア州の郷土料理で、ハーブをきかせた豚の丸焼きです。







■ポルケッタ、アップ
下北沢「クオーレ・フォルテ」へ行く。_f0232060_1653744.jpg色んなお店でポルケッタをいただいてきましたが、「クオーレ・フォルテ」のポルケッタは、ちょっと変わってて、ハムステーキのようにしっかり両面焼いてから出てきます。かなり濃厚です。







■豚肉のラグーパスタ
下北沢「クオーレ・フォルテ」へ行く。_f0232060_16165670.jpg「豚肉と香味野菜のラグーソースパスタ」(1200円)です。

ゴロッと大きめの肉が入っていて、美味しいパスタでした。






■デザート
下北沢「クオーレ・フォルテ」へ行く。_f0232060_1618285.jpg本日のドルチェは、素朴な甘さのカステラのようなケーキでした。




赤坂に非常に詳しい方にご招待いただき、


赤坂隠れ家イタリアンへ。












うん、さすがグルメな方の隠れ家だけあって、


料理も美味しく、居心地もいい。


こういう場所って、ホント教えてもらわないと分からない。













世の中には、知らない場所がいっぱいあって、


美味しいものがまだ眠っている。













まるで、RPG。


私のメシクエストはまだまだ続きそうだ。












■「WINE BAR THE GATE (ワインバー ザ・ゲート)」
http://winebarthegate.com/















■今日のカメ

■「THE GATE」
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_21182094.jpg丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」から徒歩3分ほど。










■入口
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_21202030.jpg気をつけて見ていないと通り過ぎてしまいそうな入口。









■店内の様子
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_21212343.jpg入口すぐから階段を上がり、2階がカウンター中心のワインバー、3階がテーブル席。屋上のテラス席もあります。








■テーブルセット
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_21365259.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■1品目
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_21391463.jpgアラカルトで注文。

1品目は、「岩井産 ほうぼうのカルパッチョ」です。







■ほうぼう、アップ
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_21413223.jpgカラフルな野菜の下に、ほうぼうのカルパッチョ。繊細でやさしいの白身でした。









■2品目
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_2143586.jpg「上州もち豚自家製ロースハム、武州鴨自家製生ハム、薩摩黒豚の厚切り生ハムの盛り合わせ」です。









■肉盛り合わせ、アップ
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_21455298.jpgワインに合う、香り良い肉の盛り合わせ。美味しい!









■自家製パン
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_2147047.jpgパンにとてもこだわっていて、毎日焼いている自家製。このパン生地を使ったピザもあるらしい。

すごく香り良く、甘味がある美味しいパンでした。







■3品目
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_21494683.jpg「自家製ハーブソーセージのトマトソースパスタ」です。

ハーブソーセージも美味しかったですが、何よりトマトソースがすごく美味しかった!久しぶりに、美味しいパスタをいただき、大満足。





■4品目
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_21522573.jpg「日南鶏の香草パン粉焼き 新じゃがいものブレゼ添え」です。

メニューに美味しそうなメイン料理が5種類くらいあったのですが、なんかコレに惹かれました。






■日南鶏、アップ
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_21544650.jpg鶏がやわらかく、香草も強すぎず、食べやすい。この料理も、すごく美味しかったです。









■5品目
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_21581476.jpgワインバーならではの、厳選チーズの盛り合わせ。










■チーズ、アップ
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_21591765.jpgどのチーズもいい感じに熟成していて、とても美味しかったー。私の好きなエポワスもトロトロ。

最高級ロックフォールに信州諏訪産日本みつばちの蜂蜜をかけたものも出してもらいました。西洋蜂蜜だと、甘さが続いてしまって、ロックフォールに合わず、全国探して、甘味のキレが良い日本みつばちにたどり着いたとのこと。ワインが進むー。



■6品目
赤坂「ワインバー ザ・ゲート」へ行く。_f0232060_2244027.jpgマンゴーのケーキ。甘さ控えめ。


中野に長年住んでいる方に、カクテルが美味しい本格的なバーがあると聞き、


中野「Bar Caravin キャラバン」へ。











中野はどうしても居酒屋だったり、ワイワイ飲むイメージしかなく、


正直、ゆっくり飲みたい時には中野は向かないかなと思っていたので、


こんなに静かで、大人なバーがあるとは驚いた。











カクテルも美味しく、居心地も良かった。


ぜひまた伺わせていただこうと思う。













■「Bar Caravin キャラバン」
http://www.sometime.co.jp/caravin/main.html















■今日のカメ

■「Bar Caravin」
中野「Bar Caravin」へ行く。_f0232060_17243370.jpgJR中野駅北口から徒歩3分ほど。

北口飲み屋街から一本脇道に入ったビルの地下にあります。1階がコンビニです。







■カウンターの様子
中野「Bar Caravin」へ行く。_f0232060_17254511.jpg広めのカウンターにゆったり席が配置されています。









■テーブルの様子
中野「Bar Caravin」へ行く。_f0232060_17265527.jpg数人でゆっくり飲めるテーブル席もあります。










■お通し
中野「Bar Caravin」へ行く。_f0232060_1728170.jpgバイ貝の煮付け。










■スイカのソルティードッグ
中野「Bar Caravin」へ行く。_f0232060_1728457.jpgフレッシュフルーツのカクテルが自慢ということで、常時季節のフルーツが用意されています。

これは、夏期限定というスイカのソルティードッグ。スイカやメロンなど、ウリ科の果物はカクテルにするのが難しいと言われていますが、これは絶品。スイカのいい香りと、ほのかな塩味が最高でした。




■イチゴのカクテル
中野「Bar Caravin」へ行く。_f0232060_1730309.jpg美味しかったので、もう一杯作ってもらいました。

イチゴのミルキーなカクテル。これも甘さ控えめで美味しく出来ていました。


銀座のコリドー街にあるワインバー「stock ストック」へ。










カウンターメインの小さなお店だが、夜遅くまで、


フレンチやイタリアンを取り入れた創作料理やデザートが食べれる。











いつも常連さんで賑わっており、この日もほぼ満席。













■銀座「ストック」
http://www.ginzastock.jp/















■今日のカメ

■銀座「ストック」
銀座「ストック」へ行く。_f0232060_15312581.jpg銀座駅から地下道通って、徒歩5分ほど。コリドー街の中にあります。









■店内の様子
銀座「ストック」へ行く。_f0232060_15325512.jpgカウンターがメインで、奥にテーブル数席。小さめの店内です。









■カシスオレンジ
銀座「ストック」へ行く。_f0232060_1534140.jpg前の店で飲んでいたので、かわいらしくカシスオレンジで(笑)。

カシスオレンジ程度だと、ジュースにしか感じぬ。







■自家製リエット
銀座「ストック」へ行く。_f0232060_15354876.jpg奥にある白いものが、自家製リエット。豚のリエットの上にクリームが乗っています。バケット付き。









■3種のポテトフライ
銀座「ストック」へ行く。_f0232060_15371078.jpg「インカのめざめ」「金時芋」「北あかり」の3種のポテトフライ。









■キノコのトマトクリームパスタ
銀座「ストック」へ行く。_f0232060_15383926.jpgエリンギやしめじがたっぷり入ったトマトクリームパスタ。

ガーリックがきいていて、美味しかった!
by meshi-quest | 2012-03-31 15:39 | 銀座
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン