遅い時間にふとお茶したくなった時、


できればチェーン店などではなく、静かでゆっくりできるお店がいい時、


東京でも遅くまでやっているカフェを探すのは大変だが、


地方だと、土地勘もないので、さらに困る。










金沢で散々探した結果、ひがし茶屋街の路地裏にあるバーが、


夜中までカフェやケーキ、軽食も出していることが分かり、


タクシー飛ばして行ってみる。


真っ暗な路地裏は、撮影終わった映画のセットの中にいるよう。


f0232060_1744657.jpg


f0232060_1752197.jpg


f0232060_1753595.jpg













町屋をリノベーションした店内は、


小上がりがあり、ちゃぶ台もあって、


「金沢でこういうカフェ行きたかったんだよね!」的な、


理想的ないい感じの雰囲気。


f0232060_1775977.jpg


f0232060_1781387.jpg












カフェバーなので、おつまみが出てくる。


加賀レンコンチップスと、生チョコレート。


f0232060_17101221.jpg


f0232060_17102473.jpg


f0232060_17103429.jpg












私はダージリンとチーズケーキを。


甘さ控えめで、美味しいベイクドチーズだった。


f0232060_17112374.jpg


f0232060_171219.jpg













別の方が頼んだホットコーヒー


かわいらしい九谷焼のティーポットに、香り良いコーヒー。


とても良い夜カフェを堪能させてもらった。


f0232060_17135257.jpg


f0232060_17141010.jpg









■「ゴーシュ」
https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000164/








by meshi-quest | 2018-08-15 08:08 | 旅行_国内








メシクエでしょっちゅう酒ばかり飲んでいる印象の私だが、


まあ、それも事実ではあるのだが、


実は海外ではほとんどアルコールを飲まない。









日本で酔っ払っても最悪なんとかなるが、


海外で酔っ払って何かあると、いろんな意味でシャレにならないからだ。


一人で旅行することも多いので、さすがにちと怖い。











なので、ウブドは何度も来ているが、


飯は食えど、実はアルコールを飲んだことがほとんどない。


暑いリゾート地なので、朝っぱらからアルコールが飲める場所が


ウブドの町のそこら中にあるのだが、入ったことがなかった。


今回の旅では、今までとは違った色んなことをしてみようと思っていて、


ウブドで初めてバーに行ってみた。










出来てまだ1年くらいの、


「The Night Rooster ナイトルースター」というオシャレバー。


「サヤンハウス」のマネージャーさんからのお勧めで来てみた。


大通りの面した交差点の角にある好立地で、鶏のマークが目印。


「ロカフォレ」というウブドで超有名なフレンチがオーナー。


f0232060_192836100.jpg


f0232060_19285157.jpg


f0232060_1929751.jpg










店内は広々としてて、ウブドっぽくなく、オシャレなヨーロピアンバー。


クーラーの効いている店内席と、ウブドの町が見下ろせるテラスがあり、


せっかくなので、テラス席でマンウィッチンぐしながら一杯飲むことに。


f0232060_1931892.jpg


f0232060_1931254.jpg


f0232060_19314950.jpg












ウブドでは必ずと言っていいほど、ヤモリに遭遇するのが、


おとなしくて、目が大きくて、すごくかわいい。


超絶すばしっこいので、捕まえられたのは奇跡。


f0232060_19332364.jpg











新聞みたいなメニューは、オシャレだが、読みづらくw、


何がなんだか分からないまま、適当にオリジナルカクテルと2つ頼んでみる。


f0232060_19345222.jpg











まずは、「ファッキングモンキー」というカクテル。


ウブドの町に「モンキーフォレスト」という


数百匹の猿がいる観光スポットがあるのだが、


そこの猿たちが人間慣れしすぎてて、勝手に物を取ったり、


本当に腹が立つので、ウブド常連はよく気持ちがわかるネーミング。


f0232060_19381030.jpg


f0232060_19382878.jpg





ウイスキーとラムが入ってて、やたら強いカクテル。


上にキャラメリゼされたバナナが乗っていて、そのあたりがモンキーなのかもしれん。









もう1つは、「HOPE She Likes It」というカクテル。


見た目はめちゃくちゃきれいで、ほのかにピンク色。


上には、花やドライパイナップルが乗っている。


女性向けの優しいカクテルかと思いきや、これまためちゃくちゃ強い(苦笑)。


f0232060_1942257.jpg


f0232060_19421661.jpg









全部飲んだら、確実にホテルへ帰れなさそうだったので、


少しだけ飲んであきらめた。


「ナイトルースター」は全体的にかなり高め。


東京のBARと比べても、高いほうかも。










もう1つは、「Mingle ミングル」という、


21時近くまでハッピーアワーをやっているBAR。


ハッピーアワー中に行けば、カクテル1杯頼むと、もう1杯が無料になる。


f0232060_1946662.jpg


f0232060_19463122.jpg











店内は小さいが、半オープンエアで心地よい風を浴びながらカクテルが飲める。


f0232060_19492059.jpg


f0232060_19495678.jpg











「ARAK アラック」と呼ばれる、


米とココナッツを発酵させて蒸留させたバリ島の地酒を使ったカクテル。


ARAKのモヒートと、ARAKのスクリュードライバー。


ARAK自体は結構強い蒸留酒だが、何かと混ぜると一気に飲みやすくなる。


f0232060_19534259.jpg











デザートメニューもあって、手作りのチョコブラウニーをいただく。


チョコが強すぎず、バニラアイスと相性良くて、なかなか美味しい。


f0232060_19544928.jpg









カクテルの見た目やオシャレ度は、


「The Night Rooster ナイトルースター」がダントツだが、


「Mingle ミングル」は、ハッピーアワーやってて、


カクテルも安いし、デザートも食べれるので、個人的にはこっちが良かったな。








by meshi-quest | 2017-08-05 08:00 | 旅行_海外








最近よくお邪魔させてもらっている四谷三丁目のサイエンスバー、


「INCUBATOR インキュベーター」へ。









マスターが元理系の研究者で、


雰囲気重視のなんちゃって理系バーと違い、


本当に研究室に来てしまったかのような本格仕様。


f0232060_15454910.jpg


f0232060_15455720.jpg


f0232060_1546117.jpg









メニューも理科の教科書を読んでいるかのようで、


f0232060_15484013.jpg


f0232060_15484329.jpg









理系アレルギーがある人には落ち着かないかもしれないが(笑)、


その昔、高校で「選択生物」まで取っていたくらい理科、


というか理科の実験が好きだった人間には、すごく楽しい。


決して、理科の勉強ができたわけではなく、


白衣や試験管とか、理系グッズがやたら好きだったんだよね。









ゲーム関係者は理系出身の方も多く、かつ、夜中遅くまでやっているので、


飲みながら企画の打ち合わせをここでさせてもらったりしてる。








ハイボールも当然ビーカーで。


ワインは、色々試せるように、試験管で支給。


私が飲むと、生き血を飲んでいるようだともっぱらの評判。


お褒めいただき、ありがとうございます。


f0232060_15511254.jpg


f0232060_15511546.jpg


f0232060_15511974.jpg









つまみも面白くて、チーズとかアルコールランプで炙る。


この「インキュベーター」に来て、実にうん十年ぶりくらいに、


アルコールランプを触った(笑)。


火の消し方とか、ちゃんと理系ルールがあって、一応まだ覚えてた。


f0232060_1553944.jpg


f0232060_15531287.jpg








■「サイエンスバー インキュベーター」
https://bimi.jorudan.co.jp/shop/37967/







by meshi-quest | 2017-06-27 08:08 | 四谷









ちょっと変わった面白い中華が食べれるとのことで


ご招待いただき、台場にあるグランドニッコー東京内の


メインバー「RUY LOPEZ ルイロペス」へ。


f0232060_137428.jpg
































あれ?中華食べるはずなのに、なぜメインバーへ??


と思ったのだが、ここのメインバーはちょっと変わっていて、


中華レストラン「楼蘭 ロウラン」が隣り合わせになっており、


f0232060_1382061.jpg




























お隣の「楼蘭」からの本格的中華が、バーのカウンターでいただけるという、


なんとも面白い仕組みになっている。










色んなホテルのバーに行ったが、


バーカウンターで北京ダッグや炒飯を食べたのは初めてだ(笑)。


料理は、ホテル中華の本格的なものなので、どれもちゃんと美味しい。


f0232060_1310586.jpg
























f0232060_13103352.jpg
























f0232060_13111333.jpg
























f0232060_13121880.jpg
























f0232060_1312561.jpg































表向き、大々的にうたっているいるサービスではないようだが、


「ルイロペス」のバーの常連さんには有名らしく、


カウンターで一人で飲みに来ているような方は、軒並み中華を頼んでいた。









ただ、あくまでメインバーなので、夜遅めの時間になると、


飲みながらシガーを楽しむお客さんも来てしまい、


中華とシガーが個人的にはちょっときつかったので、


バーでの中華を楽しみたい方は、早めの時間帯に行くことをおすすめしたい。








■「RUY LOPEZ ルイロペス」
https://www.okura-nikko.com/ja/japan/tokyo/grand-nikko-tokyo-daiba/dining#grand-nikko-tokyo-daiba










■今日のカメ

■「ルイロペス」
f0232060_137428.jpgゆりかもめ「台場駅」から直結の「グランドニッコー東京 台場」ホテルの2階にあるメインバーです。








■中華レストランとお隣
f0232060_1382061.jpgメインバーのすぐ隣が、ホテルの中華レストラン「楼蘭」になっています。

中の扉も繋がっているようで、スタッフの方は、中の扉から楼蘭に行って、注文したり、料理を取りに行ったりしていました。





■店内の様子
f0232060_1310586.jpgバーカウンターはこんな感じ。










■テーブルセット
f0232060_13103352.jpg中華を食べるお客さんだけ、こんな感じのテーブルセット。









■紹興酒
f0232060_13215814.jpgバーですが、中華用にちゃんと紹興酒も出してくれます。









■1品目
f0232060_13224669.jpg「楼蘭」名物の春巻き。パリッパリで、中の餡もしっかり味付いてて、とても美味しい。









■2品目
f0232060_13111333.jpg北京ダッグ。濃厚で美味しい。ホテルのバーで北京ダッグが食べれるなんて、感激。









■3品目
f0232060_13294918.jpgモチモチの大根餅。いい味。大根餅、大好き。










■4品目
f0232060_13303455.jpg小籠包。餡の中の肉汁たっぷりスープが美味しい。










■5品目
f0232060_1312561.jpgエビチリ。










■6品目
f0232060_1332188.jpgカニ身がたっぷり詰まったカニ爪の揚げ物。










■7品目
f0232060_13323991.jpg牛肉のオイスターソース炒め。










■8品目
f0232060_13332268.jpg油淋鶏。ネギソースは別添え。










■9品目
f0232060_13342796.jpg甘エビのすり身トースト。










■10品目
f0232060_1335036.jpg花山椒が効いている麻婆豆腐。










■11品目
f0232060_13121880.jpg麻婆豆腐と一緒に、五目炒飯を注文。味付や具もシンプルな炒飯でしたが、素朴な感じでとても美味しかった!麻婆豆腐との相性も良し!








■12品目
f0232060_13374857.jpgフルーツたっぷりの杏仁豆腐。
by meshi-quest | 2016-10-05 08:06








東京三大ホテルの1つ、帝国ホテルの1階にある高級シガーバーで、


帝国ホテル自家製の美味しいケーキが食べられることは、



ここメシクエでも何回か紹介させてもらった通りだが、


f0232060_1451457.jpg



































久しぶりにお邪魔させてもらったら、高級シガーバーなのに、


「イブニングティー」というセットまで作られてて、


カフェ機能が強化されていた(笑)。


f0232060_14543746.jpg






























意外と、ノンアルコールのカフェ需要って、高かったんだな。











スタッフのおすすめに従い、イブニングティーセット「清流」を注文。


元々は高級シガーバーなので、シガーを吸っているお客さんも多く、


シガーのキツめの煙が漂う中、抹茶のエクレアを食べながら、紅茶を飲む。


f0232060_1457271.jpg























f0232060_14575573.jpg























f0232060_14581728.jpg























f0232060_14595729.jpg























f0232060_150189.jpg

































シガーの煙と、抹茶エクレアと、ダージリン。


この雑多な感じ(笑)。


良く言えば、この懐の広さが、


帝国ホテルの凄さでもあるんだろうな。







■帝国ホテル「ランデブーバー」
http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/bar/19










■今日のカメ

■「ランデブーバー」
f0232060_1513545.jpg帝国ホテル1階にある高級シガーバー「ランデブーバー」。









■店内の様子
f0232060_1451457.jpgカウンターとテーブル。カフェではなく、あくまで、お酒とシガーのためのバー。









■イブニングティー「清流」
f0232060_14543746.jpg今までこんなティーセットメニューとか見たことなかったのですが、作ったそうです。

最初にスタートの梅酒が来て、4種の軽食とデザートの盛り合わせが来て、最後に飲み物が付いて、3500円。帝国ホテルと考えると、この値段で、この量はお得かも。




■梅酒
f0232060_1555445.jpgまずは、あらごし梅酒。










■盛り合わせ
f0232060_1457271.jpg続いて、軽食とデザートの盛り合わせ。










■アップ①
f0232060_14581728.jpgわさびマヨネーズ付きの野菜スティック。

わさびマヨがなかなか美味しい。








■アップ②
f0232060_14595729.jpgずわい蟹のクリームコロッケが挟まれたミニサンドイッチ。2個来るので、割とボリュームあります。カニコロも美味しい。








■アップ③
f0232060_14575573.jpg安曇野天然水を使ったゼリーと、抹茶のエクレアです。

アラカルトで頼む帝国ホテルケーキにはちょっと劣るけど、普通に美味しい。






■食後の飲み物
f0232060_150189.jpgメニューの中から何でも選べます。これは、ダージリン。
by meshi-quest | 2016-08-20 08:04 | 銀座




銀座帝国ホテルのロビーにあるラウンジバー、


「ランデブーバー」へ。












ビジネスで来たような外人さんとお偉いさんの日本人が


ブランデーとシガーを楽しみながら商談をしちゃうような場所なのだが、


銀座に詳しい方から、実はカフェとしても利用ができ、


夜中24時近くまで帝国ホテルの美味しいケーキが食べれることを教えてもらい、


以後、銀座に遅くまでいるようなときに、ケーキを食べに立ち寄ったりしている。













小学校の教室でケーキを食べた時の高揚感というか、


偉いおじさん達を横目にケーキをほおばる、


この場違いな感じが、なんかワクワクして、好き。













■帝国ホテル「ランデブーバー」
http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/bar/19














■今日のカメ

■「ランデブーバー」
f0232060_07365.jpg銀座帝国ホテル1階にあるラウンジバーです。










■カウンター
f0232060_081920.jpg本革のゆったりしているイスで居心地の良いカウンター。









■ケーキサンプル
f0232060_092258.jpg日によって、ケーキの種類も違い、売り切れている場合も。この日は23時過ぎていますが、まだこんなにケーキがありました。どれにしようか迷うー。








■ショートケーキ
f0232060_0112651.jpg迷った挙句に、やっぱりいつものショートケーキ。










■ケーキ、アップ
f0232060_0122128.jpg帝国ホテルのイチゴのショートケーキは美味しいです。









■イチゴのシフォン
f0232060_0125322.jpg別の人の注文。フワフワのシフォンケーキの中に生クリームとイチゴ。









■イチゴジュース
f0232060_014446.jpgイチゴ好きな私のためにバーテンさんが特別に作ってくれた生イチゴ絞りジュース。

元々、カクテルとかに使うための熟したイチゴなので、ものすごくいい香り。めちゃくちゃ美味しい。
by meshi-quest | 2014-04-20 08:09 | 銀座



麻布十番で会食があり、町に着いたのはいいんだが、


中途半端に早く着きすぎてしまった。










1時間という微妙な時間をつぶすのに、


カフェもいいが、食事直前にコーヒーもなあ・・・。


そういう時は、1杯で気軽に入れる「バー」が役立つ。











とりあえず、麻布十番商店街の歩道に看板を出していた


地下のバーを見つけて入ったが、これがかなりイマイチだった。












店の作りは悪くないのだが、何だか有名な賞を取ったとかで、


変に自信があるんだか、逆に自信が無さ過ぎてそうなってるのか、


自分の作るカクテルは美味しいと信じ込んでいる。


だーかーらー、アルコールの味しかしなくて、


イチゴの味が死んでるよ、って言ってんじゃん。











というわけで、時間は潰せたが、「バー」を楽しめなかったので、


気を取り直して、麻布に住んでいる友人のおススメの


「BAR la Hullot バー ラ・ユロット」へ。











ここは、麻布界隈で人気の有名なバーにも関わらず、


バーテンさんが丁寧で親切で、家にいるかのようにくつろげる。


もちろん、味も美味しくて、私が飲みたいと思っていたような


イチゴカクテルをちゃんと出してくれた。











色々と素晴らしかったが、


中でも、映画や舞台の美術さんが作ったという個性的な店内が最高。












月明かりの差込まで計算されていて、


店内の壁に月明かりで窓の鉄格子のデザインが映し出されるようになっていた。


まるで、中世の洋館でお酒を飲んでいるかのよう。












ここ最近で一番気に入った、ホント素敵なバーでした。












■「BAR la Hullot バー ラ・ユロット」
http://www.bar-la-hulotte.com/














■今日のカメ

■「バー ラ・ユロット」
f0232060_1432501.jpg大江戸線「麻布十番駅」から徒歩7分ほど。駅からはちょっと離れていて、静かな住宅街の路地裏にあります。








■店内の様子
f0232060_14342170.jpg店内の内装はすべて映画や舞台の美術さんが作られたそうです。石と漆喰で出来た壁に、月明かりが出ると、特別な模様が映し出されます。

カウンターにあった一輪の真っ白いバラも素敵でした。





■イチゴのカクテル
f0232060_14371666.jpg生のイチゴを使ったフレッシュイチゴのカクテル。イチゴの味が濃厚で美味しい!









■口直し
f0232060_14384439.jpg口直しの甘酸っぱいレモンピール。










■金柑のカクテル
f0232060_14393771.jpgフレッシュフルーツのカクテルがとても美味しかったので、バーテンさんにお任せで作ってもらいました。

皮まですべてミキサーに入れて作った金柑のカクテル。甘さと、皮の渋みのバランスがよく、これも美味しくできていました。




■イチゴ
f0232060_14411863.jpg1軒目に入ったバーのことをずっと愚痴ってたら、笑いながらイチゴをおまけで出してくれました。


恵比寿にあるカフェレストラン「BON Sweets & Smile」へ。












「酒のつまみは、甘くて美味しいケーキ」、というちょっと変わったお店。


ケーキ屋さんも兼ねていて、「Sweets」と「お酒」をテーマに、


様々な種類のデザートと、それに合うお酒がセットになって用意されている。











お酒を飲みたいけど、彼女はあまりお酒を飲まないからバーには誘いづらい・・・


そんな時には、すごく便利なお店。











深夜までやっていて、お酒も、デザートも食べれるので、


男性はお酒を飲み、女性はデザートを食べ・・・そんなことができる。


もちろん、逆でも(笑)。












スタッフは皆さん親切で、お店も静かで、雰囲気も良い。


2軒目、3軒目で、ゆっくり話をしたいときなど、ぜひ。













■BON Sweets & Smile
http://www.bonsweets.jp/















■今日のカメ

■BON Sweets & Smile
f0232060_17251829.jpgJR恵比寿駅東口から、広尾方面に向かって徒歩15分ほど。

ちょっと駅からは離れています。







■店内の様子
f0232060_1727298.jpg地下が個室、1階がカウンター、2階がテーブル席です。

これは、2階の様子。







■ウェルカムドリンク
f0232060_17282681.jpgホットワインをウェルカムドリンクとして、サービスしてくれます。









■デザート3種盛りとワイン
f0232060_17301327.jpgデザート3種盛りと、「カルム・ド・リューセック」という貴腐ワインのセットにしました。

デザートもお酒も、豊富なメニューの中から好きなモノを選べます。






■デザートアップ①
f0232060_1733611.jpg「和風マルジョレーヌ」という、モンブラン風のケーキ。









■デザートアップ②
f0232060_1734716.jpg「胡桃のダックワーズ」という焼き菓子。










■デザートアップ③
f0232060_1735394.jpg「洋梨のヴェリーヌ」というゼリーっぽい、さっぱりしたデザート。

3種とも、どれも凝ってます。







■別のデザート
f0232060_17362374.jpgこちらは、ブランデーを使ったオレンジクレープのデザート。









■ファイヤー!
f0232060_17372294.jpgアルコールを飛ばして、軽く焼き目を付けて完成。

かなり甘めですが、度数の高いお酒にはちょうどいいそうです。


六本木にあるバカラ直営バー「B bar」へ。











いきなりバーの話から逸れるが、東京タワーが好きだ。


大好きだ。












特に、夜の東京タワーが好きだ。


夜の夜景に、オレンジ色のタワーが映える。


スカイツリー完成後も、ちゃんと東京タワーはライトアップしてもらえるのか、


今から心配でならない。












生まれも育ちも東京なので、よく人から


「東京タワーなんて珍しくもないでしょ?」と言われるが、とんでもない。


東京にいても、意外と見る機会がなく、


東京タワーの放つオーラには、いつ見ても圧倒される。


異空間に来たような錯覚をする。














なんだか急に東京タワーが見たくなって、


東京タワーを見ていたら、急に飲みたくなった。


そんな一日。













■B bar
http://www.baccarat.co.jp/ja/the-world-of-baccarat/bars-restaurants/b-bar.htm















■今日のカメ

■東京タワー
f0232060_2136277.jpg東京タワーの真下にやってきました。

タワー営業時間を過ぎていたので、観光客も少なく、静かにただただ眺めていました。至福の時。







■Bbar
f0232060_21385649.jpg東京タワーと六本木って、意外と近い。










■和梨のカクテル
f0232060_2140860.jpgフレッシュな和梨を使った、香りの良いカクテル。美味しい!









■梨ウォッカのカクテル
f0232060_21412643.jpg珍しい梨のウォッカがあるそうなので、飲み比べで、それを使った梨カクテルも作ってもらいました。

バカラ直営なので、様々なグラスが楽しめるのもBbarの良さ。
「変わったグラスで!」と言ったら、コレを出してくれました(笑)。「Y」字で支えられているグラス。


■梨のウォッカ
f0232060_21443877.jpg「GREY GOOSE」というフランス産のウォッカで、これはラ・フランスフレーバーのもの。









■かわいいデザイン(表)
f0232060_21483461.jpg透明なガチョウのボディーから、ラ・フランスが見えます。









■かわいいデザイン(裏)
f0232060_21494889.jpg裏にはラ・フランスの絵が描かれています。










■「アンパルフェ」
f0232060_21504035.jpgお店でいろんなバカラグラスを見せてもらえ、実際手にとって感触を確かめることができます。

これは、チェスをイメージした白黒のグラス。
「Imperfait アンパルフェ」は、「不完全」の意味。





■「不完全」の正体
f0232060_21544197.jpg素人目には、どれも完璧なバカラグラスに見えますが、足元にこの「B」のみの刻印しかないものは、バカラ基準で何かに達していなくて、「不完全」という扱いになっているもの。

ただし、この「Imperfait アンパルフェ」は、そういう商品なので、わざと。




■完全なモノ
f0232060_2156315.jpgしっかりバカラのネームの刻印がされているのは、完全なもの。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン