<   2018年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧









ミュシュラン2ツ星の都内有数の予約困難店、


東麻布「鮨 天本」で食事。


この予約困難店の予約を2つも獲得するという


鮨の神様からのとんでもないご加護を受け、本日その2つのうちの1つめ。


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15434326.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15435776.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15443182.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15444169.jpg












本日、大将天本さんの目の前というアリーナ席。


天本さんの仕事を見ながら、美味しいつまみと日本酒を堪能。


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15473066.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_1547447.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15484762.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_1547552.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_1548835.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15482360.jpg












中でも北海道羅臼の無洗白子と、


対馬あかむつのしゃりご飯、めちゃくちゃ美味しかったな。


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15501282.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15502389.jpg












にぎりも素晴らしかった!


寒ブリも、サワラも、ウニも、穴子も絶品。


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15532175.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15534171.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15535385.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_1554368.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15541859.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15543256.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15544178.jpg













特にカワハギは美味しかったなあ。


ネタとしゃりの間に肝が挟んであって、濃厚だった!


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15552853.jpg













あと、私が普段だとそこまで積極的に食べない、


とこぶしほっきのにぎりも、驚くほど美味しかった。


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15563791.jpg


東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15564759.jpg











相変わらず、本当にすごい鮨屋さん。








■「東麻布 天本」
http://higashiazabuamamoto.com/









■今日のカメ

■「鮨 天本」
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15435776.jpg
大江戸線「赤羽橋駅」から徒歩5分ほど。東京タワーのすぐ近くにあります。








■店内の様子
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15443182.jpg
カウンター8席ほどの小さな店内です。すごく落ち着きます。









■テーブルセット
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15444169.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■天本さんの目の前で。
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15473066.jpg
本日は、大将天本さんの目の前の席で食事。天本さんとはお友達でもあるので、色々と話をしたり、にぎってる姿を見ながら食べれるのが楽しい。







■日本酒①
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_13225075.jpg
奈良県今西酒造の「みむろすぎ」。飲みやすい!









■つまみ①
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_13241349.jpg
福岡県糸島のもずく。









■つまみ②
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_13251869.jpg
福岡県姪浜の真鯛。









■つまみ③
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_13261251.jpg
北海道厚岸のつぶ貝。









■つまみ④
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_132707.jpg
佐島のたこ。









■つまみ⑤
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_1547552.jpg
福岡の赤ナマコ。ナマコはそんなに好きじゃないのですが、このナマコは食べれる!臭みなく、すごくコリコリとした食感がいい感じ。








■つまみ⑥
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15484762.jpg
茶碗蒸しの上に、このこ(ナマコの卵巣)が乗っています。









■日本酒②
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_1547447.jpg
福島県曙酒造の「天明」。









■つまみ⑦
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15501282.jpg
北海道羅臼の無洗白子。上には田中農場の濃厚な卵黄がかかっています。めちゃくちゃ美味しい!








■つまみ⑧
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_1333571.jpg
スルメイカの塩辛。









■つまみ⑨
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_1548835.jpg
氷見の迷いガツオ。カツオというより、上品なマグロを食べているような感じ。これもすごく美味しい。









■日本酒③
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15482360.jpg
京都松本酒造の「まつもと」。田んぼのIDが書かれていて、どこの田んぼの米で作ったかわかるようになっている。田んぼによって、味が違うらしい。








■つまみ⑩
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15502389.jpg
長崎対馬の赤ムツ。下にはシャリが敷いてあって、赤ムツの脂がシャリに染みてて、とても美味しいです。








■にぎり①
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11285811.jpg
青森大間のヒラメ。上にはエンガワが乗ってます。









■にぎり②
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15532175.jpg
対馬の寒ブリ。









■にぎり③
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11304460.jpg
有明海佐賀こはだ。









■にぎり④
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_1131399.jpg
11日間寝かした銚子黒ムツ。









■にぎり⑤
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11332079.jpg
銚子のキンメ。










■にぎり⑥
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15552853.jpg
三浦半島鴨居のかわはぎ。中に肝が入ってて、すごく美味しい。









■日本酒④
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11352443.jpg
福岡県白糸酒造「田中六五」。










■にぎり⑦
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11374569.jpg
宮城県金華湾の金華サバ。










■にぎり⑧
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11383527.jpg
86kg大間釣りマグロのづけ。









■にぎり⑨
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_113953100.jpg
大間の中トロ。









■にぎり⑩
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11403428.jpg
大間の大トロ。










■にぎり⑪
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_1141768.jpg
東京湾のスミイカ。









■にぎり⑫
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11414312.jpg
さわらの松前漬け。









■にぎり⑬
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11421882.jpg
青森県ムラサキウニ。









■日本酒⑤
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11431147.jpg
広島県宝剣酒造「寳劔」。









■にぎり⑭
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11454061.jpg
プリプリのいくら。









■にぎり⑮
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11462092.jpg
蒸し海老。









■お椀
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11471066.jpg
出汁が効いてる赤だし。









■にぎり⑯
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11475587.jpg
対馬の穴子。









■にぎり⑰
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15563791.jpg
宮城県七ヶ浜のとこぶし。









■にぎり⑱
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11491833.jpg
石巻の赤貝。









■にぎり⑲
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_15564759.jpg
長万部のほっき。









■にぎり⑳
東麻布「鮨 天本」へ行く。_f0232060_11502416.jpg
鮨屋のデザート、甘味ある玉子。








懇意にさせていただいているフレンチビストロ「organ」で食事。


17時からオープンしているので、


ちょっと遅めの昼食、かつ、ちょっと早めの夕食にも対応してもらえる。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1551872.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1552985.jpg












こんな変な時間に食事に行くのは私くらいかと思ったら、


オープン同時にカウンターは満席。


その他のテーブル席はすべて予約でいっぱいの大人気。


まずは、いつものゲヴェルツトラミネールと、


ウォッシュチーズ「マンステール」で乾杯。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1585763.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1595727.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1510872.jpg













好きなものを好きなように注文。


どのメニューも美味しそうなので、いつも迷う。


私がいっぱい食べたい派なのを知ってくれてるので、


かなり多めに注文しても、ちゃんと量を調整して、


色々と食べれるようにしてくれるのがありがたい。











1品目は、対馬マグロ紫蘇のマリネ。


コクのあるマグロの周りに紫蘇が巻かれていて、いい香り。


緑のソースは春菊、黒はブラックオリーブ、


さらにスモークしたヨーグルトもかかっている。


見た目にも美しく、独創的で、すごく「organ]らしい料理。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_15173232.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_15174547.jpg













2品目は、とアボカド、根セロリ、ズッキーニのカネロニ。


蟹やアボカドなど濃厚な具材をズッキーニで巻いた冷菜。


ソースに爽やかな多数のハーブを使っていて、


このソースがめちゃくちゃ美味しい。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1520359.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_15204734.jpg












3品目は、私の大好物の炙り鯖とじゃがいもの料理。


厚切りの炙り鯖がめちゃくちゃ脂が乗ってて、


甘味あるじゃがいもとの相性も抜群。絶品。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_15241996.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_15243388.jpg












ここで赤ワインに切り替え。


おすすめの「BURUTAL!!!(ブルタル)」という


個性的なイタリアビオワインを。


ガイコツが酸化防止剤の「SO2」を切ってるw。


インパクトあるエチケットに負けないくらいの超個性的な味だった。


酸味が少なく、華やかで、結構、好みの味。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_15275111.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1528861.jpg














4品目は、トピナンヴールのポタージュ。


日本で言う菊芋を使ったポタージュで、


上に柿やミントが乗っていて、すごく爽やかで飲みやすい。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_15295771.jpg













5品目のメインディッシュは、前菜に魚が多かったので、肉を。


山形県産三元豚のロースト。


塩麹の風味が付いていて、柔らかく、旨味が凝縮されている。


付け合わせの野菜も甘くて、美味しかったな。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_15321223.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1532206.jpg













1人でフラッと来ても、なんかパーティで食事をしているような、


そんな華やかで、楽しくて、嬉しい気分になれる。


相変わらず、私の中で最高峰のビストロ。









■「organ オルガン」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/13419.html







by meshi-quest | 2018-01-10 08:08 | 西荻窪





 


懇意にさせてもらっている裏原ビストロ「kiki キキ」でランチ。


お気に入りの梅とマリアージュフレール「マルコポーロ」を合わせた、


「kiki」オリジナルの真っ赤なドリンクと共に。これ、大好き。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_14221967.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_14223362.jpg













1品目は、甘くない苺クレープ


もち粉を使ったクレープの中に、スクランブルエッグと、上には紅ほっぺ。


可愛らしいデザートのようだけど、甘くなくて、ちゃんと食事クレープになってる。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_14252027.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_1425314.jpg













2品目は、ほたてのカダイフ巻


大きくて甘い北海道産ほたてを丸ごとカダイフでサクッと揚げた一品。


スープは、静岡県のお茶とあさりの出汁を合わせたもので、


洋風のお茶漬けのような感覚でいただける料理。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_14281085.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_14282297.jpg













3品目は、柑橘のカプレーゼ


愛媛の賢太郎みかん、青トマト、フェタチーズに、


ラタトゥイユの野菜を使った濃厚なソースがかかってて、めちゃくちゃ美味しい。


「kiki」のコースには、必ず新鮮な野菜や果物がたっぷり取れる


サラダメニューが入っているので、すごく嬉しい。


なかなかこんなに美味しく、たくさん新鮮な野菜や果物を外では食べれない。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_14314710.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_14315992.jpg












メインディッシュは、鴨肉のロースト


ソースには、15年熟成させた日本酒と醤を使って、


ほのかに醤油の香りもし、キレの良い甘さで美味しかった。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_14335650.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_14341278.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_14342963.jpg











ちなみに、メインディッシュにはカキフライ付きとなっているのだが、


このフライ、柿フライになっていて、ほのかに甘みがあり、すごく美味しい。


以前、「kiki」ではイチジクのフライや天ぷらもやっていたが、


果物は意外と揚げ物になることを「kiki」で知った。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_1436542.jpg











ここまででコースは終了で、あとはお好みでデザートに行くのだが、


私はここでお好みとして、メインディッシュにまた戻ることにしたw。


なんか気になった一品料理、豆腐ハンバーグ


ちょうど肉が挽きたて&ネタも作りたてで美味しいと聞いたので、注文。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_1440118.jpg











フワフワで、ちゃんと肉の味もしっかりしていて、


食べ応えのある豆腐ハンバーグ。


チーズもたっぷりかかってて、今まで食べた豆腐ハンバーグの中で一番かも。


シェフの野田さんが一口ライスを用意してくれた。


やっぱりハンバーグには米が合う。


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_14413218.jpg


原宿「ビストロ kiki」へ行く。_f0232060_14414458.jpg










今年もガンガン通ってしまいそうな予感。


今年も変わらずよろしくお願いします。










■「ビストロ kiki」
http://kikioishii.com/















とあるパーティーにご招待いただき、


老舗高級ホテル「ホテルニューオータニ」のレストラン「SATSUKI」へ。










さすがクラッシックホテルのレストランだけあって、


本当はカジュアルなパーティーではあったのだが、


ズラーッとワイングラスが並んで、やたら緊張感のある食卓となったw。


赤坂見附「ホテルニューオータニ SATSUKI」へ行く。_f0232060_18572218.jpg













1品目は、「白隠元豆と蝦夷豚のアンドゥイエットのテリーヌ」。


エシャレットのヴィネグレットソースが掛かっていて、爽やかな酸味のある前菜。


赤坂見附「ホテルニューオータニ SATSUKI」へ行く。_f0232060_18593100.jpg


赤坂見附「ホテルニューオータニ SATSUKI」へ行く。_f0232060_18593344.jpg













2品目は、「フルム・ダンベール風味のペンネカルボナーラ」。


フランスの青カビチーズ「フルム・ダンベール」の香りがする


かなり濃厚なカルボナーラで、お酒に合う味。


赤坂見附「ホテルニューオータニ SATSUKI」へ行く。_f0232060_1952279.jpg


赤坂見附「ホテルニューオータニ SATSUKI」へ行く。_f0232060_1953580.jpg












3品目は、「優しく蒸し上げた的鯛と帆立のムースリーヌ」。


淡白な白身と帆立に、濃厚で甘みあるマトロートソースを合わせています。


これもワインが進む魚料理。


赤坂見附「ホテルニューオータニ SATSUKI」へ行く。_f0232060_1982367.jpg


赤坂見附「ホテルニューオータニ SATSUKI」へ行く。_f0232060_1983834.jpg












4品目のメインディッシュは、「SATSUKIハンバーグステーキ」。


店名が付いているだけあって、ジューシーで柔らかく美味しいハンバーグだった。


これは、ちょっとご飯が欲しくなる味。


赤坂見附「ホテルニューオータニ SATSUKI」へ行く。_f0232060_19102547.jpg


赤坂見附「ホテルニューオータニ SATSUKI」へ行く。_f0232060_19103840.jpg












5品目のデザートは、「SATSUKIアイスモンブラン」。


アイスの上にモンブランクリームが乗ってるのだが、これはちょっと甘かったかなー。


もう少し甘さ控えめの方が食べやすかったかも。


赤坂見附「ホテルニューオータニ SATSUKI」へ行く。_f0232060_1911548.jpg











自分だと、こういう感じの大型ホテルレストランコースに行くことがあまりないので、


なんだか新鮮だった。








■「ホテルニューオータニ SATSUKI」
http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/satsuki/index.html















去年のクリスマス期間中に、


懇意にさせてもらってる「チクロパノラマキッチン」で、


期間限定の丸鶏イベントがあったので、お邪魔させてもらった。


という話を2017年中に報告できなかったので、ここらで報告したい。











本当に丸ごと丸鶏キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


この丸鶏、ちゃんとマリネされてて柔らかく、


お腹の中にもたっぷりスパイスが入ってて、すごく美味しい!


丸鶏の良いところは、


この1匹で、胸肉、もも肉、手羽、鶏のすべてが楽しめること!


西荻窪「チクロパノラマキッチン」へ行く。_f0232060_1320060.jpg













知り合いも一緒にいたので、丸鶏囲んでプチパーティー。


西荻窪「チクロパノラマキッチン」へ行く。_f0232060_1322654.jpg


西荻窪「チクロパノラマキッチン」へ行く。_f0232060_13221751.jpg


西荻窪「チクロパノラマキッチン」へ行く。_f0232060_13222662.jpg


西荻窪「チクロパノラマキッチン」へ行く。_f0232060_13223425.jpg


西荻窪「チクロパノラマキッチン」へ行く。_f0232060_13224375.jpg












で、翌日


あまりに丸鶏が美味しかったので、


私一人で丸鶏を食べにお邪魔させてもらった。


さすがに一人では丸鶏1匹は厳しいので、特別に半身に。


西荻窪「チクロパノラマキッチン」へ行く。_f0232060_13251824.jpg


西荻窪「チクロパノラマキッチン」へ行く。_f0232060_13252842.jpg







個人的には、デフォルトメニューにして欲しいくらいだけど、


かなり手が込んでて、準備も大変なので、期間限定でも仕方なし。










前菜の盛り合わせも囲んで乾杯。


西荻窪「チクロパノラマキッチン」へ行く。_f0232060_13345183.jpg


西荻窪「チクロパノラマキッチン」へ行く。_f0232060_1335179.jpg


西荻窪「チクロパノラマキッチン」へ行く。_f0232060_1335896.jpg


西荻窪「チクロパノラマキッチン」へ行く。_f0232060_1335219.jpg













ちなみに、この時期にやっている富有柿のフリットは、


その名の通り、富有柿を薄衣で揚げたものだが、これが絶品。


揚げた柿を食べたことがない方はぜひ!驚く味。


西荻窪「チクロパノラマキッチン」へ行く。_f0232060_1337798.jpg











■「チクロパノラマキッチン」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/








by meshi-quest | 2018-01-07 08:08 | 西荻窪








ホテルレストランの良いところは、


当然、ホテルは無休で宿泊客がいるので、いつでも開いている。


正月であっても、受け入れ態勢、バッツグーン。


恵比寿「ザ・ラウンジ」へ行く。_f0232060_036610.jpg













町が静まり返って、どこもお休みしている中、


同じような考えのご飯難民のお客さんがホテルに集まり、


ホテル内のレストランは、どこもかしこも満席。


しばらく待って、ようやく着席。


恵比寿「ザ・ラウンジ」へ行く。_f0232060_1291324.jpg











友達と話をしながら、ちょっと遅めのランチ。


海老のグリルとチコリのサラダ。


クミンなどのカレーっぽいスパイスが海老に効いてて、ワインに合うサラダ。


恵比寿「ザ・ラウンジ」へ行く。_f0232060_1364542.jpg













特製ビーフメンチカツのサンドウィッチ。


さすがホテルのビーフカツだけあって、牛肉の味が濃くて、本格的。


ランチというより、ディナーにもなりそうなサンドウィッチ。


恵比寿「ザ・ラウンジ」へ行く。_f0232060_1402957.jpg


恵比寿「ザ・ラウンジ」へ行く。_f0232060_1403989.jpg













タラバ蟹と帆立貝ラディッキオのクリームソースパスタ。


魚介の味がしっかり出てて、これ、かなり美味しかった。


カニ身も帆立も具だくさんで、好きな味のクリームパスタ。


恵比寿「ザ・ラウンジ」へ行く。_f0232060_1422831.jpg


恵比寿「ザ・ラウンジ」へ行く。_f0232060_143963.jpg










たまには、ホテルレストランランチもいいもんだ。









■ウェスティンホテル東京「ザ・ラウンジ」
http://www.thelounge.westin-tokyo.co.jp/jp/


















お正月と縁遠い日々を送っていた私に、


大将の内藤さんがお正月らしい料理を作ってくれるとのことで、


「中目黒伍燗」へお邪魔した。


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2341749.jpg


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2342861.jpg













ああ、こういう感じ、こういう感じ!


こんな感じが欲しかったw。


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2353619.jpg


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2354571.jpg













そして、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


祝い八寸、登場!!


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2365569.jpg













飾り包丁が入った人参の梅は、ちゃんと梅風味になってたり、


『くわい』って正月らしいけど、煮物はつまらないから揚げてみた!とか、


内藤さんらしいこだわりが散りばめられた八寸になってて、楽しい。


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_238544.jpg


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2391240.jpg


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2392151.jpg













東京ではなかなか食べられない


白味噌&丸餅の関西風雑煮。


東京人だが白味噌大好きなので、


もっと東京で白味噌流行ってくれることを願う。


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23112445.jpg













そして、「中目黒伍燗」では懐石コースの途中で、


1~2貫おつまみとして、いつもにぎり鮨が出てくるのですが、


特別に今日は内藤さんが〆のご飯としてしっかり鮨を握ってくれるということで、


私の2018年の鮨初めは「中目黒伍燗」で幕を明けた!


今年もよろすし!!


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23222084.jpg


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23224189.jpg


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23225074.jpg


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2323355.jpg


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23231054.jpg


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23232665.jpg


中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23233794.jpg










■「中目黒伍燗」
http://www.nakamegurokoukashita.jp/shop/shop_detail.php?id=44









■今日のカメ

■「中目黒伍燗」
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2341749.jpg
東急東横線「中目黒駅」から徒歩5分ほど。駅から続く高架下飲食街の「71番」という番号の場所にあります。









■店内の様子
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23362890.jpg
メインはカウンター6~7席で、小さなアットホームなお店。奥に個室も。









■テーブルセット
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_233839.jpg
本日は、お正月バージョン。









■日本酒①
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2354571.jpg
山口県澄川酒造の「東洋美人」。この日本酒、めちゃくちゃ飲みやすくて、美味しいー。









■1品目
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23454190.jpg
くえのかぶら蒸し。ここ最近食べたかぶら蒸しの中で、一番美味しい。









■2品目
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23462298.jpg
「伍燗」名物の絶品胡麻豆腐。いわずもがな、美味しい。









■3品目
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2365569.jpg
お正月バージョンの「祝い八寸」。









■アップ①
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2391240.jpg
タラの芽の天ぷら、紅白なますなど。









■アップ②
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2392151.jpg
飾り包丁が入った人参や大根、チップスになったくわいなど。くわいは、私も煮たやつはあまり好きじゃなくて、揚げた方が抜群に美味しい。







■4品目
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23112445.jpg
白味噌と丸餅のお雑煮。これもすごく美味しい!









■日本酒②
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23542528.jpg
福島県廣木酒造「飛露喜」。









■5品目
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23564662.jpg
ブリとイカ。










■6品目
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2358062.jpg
さわら味噌幽庵。










■7品目
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_11334467.jpg
フグのから揚げ。下味がしっかり付いてるので、このままで十分。









■8品目
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23584940.jpg
源助大根を炊いたもの。上にはおぼろ昆布。









■日本酒③
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_02753.jpg
宮城県平孝酒造「日高見」。









■鮨初め!
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_035492.jpg
いつもはおつまみの1~2貫のところ、今日は特別にこの鮨ネタでガッツリにぎりを出してくれることに。







■にぎり①
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23222084.jpg
中トロ。









■にぎり②
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23224189.jpg
クエ。









■にぎり③
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_083464.jpg
シマアジ。









■にぎり④
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23225074.jpg
寒ブリ。










■にぎり⑤
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_010237.jpg
アオリイカ。









■にぎり⑥
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_2323355.jpg
ズワイガニ。









■にぎり⑦
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23231054.jpg
こはだ。









■にぎり⑧
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23232665.jpg
ウニ。









■にぎり⑨
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_23233794.jpg
赤ムツの炙り。









■お椀
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_012850.jpg
カニの赤出汁。









■デザート
中目黒「中目黒伍燗 (ごかん)」へ行く。_f0232060_0125080.jpg
イチゴぜんざい。甘さ控えめで、いい感じの塩気のあるあんこ。








明けましておめでとうございます。


皆さまはどんなお正月をお過ごしでしたでしょうか。












年末のご挨拶で、私にとっての2017年が辛かったことを書きましたが、


脱皮、大冒険、激運、奇跡、これが2018年の私だそうです。


ご縁があって、有名な占い師さん2名に見てもらって、


それぞれ多少言い方は違えど、2人からそう言われました。


なので、きっとそうなんだと思います。











2015年から2017年にかけては準備の年だったようで、


その最後の年の2017年は準備の最終段階、試練も多く、大変だった模様。


当の本人からすると、楽だった時なんて一度もなくて、


もうかれこれ何十年も準備し、


試練を受け続けてるような気分ではありますが(苦笑)、


思えば、2015年という年は、『会社員』として1つの会社に属すことをやめ、


今のように数社にまたがって仕事させていただくような


不思議なスタイルに切り替わった年でした。











この休み中に、ご縁があって、実に20年ぶりくらいですかね、


自分が生まれ育った町に降り立ち、そこの氏神様に参拝してきました。


ここで初宮参りもし、七五三もここに来ていたようですが、


またこの神社の鳥居をくぐる日が来るとは思ってもみなかったです。


2018年 新年のご挨拶_f0232060_2255227.jpg













今年を終えて、2018年の年末のご挨拶を書いている頃に、


大喜びで良いご報告が皆さんに出来ていることを願います。


なんだか分からないけど、いいこと起きるといいなーw。












というわけで、激運発動しながら、


メシクエストもガンガンいこうぜでいきたいと思いますので、


今年もどうぞよろしくお願いいたします。










2018年1月4日 


成沢理恵








by meshi-quest | 2018-01-04 08:08
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン