タグ:異国料理 ( 156 ) タグの人気記事








吉祥寺にある大好きな人気タイ料理店「アムリタ食堂」でランチ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16203113.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16204535.jpg












タイ風オムレツ青菜のファイヤー炒め。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16252065.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1625319.jpg













最近お気に入りのレモングラスのお茶「タッカイティー」


夏にはたまらない抜群の爽快感!


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16380100.jpg












海鮮と野菜のカレー卵炒め


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1629067.jpg













豚トロのタイ風漬け焼き「コムヤーン」と、


鶏肉のタイ風漬け焼き「ガイヤーン」の盛り合わせ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16314077.jpg












揚げ物の盛り合わせ。


ソフトシェルクラブのから揚げ、


タイ風のエビのすり身揚げ、鶏皮など。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16352881.jpg













スイートチリソースで炒めたタイ風チャーハンと、


汁なしタイラーメン


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16364815.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16365889.jpg












そして、やっぱりいつもの大好きなガパオライスも。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16373435.jpg












今日は遠方からお友達が来てくれたので、


いつものランチのガパオライスだけでなく、


いろんな料理を頼めて、食卓が賑やかで嬉しい限り。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1621185.jpg










◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/












by meshi-quest | 2020-07-29 08:08 | 吉祥寺







オーストラリア・シドニー発


モダンギリシャ料理「THE APOLLO」でランチ。


ちなみに、お店は数寄屋橋交差点の一等地にある東急プラザ銀座の中にある。


外観も店内も広々としててオシャレで、さすが銀座、さすがモダンといった感じ。


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_15465393.jpg


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_154722100.jpg


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_1557584.jpg













「THE APOLLO」というランチコース(3300円)をいただく。


まずは、前菜3種から。


アポロオリジナル ピタブレッド


イエローエンドウ豆のディップ


フェタチーズ、キュウリ、トマトなどのグリークサラダ


イエローエンドウ豆のディップが濃厚でピタパンにすごく合う!


グリークサラダもほのかに酸味があり、さっぱりしてて美味しい。


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_15595594.jpg


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_160693.jpg


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_1623417.jpg


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_1624519.jpg













プリフィックスコースになっており、


サイドの野菜とメインの肉や魚がメニューの中から選べる。


ちょっと珍しかったので、


サイドはザクロドレッシングを使ったインゲン豆のサラダを、


メインはグリークスタイルのBBQチキンを選んだ。


BBQチキンの下には


ギリシャ料理でよく出てくるヒヨコ豆のフムスが敷かれている。


ギリシャ料理を残しつつも、日本人にも食べやすいように工夫されてる。


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_1692141.jpg


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_1693178.jpg












デザートもメニューの中から選択。


アポロスタイル レモンパイを。


このレモンパイ、いわゆる固めのパイかと思ったら、


レモンクリームの上にクラッシュクッキーが乗ってて、


超柔らかく、見た目の印象と違って、面白かった。


ただ、ちょっと甘めかな。


銀座「THE APOLLO」へ行く。_f0232060_16115629.jpg









唯一無二の、ここだけでしか食べられないモダンギリシャ料理なので、


女の子の友達との食事とかで、ちょっと変わったものを食べたくなった時にはいいかも。








■「THE APOLLO」
http://theapollo.jp/











by meshi-quest | 2020-07-16 08:07 | 銀座









吉祥寺にある大好きな人気タイ料理店「アムリタ食堂」でランチ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1321045.jpg















6月くらいから早くも蒸し暑くて、


お腹は空いてても食べたいものが暑さでハッキリしないというか、


ああ、今年も早速、私の「アムリタ」ガパオライスのヘビロテ時期が来たようだ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_13241716.jpg















去年の猛暑もそうだったけど、


なんか分からないけど、どんなに蒸し暑くて胃が変な感じでも


この「アムリタ食堂」のガパオライスだけは食べれるw。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_132671.jpg















コレ、コレ!


ガパオはこの下がカリッと焼き揚ってて、


中はトロっと半熟の目玉焼きがすごく大事。


「カリッ&トロッ」じゃないと美味しくない。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_13273385.jpg















食後は自家製タッカイティー(レモングラスティー)でひと休み。


この夏はいったい何杯このガパオライスを食べることになるんだろうw。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_13285181.jpg












◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/












by meshi-quest | 2020-07-05 08:08 | 吉祥寺








大好きな新宿三丁目のスパニッシュワインバー


「スペイン料理 サウダージ」でディナー。


新宿三丁目「スペイン料理 サウダージ」へ行く。_f0232060_21362825.jpg


新宿三丁目「スペイン料理 サウダージ」へ行く。_f0232060_21364614.jpg















大好きな「サウダージ」のスパニッシュオムレツ


シンプルだけど、なんかすごく美味しい。


新宿三丁目「スペイン料理 サウダージ」へ行く。_f0232060_21385538.jpg















「ハモン・デ・テルエル D.O」


スペイン最高峰の白豚の生ハム。


これだけでワインが進む、美味しい生ハム!!


新宿三丁目「スペイン料理 サウダージ」へ行く。_f0232060_21413937.jpg
















ウォッシュチーズとドライフルーツ。


新宿三丁目「スペイン料理 サウダージ」へ行く。_f0232060_2142354.jpg


新宿三丁目「スペイン料理 サウダージ」へ行く。_f0232060_21424626.jpg














栗豚肩ロースソテー


柔らかくてジューシーで美味しい。


新宿三丁目「スペイン料理 サウダージ」へ行く。_f0232060_21434610.jpg


新宿三丁目「スペイン料理 サウダージ」へ行く。_f0232060_21435339.jpg















〆は神奈川久里浜の活〆真蛸の炊き込みご飯。


出汁には鯛、鶏、蛸の3種のスープが使われてて、コクがある。


パエリアっぽくもある、美味しい炊き込みご飯。


新宿三丁目「スペイン料理 サウダージ」へ行く。_f0232060_2146436.jpg


新宿三丁目「スペイン料理 サウダージ」へ行く。_f0232060_21465222.jpg












■「スペイン料理 サウダージ」
http://saudade.shinjuku3.com/index.cfm










by meshi-quest | 2020-06-28 08:07 | 新宿








大好きなタイ料理店「アムリタ食堂」でディナー。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_14512568.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_14513814.jpg
















1品目は、ラープムーナンと呼ばれる


ミント豚ひき肉の香味和え。


暑い日にピッタリの南国を感じる爽やかなサラダ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1453281.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_14535039.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1454734.jpg















2品目はカイチアオと呼ばれる


揚げオムレツ


エッグ好きとして「アムリタ食堂」に来ると高確率で頼んでいる一品。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_14552336.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_14553151.jpg















3品目は、パックブンファイデーン


なんだか強そうな黒魔法みたいな名前だがw、空心菜炒め


割と辛め。


日本だと野菜炒め=サッパリしてるものが多いが、


タイに行くと、この空心菜炒めをおかずにガッツリ白飯食べる定食もあるんので、


味も濃いめで、辛めな仕上がりになっている。


「アムリタ食堂」はコックさんが現地のタイの方なので、本場の仕上がり。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_14573263.jpg















4品目は揚げ春巻


サックサク。揚げ立て美味しい。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_14595980.jpg
















5品目は、ムーガイヤーンと呼ばれる


鶏肉豚トロの香ばし焼き盛り合わせ。


これは辛くない。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1514714.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1515680.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1522117.jpg















6品目は、コロナ中にテイクアウトでもお世話になっていた


私が大好きなガパオライス


「アムリタ食堂」のガパオがかなり好みの味で、一番美味しい。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1532920.jpg















7品目は、まかないパフェ


バナナのチーズケーキやココナッツアイス、


ベリーのソースが入って、食べ応えのあるデザート。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1562029.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1563117.jpg










美味しいタイ料理を食べるたびに思うこと・・・。


久しぶりにまたタイに行きたいよーーーーー。









◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/












by meshi-quest | 2020-06-26 08:07 | 吉祥寺








吉祥寺にある大好きな人気タイ料理店「アムリタ食堂」でランチ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11453028.jpg















「アムリタ食堂」のガパオライスが好き過ぎて、


これまで私は一体何食分のアムリタガパオを体内に取り込んで来たんだろう・・・。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1147170.jpg
















すごくシンプルだけど、家庭の味が出る、


日本で言うところの家庭のチャーハンみたいな感じ。


自分でもガパオライスを家でも作るのだが、


何と言うか、変な意味ではなく、


上品なタイ料理店で出るようにちゃんと作ってしまうので、


このアムリタのようなお母さんの熟練というか、ラフさというか、


ガパオは少し崩した感じが美味しいので、


なかなかこの味が出せない。


そうなると、結局、お母さんの味を食べに行くしか無くなるんだよね。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11494895.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_11502330.jpg













◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/












by meshi-quest | 2020-06-14 08:08 | 吉祥寺









大好きなタイ料理店「アムリタ食堂」でも


コロナの影響を受けて、店前にテイクアウト専用の屋台を出して、


タイ料理のお弁当やサイドメニューのテイクアウトをしている。


【テイクアウト情報】吉祥寺「アムリタ食堂」_f0232060_20561790.jpg















昨年の夏、ほぼ毎週食べていたのではないかと思われる、


そして、あの暑い夏を乗り切れたのはアムリタのガパオのおかげとも言える



大大大好きな絶品ガパオライス


お弁当でテイクアウトが可能(750円)!


相変わらず、お弁当になっても美味しくて、絶品度合いが変わらない。


タイ料理もそうだけど、アジアは屋台料理が発達してて、


テイクアウトして食べることがデフォルトだから、


テイクアウトと相性がいいのかもなあ。


【テイクアウト情報】吉祥寺「アムリタ食堂」_f0232060_20573933.jpg















お弁当以外にも、アムリタ食堂の通常メニューも持ち帰り可能。


デザートも持ち帰りが出来るので、


タイのココナッツミルクケーキ「モーゲーン」もいただいた。


ちょっと温めて、ココナッツの風味をあげて、柔らかくして食べるケーキ。


これも美味しい。


タイに行きたいな・・・。


旅行したくなってきた・・・。


【テイクアウト情報】吉祥寺「アムリタ食堂」_f0232060_21112624.jpg















「アムリタ食堂」
大好きです!


応援しています!!


【テイクアウト情報】吉祥寺「アムリタ食堂」_f0232060_21125289.jpg












◼︎「アムリタ食堂」テイクアウト情報はコチラ!
http://cafeamrita.jp/











by meshi-quest | 2020-05-12 08:06 | 吉祥寺







西荻窪にあるスパイス料理専門店「SPICE飯店」で食事。


西荻窪「SPICE飯店」へ行く。_f0232060_20134265.jpg


西荻窪「SPICE飯店」へ行く。_f0232060_20135936.jpg













まずは、ピータンウフマヨ


卵好きにはたまらない、


フランスの究極のゆで卵料理「ウフマヨ」を中華風にアレンジ。


ピータンもマヨネーズにすごく合う!


西荻窪「SPICE飯店」へ行く。_f0232060_21215551.jpg


西荻窪「SPICE飯店」へ行く。_f0232060_2122854.jpg













SPICE飯店的干し豆腐和え


中華の干し豆腐和えはサッパリしてて、おつまみ感覚のものが多いが、


SPICE飯店ではしっかりスパイス絡めて味付けされてて、濃厚でご飯に合うような味。


西荻窪「SPICE飯店」へ行く。_f0232060_21241512.jpg












口水鴨


いわゆるよだれ鴨。


スパイス専門店ならではの濃厚なスパイスソースがかかった鴨肉。


西荻窪「SPICE飯店」へ行く。_f0232060_21252244.jpg













中国ソーセージと泡菜の台湾オムレツ


メニュー上、本当は牡蠣だったのだが、私が食べれないので変更してもらった。


甘みある中国ソーセージがオムレツに合ってて、


スパイスも強くなく、辛くもないので、子供も食べれそうな味。


西荻窪「SPICE飯店」へ行く。_f0232060_2127367.jpg













無花果発酵バター


レーズンバターの無花果版というか、個人的には無花果の方が好きかも。


西荻窪「SPICE飯店」へ行く。_f0232060_21283023.jpg


西荻窪「SPICE飯店」へ行く。_f0232060_21284071.jpg













沙茶羊肉


サツマイモが入った羊肉の甘辛炒め。


ご飯が食べたくなる味。


西荻窪「SPICE飯店」へ行く。_f0232060_21295133.jpg









スパイス料理専門店だけあって、


全メニューがかなりスパイシー


スパイスの刺激や辛さが苦手な人にはちょっと難しいかもしれないけど、


スパイス好きな人には、


新たなスパイスの可能性というか、スパイスの扉が開きそうなお店。









◼︎「SPICE飯店」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13231664/










by meshi-quest | 2020-05-03 08:06 | 西荻窪









代々木八幡駅近くにあるスペイン料理


「Ardoak アルドアック」でディナー。


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_214166.jpg


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_21412851.jpg















すごく面白いスペイン料理店で、


いわゆる日本人が思うスペイン料理はほとんどなく、


スペイン全土を周ったシェフだからこそできる、


スペインの17の州全ての料理


1番から順番に数か月単位で州を変えて出している。


今日は、イベリコ豚で有名な15番目の州、


エストレマドゥーラという州。


人生で初めて知ったw。


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_21464610.jpg


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_2147312.jpg
















料理は、基本2コースのみ。


地方のクラシカルな郷土料理を出してくれるコースと、


スペイン全土の料理に日本の食材などを取り入れたコース。


今回はもちろん郷土料理コースで!













まず1品目は、スパニッシュ前菜の盛り合わせ。




「トルタ・デル・カサール」というスペインの羊乳チーズや、


イノシシのパテ、イベリコ豚のチョリソー、


スペインでバターの代わりに食べられているイベリコラードなど。


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_21533352.jpg


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_21545564.jpg
















2品目は、「カラージャス」と呼ばれる


スペインでよく食べられる黒い筋の入ったの大豆と、


イベリコ生ハムを使ったサラダ。


サッパリしてて、ほのかに酸味もあり、食べやすい前菜。


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_21571121.jpg


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_21571997.jpg
















3品目は、塩だらゆで卵のグラタン。


イースター期間の肉の食べない日に、


エストレマドゥーラの修道院で食べられる料理だそう。


肉系が使えないので、


ソースもアーモンドを使ったほのかに甘味があるソース。


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_21595432.jpg


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_220198.jpg















4品目は、豚足の煮込みだったんだけど、


まさかの写真撮る前に食べっちゃったw。


というわけで、5品目は、のごった煮。


羊の肉の部分だけでなく、レバーやハツ、ソーセージなども入ってる。


かなり濃厚な味付けで、赤ワインに合いそうな感じ。


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_2225234.jpg


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_223011.jpg
















6品目は、希望者に別注で作ってくれるパエジャ


出汁にお米が染み切ってて、かなり濃厚な本格的な味!


日本式(?)のスペイン料理店で出してくれるような


具沢山のふっくらパエリアとは全然違う感じだが、とても美味しい。


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_2254061.jpg


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_2255689.jpg


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_2263930.jpg















7品目は、チーズケーキ


レアとベイクドの間くらいの感じで、これもとても美味しかった。


ひと言に和食と言っても県によってかなり特色あるのと同じで、


確かにスペインは広いから、山側、海側でも違うだろうし、


こうやって色んなスペインを食べさせてくれるお店はなかなかないから、面白い。


また他の州のスペイン料理も食べてみたいな。


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_2293275.jpg


代々木八幡「Ardoak アルドアック」へ行く。_f0232060_2294190.jpg












■「Ardoak アルドアック」
http://ardoak.biz/#header



















西荻窪にある大好きなネパールカレー


「sajilo clove サジロクローブ」でディナー。


西荻窪以外にも、吉祥寺や軽井沢の星野リゾート近くにも店舗がある。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11432911.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11434188.jpg













内装、インテリア、雑貨などを手がける


ネパール人と日本人のご夫妻がオーナーさんで、


店内はアンティーク家具や雑貨がセンスよく配されてて、超おしゃれ!


まるでカフェや美容室みたいで、カレー屋さんとは思えない作り。


空間にいるだけでも、心地よくて、好き。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11473129.jpg













ディナーセット(1980円)を注文。


まずはダルスープから。


豆を使ったサラッとしてて、やや塩味と酸味のあるスープ。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11502231.jpg













次に、チキンティカサラダ


骨なしのタンドリーチキンとサラダの組み合わせ。


かなりしっかりとしたボリュームで、チキンが柔らかくて美味しい。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11513528.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11514779.jpg












いよいよメインのカレー。


カレーはメニューの中から一定金額までのものが選べるようになってて、


ナンかライスも選べるようになっている。


いつものチキンカレー


ターメリックライスの組み合わせ。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11535217.jpg












ネパールカレーはすごくクリーミーで優しい味わいで、


特に「sajilo サジロ」のカレーは全く辛くないの特徴。


スパイスはたくさん入ってて、いい意味でかなり複雑な味わいなのだが、


スパイスの尖った感じはなく、病気の時にも食べれそうな感じ。


ああ、「sajilo サジロ」のカレーは美味しいなー!


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11564565.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_1157125.jpg













最後のデザートもメニューの中から選べるようになってて、


クルフィーというココナッツのアイスをいただく。


これもすごく美味しい。


アイスなんだけど、ココナッツの割合がすごく多く、


冷やしたココナッツを食べてる感じ。


そして、いい香りのチャイと共に。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11585914.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_1159844.jpg










■「sajilo clove サジロクローブ」
http://sajiloclove.jp/










by meshi-quest | 2020-04-07 08:07 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン