<   2020年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧










2019年の年末に発表した


「メシュラン2019」でベストレストランに選ばせていただいた


京都・柳馬場通りにある西京漬け専門店「一の傳」本店へ。


京都にはいっぱいお店があるんだが、


やっぱり京都に来たら、ここの西京焼きを食べないと始まらない!!


というわけで、東京から予約をして、新幹線降りて荷物持ったまま直行w。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_1413471.jpg
















今日はちょっと空いてるようで、


2階の4名席の座敷を1人で使わせてもらった。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14151763.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14152925.jpg















京都の老舗「一保堂茶舗」「滴露」という玉露(500円)。


美味しいお茶を飲んで一息つく。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14171474.jpg
















お料理は1コース(抹茶付き4,250円)だけで、


まず1品目は「一の傳」の「一」の漢字をかたどった器に乗ってる


京前菜の盛り合わせから。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_1421280.jpg
















堀川牛蒡の茶碗蒸し、ふぐ皮の白子和え、九条ネギと北寄貝のぬた、


鮪寿司、からすみ大根、干し柿とチーズの酒盗漬けなど。


ランチからお酒も飲めるようになってるので、酒の肴にもなる前菜。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14234295.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14235082.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14235610.jpg















2品目は、海老芋白味噌椀


柔らかく炊いた海老芋と、京都の美味しい白味噌との組み合わせ。


ほんのり柚子も効いてて、白味噌ホント美味しいなー。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14261558.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14262640.jpg















3品目は蕪蒸し


冬の京都に来たら、ぜひ食べたい一品。


蕪ってこんなに甘くて美味しいのかと改めて感動。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14274487.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14275675.jpg
















4品目はメインディッシュの銀だら蔵みそ焼き


「一の傳」秘伝の西京味噌に漬け込まれた絶品銀だら。


1階のショップでも買えるのだが、


味噌焼きは焼き方も大事で、やっぱりお店で食べるのはひと味違う!


「一の傳」の銀だらは、私の最後の晩餐の候補の1つだ。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14304956.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14313561.jpg















丹波産こしひかりの土鍋炊きご飯。


西京焼きに合うような厳選されたお米と、水加減と、炊き方。


すごく軽くて、どんどん食べれてしまう。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14335494.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_1434254.jpg















5品目は「一保堂」の抹茶とデザート。


柚子のジュレを掛けたブランマンジェ


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14351170.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14351789.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14352543.jpg











ああ、何度食べても「一の傳」の銀だらは最高!


最近、京都到着と共に、我慢できずにその足で銀だら食べに行くパターンが多いw。


なお、ランチは完全予約制で、フラッと行って入ることは出来ないので、


必ず予約専用電話から事前予約を。







■「一の傳 本店」
http://www.ichinoden.jp/









by meshi-quest | 2020-01-22 08:08 | 旅行_国内







京都の観光名所・二条城の近くにある


人気デザインカフェ


「SONGBIRD COFFEE ソングバードコーヒー」へ。


駅からもやや遠い場所にあるが、


開店前から外に行列が出来ている人気っぷり。


京都・二条城「ソングバードコーヒー」へ行く。_f0232060_1738438.jpg


京都・二条城「ソングバードコーヒー」へ行く。_f0232060_1739345.jpg














2階がカフェで、3階がデザイン家具のショップになっている。


京都・二条城「ソングバードコーヒー」へ行く。_f0232060_1740946.jpg













人気の巣ごもりカレー(980円)をいただく。


「ソングバード」の店名通り、鳥の巣のようなかわいいカレー。


京都・二条城「ソングバードコーヒー」へ行く。_f0232060_17423090.jpg


京都・二条城「ソングバードコーヒー」へ行く。_f0232060_1744892.jpg













カレーは欧風スパイシーだが、


辛くなくて、玉ねぎたっぷりで、むしろ甘みがある。


真ん中の玉子を割って、黄身と一緒に食べると、よりまろやかになる。


京都・二条城「ソングバードコーヒー」へ行く。_f0232060_17443090.jpg


京都・二条城「ソングバードコーヒー」へ行く。_f0232060_17444021.jpg












食後に、これまた人気のチーズケーキを。


レアチーズケーキのようなしっとりとしてて、美味しいチーズケーキだった。


京都・二条城「ソングバードコーヒー」へ行く。_f0232060_17461950.jpg


京都・二条城「ソングバードコーヒー」へ行く。_f0232060_17464097.jpg


京都・二条城「ソングバードコーヒー」へ行く。_f0232060_17462940.jpg









昼はかなり混むので、開店の12:00前に並んで待つのがおすすめ。


人気店なので、仕方がないが、あまりゆっくり出来る感じではなく、


待ってる人も見えるので、さっと食べて、少ししたら出る感じになるかな。


デザインカフェで雰囲気いいので、本当はのんびりしたいところだけど。







◼︎「ソングバード コーヒー」
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260203/26013578/








by meshi-quest | 2020-01-21 08:05 | 旅行_国内









「孤独のグルメ」であの井之頭五郎さんも絶賛した


吉祥寺の名店「食事とお酒 カヤシマ」。


ランチが素晴らしいことは以前ここ「メシクエ」でも紹介したが、


カヤシマの本領発揮は夜の居酒屋タイムにある。


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14111392.jpg


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14113278.jpg














すでに奥は居酒屋タイムを堪能してる常連のオジサマ方で満席、手前の席に座る。


喫茶店なのだが、充実した居酒屋メニュー。そして、安い!!


昼もワクワクセットがあるが、夜もワクワクメニューがある。


どこまでワクワクさせてくれるんだ、この店は!


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14185329.jpg


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_1419334.jpg


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14153049.jpg


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14161676.jpg















しかも、ハンバーグやナポリタンなど昼の喫茶店メニューが、


夜はハーフサイズとして、酒のつまみで出してくれる。


これは神がかったありがたいシステム!


夜に来ると、昼以上の楽しめてしまうw。


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_1418189.jpg














では、喫茶店で乾杯w


ちゃんと貝ヒモもお通しも出してくれる。


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14195372.jpg


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14204298.jpg


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14205071.jpg














ほうれん草とベーコンのバター醤油炒め。


ボリュームたっぷりで、濃厚でお酒が進む味。


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14213590.jpg
















牛タン入りのつくね串と若鶏のから揚げ


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14224455.jpg


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14225162.jpg















昼の人気メニューもハーフサイズでおつまみとして注文可。


ここはやっぱりハンバーグ!!


つまみで喫茶店のハンバーグが食べれるなんて贅沢だー。


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14234818.jpg
















ピラフカレースパゲッティーも。


スパゲッティーのカレーはランチよりやや辛め設定。大人用かな?


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14245268.jpg


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_1425046.jpg













手作りコロッケに、カツ煮


茶色のモノが実にいい味出してて、絶品。


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14262097.jpg


吉祥寺「食事とお酒 カヤシマ」へ行く。_f0232060_14263394.jpg










ちゃんと作ってくれるので、どれもとても美味しく、


メニューも豊富で、しかも安い。


こりゃ、普通の居酒屋行くよりもずっと夜カヤシマの方がいいなあ。


吉祥寺の最強ランチ店でもあり、最強居酒屋







■「食事とお酒 カヤシマ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13040521/










by meshi-quest | 2020-01-20 08:08 | 吉祥寺







懇意にさせてもらっている


料理が美味しい人気居酒屋「オクワ酒屋」で食事。


1人でフラッと来れて、家庭的な料理から居酒屋料理、エスニックメニューまで、


その日の気分で好きなモノを注文できる気軽さがいい。


まずは、名物のオクワのポテサラ


ポテサラというより、手作りコロッケの中身を食べてる感じで、


大人から子供まで絶対好きな味。


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_140113.jpg


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_140956.jpg















結構長らくオクワさんにはお邪魔してるが初めて見たフムス


トルコの前菜には必ず出てくるひよこ豆のペースト。


トルコ行ったときにハマって、店で見かけるとつい注文するのだが、


すごく美味しく出来てる!!いいフムスだった。


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_1422194.jpg


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_1423573.jpg















私のお気に入り、レンコンのアンチョビバター。


レンコンの価値観が変わるくらい美味しいのでw、必食。


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_1434547.jpg
















ギリシャ風オムレツ


たっぷりの自家製トマトソースとフェタチーズを使って、


ふわふわとろとろに作られたスクランブルエッグっぽいオムレツ。


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_1453242.jpg















最後もお気に入りの台湾水餃子


個人的にオクワさんの水餃子がどこより一番好きかも。


水餃子自体もさることながら、自家製ラー油タレが絶品。


好きなものを好きなだけ食べる幸せ(ほぼ茶色w)。こりゃ、たまらん。


吉祥寺「オクワ酒屋」へ行く。_f0232060_1473974.jpg










■「オクワ酒屋」
http://ameblo.jp/okuwa-zakaya/









by meshi-quest | 2020-01-19 08:07 | 吉祥寺








知り合いから勧められた真鯛ラーメン「麺屋翔 みなと」へ。


西新宿「麺屋翔 みなと」へ行く。_f0232060_0374036.jpg


西新宿「麺屋翔 みなと」へ行く。_f0232060_0375783.jpg


西新宿「麺屋翔 みなと」へ行く。_f0232060_0381173.jpg















つけ麺とか鶏そばとかもあるようだったが、


ここは一番人気の真鯛の塩ラーメンにいく。


西新宿「麺屋翔 みなと」へ行く。_f0232060_0401463.jpg
















想像のななめ上を行く真鯛で、


口の中で2匹くらい真鯛が泳いでる感じ。


もっと薄いのかと思ったら、ガッツリ真鯛だった。


決してまずくはなく、美味しい出汁だと思うが、


少しでも真鯛気分じゃないと、


全身が真鯛と真っ向対決することになる。


そしてこの日は100%真鯛ではなかったので、ちょっと波に乗れなかった。


低温調理されたチャーシューとつくねと半熟卵は美味しかったな。


西新宿「麺屋翔 みなと」へ行く。_f0232060_0431446.jpg


西新宿「麺屋翔 みなと」へ行く。_f0232060_0432487.jpg















女性にだけ杏仁豆腐のサービスがあった。


女性で良かった。


西新宿「麺屋翔 みなと」へ行く。_f0232060_0444961.jpg











■「麺屋翔 みなと」
https://www.menya-syo.tokyo/minato









by meshi-quest | 2020-01-18 08:06 | 新宿






大好きな福島博志シェフの創作フレンチ


「Hiroya ヒロヤ」でお一人様贅沢カウンターディナー。


カウンターの横がキッチンなので、


シェフと一番話しやすいカウンターの端っこが「Hiroya」での私のお気に入り。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20311453.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20314628.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_2032964.jpg













まず1品目は柔らかい牛タンのサラダ仕立て。


こんなに厚切りなのに、めちゃくちゃ牛タンが柔らかくて驚いた。


牛タンもものすごく美味しいし、サラダ仕立てなので軽く食べれる。絶品。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_2033334.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20344473.jpg













2品目は海老カリフラワーのさっぱりとした温菜。


本当に海老とカリフラワーなのだが、


カリフラワーは調理法を変えたものを混ぜ合わせてたり、


素材はシンプルでも、シェフのマジックが施されてて、これもとても美味しい。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20382218.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20383559.jpg













3品目はホタテ大根のフリット。


大粒のホタテを大根で巻き込んでフリットにし、アボカドのソースといただく。


揚げ方も上手で、大根の効果もあり、フリットなのに軽く食べれる。


上にも大根とカイワレが乗ってて、大根が裏ボス。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20415098.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20425528.jpg













4品目の魚料理は、マサバの炭焼き。


本日いいサバが入ったとのことで、オススメの炭焼きをいただいたが、


炭焼きもいい香りで、サバも脂乗ってて、とても美味しかった。


サバと共に自家製からすみも付け合せられてて、ワインが進む。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20462164.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20465446.jpg












5品目のメインデッシュは、蝦夷鹿のロースト。


臭みは全くなく、柔らかくて上品で美味しい赤身。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_205147.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20513764.jpg












ちょっと休肝して、ノンアルコールを。


すごく香りが良い、まるで白ワインかのようなぶどうジュース


このジュース、美味しいなあー。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_205356.jpg













6品目は、シェフにお任せのパスタ


メインディッシュで使う美味しい熊本赤牛をたっぷり使った


牛肉のクリームパスタ。


山椒が効いているので、牛でクリームなのに、全然重くなく、ペロッと食べれる。


本当にいつお邪魔しても「Hiroya」は外れなく美味しいもの出してくれて、


それでいて、見た目にも美しく、驚きもあって、素晴らしいお店。


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_20564174.jpg


外苑前「Hiroya ヒロヤ」へ行く。_f0232060_2057325.jpg









■「Hiroya ヒロヤ」
https://tokyo-calendar.jp/restaurant/721















吉祥寺の井の頭公園口にある、


美味しいパン屋併設ビストロ


「Boulangerie Bistro EPEE ブーランジュリー・ビストロ・エペ」でディナー。


奥にパン焼き釜とパン屋さんがあり、店内は香ばしいいい香りに包まれている。


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_16194098.jpg


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_16213095.jpg


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_16223137.jpg













洋梨の白ワインサングリアをいただく。


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_1623937.jpg


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_16232823.jpg













ディナーはいろんな種類のパンがサービスで付いてくる。


料理に合わせて、スタッフの方がベストのパンを選んで持ってくる。


本日はゴマのパンカンパーニュ


美味しいパン食べ放題なのが、嬉しい。


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_16252192.jpg













24ヶ月熟成の生ハムとトリュフサラミ、


イベリコ豚のチョリソーに、チーズはコンテ、カマンベール。


生ハムとチーズ、美味しいーーー!!


お酒のつまみや料理が充実していて、


ご飯を食べるビストロというより、お酒を楽しむという感じ。


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_1631252.jpg












産直野菜のロースト。


さつまいも、レンコン、カブなど、冬の根菜がメイン。


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_20161126.jpg












ジャガイモチーズのグラタン。


ワインにピッタリの温菜。


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_20175614.jpg












豚肩肉のコンフィ。


柔らかく、ホロっと身がほどける。


女性も一人で入りやすい、お酒とパンが好きな大人のビストロ。


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_20191580.jpg


吉祥寺「ブーランジュリー・ビストロ・エペ」へ行く。_f0232060_2019296.jpg










■「Boulangerie Bistro EPEE ブーランジュリー・ビストロ・エペ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13159064/









by meshi-quest | 2020-01-16 08:07 | 吉祥寺







吉祥寺の中道通り商店街から1つ路地に入ったところにある


コーヒー専門店「COFFEE TALK」でランチ。


吉祥寺「COFFEE TALK」へ行く。_f0232060_13104676.jpg


吉祥寺「COFFEE TALK」へ行く。_f0232060_13111558.jpg












ランチはサンドウィッチやクロックムッシュの他、


1種類だが、パスタランチ(1250円)があって、


美桜鶏八丁味噌クリームソースパスタが


濃厚でクセになる味で美味しい。


鶏むね肉としめじと玉ねぎがたっぷり入ってて、具だくさん。


ランチはミニサラダとドリンクも付く。


吉祥寺「COFFEE TALK」へ行く。_f0232060_1314188.jpg


吉祥寺「COFFEE TALK」へ行く。_f0232060_13153490.jpg


吉祥寺「COFFEE TALK」へ行く。_f0232060_13154833.jpg












食後のドリンクはカフェオレで。


コーヒーの味はすごく好きなのだが、


昔からエスプレッソ自体は減らさないと飲めなくて、


コーヒーの量半分のミルク多めの特別仕様。


コーヒーもとても美味しい。


吉祥寺の雑踏を窓から眺めながら、静かにコーヒーを楽しむ。


吉祥寺「COFFEE TALK」へ行く。_f0232060_13182352.jpg










◼︎「COFFEE TALK」
https://www.facebook.com/Coffee-Talk-899672296747895/









by meshi-quest | 2020-01-15 08:07 | 吉祥寺








吉祥寺で地元の人に長年愛されている


フレンチレストラン「ガロパン」でランチ。


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_1336646.jpg


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13361998.jpg
















お隣にあるカジュアルビストロ「トークバック」の姉妹店で、


「ガロパン」の方が値段も、内容も少し「トークバック」よりも上なので、


客層も子供連れや若い人はあまりいなくて、マダムなど年齢層高め。


前菜、スープ、パスタ、メイン、デザートが付くコースを注文。














まずは前菜の盛り合わせ。


ほうれん草のキッシュ、豚ほほ肉のリエット、イカのマリネ。


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13442449.jpg


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13444315.jpg


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13445346.jpg















必食の「日本一のガーリックトースト」


別注でプラス200円だが、ガーリックバターが濃厚で、


一食の価値のあるガーリックトースト。


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13462876.jpg


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13464224.jpg















スープはミネストローネ


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_134784.jpg


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13471693.jpg
















「ガロパン」はフレンチレストランとなってるが、パスタも出る。


パスタは数種から選べて、通常よりプラス料金はかかるが、


イタリアンポルチーニのクリームパスタを注文。


クリームが濃厚で好みの味。パスタの茹で加減もちょうどいい。


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13492365.jpg


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13493021.jpg















メインディッシュも数種から選べて、


若鶏の香草マスタード焼きを注文。


これもかなり濃厚。ワインが飲みたくなる味。


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13502654.jpg


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13503696.jpg















最後のデザートは3種盛り合わせ。


抹茶のシフォンケーキと、木苺のムース、白桃のシャーベット。


値段に対してボリュームもあるので、土日はすごく混んでいるが、


吉祥寺でしっかりと安定した味のランチをいただけるレストランの1つ。


吉祥寺「フレンチレストラン ガロパン」へ行く。_f0232060_13525195.jpg










■「フレンチレストラン ガロパン」
http://talkback.jp/Galopin/









by meshi-quest | 2020-01-14 08:06 | 吉祥寺







大正十年創業の老舗とんかつ屋「王ろじ」でランチ。


新宿三丁目「王ろじ」へ行く。_f0232060_22254443.jpg













「王ろじ」に来ると、いつもは素直にとんかつ定食を食べるのだが、


この日は珍しくとん丼(カツカレー)をいただくことに。


新宿三丁目「王ろじ」へ行く。_f0232060_22275117.jpg













「王ろじ」の丸い器に入ったとん丼はホント独特。


見た目もさることながら、燻したような、何というか大人な味のカレー。


カレー単体で食べるカレーではなく、


まさにカツと合わせるためのカレーソースというか、そんな味。


そういう意味では、カツもカレーも変に主張せずに一体化してる感じ。


新宿三丁目「王ろじ」へ行く。_f0232060_22312533.jpg













ちなみに、豚汁(450円)は別注。


注文が入る度に豚バラベーコン玉ねぎを炒めて、


麹味噌で味付けしているという豚汁もすごく個性的。


なかなかいいお値段の豚汁ではあるが、一食の価値はある。


新宿三丁目「王ろじ」へ行く。_f0232060_22342171.jpg









◼︎「王ろじ」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13000860/










by meshi-quest | 2020-01-13 08:06 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン