タグ:メシクエおすすめ! ( 1926 ) タグの人気記事










予約困難な人気焼鳥店「鳥さわ22」で焼鳥ディナー。


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_21375293.jpg


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_213864.jpg
















まずは、さび焼きはつもとから。


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_2139076.jpg


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_2139973.jpg
















黄身トロトロのうずら銀杏


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_2140433.jpg


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_2140176.jpg















食べられないので写真だけのレバー(笑)と、大好きなつくね


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_2142711.jpg


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_21421880.jpg















砂肝もも


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_21433755.jpg


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_21434962.jpg















トウモロコシせせり


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_21445594.jpg


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_2145522.jpg
















手羽先かわ


普段はかわは食べないのだが、「鳥さわ22」のかわは絶品で、


いわゆるかわと全然違う。これ、ホント美味しい。


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_21463281.jpg


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_21464239.jpg
















ジューシーなソリレスとプリプリな丸ハツ


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_21473960.jpg


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_21474950.jpg
















最後はTKG鶏スープ


「鳥さわ22」さんの焼鳥、ホント美味しいな。


きっと、焼き方、鶏肉、たれ、全てが違うんだろうなー。


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_21592530.jpg


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_21593930.jpg


西麻布「鳥さわ22」へ行く。_f0232060_220234.jpg













■「鳥さわ22」
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13222625/




















吉祥寺にある人気ワインビストロ


「anjir アンジール」へ。


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1735778.jpg















赤ワインと、お通しのバケットピクルス


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1745063.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1745911.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_175858.jpg
















まずは、濃厚なスープ・ド・ポワソン


魚介の旨味たっぷり。


半分くらい飲んでから、バケットをチーズをスープの中に。


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1783765.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1784896.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_178571.jpg
















イベリコ豚のブリュレ。


目の前で炙ってくれる。


美味しい自家製ポン酢でサッパリと。


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1710442.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_17102775.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_17103596.jpg















メニューにはないのだが、


「anjir」さんのドフィノワが好きで、特別に作ってもらった。


じゃがいもグラタン美味しい!


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_17132429.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_17133911.jpg















グリルしたグレープフルーツのサラダ。


パクチーやディルなどのハーブもたっぷりで、とても風味良い。


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1716879.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_17162068.jpg
















メインは仙台和牛A5のランプステーキ。


濃厚でジューシーな柔らかいお肉。


今日もお腹いっぱい。美味しかった!


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1718857.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_17181623.jpg












■「anjir アンジール」
http://anjir.net/











by meshi-quest | 2020-09-03 08:07 | 吉祥寺









三鷹の路地裏ある人気和食店「和食 日なた」で夕食。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_16431459.jpg















まずは、最近お気に入りの青森の蒸し鮑


「日なた」さんの蒸し鮑は香り良く、柔らかくて、すごく美味しい!


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_16444533.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_16451318.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_16452417.jpg















とレタスと塩昆布のサラダ。


夏だけの期間限定。


桃の甘味と、特製ドレッシングの酸味と


塩昆布の塩気や旨味、レタスのシャキシャキ感がベストマッチ。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_1647634.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_16471891.jpg















お邪魔すると必ず頼んでいる


焼き立て出汁巻き玉子銀鱈の西京焼き。


これは必食。めちゃくちゃ美味しい!


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_1649137.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_16492212.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_16493033.jpg














白茄子
揚げ出しの雲丹乗せ。


これまたいい出汁。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_165186.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_16512562.jpg















玉蜀黍のかき揚げと、


牛すじ肉の濃厚胡麻ポン酢がけ。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_16532380.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_1653315.jpg















鶏ふりそで肉松茸の茶碗蒸し。


美味しい出汁の茶碗蒸しに、鶏肉の旨味と松茸の風味が加わり、


めちゃくちゃ贅沢な絶品茶碗蒸しになってる!


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_16554860.jpg















〆はの炊き込みご飯。


炊き立ての出汁ご飯の上に、鰻の白焼きが乗った一品。


残ったご飯は、明日の朝食にお持ち帰り。


今日も出汁が美味しかったなー。最高。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_16591971.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_16593016.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_16593912.jpg














■「日なた」
https://www.hi-nata.com/





















大好きな石井真介シェフの


ミュシュラン1ツ星フレンチ「Sincere シンシア」で


お仕事兼ねたディナー。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1774654.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1775723.jpg















まずは、白ワインで乾杯。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1792598.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1793540.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1794470.jpg















1品目のアミューズは、


ばふん雲丹トマトのアミューズ。


白いけど、エキスを抽出したトマトムースで、しっかりトマトの風味がする。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1712043.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1712897.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17122439.jpg
















2品目は、「シンシア」名物のジオラマアートのような、


6種のアミューズの盛り合わせ。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17133275.jpg
















6種のアミューズの中身は・・・


日向夏のジャムを入れたフォアグラキャンディ、


ブーダン・ノワールを使った小さな朝食、


パプリカと赤唐辛子のチュイル、


瞬間燻製した関アジのオリーブトースト、


甘味・苦味・塩味・辛味、酸味の5つの味を感じるトマト


枝豆を使った小さな緑のタルト。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17212312.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1721412.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17224918.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17234693.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17235723.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17221947.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17244821.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17245958.jpg















3品目は毛蟹のカクテル。


毛蟹に甲殻類のムース、カリフラワーのムース、コンソメジュレなどを合わせ、


カクテルグラスに詰め合わせた美しい一品。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17272457.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1727439.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17275315.jpg















「シンシア」謹製の焼き立てブリオッシュ


めちゃくちゃいい香りで、フワッフワ。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1728595.jpg















4品目はスズキルーアンクルート


このたい焼きのルーアンクルートは「シンシア」のスペシャリテ。


付け合わせには、魚のすり身を入れた花ズッキーニ。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17324110.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1733669.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17332162.jpg
















活伊勢海老、登場!!


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17365745.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1737774.jpg
















5品目は活伊勢海老を使った、


スペシャルバージョンの特製ブイヤベース


伊勢海老の他に、カサゴ、蛤なども入ってて、


魚と貝の旨味が凝縮された贅沢な一品。最高!!


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17394921.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1740185.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17401266.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17403746.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1741440.jpg















カサゴ、いたw。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17414057.jpg
















この豪華さ!!


伊勢海老、鮑、カサゴなど、具を楽しむブイヤベース。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17425976.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1743950.jpg














6品目は北海道産の仔牛リードボー


新鮮な椎茸やアスパラを合わせて。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17454495.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1746521.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1746189.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17462947.jpg















7品目の選べるストウブご飯は、


月の輪グマと九条ネギのスープご飯を選択。


この月の輪グマのスープがめちゃくちゃ美味しくて、お代わりしたいくらい。


全く臭みはなく、肉も柔らかくて、ホント美味しい。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17485628.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17492372.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17493541.jpg
















8品目の最初のデザートは、


日向夏アスパラを使った爽やかなデザート。


料理とデザートを繋ぐかのような不思議な味わい。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1751119.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17511245.jpg
















9品目のデザートは、白桃薔薇


甘い白桃に、バラのシャーベット、カモミールアイスなど


口の中でいい香りが広がる、サッパリとしたデザート。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17533094.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17592976.jpg
















最後は、ベルベーヌのフレッシュハーブティーと、


ジオラマに見立てた小菓子の盛り合わせ。


今日は「シンシア」初めてのお客様も多かったので、


石井シェフがシンシアの紹介になるような名物料理をたくさん出してくれて、


お客様も本当に喜んでくれていて良かった。


いい時間を共有するのが大事。


美味しくて、居心地良くて、楽しい食事が一番。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17561772.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17571869.jpg












■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/






















懇意にさせてもらっている吉祥寺の人気イタリアン


「ヴィネリアハーベスト」でディナー。


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_1814061.jpg
















1品目は、マグロのタルタルとガスパチョ


麹漬けした野菜のガスパチョと青柚子の香りに、


マグロの赤身がよく合ってる。


マグロを楽しむガスパチョと言う感じ。


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_18316100.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_1832459.jpg















2品目は、目玉焼きカラスミ


シンプルだけど、バター風味とカラスミのコクがいい感じのバランスで、


卵好きにはたまらない一品に仕上がっている。


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_185523.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_1851427.jpg















3品目はナガラミ貝を使ったリゾット。


中にバイマックルー(コブみかんの葉)が隠し味に入ってて、


トムヤンクンっぽさもあって、めちゃくちゃ美味しい!!


これは夏にハマりそうなリゾット。


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_186419.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_1874100.jpg















4品目は、いつものフィレンツェ風鶏バター


ついに鎌倉シェフから「うちで一番鶏バターを食べてる人」の認定をいただいたw。


鎌倉シェフの鶏バター、ホント美味しいんだもの。


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_188361.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_1884925.jpg












■「ヴィネリアハーベスト」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13205088/












by meshi-quest | 2020-08-30 08:08 | 吉祥寺








片岡鶴太郎さんの三男で、


「京都嵐山吉兆」や「銀座小十」といった


有名日本料理店で修行された荻野聡士さんの人気日本料理店「赤坂おぎ乃」。


季節感溢れる美しくて、美味しい料理をいただきたくて、


ここ最近、ほぼ毎月お邪魔させていただいてる。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23242076.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23243554.jpg















8月のコースは、お盆がテーマ。


最初の迎い酒は、自家製の梅ジュース


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_2327929.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23272167.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23273267.jpg















1品目は枝豆のすり流し。


中には生湯葉が入ってる。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_2329128.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23292569.jpg















2品目は、蓮の葉に乗った前菜


2種の雲丹、バフンウニムラサキウニと、


車海老やアワビに、白いジュレはトマト。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23315777.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23323323.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_2332437.jpg
















3品目は、一番出汁を使ったお椀。


出汁がものすごく美味しい。


ハナサキガニ毛ガニの2つの蟹の真薯も絶品だった。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23353093.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23354017.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23362197.jpg
















4品目は、お造り。


メイチダイイシガキダイの2種。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_234073.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23402372.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_2341141.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23411533.jpg















炒りたての香り良い胡麻と合わせた


北海道様似のツブ貝


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_2343828.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23432020.jpg
















5品目は、天草の黄金鱧


黄色は鱧の卵、赤は梅、茶色は自家製ポン酢。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23451896.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23453047.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23454251.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_234624.jpg
















6品目は、おこぜの天ぷら。


フカヒレと、ハナビレダケ、アワビダケの2種のキノコのあんかけ。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23481657.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23483087.jpg
















7品目は、「おぎ乃」名物の豪華な八寸


お盆をテーマに、灯篭に見立てたほおずき、蓮の葉など。


・フルーツトマトとじゅんさい

・トウモロコシのすり流し

・金時草のおひたし

・巨峰とアボカドの豆腐ソース

・アオリイカとこのこ

・さつまいもの水煮

・佐島のタコ

・カツオの藁焼き


など。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23513816.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23515755.jpg















8品目は、の白焼きと蒲焼。


京都鷹峯の樋口さんの作ったジャガイモや、


鴨茄子の田楽など。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_235647.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23562583.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23564611.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_2357028.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23571442.jpg
















9品目は、箸休めのイチジクの白ワイン煮。


このイチジク、めちゃくちゃ美味しい!


上から掛かっている胡麻ソースもイチジクと相性ピッタリ。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_23585768.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_235913100.jpg
















10品目は、「おぎ乃」名物の2種の土鍋ご飯


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_004823.jpg

















1つ目は炊き立ての白米を使った牛丼。


ただの牛丼ではなく、


尾崎牛と兵庫の美味しい卵を使ったスペシャルな牛丼


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_025751.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_031685.jpg
















もう1つは、毛ガニゴーヤとトマトの炊き込みご飯。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_0152020.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_015363.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_0154854.jpg
















11品目の最後の水菓子は、


のコンポートとココナッツのアイス。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_017246.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_0173550.jpg













夏らしく、お盆らしく、


美味しいだけでなく、美しい日本料理だった。


「おぎ乃」さんの日本料理、ホント素晴らしい。













◼︎「赤坂 おぎ乃」
https://www.facebook.com/akasak.ogino/



















西荻窪駅からちょっと離れた静かな住宅街にある


カジュアルフレンチ「anicca アニカ」でディナー。


とても素敵な内装で、居心地がいい。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21315642.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_2132995.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21322331.jpg
















無花果八女茶の白いサングリア。


色も綺麗で、いい香りがする美味しいサングリア。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21334952.jpg















まずは、名物の「色々な野菜の大鉢」から。


色んな野菜を、色々な調理法で混ぜてあるサラダで、大麦も入ってる。


ドレッシングが美味しくて、ハーブも効いてて、好きな味。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21361248.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21362395.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21365217.jpg
















「ジャガイモとテスクチャー 果物とチーズ」という一品。


マッシュポテトを棒状に凍らせて、


発酵したブルーベリー、ブラータチーズ、ハーブといただく。


絶妙なバランスで出来ていて、


凍らせることでジャガイモに軽やかさが出てて、


チーズ、ハーブ、そして濃厚な発酵ブルーベリーソースがいいアクセントになってる。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21401824.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_2140467.jpg
















霧島豚のリエット。


上にはラクレットチーズ、無花果のジャム、栗の粉が掛かってる。


かなりリエットの味が濃いので、ワインと一緒な感じ。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_2143103.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21431995.jpg















真鯛のミキュイ(半生)。


発酵させたアイコトマトと、ブラータチーズの組み合わせ。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21445611.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_214562.jpg















メインディッシュは、ホロホロ鶏のむね肉の熟成。


鶏出汁と、肝を粉上にしたものが掛かっている。


珈琲醤油というものがあるらしく、それも使われてる。


付け合わせはジャガイモのヴィネグレット。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_2148860.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21481665.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21482479.jpg













雰囲気もとても良く、料理も美味しく、


他店では見かけない、独創的な唯一無二の料理が食べれる。


今後どんな料理が出てくるのか楽しみ。


逆に、変な意味ではなく、あまり分かりやすく普通のモノはないので、


そういう意味では食べ慣れた人というか、


やや外食上級者向けのカジュアルレストランという印象。











■「anicca アニカ」
http://anicca.tokyo/













by meshi-quest | 2020-08-27 08:07 | 西荻窪









三鷹にあるワインビストロ


「kuval」(クバル)でディナー。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2111640.jpg
















まずは、甘味あるとうもろこしのムース。


牛コンソメのジュレと枝豆を合わせて、コクと食感の違いを。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2114050.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21141190.jpg















黄色いガスパチョは、


パイナップルと黄色いプチトマトを使ったもの。


中にはマクワウリと、上に生ハム。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21165496.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2117894.jpg















グリーンアスパラガスは、


自家製ベーコンと由木農場産の温泉卵と一緒に。


ベーコン、すごく美味しい!


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21191829.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21193265.jpg
















馬肉のタルタル。


サッパリとしてて、上品なマグロを食べている感じ。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21205944.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2121713.jpg














魚料理はヒラメのポワレ。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2122244.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21223429.jpg
















肉料理は、フランス産シャラン鴨のロースト。


皮に蜂蜜を塗って、ほんのり甘く、パリッと仕上げたもの。


付け合わせは、


私が大好きな2年氷室熟成のじゃがいもを使ったフライドポテト。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21244122.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21253554.jpg















デザートはパティシエの奥様が作る白いパフェ


ルバーブやチーズのアイスを使った一品。


食後でも食べられるように、軽く、甘さもよく調整されている。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21265044.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21265992.jpg













■「kuval」
https://www.instagram.com/kuval2020/




















吉祥寺にある人気ワインビストロ


「anjir アンジール」へ。


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_12382697.jpg















赤ワインに、お通しのバケットピクルス


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_12391858.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_12393511.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_12394225.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_12395091.jpg
















高知県産紋甲烏賊とキノコのガーリックソテー。


柔らかいイカとキノコの美味しい組み合わせ。


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_12415215.jpg















旬のフルーツハーブたっぷりのサラダ。


このサラダのフルーツとハーブと自家製ドレッシングの組み合わせが絶妙で、


毎朝このサラダを食べていたいようなめちゃくちゃ美味しいサラダだった。


肉食獣のこの私が1ヶ月くらいベジタリアンになるかもしれないレベルw。


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_12431771.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_12432581.jpg
















熊本県産「祭ばやし」という


スイカのガスパチョ。


スイカの風味をほんのり感じつつも、


甘さなどは無くて、ちゃんとしっかりコクのあるガスパチョ。美味しいな。


上に乗ってる生ハムの塩気もいいアクセント。


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1246265.jpg
















じゃがいもグラタンのドフィノワ


以前「anjir」さんでいただいたドフィノワが美味しくて、


この日メニューには無かったんだけど、特別に作ってもらった!


めちゃくちゃ美味しい!!


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_124839.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_12481396.jpg















徳島県産とこぶしとあさりとおかひじきの白ワイン蒸し。


これも貝の出汁がしっかり効いてて、美味しい。


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_12512040.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_12512837.jpg















メインは、オーストラリア産仔羊のランプ。


付け合わせは、いい香りの黒あわび茸。


自家製のハリッサ(唐辛子ペースト)がすごく仔羊に合う!


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_12553141.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_12553881.jpg
















最後は挽肉とパルミジャーノのラグーパスタ。


「anjir」さんはお一人様用にパスタの量を調整してくれるのでありがたい。


やっぱり最後にちょっと炭水化物は食べたくなるんだよねw。


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_12581234.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1258353.jpg














■「anjir アンジール」
http://anjir.net/











by meshi-quest | 2020-08-25 08:08 | 吉祥寺









吉祥寺で仲良くさせていただいているイタリアンのシェフから教えていただき、


池ノ上にある人気イタリアン


「8 OTTO」(オット)でちょっと早めのディナー。


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_11584659.jpg















赤ワインと、お通しは玉ねぎのポタージュ。


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_1274072.jpg


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_1275485.jpg















水茄子つぶ貝のサラダ。


山椒オイルをかけていて、


いい香りでさっぱりしてて、夏にピッタリの前菜。


水茄子が大好きなので、すごく好みの味。


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_129865.jpg















カリっと挙がったトウモロコシのフリット。


この時期は日本料理店はもちろんのこと、


甘味たっぷりのトウモロコシのフリットが色んなところで食べれて嬉しい。


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_12103799.jpg


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_12104818.jpg














揚げ物大好きな私は続いて、のフリットを。


2種類のソースで出してくれた。


1つは香りの良いジェノベーゼ


もう1つは「フォンデュータ」というチーズソース。


「フォンデュータ」は、


イタリア・ピエモンテの「フォンティーナ」というチーズを使った


名物ソースで、肉でも野菜でもどの料理にもかけて食べるのだそう。


桃の香りや甘味とすごく相性が良くて、美味しかった!


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_12152557.jpg














特製ハムカツと、


ブラウンマッシュルームのグリル。


ハムカツはツナが入ったマヨソース「トンナートソース」で。


マッシュルームは生ハムを詰めて、パセリバターで焼き上げたもの。


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_12183594.jpg


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_121939.jpg


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_1219107.jpg















甘鯛アクアディマーレ


貝などを入れて煮込むアクアパッツアは知っていたが、


貝を入れずに野菜で煮込むアクアディマーレという料理があるそうで、


さすがイタリア全土を食べ歩いて修業された一戸シェフならでは!


初めていただいた!勉強になるなー。


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_1222050.jpg


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_1222838.jpg















料理がとても美味しかったので、


ぜひぜひパスタも色々食べたかったのだが、


さすがにお腹もいっぱいになってきて悩んでいたら、


シェフが一口サイズの20gでも作りますよ!と言ってくださった(驚)。


パスタの少量って、味をキープして作るの大変で、


正直量が少なくてもコンロを占有するので面倒だと思うのだが、


「OTTO」ではお一人様にもパスタを美味しく食べてもらえるように


量もほんの少しから対応しているのだそう。


これはホントありがたいし、すごい。ありがたや・・・。













お言葉に甘えて、少量一口サイズのパスタを2種類。


グアンチャーレとトマトと実山椒のパスタ。


上のチーズは珍しい固形のリコッタチーズを削ったもの。


コクがありながらも、実山椒でさっぱりしてる美味しいトマトパスタ。


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_12282862.jpg
















2つ目は、つぶ貝を使ったクリームパスタ。


味付けには魚醤を使ってて、


ナンプラーとクリームがこんなに合うとは知らなかった!


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_12295747.jpg















最後もお言葉に甘えて、一口だけティラミスをいただく。


ああ、食べたいものを食べたい量で出してくれるのは幸せ。


池ノ上「8 OTTO」へ行く。_f0232060_12313197.jpg

















料理の美味しさもさることながら、


初めてお邪魔させていただいたのだが、


すごくアットホームで、昔からの知り合いのように大事に接してくださり、


楽しく時間が過ごせて、とても居心地の良いイタリアンだった。


お一人様用にほとんどすべてのモノの量を調整してくれて、


中でもパスタを20gくらいの少量からもちゃんと作ってくれるのが、驚いた。


いいお店だった。













色々とお店側の事情も分かるけど、


1人用には量調整は出来ませんと言うお店もあって、


そう言われてしまうと、


なんかもうシャットダウンされた感じがして、


以後2人であっても、気持ち的に行かなっちゃうからなあ・・(苦笑)。


意外とお一人様って侮れなくて、


私なんか1人で2人分くらいの売上稼ぐくらい食べる時もあるし(笑)、


居心地良ければ1人でどんどん通うから、


むしろ優良常連になるんだよね、お一人様w。










■「OTTO」
https://www.instagram.com/otto_8_ikenoue/














プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン