タグ:イタリアン ( 372 ) タグの人気記事










懇意にさせてもらっている、


予約の取れない亀戸のイタリアンの名店「メゼババ」。


都内イタリアンの中でもイタリアン好きが口々に名前を出す、


おそらくトップクラスで予約が取れない人気店














本日は高山シェフのおまかせコースで。


1品目は、山梨のブッラータのカプレーゼ。


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12501450.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12502490.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12504258.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12505276.jpg
















2品目は、五島列島のイサキのカルパッチョ。


厚切りのイサキがとても美味しい。魚の旨味を感じる。


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12515472.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12523179.jpg















おまかせコースの時に特別に焼いてくれる


絶品ブリオッシュ


高山シェフの作るブリオッシュはホント美味しい。


毎朝食べていたい・・・。


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_125487.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12541757.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12542457.jpg















3品目は、雲丹のブルスケッタ。


この雲丹の量!!!


甘くて、トロトロ。濃厚なバターのようでパンとの相性もすごくいい。


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12553042.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1256301.jpg















4品目は、今が旬ののフリット。


厚切りの鱧をサックサクの揚げ立てで。


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1257522.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1258395.jpg















5品目は、あわびのパスタ。


この贅沢なあわびの量、そして、肝の量!!!


めちゃくちゃ美味しいーーーーー(≧∇≦)!!!


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_12595243.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1301449.jpg
















6品目は、貧乏人のパスタ


家庭の冷蔵庫にある卵、チーズ、胡椒を使うイタリアで有名なシンプルパスタ。


シンプルだけに難しく、作る方の個性が出るのだが、


しっかり焼いた卵に、チーズと胡椒のバランスが良く、これも美味しい。


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_132318.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1323848.jpg















7品目は、近江牛さがり


焼肉屋さんではよく使う部位だが、イタリアンでは珍しい。


旨味が凝縮されてて、柔らかくて、これもすごく美味しい。


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_134136.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_134309.jpg















8品目のデザートは2種。


名物のクラッシックなプリンと。


ヘーゼルナッツのパンナコッタ


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1354034.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1354864.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_136399.jpg


亀戸「メゼババ」へ行く。_f0232060_1361027.jpg













気が付けば夜も更けもうこんな時間。


美味しくて楽しくて、あっと言う間のメゼババタイム。


ごちそうさまでした!!











■「メゼババ」
https://retty.me/area/PRE13/ARE17/SUB1701/100000849456/





















ミシュランガイドビブグルマンに掲載されている


外苑前の人気ビストロ「Aminima アミニマ」で食事。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1322140.jpg


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1351488.jpg













まずは、「農園からの野菜の盛り合わせ」。


色とりどりで、野菜の種類も豊富。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_138237.jpg













熊本県那須ファームの卵を使ったウフマヨ


「ウフ」はフランス語で「卵」の意。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1395996.jpg












青森県長谷川熟成豚の自家製豚肩ロースハム


軽く炙ってあって、ジューシー。ザワークラウトと共に。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13121395.jpg


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13122440.jpg












メインディッシュはギリシャの伝統料理、ムサカ


仔羊のひき肉、米茄子、ホワイトソースに、たっぷりチーズがかかった濃厚な一品。


熱々の茄子ミートグラタンという感じで、すごく美味しい。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13145942.jpg


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1315898.jpg












〆は、カレーライス


お腹に合わせて、S、M、Lがあって、写真は一口サイズのSサイズ。


カルダモンが効いてて、〆にサラッといただけるカレー。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13172323.jpg













クラッシックなプリン


ビターなカラメルがかかってて、大人な味。


気軽に美味しい料理が少しづつつまめて、静かで居心地もいいビストロ。


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_1318783.jpg


外苑前「アミニマ」へ行く。_f0232060_13181839.jpg










■「アミニマ」
https://www.aminima.jp/



















吉祥寺の路地裏にあるワインバル「cosi cosi」(コジコジ)で夕食。


現在、期間限定で吉祥寺の人気イタリアン「パノラマキッチン」


長年シェフを務めていた川野輪シェフが料理を担当されてて、


ワインと共に美味しい創作イタリアンがいただける。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1656513.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_16565962.jpg














いい香りのさくらんぼのラム酒漬けと、


大好きなイタリアの赤ワン「L'Arco/ラルコ」


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_16592320.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_16593059.jpg















水蛸のカルパッチョ。


炙った吸盤や生の蛸、茹でた蛸など、食感と風味が色々と楽しめる。


ソースは、自家製のレモン青唐辛子


このソースが酸味と辛味のバランスが良く、


香りも良くて、めちゃくちゃ美味しい。ぜひ売ってほしいw。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1723841.jpg















のスモーク。


下の青菜は春菊茗荷を自家製ポン酢で和えたおひたし。


緑色はレモングラスのオイル。


イタリアンぽくもあり、和食っぽくもある、美味しい前菜。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1743734.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1744487.jpg















半熟目玉焼きからすみがけ。


カルピスバター
で焼いていて、すごくいい香りがする。


ワインが進む、進むw。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1754968.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_176294.jpg















牛ハラミのレアハンバーグ。


これ、めちゃくちゃ好み!!


粗びきの肉の味がしっかりするハラミバーグ、絶品。


ソースは卵黄にかえしをあわせた濃厚な和風ソース。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_177516.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_178554.jpg















パスタは、真イワシのアラビアータ。


中にフェンネルで煮たウイキョウが入ってて、


魚の匂いをいい感じで整えてくれてる。


辛味もちょうど良くて、美味しいアラビアータだった。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_171006.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_17101174.jpg










どれも1つ、2つ他店にはないオリジナルが加えられてて、


川野輪シェフならではの、ここでしか味わえないイタリアンになっている。


ザ・イタリアンという感じでもなく、


旬の食材を使って、ワインが楽しめる料理をいい感じに揃えてる。


期間限定ではあるが、ぜひ川野輪シェフの創作イタリアンを。










■「cosicosi」
https://www.instagram.com/cosicosi_kichijoji/










by meshi-quest | 2020-07-30 08:07 | 吉祥寺








懇意にさせてもらっている吉祥寺の人気イタリアン


「ヴィネリアハーベスト」でディナー。


コロナ禍では営業自粛をしてテイクアウトをしていて、


私も前菜やメイン、パスタなどを買わせていただいた。



吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23385247.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_2339378.jpg















まずは、ブッラータチーズ


白桃のカプレーゼ。


クリーミーなブッラータと、香り良く甘味ある白桃の絶妙な組み合わせ。


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_2341208.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_2342214.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23421358.jpg















次は、車海老のリゾット(ハーフサイズ)。


イタリアの古酒に漬けたイタリア風酔っぱらい海老と、


濃厚な海老出汁で炊き込んだリゾット。


めちゃくちゃ美味しい!!


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23441435.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23443029.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23444126.jpg















メインは、私が大好きなフィレンツェ風鶏バター


「ハーベスト」に来ると、かなりの高確率で鶏バター食べてるw。


バターの風味良く、肉が柔らかくて、ホント美味しい。


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_2349314.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23494110.jpg















デザートはバスクチーズケーキ


甘さ控えめで、バスクチーズケーキだけでも売れそうなくらいの一品。


ホント「ハーベスト」は前菜からデザートまで全てのレベルが高い。


いつ行っても、何食べても外れたことがない。


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23524662.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23525929.jpg












■「ヴィネリアハーベスト」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13205088/












by meshi-quest | 2020-07-26 08:07 | 吉祥寺








懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」へ。


本日も岡部シェフのおまかせコースをいただく。















1品目は、


とうもろこしパンナコッタ


夏のチクロの名物なのだが、


甘味あるとうもろこしのムースが濃厚でまろやかですごく美味しい。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22261364.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2226374.jpg















2品目は、カツオカルパッチョ


このカツオ、こんなに厚切りなのに、


カツオのクセや血なまぐささは全くなく、ペロリと前菜で食べれてしまう!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22281739.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22283411.jpg
















3品目は、サワラ黄色ズッキーニのフリット。


サワラも美味しいけど、ズッキーニがジューシーでたまらん。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22321943.jpg















4品目は、トマトのパスタ。


ホント美味しい(感激)。


シンプルだけに、旨さがピカっと光るというか


トマトだけで十分なくらい甘味と旨味があって、


これに具もチーズも全くいらない感じ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22345050.jpg
















5品目は、ボンゴレのリゾット。


これもホント美味しい(感涙)。


あさりの旨味がしっかり効いてて、もう2皿は食べれそうな感じ。


ちゃんと生米から丁寧に作られてることが分かる本格リゾット。


炊いた米を使った、いわゆる「リゾット風」とは雲泥の差。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22364423.jpg
















6品目は、メニューにはなく、


特別に前からお願いして作ってもらった


バスクチーズケーキ


そして、これも美味しくて笑ってしまうくらいの出来映え。


バスチーも今後テイクアウトで販売してほしい・・・。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22393132.jpg
















7品目は、仲良くさせていただいてる


北参道のミシュランフレンチ「sincereシンシア」


石井シェフから教えてもらった石垣島の絶品ピーチパイン


パイナップル自体、元からいい香りがするけど、


こんなにいい香りと甘味あるパイナップルあるんだ!くらいの驚き。


美味しかったな、ピーチパイン。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2243819.jpg












■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/











by meshi-quest | 2020-07-25 08:08 | 西荻窪







クラフトジンと美味しいビストロ料理が食べれる


「THE DAY FOOD LAB」へ。


高円寺「THE DAY FOOD LAB」へ行く。_f0232060_15153100.jpg


高円寺「THE DAY FOOD LAB」へ行く。_f0232060_152527.jpg













まずはイタリア産フレッシュチーズ、ブッラータイチゴ


甘酸っぱいイチゴとも相性良く、クリーミーでとても美味しい。


高円寺「THE DAY FOOD LAB」へ行く。_f0232060_1551659.jpg


高円寺「THE DAY FOOD LAB」へ行く。_f0232060_1552652.jpg













ひよこ豆のフムスファラフェル


高円寺「THE DAY FOOD LAB」へ行く。_f0232060_15191894.jpg


高円寺「THE DAY FOOD LAB」へ行く。_f0232060_1525453.jpg













フレンチフライ。


チリソースとサワークリームで。


高円寺「THE DAY FOOD LAB」へ行く。_f0232060_15262836.jpg













ベビーホタテのバター煮。


バターが濃厚で、ワインが進む味。


高円寺「THE DAY FOOD LAB」へ行く。_f0232060_1528139.jpg












牛舌のあみ焼き。


アルゼンチンのハーブソース、チミチョリソースで。


高円寺「THE DAY FOOD LAB」へ行く。_f0232060_15312371.jpg


高円寺「THE DAY FOOD LAB」へ行く。_f0232060_1532147.jpg










私がジンがあまり得意ではなく・・・、


クラフトジンのお店ではあるが、いつも私は料理がメインw。


ジン以外のアルコールも豊富で、美味しい料理がつまみにいただける。


一人でもハーフサイズで調整してくれるのがありがたい。








■「THE DAY FOOD LAB」
http://www.thedaytokyo.com/









by meshi-quest | 2020-07-07 08:08 | 高円寺









懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」へ。


本日もシェフのおすすめコースをいただく。












まず1品目はタコクスクスの前菜。


クスクスはジェノベーゼで味付けされていて、


タコとも相性が良く、暑い日にも美味しくいただけるさわやかな一品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12303017.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12303870.jpg
















2品目はイワシの香草パン粉焼き。


イワシにしっかり香草が付いてて、


野菜たっぷりのラタトウィユソースもかかってるので、


サッパリと食べれる一品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12353718.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1249489.jpg















3品目は特製丸メンチカツ


「チクロ」さんでメンチをいただいたのは初めてだけど、


めちゃくちゃ美味しい!!


しっかりと肉のコクがあるのに、不思議とすごく軽い仕上がりになってて


何個でもパクパク食べれてしまいそうなメンチ。


今日はメニューには出してない試作品とシェフが笑ってたけど、


ぜひ今後のデフォルトメニューにして欲しい一品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12523928.jpg
















4品目はフレッシュトマトのパスタ。


バジルも、ベーコンも、チーズもいらないと思わせる


トマトだけでこんなに美味しいんだ!と驚く味。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1304532.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1305377.jpg















5品目はカチョエペペ


チーズと胡椒のシンプルなパスタだけにバランスが難しいのだが、


胡椒がピリッと効いてて、すごく美味しく作られていた。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1383152.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1383972.jpg















6品目のメインは、脂乗ってるイサキのフリット。


下には大きな茄子のラタトウィユ。


白身魚とトマトの相性は抜群。これも美味しかった!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1316281.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_13161080.jpg










■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/











by meshi-quest | 2020-07-04 08:08 | 西荻窪







ピエモンテやサルディーニャを中心としたイタリア郷土料理


「Sala Degustazione サーラ デグスタツィオーネ」でディナー。


ステンドグラスやライトがおしゃれで、イタリアの古民家のような素敵な内装。


奥にはワインセラーもあり、ワゴンなどのアンティーク品もカッコイイ。


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_16161315.jpg


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_16162291.jpg


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_1617622.jpg


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_16172155.jpg


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_16173114.jpg













1品目は、アンディーヴ、リンゴ、ヘーゼルナッツ、


ゴルゴンゾーラチーズのサラダ。


苦味、酸味、甘味、チーズの風味に、柔らかいもの、硬いものの食感が加わって、


クセになる美味しいサラダ。


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_1775090.jpg


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_178116.jpg


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_1791457.jpg













2品目は、馬肉のタルタル。


ピエモンテのカルネクルダのスタイル、とのこと。


全くクセなく、焼いたチーズやグリッシーニとも相性がいい馬肉。


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_17105914.jpg


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_1711199.jpg













3品目は、いろいろ魚介類のフリット。


ギンポウ、ムール貝、エイ、メヒカリ、イカ、エビなど盛り沢山。


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_1714135.jpg














4品目は、メニューにはない一品で、


焼いたトミーノチーズにラルドを巻いた料理。


付け合わせの自家製のヘーゼルナッツとフルーツのソースがめちゃくちゃ美味しくて、


甘さ控えめのジャムのような感じで、テイクアウトしたいくらいだった。


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_17161817.jpg


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_17163284.jpg













5品目はパーネフラッタウという


サルディーニャ地方の郷土料理。


サルディーニャの薄焼きのパンをブロードでふやかして、


トマトソースやポーチドエッグでいただく一品。


見た目はピザっぽいが、ちゃんとパンの感じがあって、薄いピザパンに近いかも。


結構ボリュームがあって、お腹いっぱいになる。


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_1720239.jpg


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_17204716.jpg













6品目は皮付き仔豚のロースト。


付け合わせはジャガイモとセロリのピューレと、


「ミルト」と呼ばれる甘い香りのする銀盃花。


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_17223388.jpg


赤坂「サーラ デグスタツィオーネ」へ行く。_f0232060_17224191.jpg









他のイタリアンでは味わえない、


イタリアの素朴な郷土料理がいただける。


どこかホッとするような、しみじみ美味しさを感じるイタリアン。








■「サーラ デグスタツィオーネ」
http://saladegustazione.com/

















懇意にさせていただいている


新宿御苑前のビストロ「シャルトロ」でディナー。


新宿御苑前「シャルトロ」へ行く。_f0232060_16403154.jpg













本日のお目当は、今年もう最後となる


ドイツ産の太いホワイトアスパラガス


ホワイトアスパラが大好きで、


4月下旬から6月くらいは毎年いろんなお店でいただくのだが、


今年はコロナの影響もあり、あまり楽しめずに旬が終わってしまいそう。


新宿御苑前「シャルトロ」へ行く。_f0232060_16425033.jpg













まずは、パプリカのスープと白カビのチーズと赤ワイン。


新宿御苑前「シャルトロ」へ行く。_f0232060_16442479.jpg


新宿御苑前「シャルトロ」へ行く。_f0232060_16443816.jpg


新宿御苑前「シャルトロ」へ行く。_f0232060_16444996.jpg


新宿御苑前「シャルトロ」へ行く。_f0232060_1645054.jpg


新宿御苑前「シャルトロ」へ行く。_f0232060_1645876.jpg













先ほどのホワイトアスパラガスは、


シンプルに茹で卵のソースで。


新宿御苑前「シャルトロ」へ行く。_f0232060_16463665.jpg


新宿御苑前「シャルトロ」へ行く。_f0232060_16464691.jpg













メインは、宇和島産イトヨリのポワレ。


ソースは焦がしバターのケッパーソース。


新宿御苑前「シャルトロ」へ行く。_f0232060_16475641.jpg


新宿御苑前「シャルトロ」へ行く。_f0232060_164897.jpg













デザートはシンプルにバニラアイス


だいぶ暑くなってきたので、アイスが美味しい。


新宿御苑前「シャルトロ」へ行く。_f0232060_16485212.jpg









■「Chartro シャルトロ」
https://www.facebook.com/chartro916/?ref=nf










by meshi-quest | 2020-06-27 08:07 | 新宿









懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」へ。


本日もシェフのおすすめコースをいただく。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14291075.jpg















1品目は、タコとジャガイモのマリナータ。


ほど良い酸味が食欲をそそる。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14295838.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1430132.jpg















2品目はヤングコーン


黒く焦がした感じがすごく絵になる。


この時期の甘くて香りが良いヤングコーンは、ヒゲまで食べられる。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14313215.jpg
















3品目は新玉葱リビエーネ


リビエーネは詰め物をした料理。


ローストした新玉葱の中にトマトで肉込んだひき肉が入ってる。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14344296.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14345149.jpg















4品目は、しらす春キャベツカラスミのパスタ。


春キャベツの甘味としらすやカラスミの塩加減がクセになる。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14365018.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14371113.jpg















5品目は、ンドゥイヤという


カラブリア名物のチョリソーを使ったパスタ。


お酒が進むピリ辛感。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14402166.jpg















6品目は、鶏肉ロートロ(バロティーヌ)。


生ハム、タイム、ローズマリーなどを巻き込み、華やかなメインディッシュ。


食べたことのない料理や食材も多くて、


シェフのおかませはすごく楽しく、勉強になるなあ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14433520.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14435393.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1444228.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14441094.jpg












■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/











by meshi-quest | 2020-06-25 08:07 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン