懇意にさせていただいている大好きな鮨屋、


「波やし」で恒例の癒しのオア鮨タイム。


今年一番お世話になったお鮨屋さんと言って過言ではない「波やし」さんで、


今年最後の鮨納め&忘年会


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1226417.jpg
















この時期になると、「波やし」さんがお世話になったお客さんへ、と


黒龍の最高級限定酒


「石田屋」「二左衛門」を出してくれるのだが、


この2つが揃い踏みすると、ああ年末だなあ・・・という気がしてくる。


早かったな、今年も。


そして、色々ありすぎたわー(泣笑)。ふー。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12292363.jpg















貴重な日本酒をいただきながら、


1年をブツブツ言って振り返りながら(笑)の「波やし」さんスタート。


本日のお造りは、中トロ、カンパチ、サバ、


ボタン海老、青柳の5種。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12334241.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12335177.jpg















焼物3種は、サバハラス、マグロの脳天、つぶ貝の3種。


マグロの脳天が脂乗ってて、すごく美味しい。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12353257.jpg















そして、12月末までの冬のお楽しみ、


香箱ガニ、キターーーー(≧∇≦)ーーーーー!!!


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12365062.jpg
















カニ身の下に内子(卵巣)と外子(受精卵)がたっぷり入ってて、


香箱ガニならではの、本当に幸せな味!!


カニ身はもちろんのこと、濃厚な内子がたまらん。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12395716.jpg















いいお出汁の茶碗蒸し


中にはアワビ、白身魚、ウニも入ってて、超豪華!


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12412570.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1241345.jpg















酢飯リゾットおしんこサラダ


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12423914.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12425197.jpg















大好きな「波やし」さんのばくだん


納豆の中にイクラトロ、イカなど、


たっぷり旨味ある魚介が入ってて、海苔との相性も良く、絶品!


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12444291.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1245692.jpg















スモークサーモンハラスとアワビのバター焼き。


お酒が止まらないおつまみが次から次へとエンドレスで出てくるー!!


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12461489.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12463254.jpg















ついに、さらなる日本酒登場。


大吟醸「飛露喜」、黒龍「しずく」、大吟醸「団」


ああ、これは絶対深夜まで飲んじゃうやーつだw。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_124887.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12481783.jpg
















高級日本酒からの~、カワハギ刺


もちろん、濃厚な付き。


カワハギの肝が大好きで、好き過ぎて肝の中にダイブしそうなくらい好き。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12523052.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1252396.jpg















さすがに人間が肝にダイブするわけにはいかないので、


シャリをダイブさせることで一件落着。


肝は綺麗に全部いただいた。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12544213.jpg
















美味しいホッキ貝が入ってるということで、


私の大好きなマヨネーズで焼いてもらった。激ウマ。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12553992.jpg
















ようやく、にぎりへ。


贅沢に最初から中トロ大トロ


ああ、この旨味と濃厚さ、幸せだーーーー(≧∇≦)ーーーーー!!


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12564535.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12565334.jpg
















車海老イワシ


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1258504.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_12585844.jpg
















ウニカワハギ肝乗せ


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1303689.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1304793.jpg















本日の納豆巻は贅沢にカワハギの肝醤油付き!!


肝醤油を付けて食べると、卵納豆を食べてるような


納豆がまろやかになり、コクが出る。ウマー。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_133527.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1331520.jpg















最後は、穴子のツメと塩の2種。


ふわふわで〆にふさわしい美味しい穴子。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1342861.jpg















お椀も本日はスペシャルバージョンで、


いつもの青海苔に、ホッキ貝と卵が入ってる。


味噌汁にホッキ貝が意外と合うので、驚いた。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_135478.jpg












今年も本当に「波やし」さんにはお世話になりました。


いつも美味しいお鮨をありがとうございます!


私の鮨ライフは「波やし」さんに支えられてますw。


来年もまたお邪魔します!!!









■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/

*移転先の新住所は、「東京都杉並区高円寺北2-7-11」










by meshi-quest | 2019-12-28 08:08 | 高円寺









懇意にさせていただいている広尾の熟成鮨の名店「熟成鮨 万」へ。


11月末に発表されたミシュラン東京2020にて、


オープンしてたった1年で1ツ星を獲得!!


白山大将、本当におめでとうございました!!!


昨年秋のオープン以来、ずっと通わせてもらっているが、


毎回とても素晴らしい熟成鮨を食べさせてもらっていて、感謝している。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_2023222.jpg















辛口の「真澄」をいただきながら、オープンの頃の昔話に花が咲く。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_2033952.jpg















まずは、3日かけてじっくり抽出したほっき貝の温かいエキスから。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_2062126.jpg















6日熟成のボラの白子のオイル漬けと、


9日かけて作る低温調理した絶品あん肝。酒が進むつまみ。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_2075155.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_208079.jpg
















24日熟成のクエを中骨や皮など全て出汁で取って炊いた一品。


旨味がしっかり出ていて、とても美味しい!


上には自家製ポン酢の鬼おろし。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_2093744.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_2010962.jpg
















にぎりは、18日熟成の大間の中トロから。


1年で15日しか出回らない露地物の生姜を使った自家製絶品ガリと共に。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20132294.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20133451.jpg
















18日熟成の大間の同じ個体のマグロづけトロ


づけはわさびではなく福井の地がらしでいただく。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_2015655.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20151567.jpg














11日熟成の佐賀のこはだ


ものすごく美しい皮の輝き。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20164792.jpg
















20日熟成の明石の真鯛と、


23日熟成のクロムツ


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20202531.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20204543.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20205391.jpg
















19日熟成のイシガキダイと、


6日熟成のボタン海老


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20222045.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_2022316.jpg















1つ白身を失念・・・と、32日熟成の芳醇な香りのブリ


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20272571.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20252417.jpg















8日熟成のスルメイカの子供の煮たもの。


イカが全くイカっぽくなくて、柔らかくて驚いた!


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20281935.jpg
















旬のカワハギ8日熟成。


中にたっぷりが入ってて、目が覚めるような濃厚さ!!


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20294659.jpg
















9日熟成のイワシは脂がめちゃくちゃ乗ってて絶品。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_2031122.jpg
















38日熟成のすじこと、


48日熟成のカジキ


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_2032411.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20321335.jpg















ラストのスペシャルメニューは、


3日熟成の香箱ガニ(ズワイガニの雌)を


カニ身内子(卵巣)も外子(成熟卵)も全て混ぜ合わせた


香箱ガニ尽くしのカニご飯!


攻殻機動隊としてはあと3つは食べたいくらいの旨さだった。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20384494.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_20385230.jpg














熟成させた青魚のあらで取った赤出汁


贅沢に熟成魚の出汁を使ってる「万」の赤出汁はめちゃくちゃ美味しい。


は焼き方を変えたそうで、


今まで以上にプリンのようなしっとり柔らかなデザート食感!


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_2041118.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_2041479.jpg









今日も大満足の熟成鮨コースだった。


都内最強&最高の熟成鮨店








■「熟成鮨 万」
http://www.yorozu-sushi.com/wp/



















懇意にさせていただいている大好きな鮨屋、


「波やし」で癒しの一人オア鮨タイム。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_173314100.jpg















本日のお造りは、中トロ、カツオ、サバ、


ボタン海老、青柳の5種。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17342226.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17414628.jpg















焼物3種は、サバハラス、焼き白子、マグロの頭。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17424697.jpg















毛蟹は、カニ足と甲羅付きのカニ味噌。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17433532.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1744691.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17441472.jpg















ばくだんスモークサーモンハラス焼き。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17445935.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1745870.jpg
















大好きなおしんこサラダと一番出汁を使った酢飯リゾット


酢飯リゾットに中には大きな蒸しアワビも。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1746306.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17464438.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17465438.jpg















秋刀魚の肝乗せ焼きとおつまみの


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1747383.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17474740.jpg














おしんこサラダが美味しくて、お代わりw。


今度はカリカリ梅入りバージョン。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17494398.jpg















今日は気分的ににぎりはいつものお任せでなく、


食べたいものを注文して食べることに。


車海老鉄火巻から。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17511978.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17514488.jpg














エビマヨきゅうり穴子


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17524865.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1753199.jpg















〆は珍しく納豆巻き


お寿司屋さんで食べる納豆巻きは格別だなー。


お味噌汁は卵とミョウガを入れたスペシャルバージョン。


本日も広い心でお客のわがままを聞いてくれる絶品「波やし」鮨だった。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1754862.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17541618.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17542686.jpg











「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/

*移転先の新住所は、「東京都杉並区高円寺北2-7-11」










by meshi-quest | 2019-11-19 08:08 | 高円寺









新富町にある鮨の名店「鮨 はしもと」へ。


つい先日、元の新富町のお店から同じ新富町の別エリアに移転され、


新しい場所で新装開店リニューアルオープンをされた。


以前はL字型で大将を囲むような席だったが、


フラットな一直線のカウンターになった。


席数はほぼ変わらず、1席多いかなくらい。個室もある。


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_16591715.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_16592612.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_16593321.jpg















まずは、銀杏から。


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_1711086.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_1711959.jpg














刺身はヒラメ青柳カツオの藁炙り。


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17293231.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17294934.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17295933.jpg















カワハギの肝和え。


カワハギの身とシャリが入ってて、濃厚。カワハギの肝、大好き!


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_1731769.jpg
















本ししゃも


本当のししゃもの味を知ってしまうと、


もういわゆる「ししゃも」は全く別物だなあw。


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17322979.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_1733273.jpg















白子の茶碗蒸し。


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17422090.jpg














シメサバ巻き


花びらのように綺麗に巻かれてる。


脂乗ってるシメサバと薬味と海苔の相性がいい。


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17433677.jpg














あん肝、すじこ味噌漬け、スミイカゲソ。


どれも酒泥棒なつまみだがw、すじこの醤油漬けは格別美味しかった!


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_174579.jpg














秋刀魚ご飯


今年は秋刀魚が不良らしくて、なかなか美味しい秋刀魚に会えないが、


今年出会った秋刀魚の中では確実にNo.1だった。


皮がパリッとしてて、シャリと混ぜる時、いい音がする。


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17462918.jpg















いよいよ、にぎりへ。


こはだスミイカから。


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17472082.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17473164.jpg














ブリ赤身


赤身は大きな1枚を巻き込んで握られてる。


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17483914.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17484798.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17485653.jpg















中トロ、ほっき貝、煮はま。


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17495553.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_1750552.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17501336.jpg















トロカマス、アジ。


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_1751858.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17512756.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17513431.jpg














絶品の車海老穴子


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17521125.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17522453.jpg















しじみの旨味が凝縮されたお椀とデザートのような


どこまでも優しく、丁寧で、美味しいお鮨だった。


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17532972.jpg


【移転オープン】新富町「鮨 はしもと」へ行く。_f0232060_17534225.jpg











■「鮨 はしもと」
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13238306/



















私が大好きでよくお邪魔している居酒屋「じゅん粋」


元大将タイキさんが吉祥寺の路地裏でやっている鮨居酒屋へ。


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_1674865.jpg


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_1675567.jpg















鱒いくらたまり醤油漬とあん肝のたまり醤油煮で乾杯。


あん肝は通常蒸すところ、あえて煮てるとのこと。


おつまみが激ウマい!!


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_1693296.jpg


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_1694051.jpg


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_1694910.jpg
















一番出汁を取って丁寧に作った温泉たまご


ほのかに柚子の香りがする出汁まで全部たまごと一緒に飲んじゃうレベル。


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_1612342.jpg
















美味しいブリとろがあるということで、カマ焼きを。


脂が乗ってて、これもすごく美味しい。


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_16125990.jpg


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_16131053.jpg















本場長崎から取り寄せたスープを使った


長崎ちゃんぽん麺なし


たっぷり野菜を美味しく食べれる、すごくいい一品。


東京のちゃんぽんと違って、


本場長崎の味はやや甘めの醤油で、まろやかな味わい。好み。


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_1615528.jpg
















〆はブリトロウニが入った


にぎり6貫盛り合わせ。


最後まで大満足。


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_16165322.jpg











■「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」

*吉祥寺の「フジストア」がお休みの間、同じ場所で営業
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13174979/












by meshi-quest | 2019-11-13 08:08 | 吉祥寺









食通の知人にご招待いただき、


板橋にあるの名店「鮨 まつ本」で貸し切りグルメ会。


JR板橋駅から近く、


お店は7席でいっぱいくらいのこじんまりとしてて、


明るく楽しい大将山本さんと奥さんで切り盛りするアットホームな鮨屋さん。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16162956.jpg
















日本酒の品揃えがすごいと伺ってたが、


十四代の最高級ラインに始まり、


新政、而今、黒龍などの有名日本酒から、


大将が探してきた各地の鮨に合う銘酒まで噂以上の品揃えだった。


色々と悩んだ末、ラベルがかわいい雪男の日本酒を1杯目にいただく。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16214844.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16222556.jpg
















「鮨 まつ本」は大将のおまかせコースが基本で、


にぎりとつまみが交互に出てくるスタイル。


まずは、シンイカのにぎりから。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16235232.jpg
















次に、松茸根三つ葉のお浸し。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16244886.jpg















こはだサンマ


今年はサンマが不漁だと聞いたが、このサンマはとても美味しかった。


サンマの上には肝を焼いたものが乗ってる。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16261095.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16262527.jpg















本ししゃも


スーパーで売ってるししゃもと味も香りも大違い。これぞ本物。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16271249.jpg
















アジのにぎりと毛ガニ豆腐


この毛ガニ豆腐、カニ身がぎっしり詰まってて、


濃厚でめちゃくちゃ美味しかった!!


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1628468.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16282294.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16284635.jpg
















卵を乗せたボタン海老のにぎりと戻り鰹


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16291943.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16293553.jpg

















軽く炙ったホッキ貝のにぎりと蒸し黒アワビ


黒アワビはをたっぷり味わえるように、


後から小さなシャリを入れて、肝飯にしてくれる。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1631487.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16311970.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16312789.jpg















キンメの炙りにぎりとメヒカリの一夜干し。


どちらも脂ノリノリで、濃厚で、すごく美味しい!!


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16322982.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16324437.jpg
















口直しにサッパリと富山の白エビを挟んで、


いよいよ登場!


2週間熟成させた赤身中トロ。最高。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16344761.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1634397.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16355729.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16351693.jpg
















鱈の白子ポン酢とのどぐろの巻物。


のどぐろ、めちゃくちゃ美味しい!!


脂が海苔を貫通してくるくらい、脂乗ってる。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16373952.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16375511.jpg















ここまでどれも絶品だったが、


本日の最強と言っても過言ではないカワハギ


中には濃厚なカワハギのもたっぷりサンド。


泣ける旨さ!!!


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16401785.jpg
















イクラウニのミニ丼ぶりに、


手ガニの茶碗蒸し。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16413511.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1642432.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16421261.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16422026.jpg















フワッフワの煮穴子


口の中でホロッととろける。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_164372.jpg
















最後は、ネギトロ巻


これでもか!というくらいネギトロ入ってて、


食べてる間に海苔の間から出てくるくらいw。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16442492.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16443379.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16444119.jpg
















〆のもものすごく美味しかった。


甘さ控えめな上品な玉子ケーキを食べている感じ。


2層になってて、


フワフワのスフレ部分とカスタードのようなトロッとした部分があり、


これはここだけでしか味わえない美味しい玉だった。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16464613.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1647242.jpg
















ほうじ茶プリンまでいただいて、


こんなに高級で美味しい鮨とつまみを食べまくったので、


いくらになるのかと思ったら、あまりの安さに正直驚いた。


板橋という場所柄もあるのだろうけど、


東京の中心繁華街でいただくお鮨の1/3くらいのお値段。


この味とボリュームをこの値段で出されてるのでれば、


きっとすぐに予約困難店になるだろうな・・・。


素晴らしい鮨屋さんだった。



板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16503257.jpg











■「鮨 まつ本」
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13185463/











by meshi-quest | 2019-10-31 08:08










私の沖縄へ行く密かな楽しみになっている、


深夜1時からしか空いてない絶品沖縄寿司「たけやん寿司」


ここのところ数回の沖縄出張で


何度かたけやんチャレンジをしてみてるが、全滅。












SNSやHPでのお知らせのようなものはなく、


夜中の12時半頃に現地に行ってみて確かめるしかないのだが(苦笑)、


今までここまで何度も行って空いてなかったことはなく、


老夫婦が営んでいたのだが、近所の人曰く、


大将が体調が悪くなった可能性が高いと・・・。


すごく心配ではあるが、今日も諦める。













さて、現在夜中の12時45分w。


「たけやん寿司」のために仮眠をしてまで外に出て来てて、


頭も胃袋も寿司の受け入れ態勢バッチリになってるので、


ここはなんとしても寿司を食わねばなるまい。













というわけで、黒服のおじさんやお兄さんがひしめく


那覇最大の夜の風俗街・松山に繰り出して、


夜中までやっている寿司屋を探す。


夜の町に緑に怪しく光る「兄弟」の文字。ここに決めた。


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_9463042.jpg















店内ではフレンドリーなおじさんとお兄さんが迎えてくれて、


外の怪しい雰囲気とは違って、とてもアットホーム。


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_948459.jpg















沖縄の白身魚ミーバイなど、


沖縄ならではの寿司ネタもありつつ、


中トロ、ウニ、イクラなど、東京の寿司屋さんでも見かける寿司ネタもある。


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_9515349.jpg


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_952118.jpg


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_9521872.jpg


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_9523855.jpg


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_9524816.jpg


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_952579.jpg


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_9532614.jpg


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_9533578.jpg


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_9534530.jpg


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_9541158.jpg


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_9541813.jpg


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_9542450.jpg















サービスでかぼちゃのアイスをくれた。


夜中まで寿司が食べられるのはありがたいが、


味としては可もなく不可もなくなのと、


夜の町価格なので、少しお高め。


那覇・松山「割烹 兄弟」へ行く。_f0232060_9553998.jpg











■「割烹 兄弟」
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47000493/











by meshi-quest | 2019-10-27 08:03 | 沖縄






懇意にさせていただいている広尾の熟成鮨の名店「熟成鮨 万」へ。


今日はお店に入るやいなや、


大将の白山さんが素敵なトロ山を準備してて、


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_10354393.jpg













上から見ても横から見ても、


ああ、なんて素晴らしいマウント・トロなんでしょう!!


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_10371955.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_10373076.jpg













さらに、赤身中トロも登場し、ワクワクが止まらないw。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_10383445.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_10385880.jpg













興奮を抑えるためにw、オススメの辛口日本酒で一息。


たまたま手に入ったという福井県加藤吉平商店の


純米大吟醸「梵 超吟」が超スッキリ辛口で、めちゃくちゃ美味しい!!


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_10511195.jpg













まずは、ハマグリホッキ貝のエキスがたっぷり詰まった出汁から。


純粋に貝のエキスと塩だけ出そうだが、驚くほど深い味がして、美味しい。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_10521873.jpg













シマエビの塩辛と万願寺唐辛子の炭火焼。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_10534893.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1054153.jpg













のどぐろもすごく脂がのってて、日本酒に合う。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_10544416.jpg













軽く2日熟成をしたいろんなウニの食べ比べ


右上が長崎のアカウニ、左下が淡路のアカウニ、


真ん中ははだて、まるひろ、たちばなのムラサキウニブランド3点。


ウニの種類の差だけでなく、取れた場所でも全然味が違うから驚き。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1058228.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_10591648.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_10592837.jpg













いよいよにぎりへ。


まずは名刺代わりのシャリ


年に数日しか出回らない露地物の生姜を使った絶品自家製ガリ


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_110441.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1105791.jpg













北海道戸井の16日熟成の中トロ赤身のづけ。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_11346100.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_114298.jpg













9日熟成の大トロ。めちゃくちゃ美味しい!!


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1154321.jpg













8日熟成の淡路島の鬼アジ


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1164781.jpg













9日熟成の明石の真鯛と、


13日熟成の鹿児島のシロホシフエダイ


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_118342.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1185660.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_119938.jpg













14日熟成の銚子のシマアジと、


10日熟成のホッキ貝


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1111568.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_11111864.jpg













11日熟成の愛媛県宇和島のイサキ


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_11172954.jpg













9日熟成の大羽イワシと、


22日熟成の夏ブリ


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_11192219.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_11193446.jpg













そして、本日のメインディシュはコレ!!


巨大な松茸登場!!!


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_11211469.jpg













そこにあるだけで、すでにいい香りがする巨大な松茸を


大将の白山さんが寿司屋アレンジの松茸ご飯に仕上げていく。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_11222934.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_11224423.jpg












寿司屋の松茸ご飯が完成!


酢飯松茸の炭火焼と熟成トロのづけが入っている超贅沢ご飯。


これはまさに「万」でしか食べられない唯一無二の松茸ご飯。


海の幸に、山の幸まで堪能できた素敵な「万」ディナーだった。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_11244582.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_11252119.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_11253130.jpg










■「熟成鮨 万」
http://www.yorozu-sushi.com/wp/

















懇意にさせていただいている大好きな鮨屋、


「波やし」で癒しの一人オア鮨タイム。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1449222.jpg















9月のお花を納品させていただき、


白壁の枠にキレイに飾っていただいて、嬉しい限り!



高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_14501021.jpg















まずは、辛口の日本酒と本日のお造りで乾杯!


今日は、本鮪、メイチダイ、サバ、戻り鰹、車海老。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_14581466.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_14582354.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_14583289.jpg















焼物は、マグロのハラミ、サバのハラミ、ホッキ貝のヒモ。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1503510.jpg
















毛蟹はカニ味噌甲羅付きで。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1532166.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1533432.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1534297.jpg















ミニサーロインステーキ


箸休めのおしんこサラダ


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_155847.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1553337.jpg















ハマグリ出汁の酢飯リゾットと絶品ばくだん


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1563182.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1564072.jpg















蒸しアワビと、


マグロの筋焼きのウニ乗せ。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1575544.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_158338.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1581089.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1581750.jpg
















今日はいつもよりつまみ多めでダラダラ飲んでるw。


煮ハマグリメイチダイの皮


穴子アボカド巻き。


つまみの内容は、すべて大将林さんにおまかせ。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15101194.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15101984.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15111832.jpg















いよいよ、にぎりへ。


本日は最初から本鮪のトロスタート。めちゃくちゃ美味しい!!


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1512116.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15121472.jpg















こはだアオリイカ


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15135153.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15135818.jpg















マグロのづけアジ


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15144090.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15145970.jpg
















スミイカイワシシロエビ


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15153144.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15153969.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15164432.jpg















炙りトロウニ


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15172177.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15172974.jpg















ボタン海老車海老


甲殻機動隊としては、海老は2種でも3種でもウェルカム。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1518753.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15181676.jpg















穴子と、海老好きの私にエビマヨ巻き


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15192851.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15194717.jpg















お椀は特別に卵とミョウガを追加の私版味噌汁。


今日はいつもよりつまみ多めに楽しませてもらったなー。美味しかった!


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_15211581.jpg












■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/

*移転先の新住所は、「東京都杉並区高円寺北2-7-11」










by meshi-quest | 2019-09-26 08:08 | 高円寺










私が大好きでよくお邪魔している居酒屋「じゅん粋」


元大将タイキさんが吉祥寺の路地裏でやっている鮨居酒屋へ。


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_1214656.jpg















今の吉祥寺「フジストア」がお休みの間を借りての営業は


8月末までの期間限定となってたが、



この度、少なくとも10月までは延長が確定したとのことで、


美味しい鮨やつまみがまだこの先も食べれるのは良かった、良かった!!


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_12142350.jpg
















というわけで、抹茶ハイで乾杯!!


ビールの人、すでにフライングで飲んでるw。


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_12135176.jpg


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_12144449.jpg
















ヘビロテ中の北海道産鱒の醤油漬けとカニ味噌。


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_12152795.jpg


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_1215366.jpg















長芋のたまり漬けと山芋たっぷりのばくだん


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_121624100.jpg


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_12164093.jpg


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_121732.jpg
















千葉の地蛤銀鱈の西京焼き。


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_1217457.jpg


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_1220944.jpg


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_12201931.jpg
















大将のタイキさん手作りの穴子のツメを使った


穴子の出汁茶碗蒸し


注文が入ってから作って蒸してくれるので、アツアツのプルプル。


ツメがすごく美味しくて、玉子豆腐とすごく合う!!


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_12214918.jpg
















いよいよお待ちかねのにぎり!!


まずは、五島列島の真鯛の塩〆から。


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_1223878.jpg


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_12232130.jpg















メキシコの生本鮪


ワサビではなく、和がらしで。


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_12241152.jpg















大阪湾の脂ノリノリのイワシ


めちゃくちゃ美味しい!


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_1225426.jpg
















名物のうずら


半熟卵の中に酢飯。卵と酢飯がこんなにも合うとは!!


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_12354626.jpg
















根室のウニ


ご飯よりウニの方が多い幸せ。


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_12365441.jpg
















穴子の細巻き。


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_12371965.jpg
















あまりに美味しかったからイワシとうずらをお代わりw。


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_12375347.jpg


吉祥寺「タイキさんの鮨居酒屋(仮)」へ行く。_f0232060_1238247.jpg












8月末までの営業期限が延期されて、


しばらくこの美味しいにぎりとつまみが食べれるのは幸せ。


新作メニューも考えてるそうなので、秋もまた楽しみだなー。














by meshi-quest | 2019-09-03 08:08 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン