タグ:メシクエおすすめ! ( 1927 ) タグの人気記事











懇意にさせてもらっている牛たんの名店、


「たん焼 忍」で食事。


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1405719.jpg


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1411626.jpg


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1412616.jpg
















エリンギの炭火焼きと、


絶品の肉じゃが


味が染みてて、「忍」の肉じゃがは絶品。


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1431047.jpg


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1432116.jpg















まずは、ゆでたん


この柔らかさ、この美味しさは「忍」ならでは!


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1443256.jpg















次に、たんシチュー


濃厚なデミソースに、トロトロのたん。これまた絶品。


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1461669.jpg
















そして、ジューシーな焼きたん


たんは茹でても、シチューになっても、焼いても、ホント美味しい。


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1492280.jpg
















〆は焼きおにぎりたんスープ


最初から最後まで牛たん尽くしの幸せな夕食。


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_14103781.jpg


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_14104688.jpg














■「たん焼 忍」
http://www.tanyaki-shinobu.com/













by meshi-quest | 2020-08-10 08:07 | 四谷








懇意にさせてもらっている


料理が美味しい人気居酒屋「オクワ酒屋」で食事。


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_13192881.jpg


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_13193836.jpg















お邪魔すると、ほぼ必ず注文している


名物「オクワのポテサラ」


マヨネーズ系のいわゆるポテサラとちょっと違ってて、


コロッケの中身のようなしっかり味がついたひき肉とポテトの組み合わせ。


私の大のお気に入り。


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_13213136.jpg


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_13215077.jpg
















水茄子3種のオイル和え。


オリーブオイル、ピーナッツオイル、白胡麻油の3つ。


各油の旨味が上手に合わさってて、全く脂っこくはなく、すごく美味しい。


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_13231597.jpg
















手作りリコッタチーズと、


フルーツトマトのカプレーゼ。夏にいいおつまみ。


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_13235885.jpg














せせりの塩唐揚げと、


国産牛肉の手作りメンチカツ


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_13261912.jpg


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_13264329.jpg


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_13265354.jpg
















新にんにくトマトの卵炒め。


にんにくの風味とトマトの甘味を卵でフワッと。


野菜から肉、魚までメニュー豊富で、


創作和食だけでなく、中華やエスニック風のものもあり、


いつお邪魔しても飽きずに美味しいものに出会える居酒屋さん。


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_1328493.jpg













■「オクワ酒屋」
http://ameblo.jp/okuwa-zakaya/











by meshi-quest | 2020-08-08 08:08 | 吉祥寺









懇意にさせてもらっている、


予約の取れない亀戸のイタリアンの名店「メゼババ」。


都内イタリアンの中でもイタリアン好きが口々に名前を出す、


おそらくトップクラスで予約が取れない人気店














本日は高山シェフのおまかせコースで。


1品目は、山梨のブッラータのカプレーゼ。


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12501450.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12502490.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12504258.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12505276.jpg
















2品目は、五島列島のイサキのカルパッチョ。


厚切りのイサキがとても美味しい。魚の旨味を感じる。


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12515472.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12523179.jpg















おまかせコースの時に特別に焼いてくれる


絶品ブリオッシュ


高山シェフの作るブリオッシュはホント美味しい。


毎朝食べていたい・・・。


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_125487.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12541757.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12542457.jpg















3品目は、雲丹のブルスケッタ。


この雲丹の量!!!


甘くて、トロトロ。濃厚なバターのようでパンとの相性もすごくいい。


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12553042.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1256301.jpg















4品目は、今が旬ののフリット。


厚切りの鱧をサックサクの揚げ立てで。


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1257522.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1258395.jpg















5品目は、あわびのパスタ。


この贅沢なあわびの量、そして、肝の量!!!


めちゃくちゃ美味しいーーーーー(≧∇≦)!!!


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12595243.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1301449.jpg
















6品目は、貧乏人のパスタ


家庭の冷蔵庫にある卵、チーズ、胡椒を使うイタリアで有名なシンプルパスタ。


シンプルだけに難しく、作る方の個性が出るのだが、


しっかり焼いた卵に、チーズと胡椒のバランスが良く、これも美味しい。


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_132318.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1323848.jpg















7品目は、近江牛さがり


焼肉屋さんではよく使う部位だが、イタリアンでは珍しい。


旨味が凝縮されてて、柔らかくて、これもすごく美味しい。


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_134136.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_134309.jpg















8品目のデザートは2種。


名物のクラッシックなプリンと。


ヘーゼルナッツのパンナコッタ


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1354034.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1354864.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_136399.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1361027.jpg













気が付けば夜も更けもうこんな時間。


美味しくて楽しくて、あっと言う間のメゼババタイム。


ごちそうさまでした!!











■「メゼババ」
https://retty.me/area/PRE13/ARE17/SUB1701/100000849456/























大好きな石井真介シェフの


ミュシュラン1ツ星フレンチ「Sincere シンシア」でディナー。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1155127.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_11551429.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1155268.jpg















コロナ感染防止に配慮して、おしぼりもウイルス対策用に変更。


お客様が少しでも安心して楽しく食事が出来るようにと、


こういうのを1つ1つ考えてやらないといけないのは


コストもかかるし、手間もかかるし、ホント大変だと思う。頭の下がる想い。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_11562757.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_11563455.jpg















1品目のアミューズは、焼き立ての小さなパンケーキに、


キャビアとサワークリームを合わせたもの。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1213244.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_121514.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_122022.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1221196.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1223030.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1225435.jpg















2品目は、「シンシア」名物の6種のアミューズの盛り合わせ。


ジオラマみたい!食べられるアート!


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1245312.jpg

















6種のアミューズの中身は・・・


日向夏フォアグラのキャンディ、


ピゼリと言うイタリアグリーンピースのタルト、


サクラマスのタルタルチュイル、


長井のの瞬間燻製オリーブトースト、


ブータンノワールのアメリカンドッグ


サザエのクロケット。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1281041.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1282154.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1291693.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12102452.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12105015.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12111069.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12112796.jpg















3品目は、長井の長谷川さんの黒むつや、


いばら蟹、アスパラ、キャビアなどを合わせた一品。


と紫蘇のソースでいただく。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12134695.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12135713.jpg















「シンシア」の焼き立てブリオッシュ


相変わらず、絶品!!


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12152793.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12154096.jpg
















4品目は、毛蟹


ホワイトアスパラガスのムースと合わせたもの。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12182520.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12183562.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12184528.jpg













本日のメインの魚料理に使われるセミエビ登場。


セミエビ、スゲーw。


モンスター感がスゲーw。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12215856.jpg















5品目は、セミエビ天然うなぎ


天然うなぎは軽く燻製して、


甘味あるセミエビと岩海苔や海の幸のスープと共に。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12231254.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12232526.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12241952.jpg















6品目のメインディッシュは鳥取県の若桜鹿の炭火焼き。


石井シェフが採ってきた真竹、新玉葱のムースと共に。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12261765.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12263860.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12265291.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12272150.jpg















7品目の選べる〆のストウブご飯は、


月の輪熊のしゃぶしゃぶスープご飯。


この熊のスープ、めちゃくちゃ美味しい!!


熊の嫌なクセなどは全くなく、肉も柔らかくて、絶品。ハマる味。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1229275.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12294670.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12295783.jpg















こちらは友達が選んだ〆のストウブご飯。


永田さんの山菜ボルドレーズ


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1231228.jpg
















8品目は、白桃薔薇のジュレのデザート。


中にはカモミールのアイス。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12344837.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12353330.jpg















9品目は、焼き立てのクレープ


メロンとクリームをたっぷり使ったパフェを


焼き立てのクレープの上に乗せていただく。


パフェ単体でもそのまま美味しくいただける。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1237425.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1237231.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12373332.jpg















コロナ禍で長らく営業自粛をしている間は、


「シンシア」特製のブイヤベースをテイクアウトさせてもらったり、


「たえこのバスチー」というバスクチーズケーキを買わせてもらったり、


何かと石井シェフや「シンシア」スタッフの皆さんと交流があったので


あまり久しぶり感がなかったが、


思えば「シンシア」のお店の中でちゃんと温かい料理をいただくのは久しぶり。


まだまだコロナ禍ではあるけど、こういう日が戻ってきたことに感謝


「当たり前」は「当たり前」でないことを改めて感じる。


食後の小菓子とハーブティーをいただきながらしみじみと。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1238920.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12381968.jpg













■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/






















西荻窪にある大好きなネパールカレー


「sajilo clove サジロクローブ」でディナー。


最近、吉祥寺にも姉妹店「Surya Sajilo」が出来たが、


西荻店はまた雰囲気も異なり、いい感じでこじんまりとしてて落ち着く。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11213986.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11221446.jpg















インドの豆せんべい・パパドと、


ネパールの漬物・アチャール


アチャールはかなりスパイシーではあるが、


辛くなく、酸っぱくもなく、カレーを待つ間のおつまみ感覚。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11232436.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11233340.jpg















グリーンサラダ


特製のスパイスと柑橘が効いたドレッシングが美味しい。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_1126182.jpg
















タンドール焼物の盛り合わせ。


タンドリーチキン
、海老、白身魚、つくねなど、豪華!


食欲をそそるスパイスは利いてるが、全く辛くはない。


ヨーグルトとスパイスで下味が漬けこまれてるので


しっかり味が付いてて、肉も柔らかく、とても美味しい。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_1131267.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11311246.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11312132.jpg
















いよいよネパールカレーの登場!


定番のチキンカレー


ベジタブルカレー


「sajilo」のカレーはたくさんの複雑なスパイスの香りや旨味を感じつつ、


全く辛くなくて、体にやさしいカレー


体調悪い時にも食べると元気になりそうな味。相変わらず、美味しいなあ!


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_1135174.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_113592.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11352681.jpg















そして、溢れんばかりのチーズが入ってる


特製のチーズナンがホント絶品。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11361910.jpg















チャイをいただきつつ、「sajilo」の料理を堪能。満足。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11373218.jpg














■「sajilo clove サジロクローブ」
http://sajiloclove.jp/










by meshi-quest | 2020-08-05 08:07 | 西荻窪







懇意にさせてもらっている吉祥寺の大人気鉄板居酒屋


「じゅん粋」で食事。


ビフォアコロナはホントよくお邪魔させてもらってて、


基本遅い時間から深夜の閉店まで行っていたのだが、


コロナ禍で営業自粛、時間短縮になってしまい、なかなか行けず、


ようやく12時まで営業ができるようになって、私も数ヶ月ぶりにお邪魔。


スタッフの皆さんも変わらず笑顔で迎えてくれて、元気そうで良かった!


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_13363892.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_13365050.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_1337187.jpg













まずは、刺盛から。


社員募集の「女子大歓迎」が書かれた海苔w。


刺盛には酢飯が付いてるので、海苔と一緒に一口手巻き寿司に。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_1435622.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_1455474.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_146361.jpg













海鮮たっぷり、納豆たっぷりのばくだん


これも海苔と酢飯で。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_1412539.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_1413638.jpg












エリンギのガーリックバター炒め。


濃厚でお酒が進む味。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_1414931.jpg













せせりTGC


「東京ガールズコレクション」(TGC)ではなくてw、


せせりをトマト(T)とガーリック(G)とチーズ(C)で鉄板で炒めたもの。


このせせりTGC、ものすごく美味しい!!


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_14155436.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_1416485.jpg













「じゅん粋」特製のじゃがバター


おでんの出汁で煮込んだじゃがいもを鉄板の上で潰して、


マッシュポテトのようにして、その上からチーズを掛けたもの。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_14173876.jpg













北海道産ひこま豚のステーキ。


脂が甘くて、身も柔らかく、美味しい豚肉。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_1419391.jpg













最後は名物の豚平焼焼きそば


これを食べると、「じゅん粋」に来た気がするなあー。


鉄板最高。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_14202170.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_14203731.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_14204927.jpg










■「じゅん粋」
http://www.bakawarai-junsui.com/









by meshi-quest | 2020-08-04 08:07 | 吉祥寺







ミシュランガイドビブグルマンに掲載されている


外苑前の人気ビストロ「Aminima アミニマ」で食事。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1322140.jpg


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1351488.jpg













まずは、「農園からの野菜の盛り合わせ」。


色とりどりで、野菜の種類も豊富。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_138237.jpg













熊本県那須ファームの卵を使ったウフマヨ


「ウフ」はフランス語で「卵」の意。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1395996.jpg












青森県長谷川熟成豚の自家製豚肩ロースハム


軽く炙ってあって、ジューシー。ザワークラウトと共に。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13121395.jpg


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13122440.jpg












メインディッシュはギリシャの伝統料理、ムサカ


仔羊のひき肉、米茄子、ホワイトソースに、たっぷりチーズがかかった濃厚な一品。


熱々の茄子ミートグラタンという感じで、すごく美味しい。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13145942.jpg


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1315898.jpg












〆は、カレーライス


お腹に合わせて、S、M、Lがあって、写真は一口サイズのSサイズ。


カルダモンが効いてて、〆にサラッといただけるカレー。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13172323.jpg













クラッシックなプリン


ビターなカラメルがかかってて、大人な味。


気軽に美味しい料理が少しづつつまめて、静かで居心地もいいビストロ。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1318783.jpg


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13181839.jpg










■「アミニマ」
https://www.aminima.jp/


















短い仙台出張の最終日は、やっぱり牛たん


地元の方に聞き、仙台に数ある牛たん屋の中の人気店の1つ、


「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ。


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_2313023.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_231397.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23131717.jpg















きゅうりの一本漬けと、


定義の三角揚げいぶり。


縁結びで有名な宮城県の「定義山」の名物三角油揚げだそうで、


普通の油揚げよりも厚みがあって、大豆の旨味も感じる美味しい油揚げ。


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23181772.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23182551.jpg















名物の真中たん定食(4枚、3050円)。


通常のたんではなく、上下左右を切って、


真ん中だけの美味しいたんを焼いたもの。


厚切りなのに、すごく柔らかい!


テールスープも葱たっぷりで、濃すぎず、薄すぎずで美味しかった。


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23254885.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23263892.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23264637.jpg











■「たんや善治郎 仙台駅前本店」
https://www.tanya-zenjirou.jp/













by meshi-quest | 2020-08-02 08:06 | 旅行_国内









仙台出張








地元の方に美味しいとお聞きした


塩釜港近くにある人気寿司屋「亀喜寿司」でランチ。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2228133.jpg















店内はカウンター、テーブル、座敷もあって、席数も多いが、


到着時は満席で、次の予約客が来るまでの間、カウンターに入れさせてもらった。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22411255.jpg















メニューはこんな感じ。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22442311.jpg
















2種類の美味しそうな玉子の前のアリーナ席w。


これは玉子を食べねば!!


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22415885.jpg















葱とカニ身が入った厚焼き玉子


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2245178.jpg


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22452616.jpg














季節の盛り合わせ(3500円)。


海老は頭の海老味噌付き、本マグロのとろ、とり貝、


カツオ、アジ、穴子、カニ身など。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22474036.jpg


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22475314.jpg


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2248376.jpg















今が旬の深海魚メヌケのあら汁。


旨味がしっかりあるのに、変に脂っぽくなく、


意外にサッパリしてて食べやすいあら汁。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2249328.jpg















追加注文で、メバチの中トロ、蒸し海老、メヌケの3つ。


メバチは10日熟成して、中トロ部分をはがしたもの。


正直、あまりメバチに美味しいイメージが無かったけど、


このメバチはすごく美味しかった!


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22525872.jpg


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2253137.jpg















食後はもう1つの玉子焼き、すり身入り。


卵の代わりに、魚のすり身を使って、


甘くフワフワに作った寿司屋のシフォンケーキ。


メニューでも「デザート」の中に入ってる一品。


確かに、おかずと言うより、デザート。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22563453.jpg










■「亀喜寿司」
https://tabelog.com/miyagi/A0404/A040404/4000004/












by meshi-quest | 2020-08-01 08:06 | 旅行_国内









三鷹の路地裏ある人気和食店「和食 日なた」で夕食。


前回もとても美味しくて、
月ごとにお邪魔させてもらっている。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21233828.jpg















まずお通しは焼き茄子の胡麻掛けと抹茶豆腐


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21265943.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2127936.jpg















千葉館山の蒸し鮑


柔らかくて、すごく美味しい!


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2129084.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2129845.jpg














のつみれ椀。


柔らかい手作りつみれに、美味しい出汁。これも絶品。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21303797.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2130494.jpg















アツアツ、フワフワの出汁巻き玉子


何回食べても「日なた」さんの出汁巻きは絶品。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21331534.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21332470.jpg















季節のおすすめ、とレタスと塩昆布のサラダ。


自家製ドレッシングの酸味と桃の甘味と塩昆布が絶妙なバランス。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21344728.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2134583.jpg














玉蜀黍(トウモロコシ)のかき揚げ。


この玉蜀黍、めちゃくちゃ甘い!!


そして、サックサク!!


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21355590.jpg















岩手の白金豚の肩ロース生姜焼き。


「生姜焼き」と聞いて、


豚スライスを想像していたが、なんと厚切り!


でも、しっかり味は生姜焼きになっていて、


ご飯と言うより、酒の肴になる生姜焼きという感じ。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21393445.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21391596.jpg















本日の限定品、雲丹トロたく巻き


「日なた」名物の赤身と中トロの海苔巻き寿司に、


さらに雲丹と沢庵が入った豪華な一品!


旨いーーーーー(≧∇≦)!!!


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2273185.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2274514.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2275982.jpg















〆は手作りのキャラメルアイス


濃厚でビターな大人な食後のアイス。


今日も大満足の「日なた」さんの和食。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2221039.jpg














■「日なた」
https://www.hi-nata.com/










プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン