タグ:フレンチ ( 392 ) タグの人気記事










懇意にさせていただいているフレンチビストロ「organ」で、


シェフおまかせの初秋のフルコースをいただく。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_16531581.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_16533653.jpg















今日は、イラストレーターさんや漫画家さんと、


ありがとうございましたを兼ねての食事会だったので、お祝い仕様。


めちゃくちゃ素敵なテーブル。


料理が来る前から、すでにワクワクする。


ニンニクを効かせたオリーブとしっかりとした味わいのパン


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_16552889.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_16554220.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1655546.jpg
















1品目は、礼文島の雲丹黄色パプリカのムース。


上には爽やかな酸味の透明のトマトのジュレ。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_16582239.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_16583246.jpg
















2品目は、エロティックなオーガニック白ワインと共に、


イチジクの前菜。


ソースもイチジクと白ワインのソースで、イチジクの風味を楽しむ一皿。


アクセントにクレソンや水茄子も。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_172173.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1721085.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1722234.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1722975.jpg
















3品目は、カツオの藁焼きのorganスタイル。


付け合わせに、焼きキュウリが乗っていて、美味しい。


黒にんにくと味噌を合わせたソースも絶品だった。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1745991.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1752110.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1753216.jpg















4品目は、海老自家製ブータンブランの温菜。


ブータンブラン(ソーセージ)、フワフワで美味しかったなあ。


上に乗っているのはエノキのフリットなのだが、


ものすごく海老風味がして、これも美味しかった!


特に海老味にしてるわけではないそうだが、


エノキは揚げると海老っぽい味になるのだそう。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1773467.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1792440.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1793147.jpg
















5品目は、帆立とハーブのクネル(練り物)。


付け合わせは冬瓜と枝豆、ソースは白ワインのクリーミーなソース。


このクネルもフワッフワでめちゃくちゃ美味しかったー。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_17115637.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_17121743.jpg
















6品目は、フランス産の


美しく上手な火入れで、柔らかく美味しい。


付け合わせはアンディーブ


鴨にはやたら甘いソースを合わせるレストランがあるが、


個人的には甘さに飽きちゃってちょっと苦手で、


でも「organ」はほのかな甘みのバランスのいいソースだった。さすが。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_17151713.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1715252.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_17153975.jpg
















7品目はアーモンドミルクのブランマンジェ。


甘味あるネクタリンとレモンバーベラのアイス。


このアーモンドミルクのブランマンジェ、絶品。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_17171462.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_17174347.jpg













「organ」さんは、


アンティークテイストの雰囲気にも食器にも凝っていて、


料理の盛り付けも美しく、


美味しいだけでなく、他店では食べれないここだけの個性もあって、


本日はアート系の方々の会食だったが、ものすごく喜んでいただけた。


本当にいつお邪魔してもクオリティーの高い、素晴らしいビストロ。











■「organ オルガン」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/13419.html












by meshi-quest | 2020-10-07 08:08 | 西荻窪









懇意にさせてもらっている人気ビストロ「kiki キキ」で


シェフの野田さん特製のスペシャルランチをいただく。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19152489.jpg
















1品目は翡翠という名前が付いた前菜。


シャインマスカット、茄子、アボカドに、


上には透明なトマトのジュレのシート。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_1918335.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_1918229.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19185361.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19191418.jpg















2品目はポルチーニ松茸


ポルチーニはクリームコロッケにして、上から原木椎茸の香り。


松茸は牛のコンソメと冬瓜を合わせたスープ。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19204843.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19212857.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19211775.jpg
















3品目はシェフの生まれ故郷の静岡の食材、


静岡ブランド牛「静岡そだち」戻り鰹の前菜。


戻り鰹は藁で炙って藁焼きに。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19241247.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19242180.jpg
















4品目はほっき貝を使ったパスタ。


野田シェフが友人の蕎麦職人に蕎麦の作り方を習い、


毎日そば粉を引いて、手打ちにして作った蕎麦のタリアテッレ


ほっき貝はエスカルゴバターに、出汁はタリアテッレに使いボンゴレ風に。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19275474.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_1928926.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19281790.jpg
















5品目は南瓜のムニエル。


南瓜をセージとバターでムニエルにし、


周りには早生みかんマンゴーほおづきなど。


トロピカルなフルーツに南瓜がすごく合う。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19303721.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_1931836.jpg















6品目は富士鱒の幽庵焼きといくらのご飯。


富士鱒はレアな火入れで柔らかく、


いくらのご飯はバイマックルーを使ってトムヤンクン風に。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19334484.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19335389.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_1934125.jpg
















7品目は、リヨン風ソーセージのパイ包み焼き。


ソーセージには静岡ブランド豚「TEA豚」(ティートン)を使ってて、


これが全く臭みがなく、めちゃくちゃ美味しかった!


付け合わせはイチジクとトマト。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_1937284.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19372094.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_1937296.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19373926.jpg
















8品目は、焼き茄子のアイス。


一度焼いて火入れをした焼き茄子をミルクアイスに。


本当に焼き茄子の香りがして、クセになる味。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_1939182.jpg
















9品目は、のテリーヌ。


中には静岡の地酒「喜久酔」が入ってる、大人のゼリーテリーヌ。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19414089.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19414926.jpg















9品目の小菓子は、サツマイモブルーチーズの最中。


サツマイモの甘味とブルーチーズの風味がすごく合ってる。意外とさっぱり。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_19431249.jpg












野田シェフのフルーツとハーブをふんだんに使った唯一無二の料理。


料理にこんなにフルーツとハーブを使ってるのに、


変なクセや食べにくさはなくて、いい驚きと美味しさがある。


kikiはすごいなあ、素晴らしいビストロ。











■「ビストロ kiki」
http://kikioishii.com/





















少し前に美しくリニューアルをした「ホテルオークラ」


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2224181.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22241177.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22242796.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22243588.jpg
















その「ホテルオークラ」のメインフレンチレストラン


「ヌーヴェル・エポック」で食事。


ヘルシーアンドガストロノミー


コンセプトにしているオークラの看板となっている高級フレンチ。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22281637.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2228513.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22293528.jpg
















「紺碧の海へと沈む夕日」と題されたコース。


まずは、アミューズから。


白魚のフリットとエシャロット。


ちょっと居酒屋メニューっぽい地味さがあって残念な始まり。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22324911.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2233157.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2233976.jpg
















トウモロコシ「ピュアホワイト」のエスプーマ。


「ピマンデスペレット」というフランス・バスク産の高級唐辛子と、


蜂蜜のような味がするハニートリュフとの組み合わせ。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2236693.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22361945.jpg















「ホテルオークラ」で焼いている3種の自家製パン


シチリアレモンが入ったオリーブオイル(右)がすごく美味しい。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2238599.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22392559.jpg















1品目は、「石川県産赤いかのハーブマリネをカネロニに見立てて


プランクトンと新茶あさつゆ 佐賀県嬉野の緑の香り」。


赤いかと、ほのかな苦みがある新茶の不思議な組み合わせ。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2243287.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22431959.jpg















2品目は、


「純血の黒豚ネロパルマの生ハムとぶどうのピクルス


爽やかなキューバミントとオーガニックレモンが香る


オリーブオイルのアイスとともに」。


このオリーブオイルのアイスがすごく美味しくて、生ハムの塩気とピッタリ。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22454334.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2246978.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2246247.jpg
















3品目は、「大分県産車海老


フランス・アキテーヌ産『ストゥーリア』オシェトラキャビア


シトロネル風味のアーモンドミルクと鮮やかな海老の香味オイル」。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22512158.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22515727.jpg
















4品目は、「ヌーヴェル・エポック」シェフのスペシャリテ


フォアグラのローズ仕立て


『ピエール・ドゥ・ロンサール』魅惑の香り漂う蝶々のクルスティアン」。


バラの花はフォアグラ、蝶々はチョコで出来ていて、とても美しい。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2302246.jpg














このフォアグラの一皿、


すごく美しいだけでなく、めちゃくちゃ美味しい!


フォアグラのクセが全く無くて、なめらかで、クリーミー。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_233025.jpg
















5品目は、「フランス産ウイスキーでフランベした


静岡県産伊勢海老と魚介類のブイヤベース ヌーヴェル・エポック風」。


グリルした伊勢海老の最後の仕上げを目の前でやってくれる。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2310094.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23102493.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23103540.jpg
















そして、ファイヤー!!!


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23112577.jpg
















貝は入らず、具沢山でスープ少なめのマルセイユ式ブイヤベース。


伊勢海老と、カサゴホウボウキンメの豪華な魚介。


コースのタイトルにもなっている紺碧の海。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23143362.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23145072.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2315515.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23153939.jpg
















6品目は、「くまもとあか牛フィレ肉の備長炭の炙り焼き


カカオニブのビターな甘さを感じる芳醇の赤ワインソース」。


柔らかくて、脂っぽすぎず、赤身すぎず、とても美味しい牛肉。


焼き方も非常に素晴らしい。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23193298.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23195744.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23201262.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23202353.jpg
















7品目は、


チーズソムリエが厳選したチーズワゴン


数は少なめだが、ここにあるチーズが本当に美味しくて、驚いた。


色んなクラッシックフレンチでワゴンチーズいただいたが、


間違いなく個人的な3本の指に入るかも。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23232994.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23235895.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2324854.jpg














マンステール、マスカルポーネ、青カビ、


ブルーベリーのチーズ、絶品のみかんのコンフィチュール。


盛り付けもすごく素敵。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2324294.jpg















8品目は、


ラベンダーを使ったブランマンジェ


レモンのジュレとビオラの花。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23291834.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2329289.jpg















9品目の最後のデザートは、


宮崎の完熟マンゴーと、


バジルとオリーブオイルのクリームの組み合わせ。


このデザートはすごく残念で、


最後のデザートだが見た目の盛り上がりに欠けていて、


フルーツの盛り合わせを食べている感じ。


これは勿体ないな・・・、デザートですごく下がる(泣)。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23323927.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23325825.jpg















最後の小菓子


小さなバナナタルトやマドレーヌなど。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2334134.jpg











ホテルオークラの顔となるレストランだけあって、


かなり高級なフレンチで、サービスも良く、雰囲気も良い。


ただ、料理はすごく美味しい料理とすごく残念な料理が混在してて、


レストランとしてのポジションやお値段を考えると


どうしても、もう1つ全体的に高いレベルを求めてしまう。


フォアグラのスペシャリテやチーズは本当に美味しく、


序盤のアミューズと最後のデザートは残念だったな(泣)。











■「ヌーヴェル・エポック」
https://theokuratokyo.jp/dining/list/nouvelle_epoque/




















仲良くさせていただいてる


本格的なデザートが食べれるデセールBAR「EMME エンメ」。


9月に1周年を迎え、


1周年記念デザートコース会をやっていたのでお邪魔させてもらった。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_22342490.jpg















1品目のアミューズは、マカロン


中には自家製フォアグラテリーヌと、


キャラメリゼされたりんごで、タルトタタンのように。


美味しいフォアグラと程よいりんごの甘味。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_2238360.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_22382333.jpg















ペアリングは、ローズヒップとハチミツ。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_22394669.jpg
















2品目は、かぼちゃプリン


1ヶ月熟成したかぼちゃのスープに


中にはズワイガニのプリン。


カニの旨味とかぼちゃの甘味がめちゃくちゃ合ってる。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_2241445.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_22415421.jpg















3品目は、スモークサーモンのパフェ。


パフェグラスの中に、


スモークサーモンと柿とモッツアレラチーズ。


下にはセロリのムース、上にはセロリの新芽。


サラダ仕立てのパフェ。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_22442868.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_22443896.jpg















ペアリングはつまようじの材料になるくろもじのお茶。


ハーブティーのような、香りの高いほうじ茶のような独特の香り。


その中に、巨峰と白葡萄を入れて、フルーティーな仕上がりに。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_22462457.jpg
















4品目は、「きのこの山」という料理。


ポルチーニ茸マッシュルーム舞茸のケークサレに、


上には生のブラウンマッシュルームがたっぷり乗ってて、


まさにきのこの山。


中にはキャラメルアイスやラムレーズンが入ってて、


きのことキャラメルが意外にもすごく合ってて、驚き。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_2249376.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_22495575.jpg
















5品目は手打ちタリアテッレ


「パスタ」と「パティシエ」は


粉を操るという語源が一緒だそう(初めて知った!)。


自家製ベーコンをバターでサッと和えたもの。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_22523684.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_22524640.jpg
















ペアリングは、ビールのホップにオレンジジュース。


ほのかに苦みがある、大人のオレンジという感じ。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_2255759.jpg
















6品目は、「えびマロ」という料理。


塩気の効いた自家製えびせんと、


マロンクリームのミルフィーユ。


付け合わせはバニラアイスとイチジクジャム。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_22575154.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_22575884.jpg
















7品目は、「ショコラタトゥイユ」という料理。


キャラメリゼされた茄子に、


チョコのムース、パプリカのムース、セップ茸のアイス。


デザート感覚で食べられるラタトゥイユ。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_2304277.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_231221.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_2311043.jpg















ペアリングは、


ラタトゥイユにも使っているオレガノのハーブティー。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_2321951.jpg












「EMME エンメ」らしい、


デザートだけど、料理っぽくもある、


不思議なデザートだけのコース。


1周年おめでとうございます!!


これからも応援しています。










■「EMME エンメ」
https://www.emme-wine.com/













by meshi-quest | 2020-09-30 08:08 | 渋谷・神泉









大好きな石井真介シェフの


ミュシュラン1ツ星フレンチ「Sincere シンシア」でディナー。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_2181921.jpg
















1品目は、噴火湾の毛蟹を使ったアミューズから。


雲丹とカリフラワーのムース。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21104315.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21105936.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21111122.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21112175.jpg















「シンシア」の焼き立てブリオッシュ


めちゃくちゃいい香り。


そして、中は絹のようなフワフワさ、外はサクサク。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21133067.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21134024.jpg















2品目は、「シンシア」名物のジオラマアートのような、


6種のアミューズの盛り合わせ。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21162869.jpg
















6種のアミューズの中身は・・・


甘味・苦味・塩味・辛味、酸味の5つの味を感じるトマト


シャインマスカットに似せたフォアグラとマスカットジャム、


燻製関アジと茄子のペーストのオリーブトースト、


パブリカと赤唐辛子のチュイル


天然茸のマリネとフォアグラのフラン、


ブーダン・ノワールの小さな朝食。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21233939.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_212401.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21241889.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21243153.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21245850.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21251991.jpg
















2品目は、群馬のトウモロコシ「恵味ゴールド」を使った


トウモロコシのスープとコーンのパン。


トウモロコシそのままの旨味と甘味を楽しむ一品。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_2128253.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21283649.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_2128464.jpg
















3品目は、鹿児島の鰤王煽り烏賊の一皿。


長井のクロムツと根セロリの組み合わせ。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21322092.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21323316.jpg
















4品目は、長井漁港の金目鯛


黒米のせんべいと、と岩海苔の旨味たっぷりのソース。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_2135579.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21351799.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21353123.jpg
















5品目は、徳島の(すずき)のルーアンクルート


クラッシックなフランス料理を


たい焼き型のパイ包み焼きにアレンジした


「シンシア」石井シェフのスペシャリテ。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_2142112.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_2142141.jpg
















6品目は、夏鹿の炭火焼き。


珍しい天然茸とバラの香りがするタスマニアペッパーの組み合わせ。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21483813.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21484877.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21485712.jpg
















7品目はホロホロ鳥を取った出汁をかけていただくストウブご飯。


上には黒トリュフと九条ネギ。


めちゃくちゃ美味しいスープご飯。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21513622.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_2151524.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_2152288.jpg
















8品目は、白桃薔薇のデザート。


口直しも兼ねた、香り良く爽やかな一品。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21564258.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21565728.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_2157578.jpg
















9品目は、アールグレイのスフレマンゴー


すごくフワフワで口で蕩けるようなスフレ。


焼き立てのスフレは絶品。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21583276.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_21584228.jpg















ジオラマの中に同化した小菓子と、


いい香りのフレッシュハーブティー


ジオラマのような美しい唯一無二の「シンシア」のフレンチ。


ここでしか食べられない幸せな味。



北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_2211633.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_22111862.jpg













■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/






















三鷹にあるワインビストロ


「kuval」(クバル)でディナー。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22274794.jpg
















1品目は、国産天然キノコのシャンピニオンボルトレーズ。


山梨県のヌメリスミタケモドキとナツショウゲンジというキノコ。


いい香りのキノコと生ハムの組み合わせ。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22313863.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22314713.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22315553.jpg
















2品目は、フォアグラのポワレ。


甘いトウモロコシのムースと一緒にいただく。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22332069.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22333245.jpg
















3品目は、2年氷室熟成のじゃがいもを使った


大好きな特製のフライドポテト


めちゃくちゃ甘くて、旨味が深くて、じゃがいもとは思えないくらい。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22353594.jpg
















4品目は、KUVAL特製ブイヤベース


ヒラメ、海老、ヒイカなど。


スープ仕立てのブイヤベースではなく、


汁気は少なめの具を食べる感じの濃厚なブイヤベース。


手作りのマヨネーズソースを加えると、さらにまろやかに。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22402729.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22403944.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22404936.jpg
















5品目は、パティシエの奥様が作る桃のパフェ


「KUVAL」は料理も美味しいが、


食後のデザートも種類が選べて、美味しいのが嬉しい。


しっかりとしたフレンチの後にも食べられるように


ちゃんと甘さ控えめで軽く食べやすく作られている。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22443291.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22454967.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22455770.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2246993.jpg













■「kuval」
https://www.instagram.com/kuval2020/




















吉祥寺にある人気ワインビストロ


「anjir アンジール」へ。


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1735778.jpg















赤ワインと、お通しのバケットピクルス


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1745063.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1745911.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_175858.jpg
















まずは、濃厚なスープ・ド・ポワソン


魚介の旨味たっぷり。


半分くらい飲んでから、バケットをチーズをスープの中に。


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1783765.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1784896.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_178571.jpg
















イベリコ豚のブリュレ。


目の前で炙ってくれる。


美味しい自家製ポン酢でサッパリと。


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1710442.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_17102775.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_17103596.jpg















メニューにはないのだが、


「anjir」さんのドフィノワが好きで、特別に作ってもらった。


じゃがいもグラタン美味しい!


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_17132429.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_17133911.jpg















グリルしたグレープフルーツのサラダ。


パクチーやディルなどのハーブもたっぷりで、とても風味良い。


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1716879.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_17162068.jpg
















メインは仙台和牛A5のランプステーキ。


濃厚でジューシーな柔らかいお肉。


今日もお腹いっぱい。美味しかった!


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_1718857.jpg


吉祥寺「九 anjir アンジール」へ行く。_f0232060_17181623.jpg












■「anjir アンジール」
http://anjir.net/











by meshi-quest | 2020-09-03 08:07 | 吉祥寺









大好きな石井真介シェフの


ミュシュラン1ツ星フレンチ「Sincere シンシア」で


お仕事兼ねたディナー。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1774654.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1775723.jpg















まずは、白ワインで乾杯。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1792598.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1793540.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1794470.jpg















1品目のアミューズは、


ばふん雲丹トマトのアミューズ。


白いけど、エキスを抽出したトマトムースで、しっかりトマトの風味がする。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1712043.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1712897.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17122439.jpg
















2品目は、「シンシア」名物のジオラマアートのような、


6種のアミューズの盛り合わせ。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17133275.jpg
















6種のアミューズの中身は・・・


日向夏のジャムを入れたフォアグラキャンディ、


ブーダン・ノワールを使った小さな朝食、


パプリカと赤唐辛子のチュイル、


瞬間燻製した関アジのオリーブトースト、


甘味・苦味・塩味・辛味、酸味の5つの味を感じるトマト


枝豆を使った小さな緑のタルト。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17212312.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1721412.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17224918.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17234693.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17235723.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17221947.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17244821.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17245958.jpg















3品目は毛蟹のカクテル。


毛蟹に甲殻類のムース、カリフラワーのムース、コンソメジュレなどを合わせ、


カクテルグラスに詰め合わせた美しい一品。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17272457.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1727439.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17275315.jpg















「シンシア」謹製の焼き立てブリオッシュ


めちゃくちゃいい香りで、フワッフワ。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1728595.jpg















4品目はスズキルーアンクルート


このたい焼きのルーアンクルートは「シンシア」のスペシャリテ。


付け合わせには、魚のすり身を入れた花ズッキーニ。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17324110.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1733669.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17332162.jpg
















活伊勢海老、登場!!


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17365745.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1737774.jpg
















5品目は活伊勢海老を使った、


スペシャルバージョンの特製ブイヤベース


伊勢海老の他に、カサゴ、蛤なども入ってて、


魚と貝の旨味が凝縮された贅沢な一品。最高!!


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17394921.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1740185.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17401266.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17403746.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1741440.jpg















カサゴ、いたw。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17414057.jpg
















この豪華さ!!


伊勢海老、鮑、カサゴなど、具を楽しむブイヤベース。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17425976.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1743950.jpg














6品目は北海道産の仔牛リードボー


新鮮な椎茸やアスパラを合わせて。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17454495.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1746521.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1746189.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17462947.jpg















7品目の選べるストウブご飯は、


月の輪グマと九条ネギのスープご飯を選択。


この月の輪グマのスープがめちゃくちゃ美味しくて、お代わりしたいくらい。


全く臭みはなく、肉も柔らかくて、ホント美味しい。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17485628.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17492372.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17493541.jpg
















8品目の最初のデザートは、


日向夏アスパラを使った爽やかなデザート。


料理とデザートを繋ぐかのような不思議な味わい。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1751119.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17511245.jpg
















9品目のデザートは、白桃薔薇


甘い白桃に、バラのシャーベット、カモミールアイスなど


口の中でいい香りが広がる、サッパリとしたデザート。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17533094.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17592976.jpg
















最後は、ベルベーヌのフレッシュハーブティーと、


ジオラマに見立てた小菓子の盛り合わせ。


今日は「シンシア」初めてのお客様も多かったので、


石井シェフがシンシアの紹介になるような名物料理をたくさん出してくれて、


お客様も本当に喜んでくれていて良かった。


いい時間を共有するのが大事。


美味しくて、居心地良くて、楽しい食事が一番。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17561772.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_17571869.jpg












■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/





















西荻窪駅からちょっと離れた静かな住宅街にある


カジュアルフレンチ「anicca アニカ」でディナー。


とても素敵な内装で、居心地がいい。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21315642.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_2132995.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21322331.jpg
















無花果八女茶の白いサングリア。


色も綺麗で、いい香りがする美味しいサングリア。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21334952.jpg















まずは、名物の「色々な野菜の大鉢」から。


色んな野菜を、色々な調理法で混ぜてあるサラダで、大麦も入ってる。


ドレッシングが美味しくて、ハーブも効いてて、好きな味。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21361248.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21362395.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21365217.jpg
















「ジャガイモとテスクチャー 果物とチーズ」という一品。


マッシュポテトを棒状に凍らせて、


発酵したブルーベリー、ブラータチーズ、ハーブといただく。


絶妙なバランスで出来ていて、


凍らせることでジャガイモに軽やかさが出てて、


チーズ、ハーブ、そして濃厚な発酵ブルーベリーソースがいいアクセントになってる。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21401824.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_2140467.jpg
















霧島豚のリエット。


上にはラクレットチーズ、無花果のジャム、栗の粉が掛かってる。


かなりリエットの味が濃いので、ワインと一緒な感じ。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_2143103.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21431995.jpg















真鯛のミキュイ(半生)。


発酵させたアイコトマトと、ブラータチーズの組み合わせ。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21445611.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_214562.jpg















メインディッシュは、ホロホロ鶏のむね肉の熟成。


鶏出汁と、肝を粉上にしたものが掛かっている。


珈琲醤油というものがあるらしく、それも使われてる。


付け合わせはジャガイモのヴィネグレット。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_2148860.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21481665.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21482479.jpg













雰囲気もとても良く、料理も美味しく、


他店では見かけない、独創的な唯一無二の料理が食べれる。


今後どんな料理が出てくるのか楽しみ。


逆に、変な意味ではなく、あまり分かりやすく普通のモノはないので、


そういう意味では食べ慣れた人というか、


やや外食上級者向けのカジュアルレストランという印象。











■「anicca アニカ」
http://anicca.tokyo/













by meshi-quest | 2020-08-27 08:07 | 西荻窪









三鷹にあるワインビストロ


「kuval」(クバル)でディナー。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2111640.jpg
















まずは、甘味あるとうもろこしのムース。


牛コンソメのジュレと枝豆を合わせて、コクと食感の違いを。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2114050.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21141190.jpg















黄色いガスパチョは、


パイナップルと黄色いプチトマトを使ったもの。


中にはマクワウリと、上に生ハム。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21165496.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2117894.jpg















グリーンアスパラガスは、


自家製ベーコンと由木農場産の温泉卵と一緒に。


ベーコン、すごく美味しい!


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21191829.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21193265.jpg
















馬肉のタルタル。


サッパリとしてて、上品なマグロを食べている感じ。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21205944.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2121713.jpg














魚料理はヒラメのポワレ。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2122244.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21223429.jpg
















肉料理は、フランス産シャラン鴨のロースト。


皮に蜂蜜を塗って、ほんのり甘く、パリッと仕上げたもの。


付け合わせは、


私が大好きな2年氷室熟成のじゃがいもを使ったフライドポテト。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21244122.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21253554.jpg















デザートはパティシエの奥様が作る白いパフェ


ルバーブやチーズのアイスを使った一品。


食後でも食べられるように、軽く、甘さもよく調整されている。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21265044.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21265992.jpg













■「kuval」
https://www.instagram.com/kuval2020/











プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン