<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧









新旧有名店が立ち並ぶカレー激戦区の神保町で、


シーフードキーマカレーで有名な「タケウチ 神保町本店」へ。










行くまではカレー食べる気満々だったのだが、


着いた途端に急に心変わりをしてしまい、


もう1つの名物である煮込みハンバーグに変更。


神保町「タケウチ 神保町本店」へ行く。_f0232060_16593828.jpg
























神保町「タケウチ 神保町本店」へ行く。_f0232060_1701144.jpg































このご飯と豚汁に、お店の人柄の良さが滲み出てるというか。


個人的に大好き、こういう感じ。


久しぶりに見たなあ、漫画みたいw。


神保町「タケウチ 神保町本店」へ行く。_f0232060_171454.jpg
























神保町「タケウチ 神保町本店」へ行く。_f0232060_1722990.jpg






























■「タケウチ 神保町店」
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13160882/










■今日のカメ

■「タケウチ 神保町本店」
神保町「タケウチ 神保町本店」へ行く。_f0232060_174378.jpg都営新宿線「神保町駅」から徒歩5分ほど。飲食店が立ち並ぶ一角の路地にあります。









■店内の様子
神保町「タケウチ 神保町本店」へ行く。_f0232060_1752521.jpg道路に向けて作られたカウンターと、キッチンに向けて作られたカウンターのみ。席数は少なめ。

カレーと煮込みハンバーグが名物です。







■煮込みハンバーグ定食
神保町「タケウチ 神保町本店」へ行く。_f0232060_16593828.jpgカレー食べるつもりが、なんとなくハンバーグに。ソースは、デミグラスとカレーの2種から選べます。









■ハンバーグ、アップ
神保町「タケウチ 神保町本店」へ行く。_f0232060_1701144.jpg大きな野菜の素揚げがたくさん乗っているハンバーグ。

ハンバーグ自体は、すごく特徴ある味ではないですが、逆にクセがないので食べやすいです。野菜もいっぱい摂れます。





■ご飯、アップ
神保町「タケウチ 神保町本店」へ行く。_f0232060_171454.jpg日本らしいご飯の姿というか、みんなご飯の絵を描くとこういう絵を描く割に、意外と実物を見たことがないというw。

ちなみに、ご飯はお代わり自由。






■豚汁、アップ
神保町「タケウチ 神保町本店」へ行く。_f0232060_1722990.jpgなんと言っても、なるとに目が行くかわいらしい豚汁。具沢山で、かぼちゃのせいか、シナモン?のせいか、ややスパイシーで甘め。

こちらもお代わり自由。
by meshi-quest | 2015-10-21 08:04








知り合いから勧められて、


西荻窪にある欧風カレー屋「OHIO オハイオ」へ。









基本は、インドカレー派で、あまり欧風カレーは食べないのだが、


そんな私にも食べやすく、美味しいカレーだった。


西荻窪「OHIO オハイオ」へ行く。_f0232060_1818088.jpg





























お店もやや薄暗くて、緑の植木がいっぱいあって、


初めてなのに、なんだかすごく落ち着くカレー屋さんだった。


西荻窪「OHIO オハイオ」へ行く。_f0232060_18191983.jpg























西荻窪「OHIO オハイオ」へ行く。_f0232060_18194050.jpg




























■「OHIO オハイオ」
https://www.facebook.com/OHIO.CURRY












■今日のカメ

■「OHIO オハイオ」
西荻窪「OHIO オハイオ」へ行く。_f0232060_18204598.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩10分ほど。駅からはちょっと歩きます。









■店内の様子
西荻窪「OHIO オハイオ」へ行く。_f0232060_18191983.jpgカウンターとテーブル。

薄暗くて、緑の植木が多くて、静かで、すごく落ち着く店内です。マスターもすごくいい方です。







■ビーフと豆のカレー
西荻窪「OHIO オハイオ」へ行く。_f0232060_1818088.jpg色んな種類のカレーがあり、迷ったのですが、ビーフで。中に赤インゲン豆が入っています。









■付け合わせ
西荻窪「OHIO オハイオ」へ行く。_f0232060_18244013.jpgクミン風味のごぼうとニンジンの和え物。別注の半熟卵です。

コクのある欧風カレーに合っていました。







■チャイ
西荻窪「OHIO オハイオ」へ行く。_f0232060_18194050.jpg150円で追加できるチャイ。シナモンが効いていて、美味しいチャイでした。
by meshi-quest | 2015-10-20 08:05 | 西荻窪








元々あまりうどんが好きではない私が、


今年夏にオープンしたばかりの香川の名店「香川 一福」のうどんを食べ、


あまりに美味しくて驚いた話
をメシクエに書かせてもらったが、


早速、また食べに行ってきた。


神田「香川 一福」へ行く。_f0232060_11495974.jpg




























「好きではなかった人がまた行ってしまう」というのは、


相当なことだと思うが、ここのうどんは、ホント相当だと思う。










ちなみに、前回は恐る恐る1玉にしていて、


今回は、調子に乗って、1.5玉ににしてみたのだが、


1.5玉もチュルッといただけるくらいの美味しさだった。


天ぷらも結構頼んだが、軽くてサクサクで、ペロッと食べれてしまう。


神田「香川 一福」へ行く。_f0232060_11524363.jpg
























神田「香川 一福」へ行く。_f0232060_1155506.jpg






























1つだけ残念なことがあるとすれば、


オープン直後は、テーブルにネギが山盛りで、


大好きなネギ食べ放題だったところ、



それは止めてしまったようで、ネギは最初から適量入ってて、


テーブルにはネギの替わりに揚げ玉になってしまったこと。









それは、まあともかく、相変わらず、美味しいうどんだった。









■「香川一福」
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13185500/











■今日のカメ

■「香川一福」
神田「香川 一福」へ行く。_f0232060_11565370.jpgJR神田駅から徒歩5分ほど。外堀通り沿いの神田司町交差点近くにあります。オフィス街に行列が出来ているので、目立ちます。

ネギ食べ放題が揚げ玉に替わり、ちょっと淋しいカウンター。





■1.5玉
神田「香川 一福」へ行く。_f0232060_11495974.jpg「そのまま」(だし温、うどん冷)の1.5玉を注文。










■うどん、アップ
神田「香川 一福」へ行く。_f0232060_11524363.jpgコシがあって、すごく美味しいうどん。

そして、なんと言っても、この透き通る出汁!一見薄く見えますが、出汁がかなりしっかり効いています。






■天ぷら、ドーン!
神田「香川 一福」へ行く。_f0232060_1155506.jpg「一福」の天ぷらは美味しいので、豪華に色々と頼んでみました。









■天ぷら①
神田「香川 一福」へ行く。_f0232060_1205645.jpg野菜天の盛り合わせ。ピーマン、茄子、ゴボウ、カボチャなど。これだけいっぱいあって、300円しないくらい。








■天ぷら②
神田「香川 一福」へ行く。_f0232060_1221086.jpg鶏天、大好き。柔らかくて、とても美味しい。










■天ぷら③
神田「香川 一福」へ行く。_f0232060_1224767.jpgちくわ天と、前回売り切れで食べられなかった半熟卵天ぷら。








これ、結構有名な話だが、目黒はカフェ不毛地帯だ。


家具や雑貨屋が並び、いい散歩コースもあり、


どう見てもカフェ需要ありそうで、カフェ欲しくなるところに、全くカフェがない。











駅周辺にはチェーン店や多少個人店のカフェもあるが、


一歩、目黒通りの方へ歩いていってしまうと、途端に無くなる。


地代が高いからなのか、皆さん家でカフェタイムしてるのか・・・。










で、ふらふらを家具を見ながら目黒を散歩していたら、


思いがけぬ日中暑くなってきて、思った以上にハイスペースで喉が渇いた。











しかし、ここは目黒砂漠。


たいぶ歩けど、全くカフェが見つからない。


目黒駅から歩くこと30分ほど、油面(あぶらめん)という


ちょっと変わった名前の土地までやってきたところで、


ようやく小さなカフェ看板を見つけて、駆け込む。










テーブル4席ほどの小さなオアシス。


秋になったけど、まだ日中ちょっと暑さを感じるこの日、


カフェ名物のかき氷をいただく。


今年最後の夏を目黒のオアシスで楽しむ。


目黒「KUNIMA COFFEE」へ行く。_f0232060_1136996.jpg























目黒「KUNIMA COFFEE」へ行く。_f0232060_11363933.jpg





























■「KUNIMA COFFEE」
http://kunimacoffee.com/about











■今日のカメ

■「KUNIMA COFFEE」
目黒「KUNIMA COFFEE」へ行く。_f0232060_11381542.jpgJR目黒駅から徒歩25~30分ほど。目黒通り沿いの油面交差点近くから、地蔵通り商店街に入った路地にあります。

目黒通り沿いに出ていた看板が無かったら、きっと気が付かなかった。





■店内の様子
目黒「KUNIMA COFFEE」へ行く。_f0232060_11401458.jpg席数少なめ、小さな店内です。テラス席が1席あります。









■かき氷
目黒「KUNIMA COFFEE」へ行く。_f0232060_1136996.jpgちょっと変わったシロップとトッピングのかき氷が4種ありました。

これは、アップルジンジャーシロップに、レモンのコンポート。香り良く、サッパリしていて、食べやすい。





■レモン
目黒「KUNIMA COFFEE」へ行く。_f0232060_11363933.jpg疲労回復、レモンも食べられます。










■カフェオレ
目黒「KUNIMA COFFEE」へ行く。_f0232060_11423977.jpgいい香りの美味しいコーヒーでした。
タグ:







とてもよく晴れていた、とある休日。


なんだかふと思うことがあって、神様にお参りがしたくなった。










成沢家には特定の宗教がないので、


どこでも、どんな神様でも良かったのだが、


都内で探してみたところ、目黒に神社仏閣が集まっているという情報を得て、


その神社仏閣巡りサイトの情報を元に、目黒へ参拝に出かけた。


目黒で神社仏閣巡りをしてきた話_f0232060_1822396.jpg

























目黒で神社仏閣巡りをしてきた話_f0232060_18231029.jpg

























目黒で神社仏閣巡りをしてきた話_f0232060_18234172.jpg

























目黒で神社仏閣巡りをしてきた話_f0232060_1824629.jpg
































東京の真ん中に、こんなに立派な神社仏閣があって、


500体近い仏像が並んでいたり、見上げるほど大きな仏像があったり、


一応、東京生まれ、東京育ちではあるが、


まだまだ知らないところがいっぱいあるなあ、と。










とりあえず、巡る順番も、祀られている神様もよく分からずに、


ただひたすら願い事言って、お祈りして、頭下げてたけど、


そのうちの一人の神様でも、


一つのことでも聞いていただけたら、ありがたいな。












■今日のカメ

■「天台宗 大圓寺」
目黒で神社仏閣巡りをしてきた話_f0232060_18332666.jpg目黒のランドマーク「雅叙園」に行く坂の途中にある「大圓寺 だいえんじ」。JR目黒駅から徒歩3分ほど。

何度となく雅叙園には行っているが、このお寺に気づかず、初めて入った。





■境内の様子
目黒で神社仏閣巡りをしてきた話_f0232060_18353881.jpg通称、大黒寺とも呼ばれているそうで、大黒天を祀っていました。









■薬師如来
目黒で神社仏閣巡りをしてきた話_f0232060_1822396.jpg受付で金箔を買って、治したい箇所と同じ位置に貼ると、治るそうです。









■約520体の石仏群
目黒で神社仏閣巡りをしてきた話_f0232060_18231029.jpg「大圓寺」入って、すぐ左手にある約520体の石仏群。ものすごい数に圧倒されます。都の有形文化財指定。








■とろけ地蔵
目黒で神社仏閣巡りをしてきた話_f0232060_1844678.jpg江戸時代の品川沖で漁師網にかかり、すでにその時には姿は溶けて無くなっていたそう。

「人々の悩みを溶かしてくれる」ということで信仰されている地蔵様。







■「浄土宗 蟠龍寺」
目黒で神社仏閣巡りをしてきた話_f0232060_18481045.jpgJR目黒駅から徒歩8分ほど。先ほどの「大圓寺」から徒歩5分ほど。

ここ「蟠龍寺 ばんりゅうじ」には、「岩屋弁天」というちょっと変わった弁天様が祀られているそうです。





■境内の様子
目黒で神社仏閣巡りをしてきた話_f0232060_18533179.jpgすごく細長く、小さなお寺で、住宅の間を入っていくような感じです。









■「岩屋弁天」入口
目黒で神社仏閣巡りをしてきた話_f0232060_18544211.jpg本殿の右手奥に小さな岩屋があります。










■「岩屋弁天」
目黒で神社仏閣巡りをしてきた話_f0232060_18553173.jpgすごい低い位置にある石造りの弁天様で、正座して座って、ちょうど向き合えるくらい。










■五百羅漢寺
目黒で神社仏閣巡りをしてきた話_f0232060_1856579.jpg目黒で有名なお寺の1つ、「五百羅漢寺」。都内では珍しく拝観料を必要とする寺です。

境内撮影禁止なので、入口までの写真ですが、一度見る価値がある迫力ある羅漢像がたくさん並んでいて、さらにかなり大きな仏像も中にあります。おすすめ。








久しぶりに、古井シェフのイタリアンをいただきに、


新宿三丁目にある有名イタリアン「オステリアオリエーラ」へ。


料理は、すべてシェフにおまかせのスペシャルコース。









シェフの人柄が表れているというか、


派手な演出も華美な装飾も一切なく、シンプルで、上品で、優しくて、


上手に引き算がされている大人なイタリアンだった。


新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_1822142.jpg
























新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_1825977.jpg
























新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_1832238.jpg
























新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_1834443.jpg































実は、この日は仲良くさせていただいている


他店のイタリアンのシェフやマネージャーさんと一緒に食事をしていたのだが、


通常のコースでは考えられない構成と内容、盛り付けだったようで、


ただただ驚いて、感心されていた。










その驚きの理由の説明を受けたけど、


素人の私には美味しかったことくらいしか分からなくて、


玄人同士だけが分かる何かがきっとあったんだろうなあ。









■「オステリアオリエーラ」
http://www.hotpepper.jp/strJ000762555/











■今日のカメ

■「オステリアオリエーラ」
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_19133172.jpg丸の内線「新宿三丁目駅」から徒歩30秒ほど。寄席末広亭の近くのビルの2階です。









■白ワイン
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_19142983.jpg滅多に白は飲まないのですが、今日は最初に1杯だけ。私が好きな酸味少なめ、やや甘めの白ワイン。美味しいー。








■パン
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_19153391.jpgパンとグリッシーニ。










■1品目
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_1822142.jpg今日は、古井シェフのおまかせコースです。

まずは、鯵、鯖、秋刀魚、鰯を使った、いろんな青魚の前菜。食べ比べ。







■2品目
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_1825977.jpg出水産アオリイカに、畑のキャビアと言われるとんぶり、オクラ、みょうがの冷菜。









■アップ
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_19183747.jpgすごく優しい味付け。プチプチ、ネバネバで不思議な食感。









■3品目
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_19193023.jpg生後10日のミルク鳩を使ったジビエ料理。










■アップ
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_19202188.jpgミルク鳩、初めて食べましたが、骨が軟骨なので、骨までそのままバリバリ食べれます。

鳩の骨食べたのも初めて。







■4品目
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_19223299.jpg野菜たっぷりの、とても優しい味わいのミネストローネ。胃が落ち着きます。









■赤ワイン
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_19233255.jpgここから赤ワインへ。










■5品目
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_19241537.jpgパスタは2種類。まずは、「白バイ貝の白ワイン煮 タリオリーニ」です。









■6品目
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_19264156.jpgトマトと海老と、軽くクリームを使ったタリオリーニです。メニューにはない一品。









■7品目
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_1834443.jpgメインは、2ヵ月熟成の「いわて門崎丑(かんざきうし)」を使ったグリル。









■アップ
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_19302141.jpg熟成牛のいい風味がします。










■8品目
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_19311815.jpg最後はデザート。プリン、ティラミス、ブランマンジェの3種盛り合わせ。









■食後の飲み物
新宿三丁目「オステリアオリエーラ」へ行く。_f0232060_19322267.jpgホットティーとビスコッティ。
by meshi-quest | 2015-10-16 08:07 | 新宿








美味しい中華を探すメシクエスト。









色んな人からウワサは聞いていたけど、


ホント美味しかった、「中華香彩 JASMINE ジャスミン」。


名物の「よだれ鶏」も素晴らしかったけど、


恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_16584412.jpg



























焼き餃子もプリプリでとても美味しくて、


恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_16594238.jpg



























土鍋麻婆豆腐もコクがあって、好みの味ですごく良かったのだが、


恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_1704847.jpg
































実は、今回一番泣けたのが、コレ。


「生アオリイカとマコモ茸の青紫蘇炒め」


恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_1714021.jpg





























アオリイカも、マコモ茸も全体的白っぽいので(笑)、


写真からこの美味しさを伝えることは難しいかもしれないが、


少なくとも次行く時には、アルコールよりも先に、


私は真っ先にこの料理を注文したいと思っている。










ここ最近食べた中華料理の中でピカイチだった。









■「中華香彩 JASMINE ジャスミン」
>http://jasmine310.com/












■今日のカメ

■「ジャスミン」
恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_1755954.jpgJR恵比寿駅から徒歩15分ほど。明治通り沿いにあります。









■店内の様子
恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_17193419.jpgカウンターとテーブル。席数はそこそこありますが、この日も閉店までほぼ満席状態。人気店なので、予約必須です。








■テーブルセット
恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_17204771.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■お通し
恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_17215190.jpgお通しの大根の醬油漬けと青海苔ピーナッツ。まずは、ウーロン茶。









■1品目
恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_1723390.jpgアラカルトで注文。まずは、最初から「ジャスミン」名物の「よだれ鶏 蒸し鶏の特製香ラー油」(1640円)です。

辛めではありますが、名物と言うだけあって、すごく香り良く、とても美味しいよだれ鶏。「よだれが出るほど旨い」ことから名付けられているよだれ鶏ですが、本当によだれ出る美味しさ。



■2品目
恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_16594238.jpg自家製焼き餃子(840円)です。

プリプリで、すごく大きい。味もすごくいい焼き餃子です。







■たれは・・・
恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_17265419.jpg先ほどのよだれ鶏の特製香ラー油を残しておいて、ここに付けていただくのが「ジャスミン」流の焼き餃子の食べ方だそうです。








■紹興酒
恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_17441174.jpg中華には、やっぱり合いますねー、紹興酒。










■3品目
恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_17283364.jpg「雲丹と生湯葉、アスパラガスの春巻」(980円)です。

もう名前を聞いただけでも旨いことが確定していますが、実際美味しいです。






■4品目
恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_1730088.jpg「完熟トマトとたまごのふわっとろ炒め」(1200円)です。

シンプルな料理だけに、味の良し悪しがすごく出ますが、これもめちゃくちゃ美味しいです。






■5品目
恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_1732222.jpgどの料理も抜群でしたが、中でも今回一番美味しかったのが、「生アオリイカとマコモ茸の青紫蘇炒め」(2380円)です。

イカの甘味とやわらかさと、マコモ茸と青紫蘇の風味と、もうすべてが完璧な炒め物でした。





■6品目
恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_1735953.jpg「土鍋仕立ての麻婆豆腐 挽きたて四川漢源山椒の香り」(1800円)です。

すごくコクがあって、辛すぎず、山椒強すぎず、ちょうどいいバランスの美味しい麻婆豆腐でした。あまり四川の現地味の麻婆豆腐が苦手なので(真っ黒&真っ赤系)、とても食べやすい。




■7品目
恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_17373484.jpg「タラバ蟹とレタスのチャーハン」(1360円)です。

中国のたまり醬油と黒米を使っているそうで、黒っぽい色になっています。






■デザート
恵比寿「中華香彩 JASMINE ジャスミン」へ行く。_f0232060_17392117.jpg「南米産トンカ豆で作った杏仁豆腐」(600円)です。

お店おすすめのデザート。トンカ豆の風味なのか、ほのかにきな粉のような香りがして、めちゃくちゃ美味しい杏仁豆腐でした。ここ最近食べた杏仁のNo.1かも。








東北沢にあるお気に入りのイタリアン、


「lumielune ルミエルネ」でディナー。









シェフが中野でビストロをやっていた時からの客なので、


「ルミエルネ」が出来てからはそこまで経ってないが、


実は、意外とかなり長いお付き合いになる。










駅からもかなり離れた住宅街にあるが、


最近はグルメな知り合いからも度々「ルミエルネ」の名前を聞くことがあり、


さすがシェフ!というか、やっぱり美味しいもんなあ、料理。


人気が出るわけだ。


東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_1642131.jpg























東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_1644625.jpg























東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_1651623.jpg





























昔の中野ほどは頻繁に伺えなくなってしまったけど、


近くに行った時にはぜひ立ち寄りたいレストラン。


応援しています。








■「lumielune ルミエルネ」
http://r.gnavi.co.jp/hrb2kxxp0000/











■今日のカメ

■「ルミエルネ」
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_169936.jpg小田急線「東北沢駅」から徒歩7分ほど。閑静な住宅街にあります。井の頭線「下北沢駅」からも歩けます。








■店内の様子
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_1610856.jpgカウンターとテーブル。席数はそこそこあります。

人気店で予約客が続々来て、当日客が入れないことも多々。予約必須。







■ワインいっぱい①
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16123458.jpgエチケットのかわいいワインが多数ありました。










■ワインいっぱい②
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16131112.jpg森のラベル、カッコいいなあ。










■ワインいっぱい③
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16134663.jpg以前参加させてもらった六本木「トンネルプラス」のワイン会で、オーストラリアの入手困難な少数生産ワインとして教えてもらったものが、ここにたくさんあって驚いた。エチケットに手書きの萌えキャラ描かれていたから、すごく覚えてる。






■テーブルセット
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_1611439.jpgテーブルセットはこんな感じ。まずは、サングリアの赤から。









■お通し
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16171917.jpgニンジンのラペ。酸味のバランスが良く、すごく美味しい。









■タコマリネ
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16185284.jpg「タコのガーリックマリネとサラミ」(800円)です。

タコマリネとサラミとチーズがとてもよく合っていて、ワインが進む前菜です。






■シャリュキュトリー
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16254819.jpgパテドカンパーニュ、豚肉のリエット、自家製鴨のブレゾーラの3点盛り。「ブレゾーラ」とはイタリアのハムの一種。

「ルミエルネ」のシャルキュトリーは種類も豊富で、ボリュームもあり、とても美味しいです。





■アップ①
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16285569.jpg名物のパテドカンパーニュ。ボリュームたっぷり。クセなく、食べやすいです。









■アップ②
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16294420.jpgリエットはバケットと一緒に。










■アップ③
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_1630177.jpg自家製鴨のブレゾーラ。小さくてもすごく旨味が凝縮されていて、これだけでもワインが進む濃厚な味。








■赤ワイン①
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16311769.jpg美味しいシャルキュトリーに、赤ワインが進む。










■キッシュ
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16321794.jpg中野ビストロ時代から大ファンだったキッシュ。中には、ポアロー葱。絶品です。









■名物の温野菜盛り合わせ
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_1642131.jpg「ルミエルネ」のシェフのスペシャリテ「30種の季節の温野菜 生ハムの香りをまとわせて」(1000円)です。

見た目にもすごく美しく、とても美味しいです。芸術作品。





■温野菜、アップ
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16363916.jpg色んな野菜が使われていて、食べれる野菜図鑑のよう。

皿の周りの絵の具のような色鮮やかなソースもすべて野菜から作られたものです。






■バターナッツのスープ
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16392233.jpg「すずき農園のバターナッツのスープ」です。

バターナッツと言う細長くて甘いかぼちゃを使っていて、驚くほど甘くて濃厚なかぼちゃです。







■インカのめざめ
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16382850.jpg「新笠農場インカのめざめとフォアグラバター」(600円)です。

甘くて美味しいインカのめざめを蒸かしたものに、手前がフォアグラバター。大人なじゃがバター。






■赤ワイン②
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16432411.jpgまたも赤ワインー。










■仔羊
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_1651623.jpgメインは、「仔羊背肉のロースト」(2200円)です。柔らかくて、火加減もよく、とても美味しかったです。








■パスタ
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16453822.jpg「アサリとズッキーニのトマトソーススパゲッティ」(1200円)です。

トマトはやや酸味強めで、シンプルで食べやすいトマトソースです。






■デザート
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_1648648.jpg「ルミエルネ」はデザートもすごく美味しいので、必食です。

「巨峰のジュレ フロマージュブランのムース」です。巨峰の風味とチーズのムースの相性が抜群。めちゃくちゃ美味しかった!





■食後の飲み物
東北沢「lumielune ルミエルネ」へ行く。_f0232060_16493849.jpgダージリンのファーストフラッシュ。さわやかな味わい。








久しぶりの焼肉祭りin高円寺!!


ちょっと疲れていたので、自分へのご褒美。


人気焼肉店「あまね」で心置きなく絶品肉を食べまくった。










肉は、ホントテンション上がるなー。


焼肉出てくるまで、実はあんまり元気なかったのだが(笑)。


改めて、肉食獣であることを感じる瞬間。


高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_1383769.jpg
























高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_1385881.jpg
























高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_1392051.jpg
























高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_1395876.jpg






























■「焼肉 あまね」
http://www.k-amane.jp/











■今日のカメ

■「あまね」
高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_13105497.jpgJR高円寺駅北口から徒歩1分ほど。大一市場のある路地にあります。









■店内の様子
高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_13113923.jpg「あまね」に入れるかは運というかw、予約を受け付けてないので、ひたすら並んで待つか、勘で空いた時間を狙ってみるか、です。

ちょっと遅めの時間を狙って、ちょうど空いたので入れました。




■テーブルセット
高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_13133450.jpgテーブルセットはこんな感じ。

焼肉店では肉とご飯に集中するので、あまりアルコールを飲みませんw。ウーロン茶で。







■もやし大好き
高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_1315214.jpgナムルは3色よりも、もやし1択で十分なので、いつももやしだけもらいます。









■サラダ
高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_1316599.jpg特製ドレッシングの「あまねサラダ」。










■お肉①
高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_13165638.jpgまずは、厚切りのハツとタン。塩で。










■焼きますー
高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_13193047.jpg焼肉って、ホントよく出来てる仕組みだなあ・・・と。

ただでさえ、肉でテンション上がっているところ、自分で焼くという行為をしていることで、さらに料理に愛情が湧くというかw、食欲が増されます。





■お肉②
高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_1322148.jpg上カルビ、だったかな。










■お肉③
高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_13224744.jpg肉の3種盛り合わせ。










■希少部位アップ
高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_13235938.jpgこれが本日のおすすめの希少部位で、すごく美味しかったのですが、名前失念。









■ロースアップ
高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_1325342.jpgすごく脂の乗っているジューシーなロース。

年取ってくると、カルビより、どんどんロースが美味くなってくるなあ(苦笑)。







■カルビアップ
高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_13264290.jpg中落ちカルビ、だったかな。










■お肉 ④
高円寺「焼肉 あまね」へ行く。_f0232060_13271513.jpg最後にもう1皿、ロースを追加して、この日は終了。大満足。
by meshi-quest | 2015-10-13 08:06 | 高円寺








ちょっと前に仕事で上海出張があり、


その時にいつもお世話になっている「イイトコ」さんへ


中華調味料をお土産に買ってきたのだが、


早速、その中華調味料で新作メニューを作ってくれたと聞き、食べにお邪魔した。









あまり中華調味料を使ったことがないので不安と言っていたが、


さすが、料理上手のなっちゃん(イイトコのオーナーシェフ)!!


めちゃくちゃ美味しい料理になっていて、驚いた。











1つは、豚の角煮でもお馴染みの八角


日本で売っている八角よりも、香りが強いのだが、


それは、寒くなってきたこの季節に嬉しい牛すじ煮込みに変身。


西荻窪「家庭料理とお酒 iitoco イイトコ」へ行く。_f0232060_1513515.jpg


























香り豊かな八角の効果で、牛すじの臭みもなく、煮込みもスッキリ、軽くいただける。











もう1つは、「五香粉(ウーシャンフェン)」。


あまり日本では馴染みがないかもしれないが、


中国や台湾ではよく使われる、「魔法の粉」と呼ばれる調味料。


名前の通り、基本は、花山椒、クローブ、シナモン、スターアニス、フェンネルの


5つの香り高いハーブが配合されているが、5つとは限らず、独自のスパイスもある。


日本で売っている「五香粉」は売っているが、中国の方が、より香りが鋭い印象。











そんな五香粉は、なんと「イイトコ」特製チャーハンに変身!


「五香粉」の魅惑的な香りで、ついつい箸が止まらなくなる。


西荻窪「家庭料理とお酒 iitoco イイトコ」へ行く。_f0232060_1585646.jpg































本場中国からの直輸入(笑)の、珍しい中華調味料を使った


絶品料理は、今ならメニューにあるようなので、お早めに!!


人気出たら、レギュラー化もあるかも?!









■「家庭料理とお酒 iitoco イイトコ」
http://www.nanka-iitoco.com/











■今日のカメ

■至福の時
西荻窪「家庭料理とお酒 iitoco イイトコ」へ行く。_f0232060_15112543.jpg漫画山積みにして、読みながら手料理待つとか!至福です。









■キャベツステーキ
西荻窪「家庭料理とお酒 iitoco イイトコ」へ行く。_f0232060_15123181.jpg最近の私のお気に入り、「キャベツステーキ」。










■キャベツ、アップ
西荻窪「家庭料理とお酒 iitoco イイトコ」へ行く。_f0232060_15131551.jpgベーコンの出汁で焼き煮がされているので、外はしっかり、中はやわらかです。オリーブオイルと塩でシンプルにいただきます。甘くて美味しい。








■鶏スープ
西荻窪「家庭料理とお酒 iitoco イイトコ」へ行く。_f0232060_15145385.jpgメニューにはないのですが、いつも作ってもらっている鶏と大根のスープ。パクチーとレモンの風味が効いてます。








■出汁巻き
西荻窪「家庭料理とお酒 iitoco イイトコ」へ行く。_f0232060_1516106.jpgしっかり出汁が効いているフワフワの出汁巻き卵。絶品。









■牛すじ煮込み
西荻窪「家庭料理とお酒 iitoco イイトコ」へ行く。_f0232060_1517848.jpg八角をほんのり効かせた大人の牛すじ豆腐煮込み。

八角が入ることで、食べ飽きないし、お酒とも相性良いです。







■魔法の粉のチャーハン
西荻窪「家庭料理とお酒 iitoco イイトコ」へ行く。_f0232060_15182230.jpg魔法の粉の五香粉を使った特製チャーハン。五香粉チャーハン自体、初めて食べましたが、すごく美味しい。

五香粉の成分は、漢方薬にも使われるものなので、ご飯もあまり重たくなく、スッキリ食べられます。お酒飲んだ後の〆にもピッタリです。
by meshi-quest | 2015-10-12 08:08 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン