タグ:異国料理 ( 163 ) タグの人気記事












新宿区の若松河田


新宿に詳しい人だと真っ先に思い浮かべるのが東京女子医大。


私も持病の治療でよく通ってた。


町全体に東京女子医大病院の複数の病棟や研究施設が立ち並び、


それ以外はあまり目立ったものはない高級住宅地。















そんな町の路地裏にひっそりと佇む洋館が「小笠原伯爵邸」


かつて小笠原伯爵が所有していた洋館は東京都の文化遺産に指定され、


都が所有しつつ、中はカフェ、レストラン、ウェディングにも対応できる


複合飲食施設になっている。


レストランは14年連続ミシュランガイドにも掲載されている人気店だ。


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12142853.jpg
新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12143243.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12143544.jpg
















植木はアヒルの形に綺麗にカット。


さすが伯爵のお家!!


アヒルの植木を見たのは、ディズニーランドか、ここくらいだ。


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12144644.jpg
















中庭も素敵。


今は寒いから使えないが、


少し暖かくなった春くらいから使うのだそう。


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12145883.jpg















中のお部屋もものすごく立派。


本当に貴族の食事会にお招きいただいたかのような気分になる。


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12193809.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12194082.jpg















レストランは小笠原伯爵邸の一番奥の部屋にある。


十分すぎるほど席の間隔が空いてて、隣は全く気にせず、ゆっくり食事が出来る。


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12215206.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12215591.jpg














メニューはコースのみ。


それに、ワインのペアリングが選べる。


ちなみに、この雰囲気だとなんとなくフレンチに見えると思うかもしれないが、


実は、このレストランはスペイン料理


スペイン料理というと、日本では居酒屋風の気軽なバル料理が多いが、


本格的な高級スペイン料理が食べられる店としても貴重。

















1品目は、ヤリイカプランチャ


「プランチャ」はあまり聞きなれないが、スペインの鉄板焼きを指す。


スペイン料理らしくイカをたっぷり使った料理で、柔らかくて美味しい!


最初からいきなりモノトーンの料理が出てくるのも面白い。


黒いチップス、黒いソースはどちらもイカスミ


付け合わせは黒大根とカリフラワーのエスカベッチェ(南蛮漬け)。



新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12302733.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12303027.jpg












こんなちゃんとしたスペイン料理をいただける機会もなかなかないので、


コースにスペインワインのペアリングも付けてもらった。


スペイン産の白ワイン


本来、白ワインはあまり得意ではないのだが、


よくあるフランス産の白ワインに比べて、酸味が少なくとても飲みやすかった。


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12302433.jpg
新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12502269.jpg

















2品目は、タラバ蟹とイベリコ豚のカルドスープ


ガリシア風のスープのこと。


赤いけどそんなに辛くはなくて、蟹と豚の旨味がしっかり出てて、濃厚。


上には蕗の薹のフリット。


ニンニク、オリーブオイル、ビネガーを効かせた


スペインらしいビルバイーナオイルが掛かってて、酸味がある。


スペイン風の酸辣湯という感じ。


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12381330.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12382175.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12382481.jpg

















この料理のペアリングは、なんとシェリー酒


普通、この強いお酒をペアリングに出すことも、


ましてや2品目に合わせてくることもフレンチだったら絶対ないが、


すごくいい香りで、確かにこの酸味あるスープに合う!


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12382747.jpg

















3品目はホロホロ鳥アロス


「アロス」は鍋で炊いたスペイン風リゾット。


帆立貝のソースとフレッシュのオレガノの組み合わせ。


そして、この濃厚な出汁を吸ったアロスがめちゃくちゃ美味しくて、


お茶碗で食べたいくらいだったw。


3品目に米料理が出てくるのもスペインらしくて面白い。


合わせるワインはスペインのロゼワイン。


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12471144.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12472376.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12501700.jpg

















4品目は、キハダアサード


「アサード」は焼かれたものを意味する焼肉料理。


上には林檎と、緑はディルのソース。


魚の下には珍しい根セロリの塩釜焼きが付け合わせになってる。


キハダもさることながら、根セロリが香り良くて、甘くて美味しかった!


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12542310.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12543152.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12544044.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12544706.jpg

















5品目は、北海道の特選黒毛和牛「北海の黒」を使ったグリル。


付け合わせはミニ人参と、奥にも人参の泡を。


赤身と脂のバランスが良く、とても柔らかく美味しい和牛。


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12574847.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12575063.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12575474.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_12575883.jpg


















6品目のデザートは、ピスタチオと檸檬のタルト。


ココナッツサブレと、柑橘と卵黄のサバイヨンソース


派手さはないけど、ピスタチオの風味が効いてて、しみじみ美味しいデザート。


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_13000672.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_13000943.jpg

















面白いのがペアリングがなんとデザートまで続いてて、


最後にスペイン産のデザートワインが出てきたのだが、


このデザートワインがものすごく美味しくて驚いた。


そもそもペアリングはたいていが最後の肉料理までで、


普段だと、絶対デザートワインとか飲まないのだが、


スペインワイン、すごいなあー。勉強になった。


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_13001255.jpg
















7品目の小菓子は、イチゴのシャーベットに、


ヌベスというスペインのマシュマロ菓子、ポルボロンなど。


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_13001696.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_13002208.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_13001947.jpg
















こんな歴史的価値のある伯爵邸に入らせてもらって、


ましてや食事まで出来るところはなかなかないし、


料理も普段では食べれないようなスペイン料理を堪能出来て、美味しい。


ミシュランガイドでも連続で星を取ってる理由が分かる貴重なレストラン


特に、スペインワインのペアリングはおすすめ


私も本来ペアリングするほどは飲まないのだが、


ペアリングにすることでプロにワインの紹介をしてもらえ、


奥深いスペインワインの勉強にもなり、すごく良かった。


















ちなみに、小笠原伯爵邸はカフェも併設していて、


カフェだけでも利用できるし、レストランを待つ間にのんびりお茶もできる。


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_13101591.jpg
新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_13101890.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_13102164.jpg

















ケーキはテイクアウトもできるが、


このイチゴのエクレア


長時間持たないので、店内飲食限定。


生地がサックサクで、クリームもこんなにたっぷりなのにくどくなくて、


とても美味しいエクレアだった。


新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_13105541.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_13105686.jpg

新宿若松河田「小笠原伯爵邸」へ行く。_f0232060_13103917.jpg















というわけで、レストランに行く前に


デザートも食べていた報告を正直にしてみた(笑)。














■「小笠原伯爵邸」















いつも応援ありがとうございます。

ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!


【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】





■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」
Kindle版は100円にて購入できます!



■「メシクエLV34」インスタ
メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!





























気分転換にドライブに誘っていただき、東京を抜け出す。


実は免許を持っておらず(免停ではなくw、取ったことない)、


ドライブは大好きなのだが、誘ってもらえないと遠くに行けない(泣)。


だから、ちょっと遠出できるのはすごく嬉しい。
















途中、相模湖の近くにあるオーガニックレストラン


「藤野倶楽部 百笑の台所」でランチ。


「百笑」と書いて、「ひゃくわらい」ではなく「ひゃくしょう」と読む。


相模原・藤野「藤野倶楽部 百笑の台所」へ行く。_f0232060_19063814.jpg

相模原・藤野「藤野倶楽部 百笑の台所」へ行く。_f0232060_19064668.jpg
















広大な敷地の中にはBBQ場やキャンプ場があり、


遊牧民の円形テント「パオ」もあった。


景色も綺麗で、テニスコートや小さなヤギの飼育場もある。


相模原・藤野「藤野倶楽部 百笑の台所」へ行く。_f0232060_19083746.jpg

相模原・藤野「藤野倶楽部 百笑の台所」へ行く。_f0232060_19084097.jpg















店内ではオーガニックな食材の販売と共に、


雄大な山々の景色を見ながら食事ができるレストランを併設している。


薪ストーブが置かれてて、すごく雰囲気もいい。


相模原・藤野「藤野倶楽部 百笑の台所」へ行く。_f0232060_19091451.jpg

相模原・藤野「藤野倶楽部 百笑の台所」へ行く。_f0232060_19092406.jpg

相模原・藤野「藤野倶楽部 百笑の台所」へ行く。_f0232060_19092924.jpg
















雰囲気的に和食なのかと思いきや、


意外や意外で、韓国料理(笑)。


参鶏湯石焼ビビンバ


ただ、ここ最近食べた中で一番美味しい参鶏湯で、


鶏肉も箸を入れただけで崩れるくらい柔らかいし、


しっかり味付けされてて、鶏の旨味を感じる参鶏湯だった。


相模原・藤野「藤野倶楽部 百笑の台所」へ行く。_f0232060_19111085.jpg

相模原・藤野「藤野倶楽部 百笑の台所」へ行く。_f0232060_19111420.jpg

相模原・藤野「藤野倶楽部 百笑の台所」へ行く。_f0232060_19111867.jpg

相模原・藤野「藤野倶楽部 百笑の台所」へ行く。_f0232060_19112122.jpg











■「藤野倶楽部 百笑の台所」










「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ

















by meshi-quest | 2020-12-26 08:06 | 旅行_国内








代々木公園にある人気ポルトガル料理店


「クリスチアノ」でディナー。


代々木公園「クリスチアノ」へ行く。_f0232060_2252921.jpg


代々木公園「クリスチアノ」へ行く。_f0232060_22523725.jpg


代々木公園「クリスチアノ」へ行く。_f0232060_22525042.jpg















自家製バカリャウのコロッケ。


バカリャウ(塩だら)とジャガイモで作ったポルトガル名物料理。


プレーン、イカスミ、ピリピリの3種の味。


代々木公園「クリスチアノ」へ行く。_f0232060_22561668.jpg















ひよこ豆フムス


代々木公園「クリスチアノ」へ行く。_f0232060_2258225.jpg


代々木公園「クリスチアノ」へ行く。_f0232060_22573372.jpg


代々木公園「クリスチアノ」へ行く。_f0232060_22574635.jpg















「バカリャウ・ア・ブラス」という


干鱈とフライドポテトの卵とじ。


代々木公園「クリスチアノ」へ行く。_f0232060_230549.jpg
















大根餅のフリット。


キノコのディップソースでいただく。


代々木公園「クリスチアノ」へ行く。_f0232060_2333151.jpg















仔羊ハンバーグ


濃厚でジューシーなハンバーグに、赤ワインソースがとても美味しい。


代々木公園「クリスチアノ」へ行く。_f0232060_235459.jpg















「パステル・デ・ナタ」というデザート。


サックサクでとても美味しいエッグタルト


代々木公園「クリスチアノ」へ行く。_f0232060_239875.jpg


代々木公園「クリスチアノ」へ行く。_f0232060_239169.jpg















「らくだのよだれ」という名前のキャラメルムース。


代々木公園「クリスチアノ」へ行く。_f0232060_23101320.jpg












かなり本格的なポルトガル料理が食べられる。


本格的だけど食べやすいので、


ポルトガル料理が初めての人でも楽しめる。










■「クリスチアノ」
http://www.cristianos.jp/






「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ











タグ:








銀座にある中華料理スペイン料理が融合したレストラン、


「TexturA」(テクストゥーラ)でディナー。


鎌倉にある中華の名店「イチリン ハナレ」プロデュースのお店としても有名。


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_1711218.jpg


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17121599.jpg
















メニューは、中華とスパニッシュが交互に出るコースもあるが、


こんな感じで中華とスパニッシュが好きに選べるアラカルトもある。


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_1728378.jpg
















まずは、サングリアから。


中華スパイスを効かせた、ほのかに漢方っぽさもあるサングリア。


個人的には東洋のハーブサングリアという感じで、結構好み。


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17151491.jpg
















「イチリンハナレ」よだれ鶏


高坂鶏のむね肉ともも肉のどちらも入ってる。


よだれだれがめちゃくちゃ美味しくて、


ここに豆乳と麺を入れて、スープとしていただくこともできる。


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_1717371.jpg


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17174639.jpg
















スパニッシュのエビアヒージョ


エビのエキスが出てる濃厚なオイルは、


二子玉川のスペイン王室御用達グルメストア「マヨルカ」のパンと共に。


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17302957.jpg


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17304016.jpg


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17304949.jpg
















「フワッフワッカニ玉」という名前が付いた、


本当にスフレのようにフワッフワっのカニ玉。


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17323124.jpg


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17324216.jpg















大エビチリ


チリソースにエビ味噌も入れていて、


濃厚でコクがあり、めちゃくちゃ美味しい!!


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17335011.jpg


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17335980.jpg















肉たっぷりの焼売


シンプルイズベスト。


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17345291.jpg


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_1735262.jpg















途中、「幸せのおすそわけ」というお店からのサービスで、


焼き立てのイカスミのパエリアが一口づつお客様に配られる。


このパエリアもすごく美味しい!


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17363942.jpg


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17364720.jpg
















フカヒレ半身の白湯煮。


フカヒレをじっくり白湯で煮込んだ濃厚な一品。


スープがものすごくいい味。


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_1738269.jpg


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_1739681.jpg
















最後のデザートは紹興酒アイス


紹興酒のアルコールを飛ばしているのでお酒感はなく、


ビターなキャラメルアイスを食べている感じ。


冷たい凍頂烏龍茶と共に。


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17403256.jpg


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17404655.jpg


銀座「TexturA」へ行く。_f0232060_17405374.jpg












美味しいフカヒレにエビチリと共に、


一緒に本格的なアヒージョやパエリアも食べれるのはここだけ。


一見別料理だけど、意外と中華とスパニッシュ合う!という発見をさせてくれるお店。











■「TexturA」
https://whaves.co.jp/textura/











by meshi-quest | 2020-09-17 08:07 | 銀座









下北沢の人気ビストロ


「クスクス ルージール」で食事。


下北沢「クスクス ルージール」へ行く。_f0232060_1533958.jpg

















「ルージール」はいわゆるビストロではなく、


アフリカ発祥の最小パスタと呼ばれる


デュラム小麦から作る粒状パスタのクスクスをメインにしていて、


クスクスだけで数種のメニューがある。


下北沢「クスクス ルージール」へ行く。_f0232060_158261.jpg















名物のバター風味のエビパン


香り良いカリッとしたパンの間にエビのすり身が挟まってて、絶品。


下北沢「クスクス ルージール」へ行く。_f0232060_1511236.jpg


下北沢「クスクス ルージール」へ行く。_f0232060_15111336.jpg















サラダモロッカンは、


キュウリ、トマト、パクチーなどを和えた爽やかなサラダ。


下北沢「クスクス ルージール」へ行く。_f0232060_15124145.jpg
















ウォッシュチーズとドライフルーツの盛り合わせ。


下北沢「クスクス ルージール」へ行く。_f0232060_15133443.jpg
















和牛希少部位「とも三角」ローストビーフ


たっぷりのクレソンと共に。


下北沢「クスクス ルージール」へ行く。_f0232060_15151850.jpg
















メインディッシュは炭火焼き仔羊クスクス


野菜たっぷりの濃厚な仔羊のスープに、クスクスがすごく合う。


下北沢「クスクス ルージール」へ行く。_f0232060_15211490.jpg


下北沢「クスクス ルージール」へ行く。_f0232060_15212340.jpg


下北沢「クスクス ルージール」へ行く。_f0232060_15213390.jpg
















デザートは、


ラム酒別添えのバナナのタルトタタンと、


マンゴーとパッションフルーツのグラタン。


下北沢「クスクス ルージール」へ行く。_f0232060_15233435.jpg


下北沢「クスクス ルージール」へ行く。_f0232060_15234440.jpg


下北沢「クスクス ルージール」へ行く。_f0232060_1523541.jpg


下北沢「クスクス ルージール」へ行く。_f0232060_1524325.jpg













いわゆるビストロの料理とはちょっと違うが、


クスクスをメインとした変わった料理が食べられる。










■「クスクス ルージール」
https://www.instagram.com/couscousrougir/












タグ:









吉祥寺にある大好きな人気タイ料理店「アムリタ食堂」でランチ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1337438.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_13371858.jpg














土日のランチは好きなものをメニューから選べるが、


平日のランチは決まったランチメニューから選んで、


さらに食べ放題のサラダと具沢山のスープが付いてくる。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_134230100.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_13424012.jpg















暑くなってきて、


かなりの頻度で土日に大好きなガパオライスを食べてるが、


今日はたまたま平日ランチ。


本日のランチメニューはパッタイ


ガパオは好きだけど、たまにはパッタイも美味しい。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_13465618.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_13471482.jpg













◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/












by meshi-quest | 2020-09-07 08:08 | 吉祥寺









高円寺にある人気ビストロ


「イトマモーニング&ナイト」でディナー。


名前の通り、朝食夕食だけ空いていて、


高円寺では珍しくしっかり美味しい朝食が食べれるとあって、


朝から並んで行列が出来ることもあるという。


高円寺「イトマモーニング&ナイト」へ行く。_f0232060_11585370.jpg
















8月だけはいつもの創作ビストロ料理はお休みし、


期間限定で餃子をメインとした中華料理をやっている。


まずは、特製のポテサラから。


ルバーブなどを使った甘味あるトロトロのサングリアも美味しい。


高円寺「イトマモーニング&ナイト」へ行く。_f0232060_1159794.jpg


高円寺「イトマモーニング&ナイト」へ行く。_f0232060_1159157.jpg















煮卵冷奴


高円寺「イトマモーニング&ナイト」へ行く。_f0232060_120155.jpg


高円寺「イトマモーニング&ナイト」へ行く。_f0232060_1201553.jpg















水餃子は6個入りで、


しっかり味付けされた中華スープがとても美味しい。


高円寺「イトマモーニング&ナイト」へ行く。_f0232060_1211047.jpg
















焼餃子もシンプルで奇をてらってないザ・餃子。


醤油を使わずに特製の4種の(ジャン)でいただくのだが、


この醤が餃子ととても合ってて、美味しい。


高円寺「イトマモーニング&ナイト」へ行く。_f0232060_1233415.jpg


高円寺「イトマモーニング&ナイト」へ行く。_f0232060_1234296.jpg


高円寺「イトマモーニング&ナイト」へ行く。_f0232060_1234920.jpg















トロトロのトマトの炒め物。


高円寺「イトマモーニング&ナイト」へ行く。_f0232060_1245338.jpg















餃子メニューは8月だけの限定。


人気店で席数も少ないので予約必至。


電話はないので、インスタかLINEから事前予約を。











■イトマモーニング&ナイト」
https://www.instagram.com/itoma_morningandnight/?hl=ja















by meshi-quest | 2020-08-18 08:07 | 高円寺







吉祥寺にある大好きな人気タイ料理店「アムリタ食堂」でランチ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16203113.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16204535.jpg












タイ風オムレツ青菜のファイヤー炒め。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16252065.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1625319.jpg













最近お気に入りのレモングラスのお茶「タッカイティー」


夏にはたまらない抜群の爽快感!


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16380100.jpg












海鮮と野菜のカレー卵炒め


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1629067.jpg













豚トロのタイ風漬け焼き「コムヤーン」と、


鶏肉のタイ風漬け焼き「ガイヤーン」の盛り合わせ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16314077.jpg












揚げ物の盛り合わせ。


ソフトシェルクラブのから揚げ、


タイ風のエビのすり身揚げ、鶏皮など。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16352881.jpg













スイートチリソースで炒めたタイ風チャーハンと、


汁なしタイラーメン


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16364815.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16365889.jpg












そして、やっぱりいつもの大好きなガパオライスも。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16373435.jpg












今日は遠方からお友達が来てくれたので、


いつものランチのガパオライスだけでなく、


いろんな料理を頼めて、食卓が賑やかで嬉しい限り。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1621185.jpg










◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/












by meshi-quest | 2020-07-29 08:08 | 吉祥寺







オーストラリア・シドニー発


モダンギリシャ料理「THE APOLLO」でランチ。


ちなみに、お店は数寄屋橋交差点の一等地にある東急プラザ銀座の中にある。


外観も店内も広々としててオシャレで、さすが銀座、さすがモダンといった感じ。


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_15465393.jpg


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_154722100.jpg


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_1557584.jpg













「THE APOLLO」というランチコース(3300円)をいただく。


まずは、前菜3種から。


アポロオリジナル ピタブレッド


イエローエンドウ豆のディップ


フェタチーズ、キュウリ、トマトなどのグリークサラダ


イエローエンドウ豆のディップが濃厚でピタパンにすごく合う!


グリークサラダもほのかに酸味があり、さっぱりしてて美味しい。


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_15595594.jpg


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_160693.jpg


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_1623417.jpg


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_1624519.jpg













プリフィックスコースになっており、


サイドの野菜とメインの肉や魚がメニューの中から選べる。


ちょっと珍しかったので、


サイドはザクロドレッシングを使ったインゲン豆のサラダを、


メインはグリークスタイルのBBQチキンを選んだ。


BBQチキンの下には


ギリシャ料理でよく出てくるヒヨコ豆のフムスが敷かれている。


ギリシャ料理を残しつつも、日本人にも食べやすいように工夫されてる。


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_1692141.jpg


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_1693178.jpg












デザートもメニューの中から選択。


アポロスタイル レモンパイを。


このレモンパイ、いわゆる固めのパイかと思ったら、


レモンクリームの上にクラッシュクッキーが乗ってて、


超柔らかく、見た目の印象と違って、面白かった。


ただ、ちょっと甘めかな。


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_16115629.jpg









唯一無二の、ここだけでしか食べられないモダンギリシャ料理なので、


女の子の友達との食事とかで、ちょっと変わったものを食べたくなった時にはいいかも。








■「THE APOLLO」
http://theapollo.jp/











by meshi-quest | 2020-07-16 08:07 | 銀座









吉祥寺にある大好きな人気タイ料理店「アムリタ食堂」でランチ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1321045.jpg















6月くらいから早くも蒸し暑くて、


お腹は空いてても食べたいものが暑さでハッキリしないというか、


ああ、今年も早速、私の「アムリタ」ガパオライスのヘビロテ時期が来たようだ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_13241716.jpg















去年の猛暑もそうだったけど、


なんか分からないけど、どんなに蒸し暑くて胃が変な感じでも


この「アムリタ食堂」のガパオライスだけは食べれるw。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_132671.jpg















コレ、コレ!


ガパオはこの下がカリッと焼き揚ってて、


中はトロっと半熟の目玉焼きがすごく大事。


「カリッ&トロッ」じゃないと美味しくない。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_13273385.jpg















食後は自家製タッカイティー(レモングラスティー)でひと休み。


この夏はいったい何杯このガパオライスを食べることになるんだろうw。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_13285181.jpg












◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/












by meshi-quest | 2020-07-05 08:08 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン