タグ:和食 ( 570 ) タグの人気記事











三鷹の路地裏ある人気和食店「和食 日なた」で夕食。


美味しい日本料理が気軽にいただけるので、お気に入り。


メニューが変わる毎月お邪魔させてもらっている。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23321813.jpg
















お通しは菜の花とアワビ茸と大根のおひたしと、


甘く煮付けられたそら豆


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23340437.jpg

三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23340682.jpg
















まずは八朔とベビーリーフのサラダ。


自家製の玉ねぎドレッシングと柑橘の甘酸っぱさがすごく合ってる!


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23355707.jpg

三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23360025.jpg
















ずわい蟹かに玉椀


蟹の出汁が効いてて、ものすごく美味しい!!


かきたまの甘味もいい感じで、風邪ひいた時とかに飲みたいw。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23374129.jpg
三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23375050.jpg















「日なた」に来ると必ずいただく


名物の銀だらの西京焼きと、


焼き立てフワフワの出汁巻き玉子


この2つは毎回注文してるけど、全く飽きない。絶品。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23392520.jpg

三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23392866.jpg

三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23393232.jpg

三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23393591.jpg
















尼鯛酒蒸し


シンプルに昆布と日本酒と、あとは尼鯛の旨味だけでいただく。


ちなみに、「甘鯛」と書くお店が多いが、


横顔が尼僧に似てることから「尼鯛」と書くお店もある。


今日は横顔が見えてるから「尼鯛」がいい名前。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23551340.jpg

三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23551708.jpg

















最後は、中トロ赤身の海苔巻き。


これもホント美味しいなあ。


中トロも赤身もたっぷり入ってて、ご飯よりネタの方が大きい。


毎回いただいてるけど、最高。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23552453.jpg

三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23552769.jpg

三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_23553189.jpg














■「日なた」
https://www.hi-nata.com/













いつも応援ありがとうございます。

ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!


【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】





■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」
Kindle版は100円にて購入できます!



■「メシクエLV34」インスタ
メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!





























高円寺にある絶品チキン南蛮が食べられる居酒屋


「ちゃばしら食堂」で食事。


居酒屋ではあるが、料理がどれも美味しくて、


アットホームな雰囲気で1人でご飯食べるにも最適。


高円寺「ちゃばしら食堂」へ行く。_f0232060_15301202.jpg

















お気に入りのスモークうずらの卵と、


焼きスナップエンドウ


シンプルな料理だが、ちゃんと丁寧に作れてて、


普通の居酒屋とは違うことが食べただけで分かる。


平たく言うと、作り置きっぽい味やジャンクな味がしない。


マヨラーなので、このマヨネーズがたっぷり付いてるのも嬉しいところ。


高円寺「ちゃばしら食堂」へ行く。_f0232060_15302740.jpg
高円寺「ちゃばしら食堂」へ行く。_f0232060_15303049.jpg















ハーブスパイスを効かせたポテトフライ


このポテトもビックリするくらい美味しい(笑)。


なんだろ、一見普通のポテトに見えるが、全然違う。


笑っちゃうくらい違ってて、美味しいのだ。


高円寺「ちゃばしら食堂」へ行く。_f0232060_15335097.jpg
















名物のチキン南蛮。ハーフサイズ。


自家製タルタルをたっぷりかけた


めちゃくちゃ美味しいチキン南蛮。


タルタルも、タレも、全部美味しい。


個人的に今のところNo.1チキン南蛮だと思っている。


こんなに美味しくて、ボリュームあって、


ハーフサイズが480円というのも泣ける・・・(感)。


高円寺「ちゃばしら食堂」へ行く。_f0232060_15361596.jpg

高円寺「ちゃばしら食堂」へ行く。_f0232060_15361833.jpg
















トムヤム味噌仕立てのタイ風豚汁


野菜と豚肉がたっぷり入ってて、


ホントにレモングラスと味噌の味がして、


クセになるエスニックな味噌汁。


高円寺「ちゃばしら食堂」へ行く。_f0232060_15391714.jpg
















最後はベーコン三つ葉のチャーハン。


ご飯がパラパラで、チャーハンのお手本のようなチャーハン。


〆でも優しくて軽いので、サラッと食べれてしまう。


高円寺「ちゃばしら食堂」へ行く。_f0232060_15392231.jpg













高円寺で和食を食べたくなったら、


やっぱり「ちゃばしら食堂」さんだなあー!


味と値段とボリューム考えても、


なかなかここを超える居酒屋さんは見つからない。














■「ちゃばしら食堂」
http://chabashira-syokudo.com/















いつも応援ありがとうございます。

ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!


【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】





■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」
Kindle版は100円にて購入できます!



■「メシクエLV34」インスタ
メシクエに載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!





















by meshi-quest | 2021-02-28 08:08 | 高円寺










ミシュラン1つ星獲得の


大人気日本料理店「赤坂おぎ乃」で如月のコースをいただく。


オープンしてまだ1年経っていないが、


美食家必見レストランガイドの「ゴ・エ・ミヨ2021」にも掲載され、


数々の賞を取られ、今、都内で一番注目を浴びている日本料理店の1つ。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15063845.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15064119.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15064589.jpg
















如月(2月)のテーマは、節分


なので、最初の迎い酒は梅酒から。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15083864.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15084245.jpg















1品目は、菊芋のすり流し。


中にはとろ湯葉と紫蘇の実。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15154003.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15154528.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15154971.jpg
















2品目は、車海老さより


少し苦みがある春野菜、


菜の花せり、花山葵がとてもいいアクセントになってて、すごく美味しい。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15180539.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15181037.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15181637.jpg

















3品目は、幻の高級魚シロアマダイ、通称シラカワのお椀。


削りたての鰹節を使った一番出汁。


めちゃくちゃ美味しい!!


中には丸大根。


お椀の絵柄は、大将の荻野さんのお父様である片岡鶴太郎さんの「鶴」


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15241343.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15241909.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15242207.jpg
















4品目は、お造り。


ちり酢がかかったのどぐろと、


自家製からすみを乗せたアオリイカ


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15323489.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15323751.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15325258.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15325529.jpg

















さらに、サワラの藁焼きも。


サワラはこのわた醤油と共に。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15353860.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15354159.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15375607.jpg
















本鮪には備長炭の香りを付けて、


バフンウニと黄身醤油と長芋と共に。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15393208.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15393658.jpg

















5品目は、とら河豚白子炭火焼きと、


とら河豚の出汁で炊いた雑炊。


よく混ぜて濃厚な白子雑炊に。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15462196.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15463711.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15464384.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15464945.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15465240.jpg

















6品目は、太刀魚蓮根餅


太刀魚が脂乗っていて、美味しい。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15490217.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15491231.jpg

















7品目は、「おぎ乃」さんの季節を感じる芸術的な名物八寸


如月の八寸は、「節分」


なんとお皿が絵馬になっていて、お皿の左上にが置かれている。


まさに、「鬼は外」


そして、お皿の中には鬼除けの柊イワシ福豆


昔から鬼はイワシの匂いと柊のトゲを嫌うらしい。


ちゃんと「福は内」になってる。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15510182.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15575406.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15582151.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_15581031.jpg

















八寸の中身は、松葉蟹と江戸三つ葉、


尾崎牛と九条葱、のフライと梅おろし、


なまこと奄美もずく、卵と白身すり身の真薯。


怖い鬼の器の中には、笑顔がほころぶあん肝


梅の丸い器の中には2ヶ月熟成のサツマイモの素揚げ。


見た目にも美しく、食べても美味しい、まさに食べられる芸術品。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16044043.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16045423.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16050133.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16052734.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16053095.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16053712.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16055403.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16062694.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16062902.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16063457.jpg

















8品目は、ほっこりする白味噌椀


松葉蟹揚げ胡麻豆腐蕗の薹の組み合わせ。


白味噌と蟹と胡麻豆腐の甘味に、蕗の薹の苦みと香りのアクセントが抜群。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16161038.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16161308.jpg
















9品目は、名物の〆の土鍋ご飯


「おぎ乃」さんでは〆は2種類出してくれる。


まず1つ目は、炭火焼きの鰻の蒲焼に炊き立ての白ご飯。


なんで「おぎ乃」さんの鰻はこんなに美味しいんだろう・・・(感激)。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16191590.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16192154.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16195553.jpg
















2つ目は金目鯛根菜の炊き込みご飯。


金目鯛の脂の甘味に、柚子三つ葉の香りがすごく合ってる!


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16232645.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16232916.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16233330.jpg
















10品目のデザートは、


あまおう白イチゴのゼリーよせと、


ホワイトチョコのアイス。これもすごく美味しい。


日本料理店でチョコレートを使うことはほとんどないそうだが、


2月はバレンタインデーがあるので特別にチョコアイス。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16265572.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_16270860.jpg













日本には1年間でいろんなイベントがあるけど、


そういえば久しく節分をやってなかったなあ・・・。


子供の頃は、よくおばあちゃん家で豆巻いたりしたなあ。


そうか、もう梅の季節なんだなあ・・・。


そんなことを料理をいただきつつ、振り返らせてもらって、


疑似体験もさせてもらえるのが「おぎ乃」さんの料理。


だから、毎月見たくて、毎月楽しみたくて、毎月お邪魔している。


私にとって、食べることは単にお腹が空いて食べることではなく、


エンターテイメントであり、旅行したり、映画見たり、


古いアルバムを見返して、思い出を語るかのような感じもあり、


大げさに言えば「私」を形成する大事なものなのだ。















◼︎「赤坂 おぎ乃」
https://www.facebook.com/akasak.ogino/















いつも応援ありがとうございます。

ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!


【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】





■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」
Kindle版は100円にて購入できます!



■「メシクエLV34」インスタ
メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!






























恵比寿の路地裏にある人気鶏料理居酒屋「和食おやまだ」で食事。


恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00053799.jpg

恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00054016.jpg
















鶏料理居酒屋ならではの種類豊富な鶏の刺身。


ささみの塩たたきと胸肉の利尻昆布〆。


恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00073282.jpg

恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00072967.jpg















鶏ひき肉の大判椎茸肉詰めと、


濃玉出汁巻き玉子


恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00080602.jpg

恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00082327.jpg

恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00082674.jpg















揚げ立ての和風鶏唐揚げもとても美味しい!


恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00081253.jpg

















山形出身の大将が作る玉こんにゃくと、お造り


玉こんにゃくは特別なこんにゃくを使ってるそうで、


イメージしていた玉こんにゃくと全然違って、


こんにゃくの臭みなどもなく、柔らかく、ホント美味しかった。


恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00083583.jpg

恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00080274.jpg
















そして、お目当ての鶏鍋


濃厚民族でも「濃い!」と感じる超濃厚な鶏白湯


コレがめちゃくちゃ美味しくて、


大人気でスープが無くなることもしばしばなので、


予約時に鶏鍋キープがおすすめ。


まずは、スープと鶏肉だけいただく。


いやー、濃いねw!!相変わらず、絶品!!


恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00160819.jpg

恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00161063.jpg
















スープと鶏肉を楽しんだら、


鶏つくね野菜を投入。


この鍋がたまに無性に食べたくなるんだよね。


恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00194643.jpg

恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00194913.jpg
恵比寿「和食おやまだ」へ行く。_f0232060_00195250.jpg














■「和食おやまだ」











「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ
https://www.instagram.com/rienarusawa8/




























懇意にさせてもらっている大好きな焼鳥店「床島」で食事。


三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22322889.jpg

三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22323190.jpg

















まずは、自家製ニンニク味噌付きの農園サラダ浸し豆


三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22335249.jpg

三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22344776.jpg
















「床島」に行くと必ず頼むささみの燻製


外は燻製香のいい香り、中の身はしっとりしとした、ささみのおつまみ。


三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22345069.jpg

















まずは、鶏むね肉のわさびから。


中がレアで、めちゃくちゃ柔らかくて、美味しい!


三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22371618.jpg
三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22372092.jpg

三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22372429.jpg















ひざナンコツ


ナンコツは普段はあまり食べないのだが、


「床島」のナンコツだけは積極的に頼む。


ヤゲンナンコツではなく、ひざナンコツで、


ジューシーな身が付いてて、コリコリとした食感がとても美味しい。


三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22345502.jpg

三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22345807.jpg

三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22350168.jpg

















ぼんじり丸ハツ


三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22373989.jpg

三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22425590.jpg















せせり手羽先


手羽先はちゃんと骨を外してくれていて、食べやすい。


三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22430824.jpg

三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22431148.jpg

三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22431455.jpg

三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22431749.jpg
















美味しいつくねうずら


三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22452994.jpg

三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22453172.jpg














ねぎまと、トロトロのスカモルツァチーズ


三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22455475.jpg

三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22460320.jpg

三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22453972.jpg

















ご飯は絶品親子丼


焼鳥が美味しくてお腹いっぱいなので、


フルサイズはさすがに食べれないけど、


でも、最後にやっぱりご飯は少しでも食べたい!


そんなニーズに答えて、ハーフサイズも作ってくれるのがありがたい。


三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22461425.jpg















そして、「床島」の隠れた必食メニューが


この塩チーズケーキ!


クリームと真ん中のイチジクのコンポートの


の甘じょっぱい組み合わせが絶品。ホント美味しい。



三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22461919.jpg


三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22462604.jpg















ちなみに、「床島」のテイクアウトメニューに


鶏白湯鍋というのがあるのだが、これもホント美味しいので、おすすめ。


鍋ごと凍っているので、日持ちもするし、火にかけて温めてそのまま食べられる。


三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22562958.jpg
















さすが鶏専門店の鍋だけあって、


濃厚民族垂涎の絶品濃厚鶏白湯


かなり濃い!!スープ最高!!


大きな鶏肉が骨ごとゴロゴロ入ってて、食べ応え十分!


三軒茶屋「焼き鳥 床島」へ行く。_f0232060_22563149.jpg










■「焼き鳥 床島」
http://ameblo.jp/yakitoritokoshima/












「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ
https://www.instagram.com/rienarusawa8/






























京都に詳しい知り合いに勧められて


京都で人気の老舗とんかつ屋「とんかつ山本」でランチ。


お店の前の大きく「技」と書かれた暖簾が目を引く。


京都・市役所前「とんかつ山本」へ行く。_f0232060_22411974.jpg

京都・市役所前「とんかつ山本」へ行く。_f0232060_22424234.jpg














へれかつ定食(1900円)をいただく。


そうだ、そうだ、京都では「ひれ」とは言わず、「へれ」というんだっけ。


京都・市役所前「とんかつ山本」へ行く。_f0232060_22445149.jpg
京都・市役所前「とんかつ山本」へ行く。_f0232060_22435282.jpg














細やかなパン粉の薄衣に、しっかりと火を入れたとんかつ。


良くも悪くも、脂や旨味をあまり感じず、


食べやすいとも言えるが、味はかなりさっぱりしている。


個人的には、しっかり旨味を感じて、柔らかいとんかつが好きなので、


うまいまずいではなく、好きなとんかつとは違った。


キャベツが千切りではなく、


大阪串カツのようにブロックで乗ってるのも特徴的。


京都・市役所前「とんかつ山本」へ行く。_f0232060_22454469.jpg
京都・市役所前「とんかつ山本」へ行く。_f0232060_22455173.jpg

京都・市役所前「とんかつ山本」へ行く。_f0232060_22460136.jpg
京都・市役所前「とんかつ山本」へ行く。_f0232060_22461170.jpg












■「とんかつ山本」










「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ















by meshi-quest | 2021-02-11 08:06 | 京都










大徳寺の横にある人気蕎麦屋「五」(いつつ)でランチ。


京都の老舗日本料理店「和久傳」の系列店。


京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21001465.jpg

京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21002087.jpg

京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21002652.jpg

京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21004774.jpg

京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21005134.jpg
















ランチの蕎麦会席をいただく。


まずは、前菜の盛り合わせ。


鯖寿司、湯葉豆腐、鴨、


帆立干し柿とむかごの白和え、


海老芋金柑の胡麻和え、おからなど。


京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21040693.jpg

京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21040982.jpg

京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21041251.jpg

















次は、平目のお造り。


上にかかっている自家製の昆布醤油がめちゃくちゃ美味しい!


昆布と醤油の風味が絶品。白身魚にすごく合う。


この醤油、日持ちがしないそうで残念だが、買って帰りたいくらい・・・。


京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21071617.jpg
















続いて、天ぷらは北海道の帆立南瓜


さすが老舗日本料理店の蕎麦屋さんだけあって、天ぷらもサックサクで絶品。


京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21095164.jpg

京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21095514.jpg

京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21095775.jpg

















北海道瀬棚町の蕎麦の実を使ったもりそば


4%だけつなぎが入っているというほぼ10割


京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21114372.jpg

京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21114503.jpg
















蕎麦の香りと甘味を感じられる蕎麦なので、


つゆの前に、でいただくように勧められる。


京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21170261.jpg
















最後は美味しい蕎麦湯で。


蕎麦の旨味が溶け出してる。


子供の頃は蕎麦湯の美味しさが全く分からなかったが、


大人になってこの旨さに気がついた。


京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_21170422.jpg











■「五」










「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ
https://www.instagram.com/rienarusawa8/

















by meshi-quest | 2021-02-09 08:08 | 京都











吉祥寺にある大人気居酒屋「みかづき酒房」へ。


吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23000584.jpg

吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23001229.jpg

吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23001941.jpg

吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23001620.jpg


















「みかづき酒房」はお米にすごくこだわっていて、


お通しは、長野県佐久市のコシヒカリ


「五郎兵衛米」を使った美味しいおかゆに、


筍の煮物とおひたしの3種。


吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23002326.jpg

吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23002588.jpg

吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23002951.jpg

















ゴロゴロベーコンの燻製ポテトサラダと、


塩昆布キャベツ


吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23035921.jpg

吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23040933.jpg

















生醤油、九州醤油、ポン酢でいただくお造り


吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23055256.jpg

吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23055643.jpg

吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23060249.jpg

吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23060917.jpg

吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23061472.jpg

















厚切りの自家製燻製ベーコン


濃厚でお酒が進むつまみ。


吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23074522.jpg

吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23075773.jpg
















銀だらの西京焼きと舞茸の天ぷら。


「みかづき酒房」はメニューも豊富で、


魚も肉も野菜も、焼きも揚げも、何でも揃ってる良居酒屋。


吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23075156.jpg

吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23075410.jpg

吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23081045.jpg

吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_23081336.jpg


























「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ















by meshi-quest | 2021-02-05 08:06 | 吉祥寺













京都の老舗日本料理店「和久傳」ご出身の大将による


人気割烹「和食晴ル 」で夕食。


京都・烏丸「和食晴ル」へ行く。_f0232060_22373546.jpg

京都・烏丸「和食晴ル」へ行く。_f0232060_22373855.jpg

京都・烏丸「和食晴ル」へ行く。_f0232060_22382474.jpg












京都の日本酒「澤屋まつもと守破離」


京都老舗茶舗「一保堂」のほうじ茶をいただきつつ、


お通しはきのこ蓮根のおひたし。


のやわらか煮もつまみででいただく。


京都・烏丸「和食晴ル」へ行く。_f0232060_22391265.jpg
京都・烏丸「和食晴ル」へ行く。_f0232060_22423592.jpg

京都・烏丸「和食晴ル」へ行く。_f0232060_22435291.jpg

















お造りは、淡路の伝助穴子


明石の鯛、琵琶湖の大マス、気仙沼の鰹など。


特に穴子がすごく旨味が強くて美味しかった!


京都・烏丸「和食晴ル」へ行く。_f0232060_22472870.jpg
















大好きな京生麩焼き


緑はヨモギ、オレンジはかぼちゃ


京都・烏丸「和食晴ル」へ行く。_f0232060_22484404.jpg
















名物の鴨カツ


身は鶏肉とはまた違ったしっかりとした歯ごたえがあって、衣はサクサク。


日本料理店らしく、ソースではなく、特製の実山椒醤油でいただく。いい香り。


京都・烏丸「和食晴ル」へ行く。_f0232060_22491588.jpg
















目の前のお鍋のおでんが美味しそうだったので、


おでんの玉子をいただく。


さすが割烹のおでんだけあって、出汁がめちゃくちゃ美味しい!


そして、玉子はなんと半熟で、このおでん玉子最高だった。


京都・烏丸「和食晴ル」へ行く。_f0232060_22492270.jpg













■「和食晴ル」
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26026013/











■「りょうりや御旅屋」
https://otaya-kyoto.com/











「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ

















タグ:
by meshi-quest | 2021-02-04 08:06 | 京都










京都・木屋町の高瀬川沿いの、


京都ビブグルマンでも掲載されてる


人気京料理店「りょうりや御旅屋(おたや)」で食事。
















振舞酒をいただきつつ、


通しは、河豚出汁の白味噌椀


この白味噌椀がめちゃくちゃ美味しくて


結果、最後にもう1回お代わりすることになるのだがw、


白味噌好きな私がこれまでいただいた中で確実に3本の指に入るお味。


「御旅屋」さんの白味噌椀、美味しすぎた・・。


そして、これがお通しとは・・・。


京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20341729.jpg

京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20342469.jpg

京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20342771.jpg

京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20341149.jpg

















胡麻豆腐と、汲み上げ湯葉の雲丹乗せ。


京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20374338.jpg

京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20381900.jpg
















お造りは本鮪くえしま鰺の3種盛り合わせ。


京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20391603.jpg
















「御旅屋」さんにお邪魔する度にいただいている


すっぽん蒸しスープ


いつも悩ましいのが、めちゃくちゃ美味しいのだが、


私の拙い文章だと、これ以上この旨さが伝えきれず、


見た目にも派手さはないので(苦笑)、


せめて毎回食べているということで「よほどなんだな」と思ってもらえたらw。


特に私がすっぽんが好きというわけでもないし、


すっぽんを積極的に注文するのはここだけかも。


やっぱり「御旅屋」さんのすっぽんの蒸しスープという料理の旨さなんだと思う。



京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20392543.jpg

京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20392999.jpg

京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20393277.jpg


















柚子の香りが効いてるさっぱりとしたの茶碗蒸し。


京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20500367.jpg


京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20500518.jpg

















最後は京都の夕飯セット


焼き魚はかますの味噌焼き。


メニューにはないのだが、なんか揚げ物も食べたかったので、


帆立の昆布締めを天ぷらにしてもらった。豪華!


そして、通常のご飯セットは赤だしなのだが、


冒頭の白味噌が美味しすぎて、白味噌椀に変更してもらった。絶品。


京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20512326.jpg

京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20513313.jpg

京都・木屋町「りょうりや御旅屋」へ行く。_f0232060_20512981.jpg











■「りょうりや御旅屋」
https://otaya-kyoto.com/








「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ




















by meshi-quest | 2021-02-02 08:08 | 京都
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン