<   2020年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧








沖縄・那覇の中心街、国際通り近くにあるステーキハウス


「O's House (オズハウス)」へ。


地元の方に「美味しいステーキを食べたい」と行ったら、教えてくれた。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_18585935.jpg













ステーキを焼くキッチンが見えるクラシカルな店内。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_190112.jpg


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_190361.jpg












メニューも


基本、ステーキ以上終わり!


という非常に分かりやすい構成。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_191943.jpg













なので、それにならって、


テンダーロイン10oz(250g)を注文。


まずは、前菜から。


何と前菜がアサリのバター焼きでビックリww。


美味しかったんだが、ステーキハウスの前菜でアサリは初めてだw。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_193489.jpg


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_194309.jpg












サラダと、別注のエンドウマメのポタージュ。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_1952146.jpg


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_196134.jpg













10oz(オンス)のテンダーロインステーキ登場!!


シンプルにガッツリと肉を味わうスタイルのステーキ。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_1971342.jpg













肉はとても柔らかく、美味しいステーキだった。


沖縄はどこ行ってもステーキにA-1ソースというソウルソースをかけるのだが、


実は、私はこれが何度食べても苦手で・・・(苦笑)、


ここ「O's House」はちゃんと自家製ソースで嬉しかった。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_1991839.jpg












最後はサトウキビのアイスクリーム。


これも素朴な甘さで美味しかった。


派手さはないけど、丁寧で実直なステーキハウス、という印象。


沖縄・那覇「O\'s House」へ行く。_f0232060_1995230.jpg










◼︎「O's House」
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47001572/









by meshi-quest | 2020-01-12 08:05 | 沖縄







沖縄出張









ここ最近、ANA機内食は全国の有名割烹や料亭とコラボしてることが多かったが、


今回は珍しくコラボではなく、ANAオリジナルメニューだそう。


ANA機内食の話 〜ANAオリジナルメニュー〜_f0232060_1833918.jpg













メインは煮込みハンバーグ


特筆すべきところはなく、ちょっと硬かったかな。


全体的に和食なので、柔らかさも考慮して、


豆腐ハンバーグとかにすれば良かったのでは?と思ったり。


ANA機内食の話 〜ANAオリジナルメニュー〜_f0232060_18352183.jpg













小鉢は和と洋を合わせたミックス。


ブリの照り焼きがあったり、のテリーヌがあったり。


ただ、やっぱりコラボ料理とは違って、


料理にテーマがないというか、スペシャリテ的なものもないので、


全体的に普通のお弁当みたいに見えてしまう点はちと残念。


ANA機内食の話 〜ANAオリジナルメニュー〜_f0232060_18472756.jpg


ANA機内食の話 〜ANAオリジナルメニュー〜_f0232060_18475133.jpg












ご飯は、オリーブの炊き込みご飯。


まずいわけでは全くないんだけど、これもなぜ?という感じがあって、


このお店の名物なんです!とかあると、おお、なるほど!!となるんだけどw、


何というか世界観やストーリーは大事だな、と。


昨今、そこそこ全てのクオリティーが上がってる中、


人は付加価値に期待しているというか、


食事も単純に味だけでなく、世界観も一緒に食べてたりするんだよね。


ANA機内食の話 〜ANAオリジナルメニュー〜_f0232060_18515970.jpg
















by meshi-quest | 2020-01-11 08:05 | 沖縄










京都


ホント京都はいつ来ても、いい町だなあ。


昼の京都も楽しいけど、夜は特に好きだ。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13164381.jpg














ふらふらと白川沿いを散歩しながら、


京都に行く度にほぼ毎回お邪魔させてもらっている、


祇園にある大好きな京都フレンチ「祇園びとら、」へ。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13173745.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13174752.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13175951.jpg















私が来ると聞いて、内緒で


わざわざ私が好きな赤ワインを取り寄せておいてくれた(感涙)。


私の好みの酸味が少なくて、重めで、


干し葡萄っぽい味の赤がなかなかフランスワインに無くて、


フレンチなのに、イタリアワインを取ってくれた。


こういうおもてなしや気遣いが本当に嬉しい。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1322956.jpg
















まず1品目は、七谷地鶏のコンソメスープ。


サッパリとした味わいだが、しっかり旨味が凝縮されてる。


寒い外から来たので、最初に胃を少し温める配慮。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1324853.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13243078.jpg
















2品目は、前菜の盛り合わせ。


「祇園びとら、」は目の前で盛り付けや仕上げをしてくれて


目からだけでなく、耳や鼻からも、食べる前から料理を楽しませてくれる。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13265321.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1327036.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13271327.jpg















本日の前菜は、


里芋とマスカルポーネとへしことアンチョビを合わせたもの


と春菊を合わせたもの


サワラと堀川ごぼうを合わせたもの


カマスと有田みかんを合わせたもの


ずわい蟹としば漬けのマヨネーズ和え


など。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13305516.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1331438.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13312978.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13313814.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13314851.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1332267.jpg















ここで、名物のキャビアの佃煮


小さな筆箱のような入れ物に入った特製のキャビアを


お客様が好きな時に、自由に料理に乗せて楽しめる。


前菜にも贅沢に使っちゃうよー。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13334225.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1334159.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1334938.jpg
















3品目は、超贅沢で、超濃厚なパスタ素麺


白子、いくら、雲丹、キャビア、かずのこ、からすみなど、


痛風上等な豪華食材の組み合わせ!


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13361345.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13364742.jpg















4品目は、舞鶴の寒ブリ夜久野猪のパンチェッタ。


冬の海の幸と山の幸が見事に融合した一皿。


ブリとイノシシ、一緒に食べても口の中で全くケンカしないのがすごい。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13402494.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1340423.jpg















5品目は、京都の冬の名物・聖護院かぶらのポタージュ。


大きくて、甘味たっぷりの聖護院かぶらは、スープにもピッタリ。


スープに添えられてるのには、クルトンの代わりの


パリパリ生地に鹿肉を混ぜた通称「鹿せんべい」


これがいい感じの塩気とカリカリの食感で、かなり好きな味w。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_14142820.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13424022.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13425237.jpg
















6品目は、名物の「美人良鍋」(びとらなべ)。


中には美を作るコラーゲンたっぷりのすっぽん、鱧、河豚と、


さらに、ふかひれ、クエ、ずわい蟹も。


体やお肌に良さそうなだけでなく、優しいお出汁でとても美味しい。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13465146.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_134833.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13481578.jpg















口直しのラ・フランスからすみの一口を挟んで・・・、


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13485777.jpg
















7品目のメインディッシュは、


京都肉のなめろうと七谷鴨胸肉のはちみつ焼きと洋風おでん。


上からたっぷりと白トリュフを。


結構色んなフレンチを食べ歩かせてもらってるが、


こんな個性的で、面白い組み合わせで、それでいて美味しいのはなかなかない。


なめろうにおでんって(笑)、ホントさすが「びとら、」さん!!


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13514572.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13524739.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13531065.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13532178.jpg















そして、今回のメインで初登場した新作の京都肉のなめろう


上質な京都肉のいいところをさっと炙って、丁寧に叩いたもの。


これが想像の相当ななめ上を行く美味しさで、


気が早いけど、次に「びとら、」さん行くときには


必ずもう1度作ってもらおうと思ってるし、


相当気が早いけど、早速2020年のメシュランの候補に入ってる。


見た目地味だけど(笑)、


間違いなく、そこら辺のフレンチのメインディッシュより美味しい。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13563747.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13564754.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13565975.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1358278.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13582295.jpg















8品目は、私の大のお気に入り3色の大根ご飯


12月の本当の〆の炊き込みご飯は違う内容なんだけど、


私はここのバターと出汁で炊いた大根ご飯が好き過ぎて、ずっとコレ。


一番大根ご飯を食べてる客だと思うが、全然飽きない味。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1404018.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1405092.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1405935.jpg
















「びとら、」さんのご飯はおかずが豊富で、


大根ご飯だけでも十二分に素晴らしいのだが、


牛肉をあんこと赤ワインで煮たしぐれ煮など、


ご飯がエンドレスになりかねない危険なおかずも食べ放題w。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1425861.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1435595.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_144627.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_144327.jpg















さ・ら・に!!


黒トリュフで香り付けした京都地鶏の生卵


自家製からすみなど、


炊き込みとは別におかずを楽しむためのホカホカの白米まで用意されてる。


ご飯お代わりの無限ループに突入。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1463869.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1464832.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1465825.jpg
















9品目のデザートは、


名物の「とりゅふぷりん」と、


りんご豆腐チーズとパイを合わせたもの。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1491082.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1495134.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1494064.jpg














最後は焼き立てのフィナンシェと紅茶を。


本当に何度お邪魔しても驚きがあり、


お値段以上の満足感の非常に高い創作フレンチ。


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_1411999.jpg


京都「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_14111771.jpg










■「祇園びとら、」
https://www.vitra.jp/










by meshi-quest | 2020-01-10 08:08 | 旅行_国内










懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」で友達とディナー。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14294925.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14295877.jpg















本日はたっぷりワインを飲む気満々で来てるので、早速チーズもいただく。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14301827.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14313251.jpg















1品目は、岡部シェフオススメのトスカーナ風の温かい野菜のスープ


このスープがビックリするくらい美味しくて


それでいて野菜の旨味と甘味がたっぷりで優しくて、


もし具合が悪くなったら、


「チクロ」に来て、シェフにこのスープを作ってもらおうと心に決めた。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14344723.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14345488.jpg















そして、今日はワインに詳しく、大好きな友達と一緒なので、


早速紅白ワインをボトルで入れる。めでたいなーw。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14363738.jpg
















2品目は、イタリア産フィノッキオと紅まどんなのサラダ。


フィノッキオはフェンネル、ういきょうと呼ばれる香りの高い野菜。


紅まどんな(愛媛みかん)の甘味とフィノッキオの香りがいい感じ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14391682.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1439297.jpg















3品目は、玉ねぎリピエーネ


リピエーネとは詰め物をした料理のこと。


中に白いチーズソースを入れて、丸ごとオーブン焼きした


玉ねぎの旨さを感じる一品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1442947.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14422510.jpg















4品目は北海道アンコウと六甲シャンピニオンのフリット。


今が旬のアンコウと大きなキノコを軽いフリットに。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14433567.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1443476.jpg















5品目は手打ちのカサレッチェを使ったシンプルなトマトソース。


モチモチの自家製カサレッチェと、


トマトの旨味がぎっしり詰まった濃厚なトマトソースの組みあわせ。


トマトソースがここまで美味しいと、具はいらなくて十分!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14454840.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1446820.jpg















6品目は、手打ちのタリオリーニを使ったローマ風カルボナーラ


ローマ風はバターや生クリームを一切使わずに、卵とチーズで作る。


なので、濃厚だが、意外と軽く食べれるのが特徴。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14482456.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_144832100.jpg
















7品目は、鶏バター


もうテーブルに乗った時点からバターのめちゃくちゃいい香り。


胸肉もものすごく柔らかく、


カロリー気にせず(笑)、ひたすらバターと鶏肉を楽しむ一品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14501666.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14502426.jpg
















8品目のデザートは、ナポリの伝統デザート、ババ


ラム酒に漬けられている大人のデザート。


今まであまりサバランのような洋酒漬けデザートは好きではなかったが、


「チクロ」のババを食べてから、好きになった。


洋酒と甘さのバランスがすごく上手。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14535499.jpg










いつ来てもアットホームで、


それでいて、本格的なイタリアンを食べさせてくれるので、素晴らしい。


西荻窪を代表するイタリアンの1軒。










■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/









by meshi-quest | 2020-01-09 08:08 | 西荻窪









仲良くさせていただいてる


ミシュラン1ツ星のフレンチの名店「LATURE ラチュレ」で


オープンから長年パティシエをされていた延命寺さんが独立されて作った



本格的なデザートが食べれるデセールBAR「EMME エンメ」へ。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_14184953.jpg















夜中2時近くまで美味しいデザートが食べれるのもありがたいが、


普通にランチも遅くまでやってて、


軽食を食べさせてくれるものありがたい。


最近お気に入りのバターチキンカレーをいただく。


複雑なスパイスが組み合わさっているが、


辛すぎず甘すぎず、まろやかで、誰でも美味しく食べれる素晴らしいカレー。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_14212147.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_14212930.jpg














そして、食後のパフェをいただく。


最近お気に入りの柿と栗のパフェ


元々パティシエの延命寺さんはフレンチの最後のデセールを作ってた方なので、


たっぷり食事をした後に食べることを想定して作られてるため、


甘さや油分のコントロールがしっかりされてて、


そのデザートもすごく軽くて食べやすい


ランチ後にこんな美味しいパフェまで食べれるなんて、超幸せ。


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_14242791.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_14244592.jpg


渋谷「EMME エンメ」へ行く。_f0232060_14245461.jpg











■「EMME エンメ」
https://www.emme-wine.com/











by meshi-quest | 2020-01-08 08:07 | 渋谷・神泉









年始のご挨拶でも書かせていただいたのだが、


年末年始に色々とあり過ぎて(泣)、


自宅で籠って作業しようもんなら爆発しそうだったので、


新年は都内のホテルにエスケープをすることにした。













まるで絵葉書かのような


大きくて美しい東京タワーが目の前で見れる場所。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1444397.jpg
















そう、以前「メシクエ」にて


完全保存版ホテルクラブフロアの楽しみ方という記事を書かせていただいたが、



費用対効果を考えると都内No.1だと思っている


ザ・プリンスパークタワー東京


クラブフロアにお世話になっていた。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_14451313.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_14453282.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_14454222.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_14463663.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_14465416.jpg















今回年始にザ・プリンスパークタワー東京の、


かつ、クラブフロアを選んだにはいくつか理由があった。






①2020年は東京五輪があるので、

東京に深く関わるものを見ながら新年を過ごしたかった。




②お隣が増上寺なので、初詣に行きやすい。





③年始は休みになるレストランやカフェが多いので、

ずっとご飯があって、混まずにゆっくり過ごせる場所の確保が必要。





温泉に入りたかった。

→パークタワーの地下には天然温泉があり、クラブフロアゲストは自由に使える。











これらの条件を満たせるところとしてパークタワーホテル一択で決まった。













ラウンジでウエルカムドリンクをいただく。


東京タワーにピントが合ってしまったw。


眼下には増上寺があり、初詣客がいっぱい見える。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1457872.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_14571921.jpg















年始はやっているお店が少ないので、


わずかやっているお店はたいてい激混みしてて、


ここパークタワーの1階のカフェやレストランも行列が出来てたが、


クラブフロアは優雅で、静かで、仕事や考え事をするには最適だった。


10時~17時半まではカフェタイムで、


ホテル1階のパティスリーで作っている美味しいお菓子やパン、


軽食やドリンクなどが食べ飲み放題になっている。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_151032.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1513086.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1513972.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1514872.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1515624.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15242.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_152126.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1521963.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1522761.jpg
















「ザ・プリンスパークタワー東京」のドリンクコーナーには、


私が大好きなドイツの高級ブランド


ロンネフェルトの紅茶が置いてあって、


個人的にそこもポイントが高いw。


ワインやウイスキーは17時半以降じゃないと出ないが、


ビールなどはカフェタイムから飲み放題で常備されている。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1544333.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_156187.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_156987.jpg














優雅なカフェタイム。ふー。


ちなみに、クラブフロアのイチゴのデニッシュがとても美味しい。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1571115.jpg















クラブフロアゲストルームはこんな感じ。


残念ながら東京タワー側の部屋は取れなかったが、


それでも朝は富士山が遠くに見えて、中も広々としてる。


ちなみに、年末年始は金額が通常のクラブフロア料金の2.5倍くらいになるが、


それでも食事含めてかなりの恩恵があるので、自分へのお年玉としてw。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15103789.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15105511.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1511473.jpg














いい感じに夕方になってきたので、


歩いて増上寺へ行き、初詣


お賽銭前も溢れかえるくらいの行列を覚悟していたが、意外と空いててビックリ。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15123514.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15125550.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1513575.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15131635.jpg














になった。


夜の東京タワーも美しい。凛としている。


こんな綺麗なタワーをずっと見れるのだから、クラブフロアはありがたい。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15152485.jpg
















17時半~19時半まではカクテルタイムで、


クラブフロア専属のシェフが出てきて、


焼き立てのステーキなどが振る舞われる。


お酒もワインやウイスキーなど各種アルコールが揃う。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15183475.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15191940.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15194299.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15195343.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15201061.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15204042.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15205155.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1521191.jpg















赤ワインを飲みながら、ステーキや軽食をいただく。


色々とつまんでると、かなりお腹いっぱいになるので、夕食も食べれてしまう。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15221674.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1522262.jpg














19時半~10時まではナイトキャップとなり、


アルコールにチョコやデザートなどお休み前のちょっとした飲みタイムになる。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1524327.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15244516.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15245342.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_152555.jpg















20時以降は、東京タワーが変化するらしい。


こんなカラーになってるとは・・・、知らなかった。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15231943.jpg
















になった。


次の日もよく晴れて、今日も東京タワーが美しい。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15263287.jpg
















7時~10時までがブレックファストタイム


朝食もクラブフロア専属シェフが出てきて、


卵料理だけでなく、なんと朝からステーキを焼いてくれる。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15282132.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15283851.jpg
















「ザ・プリンスパークタワー東京」のクラブフロアの朝食は、


すごく内容が充実してて、種類も豊富で、とても素晴らしい!


よくあるホテルの朝食メニューはもちろんのこと、


湯葉のキャビア乗せ、鯛のオーブン焼き、煮込みハンバーグまで揃ってる。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15305260.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15313062.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15314069.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15315556.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15321181.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15322179.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15323944.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15325323.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1533215.jpg















朝食をモリモリ食べて、良い一日を。


チェックアウトが12時でゆっくりできるので、


ご飯食べた後に、地下の天然温泉でお風呂に入る、なーんて贅沢も可能!


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1536533.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15361248.jpg










旅のためだけのホテルではなく、


都内に住んでてもたまには気分を変えて


あえて都内のホテルでのんびりとするのもいい。


2020年、良い年になりますように。











■「ザ・プリンスパークタワー東京」
https://www.princehotels.co.jp/parktower/











by meshi-quest | 2020-01-07 08:08










懇意にさせてもらっている日本料理店「中目黒ないとう」さんで、


私の中で毎年恒例行事になりつつある、美味しいお正月料理をいただく。


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_13375173.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_1338268.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_13381598.jpg















人がいっぱいいる時には家で作るが、


お正月料理で使う食材や品数を考えると、


本当に美味しいものを少しづつプロに作ってもらって、


それをゆっくり楽しむのがお初月の贅沢として一番いいな、と最近思う。


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_13382866.jpg














まずは、迎い酒を一口。


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_13445480.jpg















1品目は、梅茶碗蒸し


具は無くシンプルだが、出汁が効いてて、すごく美味しい。


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_1346044.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_1346236.jpg















毎年新年に取っておいてもらっている


私が大好きな日本酒「東洋美人壱番纏」を。


口に含んだ瞬間は芳醇な味がして、でもスッと切れてくれて、すごく飲みやすい。


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_1344287.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_13441374.jpg
















2品目は「中目黒ないとう」さんの名物の自家製胡麻豆腐


胡麻が強すぎずまろやかで、唯一無二の胡麻豆腐。


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_13493410.jpg
















3品目はとらふぐのから揚げ。


ふぐは淡白なのでなんか物足りなさがあることが多いが、


これは下味がしっかり付いてるので、お酒にも合う。


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_13503931.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_13505620.jpg















4品目は、海老芋白味噌椀


白味噌、ホント体に染みるなあー。


江戸っ子なので、元々は白味噌に馴染みがないんだが、


京都とか出張で行くことが増えて、俄然白味噌が好きになった。


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_1475790.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_148789.jpg















5品目は、お造り


本日のお造りはクエ。歯ごたえと旨味があって、美味しい。


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_149917.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_1492732.jpg















6品目は、最後の最後の香箱ガニ


狩猟制限があり12月末までの香箱ガニだが、


この日のために最後のカニを取っておいてくださった。ありがたや!


香箱ガニの盛り付けはお店によって個性が出て面白い。


「ないとう」さん香箱は、


左側に外子、右側に身と内子を混ぜた、かわいい盛り付け。


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_1415579.jpg
















7品目は、豪華な八寸


車海老の芝煮、梅人参、ちしゃとう(茎レタス)、


さわらの西京焼、たけのこ、蛸のやわらか煮、


サンタバーバラのミニ雲丹丼


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14175239.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14181084.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14181824.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14182520.jpg
















「東洋美人壱番纏」を飲み切ってしまったのでw、次なる日本酒を吟味。


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14211846.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14213376.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14214160.jpg















色々悩んで、新政No.6仙禽一聲に。


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14221095.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_1423213.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14233280.jpg














8品目は、「ないとう」さんのスペシャリテ、


気仙沼の揚げフカヒレ


餡には蒸しアワビ香箱ガニが使われてて、


めちゃくちゃ美味しい!!


久しぶりにすごく美味しいフカヒレをいただいたなあ。


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14292151.jpg
















9品目は大きな大きな松葉ガニの炊き込みご飯。


こんな大きな松葉の炊き込みは初めてw。


カニ味噌もたっぷり入って、ご飯というより、ほぼカニ味噌w。


お正月ならではの贅沢なご飯だー!


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_1425446.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14252598.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14253617.jpg















さらに、ここで名物のカニクリームコロッケ登場。


味噌汁も香箱から出汁を取ってて、カニ尽くし!!


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14272142.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_1427336.jpg


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14274216.jpg
















10品目のデザートは抹茶の生菓子。


お抹茶もいい香りで美味しい。


今年も本当に素晴らしいお正月料理をいただけて、幸せ。


良い年になりますように。


中目黒「中目黒ないとう」へ行く。_f0232060_14312167.jpg












■「中目黒ないとう」
http://www.nakamegurokoukashita.jp/shop/shop_detail.php?id=44




















明けましておめでとうございます。


2020年、令和2年になりました。











・・・というか、「2020年になったようですね」が本音で(笑)、


年末のご挨拶にも書かせていただいた通り、


結局、色んなものと戦いながら年をまたいだので、


地続きで、年が明けた気が全くしていない今日この頃です。













皆さんは、どんな年末年始を迎えられましたでしょうか。












私は地続きになりそうなのが分かっていて、


気分的に家に籠ってるのは嫌だったので、


年始に都内のホテルにエスケープしていました。


東京タワーが目の前に見える場所で、


その様子はまた後ほどの「メシクエ LV34」でも書かせていただくとして、


今年は東京五輪もあるので、


東京タワーを見ながら新年を過ごしたいなと思ってました。


よく晴れたので、大きくて、綺麗な東京タワーが見れました。


2020年 年始のご挨拶_f0232060_13233358.jpg
















初めて増上寺という都内でも有名なお寺に行き、初詣をしてきました。


東京タワーのオーラがすごかったです。


2020年 年始のご挨拶_f0232060_13271567.jpg














毎年占ってもらっている占い師さんによると、


今までの場所から飛び出て、今年の私は未知の世界へ冒険に出る年になるようで、


これまでもずっと冒険続きで、


そろそろ宿屋で寝たい気分なんですが(笑)、


なんだかまた冒険が用意されている人生のようです。













今年も「メシクエ LV34」をご覧いただき、ありがとうございます。


皆さんが毎日読んでくださることが、本当に励みになっています!


口コミでも「メシクエ」を広めていただけてるようで、


日々来てくださる方が増え、とても嬉しいです。


今年もいっぱいメシクエストをしていく予定ですので、


どうぞ応援をよろしくお願いします。










2020年1月6日



成沢理恵













by meshi-quest | 2020-01-06 08:07
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン