<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧





仲良くさせてもらっている広島焼き屋「カンラン」へ。












最近、口コミで急速に評判があがっているようで、


元々、人気店ではあったが、以前にも増して予約が難しくなってきた。













この前は、土曜日ってこともあったけど、


持ち帰りの予約でも、焼き上がりまでに40分待ちだったからなあ・・・。












ご近所の特権ということで、早めに予約を入れておいて、


席が空き次第、連絡もらって滑り込み。


相変わらず、美味しい広島焼きだった。












■「広島流お好み焼き カンラン」
http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0X00062797/index.html
















■今日のカメ

■「カンラン」
f0232060_13132543.jpgJR西荻窪駅から徒歩10分ほど。

南口駅前の大通りを五日市街道方面へ真っすぐ歩いて行くと、五日市にぶつかるすぐ右側にあります。







■お通し
f0232060_1315564.jpg大根おろしとキャベツに、ぽん酢。シンプルだけど、何気にうまい。









■牛スジ煮込み
f0232060_13161578.jpg鉄板の上であったまっている鍋が気になって、牛スジ煮込み注文。具だくさん。









■ホタテバター
f0232060_13172362.jpg大きくてプリプリのホタテバター。にんにくの芽とともに。









■豚トロ
f0232060_13181545.jpg豚トロ、うまー。










■チーズ焼き
f0232060_13185586.jpgトロトロのチーズ焼き。酒のつまみにぴったり。










■れんこんバター
f0232060_13194660.jpgいままで、そんなにれんこん好きではなかったのですが、「カンラン」で食べて、超れんこん好きになりました。

ホクホクしていて、甘味もあり、美味しい!






■京生麩焼き
f0232060_13213276.jpg毎回恒例ではありますが、「カンラン」来ると必ず頼む京生麩焼き。もちもち~。









■豚チーズそば玉
f0232060_13234073.jpgキャベツの甘味たっぷりの広島焼き。絶品。
by meshi-quest | 2014-04-10 08:06 | 西荻窪




青山一丁目の外苑銀杏並木を見ながら、


イタリアンレストラン「キハチ 青山本店」でランチ。












ランチタイムにやっているキハチワゴンデザートが楽しみだったのだが、


残念ながら、今年の2月をもって、そのサービスは終わってしまったようだ。


かなりリッチなワゴンデザートだったから、採算合わなかったのかな・・・。


超残念。













ワゴンデザートはなくなった分、デザートは5種盛りに変わったが、


相変わらず、メインも、パスタも、デザートも、美味しいランチだった。













ちなみに、「キハチ」は、ディナーも美味しいので、おすすめ。













■「レストラン キハチ 青山本店」
http://www.kihachi.jp/restaurant/aoyama_mainshop.html
















■今日のカメ

■「キハチ 青山本店」
f0232060_1239170.jpg大江戸線「青山一丁目駅」から徒歩5分ほど。青山二丁目交差点から絵画館へ向かう、外苑銀杏並木道沿いにあります。

並木道の目の前にあり、ロケーションも良く、味も良いので、かなり混みます。30分待ちは覚悟で。





■パン
f0232060_12411776.jpg外はパリッと、中はしっとりの、甘味ある自家製バケット。オリーブオイルで。









■スープ
f0232060_12452490.jpg「Pleasure プレジャー」(3675円)のコースにしました。以前は、このコースにワゴンデザートが付いていたのですが、ワゴンサービスは終了してしまったとのこと。

スープは、春キャベツとあさりの温かいスープ。





■前菜
f0232060_1248810.jpg表面を炙ったスモークサーモンのカルパッチョ。レッドキャベツやラディッシュが添えられ、美しい赤の盛り付け。








■メイン
f0232060_12561376.jpg鶏肉(だったかな?)を揚げたものに黒胡麻の風味良いソースがかかっています。









■メイン、アップ
f0232060_12582953.jpg鶏肉もやわらかく、付け合せの野菜もとても甘く、美味しいメインでした。









■パスタ
f0232060_12593381.jpg魚とタケノコのラグーパスタ。トマトソースが美味しい!









■デザート
f0232060_131444.jpg豪華ワゴンデザートサービスはなくなってしまいましたが、5種盛りも十分ボリュームあり、美味しかったです。

ロールケーキ、ブラウニー、ココナッツミルクのプリン、フルーツゼリー、ヨーグルトアイスの5種。





たびたび、このメシクエでも書かせてもらっているが、


私の最期の晩餐は、あったか白米に「銀だらの西京焼き」と決めている。












これだけは譲れん。


銀だらが大好きなのだ。













そんな私に、「銀だら絞り」なる、


銀だらエキスがたっぷり詰まったつけ麺を食べさせてくれる店がある、


という情報が入り、これは行かねばならぬと、早速行ってきた。













やはりというか、さすがというか、


そのお店は、「五ノ神水産」。













新宿に「五ノ神製作所」という、


超濃厚海老つけ麺を出してくれる有名店があり、


その銀だら版というか、系列店だった。













ちなみに、海老も超大好きを自負していたので、


以前、新宿の「五ノ神製作所」へ行ってみたが、


予想のななめ上を行く海老っぷりに、若干戸惑った。













さて、「五ノ神水産」。


ここは、名物「銀だら絞り」の他、


鮭を使った「鮭絞り」と、ウニを使った「雲丹絞り」があり、


どうやら「水産」の名の通り、魚出汁をメインにしているようだ。













銀だら好きとしては、当然迷わず「銀だら絞り」へ行くわけだが、


テーブルに来た瞬間に込みあがる強烈な銀だら臭と、


口に含んだときにやってくる銀だらエキスが、


予想のはるか斜め上を行っていて、銀だらに酔ってしまった。













銀だらは、焼くものであって、絞るものではないな・・・。













決してまずくはないし、


こんな珍しいつけ麺はここだけだと思うので、一食の価値はあるのだが、


銀だら好きでもちょっと引いてしまうくらいの強烈さだった。
















■今日のカメ

■「五ノ神水産」
f0232060_11483155.jpg紅鮭が付いたカッコいい看板が目印。










■外観
f0232060_11494017.jpg丸の内線「淡路町駅」から徒歩5分ほどの路地裏にあります。JR御茶ノ水駅からも徒歩12分くらい。









■店内の様子
f0232060_11513777.jpg入った瞬間に猛烈な銀だら臭がしますw。

店内は、おしゃれで、きれいで、一人でも気軽に入れる感じです。







■「銀だら絞り」
f0232060_11531724.jpg「銀だら絞り」の全部入り。鶏チャーシュー、味玉、三角メンマなどが入っています。

とにかく、ものすごい銀だら臭ww。







■スープ、アップ
f0232060_11552622.jpg「銀だら絞り」という名に、ウソ偽りのない、超濃厚な銀だらスープ。銀だらは大好きですが、ここまで濃厚なスープになってしまうと、正直ちょっと酔う(苦笑)。

鶏チャーシューはやわらかくて、美味しかったです。




■麺、アップ
f0232060_1158776.jpg麺にガリが付いているのですが、スープが濃厚なため、ガリが進む、進む・・・(笑)。









■「鮭絞り」
f0232060_11593065.jpgこっちは、鮭。これもかなり濃厚な鮭でしたが、銀だらよりは食べやすいかも。




4月6日の日曜日。


東京は真冬並みに寒く、晴れたと思ったら、


直後に雷が鳴り、豪雨という荒れた天気となった。













そんな極寒の日曜日を吹き飛ばすかのように、


神奈川県川崎大師駅からほど近い金山神社にて、


アツいお祭りが行われていた。












「かなまら祭り」


関東三大奇祭の1つになっている子宝祈願の祭りで、


巨大な男性器と女性器の神輿が町を練り歩く。











だいぶ前からその祭りの存在を聞いていたが、


4月のこの時期、いつも仕事やら、花見やらでバタバタしていて


気が付くと逃してしまっていたので、


今年はiPhoneのスケジュールにアラート付きで入れておいたw。


ずっと行ってみたかったんだよね。












境内では、男性器キャンディーやら、男性器名の付いた酒など、


猥褻物陳列罪上等の品々が売られており、


なかなか普通の祭りではお目にかかれない奇怪な光景だった。













老若男女、外人さんから小学生くらいの子まで、


みんなが日常のように男性器キャンディーを舐めている様は、


だんだん見慣れてきて、いつしか普通の光景となった。












「かなまら祭り」の最大の見せ場は、


黒の男性器と茶の女性器の神輿なのだが、


その中に1つ、ピンク色したおかしな神輿が混じっている。












これは、みんなが楽しみに待っている通称「エリザベス神輿」というもので、


「エリザベス会館」という会員制女装メイクサロンから寄贈され、


毎年、女装したおネエさん達が担ぎ手をしている。













さて、前書きはこの辺までにし、


あとはすべて以下の「今日のカメ」の写真にて、


その素晴らしい奇祭の様子をご覧いただきたいのだが、


どう見えようが、あくまで神聖なお祭りであるので、


「メシクエ」でも包み隠すことなく、堂々と掲載させていただこうと思う。













こういったお祭りに対して、「卑猥」と書いてしまうほうが、


よっぽど卑猥だよね。卑猥上等。












■「金山神社」
http://kawasakidaishi-kanko.com/wakamiyahachimangu/index.html
















■今日のカメ

■「金山神社」
f0232060_0253111.jpg京急大師線「川崎大師駅」から徒歩1分ほど。年に1回の奇祭の日とあって、ものすごい人だかり。









■のぼり
f0232060_0315371.jpg男性器のマークが印象的な金山神社ののぼり。

元々は鍛冶の神様を祀る神社ですが、下半身にやけどをした神様を治療したことがあって、そこから下半身にご利益がある「性と鍛冶の神様」となったそうです。子宝だけでなく、エイズ除けにもご利益あるそうですが、それは純粋に予防した方がいいのでは・・・(苦笑)。



■ご神体
f0232060_0343226.jpgご神体・・・だと思いますが、巨大な黒い男性器。この神輿が町を練り歩きます。









■エリザベス神輿
f0232060_0361274.jpgこちらは、エリザベス会館寄贈のピンクの男性器、「エリザベス神輿」。

ご神体よりも、こちらが大人気で、みんな写真撮影をしていました。






■ご神体とエリザベス
f0232060_0393143.jpgご神体越しに、ピンクのエリザベスが見えます。

黒の男性器⇒エリザベス⇒茶の女性器の順番で、神輿が神社を出発するようです。







■Tシャツ屋①
f0232060_04234.jpg境内では、神社の祭りとは思えないような商品が多数売られています。

これは、男性器Tシャツ。







■Tシャツ屋②
f0232060_0434053.jpgこっちは、女性器Tシャツ。










■外人さんと男性器
f0232060_0442476.jpg公認キャラなのか、自主的なのか、男性器キャラが外人さんの写真対応をしていました。

観光客にやたら外人さんが多いのも、印象的でした。ガイドブックに載っているのか、日本の奇祭を楽しみにしてるんでしょうね。





■「金玉」と「万古」
f0232060_0474040.jpg「金玉」(きんぎょく)と「万古」(ばんこ)と読むそうです。









■これが、そのお酒。
f0232060_0484984.jpg「かなまら祭り」名物の清酒だそうです。










■こんなのも。
f0232060_0493529.jpg特注なのか、男性器の入れ物に入った「ほだれ酒」(2000円)。









■男性器ボールペン
f0232060_0514465.jpgお店のおじさんに、「お姉ちゃん、触ってけ」と言われ、触ってみましたが、やわらかかったです。ボールペンね。








■大行列
f0232060_0533150.jpgこれ、「かなまら祭り」名物のあめ細工を買う人の大行列。ここまで来たら、買わないと!ということで、並んでみました。








■あめ細工
f0232060_0553514.jpg並ぶこと15分。思ったよりも早く、あめ細工購入の順番が来ました。









■なんだかなあ・・・w
f0232060_0565658.jpgキングとクィーンがあります。1本700円。

飴としては食べ辛そうだし、正直、あまり美味しそうに見えないんですが、まあご利益ある記念の飴なので。






■キングキャンディー
f0232060_059166.jpgこんな感じです、アップにすると。










■本殿
f0232060_10541.jpg小さな神社に人が溢れかえっているので、なかなかたどり着けなかったのですが、ここが本殿。









■巫女さんの舞
f0232060_12026.jpg巫女姿の、小学生くらいの小さな女の子達による奉納の舞。









■木彫りの男性器
f0232060_133529.jpgこれにまたがると、子宝に恵まれるそうです。女性なら、誰でもまたがりOK。









■写真撮影会①
f0232060_143456.jpg密やかにまたがるものかと思っていたら、写真撮影会場と化していて、写真撮られたいお姉ちゃんと、写真撮りたいおじちゃんで、需要と供給バランスが取れていました。







■写真撮影会②
f0232060_16349.jpgまたがるには、このピンクの半被を着るのがルールのようです。









■鍛冶の神様
f0232060_173847.jpg鍛冶の神様だけあって、本殿の中に、鍛冶に使う炉があって、その前にお賽銭箱があるという不思議な神社でした。








■火打石
f0232060_185042.jpg火打ちをやらせてくれて、火花が出ると、良いことがあるそうです。なかなか難しくて、なんとか1回だけ火の粉出た。








■ここにも。
f0232060_1102281.jpgだんだん普通の光景になってきました。










■いよいよ、神輿出陣。
f0232060_1113921.jpgとにかくすごい人で、神奈川県警総出動で、大混乱の中、神輿出陣。

場所取りのために、1時間くらい待った・・・。







■男性器神輿、出陣。
f0232060_1142010.jpgせっかく最前列を取っていたのに、大混乱と、撮影の雪崩で、もみくちゃに。

警察官の怒号と、スマホのシャッター音が鳴り響く。






■エリザベス神輿、出陣。
f0232060_115376.jpg青空をバックに、ピンクが映えるエリザベス。なかなか奇怪な光景でしたw。
by meshi-quest | 2014-04-07 08:03




仲良くさせてもらっているスタバのスタッフさんから、


「いま、COLD STONEが限定でやっている、


あまおうのアイスがとても美味しいから、ぜひ行ってみて!」と言われ、


早速、「COLD STONE CREAMARY コールドストーンクリーマリー」へ。












結論から言うと、ホント美味しくて、


イチゴ好きにはたまらない一品になっていた。


イチゴショートケーキのアイス版という感じ。


こりゃ、うまい。


ハマりそうだ。













ちなみに、「コールドストーン」は何度か行ったことがあったが、


六本木店に行って、初めてお歌のサービスなるものがあることを知った。


アイスがより美味しくなるように、アイスを作っている最中に、


スタッフの方が振り付きで、歌をうたってくれるのだ。












「ぜひ、歌付きで!」とお願いしたら、


「ありがとうございます!!」とキラキラした目で


あまおうアイスの歌をうたってくれた。


一切の迷いなく、「あまおうっ!」と叫ぶ姿にプロを感じた。













しかし、品川店は何回か行ったが、歌ってくれなかったな・・・。













■「コールドストーンクリーマリー」
http://www.coldstonecreamery.co.jp/
















■今日のカメ

■「コールドストーン」
f0232060_11175283.jpg日比谷線「六本木駅」から」徒歩1分ほど。六本木ヒルズノースタワー1階にあります。









■店内の様子
f0232060_1119217.jpg店内は、期間限定「あまおう」一色。

1つ前にいた外人のお客さんがアイスの歌に盛り上がって、写真撮影。私も便乗w。







■コーンもいちご。
f0232060_1121140.jpgコーンも、追加料金でいちごverに変えられます。










■お歌のリクエスト
f0232060_1122241.jpg歌ってくれるとは、知らなかった・・・。










■もちろん、歌付きで!
f0232060_1122122.jpg私のあまおうを歌付きで作ってもらうことにしました。









■美味しくなるかなー。
f0232060_1123418.jpg歌いながら、アイス製作中。










■「あまおう」
f0232060_11241884.jpgあまおうを3個使うのと、5個使うのがあり、これは5個(アイスの中に2個、上に3個)。さらに、コーンもいちごに変えて、トータル900円。

2人で1個で十分くらいのボリューム。美味しかった!




お台場に用事があり、流れ流れて、


「たこ焼きミュージアム」なるものへ。












仕事でも、プライベートでも、あんまりお台場に縁がなく、


なので、お台場にそんな場所があることすら知らず、


まさか、閉館30分前の「たこ焼きミュージアム」に


入ることになるとは思わなかった。












閉館30分前ということもあり、平日ということもあり、


ほとんどお客さんはいなかったが、


土日ともなると、席もなく、入れないくらいになるそうなので、


こういう時に入れて良かったのかもしれない。













さあ、取材だ。


人生って、色んなクエストが起きるもんだなあ。












■「たこ焼きミュージアム」
http://www.odaiba-decks.com/?mode=dtm















■今日のカメ

■「たこ焼きミュージアム」
f0232060_18512346.jpgゆりかもめ「お台場海浜公園」から徒歩2分ほど。

「デックス東京ビーチ」の4階にあります。








■館内の様子①
f0232060_18555841.jpg中には5軒のたこ焼き屋が入っていて、館内は広く、飲食スペースもたくさんあります。









■館内の様子②
f0232060_1858498.jpg入口にたこ焼き船のオブジェ。










■「本家 会津屋」
f0232060_1902441.jpgこの「会津屋」の初代が作った肉とこんにゃくを入れて焼く「ラヂオ焼き」というのが、たこ焼きの元祖とのこと。








■ラヂオ焼き
f0232060_1943811.jpgこれが、たこ焼きの元祖なのだそう。

この日は、残念ながらすでに売り切れで食べれませんでした。







■「美味しんぼ」でも紹介
f0232060_1941637.jpg「美味しんぼ」の77巻に出ているそうです。










■会津屋のたこ焼き
f0232060_1965971.jpgラヂオ焼きが売り切れていたので、普通のたこ焼きを。

出汁がきいていて、ソース無しで食べる。さっぱりし過ぎているのと、焼いてからちょっと時間経ってるみたいで、私はイマイチ。





■「たこ焼き 十八番」
f0232060_1975884.jpg「天かす」入りでサクサクという言葉に惹かれて、「十八番」というたこ焼きも買ってみる。









■「十八番」のたこ焼き
f0232060_1991540.jpg確かに、天かす入りで、サクサクしている。2種食べたうちなら、こっちの方が好きかな。
by meshi-quest | 2014-04-05 08:03




西荻窪にある大好きなビストロ、


「organ オルガン」へ。












ちょっと前に、キッチンの前にカウンターが出来たので、


一人でも立ち寄りやすくなった。


キッチンで料理をしているオーナーシェフの紺野さんに、


料理やワインのことを色々聞きながら、楽しく食事。












一人飲みもまんざらではない。











■「organ オルガン」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/13419.html















■今日のカメ

■「organ」
f0232060_18292253.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩5分ほど。










■カウンター
f0232060_1830618.jpgキッチンの前に新設されたカウンター。紺野さんやスタッフの皆さんと話をしながら食事ができるのがいい。常連さんが多い席。








■チーズ
f0232060_183116100.jpgおすすめのセミハードのチーズ。ワインを作るこの時期、ワインで使ったカベルネ・ソーヴィニヨンの絞りかすを使って、チーズの周りに付けて香り付けする季節限定チーズだそう。周りの黒いのは絞りかす。香りがすごく良かった!






■やりいかのソテー
f0232060_18351879.jpg「赤海老とやりいかのソテー 彩り野菜のタブレ添え」です。









■やりいか、アップ
f0232060_1836354.jpg赤海老とやりいかのソテーの下に、野菜とクスクスが敷かれていてます。めちゃくちゃ美味しいー。









■蝦夷鹿
f0232060_18381522.jpg熟成されたいい鹿があるということで、鹿のソテーをいただくことに。

付け合わせは、レッドキャベツのマリネと、じゃがいものグラタン。






■鹿、アップ
f0232060_1839264.jpg味わい深く、香りが良い鹿。しかも、やわらかい。特製ソースに付けても美味しかったが、肉自体の味がしっかりしていたので、塩で十分なくらい美味しい。
by meshi-quest | 2014-04-04 08:07 | 西荻窪




六本木にある中華の名店「中国飯店」のカジュアル版、


「中国飯店 小天地」でランチ麺。













ここの五目そばが、ホント美味しくて・・・。


派手さはないけど、確実に美味しさが分かる麺。












■「中国飯店 小天地」
http://www.chuugokuhanten.com/shyoutenti/














■今日のカメ

■「五目そば」
f0232060_1892971.jpgランチの五目そばセット(900円)です。私は、ワンパターンな上、五目そばラブなので、いつもだいたいこれ。

他にも、坦坦麺など麺類各種、ご飯ものも充実しています。





■五目そば、アップ
f0232060_1895510.jpg青菜、しいたけ、イカ、豚肉など、具だくさんの五目そば。

コクがある醤油スープで、とても美味しい。







■ミニ点心
f0232060_18114788.jpgランチに付いているミニ点心。日替わり。今日は、もち米を使ったシュウマイでした。これも、かなりうまい。








■デザート
f0232060_18125036.jpg食後のデザートは、タピオカミルクでした。




親友と食事。


久しぶりに、代々木にあるお気に入りのイタリアン「タンタボッカ」へ。












前菜も、パスタも、肉も、デザートもうまい。


全体的にボリュームがあって、リーズナブル。


バランスが取れた、使い勝手の良い、上質なトラットリア。












特に、「タンタボッカ」オリジナルのスモークバター。


相変わらず、ホント絶品だった。













■「トラットリア タンタボッカ」
http://www.tanta-bocca.com/














■今日のカメ

■「トラットリア タンタボッカ」
f0232060_17455880.jpgJR代々木駅から徒歩8分ほど。明治通り沿いにあります。









■テラス席
f0232060_1746468.jpg店内はテーブル席のみで、席数は割とあります。窓側に3つだけテラス席があり、ゆっくりできるので、いつもここをお願いしています。








■赤ワイン
f0232060_17473382.jpg飲みやすいグラスの赤。










■絶品スモークバター
f0232060_1748134.jpg「タンタボッカ」自家製のスモークバターとパン。この組み合わせだけで、赤ワインが何杯も飲めてしまう感じ。

しかし、ホントここのスモークバターは美味しい。中毒性高し!





■水牛のモッツアレラ
f0232060_1750301.jpgさっぱりしていて、とても美味しい水牛のモッツアレラ。それにしても、でかい!









■ヤリイカのフリット
f0232060_17521266.jpgイカの唐揚げとか、天ぷらとか、大好き。イカうまー。









■タルタルサラダ
f0232060_175386.jpg「アボカドとズワイガニと珊瑚トマトのタルタル」です。

ズワイガニの風味と、トマトの甘みと、アボカドのクリーミーな感じが絶妙。うまうま。






■イチボ炭火焼
f0232060_1754691.jpg「タンタボッカ」に来ると、必ず頼むA5牛のイチボ(牛のケツの先っぽ)の炭火焼。









■イチボ、アップ
f0232060_1756171.jpgめちゃくちゃやわらかくて、めちゃくちゃジューシー。絶品。









■ペペロンチーニ
f0232060_17564645.jpgこれも必ず頼む、「生ウニのペペロンチーニ」です。









■生ウニパスタ、アップ
f0232060_17574941.jpgペペロンチーニなので、基本オイルベースのさっぱり系ですが、これは生ウニが溶け出し、クリーミーで超濃厚。うまい!








■「カンノーリ」
f0232060_17594745.jpgイタリア・シチリア地方の伝統菓子。筒状になったクッキーのような生地の中に、リコッタチーズが入っています。濃厚。

ちなみに、1つだと「カンノーロ」、複数だと「カンノーリ」。写真は2つなので、「カンノーリ」。




散々飲んだ挙句に、順当に終電を逃し、


タクシーを捕まえようとしたところ、


同じ状況下の人たちで六本木通りが溢れてて、ダメだこりゃ。












というわけで、〆にラーメンでも食いに行くことになり、


西麻布にある博多ラーメン「赤のれん」へ。












もういつだったかも忘れてしまったくらいのだいぶ前に、


一度、夜に「赤のれん」に食べに来て、


その時には私の好きな濃厚ラーメンではなかった気がしていたが、


久しぶりに食べてみたら、ちゃんと濃厚で、豚骨臭くて、美味しかった。













味が変わった・・・ということもないだろうし、


きっと私の記憶があいまいだったんだろうなあ。


会社近くに、濃厚民族が愛用できそうな豚骨ラーメンあって嬉しい。













■「博多ラーメン 赤のれん」
http://www.akanoren.com/
















■今日のカメ

■「赤のれん」
f0232060_17313640.jpg大江戸線、日比谷線「六本木駅」から徒歩8分ほど。西麻布交差点のそばにあります。









■味玉らぁめん
f0232060_17333023.jpg「らぁめん」(700円)に味玉(100円)トッピング。









■らぁめん、アップ
f0232060_17351291.jpg豚骨臭くて濃厚で、美味しいラーメンでした。

今は味変わっちゃったけど、ちょっと前の「ぼんしゃん」ラーメンっぽい感じ。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン