タグ:異国料理 ( 140 ) タグの人気記事










12月5日にリニューアルオープンした東急プラザ渋谷


渋谷駅南口の駅前に、まるで銀座のような


きらびやかで近未来的な建物が誕生した。


すごいな、渋谷。すごいな、東急さん。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_282092.jpg
















その東急プラザ渋谷の最上階17階と18階に出来たのが、


シンガポールの有名な「マリーナベイ・サンズ」を手掛ける


ルーフトップレストラン&総合エンターテイメント


「CÉ LA VI TOKYO セラヴィトウキョウ」


日本初上陸ということもあって、オープン前から注目を浴びており、


ご縁があって、ご招待をいただいてお邪魔してきた。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2122429.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2123321.jpg













17階は予約無しで入れるカフェレストランと


朝5時まで営業をしているクラブ


18階は予約のみで入れる


ルーフトップレストランになっている。


さすが、「マリーナベイ・サンズ」を手掛けるだけあって、


特にテラスは渋谷にいることを忘れそうな開放的な空間になってる。


こんなに渋谷で夜景が見えるところもないかも。東京タワーも見える。


冬で寒くてテラスに長居できないのが残念w。春までお預けかな。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_217209.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_218534.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2181461.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2182656.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2183467.jpg















店内はこんな感じで、グレーと赤が基調のシックな空間。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2193918.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2194986.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2195782.jpg















料理は2コースのみで、


5品10,000円か、7品15,000円のみ。


今回は15,000円のコースを注文。


まず1品目は、大根で巻いたマグロのタルタル。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2242198.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2244672.jpg















2品目は、ズワイガニとフローズンメロンのサラダ。


コリアンダーがかなりしっかり効いてて、アジアンテイストな前菜。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2255310.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2261772.jpg















3品目は、和牛ビーフのたたきの生ウニ乗せ。


ソースはトリュフ風味で、濃厚な一品。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2275995.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_228937.jpg















4品目は、ピーナッツとクリスピーポークの担々麺


味は美味しいのだが、これがかなり辛めでスパイシー。


〆ならともかく、こんな早々と舌の感覚がマヒするような料理出しちゃって


その後、大丈夫なのかな・・・と心配になってしまったw。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_231539.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2311591.jpg















5品目は金目鯛の鱗焼き。


かなり強烈なレモングラスとレッドカレーのソース。


1つ前の担々麺くらいから急激にスパイスの強さが加速してきた感じ。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_233359.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2332041.jpg















6品目のメインは2種から選べるようになってて、


ラムチョップを選択。


このラムもかなりスパイシー!


周りはゴマのソースと、豆などの付け合わせ。


ちょっとラムが火が入り過ぎてる印象。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2351172.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2353536.jpg














7品目は、ゆずチーズケーキ


柚子がやや強くて、なんとなくハイシーレモンを思い出す。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2363644.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2364454.jpg















ちなみに、


フロアマネージャーさんが昔からの知り合いだったのでお伝えしたけど、


立地も雰囲気も夜景も素晴らしいけど、


料理が全体的にアジアンリゾート料理というか、


東京の寒い冬に食べるには、なんか違和感もあり、物足りない。


また内容的にもあまり特筆すべきものがなく、


これで15,000円だと、高いかなという印象。


これがホントにアジアのカラッとした海風と、


キレイな海を眺めながらだったら、


同じ料理でも全然印象違ったかもしれないけど、ね。














あと、カクテルは何度も注文間違えてたり、


味もイマイチで、ちと残念だった。


この雰囲気だからこそ、美味しいカクテル飲みたかったのだが・・・(泣)。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_222252.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2221072.jpg










■「CÉ LA VI」
https://www.celavitokyo.com/











by meshi-quest | 2019-12-19 08:05 | 渋谷・神泉









いつもの大好きなタイ料理店「アムリタ食堂」でランチ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_12333219.jpg















この夏、ずっと食べ続けてきたアムリタのガパオライス


寒くなってきて、いい加減、私にも飽きが来るかと思ったら、


一向にその気配はなく、やっぱりガパオは美味しかった。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1235798.jpg















ガパオライスは、ホントよく出来た料理だな。


このトロトロの半熟目玉焼きが、


スパイシーなひき肉とよく絡み合って、とても美味しい。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_12434661.jpg










◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/









by meshi-quest | 2019-12-01 08:07 | 吉祥寺







いつもの大好きなタイ料理店「アムリタ食堂」だが、


今日は珍しく平日ランチにやってきた。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1855048.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_18552058.jpg













いつもようにヘビロテ中のガパオを食べようと思ったら、


何と平日ランチにはガパオはないようで(知らなかった・・・泣)、


土日のようにグランドメニューから自由に選べるわけではなく、


平日は決められたランチメニューから選ぶ方式だった。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_18585514.jpg













その代わり、土日ランチにはないサービスとして、


特製ドレッシングが選べるサラダバーが付いていたり、


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_18595550.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1901288.jpg













ソフトドリンクだけでなく、チャイココア


果実酒などのアルコールも楽しめるドリンクバーが利用できる。


ドリンクバーにチャイがあるのも珍しいが、アルコールがあるのはすごいなー。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1913423.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1914983.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_192667.jpg













ご飯は、日替わり定食の豚の八角煮乗せご飯(1280円)を注文。


味付けは好きだけど、豚の皮が多くて、ちょっと苦手だった・・・。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1944625.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_195712.jpg













他の人が頼んだグリーンカレーとタイの屋台汁めんセット。


グリーンカレーはかなり本格的な辛さだが、味はとても美味しいとのこと。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1974545.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_198962.jpg













サラダバーやドリンクバーは嬉しいが、


個人的にはやっぱりアムリタのガパオが大好きで、これが食べたいので、


やっぱり土日のランチのヘビロテになるのかなーw、しばらく。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1994526.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1995686.jpg










◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/









by meshi-quest | 2019-10-17 08:07 | 吉祥寺








私がハマっててヘビロテ中の吉祥寺タイ料理店「アムリタ食堂」でランチ。


今日は友達が遠方から遊びに来てくれたので、


おかずモリモリで豪華なランチを食べる。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11322191.jpg












まずはヤムサムーンバイという


トムヤムハーブナッツのサラダから。


口の中いっぱいにタイハーブが広がる、クセになる爽やかなサラダ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1134057.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11341533.jpg













トートマンプラーという


魚のすり身を使ったタイ風さつま揚げ


おかずとしても、酒の肴としてもイケる。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11373934.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11374977.jpg













カイチアオという揚げオムレツ


これも大好き。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11385288.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1139245.jpg













そして、最後のご飯はやっぱりコレ!!


ガパオライス


ここ最近、土日はコレばっかり食べてる気がするが、ホント美味しい。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1141743.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11412037.jpg












ちょっとピリ辛のひき肉に、とろ〜り卵の黄身の甘みが絶妙。


「アムリタ食堂」のガパオは絶品


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11424592.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11425914.jpg









◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/









by meshi-quest | 2019-10-12 08:08 | 吉祥寺








吉祥寺にある大人気タイ料理店「アムリタ食堂」でランチ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_20394484.jpg













お目当は、そう、このガパオライス!


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_2041977.jpg













土日毎週のように食べ続けているが、全く飽きる気配がない。


ものすごく美味しい。


都内で一番美味しいガパオライスなんじゃないかと思う。


シンプルな炒め物なんだけど、


作る人の微妙な味のさじ加減が最終的なクオリティーを大きく左右させてる気がする。


ここまで食べ続けても飽きないんだから、この美味しさはホンモノ!!


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_20422349.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_20423280.jpg









◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/









by meshi-quest | 2019-10-06 08:08 | 吉祥寺







代々木上原駅前にある人気カフェ、


「ファイヤーキングカフェ」で軽く夕食。


打ち合わせの前に時間が空いたので、数年ぶりに入った。


代々木上原「ファイヤーキングカフェ」へ行く。_f0232060_2026528.jpg













その昔、アメリカンヴィンテージのミルクガラス食器の


「ファイヤーキング」が巷で流行った時は、


店内に所狭しと並んでる「ファイヤーキング」コレクションを見に、


結構お客さんもいっぱいいて、すごく混んでたけど、当時より空いてる印象。


代々木上原「ファイヤーキングカフェ」へ行く。_f0232060_20301931.jpg













アメリカンな印象のカフェなのだが、


実はメニューの多くはエスニック料理というギャップw。


ナシゴレン(インドネシア風チャーハン)があったので、注文してみる。


代々木上原「ファイヤーキングカフェ」へ行く。_f0232060_20314223.jpg












毎年のようにインドネシア・バリ島に行っている


バリ大好きっ子からすると、全くナシゴレンではなく、


味は町の中華屋さんの塩胡椒強めのチャーハンそのもので、


エスニック感もなく、完全なる中華だった。ちょっとガッカリ。


代々木上原「ファイヤーキングカフェ」へ行く。_f0232060_20342822.jpg









駅からも近いし、日曜も営業してて、夜中の2時までやってて、


条件としては言うことなしなのだが、料理がイマイチなのがすごく残念。


結構値段も高めの設定なので、より味が気になってしまうところ。







◼︎「ファイヤーキングカフェ」
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13012564/


















夜の町・新宿二丁目の繁華街にある


人気タイ料理店「バーンキラオパラダイス」へ。


地下には結構席数があるのだが、カウンター、テーブル含めて激混み。


新宿二丁目「バーンキラオパラダイス」へ行く。_f0232060_13223454.jpg


新宿二丁目「バーンキラオパラダイス」へ行く。_f0232060_13224443.jpg












お通しの揚げワンタン


新宿二丁目「バーンキラオパラダイス」へ行く。_f0232060_13255692.jpg


新宿二丁目「バーンキラオパラダイス」へ行く。_f0232060_1326648.jpg












海老のすり身揚げ揚げ春巻


新宿二丁目「バーンキラオパラダイス」へ行く。_f0232060_1327395.jpg


新宿二丁目「バーンキラオパラダイス」へ行く。_f0232060_13271669.jpg












タイソーセージ青菜炒めはかなり辛め。


新宿二丁目「バーンキラオパラダイス」へ行く。_f0232060_13282482.jpg


新宿二丁目「バーンキラオパラダイス」へ行く。_f0232060_13283698.jpg












パッタイが一番安定して美味しいかな。


ただ、何となく、


今の場所に移転する前のバーンキラオの方が美味しかった気がする・・。


新宿二丁目「バーンキラオパラダイス」へ行く。_f0232060_13291485.jpg








◼︎「バーンキラオパラダイス」
http://www.baankirao.com/








by meshi-quest | 2019-09-21 08:05 | 新宿









高円寺の駅前ランドマーク・大一市場の中にある


ベトナム・ハノイ焼鳥「ビンミン 東京支店」。


「東京支店」と書かれている通り、本店はハノイの路地裏にある。


高円寺「ビンミン 東京支店」へ行く。_f0232060_18225740.jpg


高円寺「ビンミン 東京支店」へ行く。_f0232060_18231746.jpg













何度もお邪魔していたはずの「ビンミン」だが、


先日、たまたま出張で初めてハノイに行ってきて、


「ビンミン」の本店にも行くことが出来たので、
なんか今までとは違う気分。


本物を見て、1つ大人になったというかw。


高円寺「ビンミン 東京支店」へ行く。_f0232060_18264029.jpg













見慣れたメニューではあるが、


「これ、本店にもあったな!」とか「これは東京支店だけだ」とか、


メニュー見てるだけでも何だかとても楽しい。


高円寺「ビンミン 東京支店」へ行く。_f0232060_18281694.jpg













ベトナム産の赤ワインゆでキャベツ


ナンプラーを使った温泉卵タレが美味しくて、いいおつまみ。


これは本店にはなかったな。


高円寺「ビンミン 東京支店」へ行く。_f0232060_1833086.jpg


高円寺「ビンミン 東京支店」へ行く。_f0232060_1833554.jpg












野菜たっぷりのベトナム風お好み焼きバインセオ


ホーチミンではどこのレストランでも見かけるバインセオだが、


思えば、ハノイのレストランではほとんど見かけなかったなあ、コレ。


ベトナムは南北に長くて、歴史的にも違いが大きいので、食文化も違うのかも。


高円寺「ビンミン 東京支店」へ行く。_f0232060_1836173.jpg













ベトナム風焼鳥の盛り合わせ。


若鶏、ソーセージ、砂肝、ハツなど。


本店と雰囲気は似てるけど、味も大きさも日本のとは違う。


日本の方が日本人の焼鳥の好みに合わせて作られてて、


ハノイの方は焼鳥というより、タレもないので串焼きに近い感じ。


若鶏は断然ハノイ本店の方が大きくて、ジューシーで美味しいかな。


高円寺「ビンミン 東京支店」へ行く。_f0232060_18384115.jpg













野菜串


野菜もハノイは種類はあまりなかったけど、


ジャガイモとかはハノイの方が甘くて美味しかったかな。


高円寺「ビンミン 東京支店」へ行く。_f0232060_18415557.jpg












ハノイ店で食べて、すごく美味しかったので注文したパン串


フランスパンを潰して、串焼きにして焼いて、


はちみつとバターをつけたものなのだが、シンプルに美味しい。


今までこんなに来てて、注文したことがなかったメニューだがw、


本店に行ったおかげで、味を知ったので日本でも再注文。


新しい発見があって、今後またより「ビンミン」を楽しめそうだ。


高円寺「ビンミン 東京支店」へ行く。_f0232060_18434952.jpg








◼︎「ビンミン 東京支店」
http://binhminh-tokyo.com/









by meshi-quest | 2019-09-16 08:06 | 高円寺







吉祥寺にある大人気タイ料理店「アムリタ食堂」でランチ。


ここ最近、アムリタ食堂のガパオにハマってしまって、


週末のランチは高確率でアムリタでご飯を食べている。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_14493388.jpg












タイで夢中で食べた、あの味がほぼ100%再現されてる


とても美味しい豚ひき肉とバジルの炒めご飯、ガパオ


これだけ食べ続けていると、微妙な違いにも気づくもんでw、


今日は別のお母さんが作ったのか、いつもより辛め&ピーマン多め。


でもホント美味しい。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1454826.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_14544514.jpg












アムリタでしか飲めない「チェンライの幻のお茶」というお茶。


タイ北部のチェンライの山で朝霧の時間に収穫されたお茶で、


めちゃくちゃ香り良くて、ほのかな甘みもあり、隠れた逸品。


ああ、本格的にタイにまた行きたくなってきたな・・・。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_14562053.jpg












ちなみに、ランチのオンタイムは外して、かなり遅い時間に行ってるんだが、


それでも暑い中、外に待ちの列ができてて、店内はいつも満席。


美味しいから仕方ないやなー。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_14495614.jpg








◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/









by meshi-quest | 2019-08-24 08:08 | 吉祥寺







吉祥寺にある大人気タイ料理店「アムリタ食堂」でランチ。


これまでそんなにでもなかったのに、


蒸し暑くなってきた途端に急にタイ料理が食べたくなるのは、


やっぱり暑い国の料理はよく出来てるんだなと思う。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11175623.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1118729.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11184129.jpg












アムリタ食堂のガパオ(1080円)が大好きで、めちゃくちゃ美味しい。


アムリタ食堂では本当に現地タイのお母さん達を連れてきて


コックをやってもらっているので、タイのお袋の味が食べれる。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11204768.jpg













タイには4回ほど行っているが、


屋台で死ぬほど食べまくった


あの美味しいガパオが再現されている。


何気ない豚ひき肉とバジルの炒め物なのに、なんでこうも味が違うんだろう・・・。


アムリタで食事をする度に、タイにまた行きたくなる。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11233645.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11234541.jpg









◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/










by meshi-quest | 2019-08-05 08:08 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン