<   2017年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧









常連さんにお誘いいただき、久しぶりに「メゼババ」へ。


来たくても滅多に来れない、


予約取れずの超有名イタリアンなので、喜びもひとしお。


わーい、わーい!


f0232060_14572253.jpg


f0232060_14573683.jpg











どれを食べても美味しくて、1料理ごとに記事が書けちゃうレベルなのだが、


f0232060_1521578.jpg


f0232060_1521817.jpg


f0232060_152284.jpg


f0232060_1522149.jpg










ドドーンと登場、近江牛!!


ついつい拝みたくなるような神石的な、


すごく神々しいオーラを放ってる肉塊。


f0232060_1531084.jpg












近江牛は温かいカルパッチョとして、


ローズマリーと熱々に熱したオリーブオイルをたっぷりかけていただく。


写真撮っただけでも、美味いことが分かってしまうくらい、すごい肉。


f0232060_155215.jpg


f0232060_155625.jpg












そして、萩沖で採れた大アサリは、


これでもか!というほどたっぷり惜しげも無く使って、


濃厚なアサリ出汁をたくさん吸ったボンゴレとして登場。


f0232060_1575598.jpg


f0232060_1575728.jpg











そして、本日のメインディッシュは、コレ!


イタリアから直輸入の生ポルチーニ茸!!


ポルチーニは大の大好きで、この時期にいろんなお店でいただくが、


今まで出会った中でも、こんな大きくて、こんなに香りがいいものは初めて。


f0232060_159553.jpg











生の美味しいポルチーニは、シンプルにソテーが最高。


傘の部分はとろーり半熟卵とともに、


柄の部分はシンプルに焼いただけでめちゃくちゃ甘くて美味しい。


f0232060_15112937.jpg


f0232060_15113528.jpg


f0232060_15113989.jpg










マリオになった気分。


マリオがきのこ食べて、ワンナップしたり、大きくなる気持ちが分かるわ。


こりゃ、テンション上がるw。


ヒーハー!!!!









■「メゼババ」
https://retty.me/area/PRE13/ARE17/SUB1701/100000849456/











■今日のカメ

■「メゼババ」
f0232060_14572253.jpg
総武線「亀戸駅」から徒歩8分ほど。居酒屋が並ぶ、ちょっと怪しげな路地裏にあります。









■店内の様子
f0232060_14573683.jpg
カウンターのみ10席ほど。本日は、常連さんによって、貸切。そして、メニューも通常メニューではなく、常連さん仕様。







■シャンパン
f0232060_1521578.jpg
お店オススメのシャンパン。まずは、乾杯。










■1品目
f0232060_15203911.jpg
イタリア産の生サラミと、佐渡の黒イチジク。この黒イチジク、甘さのバランスが良く、すごく美味しい。









■2品目
f0232060_15224725.jpg
水牛のチーズと、アンチョビと、岩城島のレモン。レモンがいいアクセントで、爽やかな風味の前菜。









■パン
f0232060_152284.jpg
イタリアンの濃い味に負けない、どっしりとしたライ麦パン。









■3品目
f0232060_1522149.jpg
沼津のメヒカリのフリット。シンプルなフリットだけど、めちゃくちゃ美味しくて、骨までそのまま食べれる。









■近江牛、登場!
f0232060_1531084.jpg
ものすごいインパクトのある近江牛の塊。ツヤツヤ。










■赤ワイン
f0232060_1529795.jpg
飲みやすい赤ワイン。










■4品目
f0232060_155215.jpg
近江牛の温かいカルパッチョ。切り立ての近江牛の上に、熱々のオリーブオイルとローズマリー。いい香り。近江牛も柔らかくて、脂のバランスも良く、すごく美味しい!







■5品目
f0232060_1575728.jpg
萩沖の大アサリのボンゴレ。濃厚な出汁のボンゴレ自体美味しいのはもちろんのこと、メゼババで使っているパスタが美味しい。太麺で、やや硬めで、しっかりと小麦の味がする。絶品。









■巨大ポルチーニ茸、登場!
f0232060_159553.jpg
メインディッシュは、魚でも肉でもなく、生のポルチーニ茸。それだけの価値と味のある、素晴らしいポルチーニでした。








■6品目
f0232060_15112937.jpg
メインディッシュの生ポルチーニ茸のソテー。傘の部分は、パルメザンチーズをかけて半熟卵とともに、柄の部分はシンプルなソテー。ポルチーニがこんなに甘いとは!!今まで食べたどのポルチーニ茸より美味しかった。生涯忘れない・・・。






■7品目
f0232060_15354695.jpg
手作りのカスタードプリン。ビターカラメルで、大人の味。








懇意にさせてもらっている新宿御苑前「せお」で食事。


f0232060_15304386.jpg


f0232060_15304639.jpg










今日のお目当ては、「せお」の絶品湯葉


しかも、ウニ乗せ


通常メニューの湯葉にはウニは乗ってないのだが、ウニ乗せがおすすめ。


この湯葉は、めちゃくちゃ甘くて、湯葉自体でも相当美味しいけど、


ウニの乗せると、さらに美味しくなる。


f0232060_15354051.jpg









2つ目は、秋の風物詩、土瓶蒸し


松茸と鱧のいい香り。


自分で急須から出汁を注いで、猪口でちびちび飲む感じがたまらなく好き。


f0232060_1537188.jpg


f0232060_15372155.jpg












そして、コレ。


じゃがいもの煮っころがし


「せお」の煮っころがしは、出汁とバターの風味が素晴らしく、


煮っころがしのイメージを覆す逸品。


メニューにある時とない時があるので、ある時にはぜひ。


f0232060_1538366.jpg










■「御苑前せお」
http://gyoenmae-seo.com/








■今日のカメ

■「せお」
f0232060_15304386.jpg
丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩1分ほど。新宿通りの1本裏手にあります。









■店内の様子
f0232060_15404262.jpg
カウンターとテーブル、奥に小さな個室。席数は少なめ。









■テーブルセット
f0232060_15304639.jpg
テーブルセットはこんな感じ。










■1品目
f0232060_15354051.jpg
湯葉のウニ乗せ。「せお」の湯葉はめちゃくちゃ甘味があって、必食。できれば、ウニ乗せで。









■2品目
f0232060_15581347.jpg
ほうれん草と舞茸のおひたし。









■3品目
f0232060_15372155.jpg
松茸と鱧の土瓶蒸し。秋のお楽しみ。すごくいい出汁でてます。









■4品目
f0232060_15595062.jpg
海老や穴子など、天ぷらの盛り合わせ。「せお」の天ぷらは、サックサクで軽くて、すごく食べやすい。

私はそこまで天ぷら好きではないのに、なぜか「せお」では天ぷらを積極的に食べる。





■5品目
f0232060_161446.jpg
出汁巻き卵。









■6品目
f0232060_162204.jpg
本日の焼き魚はさわら。オススメだけあって、すごく脂乗ってる!









■7品目
f0232060_1538366.jpg
じゃがいもの煮っころがし。出汁とバターの風味が抜群!!今まで食べた煮っころがしの中で、一番美味しい。
by meshi-quest | 2017-11-09 08:08 | 新宿








仲良くさせていただいている大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で秋のコース。


f0232060_1411771.jpg


f0232060_1412055.jpg


f0232060_1412365.jpg











本日も橋本シェフの料理の様子が間近で見れる


限定2席の特別席で食事をさせてもらった。


料理をしてる姿が見れると、より一層食事が楽しくなるが、


特に「セララバアド」の料理は、美術で絵を描いてるようでもあり、


理科で実験をしているようでもあり、すごく特殊なので、


近くで見れるのは他店以上の楽しさと特別感がある。


f0232060_144716.jpg











食材も、味も、温度も、色も、香りもすべてが秋仕様。


「セララバアド」の秋を満喫させてもらった。


f0232060_1445928.jpg


f0232060_145048.jpg


f0232060_145472.jpg


f0232060_145698.jpg


f0232060_14581.jpg


f0232060_1451293.jpg


f0232060_1451596.jpg


f0232060_1451831.jpg


f0232060_1452110.jpg


f0232060_1452533.jpg










途中出てきた「スケット」という料理。


スペインの魚介の煮込みをアレンジしたものだそうだがが、


濃厚な魚介出汁がめちゃくちゃ美味しくて、何杯も食べたくなる味だった。


f0232060_1465716.jpg


f0232060_1465987.jpg










アーモンドとチョコで作った食べれる松ぼっくりも、


「セララバアド」らしくてかわいかったな。


f0232060_1474958.jpg











思えば、前回の夏のコースからもう3か月が経ったのかー。


「セララバアド」には、必ず春夏秋冬でお邪魔しているので、


私の中では「セララバアドに行く=季節が変わった」という図式があって、


変わる季節の準備をするかのような感じでもあり、


次の季節を食べれる絵本で楽しんでいる感じもあり、


とにかく「セララバアド」は私にとっても特別感のあるレストランだ。







■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









■今日のカメ

■「セララバアド」
f0232060_1411771.jpg
小田急線「代々木上原駅」もしくは「代々木八幡駅」から徒歩12分ほど。駅から離れた閑静な住宅街の中にあります。







■店内の様子
f0232060_144716.jpg
基本はテーブル席で、限定2席のカウンターは料理が間近で見れて、シェフともお話ができる常連さん用。








■メニュー
f0232060_1412365.jpg
落ち葉の中に本日のメニューが隠れてます。









■1品目
f0232060_1412055.jpg
「イケバナ」という名前の料理。









■アップ
f0232060_1458516.jpg
枯れ枝にそっくりなクラッカーの周りに、和歌山県産生ハムが巻かれています。









■ドリンク①
f0232060_1459451.jpg
ノンアルコールでペアリングをしました。オーガニックキウイの搾りたてジュース。









■2品目
f0232060_1445928.jpg
「オブジェ」という料理。米粉に青海苔をまぶしたスナック感覚の前菜。









■3品目
f0232060_151258.jpg
二酸化炭素を注入して炭酸が入ったマスカットと、マスカットジュレ。









■3品目
f0232060_145048.jpg
「森の朝」という料理。コケに見立てた、液体窒素で固めたアボカドとピスタチオのムース。ドライアイスにひのきの香りが付いてて、まさに森の朝が再現されています。







■ドリンク②
f0232060_145472.jpg
松の葉で風味付けされたジェニファーベリーのジュース。森林浴を飲んでいる感じ。









■4品目
f0232060_145698.jpg
「落葉の森」という料理。豚が落葉の森でトリュフを探している様子が料理になっています。食べられる絵本。








■アップ
f0232060_14581.jpg
トリュフに見立てているものは豚足コロッケ、豚はクラッカーで出来ています。









■パン
f0232060_1564459.jpg
「セララバアド」の絶品パン。香り良く、外はカラッと、中はモッチリ。ホント美味しい。









■5品目
f0232060_1465716.jpg
「スケット」というスペインの魚介の煮込み料理をアレンジしたもの。真ん中には甘いホタテ。魚介の濃厚な出汁がとても美味しかった。超好み。







■ドリンク③
f0232060_1511798.jpg
人参とオレンジとパッションフルーツのジュース。









■6品目
f0232060_15115479.jpg
キノコと大麦のリゾット。上には牛ハツのカツレツが乗ってます。これも美味しい!









■ドリンク④
f0232060_15124324.jpg
梨のジュース。わざと塩味を強めに効かせてて、個人的に好きな味。スイカも塩を振る派なので。









■7品目
f0232060_1451596.jpg
丹波黒鶏のボイルとローストの2種。下に、藁をいぶした煙が詰まっていて、瞬間燻製されています。ほおづきが付け合わせ。








■8品目
f0232060_15161631.jpg
セレ豚のローストと、紅玉のピューレ。セレ豚がめちゃくちゃ甘くて、美味しかった!









■ドリンク⑤
f0232060_15173574.jpg
玉露とザクロを合わせたジュース。ザクロのほのかな甘みと、玉露の渋みもあって、不思議な味わい。









■9品目
f0232060_1452110.jpg
「サルベージされた月」というデザート。柿のジュースが詰まった球体状のジュレ。









■10品目
f0232060_1452533.jpg
パリパリの栗のシートの下に、どんぐりで作った優しい甘味のアイス。









■11品目
f0232060_1520597.jpg
4種の食後の小菓子。









■アップ①
f0232060_15214125.jpg
サーカスの缶の中身。ジャスミンティーのマカロン、栗のマドレーヌ、オリーブオイルのグミ。









■アップ②
f0232060_1474958.jpg
チョコとアーモンドで作った、食べれる松ぼっくり。









■ドリンク⑥
f0232060_1523985.jpg
ハンドドリップでじっくりと出す玉露。左が1煎目、右が2煎目。同じお茶なのに、色も、香りも、味も全然違う。








グルメ界で知らない人はいないと言われる、


場所も、名前も非公開の鮨屋、通称「ボブ寿司」


f0232060_1264914.jpg









場所も名前も非公開なので、ここに最初にたどり着くまでが大変なのだがw、


今年、ボブ寿司常連さんのご紹介でお邪魔して以来、


すごく気に入って、またお邪魔させてもらった。









ボブ寿司は、一見すると、地元密着型の普通の鮨屋さんなのだが、


その中身は、全く普通じゃない。









最初のお通しから、何気なくキノコ乗ってるけど、


あれ・・・松茸じゃん!!!


f0232060_12112134.jpg











こんな驚きが連発され、つまみからして高級食材のオンパレード、


かつ、ものすごいボリュームで、そして、どれもめちゃくちゃ美味しい。


大きくカットされたマグロの漬け、たっぷりとすじこを和えた白イカ、


カニのヒラメ巻き、大きなあわびとサザエの煮付など、


サラッと出てくる1皿1皿に驚く。


f0232060_12154022.jpg


f0232060_12154261.jpg


f0232060_12154685.jpg


f0232060_12154861.jpg


f0232060_1215526.jpg


f0232060_12155562.jpg











つまみで十分に心もお腹も満足してるのだが、


このつまみラッシュを食べ終えた後から、ようやくメインのにぎりが出てくるw。


しかも、1貫目から大トロ、デカい!!


f0232060_1218056.jpg










1つ1つがかなり巨大なのだが、


にぎりがホント美味しいので、ついつい食べてしまう。


f0232060_12201041.jpg


f0232060_1220113.jpg


f0232060_12201393.jpg


f0232060_12202041.jpg


f0232060_12202255.jpg


f0232060_12202439.jpg










〆の果物には、岡山高級ぶどう「晴王」をはじめ、


何気なく出てきたどれもが、ここ最近食べた中でもピカ一で甘くて、美味しかった。


大将のボブさんが「〆の果物まで美味しく帰ってほしい」という思いの下、


最後の最後まで美味しいものを食べさせてもらえる。


f0232060_12232767.jpg









相変わらず、すごいお鮨屋さんだ。


年内の予約は終了しているので、また来年を楽しみにしている。









■今日のカメ

■ボブ寿司
f0232060_1264914.jpg
店名、場所もすべて非公開。なので、最初は、一度来たことある人に連れてきてもらうのがベスト。テーブルセットはこんな感じ。お酒は自由に持ち込み可能、しかも持ち込み料なし!







■お通し
f0232060_12112134.jpg
お通しからして、いきなり松茸が出てきちゃうのがボブ寿司流。あさりと共に。









■1品目
f0232060_12154022.jpg
順番とか、常識とかも取っ払って、美味しいものを好きなだけ食べさせるのもボブ寿司流。マグロの漬け。厚切りカット。うまい!








■2品目
f0232060_12154261.jpg
すごく脂が乗ってるイワシと、北海道産ほっき貝、たこの酢味噌和え。









■3品目
f0232060_12154685.jpg
たっぷりすじこを絡ませた白イカ和え。









■4品目
f0232060_12154861.jpg
あわび、さざえ、ばい貝の煮物。松前漬け風。









■5品目
f0232060_1215526.jpg
カニ身のヒラメ巻き。なんとも贅沢w。









■6品目
f0232060_12155562.jpg
三陸産の大粒牡蠣フライ。牡蠣好きの方は大絶賛していたが、私は牡蠣苦手なので、残念ながら、写真だけ。







■にぎり①
f0232060_1218056.jpg
脂乗ってて、すごく美味しい大トロ。そして、デカイ!幸せー。









■にぎり②
f0232060_12201041.jpg
ひらめと鯛。甘味があります。









■にぎり③
f0232060_1220113.jpg
天然車海老。









■にぎり④
f0232060_12201393.jpg
苫小牧のほっき貝。









■にぎり⑤
f0232060_12384116.jpg
すみいかの赤ちゃん。すごく柔らかい。1つ1つの身が小さいので、2枚乗ってます。









■にぎり⑥
f0232060_12202041.jpg
青森県産赤貝。









■にぎり⑦
f0232060_12412151.jpg
たいら貝。










■にぎり⑧
f0232060_12202255.jpg
北海道産バフンウニ。









■にぎり⑨
f0232060_12202439.jpg
ふわふわの江戸前煮穴子。

穴子の煮汁を何時間も煮詰めて作る自家製のツメがは名物。甘さがスッキリしてて、今まで食べたツメの中でボブ寿司が一番美味しい。






■果物
f0232060_12232767.jpg
料理が美味しかったのに、最後の果物やデザートが普通・・という店はよくあるが、ボブ寿司は果物でもまた驚かせてくれる。岡山高級ぶどう「晴王」、小田原みかん、岐阜のカキ、どれもホントびっくりするくらい甘くて美味しかった。さらに、お土産にもカキをいただけて、嬉しかったな。
by meshi-quest | 2017-11-07 08:08








料理が美味しい居酒屋があると聞き、


四谷三丁目にある「たく庵」へ。


f0232060_1134050.jpg


f0232060_1134230.jpg









小さな雑居ビルの地下にあり、


知らないと素通りしてしまいそうな場所だが、


店内はアットホームで清潔感もあり、居心地がいい。










お通しは、出汁と野菜がたっぷり入った温かいお椀。


お酒飲む前の胃が温まって、ありがたい。


f0232060_11374859.jpg










料理もすごく丁寧に作られていて、


いわゆる居酒屋というより、カジュアルな小料理屋という感じ。


メニューが豊富で、野菜も、魚も、肉も揃ってて、


1皿1皿の量もそこまで多くないので、1人でフラッと立ち寄って飲むには良さそう。


f0232060_11375820.jpg


f0232060_11413413.jpg


f0232060_11413798.jpg


f0232060_1141419.jpg


f0232060_11414577.jpg


f0232060_11414779.jpg


f0232060_11415045.jpg











どの料理も丁寧で美味しく作られているのだが、


大将の好みなのか、塩をあまり使わず、全体的に薄味で、


逆に、七味を料理に多用していて、全体的にピリ辛。









美味しい・美味しくないではなく、もうこれは好みの問題なのだが、


個人的に好きな味とはちょっと違ったかな。






■「たく庵」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13113268/








■今日のカメ

■「たく庵」
f0232060_1134050.jpg
丸の内線「四谷三丁目駅」から徒歩1分ほど。大通り沿いのビルの地下にあります。









■ゆず酒
f0232060_11375820.jpg
私の好きな鳳凰美田のゆず酒のロック。甘味が控えめで、ゆずの風味がしっかり出てるので、飲みやすく何杯でも飲める。







■お通し
f0232060_11374859.jpg
お通しは、出汁と野菜たっぷりのお椀。外から来て、お酒飲む前に胃が温まるので、嬉しいお通し。









■1品目
f0232060_11413413.jpg
ちくわの磯部揚げ。七味がかかってて、ちとピリ辛。









■2品目
f0232060_11413798.jpg
きゅうりと茗荷のラー油和え。これも、ピリ辛。









■3品目
f0232060_1141419.jpg
梨とカブの胡麻和え。かなり薄味。もう少し塩気あっても良かったかなー。









■4品目
f0232060_11414577.jpg
焼〆鯖。大根おろしが辛味のもみじおろしになってて、これもピリ辛。









■5品目
f0232060_11414779.jpg
鹿児島県大迫ファームの豚を使った自家製チャーシュー。かなり八角を使っていて、ややスパイシー。









■6品目
f0232060_11415045.jpg
手羽のから揚げ。カラッと上手に挙がっていました。
by meshi-quest | 2017-11-06 08:08 | 四谷







恵比寿に家具を探しに行った途中で、


イタリアン「KNOCK ノック」でランチ。


f0232060_15391358.jpg










「KNOCK ノック」ランチは、パスタのメニューが豊富。


ボリュームたっぷりで、サラダとパンもセットになってて


店内も雰囲気が良く、恵比寿にありながら、静かに食事が出来る。


f0232060_16212996.jpg










メニューのパスタもどれも美味しそうで、相当悩んだ結果、2つチョイス。


1つは、山梨県小淵沢のアイコトマトのパスタ


これでもか!というくらい甘いアイコトマトがいっぱい入ってて、


トマト好きにはたまらないパスタ。


f0232060_16233347.jpg


f0232060_16233487.jpg











もう1つは、クリームで。


キノコのクリームパスタは、


チーズたっぷり、濃厚で、風味良く、これもすごく美味しかった。


f0232060_16241624.jpg


f0232060_16241888.jpg











ランチデザートのティラミスも、甘さ控えめで食べやすい。


f0232060_1625081.jpg







恵比寿で近辺でおすすめのパスタランチの1軒。






■「KNOCK ノック 恵比寿店」
http://mother-restaurants.com/
















ちょくちょくお邪魔している薬膳中華の名店「中国料理 古月」でランチ。


f0232060_2324857.jpg


f0232060_23241080.jpg










週替わりの定食はメインが選べて、本日は海老と舞茸の醤油炒めを。


ランチのデザートは、コーヒーソースの杏仁豆腐。


f0232060_23405885.jpg


f0232060_2341039.jpg


f0232060_2341253.jpg


f0232060_23482399.jpg












ランチでは、プラス600円で名物の薬膳スープ


「養生スープ」を付けることができる。


本日の養生スープは、


クレソン、いちじく、牛モツを煮込んだ、胃に優しいスープ。


f0232060_2348883.jpg









この養生スープは、素材のエキスがシッカリ出てて、


他ではなかなか食べれない唯一無二の味。









定食以外にもランチならではの単品メニューもあり、


いつも私は、お気に入りの蒸し鶏の葱ソースを別注している。


「古月」の葱ソースは抜群に美味しいのでオススメ。


f0232060_23501624.jpg








■「中国料理 古月」
https://kogetu-shinjuku.jimdo.com/








by meshi-quest | 2017-11-04 08:08 | 新宿








今年夏にスイーツ激戦区・西荻窪にオープンしたケーキ屋、


「Patisserie Lotus パティスリーロータス」へ。


f0232060_22373467.jpg


f0232060_22373712.jpg











店主は、神楽坂のカウンタースイーツの人気店「アトリエコータ」のご出身で、


「パティスリーロータス」もただのケーキ屋ではなく、


テイクアウトできるケーキの他に、店内にはカウンター席があり、


パティシエが直接作ってくれる豪華なスイーツが食べられるのが特徴。


f0232060_22412118.jpg










数種のデザートメニューから秋なので「モンブランカシス」を選択。


バニラアイスとメレンゲの上に、たっぷりモンブランクリームとカシスソース。


f0232060_2243558.jpg


f0232060_2243796.jpg











プロのパティシエさんによる作り立てスイーツだけあって、


見た目にも美しく、甘さもちょうど良く、美味しい。


フランス料理のコースデザートのようなスイーツが、


1000~1200円で気軽に西荻で食べれるのは嬉しいなあ。


f0232060_2247257.jpg










■「パティスリーロータス」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13210549/








by meshi-quest | 2017-11-03 08:06 | 西荻窪








秋の味覚と美味しい和食をいただきに、


麻布十番の路地裏にあるミシュラン星獲得店、割烹「喜作」へ。


f0232060_13405888.jpg


f0232060_1341096.jpg


f0232060_1341378.jpg


f0232060_1341580.jpg











大将の森さんが常々、


「お客さんをちゃんとお腹いっぱいにさせてあげたい」と言うように、


「喜作」の料理は1つ1つ上品で、繊細なのだが、ちゃんとボリュームがあって、


食べ終わった頃には、しっかりお腹が膨れて、満足している。


f0232060_13451451.jpg


f0232060_13451682.jpg


f0232060_13451890.jpg


f0232060_13452099.jpg


f0232060_13452375.jpg


f0232060_13452635.jpg










茶碗蒸しのすじこのボリューム、すごかったなw。


f0232060_1347167.jpg











〆は、「喜作」名物のしっかり食べれる揚げ物付きご飯。


今日は、なんと揚げ立てのヒレカツが食べ放題!


f0232060_13482456.jpg


f0232060_13482672.jpg








ヒレカツが美味しすぎて、結局お代わりを繰り返し、3枚いただいた。


普通にコース料理の後に、ヒレカツ定食食べてるのと同じだw。


f0232060_13494596.jpg










上品な割烹にありがちな、


「なんか食べたりないから、この後、ちょっとどこかで・・・」的なことは、


ここ「喜作」では一切起きない。


ちゃんとしっかりいただいて、「喜作」だけで最後まで満足して帰れる。






■「割烹 喜作」
http://www.kappou-kisaku.com/








■今日のカメ

■「割烹 喜作」
f0232060_13405888.jpg
大江戸線、南北線「麻布十番駅」から徒歩5分ほど。路地裏にある飲食ビルの5階。









■店内の様子
f0232060_1341378.jpg
カウンターと個室の座敷。楽しい大将とおしゃべりできるので、カウンターの方が好き。









■テーブルセット
f0232060_1341580.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■日本酒
f0232060_13553252.jpg
石川県宗玄酒造「宗玄」。










■1品目
f0232060_13451451.jpg
ムラサキウニと冬瓜のすりながし。









■2品目
f0232060_13451682.jpg
鱧と松茸の小鍋。









■3品目
f0232060_13562592.jpg
本日のお造りは、明石の鯛。









■4品目
f0232060_13571469.jpg
焼物は、のどぐろのたれ焼き。脂が乗ってて、すごく美味しい。









■5品目
f0232060_13452375.jpg
春菊と、大徳寺麩と、海老の白和え。大徳寺麩の、肉にも似たしっかりとした食感がアクセントになってます。








■6品目
f0232060_1347167.jpg
すじこの茶碗蒸し。下の茶碗蒸しが全く見えないほど、プリプリのすじこがぎっしり乗ってます。









■7品目
f0232060_13452635.jpg
三重県の黒アワビ煮。









■8品目
f0232060_13482456.jpg
「喜作」名物の揚げ物付きご飯。前回は鱧カツでしたが、今回はヒレカツ!〆に揚げ物が出る割烹は、私が知る限りでここだけかも。








■カツ、アップ
f0232060_13482672.jpg
お代わり自由のヒレカツ。お代わりの度に、ちゃんと揚げてくれます。軽くて、サクサクなので、何個でも食べれてしまう。








■タルタルソース
f0232060_1425717.jpg
しば漬け入りの手作り和風タルタルソース。タルタルソースも美味しいので、揚げ物が進む!









■9品目
f0232060_1442565.jpg
水菓子は、いちじくと、わらびもち。








懇意にさせていただいているお気に入りのフレンチ、


外苑前「Hiroya ヒロヤ」で食事。


相変わらず、見た目にも美しく、何食べても美味しい。


f0232060_1325940.jpg


f0232060_13317.jpg


f0232060_1331245.jpg


f0232060_1331455.jpg


f0232060_1331827.jpg











やたら肉気分だったので、メインのは、


チャーシューローストハンバーグの3点盛り。


f0232060_1333285.jpg


f0232060_1332512.jpg


f0232060_1332920.jpg











〆のご飯も、ガッツリ肉でお願いしたら、


ヒロシシェフが本当にガッツリ肉にしてくれた(笑)。


炊き込みご飯の中に牛もも肉、さらに上から牛サーロイン


ご飯の余熱で、いい感じに火が通る。


f0232060_13193229.jpg


f0232060_13193444.jpg









こんな肉々しいご飯食べたの初めてかもw。


美味しかった!






■「Hiroya ヒロヤ」
https://tokyo-calendar.jp/restaurant/721








■今日のカメ

■白ワイン
f0232060_1325940.jpg
酸味少なめ、やや甘めのピノブラン。私好み。









■1品目
f0232060_13317.jpg
「柔らかい牛タンのサラダ仕立て」。厚切り牛タンが、想像以上に柔らかくて、驚いた。









■2品目
f0232060_1331245.jpg
「海老とポルチーニ」という料理。シンプルなソテーですが、火の入れ方が抜群で、ややレア気味に火が入ってる海老に、風味良いポルチーニがすごく合ってました。







■3品目
f0232060_13253135.jpg
「ウナギの炭焼き」。皮まで美味しく、上手に焼きあがってます。









■赤ワイン
f0232060_1331455.jpg
お店オススメの赤。









■4品目
f0232060_1333285.jpg
メインは、悩んだ末、和歌山県産の猪に。左から、猪のチャーシュー、猪のロースト、猪のハンバーグの3種盛り!臭みは全くなく、すごく食べやすく、柔らかい猪でした。







■5品目
f0232060_13193229.jpg
「ヒロヤ」の〆のご飯やパスタは決まったメニューはなく、その日の気分で食べたいものを言うと、なんでも作ってくれるスタイル。

今日は「ガッツリ肉で!」というオーダーで、牛ももとキノコを炊き込んだご飯に、さらに上からサーロインが乗る、本当にガッツリ肉ご飯になりました。美味しかった!
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン