<   2020年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧










お誘いいただき、代官山にあるちょっと変わったBar


「art bar TOKYO」にお邪魔してきた。


代官山「art bar TOKYO」へ行く。_f0232060_19531559.jpg















最初は、「art bar」と聞いて、


画家さんが絵を描いてるところを眺めながら


完成を待ちつつ飲めるBarかと思ったら、


なんと自分で飲みながら、自分で絵を描くbarだったw。


代官山「art bar TOKYO」へ行く。_f0232060_1956673.jpg


代官山「art bar TOKYO」へ行く。_f0232060_19562952.jpg
















私の席の前にも


ちゃんとキャンバスとアクリル絵の具が用意されてる!


キャンバスも、絵の具も、エプロンも用意されてて、


ちゃんと教えてくれる先生もいるので、


1人でも複数でも、気軽に手ぶらで絵を描きに来れるのが特徴。


代官山「art bar TOKYO」へ行く。_f0232060_19572579.jpg


代官山「art bar TOKYO」へ行く。_f0232060_19583088.jpg















1回約2時間半~3時間で、1つの名画を完成させる。


1人5000円でお酒は飲み放題、料理はないがスナック菓子がある。


毎日色んな絵を変えて開催しているようだが、


大人気であっと言う間に予約満席になる。予約必須


代官山「art bar TOKYO」へ行く。_f0232060_19594831.jpg


代官山「art bar TOKYO」へ行く。_f0232060_2001616.jpg


代官山「art bar TOKYO」へ行く。_f0232060_2002487.jpg















今回は、ゴッホ後期の名作「夜のカフェテリア」


私のよう絵心ないド素人が2時間半で描き上げるというチャレンジw。


一緒に行った2人は、1人プロの方もいたので、


あっと言う間にゴッホの絵の遠近を読み取り、


筆が進んで絵になっていくのだが、


私はホントに絵心なくて、何が分からないかももはや分からない、


勉強のできない子のようになってw、


目の前の真っ白いキャンバスを見つめながら、赤ワインをあおるw。


代官山「art bar TOKYO」へ行く。_f0232060_2051560.jpg
















隣の師匠が見るに見かねて(笑)、


私のキャンバスにラインを書いてくれた・・。ありがたや。


そして、これにより少し描きやすくなったとはいえ


結局、絵心ないので、また酒を飲んでしまうのは言うまでもないw。


代官山「art bar TOKYO」へ行く。_f0232060_2064120.jpg















隣の2人の絵の完成をつまみに、赤ワインを飲む。


どんどん絵が出来上がってきて、見るだけでも楽しい。


とはいえ、私みたいな素人でも、


筆持って、絵の具でペタペタ何か描いてるのは楽しく、


なんか子供に返ったようで癒される!


手ぶらで絵が描ける環境はなかなかないんので、


新しい夜の大人のエンターテイメントとして、すごくオススメ!


ちなみに、描いた絵はちゃんと乾かして、家に持って帰れる。


代官山「art bar TOKYO」へ行く。_f0232060_2092057.jpg












■「art bar TOKYO」
https://artbar.co.jp/



















懇意にさせてもらっている


大好きな日本料理「はらまさ」で食事。


水のように飲みやすいスッキリ辛口の「越乃寒梅 灑(さい)」で乾杯。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_18372357.jpg


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_1837401.jpg


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_1838128.jpg













1品目は、聖護院かぶらと、


うなぎと海老芋とアオリイカの焚き合わせ。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_1841130.jpg


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_18411114.jpg


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_18411934.jpg













2品目は、キンメヒラメの刺身。


「はらまさ」さん名物のあん肝醤油でいただく。


一度、この食べ方を覚えて


あん肝醤油と薬味と海苔のセットで刺身をいただくと、もう止められなくなるw。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_1921017.jpg


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_193438.jpg


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_1931513.jpg


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_1934645.jpg













3品目は、フォアグラ黒トリュフの濃厚茶碗蒸し。


来る度に出してもらっている私の大好物。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_1953399.jpg


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_1954388.jpg













4品目は、車海老真薯


どこまでも優しく、美味しい出汁。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_1975483.jpg


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_198457.jpg


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_1981957.jpg













5品目は、「はらまさ」さんの名物の白子素麺


通称「痛風パスタ」w。


白子、からすみ、キャビア、どこまでも濃厚!!


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_19114194.jpg


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_1912431.jpg


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_19121650.jpg













6品目は、サワラの幽庵焼き。


今日のサワラは脂が乗っているとのことで、とても美味しい!


ゆずの香りも良く、日本酒にもすごく合う。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_19181039.jpg













7品目は、〆の黒トリュフご飯


美味しい出汁で炊き込んだ土鍋ご飯にたっぷりの黒トリュフ。


そして、さらにその上から追い黒トリュフ!!


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_1920135.jpg


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_1921113.jpg













黒トリュフご飯だけでも十分美味しいのだが、


その上に和牛のすき焼きと新鮮な卵黄生ウニをトッピング。


おそらく日本で一番豪華な牛丼w。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_19222194.jpg


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_1922363.jpg













お代わり必至w。


お腹いっぱいのはずなのに、また食べたくなる病み付きご飯。


お代わりでもちゃんと和牛、卵黄、生ウニ、黒トリュフをしっかり盛ってくれる。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_19244331.jpg













8品目は、生クリームのババロアと黒豆と季節の果物。


「はらまさ」さんならではの、大満足の絶品日本料理。美味しかった!!


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_19274534.jpg










■「はらまさ」
https://pocket-concierge.jp/restaurants/243859









by meshi-quest | 2020-02-28 08:08 | 四谷









ミシュラン2ツ星獲得の


浅草フレンチの名店「ナベノイズム」へ。


オーナーシェフの渡辺雄一郎シェフは、


ミシュラン三ツ星獲得のジョエル・ロブション元総料理長だった方で、


「ナベノイズム」は日本国内でも最も注目されてるレストランの1つ。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_18533432.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_18541079.jpg
















テーブルセットはこんな感じ。


お店は隅田川沿いにあり、窓からはスカイツリーの夜景が見える。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_18545814.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_18551461.jpg
















まず1品目はアミューズの盛り合わせから。


日本を感じさせる
器や盛り付けで、


最初のアミューズからしてここでしか味わえないワクワク感がある。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_18555925.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_1857598.jpg















料理も日本、さらには「ナベノイズム」がある浅草を感じさせるものになっていて、


浅草「壽々喜園」のほうじ茶と丹後の京人参を組み合わせたスープ、


浅草の雷おこしとアンチョビバターを組み合わせたもの、


リヨン伝統ソーセージ
とプラム、


燻製の鴨ハムとイチゴやピスタチオを組み合わせたものなど個性豊か。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_1912843.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_1913697.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_1922878.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_192364.jpg














バゲットがちょっとビックリするくらい美味しくて、


パンが止まらずに、お代わりまっしぐらだった。


フランス食材「アルカン」のブラドールというバケットとのこと。


久しぶりにこんな美味しいバゲット食べたなあ。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_1943033.jpg















2品目は、両国江戸蕎麦「ほそ川」のそば粉を使った


「ナベノイズム」特製の冷たいそばがき


「奥井海生堂」
蔵囲いの2年物の昆布ジュレとたっぷりのキャビアと共に。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_1972761.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_1974148.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_197503.jpg
















3品目は、北海道甘海老と愛媛の「紅まどんな」の組み合わせ。


アボカドのフォンダンに、カブや春菊、ミモレットチーズなど。


ソースはカレー風味のクリーミーなソース。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_1911186.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19111821.jpg















4品目は、を使ったブイヨンのココット。


めちゃくちゃスープが美味しくて、一気に完食w。


中には鱈のコンフィと白子と黒トリュフ。


左はパセリを使ったスポンジパン


スープに吸わせてもいいが、ほんのり甘味があって、そのままで美味しい。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19133383.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19142498.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19143166.jpg















5品目は、創業150年の老舗「木村屋本店」人形焼きと、


フォアグラV.C.C焼きの組み合わせ。


付け合わせには紅玉のキャラメリゼと、


フォアグラの上には紅玉を使ったゼリーシートが被されている。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_1919925.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19194878.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_1920814.jpg















6品目は、渡辺シェフのスペシャリテで


山口県萩直送の釣り甘鯛うろこ焼き


高知県100年枯木ゆずのナージュ仕立て。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19232727.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19235269.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_1924150.jpg















7品目は、蝦夷鹿のロース肉のグリル。


付け合わせには柿のソテーや栗のピューレなど。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19254272.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_1926024.jpg
















8品目は、いちご「とちおとめ」のコンポートと、


ハイビスカスのシャーベット、ココナッツのムースの組み合わせ。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19271820.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19272888.jpg















9品目は、フランス・ヴァローナ社のショコラを使った


「タルト・ショコラ・モデルヌ」


黒ゴマのサブレと黒トリュフのソルベと共に、濃厚で大人な味。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19294147.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_1930537.jpg















10品目は小菓子の盛り合わせ。


浅草のランドマーク・アサヒビールのオブジェを彷彿とさせる、


気になる金の玉の正体は、


なんと飴細工のクレームブリュレw。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19321233.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19323942.jpg


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19324892.jpg















しみじみと日本は豊かで素晴らしい国だなと思わせてくれる


日本の「ナベノイズム」でしか味わえない素晴らしい料理の数々だった。


さすが、日本で最も注目されているフレンチレストランの1つ。


値段以上の美味しさと幸せをくれる。


帰りに、「ナベノイズム」特製万能ソース(2000円)を買った。


卵かけご飯から炒め物、しゃぶしゃぶのたれまでに変化するソース。


まだ使ってないが、食べるのが楽しみ。


浅草「ナベノイズム」へ行く。_f0232060_19363964.jpg










■「ナベノイズム」
http://www.nabeno-ism.tokyo/










by meshi-quest | 2020-02-27 08:07 | 上野・浅草






懇意にさせていただいている


ミシュラン1ツ星獲得の熟成鮨の名店「熟成鮨 万」へ。


今宵も白山大将の美味しい熟成鮨をいただく。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_15121264.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_15122725.jpg













まず1品目は、はまぐりほっき貝の濃厚エキス。


寒い外からやってきた胃を美味しい出汁で温める。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_15143238.jpg













2品目は1週間熟成の縞えびの塩辛。日本酒が合う!


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1515378.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_15154770.jpg












3品目は、特製あん肝。フワフワで美味しいあん肝。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_15172711.jpg













4品目は、22日熟成のクエを頭、中骨などを全て使った出汁で炊いたもの。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_15192113.jpg













にぎりは24日熟成の大間のまぐろ赤身づけから。


露地物の生姜を使った自家製絶品ガリと共に。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_15232762.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_15233898.jpg












34日熟成の大間のとろ


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_15245438.jpg












12日熟成の八戸のと、


23日熟成のクロムツ


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1526575.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1527945.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1527312.jpg













26日熟成のキンメと、


6日熟成のボタン海老


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_15291956.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_15293688.jpg













23日熟成のさわらと、


28日熟成のブリ


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1531578.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_15321128.jpg













12日熟成の穴子は、熟成した穴子の風味を楽しめるように塩で。


上にはいい香りの竹炭山椒と共に。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_153478.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_15342748.jpg













40日熟成のすじこと、


43日熟成の白皮カジキ


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_15363949.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1537447.jpg












6日熟成のもたっぷり入ったカワハギは、


熟成をさせることで日本酒に負けないくらいガツンと香りも味が増している!


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1835278.jpg













11日熟成のウニは、海苔に巻いて手巻きで。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_18371093.jpg













6日熟成のイワシを使った手ごね寿司


イワシの旨味と、薬味と、シャリの酸味が合ってて、めちゃくちゃ美味しい。


元々は白山大将のまかない飯だったメニューを美味しいのでアレンジしたものだそう。


赤だしは魚のあらを使い、具には宮城県東松原のばら海苔を。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_18395359.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1840747.jpg


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1841232.jpg













作るのに1週間かかるという


絶品かんぴょうを使ったかんぴょう巻


あまりかんぴょう巻は食べない方なのだが、「万」では美味しくて積極的に食べる。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_1845578.jpg













最後は、アマダイのすり身と和三盆を使い、3時間じっくり火入れして作る


相変わらず、本当に丁寧な仕事で、愛情をひしひしと感じるお鮨。


今日も幸せな熟成鮨をいただいた。


広尾「熟成鮨 万」へ行く。_f0232060_18453668.jpg










■「熟成鮨 万」
http://www.yorozu-sushi.com/wp/

















ご招待いただき、愛宕山MORIタワーの42階にある


寿司イタリアンBARもある高級複合レストラン


「XEX ATAGO GREEN HILLS」で食事。


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_2015721.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_2024464.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_203765.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_2031879.jpg












テーブルセットはこんな感じ。ゆず酒をいただく。


窓からは東京タワーや高層タワーの素晴らしい夜景が見える。


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_204846.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_204206.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_2043141.jpg













濃密玉子の出汁巻き卵。


確かに味が濃くて、美味しい出汁巻き。


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_2063893.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_2064893.jpg













かに味噌バーニャカウダ


かに味噌がかなり強くて、まんまかに味噌を食べてる感じ。


もう少しバーニャカウダソースに寄せた方が野菜には合うかな。


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_2081374.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_209894.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_2091934.jpg













好きなものを選んで挙げてもらうお好み天ぷら


車海老、アスパラ、レンコンなど。


味は美味しかったけど、もう少しサクッとカラッとしてる方が良かったかな。


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_20103469.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_20195580.jpg













特製から揚げと、ここで赤ワイン。


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_20212643.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_20213735.jpg












メインディッシュは、黒毛和牛しゃぶしゃぶ


すごくいいお肉で、お肉自体は美味しかったのだが、


しゃぶしゃぶのたれが美味しくなくて、すごく残念・・・(泣)。


胡麻だれも深みがなくてイマイチで、ぽん酢は酸っぱすぎた。


たれが美味しかったら、もっとしゃぶしゃぶ食べたかったのに、ホント残念すぎ。


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_20242740.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_20244071.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_20245115.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_2025295.jpg













お寿司は美味しかった!これもお好みで1貫から頼める。


ネギトロ巻き、黒ムツなど。


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_20265973.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_20271655.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_20272627.jpg












今回は和食の「XEX an」というお店に来ていたが、


同じフロアにイタリアンもあるので、イタリアンも注文することができる。


食後はイタリアンの方からダージリンティラミスを。


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_20303017.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_20304467.jpg


御成門「XEX ATAGO GREEN HILLS」へ行く。_f0232060_20305423.jpg









しゃぶしゃぶのたれは残念すぎたが(泣)、


ワンフロアでしゃぶしゃぶも寿司も天ぷらもイタリアンも楽しめるのはいい。


空間も広く、高級感もあり、最上階で夜景も綺麗なので、デートや会食にも良い。






◼︎「XEX ATAGO GREEN HILLS」
http://www.xexgroup.jp/atago


















ここメシクエでもたびたび登場している


お馴染みの高円寺の鮨の名店「波やし」さん。


大将の林さんも奥様も大変お花が大好きな方で、


月1回、「波やし」さんの店内のお花を作らせていただいている。













2月のお花は、枝ぶりの良い季節のお花の沈丁花があったので、


こちらの沈丁花を使わせてもらう。


花修行~「鮨 波やし」さんの2020年2月のお花~_f0232060_21181077.jpg















もう1つ、珍しい花の巻き方と和風で綺麗な色合いの


「ピクティレッド」という名前が付いたマムがあったので、これも使う。


花修行~「鮨 波やし」さんの2020年2月のお花~_f0232060_21194560.jpg















美しい紫色のラナンキュラスも加えて。


花修行~「鮨 波やし」さんの2020年2月のお花~_f0232060_21204554.jpg


花修行~「鮨 波やし」さんの2020年2月のお花~_f0232060_21205490.jpg















こんな感じで完成


和モダンな雰囲気で作らせていただいた。


「波やし」さんに行かれた際にはぜひ楽しんでいただければと思う。


花修行~「鮨 波やし」さんの2020年2月のお花~_f0232060_21221217.jpg











アレンジメントに使った花は下記の通り。




・沈丁花

・マム「ピクティレッド」

・ラナンキュラス

・スカビオサ

・手まり草

・アセビ




















懇意にさせてもらっている吉祥寺の大人気鉄板居酒屋


「じゅん粋」で食事。


いつもの予約特典で、大歓迎いただくw。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_1983823.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_1984866.jpg












寒いので熱燗と、きゅうりの浅漬けとうな肝山椒煮。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_19255848.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_1926277.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_19264423.jpg












刺身の盛り合わせ。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_19273769.jpg












エリンギのガーリックバター炒め。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_19282474.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_19283647.jpg













予約特典の生卵を使った豚平焼


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_1930222.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_19302036.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_19303413.jpg












さつま知覧どりのもも焼き。


歯応えがあり、味がしっかりしてる美味しい鶏肉。これも鉄板で焼いてくれる。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_19331727.jpg












メニューにはないのだが、


私が行くたびに作ってもらっているホットケーキ


ちょっと今日はふくらみが足りなくて、しっとり系ホットケーキw。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_19371032.jpg













ホットケーキミックスを使って、新しいメニューを開発したとのことでw、


早速、新メニューのチーズ焼きをいただく。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_1938389.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_1939188.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_19391617.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_19393954.jpg












チーズ焼きの上に黒胡椒とベーコンの粉をふりかけてて、


ホットケーキミックスのほんのりとした甘さと


塩気と辛さがミックスした大人のおつまみ。


いつも楽しく、美味しく、居心地の良い居酒屋さん。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_194251.jpg








■「じゅん粋」
http://www.bakawarai-junsui.com/









by meshi-quest | 2020-02-24 08:08 | 吉祥寺







吉祥寺駅近で深夜2時までやっている大人気居酒屋「みかづき酒房」へ。


まずは、大好きな「鶴梅」ゆず酒と、お通し3種。


「みかづき酒房」はお米にすごくこだわっていて、


長野県佐久市のコシヒカリ


「五郎兵衛米」を使った白米も美味しいのだが、


お通しに出てくるおかゆがこれまた美味しい。


吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_1242024.jpg


吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_1271471.jpg












銀だら西京焼き


銀だらの漬かり加減も焼き方もいい感じ。


吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_128151.jpg


吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_1283870.jpg












高野豆腐の鶏のはさみ煮。優しい味。


吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_1293191.jpg












寒かったので、特製黒もつ鍋


1人前から注文できるのが嬉しい。


吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_130506.jpg


吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_131166.jpg













胡麻がすごく入ってて、かなり胡麻が効いてる。


確かに黒もつ鍋。


もつ鍋というより、胡麻鍋という感じかな。


具沢山なので、鍋だけでもすごくお腹いっぱいになる。


鍋は野菜も肉も食べれて、なんか万能食だな。


吉祥寺「みかづき酒房」へ行く。_f0232060_1333669.jpg









◼︎「みかづき酒房」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13100609/









by meshi-quest | 2020-02-23 08:06 | 吉祥寺








高円寺にある人気アメリカ料理店「エルパト」で食事。


高円寺「エルパト」へ行く。_f0232060_17238.jpg













アメリカ料理と言うと、


やたらデカいハンバーガーとか大量のポテトとか、


ちょっとジャンキーなモノを想像してしまうが、


ハンバーガーやポテトもありつつも、


ちゃんとしっかり楽しめるアメリカ料理を出してくれる。


高円寺「エルパト」へ行く。_f0232060_193295.jpg













ほうれん草のサラダ。


パルミジャーノチーズ、ドライフルーツ、ナッツ、ベーコンなど具沢山。


高円寺「エルパト」へ行く。_f0232060_112287.jpg













メインディッシュは、古白鶏胸肉のロースト。


ボリュームたっぷりの大きくて柔かい胸肉に、


香り良いトリュフソースとマッシュポテトとケールの組み合わせ。


高円寺「エルパト」へ行く。_f0232060_118328.jpg








一人でも気軽に食事ができるアメリカンビストロ。


一人用でも十分ボリュームたっぷりなので、2皿くらいでお腹いっぱいになる。


色々と食べたい時は、数人と行くのがいいかも。







◼︎「エルパト」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13109038/









by meshi-quest | 2020-02-22 08:06 | 高円寺









ミシュラン三つ星獲得の銀座フレンチの名店


「L'OSIER ロオジエ」でディナ。


日本を代表するグランメゾンの1つで、


資生堂が運営をしているレストラン。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22235491.jpg
















ドレスコードもあるクラッシックなフレンチで、


グランメゾン独特の雰囲気がある。


木村拓哉さん主演のドラマ「グランメゾン東京」の影響で、


フレンチに行く若いお客さんが増えたと聞いたが、


さすがに「ロオジエ」となると、お客さんも全体的に年齢層高め。


まずは、白ワンで乾杯。


テーブルセットはこんな感じ。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_2228277.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22281248.jpg















まず1品目は、4種のアミューズ・ブーシュから。


魚の形をしたひよこ豆のサブレとにんじんのピューレ、


ホタテときゅうりを合わせたもの、シュー生地と雲丹、


パルメザンチーズムースと黒トリュフなど。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22352076.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22353145.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22355895.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_2236735.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22361612.jpg















酸味のある丸パンと、バターパン、バケットの3つのパン


その他にも、黒ゴマや栗のパンも選べる。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22403884.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_2240469.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22411579.jpg















2品目はブロッコリーのラビオリと玉ねぎのブルーテ。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22435912.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22441148.jpg















3品目は、最高級「キャビア・オシェトラ」


ベルギー産フレッシュキャビアと、


北海道産毛蟹、紅芯大根、菊芋ムースの組み合わせ。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22492139.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22495548.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_2250487.jpg















4品目は、鴨フォアグラのポワレ。


セップ茸のムースリーヌに、


金柑、栗と、カルダモン風味のアクセント。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22522611.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22523735.jpg















5品目は、黒トリュフを纏ったハタ赤貝


ソースはクリーミーなサバイヨンソース


綺麗な緑のレタスのピュレを合わせたマーブルソース。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_2257281.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22571546.jpg















6品目のメインディッシュは、蝦夷鹿のロティ。


付け合わせはほうれん草のパスタの中に鹿の肩肉を詰めたもの、


カシスとキャベツを合わせたもの、カボチャのムースなど。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22593684.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_22595337.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_230792.jpg















7品目は、フランス産フロマージュワゴンで。


DÉGUSTATION(デギスタシオン)コースを選ぶと、


コース内にフロマージュも含まれていて、


好きなものを好きなだけ選ぶことが出来る。


フロマージュは別料金というところが多い中、これは嬉しい。


大好きなウォッシュチーズを3種と、オススメのコンテ。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_2341385.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_2342121.jpg















8品目は口直しのデザート盛り合わせ


甘酒ムースと抹茶のゼリー、カルダモンのマカロン、


オレンジのゼリー、バナナのムースとチョコレートなど。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_2364684.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_2365935.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_237293.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_2375994.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_2371794.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_2381362.jpg















9品目は、別メニューの10種くらいの中から選べて、


今が旬でオススメというデコポンのデザートを。


このデコポン、本物そっくりだが、実は飴細工で出来てる。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_23112341.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_23114295.jpg
















中を割ると、フレッシュのデコポンに、


デコポンのソルベ、デコポンのエスプーマなど、


色んな種類のデコポンが楽しめるようになってる。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_23134559.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_23143856.jpg
















グランメゾンはいい意味で、


メインディッシュが終わってからが長い(笑)。


メインデザートの後は、小菓子のワゴンの登場。


チョコ、生キャラメル、マシュマロなど、好きなものを好きなだけ。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_23165714.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_23171857.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_23172795.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_23173781.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_2317469.jpg















そして、チョコが苦手な私は食べれる小菓子が少なく(泣)、


色々と食べたかったけど、生キャラメルとチョコチップクッキーだけ。


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_23193552.jpg


銀座「L\'OSIER ロオジエ」へ行く。_f0232060_23194643.jpg










最後の小菓子のワゴンまでざっと4時間


こんなに時間をかけて食事を楽しむことはなかなかないし、


食事に全ての時間を注いで向き合うというか、


そういうことが出来るのがグランメゾンの楽しみの1つだったりもする。









■「L'OSIER ロオジエ」
https://losier.shiseido.co.jp/











by meshi-quest | 2020-02-21 08:06 | 銀座
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン