タグ:メシクエおすすめ! ( 1931 ) タグの人気記事








ミシュランガイドビブグルマンに掲載されている


外苑前の人気ビストロ「Aminima アミニマ」で食事。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1322140.jpg


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1351488.jpg













まずは、「農園からの野菜の盛り合わせ」。


色とりどりで、野菜の種類も豊富。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_138237.jpg













熊本県那須ファームの卵を使ったウフマヨ


「ウフ」はフランス語で「卵」の意。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1395996.jpg












青森県長谷川熟成豚の自家製豚肩ロースハム


軽く炙ってあって、ジューシー。ザワークラウトと共に。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13121395.jpg


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13122440.jpg












メインディッシュはギリシャの伝統料理、ムサカ


仔羊のひき肉、米茄子、ホワイトソースに、たっぷりチーズがかかった濃厚な一品。


熱々の茄子ミートグラタンという感じで、すごく美味しい。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13145942.jpg


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1315898.jpg












〆は、カレーライス


お腹に合わせて、S、M、Lがあって、写真は一口サイズのSサイズ。


カルダモンが効いてて、〆にサラッといただけるカレー。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13172323.jpg













クラッシックなプリン


ビターなカラメルがかかってて、大人な味。


気軽に美味しい料理が少しづつつまめて、静かで居心地もいいビストロ。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1318783.jpg


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13181839.jpg










■「アミニマ」
https://www.aminima.jp/


















短い仙台出張の最終日は、やっぱり牛たん


地元の方に聞き、仙台に数ある牛たん屋の中の人気店の1つ、


「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ。


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_2313023.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_231397.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23131717.jpg















きゅうりの一本漬けと、


定義の三角揚げいぶり。


縁結びで有名な宮城県の「定義山」の名物三角油揚げだそうで、


普通の油揚げよりも厚みがあって、大豆の旨味も感じる美味しい油揚げ。


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23181772.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23182551.jpg















名物の真中たん定食(4枚、3050円)。


通常のたんではなく、上下左右を切って、


真ん中だけの美味しいたんを焼いたもの。


厚切りなのに、すごく柔らかい!


テールスープも葱たっぷりで、濃すぎず、薄すぎずで美味しかった。


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23254885.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23263892.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23264637.jpg











■「たんや善治郎 仙台駅前本店」
https://www.tanya-zenjirou.jp/













by meshi-quest | 2020-08-02 08:06 | 旅行_国内









仙台出張








地元の方に美味しいとお聞きした


塩釜港近くにある人気寿司屋「亀喜寿司」でランチ。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2228133.jpg















店内はカウンター、テーブル、座敷もあって、席数も多いが、


到着時は満席で、次の予約客が来るまでの間、カウンターに入れさせてもらった。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22411255.jpg















メニューはこんな感じ。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22442311.jpg
















2種類の美味しそうな玉子の前のアリーナ席w。


これは玉子を食べねば!!


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22415885.jpg















葱とカニ身が入った厚焼き玉子


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2245178.jpg


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22452616.jpg














季節の盛り合わせ(3500円)。


海老は頭の海老味噌付き、本マグロのとろ、とり貝、


カツオ、アジ、穴子、カニ身など。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22474036.jpg


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22475314.jpg


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2248376.jpg















今が旬の深海魚メヌケのあら汁。


旨味がしっかりあるのに、変に脂っぽくなく、


意外にサッパリしてて食べやすいあら汁。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2249328.jpg















追加注文で、メバチの中トロ、蒸し海老、メヌケの3つ。


メバチは10日熟成して、中トロ部分をはがしたもの。


正直、あまりメバチに美味しいイメージが無かったけど、


このメバチはすごく美味しかった!


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22525872.jpg


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2253137.jpg















食後はもう1つの玉子焼き、すり身入り。


卵の代わりに、魚のすり身を使って、


甘くフワフワに作った寿司屋のシフォンケーキ。


メニューでも「デザート」の中に入ってる一品。


確かに、おかずと言うより、デザート。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22563453.jpg










■「亀喜寿司」
https://tabelog.com/miyagi/A0404/A040404/4000004/












by meshi-quest | 2020-08-01 08:06 | 旅行_国内









三鷹の路地裏ある人気和食店「和食 日なた」で夕食。


前回もとても美味しくて、
月ごとにお邪魔させてもらっている。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21233828.jpg















まずお通しは焼き茄子の胡麻掛けと抹茶豆腐


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21265943.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2127936.jpg















千葉館山の蒸し鮑


柔らかくて、すごく美味しい!


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2129084.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2129845.jpg














のつみれ椀。


柔らかい手作りつみれに、美味しい出汁。これも絶品。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21303797.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2130494.jpg















アツアツ、フワフワの出汁巻き玉子


何回食べても「日なた」さんの出汁巻きは絶品。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21331534.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21332470.jpg















季節のおすすめ、とレタスと塩昆布のサラダ。


自家製ドレッシングの酸味と桃の甘味と塩昆布が絶妙なバランス。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21344728.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2134583.jpg














玉蜀黍(トウモロコシ)のかき揚げ。


この玉蜀黍、めちゃくちゃ甘い!!


そして、サックサク!!


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21355590.jpg















岩手の白金豚の肩ロース生姜焼き。


「生姜焼き」と聞いて、


豚スライスを想像していたが、なんと厚切り!


でも、しっかり味は生姜焼きになっていて、


ご飯と言うより、酒の肴になる生姜焼きという感じ。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21393445.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21391596.jpg















本日の限定品、雲丹トロたく巻き


「日なた」名物の赤身と中トロの海苔巻き寿司に、


さらに雲丹と沢庵が入った豪華な一品!


旨いーーーーー(≧∇≦)!!!


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2273185.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2274514.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2275982.jpg















〆は手作りのキャラメルアイス


濃厚でビターな大人な食後のアイス。


今日も大満足の「日なた」さんの和食。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2221039.jpg














■「日なた」
https://www.hi-nata.com/



















吉祥寺の路地裏にあるワインバル「cosi cosi」(コジコジ)で夕食。


現在、期間限定で吉祥寺の人気イタリアン「パノラマキッチン」


長年シェフを務めていた川野輪シェフが料理を担当されてて、


ワインと共に美味しい創作イタリアンがいただける。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1656513.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_16565962.jpg














いい香りのさくらんぼのラム酒漬けと、


大好きなイタリアの赤ワン「L'Arco/ラルコ」


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_16592320.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_16593059.jpg















水蛸のカルパッチョ。


炙った吸盤や生の蛸、茹でた蛸など、食感と風味が色々と楽しめる。


ソースは、自家製のレモン青唐辛子


このソースが酸味と辛味のバランスが良く、


香りも良くて、めちゃくちゃ美味しい。ぜひ売ってほしいw。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1723841.jpg















のスモーク。


下の青菜は春菊茗荷を自家製ポン酢で和えたおひたし。


緑色はレモングラスのオイル。


イタリアンぽくもあり、和食っぽくもある、美味しい前菜。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1743734.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1744487.jpg















半熟目玉焼きからすみがけ。


カルピスバター
で焼いていて、すごくいい香りがする。


ワインが進む、進むw。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1754968.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_176294.jpg















牛ハラミのレアハンバーグ。


これ、めちゃくちゃ好み!!


粗びきの肉の味がしっかりするハラミバーグ、絶品。


ソースは卵黄にかえしをあわせた濃厚な和風ソース。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_177516.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_178554.jpg















パスタは、真イワシのアラビアータ。


中にフェンネルで煮たウイキョウが入ってて、


魚の匂いをいい感じで整えてくれてる。


辛味もちょうど良くて、美味しいアラビアータだった。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_171006.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_17101174.jpg










どれも1つ、2つ他店にはないオリジナルが加えられてて、


川野輪シェフならではの、ここでしか味わえないイタリアンになっている。


ザ・イタリアンという感じでもなく、


旬の食材を使って、ワインが楽しめる料理をいい感じに揃えてる。


期間限定ではあるが、ぜひ川野輪シェフの創作イタリアンを。










■「cosicosi」
https://www.instagram.com/cosicosi_kichijoji/










by meshi-quest | 2020-07-30 08:07 | 吉祥寺







吉祥寺にある大好きな人気タイ料理店「アムリタ食堂」でランチ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16203113.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16204535.jpg












タイ風オムレツ青菜のファイヤー炒め。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16252065.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1625319.jpg













最近お気に入りのレモングラスのお茶「タッカイティー」


夏にはたまらない抜群の爽快感!


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16380100.jpg












海鮮と野菜のカレー卵炒め


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1629067.jpg













豚トロのタイ風漬け焼き「コムヤーン」と、


鶏肉のタイ風漬け焼き「ガイヤーン」の盛り合わせ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16314077.jpg












揚げ物の盛り合わせ。


ソフトシェルクラブのから揚げ、


タイ風のエビのすり身揚げ、鶏皮など。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16352881.jpg













スイートチリソースで炒めたタイ風チャーハンと、


汁なしタイラーメン


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16364815.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16365889.jpg












そして、やっぱりいつもの大好きなガパオライスも。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16373435.jpg












今日は遠方からお友達が来てくれたので、


いつものランチのガパオライスだけでなく、


いろんな料理を頼めて、食卓が賑やかで嬉しい限り。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1621185.jpg










◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/












by meshi-quest | 2020-07-29 08:08 | 吉祥寺








懇意にさせていただいている高円寺のの名店、


「波やし」で恒例の癒しのオア鮨タイム。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17353298.jpg













「波やし」さんは予約2年待ちになってるお鮨屋さんだが、


コロナの影響を受けて、やむを得ず席数も減らし、


席と席との間、厨房と席の間にもアクリル板があり、


名物の日本酒の利き酒も残念ながら今は中止。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17462934.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17464038.jpg













まずは、お造り


ボタン海老、中トロ、トビウオ、平貝、佐島のタコ。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1751363.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17514689.jpg













焼物はまぐろスジ、ハラミ、ほっき紐の3種。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17542615.jpg













毛蟹は身も、蟹味噌も。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17554759.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17555775.jpg













アワビや白身がたっぷり入った茶碗蒸し


一口サイズのサーロインステーキ


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1844410.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1845928.jpg













今が旬のとり貝の肝を使った肝ご飯。


とり貝と肝とバターを炒めた濃厚で貝の旨味たっぷりの一品。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18123371.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18124377.jpg













海鮮と納豆たっぷりの名物のばくだんと、


とり貝のマヨネーズ焼き。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1814145.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18141173.jpg













にぎりはお好みで、車海老から。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18145337.jpg












赤貝中トロ


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18212327.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18214627.jpg













トロ鉄火と納豆巻きと海老マヨ。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1824826.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18242675.jpg












最後は穴子とミョウガと卵の味噌汁


やっぱりカウンターでいただくお鮨は美味しいな。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18261481.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18262367.jpg









■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/










by meshi-quest | 2020-07-28 08:07 | 高円寺







四谷三丁目にある甲殻類料理専門店「うぶか」で食事。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16435625.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16441947.jpg













ここ「メシクエ」でもたびたび私は甲殻機動隊であることを宣言しており、


海老、蟹の登場頻度が高いのだが、


甲殻機動隊の中でも最初から最後まで甲殻類尽くしの有名な一軒。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16443838.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1644524.jpg













料理は月ごとのコースのみ。


まず1品目の先付は、北海道産縞海老から。


トマト、とうもろこし、羅臼昆布のジュレの組み合わせ。


最初から甲殻類!!縞海老甘くて美味しい。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16475941.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1648971.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16482230.jpg













2品目の向付は、鹿児島県産車海老をメインとしたお造り。


兵庫淡路島の、熊本県産のスジアラもあるが、


ここは甲殻類専門店だけあって、


珍しく甲殻類がドーンと大きく、メインのお造りになっている。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16512384.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16515883.jpg













3品目のお椀は、ノコギリガザミ


熊本の赤茄子じゅん菜の入ったいい出汁の一品。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16534615.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16541320.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1654231.jpg













4品目の強肴は、釧路産の毛蟹の共和え。


毛蟹の身と味噌を和えた一品。


毛蟹の身の甘さと蟹味噌の濃厚な旨味が絡んだ絶品。


あと3皿くらい食べたいw。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16572378.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16574617.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16575895.jpg













ここで甲殻類の旨味を最大限に引き出す、


甲殻類のために作られた日本酒登場。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16584790.jpg













5品目の焼物は、北海道根室産のたらば蟹


焼きたらば、ウマーーーーーー!


そして、付け合わせの山梨産有機栽培ズッキーニもすごく甘くて旨い!


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1712516.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1713785.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1714765.jpg













6品目の揚物は、大きな車海老味噌フライ


海老味噌がたっぷり入った状態で、サックサクに揚げられてるので、


かじると、身だけでなく、味噌の旨味も一緒に口の中に溢れてくる。


フライにもしっかり味がついてて、ソースは無しでそのまま美味しくいただけるが、


実山椒のタルタルソースを付けると、爽やかな風味に。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1742653.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1743794.jpg













7品目の飯物は、北海道紋別産のずわい蟹と真竹の炊き込みご飯。


蟹身と蟹味噌がいっぱいすぎて、ご飯が見えないくらいw。


こんなに蟹いっぱいのご飯、幸せだーーーー!!


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_17143616.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1714495.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1715049.jpg












8品目の水物は、青梅の甘露煮と赤しそのジュレ。


口の中がさっぱりとする、夏らしい水物。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_17163156.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_171641100.jpg









我こそは甲殻機動隊という方にはぜひオススメしたいお店。








■「うぶか」
https://ubuka.jp/










by meshi-quest | 2020-07-27 08:08 | 四谷








懇意にさせてもらっている吉祥寺の人気イタリアン


「ヴィネリアハーベスト」でディナー。


コロナ禍では営業自粛をしてテイクアウトをしていて、


私も前菜やメイン、パスタなどを買わせていただいた。



吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23385247.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_2339378.jpg















まずは、ブッラータチーズ


白桃のカプレーゼ。


クリーミーなブッラータと、香り良く甘味ある白桃の絶妙な組み合わせ。


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_2341208.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_2342214.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23421358.jpg















次は、車海老のリゾット(ハーフサイズ)。


イタリアの古酒に漬けたイタリア風酔っぱらい海老と、


濃厚な海老出汁で炊き込んだリゾット。


めちゃくちゃ美味しい!!


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23441435.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23443029.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23444126.jpg















メインは、私が大好きなフィレンツェ風鶏バター


「ハーベスト」に来ると、かなりの高確率で鶏バター食べてるw。


バターの風味良く、肉が柔らかくて、ホント美味しい。


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_2349314.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23494110.jpg















デザートはバスクチーズケーキ


甘さ控えめで、バスクチーズケーキだけでも売れそうなくらいの一品。


ホント「ハーベスト」は前菜からデザートまで全てのレベルが高い。


いつ行っても、何食べても外れたことがない。


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23524662.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23525929.jpg












■「ヴィネリアハーベスト」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13205088/












by meshi-quest | 2020-07-26 08:07 | 吉祥寺








懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」へ。


本日も岡部シェフのおまかせコースをいただく。















1品目は、


とうもろこしパンナコッタ


夏のチクロの名物なのだが、


甘味あるとうもろこしのムースが濃厚でまろやかですごく美味しい。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22261364.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2226374.jpg















2品目は、カツオカルパッチョ


このカツオ、こんなに厚切りなのに、


カツオのクセや血なまぐささは全くなく、ペロリと前菜で食べれてしまう!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22281739.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22283411.jpg
















3品目は、サワラ黄色ズッキーニのフリット。


サワラも美味しいけど、ズッキーニがジューシーでたまらん。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22321943.jpg















4品目は、トマトのパスタ。


ホント美味しい(感激)。


シンプルだけに、旨さがピカっと光るというか


トマトだけで十分なくらい甘味と旨味があって、


これに具もチーズも全くいらない感じ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22345050.jpg
















5品目は、ボンゴレのリゾット。


これもホント美味しい(感涙)。


あさりの旨味がしっかり効いてて、もう2皿は食べれそうな感じ。


ちゃんと生米から丁寧に作られてることが分かる本格リゾット。


炊いた米を使った、いわゆる「リゾット風」とは雲泥の差。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22364423.jpg
















6品目は、メニューにはなく、


特別に前からお願いして作ってもらった


バスクチーズケーキ


そして、これも美味しくて笑ってしまうくらいの出来映え。


バスチーも今後テイクアウトで販売してほしい・・・。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22393132.jpg
















7品目は、仲良くさせていただいてる


北参道のミシュランフレンチ「sincereシンシア」


石井シェフから教えてもらった石垣島の絶品ピーチパイン


パイナップル自体、元からいい香りがするけど、


こんなにいい香りと甘味あるパイナップルあるんだ!くらいの驚き。


美味しかったな、ピーチパイン。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2243819.jpg












■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/











by meshi-quest | 2020-07-25 08:08 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン