タグ:洋食 ( 138 ) タグの人気記事









吉祥寺の中道通り商店街にある老舗洋食屋「キッチン ククゥ」でランチ。


ファンシーな外見に、店内はカエルアイテムでいっぱい。


吉祥寺「キッチン ククゥ」へ行く。_f0232060_15532185.jpg


吉祥寺「キッチン ククゥ」へ行く。_f0232060_15534474.jpg


吉祥寺「キッチン ククゥ」へ行く。_f0232060_1553593.jpg












ランチのサラダスープ


吉祥寺「キッチン ククゥ」へ行く。_f0232060_15543159.jpg


吉祥寺「キッチン ククゥ」へ行く。_f0232060_15544386.jpg













オムライスランチ(1200円)を注文。


吉祥寺「キッチン ククゥ」へ行く。_f0232060_15561696.jpg












「ククゥ」のオムライスは、ビーフシチューがかかってて豪華。


オムライスも洋食のお手本のような


丁寧に作られたクラッシックなオムライス。美味しかった。


吉祥寺「キッチン ククゥ」へ行く。_f0232060_15584093.jpg










◼︎「キッチン ククゥ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13092135/









by meshi-quest | 2020-01-27 08:05 | 吉祥寺







沖縄・那覇の中心街、国際通り近くにあるステーキハウス


「O's House (オズハウス)」へ。


地元の方に「美味しいステーキを食べたい」と行ったら、教えてくれた。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_18585935.jpg













ステーキを焼くキッチンが見えるクラシカルな店内。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_190112.jpg


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_190361.jpg












メニューも


基本、ステーキ以上終わり!


という非常に分かりやすい構成。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_191943.jpg













なので、それにならって、


テンダーロイン10oz(250g)を注文。


まずは、前菜から。


何と前菜がアサリのバター焼きでビックリww。


美味しかったんだが、ステーキハウスの前菜でアサリは初めてだw。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_193489.jpg


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_194309.jpg












サラダと、別注のエンドウマメのポタージュ。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_1952146.jpg


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_196134.jpg













10oz(オンス)のテンダーロインステーキ登場!!


シンプルにガッツリと肉を味わうスタイルのステーキ。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_1971342.jpg













肉はとても柔らかく、美味しいステーキだった。


沖縄はどこ行ってもステーキにA-1ソースというソウルソースをかけるのだが、


実は、私はこれが何度食べても苦手で・・・(苦笑)、


ここ「O's House」はちゃんと自家製ソースで嬉しかった。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_1991839.jpg












最後はサトウキビのアイスクリーム。


これも素朴な甘さで美味しかった。


派手さはないけど、丁寧で実直なステーキハウス、という印象。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_1995230.jpg










◼︎「O's House」
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47001572/









by meshi-quest | 2020-01-12 08:05 | 沖縄









富山の葡萄農家さんが営む堆肥から健康や農業を考える肉レストラン、


「タイヒバン」でオーガニックランチ。


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_19312242.jpg
















まずは、ランチの前菜サラダ


有機野菜たっぷりの健康的なお惣菜。


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_19324494.jpg
















最近ハマっているのが、タイヒバンハンバーグ(1800円)。


国産牛100%の手作りハンバーグで、ジューシーでしっかりと肉の味がする。


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_19334859.jpg


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_19335950.jpg














梨をそのままジューサーにかけてジュースにした、


100%梨ジュースもとても美味しかった。健康一番。


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_19345756.jpg










◼︎「タイヒバン」
http://taihiban.org/











by meshi-quest | 2019-12-22 08:07 | 吉祥寺









吉祥寺には最新のオシャレなお店やカフェが立ち並び、


「最近の町」と思われることも多いようだが、


数十年地元に愛され続けるお店が今も営業していたり、


実は、新旧入り混じる不思議なバランスの町だと思う。














その中の1つ、30年以上続くステーキハウス「葡萄屋」は、


その外観からも独特の雰囲気を醸し出していて、


今も吉祥寺民に愛されている古き良きレストランだ。


吉祥寺「炭火ステーキハウス葡萄屋」へ行く。_f0232060_18111840.jpg
















地下2階、地上3階という建物の中には、


メインのステーキハウスの他、しゃぶしゃぶやBAR、喫茶室などもある。


創業当時のクラッシックな調度品が並ぶ店内は、


なんだか博物館に来たかのような雰囲気。


吉祥寺「炭火ステーキハウス葡萄屋」へ行く。_f0232060_1813278.jpg


吉祥寺「炭火ステーキハウス葡萄屋」へ行く。_f0232060_18133673.jpg


吉祥寺「炭火ステーキハウス葡萄屋」へ行く。_f0232060_18134569.jpg















店内には、昔ながらのオープンな炭火焼きがあり、


シェフが注文をもらってから、丁寧にステーキを焼き上げてくれる。


なかなかこの雰囲気を持つお店は、都内でも少なくなっているはず。


吉祥寺「炭火ステーキハウス葡萄屋」へ行く。_f0232060_181505.jpg
















ステーキとも迷ったが、今日はハンバーグ気分だったので、


葡萄屋特製デミグラスソースハンバーグ(1800円)を注文。


まずは、セットのサラダから。


自家製のドレッシングは、野菜の和風ドレッシングと、


ブルーチーズを使った洋風ドレッシングの2種類。


吉祥寺「炭火ステーキハウス葡萄屋」へ行く。_f0232060_18174463.jpg


吉祥寺「炭火ステーキハウス葡萄屋」へ行く。_f0232060_18175210.jpg
















別注のコーンポタージュ(700円)。


コクと甘味があって、かなりいい感じのコンポタ。


吉祥寺「炭火ステーキハウス葡萄屋」へ行く。_f0232060_1818382.jpg


吉祥寺「炭火ステーキハウス葡萄屋」へ行く。_f0232060_1818463.jpg















自家製のデミグラスソースと、中にチーズが入っている


葡萄屋特製ハンバーグの登場。


老舗ステーキハウスならではの風格あるハンバーグ。美味しい。


吉祥寺「炭火ステーキハウス葡萄屋」へ行く。_f0232060_18195826.jpg


吉祥寺「炭火ステーキハウス葡萄屋」へ行く。_f0232060_1820551.jpg















食後にデザートとドリンクも付く。


デザートは数種から選べてミルクアイスを注文。


この雰囲気でしっかり肉料理が食べれて、


デザートもドリンクも付いて1800円ならかなりお得。


いつもランチタイムは地元の人で混んでいるが、その理由も分かる。


吉祥寺「炭火ステーキハウス葡萄屋」へ行く。_f0232060_1822476.jpg










■「炭火ステーキハウス葡萄屋」
http://www.budo-ya.jp/












by meshi-quest | 2019-12-04 08:08 | 吉祥寺









富山の葡萄農家さんが営む堆肥から健康や農業を考える肉レストラン、


「タイヒバン」でオーガニックランチ。


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_12463489.jpg


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_12464425.jpg















ランチの野菜の前菜盛り合わせから。


最近ちょくちょく「タイヒバン」にお邪魔するようになってから


オーガニック野菜ってすごいなあというか、


改めて野菜って美味しいなと思うようになった。


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_12483856.jpg















牛100%ハンバーグ(1800円)を注文。


牛の旨味が詰まってて、ジューシーでフワフワな手作りハンバーグ。


農家さんの食卓にお邪魔したかのような素朴な味わいで、ものすごく美味しい!


ご飯も玄米でヘルシー。


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_1251734.jpg


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_12523461.jpg















ハンバーグはランチメニューとしてある時とない時があるので、


ある時は超ラッキー。ハンバーグ好きな方はぜひ。


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_1252358.jpg









◼︎「タイヒバン」
http://taihiban.org/











by meshi-quest | 2019-12-02 08:07 | 吉祥寺









富山の葡萄農家さんが営む堆肥から健康や農業を考える肉レストラン、


「タイヒバン」でオーガニックディナー。


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_17101046.jpg


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_17103479.jpg


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_17125450.jpg














ランチは1品料理から選べるが、


ディナーは数種のコースから。


タイヒバン牛ステーキコースを注文。


1品目はグリーンサラダ


自家製の玉ねぎとりんごのドレッシングが美味しい。


黒いツブツブは体に良いえごま。


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_17135813.jpg


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_17141071.jpg















2品目は冷菜の盛り合わせ(2名分)。


甘くて美味しい野菜のお惣菜が7種も!


ちなみに、通常は大豆のトマト煮(写真右)とかすごく苦手なのだが、


大豆が甘くてすごく美味しく、こんな私でも美味しく完食するレベル。


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_17162365.jpg


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_1716438.jpg


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_17165242.jpg
















2品目は国産牛白菜のオイスター炒め。


しっかりとした味付けで、ご飯にもお酒にも合う味。


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_1718034.jpg


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_1718981.jpg















3品目はお待ちかねのタイヒバンステーキ


今日の部位はイチボカイノミ


味付けはシンプルに塩コショウなのだが、


肉が美味しいのでソースなんて無くても十分!


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_17193551.jpg


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_17194436.jpg


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_1721099.jpg
















4品目は玄米のガーリックライス


ステーキと一緒にいただく。


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_17205057.jpg
















5品目はりんごのケーキ


サクサクのクッキー生地に、


シナモンが効いたリンゴがとても合ってて、美味しかった!


吉祥寺「タイヒバン」へ行く。_f0232060_17224935.jpg













サラダ、冷菜、温菜、ステーキ、ご飯、デザートまでついて、


野菜も肉も健康に良い管理された食材が使われてて、


なんと1人3000円という安さ。


農家さんのコネクションがあるからこそできる、


吉祥寺の隠れ家というか、なかなかない貴重なレストラン。









◼︎「タイヒバン」
http://taihiban.org/











by meshi-quest | 2019-11-25 08:06 | 吉祥寺










吉祥寺には「孤独のグルメ」であの井之頭五郎さんも絶賛した


「食事とお酒 カヤシマ」という名店がある。


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_175538.jpg


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_176079.jpg















かなり古くから吉祥寺にあるお店で、


外観は純喫茶風なのだが、


店内は酒やつまみのメニューが並ぶ居酒屋風でもあり、


でも、メニューにはハンバーグやナポリタンが並ぶ洋食屋風でもあり、


正直、何屋だか分からない(笑)


ある意味、古き良き吉祥寺らしいお店である。


店内の安心感たるや、気を使わなくてもいい感じはルノアールを優に超える。


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_1784594.jpg


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_1785629.jpg














井之頭五郎さんにならって、


ここは当然ワクワクセットをいかせてもらう。


単品で900円で、そこにハンバーグとか付けてセットで1000円なら、


断然お得なセットを注文するであろう。オラ、ワクワクすっぞ。


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_17124640.jpg
















ナポリタンハンバーグの魅惑のワクワクセット登場。


セットとは思えないボリュームと、


超能力で頼むものが分かっていたのではないかと思われるほど速い提供w。


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_17143318.jpg
















この値段とボリュームと速さを考えると、


失礼ながらあまり味に期待できないのが普通だが、


「カヤシマ」は「孤独のグルメ」ファンも吉祥寺住民も裏切ることなく、


ガチで本当に美味しいので、ビックリするw。


久しぶりに教科書のような美味しいナポリタンを食べた。


ケチャップが麺によく絡んでて、ベーコン、玉ねぎ、ピーマンのバランスもいい。


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_17175346.jpg
















ハンバーグもとても美味しく出来てる。


ご飯が食べたくなる味で、


実際「孤独のグルメ」では吾郎さんはご飯を頼んでて、


ハンバーグやナポリタンをおかずに


ご飯をかきこむシーンがあるが、実に気持ちが分かる。


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_17204013.jpg
















別の方が頼んだオムカレーとハンバーグのワクワクセット。


これもいいチョイスだなー。


カレーもコクがあってとても美味しくて、


オムライスもちゃんと美味しいチャップライスになってて


結果、ナポリタンもオムカレーも食べれて、


ワクワクどころか、満足昇天できるランチになった。


2人以上で来て、色々とシェアするのがいいかも。


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_17234084.jpg


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_17243380.jpg















何気ない、この少し濃いめの味噌汁もいい仕事してて、


最後にドリンクも付いて1000円(オムカレーは1100円)だから、


もう言うこと無しだな、こりゃ。


分煙されてないので、私みたいなタバコ苦手派は、


お客さん状況次第でだいぶ居心地が変わってしまうが、


でもやっぱり料理がうまいし、素晴らしいお店。


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_17253683.jpg


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_17265143.jpg











■「食事とお酒 カヤシマ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13040521/











by meshi-quest | 2019-11-18 08:08 | 吉祥寺







西荻窪にあるハンバーグポークソテーの専門店、


「西荻ハンバーグ bloom ブルーム」 でランチ。


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_15192218.jpg













シェフの実家が養豚場で、


実家の黒豚を使って料理をしているのだそう。


ちゃんと席から見える鉄板焼きで焼いてくれるのが嬉しい。


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_1521474.jpg












ポークソテーも気になるが、


自称ハンバーグラーの私としては、


ここはハンバーグを食べざるをえない。


ハンバーグの種類が豊富ですごく悩むところだが、


和牛かごしま黒豚の合挽きハンバーグ


「牛すじシチューのソース モッツアレラチーズのせ」に決定。


もうタイトルからしててんこ盛りで美味しそうw。


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_15242143.jpg













ランチのサラダコンソメスープ


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_15253466.jpg


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_15254490.jpg


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_15255586.jpg













和牛かごしま黒豚の合挽きハンバーグ、登場!!


ハンバーグは大きくなりと食べた気がしないので、


300gの一番大きなサイズを注文。いいボリューム感。


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_15264335.jpg













しっかり作られてて、美味しくできているが、


あまり特徴がなく、思い出して何度も行きたくなる感じ、


もっと言うと、中毒になるような感じが弱かったかな・・・。


東京駅の「Vimon」とかはいい意味で中毒寄りのハンバーグなのだが、


ハンバーグ中毒になりたかったw。


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_15473555.jpg










◼︎「西荻ハンバーグ bloom」
http://bloom2015.com/






by meshi-quest | 2019-11-04 08:05 | 西荻窪









仕事を兼ねて、


久しぶりにUSJユニバーサルスタジオジャパンに行った。


仕事でエンタメ施設に堂々入場できるのは、


ゲーム屋さんの特権の1つかもしれない。


この日はちょうどハロウィン期間中で、


ゾンビやら、アニメキャラやら、コスプレを楽しむ人達で賑わってた。


時期的にもバットマンのジョーカー&ハーレークイン


のセットが多いんじゃないかと思っていたら、


クオリティーを担保するのが難しいのか、意外に少なかった。


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12125362.jpg
















最近のUSJの課金はすごいなと改めて思う(笑)。


Time is Moneyとはよく言ったもので、


しっかりと時間をお金で買えるようにになっている。


しょっちゅう大阪に来れないことも考えると、


このタイミングで色々と見ておきたい・・・となって、


結局入場券にエクスプレスパス7を入れると


1人25000円くらいのエンタメ出費になる。


ただ、もう1時間も2時間も屋外で並ぶ体力のない我々にとっては、


ある意味、お金で解決させてもらえるならありがたいとも言える。


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12185688.jpg
















さて、メシクエなので、ご飯の話を。


各レストランやカフェでハロウィンにちなんだ色んなメニューを出していたので、


いくつかメシクエストしてきた。


まずは、久しぶりの「Eggs'n Things」


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12212963.jpg















一時期のパンケーキブームが去ったのか、


店内はかなり落ち着いてて、すんなり入れた。


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12255815.jpg


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12254481.jpg















ハロウィン限定の


ハロウィンエッグべネディクト(1380円)。


基本は「Eggs'n Things」で人気のエッグべネディクトと同じだが、


紫芋のポタージュとパンプキンのマッシュポテト、


さらに上からピリッと辛いソースがかかっているのが特徴。


そんなに辛さも強くなく、パンプキンや紫芋の甘さが嫌じゃなければ、


普通に美味しいエッグべネディクト。


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12252828.jpg















こちらはほうれん草とベーコンのオムレツ


中にはたっぷりのモッツアレラチーズ。


個人的にクリームモリモリのパンケーキはそこまで好きじゃなかったが、


「Eggs'n Things」のシンプルなオムレツは好き。


ポテトも美味しい。


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12292111.jpg


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12293591.jpg















滅多に行かないお子様用ファンシーゾーンの


スヌーピーカフェにて。


店内スヌーピーファン垂涎のスヌーピー一色。


ここもハロウィン限定があるので、大人気。


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12311285.jpg


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12314494.jpg


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12315324.jpg














ハロウィン限定のストロベリーシェイク


その風貌から激アマかと思ったら、


そこまでではなく普通に美味しくいただけるシェイクだった。


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12334359.jpg


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12335747.jpg


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_1234542.jpg















「ジョーズ」エリア前のピザスタンドでもハロウィン限定メニュー。


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12351145.jpg


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12352487.jpg















ハロウィン収穫祭ピッツァセット。


秋野菜ボローニャソーセージの組み合わせ。


野菜に甘味があって、ソーセージも美味しく、いい感じのピザだった。


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_1237991.jpg


ユニバーサルスタジオジャパンでのハロウィンの話_f0232060_12371728.jpg











もっと周りたいところもあったが、


飯に集中すると、アトラクションを周る時間が無くなり、悩ましいところ。


1点、4Dコーナーでやっていたハロウィンのホラー系コンテンツがあって、


チャッキーとかバイオハザードとか見たかったが、


これがエクスプレスパスの中に含まれてなくて、


ゆうに1時間半待ちになっており、泣く泣く断念。


体力、時間的にもムーリー。


課金するならどうせななら徹底的に全課金にしてほしいところ。









■「ユニバーサルスタジオジャパン」
https://www.usj.co.jp/











by meshi-quest | 2019-11-03 08:07 | 旅行_国内









半蔵門駅と麹町駅の間にあるビストロ


「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」でランチ。


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_1461195.jpg


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_146204.jpg













「ブレインストーミング」の名前の通り、


半蔵門、麹町というビジネス街にあってか、


仕事しながらの食事をコンセプトにしていて


店内に個室の会議室があったり、気兼ねなく仕事ができるのが新しい。


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_148473.jpg













鳥取和牛のハンバーグと


鳥取県産ズワイガニを使った


クリームコロッケのランチ(1800円)を注文。


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_1495916.jpg


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_14103470.jpg


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_14105153.jpg













食後のデザートとドリンク。


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_14113927.jpg


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_14115027.jpg










正直味は普通で、ボリュームは少なめ、値段は少し高めなので、


あとは堂々と仕事ができるという部分をプラスαでどう取るか、かな。








◼︎「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」
https://www.bistro-brainstorming.com/










by meshi-quest | 2019-11-02 08:05
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン