タグ:フレンチ ( 350 ) タグの人気記事







大好きな福島博志シェフの創作フレンチ


「Hiroya ヒロヤ」でお一人様贅沢カウンターディナー。


カウンターの横がキッチンなので、


シェフと一番話しやすいカウンターの端っこが「Hiroya」での私のお気に入り。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20311453.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20314628.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_2032964.jpg













まず1品目は柔らかい牛タンのサラダ仕立て。


こんなに厚切りなのに、めちゃくちゃ牛タンが柔らかくて驚いた。


牛タンもものすごく美味しいし、サラダ仕立てなので軽く食べれる。絶品。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_2033334.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20344473.jpg













2品目は海老カリフラワーのさっぱりとした温菜。


本当に海老とカリフラワーなのだが、


カリフラワーは調理法を変えたものを混ぜ合わせてたり、


素材はシンプルでも、シェフのマジックが施されてて、これもとても美味しい。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20382218.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20383559.jpg













3品目はホタテ大根のフリット。


大粒のホタテを大根で巻き込んでフリットにし、アボカドのソースといただく。


揚げ方も上手で、大根の効果もあり、フリットなのに軽く食べれる。


上にも大根とカイワレが乗ってて、大根が裏ボス。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20415098.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20425528.jpg













4品目の魚料理は、マサバの炭焼き。


本日いいサバが入ったとのことで、オススメの炭焼きをいただいたが、


炭焼きもいい香りで、サバも脂乗ってて、とても美味しかった。


サバと共に自家製からすみも付け合せられてて、ワインが進む。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20462164.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20465446.jpg












5品目のメインデッシュは、蝦夷鹿のロースト。


臭みは全くなく、柔らかくて上品で美味しい赤身。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_205147.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20513764.jpg












ちょっと休肝して、ノンアルコールを。


すごく香りが良い、まるで白ワインかのようなぶどうジュース


このジュース、美味しいなあー。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_205356.jpg













6品目は、シェフにお任せのパスタ


メインディッシュで使う美味しい熊本赤牛をたっぷり使った


牛肉のクリームパスタ。


山椒が効いているので、牛でクリームなのに、全然重くなく、ペロッと食べれる。


本当にいつお邪魔しても「Hiroya」は外れなく美味しいもの出してくれて、


それでいて、見た目にも美しく、驚きもあって、素晴らしいお店。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20564174.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_2057325.jpg









■「Hiroya ヒロヤ」
https://tokyo-calendar.jp/restaurant/721















吉祥寺の井の頭公園口にある、


美味しいパン屋併設ビストロ


「Boulangerie Bistro EPEE ブーランジュリー・ビストロ・エペ」でディナー。


奥にパン焼き釜とパン屋さんがあり、店内は香ばしいいい香りに包まれている。


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_16194098.jpg


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_16213095.jpg


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_16223137.jpg













洋梨の白ワインサングリアをいただく。


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_1623937.jpg


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_16232823.jpg













ディナーはいろんな種類のパンがサービスで付いてくる。


料理に合わせて、スタッフの方がベストのパンを選んで持ってくる。


本日はゴマのパンカンパーニュ


美味しいパン食べ放題なのが、嬉しい。


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_16252192.jpg













24ヶ月熟成の生ハムとトリュフサラミ、


イベリコ豚のチョリソーに、チーズはコンテ、カマンベール。


生ハムとチーズ、美味しいーーー!!


お酒のつまみや料理が充実していて、


ご飯を食べるビストロというより、お酒を楽しむという感じ。


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_1631252.jpg












産直野菜のロースト。


さつまいも、レンコン、カブなど、冬の根菜がメイン。


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_20161126.jpg












ジャガイモチーズのグラタン。


ワインにピッタリの温菜。


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_20175614.jpg












豚肩肉のコンフィ。


柔らかく、ホロっと身がほどける。


女性も一人で入りやすい、お酒とパンが好きな大人のビストロ。


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_20191580.jpg


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_2019296.jpg










■「Boulangerie Bistro EPEE ブーランジュリー・ビストロ・エペ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13159064/









by meshi-quest | 2020-01-16 08:07 | 吉祥寺








吉祥寺で地元の人に長年愛されている


フレンチレストラン「ガロパン」でランチ。


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_1336646.jpg


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13361998.jpg
















お隣にあるカジュアルビストロ「トークバック」の姉妹店で、


「ガロパン」の方が値段も、内容も少し「トークバック」よりも上なので、


客層も子供連れや若い人はあまりいなくて、マダムなど年齢層高め。


前菜、スープ、パスタ、メイン、デザートが付くコースを注文。














まずは前菜の盛り合わせ。


ほうれん草のキッシュ、豚ほほ肉のリエット、イカのマリネ。


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13442449.jpg


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13444315.jpg


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13445346.jpg















必食の「日本一のガーリックトースト」


別注でプラス200円だが、ガーリックバターが濃厚で、


一食の価値のあるガーリックトースト。


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13462876.jpg


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13464224.jpg















スープはミネストローネ


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_134784.jpg


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13471693.jpg
















「ガロパン」はフレンチレストランとなってるが、パスタも出る。


パスタは数種から選べて、通常よりプラス料金はかかるが、


イタリアンポルチーニのクリームパスタを注文。


クリームが濃厚で好みの味。パスタの茹で加減もちょうどいい。


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13492365.jpg


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13493021.jpg















メインディッシュも数種から選べて、


若鶏の香草マスタード焼きを注文。


これもかなり濃厚。ワインが飲みたくなる味。


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13502654.jpg


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13503696.jpg















最後のデザートは3種盛り合わせ。


抹茶のシフォンケーキと、木苺のムース、白桃のシャーベット。


値段に対してボリュームもあるので、土日はすごく混んでいるが、


吉祥寺でしっかりと安定した味のランチをいただけるレストランの1つ。


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13525195.jpg










■「フレンチレストラン ガロパン」
http://talkback.jp/Galopin/









by meshi-quest | 2020-01-14 08:06 | 吉祥寺










京都


ホント京都はいつ来ても、いい町だなあ。


昼の京都も楽しいけど、夜は特に好きだ。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13164381.jpg














ふらふらと白川沿いを散歩しながら、


京都に行く度にほぼ毎回お邪魔させてもらっている、


祇園にある大好きな京都フレンチ「祇園びとら、」へ。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13173745.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13174752.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13175951.jpg















私が来ると聞いて、内緒で


わざわざ私が好きな赤ワインを取り寄せておいてくれた(感涙)。


私の好みの酸味が少なくて、重めで、


干し葡萄っぽい味の赤がなかなかフランスワインに無くて、


フレンチなのに、イタリアワインを取ってくれた。


こういうおもてなしや気遣いが本当に嬉しい。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1322956.jpg
















まず1品目は、七谷地鶏のコンソメスープ。


サッパリとした味わいだが、しっかり旨味が凝縮されてる。


寒い外から来たので、最初に胃を少し温める配慮。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1324853.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13243078.jpg
















2品目は、前菜の盛り合わせ。


「祇園びとら、」は目の前で盛り付けや仕上げをしてくれて


目からだけでなく、耳や鼻からも、食べる前から料理を楽しませてくれる。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13265321.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1327036.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13271327.jpg















本日の前菜は、


里芋とマスカルポーネとへしことアンチョビを合わせたもの


と春菊を合わせたもの


サワラと堀川ごぼうを合わせたもの


カマスと有田みかんを合わせたもの


ずわい蟹としば漬けのマヨネーズ和え


など。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13305516.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1331438.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13312978.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13313814.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13314851.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1332267.jpg















ここで、名物のキャビアの佃煮


小さな筆箱のような入れ物に入った特製のキャビアを


お客様が好きな時に、自由に料理に乗せて楽しめる。


前菜にも贅沢に使っちゃうよー。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13334225.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1334159.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1334938.jpg
















3品目は、超贅沢で、超濃厚なパスタ素麺


白子、いくら、雲丹、キャビア、かずのこ、からすみなど、


痛風上等な豪華食材の組み合わせ!


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13361345.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13364742.jpg















4品目は、舞鶴の寒ブリ夜久野猪のパンチェッタ。


冬の海の幸と山の幸が見事に融合した一皿。


ブリとイノシシ、一緒に食べても口の中で全くケンカしないのがすごい。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13402494.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1340423.jpg















5品目は、京都の冬の名物・聖護院かぶらのポタージュ。


大きくて、甘味たっぷりの聖護院かぶらは、スープにもピッタリ。


スープに添えられてるのには、クルトンの代わりの


パリパリ生地に鹿肉を混ぜた通称「鹿せんべい」


これがいい感じの塩気とカリカリの食感で、かなり好きな味w。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_14142820.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13424022.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13425237.jpg
















6品目は、名物の「美人良鍋」(びとらなべ)。


中には美を作るコラーゲンたっぷりのすっぽん、鱧、河豚と、


さらに、ふかひれ、クエ、ずわい蟹も。


体やお肌に良さそうなだけでなく、優しいお出汁でとても美味しい。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13465146.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_134833.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13481578.jpg















口直しのラ・フランスからすみの一口を挟んで・・・、


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13485777.jpg
















7品目のメインディッシュは、


京都肉のなめろうと七谷鴨胸肉のはちみつ焼きと洋風おでん。


上からたっぷりと白トリュフを。


結構色んなフレンチを食べ歩かせてもらってるが、


こんな個性的で、面白い組み合わせで、それでいて美味しいのはなかなかない。


なめろうにおでんって(笑)、ホントさすが「びとら、」さん!!


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13514572.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13524739.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13531065.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13532178.jpg















そして、今回のメインで初登場した新作の京都肉のなめろう


上質な京都肉のいいところをさっと炙って、丁寧に叩いたもの。


これが想像の相当ななめ上を行く美味しさで、


気が早いけど、次に「びとら、」さん行くときには


必ずもう1度作ってもらおうと思ってるし、


相当気が早いけど、早速2020年のメシュランの候補に入ってる。


見た目地味だけど(笑)、


間違いなく、そこら辺のフレンチのメインディッシュより美味しい。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13563747.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13564754.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13565975.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1358278.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13582295.jpg















8品目は、私の大のお気に入り3色の大根ご飯


12月の本当の〆の炊き込みご飯は違う内容なんだけど、


私はここのバターと出汁で炊いた大根ご飯が好き過ぎて、ずっとコレ。


一番大根ご飯を食べてる客だと思うが、全然飽きない味。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1404018.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1405092.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1405935.jpg
















「びとら、」さんのご飯はおかずが豊富で、


大根ご飯だけでも十二分に素晴らしいのだが、


牛肉をあんこと赤ワインで煮たしぐれ煮など、


ご飯がエンドレスになりかねない危険なおかずも食べ放題w。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1425861.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1435595.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_144627.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_144327.jpg















さ・ら・に!!


黒トリュフで香り付けした京都地鶏の生卵


自家製からすみなど、


炊き込みとは別におかずを楽しむためのホカホカの白米まで用意されてる。


ご飯お代わりの無限ループに突入。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1463869.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1464832.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1465825.jpg
















9品目のデザートは、


名物の「とりゅふぷりん」と、


りんご豆腐チーズとパイを合わせたもの。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1491082.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1495134.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1494064.jpg














最後は焼き立てのフィナンシェと紅茶を。


本当に何度お邪魔しても驚きがあり、


お値段以上の満足感の非常に高い創作フレンチ。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1411999.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_14111771.jpg










■「祇園びとら、」
https://www.vitra.jp/










by meshi-quest | 2020-01-10 08:08 | 旅行_国内









仲良くさせていただいてる


ミシュラン1ツ星のフレンチの名店「LATURE ラチュレ」で


オープンから長年パティシエをされていた延命寺さんが独立されて作った



本格的なデザートが食べれるデセールBAR「EMME エンメ」へ。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_14184953.jpg















夜中2時近くまで美味しいデザートが食べれるのもありがたいが、


普通にランチも遅くまでやってて、


軽食を食べさせてくれるものありがたい。


最近お気に入りのバターチキンカレーをいただく。


複雑なスパイスが組み合わさっているが、


辛すぎず甘すぎず、まろやかで、誰でも美味しく食べれる素晴らしいカレー。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_14212147.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_14212930.jpg














そして、食後のパフェをいただく。


最近お気に入りの柿と栗のパフェ


元々パティシエの延命寺さんはフレンチの最後のデセールを作ってた方なので、


たっぷり食事をした後に食べることを想定して作られてるため、


甘さや油分のコントロールがしっかりされてて、


そのデザートもすごく軽くて食べやすい


ランチ後にこんな美味しいパフェまで食べれるなんて、超幸せ。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_14242791.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_14244592.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_14245461.jpg











■「EMME エンメ」
https://www.emme-wine.com/











by meshi-quest | 2020-01-08 08:07 | 渋谷・神泉









調布にある薪火料理「maruta マルタ」でディナー。


中央線・武蔵境駅、三鷹駅からも


バスかタクシーでしか行けないような場所で


ひっそりと佇む一軒家レストラン。


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_2328366.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23284678.jpg















店内は「マルタ」の名前の通り、暖炉の薪の香りがし、


広々とした客席に、ステージのような大きなオープンキッチンが印象的で、


まるで郊外の旅先のレストランにお邪魔しているかのような優雅さ。


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_233135100.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23314493.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23315558.jpg














料理はジビエがメインの1コースのみで、


ゲストがテーブルに揃った時点で一斉スタートとなる。


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_2333392.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23341626.jpg
















1品目はアミューズから。


アミューズはフィンガーフードになってて、


前のオープンキッチンに全員が取りに行くようなスタイル。


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23362530.jpg















天草納豆や山芋を詰めた春巻、


青梅ファームのにんじんとヨーグルトのタルト、


自家製ザワークラウトを乗せた豆のサブレ、オリーブのフリット、


キャラメリゼしたピーカンナッツ、レンコン餅とちりめんじゃこの6種。


自分でお皿に乗せてテーブルに持ち帰る。


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23394146.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23394982.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_2340681.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23401417.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23402277.jpg
















2品目は、自家製のブラッタータチーズ(4人分)。


生のフレッシュな牛乳を食べてるようなサッパリとした味わい。


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23432843.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23443134.jpg















3品目は富士山の麓で捕れたニジマス


8人分なので、実物はかなり大きく、巨大なピザのよう!


上にはバタークリームと卵黄。


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_2346596.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_2347710.jpg
















4品目は、バターナッツのロースト。


甘いバターナッツを暖炉の薪でローストし、


パリパリのクリスピー生地にペーストのように塗って食べる。


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23494156.jpg















5品目は、アオリイカ


下には酒盗と合わせた黒米のリゾット


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23512481.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23513371.jpg















薪で焼いた自家製ザワークラウト黒ビールのパン。


ザワークラウト(キャベツ)が入ってる珍しいパン。


キャベツの感じはほとんどなく、香ばしく、美味しいパンだった。


自家製の発酵バターをたっぷりと合わせて。


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23472458.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23473555.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23474674.jpg















6品目は(パオ)。


中には広島県庄原町のイノシシの角煮と台湾黒胡椒など。


イノシシが少しパサついていて、パオとの相性があまり良くなく、残念。


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23501086.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23503047.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23503826.jpg
















7品目は、薪で焼いたアンコウ


アンコウの出汁とカリフラワーを使ったクリーミーなソースで。美味しい!


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_2352664.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23521567.jpg















8品目は薪で焼き上げた牡鹿半島の鹿肉(4人分)。


柔らかくて、臭みもなく、とても美味しい鹿肉だった。


付け合わせは青梅ファームの大量なケール。ものすごい量w。


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23532643.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23534930.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23541967.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_0101334.jpg















9品目は鳥とトマトの出汁の米粉素麺


アクセントでパクチーや島唐辛子などをお好みで。


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23554360.jpg


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_23555375.jpg















10品目のデザートは日本酒でコンポートしたラ・フランス


付け合わせにナツメの燻製アイスとトンカ豆のクランブル。


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_08513.jpg















最後の小菓子は生キャラメル


交通の便や立地はあまり良くないが、


その分、非日常を味わえる雰囲気がとても良いレストラン。


料理は、正直、とても美味しかったもの半分と普通な感じが半分。


雰囲気がとても素晴らしいだけに、薪料理の醍醐味というか、


もっとここならではの料理があると嬉しかったな。


調布「maruta マルタ」へ行く。_f0232060_013429.jpg










■「maruta マルタ」
https://www.maruta.green/




















仲良くさせていただいてる


ミシュラン1ツ星のフレンチの名店「LATURE ラチュレ」で


オープンから長年パティシエをされていた延命寺さんが独立されて作った



本格的なデザートが食べれるデセールBAR「EMME エンメ」。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_041241.jpg















クリスマス限定


スペシャルアシェットデセールコースをいただいてきた。


まず1品目はアミューズブッシュから。


延命寺さんをはじめ、スタッフのパティシエさんみんなが


レストランパティシエ出身で、レストランで学ぶ最初の料理が


パティシエであってもアミューズから入るらしく、


なので、美味しいアミューズが作れるのだそう。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_045641.jpg















グージュエルというシュー生地に豚のリエットを挟んだもの、


自家製ブリオッシュ
に自家製のベーコンとマヨネーズを挟んだもの、


帆立、マッシュルーム、菊芋のタルトレットの3種。


どれも美味しいが、特に自家製ブリオッシュのミニサンドウィッチは絶品だった!


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_0483980.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_047683.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_0473569.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_0474236.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_0481819.jpg















2品目は、愛媛県の温州みかん「宮川早生」春菊


クリスマスリース風アシェットデセール。


リースには皮ごと食べられる柔らかくて超甘い「宮川早生」とヨーグルトのソルベ。


リースの真ん中にはほのかに甘味がある春菊のピューレ。


こんなに春菊が美味しいと思わなかったw!


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_0515494.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_0521959.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_0522612.jpg
















3品目は、いちごお米を使ったリオレ


リオレとは西洋風の牛乳がゆ。「リ」が米、「オレ」が牛乳。


栃木県村田農園の絶品とちおとめに、中にリオレ。


上には米のポンポン菓子と、ローリエの風味をアクセント。


牛乳がゆと聞くと、ちょっと日本人には馴染みがなく、


若干敬遠する人もいそうだが、甘さも控えめで、


ライスプティングを食べてる感覚で、とても食べやすい。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_056122.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_0575592.jpg
















4品目は、根セロリのポタージュ。


バターたっぷりの自家製クロワッサンと共に。


デザートの間の、ちょっとした箸休め。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_0592739.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_059356.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_0594244.jpg















5品目は、「トゥルト」というパイ包み焼き。


通常は中に肉や魚が入っているが、


「エンメ」では中にりんごを入れて、タルトタタン風に。


通称「トゥルトタタン」


周りには生落花生を使ったまろやかなソース。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_113694.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_12126.jpg















和紅茶を使ったロイヤルミクルティー


この和紅茶が烏龍茶を作るような製法で作られてるそうで、


いわゆる紅茶ではなく、ほうじ茶ミルクティーを飲んでる感じ。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_131440.jpg
















6品目は、3種の小菓子。


左からカカオのポロボロン


焼き立てのフランボワーズフィナンシェ


スパイスとドライフルーツのシュトーレン風マカロン


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_14544.jpg












「エンメ」でしか味わえない、唯一無二のデザートクリスマスコース。


全部デザートだが、ちゃんと甘さのコントロールがされてるので、


6品食べても重くなく、甘さに飽きることなくいただける。


あっと言う間に予約で満席になるのも納得の内容。








■「EMME エンメ」
https://www.emme-wine.com/











by meshi-quest | 2019-12-26 08:08 | 渋谷・神泉






大好きな石井真介シェフの


ミュシュラン1ツ星フレンチ「Sincere シンシア」にて、


毎年恒例になりつつある


スペシャルクリスマスディナー!!


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1229193.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1230664.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_16235881.jpg













予約開始からホントあっという間に毎年満席になる


Noëlコースをいただく。


そして、いつも私用のスペシャルコースとして、


このNoëlコースに何皿かプラスしてくれてたり、食材が変わってたりする。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12363351.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12365197.jpg












まず1品目は、クリスマスリースをイメージした


3種アミューズの盛り合わせ。


めちゃくちゃかわいいーーー(≧∇≦)ーーーー!!!!


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12393950.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1239589.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1240231.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12413332.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12414792.jpg













サーモンとカシスのムース、サザエのエスカルゴバター、


フォアグラと菊芋を入れたシナモン生地のサクサクスティックの3つ。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1243214.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12433633.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12434771.jpg













2品目は、活伊勢海老!!


通常は活牡丹海老のところを、海老好きの私用に伊勢海老にしてくれたー!


北海道の海の幸がたっぷり入ったカクテル仕立て。


甲殻類とカリフラワーのムースの上に、


活伊勢海老に、キャビアウニなど贅沢仕様!


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12492182.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12484929.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1249715.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12503092.jpg













名物のブリオッシュは、


焼いたものを温めてくれるだけでも十分美味しかったが、


今年から焼き立てを提供してくれるようになり、旨さが倍増!


いい香りで、ほんのり甘くて、温かくて、フカフカで、絶品!


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12531311.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12533143.jpg













3品目はずわい蟹ウフヴルイエ


ウフヴルイエはスクランブルエッグのようなもの。


中には黒トリュフのカプチーノ、上には白トリュフも乗ってて、濃厚でいい香り!


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1258416.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12591269.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_12594474.jpg













2種目の焼き立てのパンは、


国産小麦「キタノカオリ」を使ったハード系丸パン。ほんのり酸味あり。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_135188.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1351548.jpg













4品目は、手長海老!!


野菜のパイのヴォローヴァンに手長海老を乗せ、


たっぷりのアメリケーヌソースと共に。


甲殻機動隊にはたまらん一品。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1385535.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1393688.jpg













5品目は、脂乗ってる釣りキンキのロースト。


ウニヤリイカの濃厚でクリーミーなソースとすごく合ってて、絶品。


さらに上には春を先取りの菜の花も添えられてる。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_13115563.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_13121480.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_13131056.jpg













6品目は、静岡県の雌牛


柔らかくて、しっかりとした赤身肉。


甘みあるジャガイモのピューレやケールなどの野菜と共に。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1613442.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1614994.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1641415.jpg













7品目は、〆のSTAUBご飯


本当のNoëlコースにはないのだが、特別に。


6種の中から選べて、私はずわい蟹ホロホロ鳥の出汁ご飯を。


おこげがアクセントになってて、あんかけ茶漬け風な優しい味わい。


別の人が頼んだ「シンシア」〆ご飯名物のイワシフォアグラ


誰が食べても「美味しい!!」と思えるような安心、安定の美味しさ!


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1675162.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1683674.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1610451.jpg













8品目のデザートは、ほうじ茶アイスと日向夏のデザート。


パッションフルーツのクリームの酸味がアクセントになってて、


最後のデザートにちょうど良い爽やかさ。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_16163399.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_161749.jpg













最後の小菓子は、サンタトナカイのセット。


サンタはシュークリームとメレンゲ、


トナカイはムースチョコレートとりんごの組み合わせ。


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1629487.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_16291311.jpg


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1629261.jpg












お土産のアマゾンカカオを使ったマドレーヌ。


本当にいい夢が見れそうな素敵なクリスマスディナーだった!!


北参道「Sincere シンシア」へ行く。_f0232060_1635228.jpg









正直、クリスマスディナーは通常よりもお客さんが多いため、


料理も見た重視で、いつもより簡易で少なかったり、


食材がどこもクリスマスで同じものを使って高騰するので、


内容もイマイチでそこそこ値段が高かったりするのだが、


さすが「シンシア」はいつ来ても全力


特別の日はもっと全力で素晴らしい。


ちなみに、甲殻類が多いのは、私が大好きだからであって、


通常のコースはこんなに甲殻類ばかり出ません(笑)。








■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/



















懇意にさせていただいている室田シェフによる


ジビエフレンチの名店「LATURE ラチュレ」で食事。


先日発表されたミシュラン東京2020


2年連続1ツ星を獲得!


室田シェフ、スタッフの皆さん、本当におめでとうございました!!


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_12514280.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_12515494.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_1252828.jpg
















まず1品目のアミューズは、


鹿肉の血のソーセージを挟んだエクレア


血を使ってるのに全く臭みがなく、チョコのような上品な味わい。


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_1313947.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_1321659.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_1322715.jpg
















2品目は、大きな松ぼっくりの器に乗った


鹿肉のチョリソーと松の実の入ったケークサレ。


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_1333822.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_1342412.jpg
















3品目は珍しい鴨の卵を使った白トリュフリゾット。


卵の味が鶏よりも濃厚で、白トリュフも加わり、絶品。


鴨の足をかたどった器もすごく素敵。


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_136443.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_1361833.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_1363315.jpg
















4品目は、ヒラメを使った一品。


珍しいのはアクセントで鹿節(鹿肉のなまり節)を使ってること。


葉は小松菜、中にはマコモダケや柚子など、さわやかな一品。


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_139681.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_139167.jpg















5品目は、生で食べれる静岡産のマッシュルーム


中には、ホトケノザやたんぽぽなどの野草と、


由布院で捕れたイノシシの自家製ベーコン。このベーコンが絶品!!


さらに上から山梨で採れた国産の黒トリュフ


実に美味しいサラダだったなー。


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_13114936.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_13121239.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_1312228.jpg
















6品目は、室田シェフが千葉で仕留めた、


ニホンキジパテ・アン・クルート


キジのモモ肉、フォアグラ、ピスタチオなどを織り交ぜて。


フォトジェニックな美しいパテアンクルート。


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_13145186.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_1315138.jpg
















7品目は、本日1品目のスペシャルメニュー、


スズキル・アンクルート


クラッシックフレンチの有名な一品。


パイ包みは時間もかかり大変なので特別な人にだけ出してくれる。


ソースは、ソースショロンという酸味があるクリームソース。


シンプルでクラッシックな料理は本当に難しいと思うが、


わざわざ室田シェフ自ら作っていただけて幸せ。すごく美味しかった!


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_13482885.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_1321327.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_13224626.jpg
















8品目は、本日2つめのスペシャルメニュー、


愛知県の網で採った青首鴨の丸焼き!!


網で採ったので、体にキズ1つ無く、本当に美しいフォルム。


肉もすごく柔らかくて、ここ最近の一番の鴨だった。


ソースは鴨の血で作った濃厚なサルミソース


全く臭みなく、この血のソースが鴨の肉にすごくよく合ってる。


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_13512520.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_13513596.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_13515897.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_13521310.jpg
















9品目は、今年退任された「ラチュレ」初代パティシエの延命寺さん


後任を務めるパティシエ高橋さんのデザート。


熊本の柑橘・パールカンを使ったヴァシュラン


ヴァシュランは、型の中にアイスなどを詰め込んだデザートのこと。


中にはフロマージュのソルベと、アクセントに青山椒


この山椒がすごいいいポイントになってて、


ジビエの後にすっきり、さわやかで、とても美味しい!


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_13585475.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_13591684.jpg
















食後の小菓子はイノシシの脂で作ったフィナンシェ


動物性の脂を使ってるので、コクがあって、しっかりとした味わい。


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_1454035.jpg


渋谷「LATURE ラチュレ」へ行く。_f0232060_1455061.jpg











今日もスペシャルなジビエ体験が出来て、幸せなディナーだった!


ジビエはやっぱり一流のトップクラスのお店で食べた方がいい。


野生の味の力強さは、旨さだけでなく、マイナスもあって、


ちゃんと知識がある人が調理をしないと、本当の味が引き出せないから。









■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/











by meshi-quest | 2019-12-23 08:08 | 渋谷・神泉









12月5日にリニューアルオープンした東急プラザ渋谷


渋谷駅南口の駅前に、まるで銀座のような


きらびやかで近未来的な建物が誕生した。


すごいな、渋谷。すごいな、東急さん。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_282092.jpg
















その東急プラザ渋谷の最上階17階と18階に出来たのが、


シンガポールの有名な「マリーナベイ・サンズ」を手掛ける


ルーフトップレストラン&総合エンターテイメント


「CÉ LA VI TOKYO セラヴィトウキョウ」


日本初上陸ということもあって、オープン前から注目を浴びており、


ご縁があって、ご招待をいただいてお邪魔してきた。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2122429.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2123321.jpg













17階は予約無しで入れるカフェレストランと


朝5時まで営業をしているクラブ


18階は予約のみで入れる


ルーフトップレストランになっている。


さすが、「マリーナベイ・サンズ」を手掛けるだけあって、


特にテラスは渋谷にいることを忘れそうな開放的な空間になってる。


こんなに渋谷で夜景が見えるところもないかも。東京タワーも見える。


冬で寒くてテラスに長居できないのが残念w。春までお預けかな。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_217209.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_218534.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2181461.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2182656.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2183467.jpg















店内はこんな感じで、グレーと赤が基調のシックな空間。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2193918.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2194986.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2195782.jpg















料理は2コースのみで、


5品10,000円か、7品15,000円のみ。


今回は15,000円のコースを注文。


まず1品目は、大根で巻いたマグロのタルタル。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2242198.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2244672.jpg















2品目は、ズワイガニとフローズンメロンのサラダ。


コリアンダーがかなりしっかり効いてて、アジアンテイストな前菜。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2255310.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2261772.jpg















3品目は、和牛ビーフのたたきの生ウニ乗せ。


ソースはトリュフ風味で、濃厚な一品。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2275995.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_228937.jpg















4品目は、ピーナッツとクリスピーポークの担々麺


味は美味しいのだが、これがかなり辛めでスパイシー。


〆ならともかく、こんな早々と舌の感覚がマヒするような料理出しちゃって


その後、大丈夫なのかな・・・と心配になってしまったw。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_231539.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2311591.jpg















5品目は金目鯛の鱗焼き。


かなり強烈なレモングラスとレッドカレーのソース。


1つ前の担々麺くらいから急激にスパイスの強さが加速してきた感じ。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_233359.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2332041.jpg















6品目のメインは2種から選べるようになってて、


ラムチョップを選択。


このラムもかなりスパイシー!


周りはゴマのソースと、豆などの付け合わせ。


ちょっとラムが火が入り過ぎてる印象。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2351172.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2353536.jpg














7品目は、ゆずチーズケーキ


柚子がやや強くて、なんとなくハイシーレモンを思い出す。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2363644.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2364454.jpg















ちなみに、


フロアマネージャーさんが昔からの知り合いだったのでお伝えしたけど、


立地も雰囲気も夜景も素晴らしいけど、


料理が全体的にアジアンリゾート料理というか、


東京の寒い冬に食べるには、なんか違和感もあり、物足りない。


また内容的にもあまり特筆すべきものがなく、


これで15,000円だと、高いかなという印象。


これがホントにアジアのカラッとした海風と、


キレイな海を眺めながらだったら、


同じ料理でも全然印象違ったかもしれないけど、ね。














あと、カクテルは何度も注文間違えてたり、


味もイマイチで、ちと残念だった。


この雰囲気だからこそ、美味しいカクテル飲みたかったのだが・・・(泣)。


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_222252.jpg


渋谷「CÉ LA VI TOKYO」へ行く。_f0232060_2221072.jpg










■「CÉ LA VI」
https://www.celavitokyo.com/











by meshi-quest | 2019-12-19 08:05 | 渋谷・神泉
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン