<   2020年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧










三鷹の路地裏ある人気和食店「和食 日なた」で夕食。


前回もとても美味しくて、
月ごとにお邪魔させてもらっている。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21233828.jpg















まずお通しは焼き茄子の胡麻掛けと抹茶豆腐


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21265943.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2127936.jpg















千葉館山の蒸し鮑


柔らかくて、すごく美味しい!


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2129084.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2129845.jpg














のつみれ椀。


柔らかい手作りつみれに、美味しい出汁。これも絶品。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21303797.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2130494.jpg















アツアツ、フワフワの出汁巻き玉子


何回食べても「日なた」さんの出汁巻きは絶品。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21331534.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21332470.jpg















季節のおすすめ、とレタスと塩昆布のサラダ。


自家製ドレッシングの酸味と桃の甘味と塩昆布が絶妙なバランス。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21344728.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2134583.jpg














玉蜀黍(トウモロコシ)のかき揚げ。


この玉蜀黍、めちゃくちゃ甘い!!


そして、サックサク!!


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21355590.jpg















岩手の白金豚の肩ロース生姜焼き。


「生姜焼き」と聞いて、


豚スライスを想像していたが、なんと厚切り!


でも、しっかり味は生姜焼きになっていて、


ご飯と言うより、酒の肴になる生姜焼きという感じ。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21393445.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_21391596.jpg















本日の限定品、雲丹トロたく巻き


「日なた」名物の赤身と中トロの海苔巻き寿司に、


さらに雲丹と沢庵が入った豪華な一品!


旨いーーーーー(≧∇≦)!!!


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2273185.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2274514.jpg


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2275982.jpg















〆は手作りのキャラメルアイス


濃厚でビターな大人な食後のアイス。


今日も大満足の「日なた」さんの和食。


三鷹「和食 日なた」へ行く。_f0232060_2221039.jpg














■「日なた」
https://www.hi-nata.com/



















吉祥寺の路地裏にあるワインバル「cosi cosi」(コジコジ)で夕食。


現在、期間限定で吉祥寺の人気イタリアン「パノラマキッチン」


長年シェフを務めていた川野輪シェフが料理を担当されてて、


ワインと共に美味しい創作イタリアンがいただける。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1656513.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_16565962.jpg














いい香りのさくらんぼのラム酒漬けと、


大好きなイタリアの赤ワン「L'Arco/ラルコ」


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_16592320.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_16593059.jpg















水蛸のカルパッチョ。


炙った吸盤や生の蛸、茹でた蛸など、食感と風味が色々と楽しめる。


ソースは、自家製のレモン青唐辛子


このソースが酸味と辛味のバランスが良く、


香りも良くて、めちゃくちゃ美味しい。ぜひ売ってほしいw。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1723841.jpg















のスモーク。


下の青菜は春菊茗荷を自家製ポン酢で和えたおひたし。


緑色はレモングラスのオイル。


イタリアンぽくもあり、和食っぽくもある、美味しい前菜。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1743734.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1744487.jpg















半熟目玉焼きからすみがけ。


カルピスバター
で焼いていて、すごくいい香りがする。


ワインが進む、進むw。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_1754968.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_176294.jpg















牛ハラミのレアハンバーグ。


これ、めちゃくちゃ好み!!


粗びきの肉の味がしっかりするハラミバーグ、絶品。


ソースは卵黄にかえしをあわせた濃厚な和風ソース。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_177516.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_178554.jpg















パスタは、真イワシのアラビアータ。


中にフェンネルで煮たウイキョウが入ってて、


魚の匂いをいい感じで整えてくれてる。


辛味もちょうど良くて、美味しいアラビアータだった。


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_171006.jpg


吉祥寺「cosi cosi」へ行く。_f0232060_17101174.jpg










どれも1つ、2つ他店にはないオリジナルが加えられてて、


川野輪シェフならではの、ここでしか味わえないイタリアンになっている。


ザ・イタリアンという感じでもなく、


旬の食材を使って、ワインが楽しめる料理をいい感じに揃えてる。


期間限定ではあるが、ぜひ川野輪シェフの創作イタリアンを。










■「cosicosi」
https://www.instagram.com/cosicosi_kichijoji/










by meshi-quest | 2020-07-30 08:07 | 吉祥寺







吉祥寺にある大好きな人気タイ料理店「アムリタ食堂」でランチ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16203113.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16204535.jpg












タイ風オムレツ青菜のファイヤー炒め。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16252065.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1625319.jpg













最近お気に入りのレモングラスのお茶「タッカイティー」


夏にはたまらない抜群の爽快感!


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16380100.jpg












海鮮と野菜のカレー卵炒め


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1629067.jpg













豚トロのタイ風漬け焼き「コムヤーン」と、


鶏肉のタイ風漬け焼き「ガイヤーン」の盛り合わせ。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16314077.jpg












揚げ物の盛り合わせ。


ソフトシェルクラブのから揚げ、


タイ風のエビのすり身揚げ、鶏皮など。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16352881.jpg













スイートチリソースで炒めたタイ風チャーハンと、


汁なしタイラーメン


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16364815.jpg


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16365889.jpg












そして、やっぱりいつもの大好きなガパオライスも。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_16373435.jpg












今日は遠方からお友達が来てくれたので、


いつものランチのガパオライスだけでなく、


いろんな料理を頼めて、食卓が賑やかで嬉しい限り。


吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。_f0232060_1621185.jpg










◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/












by meshi-quest | 2020-07-29 08:08 | 吉祥寺








懇意にさせていただいている高円寺のの名店、


「波やし」で恒例の癒しのオア鮨タイム。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17353298.jpg













「波やし」さんは予約2年待ちになってるお鮨屋さんだが、


コロナの影響を受けて、やむを得ず席数も減らし、


席と席との間、厨房と席の間にもアクリル板があり、


名物の日本酒の利き酒も残念ながら今は中止。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17462934.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17464038.jpg













まずは、お造り


ボタン海老、中トロ、トビウオ、平貝、佐島のタコ。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1751363.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17514689.jpg













焼物はまぐろスジ、ハラミ、ほっき紐の3種。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17542615.jpg













毛蟹は身も、蟹味噌も。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17554759.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_17555775.jpg













アワビや白身がたっぷり入った茶碗蒸し


一口サイズのサーロインステーキ


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1844410.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1845928.jpg













今が旬のとり貝の肝を使った肝ご飯。


とり貝と肝とバターを炒めた濃厚で貝の旨味たっぷりの一品。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18123371.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18124377.jpg













海鮮と納豆たっぷりの名物のばくだんと、


とり貝のマヨネーズ焼き。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1814145.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18141173.jpg













にぎりはお好みで、車海老から。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18145337.jpg












赤貝中トロ


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18212327.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18214627.jpg













トロ鉄火と納豆巻きと海老マヨ。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1824826.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18242675.jpg












最後は穴子とミョウガと卵の味噌汁


やっぱりカウンターでいただくお鮨は美味しいな。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18261481.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18262367.jpg









■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/










by meshi-quest | 2020-07-28 08:07 | 高円寺







四谷三丁目にある甲殻類料理専門店「うぶか」で食事。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16435625.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16441947.jpg













ここ「メシクエ」でもたびたび私は甲殻機動隊であることを宣言しており、


海老、蟹の登場頻度が高いのだが、


甲殻機動隊の中でも最初から最後まで甲殻類尽くしの有名な一軒。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16443838.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1644524.jpg













料理は月ごとのコースのみ。


まず1品目の先付は、北海道産縞海老から。


トマト、とうもろこし、羅臼昆布のジュレの組み合わせ。


最初から甲殻類!!縞海老甘くて美味しい。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16475941.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1648971.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16482230.jpg













2品目の向付は、鹿児島県産車海老をメインとしたお造り。


兵庫淡路島の、熊本県産のスジアラもあるが、


ここは甲殻類専門店だけあって、


珍しく甲殻類がドーンと大きく、メインのお造りになっている。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16512384.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16515883.jpg













3品目のお椀は、ノコギリガザミ


熊本の赤茄子じゅん菜の入ったいい出汁の一品。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16534615.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16541320.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1654231.jpg













4品目の強肴は、釧路産の毛蟹の共和え。


毛蟹の身と味噌を和えた一品。


毛蟹の身の甘さと蟹味噌の濃厚な旨味が絡んだ絶品。


あと3皿くらい食べたいw。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16572378.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16574617.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16575895.jpg













ここで甲殻類の旨味を最大限に引き出す、


甲殻類のために作られた日本酒登場。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16584790.jpg













5品目の焼物は、北海道根室産のたらば蟹


焼きたらば、ウマーーーーーー!


そして、付け合わせの山梨産有機栽培ズッキーニもすごく甘くて旨い!


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1712516.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1713785.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1714765.jpg













6品目の揚物は、大きな車海老味噌フライ


海老味噌がたっぷり入った状態で、サックサクに揚げられてるので、


かじると、身だけでなく、味噌の旨味も一緒に口の中に溢れてくる。


フライにもしっかり味がついてて、ソースは無しでそのまま美味しくいただけるが、


実山椒のタルタルソースを付けると、爽やかな風味に。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1742653.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1743794.jpg













7品目の飯物は、北海道紋別産のずわい蟹と真竹の炊き込みご飯。


蟹身と蟹味噌がいっぱいすぎて、ご飯が見えないくらいw。


こんなに蟹いっぱいのご飯、幸せだーーーー!!


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_17143616.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1714495.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1715049.jpg












8品目の水物は、青梅の甘露煮と赤しそのジュレ。


口の中がさっぱりとする、夏らしい水物。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_17163156.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_171641100.jpg









我こそは甲殻機動隊という方にはぜひオススメしたいお店。








■「うぶか」
https://ubuka.jp/










by meshi-quest | 2020-07-27 08:08 | 四谷








懇意にさせてもらっている吉祥寺の人気イタリアン


「ヴィネリアハーベスト」でディナー。


コロナ禍では営業自粛をしてテイクアウトをしていて、


私も前菜やメイン、パスタなどを買わせていただいた。



吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23385247.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_2339378.jpg















まずは、ブッラータチーズ


白桃のカプレーゼ。


クリーミーなブッラータと、香り良く甘味ある白桃の絶妙な組み合わせ。


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_2341208.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_2342214.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23421358.jpg















次は、車海老のリゾット(ハーフサイズ)。


イタリアの古酒に漬けたイタリア風酔っぱらい海老と、


濃厚な海老出汁で炊き込んだリゾット。


めちゃくちゃ美味しい!!


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23441435.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23443029.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23444126.jpg















メインは、私が大好きなフィレンツェ風鶏バター


「ハーベスト」に来ると、かなりの高確率で鶏バター食べてるw。


バターの風味良く、肉が柔らかくて、ホント美味しい。


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_2349314.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23494110.jpg















デザートはバスクチーズケーキ


甘さ控えめで、バスクチーズケーキだけでも売れそうなくらいの一品。


ホント「ハーベスト」は前菜からデザートまで全てのレベルが高い。


いつ行っても、何食べても外れたことがない。


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23524662.jpg


吉祥寺「ヴィネリアハーベスト」へ行く。_f0232060_23525929.jpg












■「ヴィネリアハーベスト」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13205088/












by meshi-quest | 2020-07-26 08:07 | 吉祥寺








懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」へ。


本日も岡部シェフのおまかせコースをいただく。















1品目は、


とうもろこしパンナコッタ


夏のチクロの名物なのだが、


甘味あるとうもろこしのムースが濃厚でまろやかですごく美味しい。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22261364.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2226374.jpg















2品目は、カツオカルパッチョ


このカツオ、こんなに厚切りなのに、


カツオのクセや血なまぐささは全くなく、ペロリと前菜で食べれてしまう!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22281739.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22283411.jpg
















3品目は、サワラ黄色ズッキーニのフリット。


サワラも美味しいけど、ズッキーニがジューシーでたまらん。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22321943.jpg















4品目は、トマトのパスタ。


ホント美味しい(感激)。


シンプルだけに、旨さがピカっと光るというか


トマトだけで十分なくらい甘味と旨味があって、


これに具もチーズも全くいらない感じ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22345050.jpg
















5品目は、ボンゴレのリゾット。


これもホント美味しい(感涙)。


あさりの旨味がしっかり効いてて、もう2皿は食べれそうな感じ。


ちゃんと生米から丁寧に作られてることが分かる本格リゾット。


炊いた米を使った、いわゆる「リゾット風」とは雲泥の差。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22364423.jpg
















6品目は、メニューにはなく、


特別に前からお願いして作ってもらった


バスクチーズケーキ


そして、これも美味しくて笑ってしまうくらいの出来映え。


バスチーも今後テイクアウトで販売してほしい・・・。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22393132.jpg
















7品目は、仲良くさせていただいてる


北参道のミシュランフレンチ「sincereシンシア」


石井シェフから教えてもらった石垣島の絶品ピーチパイン


パイナップル自体、元からいい香りがするけど、


こんなにいい香りと甘味あるパイナップルあるんだ!くらいの驚き。


美味しかったな、ピーチパイン。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2243819.jpg












■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/











by meshi-quest | 2020-07-25 08:08 | 西荻窪









今年オープンしたばかりの三鷹にあるビストロ


「kuval」(クバル)でディナー。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21543319.jpg
















オーナーシェフの久原さんは、私が長年お世話になってる


ミシュラン1つ星の渋谷の大人気フレンチ「LATURE ラチュレ」にて


長年修業をされていた方。


営業自粛をされていたコロナ期間中はテイクアウトでお邪魔していたが、


いよいよ満を持して店内でのイートインをスタート。


オープンからいきなりコロナになってしまい、


とても大変だったと思うが、パティシエの奥様と笑顔で楽しく切り盛りされている。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21544359.jpg














私が大好きなイタリアの赤ワイン、


「ラルコ L'Arco」があった!


お店自体はフレンチではあるけど、


美味しいものはジャンル問わず、どんどん入れていくそうで嬉しい。


「ラルコ L'Arco」は干し葡萄のようなほのかな甘さがあって、すごく好き。


お店となんか共通点があると、なんかすごく親近感が沸いてテンション上がる。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_21591294.jpg
















1品目はパイナップル


黄色のプチトマトのガスパチョ


このガスパチョ、酸味と甘味と香りのバランスが絶妙ですごく美味しい!


中に入ってるバジルペーストも良いアクセントになってる。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2215788.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2221622.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_222262.jpg
















2品目はシャルキュトリーの盛り合わせ。


自家製ロースハム、イタリア産プロシュート、


イベリコ豚のサルシッチャ、白レバームースなど。


どれも赤ワインにすごく合う!ロースハム、美味しかったなー。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_224684.jpg
















3品目は、とうもろこしのムース。


上の茶色のものはコンソメのジュレ。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2254470.jpg
















4品目は、九州産ヒラマサのポワレ。


上にはブラウンマッシュルームの濃厚なクリームソース。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_227373.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2271530.jpg















5品目は、シェフが生産者の金子さんに会いに行って仕入れている


天城黒豚の骨付きロースト。


いい豚肉だとすぐに分かる、甘味があって、全くくどくない脂身。


豚は身も美味しいけど、いい豚は脂が美味しい。


付け合わせは、


2年氷室熟成のじゃがいものフリット。


「kuval」のじゃがいものフリットが美味しすぎて


付け合わせのポテトも増やしてもらってる上に、


さらに明日用にテイクアウトもしてもらうw。それくらい好き。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22113513.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22114845.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22115846.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22121233.jpg















6品目は、パティシエの奥様が作ってくれる


新生姜バシュラン


しっかりと新生姜の香りや苦みが効いていて、


周りのバシュラン(メレンゲ)やクリーム、ルバーブと一緒に食べると、


ちょうどいい甘さの、ちょうどいい食後のデザートになる。


肉料理の後に、すごくピッタリ!


旦那様の作る料理に合わせて、奥様が食後のデザートをやってて、


やっぱりご夫婦でやってるので、息が合ってて、素晴らしい。


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2216436.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_22161657.jpg


三鷹「kuval」へ行く。_f0232060_2216251.jpg











■「kuval」
https://www.instagram.com/kuval2020/



















神泉にあるの名店「神泉いちのや」で食事。


神泉「神泉いちのや」へ行く。_f0232060_20581857.jpg
















美味しい鰻の焼き上がりは約40分後


それまでの間、鰻の話とう巻きで楽しみに待つ。


神泉「神泉いちのや」へ行く。_f0232060_2111471.jpg















せっかく来たので「弐段」(6500円)をいただく。


鰻、ご飯、鰻、ご飯・・・と2枚の鰻が入ってる豪華版。


鰻の脂、ご飯の固さ、タレの味、何をとっても最高。


めちゃくちゃ美味しい!!


神泉「神泉いちのや」へ行く。_f0232060_2112351.jpg


神泉「神泉いちのや」へ行く。_f0232060_21121795.jpg















「神泉いちのや」の特徴として、面白いのが味噌汁。


肝吸いの他に、きも赤だしというのがあり、


赤だしの中に肝が入ってる。


個人的には肝吸いよりも、きも赤出だしの方が好み。


神泉「神泉いちのや」へ行く。_f0232060_21151086.jpg











■「神泉いちのや」
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13004659/











by meshi-quest | 2020-07-23 08:07 | 渋谷・神泉








春夏秋冬で必ずお邪魔している大好きなフレンチファンタジスタ


「Celaravird セララバアド」で夏のコース


本日のコース内容が小さな小説になってて、


ストーリーを楽しみながら料理を追いかけていく。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1222153.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12221240.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_14413078.jpg













オープンからこれまで必ず春夏秋冬お邪魔していたが、


今年の春の予約分はコロナの影響で「セララバアド」は営業を自粛し、


ここ数年ずっとセララバアドの四季を見続けてきたが、


初めて春が見れなかった


「セララバアド」のように繊細なジオラマのような料理を


特殊な技術で作って提供してくれるようなお店は


コロナの期間中も気軽にテイクアウトできるようなものではなく、


スタッフもたくさん抱えてるのに、自粛せざるをえず、本当に大変だったと思う。


今日も「セララバアド」の料理作りが目の前で見れる


カウンターの特別席にしてもらったが、


コロナ対策で、カウンターの真ん中にビニルの仕切りを入れての対応。


それでも、橋本シェフやスタッフの皆さんの笑顔と料理に会えて、


それだけでも嬉しい。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12254952.jpg













まず一品目は、食べられる木。


枝に見立てたグリッシーニに十勝のどろ豚の生ハムと国産オリーブ。


ペアリングは千葉県木戸泉酒造の貴醸酒


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12322157.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12323226.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1233073.jpg













2品目はキャラメルポップコーン


液体窒素で固めたコーンポタージュをキャラメルでコーティングして、


一緒に食べると、口の中でキャラメルポップコーンになる不思議なアミューズ。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1234162.jpg














3品目は、夏の名物「朝露」


朝露に見立ててるのは


梅昆布茶ジュンサイを入れた球体。


相変わらず、この雫はすごいな。芸術的な一品。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12344790.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_123622.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12361471.jpg













4品目は「波紋」


子供の頃に夏に原っぱで遊んだ気持ちを思い出す、


シロツメクサの輪っかと蜜が吸えるナスタチュームの花。


ガラスに入っている石には、


「ペトラコール」と呼ばれる


雨の匂いがするインドの香料がかかっていて、本当に雨の匂いがする!


トマトのエキスを抽出した透明なガスパチョの上に、


水の波紋があって、食べられるナスタチュームの花を浮かべる。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_124291.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1242307.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12424674.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12425787.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12431147.jpg













ペアリングのドリンクは、


フェンネル、オレンジ、きゅうりなどを合わせた爽やかなジュース。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1437495.jpg













5品目は、「夏の高原」


長野県の清水牧場のフレッシュチーズに、


爽やかなレモングラスの泡とラベンダーの香り。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1441729.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_14425483.jpg













天然酵母を使った絶品の自家製パン


香りよく、外はカリッと、中はふわふわ、「セララバアド」のパンは最高!


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_14445792.jpg













6品目は、夏の名物「海辺」


ガラスケースの上を浜辺に見立てて、


ハマグリを使ったソースと塩気のある野菜、


黒い貝に見立てたクラッカーの中にはカレークリームソースが入ってる。


法螺貝は耳に当てると本当に波の音が聞こえる仕掛けにw。


ガラスのケースの中にはボトルメールが入ってて、


取り出すと、中には本日のメニューが入っている。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1447405.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1448734.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_14482546.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1448354.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_14485056.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_14491612.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_14492984.jpg













ペアリングのドリンクは、


暑い日の海辺で一杯やってる気分を味わえる、


ノンアルコールビールとジンジャーとレモングラスを使った


なんちゃってビール


炭酸が飲めなくて、ビール飲めない私も、「カーーーーッ!」と一杯やれるw。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_14512847.jpg













7品目は、「夜海」


網目状のイカスミのクリスピー生地、イカ出汁のスープ、


炙ったイカを組み合わせたイカ尽くしの一品。


料理で黒ってなかなかないので、黒好きとしてはたまらないw。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1602952.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1604340.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1605618.jpg













8品目は、穴子雑穀のリゾット。


揚げたての穴子に、旨味たっぷりのリゾット。


綺麗な緑はクレソンのソース。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1621959.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1623979.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1625665.jpg













9品目は、玉手箱


開けてビックリ、煙と共に瞬間燻製したホタテが出てくる。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1643383.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_164548.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_165656.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1651981.jpg













ペアリングのドリンクは、


スイカ和ハッカのジュース。


スイカ大好きなので、これもすごく好みの味。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1662849.jpg













10品目は、栃木和牛とマコモダケと万願寺唐辛子の料理。


まさかの皿全体写真を撮り忘れた・・・。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_168372.jpg













ペアリングのドリンクは、


凍頂烏龍茶とグレープフルーツの爽やかな組み合わせ。


肉料理にすごく合う。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_169583.jpg












11品目は、ピニャコラーダ


石垣島のこの時期だけの貴重なパイナップルにラムを加え、


フレッシュのまま二酸化窒素で固めてシャーベット状にしたもの。


普通のパイナップルより、格段に香りが良くて、甘い。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_16123753.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_16125078.jpg












12品目は、「夏の夕暮れ」


美しい三日月と夕焼けは枇杷のコンポートと赤しそ


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1614243.jpg













一緒に出てくるレモンシュガーを入れると、


夏の夕暮れのように、赤しそとの化学反応で、紫色が明るく赤紫色に変化する。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_16152057.jpg













13品目は、小菓子の詰め合わせ。


よもぎのマカロン、緑色の綺麗な琥珀糖など。


夏の名物「ホタル」は、


エルダーフラワーのジュレで出来てて、ライトにかざすと、ホタルが見える。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_161742100.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_16175395.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_16181089.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1618246.jpg












最後は、線香花火


チョコレートにパチパチキャンディーを詰めた食べられる線香花火。


ハンドドリップした鹿児島の煎茶は、


一煎目と二煎目で色も香りも違うので、その香りを楽しむ。


セララバアドの夏を堪能。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_16205147.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1621141.jpg










■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/










プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン