<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧









沖縄在住のグルメな方に連れられて、


嘉手納周辺で一番おすすめというハンバーガー屋、


「GORDIES OLD HOUSE ゴーディーズ オールドハウス」へ。










これ、全くフォトショの修正とかしてないのですが、


1950年代のアメリカをモチーフとした外観に、


沖縄の清々しい青空をただ併せて撮るだけで、


なんだかジオラマのような不思議な写真になってしまう。


すげーな、沖縄



嘉手納「ゴールディーズ オールドハウス」へ行く。_f0232060_149614.jpg



































すごいのは、その風貌だけでなく、


内装もオールディーズアメリカンで超オシャレ。


家具や備品のセンスもとても良かった。


嘉手納「ゴールディーズ オールドハウス」へ行く。_f0232060_1411348.jpg























嘉手納「ゴールディーズ オールドハウス」へ行く。_f0232060_14121539.jpg























嘉手納「ゴールディーズ オールドハウス」へ行く。_f0232060_14124136.jpg


































そして、メインのハンバーガー。


パテが、めちゃくちゃジューシーで、まさに『肉』を食べている感じ。


ここ最近食べたハンバーガーの中では群を抜いて一番美味しかった


嘉手納「ゴールディーズ オールドハウス」へ行く。_f0232060_1415350.jpg
























嘉手納「ゴールディーズ オールドハウス」へ行く。_f0232060_14153667.jpg

































元々、そこまでハンバーガー好きではないこの私が、


次の沖縄出張の際にも、ぜひもう一度行こうと思っちゃってるくらい、


素晴らしいハンバーガーだった。








■「ゴールディーズ オールドハウス」
http://tabelog.com/okinawa/A4703/A470304/47016938/










■今日のカメ

■「ゴールディーズ オールドハウス」
嘉手納「ゴールディーズ オールドハウス」へ行く。_f0232060_149614.jpg1950年代のアメリカのカフェをイメージした外観。黒と白と金の組み合わせがカッコいい!









■店内の様子①
嘉手納「ゴールディーズ オールドハウス」へ行く。_f0232060_14124136.jpg天井が高く、1席1席がかなりゆったりしているので、広いですが、席数は少なめ。人気店のようで、満席でした。








■店内の様子②
嘉手納「ゴールディーズ オールドハウス」へ行く。_f0232060_14121539.jpgテーブル席はこんな感じ。










■店内の様子③
嘉手納「ゴールディーズ オールドハウス」へ行く。_f0232060_1411348.jpgカウンター席の様子。

雰囲気だけでなく、実際お客さんにも外人さんが多いので、ここが日本であることを忘れてしまいそう。海外旅行に来て、食事をしているかのよう。






■チーズバーガー
嘉手納「ゴールディーズ オールドハウス」へ行く。_f0232060_1415350.jpgチーズバーガー。ポテトとドリンク付きで、1050円。









■バーガー、アップ
嘉手納「ゴールディーズ オールドハウス」へ行く。_f0232060_14153667.jpgパテがめちゃくちゃ美味しくて、パテと言うより、ガッツリステーキを食べている感じ。パンもすごくパテとの相性が良く、美味しかった!
by meshi-quest | 2016-07-21 08:08 | 沖縄









沖縄出張が増え、結構、色んな沖縄料理店に連れて行ってもらったが、


ここ「うりずん」が、今のところ一番ストイックな沖縄料理を出してきた気がする。



那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15341780.jpg
























那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15345229.jpg
























那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15352349.jpg





































観光客度外視というか(苦笑)、


基本、飲み物は泡盛か、泡盛ベースの何かのみで、


メニューも他の沖縄料理店にあるようなポーク玉子とかはなく、


「ミヌダル」とか「チキアギ」とか、


カタカナ満載で、もうなんだか分からないw。


那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15333315.jpg
























那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15355710.jpg
































メニュー少なめで、観光客向けではないけど、


どれも丁寧に作られていて、美味しい。


本格的な琉球料理を、居酒屋で気軽に楽しみたい人はぜひ。








■「古酒と琉球料理 うりずん」
http://urizun.okinawa/











■今日のカメ

■「うりずん」
那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15341780.jpg創業40年。古民家でいただく琉球料理。モノレール安里駅から徒歩5分ほど。









■泡盛シークワーサー
那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15352349.jpg泡盛があまり得意でないので、他のアルコールで割りたかったのですが、泡盛しかないとのことで、泡盛シークワーサーを。

お通しは、ゴボウのマリネ。






■1品目
那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_1541150.jpg島らっきょうの浅漬け。そして、私はらっきょうが食べれません・・・。









■2品目
那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15431825.jpg「島豚ソーキの塩焼き」です。ジューシーでやわらかく、美味しいスペアリブでした。









■3品目
那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15445995.jpgこの真っ黒いものが、「ミヌダル」。

ペースト状にしたゴマを豚肉にまぶして蒸した料理。あまり味がない感じ。1回食べてみるのはいいかな、くらい。






■4品目
那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15463492.jpg「島ダコの刺身」。東京で食べるタコよりも、かなり歯ごたえがあって、固めです。味は美味しいです。








■5品目
那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15355710.jpgこれが、「チキアギ」。

魚のすり身にニンジンやゴボウなどを入れて、練り上げたかまぼこ。普通に美味しい。







■6品目
那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15491746.jpg白身魚の天ぷら。手前の緑は、ゴーヤ。










■7品目
那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15501796.jpg沖縄そばの焼きそば。かつお出汁が効いてて、美味しい焼きそばでした。









■8品目
那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15521776.jpgふーちゃんぷる。










■9品目
那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15524635.jpg「ひらやーちー」。沖縄風チヂミ。










■10品目
那覇・安里「古酒と琉球料理 うりずん」へ行く。_f0232060_15532619.jpgソーメンちゃんぷる。

ほとんど具がない、ソーメンだけのちゃんぷるですが、出汁が効いてて、シンプルでうまい。
by meshi-quest | 2016-07-20 08:06 | 沖縄








沖縄出張にやってきた。


ハイ、めんそーれ!










スタッフとの夜の会食。


広い中庭があって、そこにゴザをひいて、ご飯を食べる。


東京人からすると、「ああ、いいなあ、沖縄・・・」と思ってしまうのだが、


それもそのはず、この辺ではよく接待に使われる一番人気の沖縄料理店らしいw。


那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_13553043.jpg
























那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_13555316.jpg

































メニューも豊富で、定番のポーク玉子やちゃんぷるのほか、


アグー豚の餃子やハンバーグ、紅芋ピザなど、


接待や観光でお客さんが食いつきそうなメニューも多数取り揃えている。


那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_1421713.jpg























那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_1424112.jpg























那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_143740.jpg























那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_1433082.jpg























那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_1435120.jpg































味も美味しく、雰囲気も良く、かなりいい感じの沖縄料理店だった。


人気があるのも分かる。


ちなみに、「殿内」は、「どぅんち」と読むらしい。








■「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」
http://omoro-kikaku.com/











■今日のカメ

■「おもろ殿内」
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_146582.jpg那覇にある沖縄創作料理店。すごく敷地広くて、席数も多く、個室も多いので接待向き。









■店内の様子①
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_13553043.jpg名物の中庭舞台席。

オープンエアの中庭の一角に、一段高くなった座敷があります。







■店内の様子②
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_13555316.jpg中庭のゴザ席。20人ほどの団体さんが使っていました。

夏の沖縄で外で食事はちょっと厳しいので、少し涼しくなった頃に中庭席行きたいな。






■テーブルセット
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_1447494.jpgテーブルセットはこんな感じ。梅酒ロックとお通し。









■箸置き
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_14542265.jpgこのピーナッツの箸置き、実は本物のピーナッツでしたw。

確かに、こっちの方が最後食べれるし、いいかも。箸置きにピッタリの形状だしw。






■1品目
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_14554316.jpg海ぶどうのサラダ。










■2品目
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_14561860.jpgアグー豚の生ハムサラダ。










■3品目
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_143740.jpgアグー豚餃子。肉汁たっぷりで、美味しい餃子でした。









■4品目
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_1421713.jpg定番のポーク玉子。

沖縄で頻繁に出てくるスパム。東京だと、ほとんど外食で見かけることないな。







■5品目
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_1424112.jpgふーちゃんぷる。うまうま。










■6品目
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_14584183.jpgアグー軟骨のBBQ焼き。










■7品目
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_1433082.jpgアグー豚のハンバーグ。










■8品目
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_1435120.jpg綺麗な紫色が特徴の紅芋ピザ。

なんとなく甘そうなイメージがありますが、甘くないです。普通にご飯として食べられるポテトピザです。






■9品目
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_1523249.jpg珍しいジーマミーチーズの天ぷら。

沖縄名物のジーマミー豆腐にチーズを入れて、海苔で巻いて揚げたもの。ほんのりピーナッツの甘みがります。






■10品目
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_154248.jpg鶏のから揚げ。










■11品目
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_1544469.jpgソーキのやわらか揚げ。揚げた豚の角煮みたいな感じ。ご飯が欲しくなる味。









■12品目
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_1555887.jpg沖縄そばを使ったソース焼きそば。

沖縄そばは、ホント優秀。汁でも、焼きそばでも美味しい。東京でもスーパーで売ってくれないかなあ・・・。






■13品目
那覇「泡盛と創作うちなー料理 おもろ殿内」へ行く。_f0232060_157353.jpgイカスミ焼きそば。イカスミも美味しい。
by meshi-quest | 2016-07-19 08:08 | 沖縄








羽根付き餃子で有名な我が故郷・蒲田には、


三大餃子店と呼ばれる店があって、


「你好(ニイハオ)」

「歓迎(ホアンヨン)」

「金春(コンパル)」


の3店を指す。










3店とも美味しい羽根付き餃子を出してくれるのだが、


それぞれ味が違うので、蒲田住民にはお気に入りの店というのがあり、


私は、その中でも「你好(ニイハオ)」派だ。










「你好(ニイハオ)」の餃子は、皮が美味しく、餡にはニンニクが入ってない。


絶妙なバランスで出来ていて、食べ応えあって、美味しい。


相変わらず、いい羽根だな。


蒲田「元祖羽根付き餃子 你好 別館」へ行く。_f0232060_13304521.jpg























蒲田「元祖羽根付き餃子 你好 別館」へ行く。_f0232060_13311863.jpg




























■「元祖羽根付き餃子 你好 別館」
http://www.nihao.co.jp/










■今日のカメ

■「你好 別館」
蒲田「元祖羽根付き餃子 你好 別館」へ行く。_f0232060_13331889.jpg京浜急行「京急蒲田駅」から徒歩2分ほど。JR蒲田駅からも歩けます。お店は、地下にあります。

ちなみに、本店も、別館のすぐ近くにあります。







■店内の様子
蒲田「元祖羽根付き餃子 你好 別館」へ行く。_f0232060_13344050.jpg席数はかなりありますが、人気店でほぼ満席。大きな円卓で相席となりました。









■ウーロン茶
蒲田「元祖羽根付き餃子 你好 別館」へ行く。_f0232060_13352676.jpg餃子を迎え撃つためのウーロン茶。










■元祖羽根付き餃子
蒲田「元祖羽根付き餃子 你好 別館」へ行く。_f0232060_13304521.jpg看板メニューの羽根付き焼き餃子。6個で300円。

パリッパリで、美味しい!この味で育ちましたw。








■海老蒸し餃子
蒲田「元祖羽根付き餃子 你好 別館」へ行く。_f0232060_13311863.jpg本場中国式の皮が厚めの海老蒸し餃子。中はプリプリで、焼きとはまた違った味わいがあります。
by meshi-quest | 2016-07-18 08:06 | 蒲田









完全アウェーの土地で、変な時間に、たった一人、腹を空かせる。








こんな時、どうする?と、友達に聞いたところ、


みんなコンビニよるか、そのまま我慢して家に帰ると答えたのだが、


いやいや、こんな時こそ、メシクエストでしょうが。









というわけで、フラフラと路地裏を歩いて見つけた


「comodo kitchen コモードキッチン」へ。


新宿御苑前「comodo kitchen」へ行く。_f0232060_16133380.jpg































肉と野菜とサングリア。


しっかり押さえるものを押さえて、無事帰宅。


新宿御苑前「comodo kitchen」へ行く。_f0232060_16162283.jpg























新宿御苑前「comodo kitchen」へ行く。_f0232060_16164451.jpg























新宿御苑前「comodo kitchen」へ行く。_f0232060_1617649.jpg































■「comodo kitchen」
http://www.comodo-kitchen.jp/











■今日のカメ

■「comodo kitchen」
新宿御苑前「comodo kitchen」へ行く。_f0232060_16133380.jpg丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩2分ほど。










■サングリア
新宿御苑前「comodo kitchen」へ行く。_f0232060_1617649.jpgちょっと変わった「焼きフルーツのサングリア」。飲みやすくて美味しいサングリアでしたが、「焼き」はあまり感じなかったかな。








■サラダ
新宿御苑前「comodo kitchen」へ行く。_f0232060_16164451.jpg「カニとエビのサラダ」(880円)。

値段的にも、もっとドーンとカニとエビが乗っていることを期待していただけに、ちょっと残念。







■ステーキ
新宿御苑前「comodo kitchen」へ行く。_f0232060_1621339.jpg牛ハラミのステーキ。可もなく、不可もなく・・・かな。
タグ:
by meshi-quest | 2016-07-17 08:02 | 新宿








私のラーメン師匠の今宵の旅先が蒲田と聞いて、


蒲田生まれ、蒲田育ちの私の活躍をお見せしたいと、はせ参じる。









もう蒲田を出てから結構経っているが、


さすがに27年も住んでいた町の土地勘は染み付いてて、


路地裏のショートカットルートも健在。


自由自在に闊歩できる。









師匠が本当に行きたかった「麺場Voyage」は、


残念ながら、まさかの臨時休業で、


その他で、まだ行ってなくて気になっていたという「らうめん しんか」へ。


蒲田「らうめん しんか」へ行く。_f0232060_15514963.jpg























蒲田「らうめん しんか」へ行く。_f0232060_15523258.jpg




































「濃厚」と書かれた白濁のこってりとんこつラーメンに期待値上がるも、


まずくはないんだけど、甘めで、かなり優しい味で、パンチがないというか・・・。


うーん、久しぶりに地元戻ってきて、ちょっと物足りなさを感じた夜。


蒲田「らうめん しんか」へ行く。_f0232060_1556670.jpg































■「らうめん しんか」
http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13021003/










■今日のカメ

■「らうめん しんか」
蒲田「らうめん しんか」へ行く。_f0232060_15514963.jpgJR蒲田駅東口から徒歩3分ほど。アーケードの商店街沿いにあります。









■店内の様子
蒲田「らうめん しんか」へ行く。_f0232060_15523258.jpgカウンターとテーブル。席数は少なめ。










■こってりらうめん
蒲田「らうめん しんか」へ行く。_f0232060_1556670.jpg白濁したとんこつスープで、臭みがなく、甘みがあります。個人的には、もっと濃厚でパンチのある方が好きかな。

上に、細かく刻んで炒めた野菜が乗ってます。
タグ:
by meshi-quest | 2016-07-16 08:03 | 蒲田









大好きな中華会席「虎茶屋」にて、3人で食事。


本日は、大切な人を、大切な人に紹介をする、大切なひととき。









そんな大切な場を、


1夜1組限定の「虎茶屋」の予約が偶然取れて、


ここの個室でできるのは、すごく幸せ。すごくラッキー。









めでたい「鯛」も登場して、相変わらず美味しい中華会席だった。


話もはずみ、紹興酒も進み、参加してくれた2人も喜んでくれて良かった。


三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_2113216.jpg























三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_21143372.jpg























三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_21151314.jpg























三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_21154388.jpg























三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_2116851.jpg
































■「虎茶屋」
http://torachaya.exblog.jp/









■今日のカメ

■「虎茶屋」
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_21164168.jpgJR三鷹駅北口から徒歩15~20分ほど。武蔵野区民会館のちょっと先。駅からはかなり遠いです。

看板なしの、普通の一軒家。







■店内の様子
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_2117496.jpg1夜1組限定で、茶室でご飯をいただきます。










■お酒①
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_2120798.jpg濃い話になりそうだったので、いきなり日本酒スタート。群馬泉。









■1品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_2121746.jpgおかひじきとモロヘイヤのお浸し、ニラ玉です。










■2品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_21222640.jpg焼き夏野菜のサラダです。










■お酒②
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_21236100.jpg思った以上に濃い話に突入し(苦笑)、日本酒1合があっと言う間に消滅。

次は、紹興酒をとりあえず1合。







■3品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_21154388.jpg海老蒸し餃子。プリプリ。










■お酒③
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_2125573.jpgとりあえず1合は、ホントに「とりあえず」で(苦笑)、結局ボトルを入れることに。関帝の10年。









■4品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_21264613.jpgカブ、キハダマグロ、腐乳、青山椒の炒め物。お酒が進む味。









■5品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_21274830.jpgレタスと茄子とトマトの煮込み。ピり辛。










■6品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_2113216.jpg鯛の中華風煮魚。たっぷり香味野菜と、豆鼓醤と、台湾たまり醤油の味付け。









■取り分けてくれます。
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_21294559.jpg鯛、めちゃくちゃ美味しい!真っ青なお皿に鯛が映えます。









■ご飯、炊けた!
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_21303062.jpg炊き立ての土鍋ご飯がやってきました!










■7品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_2131204.jpgご飯と共に、「虎茶屋」特製の肉巻き酢豚。酢豚はそこまで好きじゃないけど、虎茶屋の酢豚は絶品です。

酢が優しくて、ちょうど良い味付け。ご飯がどんどん進む。





■8品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_21325363.jpg「虎茶屋」名物の麻婆豆腐。ホント何度食べても、ここの麻婆豆腐が一番だと思う。









色んな人から、昼も夜も夜中も行列が絶えない


美味しい餃子屋があるという噂を聞いていて、


遅ればせながら、「餃子の福包」へ。









基本メニューは、「餃子」のみで、


餃子にいくつか種類があり、サイドメニューでご飯やスープがある。


個人的には、「ニンニクあり/なし」が選べるのが嬉しい。










さすがに、2人で40個は頼み過ぎだったが(苦笑)、


それでも頑張れば食べきれてしまうんじゃないかくらいの食べやすさで、


めちゃくちゃ美味しい!!


大行列も、納得。


中目黒「餃子の福包」へ行く。_f0232060_20462064.jpg
























中目黒「餃子の福包」へ行く。_f0232060_20472184.jpg
























中目黒「餃子の福包」へ行く。_f0232060_20474165.jpg






























何が他と違うんだろうなあ。


皮なのか、餡なのか、焼きなのか・・・。








■「餃子の福包」
http://fukuho.net/











■今日のカメ

■「餃子の福包」
中目黒「餃子の福包」へ行く。_f0232060_2050336.jpg東急東横線「中目黒駅」から徒歩10分ほど。山手通り沿い。駅からはちょっと歩きます。

結構遅い時間でしたが、数組並んでいました。







■店内の様子
中目黒「餃子の福包」へ行く。_f0232060_20531636.jpgカウンターとテーブル。そこそこ席数はありますが、次から次へとお客さんが来ます。









■ウーロン茶
中目黒「餃子の福包」へ行く。_f0232060_2054897.jpg大量の餃子に備えてウーロン茶。










■餃子40個
中目黒「餃子の福包」へ行く。_f0232060_20462064.jpg20個で通常970円が870円になっていたので、ニンニクあり/なしで20個づつの、計40個。









■餃子、アップ
中目黒「餃子の福包」へ行く。_f0232060_20472184.jpg1つ1つがちょうどいい食べやすいサイズで、めちゃくちゃ軽くて、どんどん食べれてしまう不思議な餃子。美味しい!








■スープ
中目黒「餃子の福包」へ行く。_f0232060_20474165.jpg青のりの塩味スープ。









仕事の会食場所を探していると、


どうしても「個室」問題にぶつかる。









他者に聞かれては困るような商談など、


仕事の会食では個室需要が高くなるが、


個室を抱えているお店は意外に少なく、


めちゃくちゃ高級か、会食には耐えにくい安居酒屋かで、


ちょうどいい塩梅の適度な雰囲気と、味と、値段のお店がなかなかない。









今回ご招待いただいた会食でお邪魔した、赤坂の割烹「折りおり」。


赤坂という土地柄もあってか、3名から最大56名対応の個室が、


なんと22室もあるというから、驚き。










料理も全員が満足できるような良い意味での王道の和会席で、


会食にはすごく重宝しそうなお店だった。


名物の〆の鯛飯は、豪華で美味しかったな。


赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_20133910.jpg
























赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_20144979.jpg
























赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_20151250.jpg
























赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_20154334.jpg
























赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_2016547.jpg
































■「折りおり」
http://r.gnavi.co.jp/ori/











■今日のカメ

■「箸付」
赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_20181925.jpgまずは、箸付から。自家製の寄せ豆腐。上には、イタヤ貝、とび子の餡がかかっています。









■「前菜」
赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_2017373.jpg7種の和前菜盛り合わせです。










■前菜、アップ
赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_2019583.jpg青菜のお浸し、鮎の真子和え、貝磯煮、枝豆チーズ、白瓜竜皮昆布射込み、鯛手毬寿司、三元豚岩塩焼き、です。








■「造り」
赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_20215898.jpg中トロ、鯛、ハマチ、ウニの4種。










■「焼物」
赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_2023595.jpg賀茂茄子と鴨の葱味噌焼き。ちょっと味噌が甘かったかな。









■「冷やし鉢」
赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_20154334.jpg夏野菜の冷やし煮物。冬瓜、サトイモ、パプリカ、ヤングコーン、アスパラです。優しい出汁の味。









■「酢物」
赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_2025592.jpgじゅんさいと、タラバ蟹と、はす芋の酢物です。










■「揚物」
赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_2016547.jpg花車海老の五色揚、帆立香り揚、です。カラッと美味しく揚っていました。









■「食事」
赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_20271280.jpg名物の鯛飯。豪華丸々1匹の鯛が入っています。いい香り。









■「留椀」
赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_2028126.jpg蟹の赤だし。










■「水菓子」
赤坂「折りおり」へ行く。_f0232060_20284674.jpg季節のシャーベットは、柚子でした。
タグ:









新宿三丁目から新宿御苑前までの一帯に、


中華料理の名店が集まっている。










そのうちの1軒、「中華料理 古月」でランチ。


ランチの酢豚に、別注で海老蒸し餃子も。


ランチにちょい足しの点心が用意されているのが嬉しい。


昼から豪勢な中華ランチになった。


新宿御苑前「中華料理 古月」へ行く。_f0232060_19335351.jpg
























新宿御苑前「中華料理 古月」へ行く。_f0232060_19343710.jpg
































■「中華料理 古月」
http://kogetu-shinjuku.jimdo.com/










■今日のカメ

■「古月」
新宿御苑前「中華料理 古月」へ行く。_f0232060_19351623.jpg丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩2分ほど。目の前にすぐ御苑が見える通り沿いにあります。









■店内の様子
新宿御苑前「中華料理 古月」へ行く。_f0232060_19511133.jpg席数は少なめ。ランチは、御苑観光客と、近隣のサラリーマンで混んでいます。









■サービスのお茶
新宿御苑前「中華料理 古月」へ行く。_f0232060_19521972.jpgほのかに甘みのある、華やかな香りのお茶です。










■ランチ定食
新宿御苑前「中華料理 古月」へ行く。_f0232060_1952125.jpgランチは数種から選べます。なんとなく、今日は酢豚をチョイス。









■酢豚アップ
新宿御苑前「中華料理 古月」へ行く。_f0232060_19335351.jpg酢豚はそこまで好きな中華ではないのですが、美味しい中華店で食べる酢豚は別格。美味しいですね。









■海老蒸し餃子
新宿御苑前「中華料理 古月」へ行く。_f0232060_19343710.jpgランチにもう1品足したい人用に、プラスメニューが用意されています。

今日は、海老蒸し餃子を追加。600円だったかな。
by meshi-quest | 2016-07-12 08:06 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン