<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧










秋葉原は、食べるところがいっぱいあって、


そういう点では困らないのだが、ややジャンルが偏っている。


土地柄か、ガッツリ、脂っこいものが多いので、


ちょっと静かにさっぱりと和定食でも・・・となると、ちょっと悩む。









ここ「小割烹おはし」は、電気街口目の前という駅近にあって、


和カフェのようなおしゃれな空間で、静かに、かつ、気軽に和定食が食べられる。


秋葉原「小割烹おはし」へ行く。_f0232060_12122611.jpg























秋葉原「小割烹おはし」へ行く。_f0232060_12124615.jpg























秋葉原「小割烹おはし」へ行く。_f0232060_12145363.jpg























秋葉原「小割烹おはし」へ行く。_f0232060_1213645.jpg





























味としては、そこまで特筆すべきところはない普通の定食だが、


個室が結構完備されてて、店内も広いので、


仕事でランチミーティングする時に便利で、助かってる。









■「小割烹おはし」
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13182148/











■今日のカメ

■「小割烹おはし」
秋葉原「小割烹おはし」へ行く。_f0232060_12162910.jpgJR秋葉原駅電気街口目の前。秋葉原駅前プラザビルという駅前の飲食ビルの5階です。









■店内の様子
秋葉原「小割烹おはし」へ行く。_f0232060_12122611.jpg今日は、ソファー個室。ゆったりしていて、ランチミーティングにも便利。









■鶏から揚げ定食
秋葉原「小割烹おはし」へ行く。_f0232060_12124615.jpgランチは、色んな種類の定食から選べます。ドリンクや和風デザートも充実しています。









■おかずアップ①
秋葉原「小割烹おはし」へ行く。_f0232060_1213645.jpg胡麻豆腐。ちょっと餡が甘めかな。










■おかずアップ②
秋葉原「小割烹おはし」へ行く。_f0232060_12201630.jpgネギ味噌。










■おかずアップ③
秋葉原「小割烹おはし」へ行く。_f0232060_12204678.jpgきんぴらごぼう。










■おかずアップ④
秋葉原「小割烹おはし」へ行く。_f0232060_12145363.jpg鶏のから揚げ。ピリ辛ソースがかかっています。








那覇の地元のスタッフと共に、ランチ。









那覇空港から程近いところにある大衆食堂、


「那覇そば 那覇亭」へ。









メニューを開くと、そばからご飯まで、


一通りの沖縄料理定食が揃ってて、何を食べようか超迷う。


こういう時は、地元の人が頼んでいる物がきっと美味しいはず!


と信じて、数名が頼んでいたふーちゃんぷる定食を。


那覇「那覇そば 那覇亭」へ行く。_f0232060_1146014.jpg



































昼から超豪華(笑)。


ものすごいボリューム!


定食セットの沖縄そばも、半分じゃなく、普通に1人前ある。


那覇「那覇そば 那覇亭」へ行く。_f0232060_1148712.jpg























那覇「那覇そば 那覇亭」へ行く。_f0232060_11482812.jpg
































そして、面白いのがコレ。


地元のスタッフによると、沖縄で「定食」というと、


必ず刺身が付いてくるのだそう。


那覇「那覇そば 那覇亭」へ行く。_f0232060_11495069.jpg




























ついつい、ちゃんぷると沖縄そばに、刺身という


食い合わせの問題を考えてしまうが(笑)、


沖縄の定食ルールでは、「刺身があること」が定食として重要なのだ。










■「那覇そば 那覇亭」
http://r.gnavi.co.jp/f128300/











■今日のカメ

■「那覇亭」
那覇「那覇そば 那覇亭」へ行く。_f0232060_11521171.jpg那覇空港から車で約10分ほど。










■店内の様子
那覇「那覇そば 那覇亭」へ行く。_f0232060_11525426.jpgお座敷メインで、テーブルとカウンターも。かなり広いです。









■ふーちゃんぷる定食
那覇「那覇そば 那覇亭」へ行く。_f0232060_1146014.jpgふーちゃんぷる定食、これで1000円くらい。

メインのちゃんぷるの他、沖縄そば、小鉢、刺身も付きます。







■ちゃんぷる、アップ
那覇「那覇そば 那覇亭」へ行く。_f0232060_1148712.jpgすごくシンプルで、教科書通りのちゃんぷるという感じ。食べやすくて、とても美味しいです。









■沖縄そば
那覇「那覇そば 那覇亭」へ行く。_f0232060_11482812.jpg沖縄の地元の人に聞くと「普通」らしいのですが、東京から来た者にとっては、かなり美味。出汁もなかなか。

上に、揚げた豚肉が乗っていて、かなりボリューミー。この揚げ豚も美味しい。





■刺身、アップ
那覇「那覇そば 那覇亭」へ行く。_f0232060_11574883.jpg「定食」には必ず刺身を付けるのが、沖縄流。










■小鉢、アップ
那覇「那覇そば 那覇亭」へ行く。_f0232060_11583038.jpg沖縄もずく酢。小鉢にもずくがあるところが、沖縄っぽい。
by meshi-quest | 2016-04-09 08:05 | 沖縄









沖縄ディープ探訪記。


沖縄にはいくつか米軍基地内のレストランが一般開放されている場所がある。










ちょっと前にメシクエで紹介させてもらった、


嘉手納マリーナの「シーサイドリストランテ」もその1つだが、


「シーサイドリストランテ」が完全に一般客開放しているに対し、


ここ「シーメンズクラブ那覇」は会員制で、


グループに会員がいる場合のみ、米軍関係者でない一般客も入場が許される。











入口はいると、お店のおばちゃんがやってきて、


会員かどうか確認が入り、同伴客も赤い台の上に置かれたノートに


名前の記帳が義務付けられている。


那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_13464482.jpg























那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_1347748.jpg























那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_1347273.jpg

































そんな、なかなかディープな歓迎を受けながら中に入ると、


中はとってもアメリカンで、ビリヤード台があったり、映画で見たような風景。


那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_13492714.jpg























那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_1349519.jpg























那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_13501214.jpg

































そんなアメリカンの雰囲気で食べるものと言えば・・・、


そりゃ、コレしかないでしょ!


那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_13512171.jpg
























那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_13514346.jpg
























那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_1352784.jpg

































あと、この日、人生初めての、


沖縄と言えば「A1ソース」にチャレンジしてみたのだが、


ぐあー、酸っぱい・・・。


ステーキには、醬油の方が合う気がすると思うのは、私だけ?



那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_13533943.jpg

































■「シーメンズクラブ那覇」
https://retty.me/area/PRE47/ARE144/SUB14404/100001252227/











■今日のカメ

■「シーメンズクラブ那覇」
那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_13464482.jpg那覇空港からすぐのところにある基地内のアメリカンレストラン。

「シーメンズ(seamen's)」の名の通り、元は海兵さん御用達のレストラン。会員がいないと入れません。





■周りの様子
那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_13574214.jpgレストランは基地ゲートの中にあります。










■入口
那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_1347748.jpgここが入口。なんだか大学の学食っぽさもある。










■記帳
那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_1347273.jpg全員ノートに名前を書かないといけません。










■店内の様子①
那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_13492714.jpg店内はものすごく広いです。席も大きくて、たくさんある。すべてがアメリカン。









■店内の様子②
那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_1349519.jpgレストランの中に、バーやプレイルームも併設されています。









■店内の様子③
那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_13501214.jpgビリヤードとかスロットマシンとか。










■お通し
那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_141961.jpgライスを頼んでいても、パンとクラッカーは無料でやってきます。









■サラダ
那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_141487.jpgセットのミニサラダ。










■スープ
那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_1421688.jpgチャウダースープ。見た目よりもコクがなくて、粘度はあるけど、意外と味薄い。ちょっとイマイチ。









■Tボーンステーキ
那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_13512171.jpgこういうところでは、やっぱりコレかなと。










■ステーキ、アップ
那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_13514346.jpg沖縄で食べるステーキは、美味しいなあ。なんか一定の肉のクオリティーが保たれてる感じ。









■ポテト
那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_1352784.jpg付け合わせのポテト。










■A1ソース
那覇「シーメンズクラブ 那覇」へ行く。_f0232060_13533943.jpg存在は知ってましたが、今回初めてチャレンジ。想像の斜め上を行く酸っぱさで、苦手だ、コレ・・・。
タグ:
by meshi-quest | 2016-04-08 08:06 | 沖縄








最近、沖縄でのゲームのお仕事が多くなり、


同時に沖縄でのメシクエも、まあ当然比例して増え(笑)、


メキメキと経験値を貯めまくっております。









安心してください。


ちゃんと仕事もしてますよ。









さて、現地のスタッフに教えてもらって、


ここ最近地元で大人気の鶏白湯ラーメン屋があると聞き、


車に乗せてもらって(沖縄ではどこ行くにも車移動が基本)、


「鶏白湯らーめん 鶏寅 (とりとら)」へ。










静かな町に、静かに佇むラーメン屋さんで、


気づかないと通り過ぎてしまいそうなのだが、


一口食べたら、うまっ!!!



何コレ!!!


豊見城「鶏白湯らーめん 鶏寅」へ行く。_f0232060_13185858.jpg
























豊見城「鶏白湯らーめん 鶏寅」へ行く。_f0232060_13191910.jpg
























豊見城「鶏白湯らーめん 鶏寅」へ行く。_f0232060_13194079.jpg

































濃厚だけど、でも、フワッとしていて、べとつかない鶏ポタージュ。


間違いなく、ここ最近食べた中のNo.1鶏白湯だった。








聞くとことによると、「いしぐふー」という


有名な沖縄そば店で長年修行をした店主が開いたお店とのこと。


全く並んでなくて、すんなり入れちゃったけど、


この味で東京で出したら、間違いなく2時間待ちコースだろうなあ・・・。









■「鶏白湯らーめん 鶏寅」
http://www.ishigufu.jp/shop/toritora











■今日のカメ

■「鶏寅」
豊見城「鶏白湯らーめん 鶏寅」へ行く。_f0232060_13234171.jpg沖縄の地図がまだ頭に入ってなくて、よく分からないのですが、豊見城という場所にあるそうです。詳しくは、上記お店HPを。








■店内の様子
豊見城「鶏白湯らーめん 鶏寅」へ行く。_f0232060_13254029.jpgカウンターとテーブル。小さめの店内です。










■面白いシステム!
豊見城「鶏白湯らーめん 鶏寅」へ行く。_f0232060_13261065.jpgお札みたいのが並んでて何かと思ったら、これ、常連さんのマイ箸だそうです。

常連さんになると、お店から名前入りの布製ケースに入ったマイ箸をプレゼントされるそうです。いいなあー。東京初の常連目指そうかなw。





■白湯特選ラーメン
豊見城「鶏白湯らーめん 鶏寅」へ行く。_f0232060_13185858.jpgいわゆる全部入りの、白湯特選ラーメン(820円)をいただきました。









■素敵な丼
豊見城「鶏白湯らーめん 鶏寅」へ行く。_f0232060_13194079.jpg足がかわいらしい沖縄陶器の丼です。










■ラーメン、アップ
豊見城「鶏白湯らーめん 鶏寅」へ行く。_f0232060_13191910.jpg塩鶏、炙り鶏、煮玉子まで付いて、なんと820円という驚きの沖縄価格。

めちゃくちゃ、美味しいです、この白湯。ハマりそう。






■かつおぶし
豊見城「鶏白湯らーめん 鶏寅」へ行く。_f0232060_13312177.jpg途中からかつおぶしを入れて、違う味が楽しめるようになっています。

個人的には、ずっと鶏白湯で十分かなー。







■水餃子
豊見城「鶏白湯らーめん 鶏寅」へ行く。_f0232060_13323639.jpg上品な和風出汁に入っている水餃子4個250円。

沖縄そばの名店で修行されているだけあって、和風出汁もめちゃくちゃ美味しいです。
by meshi-quest | 2016-04-07 08:08 | 沖縄








神泉に日本酒の美味しいお店があると聞き、


日本酒専門店「酒とさか菜」へ。










着席からいきなり日本酒スタート(笑)。


神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_1253336.jpg
























神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_1255945.jpg
























神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_1261981.jpg






























女将さん自ら酒蔵へ行き、


本当に美味しいものだけ仕入れてくるという日本酒は、


どれも驚くほど飲みやすくて、改めて日本酒の美味しさを感じるものばかりだった。










日本酒が美味しいと、つまみが進むねー。


店主のご出身地だという静岡の味噌おでんをはじめ、


つまみも豊富で、いい居酒屋さんだった。


神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_129186.jpg























神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_12101294.jpg























神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_12104127.jpg























神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_1211418.jpg
































■「酒とさか菜」
http://www.saketosakana.net/










■今日のカメ

■「酒とさか菜」
神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_12124122.jpg井の頭線「神泉駅」から徒歩5分ほど。










■店内の様子
神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_12145614.jpgカウンターとテーブル。席数は少なめです。

スタッフの皆さんがすごく明るく親切で、初めてでもとても居心地いです。







■お通し
神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_1261981.jpg玉子焼き、おひたし、笹かまぼこなどの盛り合わせ。









■日本酒
神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_1253336.jpg何種類か飲ませてもらって、これがすごくすっきりしていて、好みでした。









■1品目
神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_1220340.jpgマヨネーズ控えめのさっぱりとしたポテトサラダ。










■2品目
神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_12205271.jpgそら豆おいしー。










■3品目
神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_1222551.jpgホタテの貝柱入りの玉子焼き。やさしい味。










■4品目
神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_1223443.jpg牛すじ煮込み。柔らかく煮られてて、美味しかった!









■5品目
神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_129186.jpg「酒とさか菜」名物の静岡おでん。玉子、大根、ちくわぶ。濃厚な味噌味。









■6品目
神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_12253112.jpg厚揚げ、黒はんぺん、牛すじです。










■7品目
神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_12444353.jpg美味しい馬刺しでした。










■8品目
神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_12452058.jpg東京Xポークの塩焼き。










■9品目
神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_12455353.jpgプリプリのししゃも。










■10品目
神泉「日本酒専門店 酒とさか菜」へ行く。_f0232060_1304826.jpgブリかま。脂乗ってる。
by meshi-quest | 2016-04-06 08:06 | 渋谷・神泉








黄金アジフライの「さすけ食堂」を堪能してから、


金谷という近隣の町を散歩。










すると、なんともいい感じの古民家カフェを発見!


これだから、メシクエストはやめられない。


千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11212695.jpg
























千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11215517.jpg
























千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11221895.jpg


































「合掌館」と書かれているその古民家は、


飛騨高山から築230年の合掌造りの古民家を


この金谷の町へ移築してきたものだそう。









店内も、「店内」と言っていいのか、


「家」と言うべきか、「美術館」と言うべきか、


多数のすごい美術品が無造作に置かれていて、


でもそれがこのカフェ全体の舞台演出のようにもなっていて、


ただただ静かなるオーラに圧倒されてしまった。


千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11275484.jpg























千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11282228.jpg























千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_1129376.jpg























千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11292967.jpg























千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11295492.jpg

































こんな環境で飲ませてもらったコーヒーは、


本当に贅沢で、味わい深く、幸せだった。


千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11311474.jpg























千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11315489.jpg































■「カフェえどもんず」
http://www.edomons.net/











■今日のカメ

■「カフェえどもんず」
千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11215517.jpgJR浜金谷駅から徒歩5分ほど。

「合掌館」という看板が掛かっています。この中が「カフェえどもんず」です。







■外観
千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11212695.jpg外にも目立つ看板はなく、外観も立派な古民家なので、本当にカフェなのかとまどいますが、ちゃんと中はカフェです。

飛騨高山から移築したという築230年の合掌造り。






■入口①
千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11282228.jpg玄関はこんな感じ。コーヒー豆の入った樽がいっぱいあって、入口からすごくいい香り。









■入口②
千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11275484.jpg日本国旗が飾られています。










■店内の様子①
千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_1129376.jpg店内には無数の絵画や壺や人形など、美術品や芸術品が置かれています。

この客間にいくつかテーブルがあり、自由に座って、美術品も自由に眺めることが出来ます。






■店内の様子②
千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11295492.jpg古いテレビと、アンティークのコーヒーメーカー。










■店内の様子③
千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11413820.jpg個室っぽいところもあります。










■店内の様子④
千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_1142211.jpg窓側にもテーブル席があります。










■店内の様子⑤
千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11292967.jpg廊下にも各種美術品が並んでいます。










■ミルクコーヒー
千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11311474.jpg雰囲気もさることながら、コーヒー自体が本当に美味しくて、丁寧に作られていました。









■炙りバーム
千葉県金谷「カフェえどもんず」へ行く。_f0232060_11315489.jpg囲炉裏で炙るという名物の「炙りバームクーヘン」。炙ったバーム、初めてですw。

ほのかに香ばしい香りがして、炙っても美味しいですね。
by meshi-quest | 2016-04-05 08:08









失礼ながら、何もないこんな田舎の街道に、


揚げモンスター界隈で有名な、平日でも3時間並ぶという、


とんでもないアジフライが食べられる食堂があると聞き、行ってきた。


千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15233187.jpg



































こんなところに、あるんかいな・・・と思ったら、


あった!!



しかも、超絶並んでる!!!




千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_1527568.jpg























千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15272715.jpg





























到着時、すでに私たちの前に20組待っているという状況・・・(驚)。


それでも、地元の人に聞けば、この日は寒くて雨降ってたこともあり、


異例なくらいの少なさで、40分待ちで食べれるなんて


ありがたい方なのだと言う。









さて、40分しっかり待って、お目当てのアジフライ。


このあたりの漁港で取れる幻の高級アジ、


『黄金アジ』というのを使っているそうで、


普通のアジと違って、すごく脂が乗っており、


その脂が体に滲み出て、体が黄金に輝いて見えることから


そう呼ばれているらしい。









これ、ホント美味しくて、


今まで食べたアジフライの中で一番かもしれん。


千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15333213.jpg























千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15335243.jpg





























平日3時間、異例でも40分という時間の是非は置いておいて、


寒い中、40分も待ったかいがあったというか、


素直に「来て良かった」と思えるアジフライ定食だった。









■「黄金アジ さすけ食堂」
http://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12014064/










■今日のカメ

■「さすけ食堂」
千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_1527568.jpg車では、館山道の金谷ICすぐ。JR内房線「浜金谷駅」からも徒歩3分ほど。









■周りの様子
千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15233187.jpg駅が近いということでしたが、うーん、何もないな。









■すごい行列!
千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15272715.jpgそんな中、お目当ての黄金アジフライを目指して、極寒&暴風の中、たくさんのお客さんが待っていました。

この時点で、昼のピークはだいぶ過ぎてましたが、20組待ってました。





■店内の様子①
千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15414294.jpgこれぞ漁師町の定食屋さんという感じで、カウンターと奥に座敷があります。









■店内の様子②
千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15483679.jpgたまたま座敷が空いたので、座敷へ。なんだかおばあちゃん家に来たみたいw。









■アジフライ定食
千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15333213.jpg黄金アジを使ったアジフライ定食(1200円)です。










■アジフライ、アップ
千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15335243.jpg大きな切り身が5枚も乗っています。サックサクで揚げ方も上手。

ジューシーで、肉厚で、めちゃくちゃ美味しかったです!黄金アジ、バンザイ!!






■小鉢、アップ
千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15513826.jpg定食に付いてくる小鉢、アジの南蛮漬け。何気ない小鉢もすごく美味しい。









■香の物、アップ
千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15522950.jpg香の物はこんな感じ。










■味噌汁、アップ
千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15534174.jpgカジメという海藻の入った味噌汁。










■アジ刺し
千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15543761.jpg黄金アジの刺身と、太刀魚の刺身。これもめちゃくちゃ美味しい。









■カジメラーメン
千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_15551939.jpg「さすけ食堂」のもう1つの人気メニュー、かじめラーメン(700円)。









■ラーメン、アップ
千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_1555599.jpg海藻のカジメを麺に練りこんであるそうです。かなりサッパリしていて、ラーメンと言うより蕎麦を食べてる感じ。








■具、アップ
千葉県浜金谷「黄金アジ さすけ食堂」へ行く。_f0232060_1557043.jpg自家製チャーシューにわかめなど。
by meshi-quest | 2016-04-04 08:07









いま、すごく「道の駅」にハマっている。








「道の駅」とは、休憩施設と地域振興が一体化した道路施設で、


街道を走っていると、看板に「〇〇道の駅」と書かれてるアレである。











免許がないので、ホントたまたま便乗させていただく車でしか行けないが、


車に乗るチャンスがあると、同乗者の意向はとりあえず無視して、


積極的に道の駅への立ち寄りを推進したりする。









「道の駅」には、その土地ならではの工夫がされていて、


土地ならではのお土産や野菜、海産物があったりして、ものすごく面白い。









この度、小学校をリノベーションして、そのまま使っている


「道の駅保田小学校 (ほだしょうがっこう)」という面白い道の駅があると聞き、


同じく道の駅ファンの方と行ってきた。


千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_1357163.jpg























千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_13572689.jpg























千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_1358534.jpg























千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_13583276.jpg


































内装はそのまま小学校の雰囲気が残っていて、


千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_13593830.jpg























千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_14083.jpg























千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_1403253.jpg























千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_1405480.jpg


































コンセプトや雰囲気は、この上なく最高なのだが、


結論から言ってしまうと、


内容的には期待していたものではなく、ガッカリ感が強かった。










この小学校というワクワク感と、ノスタルジック感と、


タイムスリップしてみたい冒険心を全く昇華してもらえず、


中に入っているお店も、普通の中華屋さんが入ってたり、


お土産も普通に陳列されて、普通のものが売られていたり、


まるで、側だけやたらキラキラの包装されてて豪華だけど、


あれ?これどっかで食べたことあるな的なお菓子のようだった。









残念!!!


こういう勿体無い道の駅とか多いんだよね・・・。


ちょっと工夫すれば集客や売上あげられそうなのに・・・。









メシクエご覧の道の駅関係者の皆様、


もしプロデュースご用命ありましたら、ぜひご一報を!


ゲームのように楽しんでいただけるプロデュースいたします!!









■「道の駅 保田小学校」
http://hotasho.jp/











■今日のカメ

■「道の駅保田小学校」①
千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_13572689.jpg富津館山道路の鋸南保田IC下りて、すぐのところにあります。









■「道の駅保田小学校」②
千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_1358534.jpgホントに小学校。かなり大きな駐車場があります。










■「道の駅保田小学校」③
千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_13583276.jpgこちらは、元体育館。

中は、土産物売場になっています。








■1階の様子①
千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_13593830.jpg保田小学校のインフォメーションセンター。教室をそのまま使ってます。









■1階の様子②
千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_1457124.jpgいくつか飲食店が入ってます。










■1階の様子③
千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_14573931.jpgとある中華屋さん。メニューが小学校の黒板に書かれているのは面白いですが、イスと机が普通の中華屋さんのイスとテーブルで、ちょっと残念。学校のイスとかでもいいのになあ。







■1階の様子④
千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_14591499.jpgお土産物屋さん。

あまり小学校と関係ない内装や商品で、もっと雰囲気合わせてもいいのになあ・・・という感じ。







■1階の様子⑤
千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_1405480.jpg跳び箱を利用した商品棚。こういうのいい!!










■1階の様子⑥
千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_151544.jpg二宮金次郎像発見。場所も、雰囲気もちょっと違和感あるので、この道の駅のために作ったのかな・・・。








■2階の様子①
千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_14083.jpg教室や廊下がそのまま。2階は色んな展示をしていました。









■2階の様子②
千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_1403253.jpg音楽室。ピアノは触れないので、見るだけ。










■2階の様子③
千葉県保田「道の駅 保田小学校」へ行く。_f0232060_1541116.jpg手洗い場とかもそのまま残ってます。
by meshi-quest | 2016-04-03 08:00








横須賀には、お土地柄なのか、たくさんのハンバーガーショップがある。










その中でも、以前メシクエでも紹介した「TSUNAMI」と、


ここ「HONEY BEE」が有名で、バーガー2大巨頭と言われているらしい。


超アメリカンなお店だ。


横須賀「HONEY BEE」へ行く。_f0232060_13293330.jpg























横須賀「HONEY BEE」へ行く。_f0232060_13295595.jpg























横須賀「HONEY BEE」へ行く。_f0232060_13301831.jpg

































すでにお気づきのメシクエ読者の方は多いかと思うが、


メシクエでは、ハンバーグは登場しているが、


ほとんどハンバーガーは登場していない。










実は、そんなにハンバーガーを好んで食べる方ではないのだ。


そんな私が、この「HONEY BEE」のハンバーガーは美味しいと思った。



うまっ。


特に、パテが美味い。


牛肉感がハンパない。



横須賀「HONEY BEE」へ行く。_f0232060_13331520.jpg
































好みにもよると思うが、個人的には、


「TSUNAMI」よりも、「HONEY BEE」の方が好きだなー。








■「HONEY BEE」
http://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140601/14000902/










■今日のカメ

■「HONEY BEE」
横須賀「HONEY BEE」へ行く。_f0232060_13295595.jpg京浜急行「汐入駅」から徒歩10分ほど。「横須賀中央駅」からも歩けます。









■ハチのマーク
横須賀「HONEY BEE」へ行く。_f0232060_13293330.jpgおそらくチェーン店ではないと思うのですが、アジアの色んなところで、「HONEY BEE」という名前のハンバーガーショップを見かけるw。ハチとハンバーガーは親和性高いのかなあ。







■店内の様子①
横須賀「HONEY BEE」へ行く。_f0232060_13384331.jpg店内は細長く、カウンターがメイン。席数は割りとあります。

アメリカンサイズなので、座高が普通のテーブルより高いです。






■店内の様子②
横須賀「HONEY BEE」へ行く。_f0232060_13301831.jpg奥にテーブル席もあります。










■コーラと見せかけて・・・
横須賀「HONEY BEE」へ行く。_f0232060_1340849.jpgアイスティー。

こういう時、絵面的には絶対コーラがいいんだけど、炭酸苦手なのはツライ・・・。







■ポテト
横須賀「HONEY BEE」へ行く。_f0232060_13411329.jpg揚げたてのポテトは、麻薬だと思う。










■「キャプテンバーガー」
横須賀「HONEY BEE」へ行く。_f0232060_1342276.jpg「HONEY BEE」の人気バーガー、「キャプテンバーガー」(1800円)。

大きな牛肉パテと、分厚いベーコンと、テリヤキマヨネーズ。最高!!
by meshi-quest | 2016-04-02 08:08








春の「虎茶屋」。









春菊、アブラナ、せりなど、春の野菜を使った前菜に始まり、


三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_14563384.jpg























三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1457914.jpg























三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_14573430.jpg
































大好きな餃子が焼きと蒸しで2種類、


三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1458324.jpg























三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1459365.jpg
































魚料理も2種類あって、


三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1459456.jpg























三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1501278.jpg
































珍しく、今日は麺料理が2種類登場。


なんか2種に縁があるみたいだ。


三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_151277.jpg























三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1512417.jpg
































最後は、炊き立ての土鍋ご飯と、


私が大好きな「虎茶屋」特製の麻婆豆腐。


三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1522279.jpg























三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1524328.jpg
































今日は、いっぱい料理が出たので、


最後の麻婆豆腐も胃に負担掛けずに、軽く食べれるようにと、


豆腐を出来立てのおぼろ豆腐「豆花」に変えて、作ってくれたのだが、


「虎茶屋」さんの心配とお気遣いをよそに、


あまりの美味しさに、結局、ご飯も2杯お代わりし、


絶品中華を目いっぱい、腹いっぱい堪能させてもらった。









いいお中華だった。








■「虎茶屋」
http://torachaya.exblog.jp/









■今日のカメ

■「虎茶屋」
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1237884.jpgJR三鷹駅北口から徒歩15~20分ほど。武蔵野区民会館のちょっと先。駅からはかなり遠いです。

普通のお家。一軒屋。







■店内の様子
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_12382671.jpg1階の茶室を開放して、虎茶屋として営業しています。1組限定。









■凍頂烏龍茶
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_12485929.jpg今日は休肝日。

香りの良い凍頂烏龍茶で。








■ビール
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1250365.jpg他の方が選んだビール。ほんのりチョコレート風味らしい。









■1品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_14563384.jpg季節の前菜の盛り合わせ。










■前菜アップ①
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_12514563.jpg真あじの刺身。すごく脂が乗ってます。










■前菜アップ②
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1457914.jpgしいたけと長いもとせり。










■前菜アップ③
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_14573430.jpg春菊のおひたし。










■前菜アップ④
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_12533587.jpgアブラナと酒盗のマッシュポテト。ほんのり日本酒の香りがする大人のマッシュポテトです。









■2品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_12543528.jpgトマトと卵の炒め物。










■3品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_12551395.jpg真あじに軽い衣を付けて揚げたものと野菜を豆鼓醤で炒めた物。









■4品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1458324.jpg焼き餃子。皮がパリパリで、中が超ジューシー。










■5品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1459365.jpgエビ入り蒸し餃子。










■6品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_151277.jpg汁なし坦々麺。










■7品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1512417.jpg酸辣湯かと思ったら、酸辣湯麺でした。

いつも虎茶屋ではメニューはお任せなのですが、麺が2種類は初めてかも。







■8品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_13263.jpgめばるの煮魚。たっぷり香味野菜と、豆鼓醤と、台湾たまり醤油の味付け。









■取り分けました。
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1334491.jpgめばるの身の甘味と、たまり醤油や香味野菜が合っていて、すごく美味しい!









■炊き上がりました!
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1522279.jpg土鍋ご飯が炊き上がりました。部屋中に炊き立てご飯のいい香りが広がってます。









■9品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1343228.jpg大なめこと、レンコンと、鶏肉の炒め物。クミンと山椒で香り付けされています。ご飯が進む味。









■10品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1365458.jpg麻婆豆花(マーボートウファ)。

豆腐よりもやわらかいおぼろ豆腐「豆花」を使った麻婆。軽くて、サラッといただけます。







■11品目
三鷹「虎茶屋」へ行く。_f0232060_1382362.jpg食後の杏仁豆腐。甘さ控えめで、ミルク感がたっぷり。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン