<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧










吉祥寺でお気に入りのカフェ「coromo-cya-ya コロモチャヤ」へ。


吉祥寺には、私が高確率でお邪魔する5軒のお気に入りカフェがあるのだが、


「コロモチャヤ」さんはそのうちの1軒。


f0232060_1920438.jpg























f0232060_1921630.jpg


































「コロモチャヤ」の名の通り、洋服屋の隣に併設されてるカフェなのだが、


ちょっと分かりにくい吉祥寺の路地裏の雑居ビルの2階にあって、


比較的静かで、落ち着いてるのがいい。


f0232060_19224863.jpg























f0232060_19244253.jpg


































土日の吉祥寺とか表通りのカフェとか行くと、とにかくけたたましくて、


仕事も考え事もおろか、ゆっくりお茶もできない(苦笑)。


駅から近くて静かなのは、すごく貴重。









そして、いつも食べてるお目当ては、コレ。


夏みかんとサワークリームとマスカルポーネのタルト


甘さと酸味のバランスが絶妙で、上品なレアチーズケーキを食べてる感じ。


めちゃくちゃおすすめのタルト。


f0232060_19272648.jpg























f0232060_19274796.jpg

































この夏みかんのタルトに、ミルクたっぷりのロイヤルミルクティーを飲んで、


外を見ながら、色んな考え事をするのが、「コロモチャヤ」での私の定番。


f0232060_19284857.jpg



































■「coromo-cya-ya コロモチャヤ」
http://houttuynia-cordata.com/page.php?name=map






by meshi-quest | 2017-06-10 08:08 | 吉祥寺








仲良くさせていただいてる大将からのご紹介で、


西荻窪に美味しい炭火焼きが食べれる和食屋があると聞き、


「西荻窪 はや人」へ。


f0232060_1812114.jpg
























f0232060_18122880.jpg
































メインの炭火焼きは、野菜、肉、魚と種類が豊富で、


それ以外にも、焼物、刺身、煮物など、色んなつまみが揃っている。


量は、ちょこちょこ頼んでつまめるような小皿なので、


皿の量を気にせず、好きなものを好きなだけ食べることができ、


一人でもフラッと立ち寄って、美味しいつまみとお酒を楽しめる。



f0232060_18194892.jpg























f0232060_1820121.jpg























f0232060_18203427.jpg























f0232060_18205563.jpg























f0232060_18212129.jpg























f0232060_18214671.jpg























f0232060_18221274.jpg























f0232060_18223216.jpg
































西荻価格からすると、少し高めではあるが、


居酒屋の気軽さで、ちゃんとしっかり丁寧に作られた、


厳選素材の本格的な和食がいただける。








改めて、西荻窪の胃袋の深さを知るというか、


ホント、この町はグルメが集まってるなあ・・・。


食べ物好きには、この上なく居心地の良い町だ。






■西荻窪「はや人」
https://www.facebook.com/nishiogi.hayato/








■今日のカメ

■「はや人」
f0232060_1812114.jpgJR西荻窪駅から徒歩1分ほど。

マクドナルド横の高架沿いの道を荻窪方面に歩いたところにあるビルの2階にあります。







■店内の様子
f0232060_18271135.jpg厨房を囲む広めの白木のカウンターがメイン。奥にテーブルも2卓あります。









■お通しと梅酒
f0232060_18194892.jpgお通しは、山菜と筍のお浸しと、アサリの出し汁。梅酒は、りんご梅酒。









■1品目
f0232060_1820121.jpg本日のお造り。淡路の天然鯛、勝山の平目、鹿児島のカツオ、鴨川のアオリイカなど。









■2品目
f0232060_18203427.jpgグリーンアスパラの炭火焼き。










■3品目
f0232060_18205563.jpgウニ茶碗蒸し(880円)。

上品な出汁の茶碗蒸しに、甘みたっぷりのウニがよく合ってます。美味しい!







■4品目
f0232060_18343268.jpg煮穴子(1180円)の炭火焼き。この穴子も脂乗ってて、とても美味しい。









■5品目
f0232060_18353231.jpg原木椎茸の炭火焼き(450円)。いい香り。










■6品目
f0232060_18214671.jpg注文が入ってから、コロッケを成形して作る手作りカニクリームコロッケ(1つ600円)。

ちょっと高めですが、中にはカニ身がぎっしり詰まってて、カニをしっかり感じられるコロッケです。






■7品目
f0232060_18381344.jpg水茄子とトマトのサラダ。水茄子、大好き。










■8品目
f0232060_1839356.jpg身が詰まったハンバーグのような自家製つくね(500円)。









■9品目
f0232060_1840050.jpgハマグリの串焼き。










■10品目
f0232060_18405041.jpg和牛ウデ(トウガラシ)の炭火焼き。










■11品目
f0232060_18412879.jpgイカとアジのフライ。










■アップ
f0232060_18421857.jpgイカは食感良く、食べやすくするために、一度細かく砕いたものを成形して、フライにしています。
by meshi-quest | 2017-06-09 08:07 | 西荻窪








新宿御苑前にある大好きな割烹「御苑前せお」で夕食。


新宿で美味しい日本料理が食べたくなったら、


真っ先に「せお」さんに駆け込むことにしている。


f0232060_17252035.jpg























f0232060_1726458.jpg




































「せお」さんの魅力は、豊富な単品料理。


前菜、刺身、焼き物、揚げ物、煮物など、


本格的な日本料理をつまみ感覚の小皿で出してくれる。


f0232060_1728748.jpg


































人を連れて、会食でお邪魔するような時にはコースにするが、


一人で夕食を食べるときは、あえてコースではなく、


豊富なメニューの中から、好きなものを好きなだけ注文して、


自分だけの自分好みのコースを作ることにしている。









今日は、「せお」さんの絶品湯葉&ウニの前菜から、


刺身、焼き物、煮物、椀物、揚げ物まで、


こんな感じの成沢特製コースになった。


f0232060_17315644.jpg























f0232060_1732217.jpg























f0232060_17324041.jpg























f0232060_1733666.jpg























f0232060_1733334.jpg























f0232060_17335490.jpg























f0232060_1734151.jpg























f0232060_17343658.jpg























f0232060_17345679.jpg































相変わらず、すべてが美味しい。


「思ったものと違う」というものが一つもない。


いつも期待を超えてきてくれる。








特に、今日の料理の中では、


新じゃがの煮ころがしが美味しかった。


元々、かなりのイモラーではあるが、


今まで食べた煮ころがしの中で確実にNo.1


今まで食べた全イモ料理の中でも3本の指に入る美味しさだった。


f0232060_1741407.jpg


































日本料理は、ちゃんとしているところほど、


しっかりコースになってて、量も決まっているので、


好きなものを好きな量で好きなだけ食べることがなかなかできないが、


こんな贅沢させてもらえるのは、本当に幸せだ。








■「御苑前せお」
http://gyoenmae-seo.com/








■今日のカメ

■「せお」
f0232060_17252035.jpg丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩1分ほど。

新宿通りの1本裏手にあります。








■店内の様子
f0232060_17445471.jpgカウンターがメイン。テーブルが2卓ほどと個室が1つあります。席は少なめ。









■テーブルセット
f0232060_17454974.jpgテーブルセットはこんな感じ。丸盆がいい感じ。










■日本酒
f0232060_17462869.jpg新潟県緑川酒造の「緑川」をいただきます。










■乾杯
f0232060_17474426.jpgサッパリしていて、キレが良い辛口。暑い日の和食に合う日本酒。









■メニュー
f0232060_1728748.jpg基本はコースですが、常連さん向けに単品も用意されてます。

こんな感じにびっしり書かれたメニューが4ページくらいあります。このクラスの本格的な日本料理屋では珍しい品ぞろえ。





■1品目
f0232060_17315644.jpg「せお」さんの絶品生湯葉とウニの組み合わせ。

「せお」さんの湯葉は、大豆の甘みを思いっきり感じられて、ホント絶品です。湯葉は必食。ウニの濃厚な甘みと相性抜群。






■2品目
f0232060_1732217.jpg久世茄子の胡麻浸し。

久世茄子を揚げて皮をむいたところに、胡麻と出汁の汁に漬けています。いい香り。







■3品目
f0232060_17324041.jpg白バイ貝の旨煮。

バイ貝がめちゃくちゃ大きくて、上品な香りがします。すごくいい貝使ってる。美味しいー。







■4品目
f0232060_1733666.jpg出汁巻き玉子。辛み大根添え。










■5品目
f0232060_1733334.jpgイカ下足の唐揚げ。










■6品目
f0232060_17335490.jpg本日のお造り。真子鰈、〆鯖、甘エビ、真鯛、アオリイカ。









■7品目
f0232060_1734151.jpg鯛白子しんじょみぞれ椀。

この椀物も素晴らしかった。上品な出汁と、鯛白子しんじょの甘みと、めちゃくちゃ美味しかったな。







■8品目
f0232060_17343658.jpg天ぷらの盛り合わせ。ししとう、舞茸、車海老、そら豆。









■9品目
f0232060_1741407.jpg新じゃがの煮ころがし。毎日食べていたいレベルで美味しい。

醤油ベースの上品な出汁に、コクを出すためにバターが加えられてて、絶品でした。






■10品目
f0232060_17594026.jpg焼き物は、旬の大目マス。「マス」という名前ですが、実はサケで、一般的に時鮭と呼ばれている魚。

脂が乗ってて、甘みがあり、日本酒が進みます。
by meshi-quest | 2017-06-08 08:08 | 新宿








目白に気軽に食事ができるフレンチがあると聞き、


「ブラッスリー ラ・ムジカ」へ。


f0232060_1645486.jpg























f0232060_1646867.jpg































メニューは少なめだが、前菜からデザートまで押さえたものが並び、


デートや会食にお邪魔するような華やかさはないが、


近所でちょっと美味しいものを食べたい時に、


家族や友人と気軽に来れるようなフレンチという印象。


f0232060_16485175.jpg























f0232060_16491594.jpg























f0232060_16493572.jpg























f0232060_16495452.jpg
































面白かったのは、エスカルゴ。


こういう小さな器形式で出てきたのは初めて。


確かに、あのエスカルゴ入れなくても、これでも十分できるなあー。


f0232060_165148.jpg

































価格もフレンチとしては控えめの設定ではあるが、


とはいえ、これでワインを飲めば、そこそこの値段になることを考えると、


正直、もう少しだけお金出して、


もっと見た目や味の印象の強いところ行こうかな・・・とも思ってしまう。


フレンチが日本人にとって、どうしてもハレの食べ物的なところがあるので、


この辺の価値の考え方は難しいなあと思ったり。







■「ブラッスリー ラ・ムジカ」
http://lamujica.com/










■今日のカメ

■「ラ・ムジカ」
f0232060_1645486.jpgJR目白駅から徒歩1分ほど。駅からすぐの路地にあります。









■店内の様子
f0232060_1646867.jpgカウンターとテーブル。アットホームな雰囲気です。









■赤ワイン
f0232060_16562883.jpgお店おすすめの赤ワイン。










■前菜①
f0232060_165148.jpg前菜、スープ、メイン、デザート、カフェが付いて3800円のディナーコースにしました。

コースに付く前菜は、アラカルトメニューから選べ、アラカルトで注文も可能。コースで頼むと、通常より少し少なめサイズになるそうです。コースではエスカルゴを選択。濃厚で美味しいブルゴーニュバターでした。



■前菜②
f0232060_16572764.jpgアラカルトでもう1皿前菜を追加。「イベリコ豚の原木生ハムと南仏野菜のラタトゥイユ 半熟卵と共に」(1100円)です。








■アップ
f0232060_172140.jpg生ハムも、ラタトゥイユもボリュームたっぷり。半熟卵の黄身で、まろやかで食べやすい前菜です。









■スープ
f0232060_16491594.jpg自家製ベーコンやキャベツを入れたクリームスープ。









■メイン
f0232060_174465.jpgメインは、「天草大王のこんがりロースト」にしました。

もう少しジューシーな感じを期待していましたが、普通かな。






■デザート
f0232060_1751630.jpg特製ロールケーキ。甘さが強めで、クリームが多いので、全体的に食後に重い感じ。もう少し甘さは控えめの方がいいかな。








■ドリンク
f0232060_176427.jpgホットのダージリンはポットでサービス。









仲良くさせていただいている


西荻窪の大好きなビストロ「チクロパノラマキッチン」で夕食。


f0232060_16234211.jpg























f0232060_1624438.jpg































今日もわがままを聞いてもらって、


食べたいものを言って、食べたいものだけ作ってもらう。


なんとなくスープが飲みたかったので、


メニューにはなかったけど、アサリとネギを使った旨味たっぷりのスープ。


f0232060_16261299.jpg

































メインは、これもメニューにはなかったけど、


美味しい骨付きの羊があるということで、


「チクロパノラマキッチン」の自家菜園で採れた野菜のローストと共に。


f0232060_16275712.jpg
































〆のパスタも、なんとなくトマトソース気分だったので、


自家菜園で採れた野菜を入れたオリジナルパスタを。


f0232060_16292999.jpg

































メニューに書いてあるものしか出来ませんが、客としては一番つまらない。


毎回、ワクワクドキドキしていたい。


まるで自分専用のコックさんができたかのような超贅沢なひととき。


感謝しつつ、これがたまらなく幸せで、


ついつい「チクロパノラマキッチン」に通ってしまう。








■「チクロパノラマキッチン」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/








■今日のカメ

■「チクロパノラマキッチン」
f0232060_16234211.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩3分ほど。ピンクの象がある商店街をまっすぐ歩いた先にあります。









■サングリア
f0232060_1624438.jpg料理を待つ間、だいたい自家製サングリアをいただきつつ、ウォッシュチーズを食べてる。









■スープ
f0232060_16341254.jpgスープ飲みたい!という私に突如考えて作ってくれたアサリとネギのスープ。

アサリをかなりの量使っているので、旨味がしっかり出てて、ネギの甘さともすごく合ってます。ニンニクの香りも効いてて、とても美味しい。





■メイン
f0232060_1636977.jpgメニューにあったのは豚と鶏でしたが、骨付きの羊もあるということで、羊を焼いてもらいました。野菜も食べたかったので、野菜大盛りバージョン。

チクロさんは自家菜園を持ってて、そこで採れた野菜がめちゃくちゃ甘くて美味しい。焼いただけで十分。




■パスタ
f0232060_16374740.jpgパスタもこの日のメニューに食べたいものがなかったので、特別に作ってもらいました。トマトソースとチーズたっぷり!
by meshi-quest | 2017-06-06 08:08 | 西荻窪








六本木で大好きな隠れ家中華居酒屋、


「中国郷土料理と専売地酒 黒猫夜」でゲーム業界懇親会。


f0232060_1532928.jpg
































「中国郷土料理と専売地酒」の名の通り、


他店の中華料理屋や居酒屋では出てこなし、食べれない、


中国の食材を使った珍しい郷土料理や中国酒が楽しめる。


紹興酒の種類がこんなにあるのは都内でもここだけな気がする。


紹興酒の飲み比べだけでなく、白酒の飲み比べも出来る。


f0232060_15352447.jpg























f0232060_1537592.jpg























f0232060_15373230.jpg























f0232060_15382683.jpg























f0232060_15384660.jpg























f0232060_1539685.jpg























f0232060_1539268.jpg























f0232060_15395434.jpg
































中国では馴染みがあるものなのだろうが、


日本人にとっては、とにかく変わった中華料理が多い。


食材も、調理法も、味付けも変わってる。


一応、エビチリや炒飯などよくある中華料理もあるが、全体的には少なめ。


なので、普通の中華居酒屋だと思ってくると、好き嫌いも出そうなので、


個人的にはある程度中華が好きで、


中華を食べ慣れている人の方が、このお店はより楽しめると思う。


f0232060_15424271.jpg























f0232060_1543935.jpg
































今回初めて食べた鴨舌炒め


口から舌をそのまま引っこ抜いた強烈な形状だが(苦笑)、


ジューシーで、かなり美味しかった。


f0232060_15451364.jpg
































■「黒猫夜」
http://kuronekoyoru.com/








■今日のカメ

■「黒猫夜」
f0232060_1532928.jpgJR六本木駅から徒歩1分ほど。俳優座裏の雑居ビルの4階にあります。

カウンターとテーブル。奥に1つだけロフト席もあります。






■お通し
f0232060_15485578.jpgお通しは3種。揚げピーナッツ以外は、他で見たことない中華前菜w。









■紹興酒①
f0232060_15352447.jpg紹興酒の飲み比べが出来ます。好みをスタッフさんに伝えると選んでくれるので、紹興酒を知らなくても安心。いつもこの飲み比べでつい飲み過ぎるw。








■1品目
f0232060_1537592.jpg前菜の盛り合わせ。3人分。

押し豆腐と香草の和え物、活きなまこ酢の物、海老の海苔醤油漬け、あん肝の五香粉煮、など。







■2品目
f0232060_15534710.jpgピータン豆腐。

「黒猫夜」のピータンはすごく美味しくて、これまで何度もピータン嫌いな人に食べさせることに成功している一品。






■3品目
f0232060_15373230.jpg羊つくねの串焼き。クミンの香りで、すごくエスニックな雰囲気。紹興酒のような、強くて濃いお酒にすごく合う。








■4品目
f0232060_15561654.jpg水蓮菜という中国の青菜を使ったニンニク炒め。これがめちゃくちゃ美味しい。

水蓮菜の食感がたまらなく、豆苗とかよりも味のクセもなく、シャキシャキしてて、好き。






■5品目
f0232060_15451364.jpg鴨舌炒め。意外と鴨って舌が長いことが判明w。

舌が薄いので、食べるところは少なめですが、ジューシーでとても美味しいです。







■紹興酒②
f0232060_15594687.jpgまたさっきとは違うタイプの紹興酒を飲み比べ。










■6品目
f0232060_15424271.jpgエビチリ。










■7品目
f0232060_15382683.jpg「黒猫夜」の名物料理「陳さんの村のクレープ餃子」。

いわゆる餃子とは違って、すごく薄いクレープのようなピロピロした皮に包まれたものがやってきます。





■混ぜます。
f0232060_15384660.jpg特徴は、熱い鉄板の上で、ぐちゃぐちゃに混ぜ合わせること。ちょっと焦げ目を付けながら、もんじゃ焼きのように小さなヘラで取っていただきます。








■8品目
f0232060_1539685.jpgトマトと卵炒め。これもいわゆる中華のトマトと卵炒めの形状とは異なり、フワフワのスフレパンケーキのような感じで出てきます。








■9品目
f0232060_1655511.jpg骨付き鴨もも肉の燻し焼き。










■10品目
f0232060_1691914.jpg鴨の砂肝揚げチップス。










■11品目
f0232060_1610125.jpg中国漬物の盛り合わせ。










■12品目
f0232060_15395434.jpgアンコウの漁師風炒め。アンコウのコラーゲンでプリプリ。味付けはかなりスパイシーです。









■13品目
f0232060_16115793.jpg中華ハムを使ったチャーハン。










■14品目
f0232060_16123592.jpg薬膳スープ。










■15品目
f0232060_16131760.jpg杏仁豆腐。








打ち合わせが伸びて、完全にランチタイムを逃す。


とはいえ、腹が空いて夕食時間まで待てない。


さっきの打ち合わせで結構疲れたので、ごちゃごちゃしてるところには行きたくない。


できれば、ご飯食べながら、パソコン開いて、少しでも仕事片づけたい。









こういうシチュエーションが私にはよくある。










こんな時は、迷わず近くの大きめのホテルを探して、


ラウンジカフェに飛び込むことにしている。


ホテル価格で、サービス料も取られるが、


上記のシチュエーションはすべてクリアしてくれる。










池袋でこのシチュエーションに遭遇したので、


近くにあったホテルメトロポリタンのラウンジカフェ、


「オールデイダイニング クロスダイン」に駆け込む。


f0232060_15142259.jpg































お昼を逃したような変な午後の時間帯なので、


観光客も少なく、お茶をしているマダムはいるが、静か。


しかも、かなり広々とした席を一人で使わせてもらえる。








ランチメニューは終わっているが、ホテルなので、軽食は常に置いてある。


大きな目玉焼きが乗ったデミグラスハンバーグを注文。


ホテル価格なので、かなりのお値段ではあるが、その分、ちゃんと美味しい。


f0232060_1516345.jpg























f0232060_15165542.jpg
































Mac開いて仕事しながら、もう少し時間に余裕があるので、


食後のデザートに和栗のモンブランとダージリンをいただく。


栗の旨味が凝縮されてて、いい意味で、普通に美味しいモンブラン。


ふー、やっと落ち着いてきた。


f0232060_15183922.jpg























f0232060_15193796.jpg























f0232060_15195792.jpg


































■「オールデイダイニング クロスダイン」
http://www.metropolitan.jp/restaurant_list/crossdine/














遅めのランチで、「ワイン厨房クオーレ」へ。


自然な材木を活かした独特な店内で、雰囲気がいいビストロ。



f0232060_1453556.jpg
































ランチは5種類で、パスタ、魚、肉、ハンバーグなど、


色んなニーズに合わせたメニューが揃っている。


今日のハンバーグは、ポルチーニ茸のクリームソースハンバーグ。


それに、プラス100円で有機ゴボウのスープを付けてみる。


f0232060_14562378.jpg























f0232060_14564965.jpg























f0232060_1457950.jpg























f0232060_14574247.jpg































ポルチーニ茸のクリームソースは、


すごく香り良くて、ソースが濃厚で、私の好みの味だった。


ハンバーグも小ぶりながら、とても美味しい。


f0232060_14584931.jpg































ご飯が単なる白米ではなく、紅白の古代米を使っているのも良かった。


ちょっとした工夫で、ちゃんとお客さんには記憶に残る。


f0232060_1503594.jpg

































■「ワイン厨房クオーレ」
https://r.gnavi.co.jp/rbdwyrn40000/





by meshi-quest | 2017-06-03 08:05 | 西荻窪








ご招待いただき、赤坂にある焼鳥店、


「Toriya Premium トリヤプレミアム」で食事。









「プレミアム」の名の通り、まるでフレンチレストランのような店内で、


ワインに合わせていただく、上品でオシャレな焼鳥。


デートにも会食にも使えそうな焼鳥屋だった。


f0232060_13313037.jpg























f0232060_13315223.jpg























f0232060_13321255.jpg

































焼鳥は小ぶりではあるが、


種類は豊富で、1本1本丁寧に焼き上げて、出してくれる。


焼鳥好きだけど、雰囲気的にデートや会食で行きづらかった、


という人にはすごく合っているお店。


ガッツリ焼鳥ではなく、静かにオシャレに焼鳥食べたい時に。



f0232060_13343261.jpg























f0232060_14283587.jpg























f0232060_14285548.jpg























f0232060_14291641.jpg























f0232060_14294045.jpg
































■「Toriya Premium トリヤプレミアム」
http://www.toriya-premium.com/shop/akasaka







■今日のカメ

■「トリヤプレミアム」
f0232060_13313037.jpg千代田線「赤坂駅」から徒歩30秒ほど。駅のすぐ側のビルの2階です。

店内は焼鳥屋さんとは思えないような雰囲気で、フレンチレストランのようです。






■テーブルセット
f0232060_13315223.jpgテーブルセットはこんな感じ。ナプキンが用意されている焼鳥屋は初めてかもw。









■赤ワイン
f0232060_13321255.jpgお店のコンセプトがワインと焼鳥らしいので、お店おすすめの赤ワインを。









■お通し
f0232060_14363899.jpg比内地鶏と菜の花の前菜。










■1品目
f0232060_14373237.jpgコーストアラカルトがあり、今回はコースで。1本1本、目の前のお皿に出されてきます。

まずは、胸肉のわさび。







■2品目
f0232060_1439130.jpgせせり。










■3品目
f0232060_14392773.jpgねぎ間。










■4品目
f0232060_14291641.jpgあわび茸。










■5品目
f0232060_14402388.jpgソリレス。










■6品目
f0232060_14294045.jpg手羽先。










■7品目
f0232060_14412941.jpg正肉。










■8品目
f0232060_14415762.jpgレバー。苦手なので、写真だけ。










■9品目
f0232060_14422513.jpgチーズ。










■10品目
f0232060_1443780.jpgここからアラカルト。ぼんじり。










■11品目
f0232060_14434526.jpgうずら。










■12品目
f0232060_1444684.jpg砂肝。







懇意にさせてもらっている


大好きな和食屋「並木橋なかむら」で食事










広い厨房が見渡せるダイナミックなカウンター。


昔は、カウンターより、断然テーブル派だったけど、


「並木橋なかむら」さんをはじめ、


カウンターがむしろ面白くて居心地良いお店が増えて、


最近は、カウンターに好んで座るようになった。


f0232060_12591852.jpg

































お任せの前菜盛り合わせに、真鯛の塩焼き、クエの煮付け、


なんとなく今日は魚料理を多めにしてもらった。


f0232060_1313924.jpg























f0232060_1321732.jpg























f0232060_1323814.jpg























f0232060_133091.jpg























f0232060_133325.jpg























f0232060_134456.jpg

































最後は、メニューにはないけど、いつも握ってもらうにぎり寿司。


〆ににぎりを食べると、すごい幸せな気分になる。


中トロと金目の炙り、美味しかったな。


f0232060_1371968.jpg























f0232060_1374175.jpg































良い和食でした。





■「並木橋 なかむら」
http://ameblo.jp/fg-nakamura/








■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_1384676.jpg広い厨房を囲むカウンターがメイン。数は少ないですが、奥にテーブルと個室もあります。









■休肝日
f0232060_13105025.jpgなんとなく、本日は休肝。香り良い水出しアールグレイをいただきました。

日本酒などアルコール類も揃ってますが、ノンアルコールも美味しいドリンクが揃ってます。






■お通し
f0232060_13121833.jpg下仁田こんにゃくを使ったお椀。上には桜の塩漬け。









■1品目
f0232060_13135565.jpg色んな前菜があって、どれもちょっとづつ食べたいので、メニューにはないのですが、いつも盛り合わせを作ってもらってます。








■アップ①
f0232060_13144985.jpg茶碗蒸し。筍と蛤が入ってます。










■アップ②
f0232060_13153645.jpg鴨。










■アップ③
f0232060_1316416.jpg「なかむら」名物の厚切りベーコンのポテトサラダ。必ず食べる一品。









■アップ④
f0232060_13165025.jpg白身魚の竜田揚げ。










■2品目
f0232060_1317226.jpg本日のお刺身盛り合わせ。

中トロ、金目、鯛、ブリなど。








■3品目
f0232060_13185874.jpg鶏とごぼうのきんぴら炒め。ご飯が食べたくなる味。









■4品目
f0232060_13193815.jpg真鯛の塩焼き。










■5品目
f0232060_1320955.jpg別紙の限定おすすめメニューになっていたクエの煮付け。身がしっかり、締まってます。









■6品目
f0232060_1371968.jpg中トロと金目炙りのにぎり。メニューは棒寿司ですが、にぎりがすきなので、好きな魚で握ってもらっています。美味しい!
by meshi-quest | 2017-06-01 08:08 | 渋谷・神泉
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン