<   2013年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧






六本木にある中華料理店、


「中国名菜 孫」にて、開発会社さんとランチミーティング。











ここは、中国料理界で最高位と言われる「特級技師」の資格を


史上最年少で獲得された孫成順(ソンセイジュン)氏のお店。












せっかくなので、中華の王道・麻婆豆腐を頼んでみたのだが、


唐辛子の辛さと、胡椒や山椒のピリピリが全面に出ていて、


あまりコクがなく、好きな麻婆豆腐ではなかった。













そういえば、数年前、上海に行って、


高級ホテルで本場の中華食べたときも、こんな味だったなあ・・・。


個人的には、三鷹の「虎茶屋」都立大の「わさ」の麻婆豆腐の方が好き。


次は、素直に炒め物とか頼んでみるかな。











■「中国名菜 孫」
http://www.son-seijun.com/















■今日のカメ

■「中国名菜 孫」
f0232060_2022015.jpg大江戸線「六本木駅」から徒歩5分ほど。東京ミッドタウンから星条旗通りに向かう路地裏にあります。









■ハマグリのスープ
f0232060_2025949.jpgランチセット(1000円)に付いてくるハマグリのスープです。

このスープは、香り良く、とても美味しかったです。






■小鉢2種
f0232060_20265891.jpg鶏の煮物と、焼茄子の田楽です。










■麻婆豆腐
f0232060_20285495.jpg日替わりランチ。今日は、麻婆豆腐でした。










■麻婆豆腐、アップ
f0232060_20294988.jpg中国式の麻婆豆腐というか、辛さと痺れを強調した麻婆豆腐でした。個人的な好みもありますが、私は苦手かな。








■ミニデザート
f0232060_20305943.jpg豆乳のムースです。




西荻窪にあるパイナップルラーメンの聖地「パパパパパイン」で、


限定ラーメン「ソソソソソース」を食べてきた。














本当は、もう1つあった限定ラーメン「カカカカカカオ」が食べたかったのだが、


限定ラーメンにはコアファンがいて、大人気のようで、


残念ながら、私が行ったちょっと前に、うううう売切れてしまった。













さて、この「ソソソソソース」だが、


ラーメンの上に、味付けされたひき肉と、


キャベツと、揚げ玉と、ソースが乗っており、


なんとなく見た目から味が想像できてしまう代物だったが、


やっぱり、メンチを分解したような味だった(笑)。












でも、意外とイケた(笑)。













「パパパパパイン」のスゴイとこは、


一見、ふざけているかのような、エキセントリックなラーメンを出しつつも、


ちゃんと味が計算されていて、食べれる範囲に着地しているところ。













次の新作ラーメンも、たたたた楽しみにしている。











■「パパパパイン」
https://twitter.com/paishio














■今日のカメ

■「パパパパパイン」
f0232060_22124051.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩1分ほど。

ちょっと怪しい飲み屋街のはずれにあります。パインの看板が目印。







■「ソソソソソース」
f0232060_22144310.jpg限定ラーメン「ソソソソソース」(800円)です。

「パパパパパイン」では、定期的に斬新な限定ラーメンを出しています。詳しくは、お店のTwitterで。







■「店内の様子」
f0232060_22184466.jpgお店の中は、パインをイメージした黄色の世界。至るところに、パイナップルの置物があります。

カウンターのみの6席。小さな店内です。







■「ソソソソソース」
f0232060_22201060.jpgソースのいいにおいが広がる(笑)、不思議なラーメンです。









■ソースラーメン、アップ
f0232060_22212674.jpgキャベツの上に、たっぷりソース。メンチっぽい味がしますが、意外と美味しかったです。









■「パパパパパイン」
f0232060_22235582.jpgオーソドックスな「パパパパパイン」の塩味です。










■パイン、アップ
f0232060_22251884.jpg個人的に、熱したパインが苦手なので(苦笑)、パインはそんなにいらないですが、塩ラーメンとしてちゃんと美味しいです。
by meshi-quest | 2013-11-19 08:07 | 西荻窪




六本木にある鶏料理店「鶏匠 たけはし」でランチ。













ここの名物は、中目黒「はし田屋」直伝の、


卵の上に、さらに卵が乗ったトロトロの親子丼なのだが、


タルタルソースに目が無いので、今日はチキン南蛮定食。












やわらかい胸肉のチキン南蛮に、


濃厚なタルタルソースが合っていて、ご飯が進む。













チキン南蛮は、いいね。


カロリー高そうだけどw。











■「鶏匠 たけはし」
http://www.takehashi.info/















■今日のカメ

■「鶏匠 たけはし」
f0232060_21395123.jpg大江戸線「六本木駅」から5分、日比谷線「六本木駅」から3分ほど。六本木通りから路地に入ったところにあります。






■店内の様子
f0232060_21402949.jpgカウンターとテーブル、奥に個室もあります。










■チキン南蛮定食
f0232060_21412236.jpg鶏むね肉のチキン南蛮定食(800円)です。










■チキン南蛮、アップ
f0232060_21431031.jpgタルタルがたっぷりかかっています。チキン南蛮、最高。宮崎、バンザイ。




夜に吉祥寺で用事があり、


吉祥寺シアター側にある「Cafe Amar カフェアマル」で待機。












外からだと分かりにくいが、店内はかなり広々としていて、


席数も多く、内装もかわいく、居心地がいい。












ただ、今日はたまたまだったのかもしれないが、


味が強いというか、甘いものは若干甘すぎて、


塩気のあるものは若干しょっぱかった。


味自体は美味しいんだけどなあ、ちと残念。











■「Cafe Amar カフェアマル」
http://cafeamar.com/
















■今日のカメ

■「カフェアマル」
f0232060_21254422.jpgJR吉祥寺駅中央口から高架沿いに徒歩5分ほど。

吉祥寺シアターの側にあります。








■お店の外観
f0232060_212730100.jpg道路からちょっと奥まったところにあります。










■店内の様子
f0232060_21282772.jpg外から見るよりも店内は広々としていて、席数も多いです。









■ブランコ席
f0232060_21293630.jpg天井から吊るされたブランコ席もあります。










■ブロッコリーのスープ
f0232060_21301662.jpg味はとても美味しくできていたのですが、いかんせん、しょっぱかった・・・。









■ジンジャーミルク
f0232060_2131234.jpgこれも、生姜の風味がいい感じで、美味しくできていたのですが、逆に甘すぎた・・・。
by meshi-quest | 2013-11-17 08:03 | 吉祥寺




六本木にあるインド料理店、


「サイーファケバブ アンド ビリヤニ」でランチ。












ここは、インド風炊き込みご飯の「ビリヤニ」を看板に掲げ、


本格的なビリヤニを食べさせてくれるお店。












インド料理=カレーのイメージだったが、


新宿のインド料理店「シターラ グローブ」でビリヤニを食べて以来、


ビリヤニがすっかり好きになってしまった。












「サイーファケバブ アンド ビリヤニ」は、スタッフも全員インドの方で、


かなり本格的なビリヤニが食べれると聞き、期待していたのだが、


正直言うと、うまい、まずいもなく、「食べ慣れない味」が正しい感想。












本当に本格的で、ビリヤニの皿が来た瞬間、


シナモンやカルダモンなど各種スパイスの香りがブワッと広がり、


ビリヤニの中にも、スパイスの原型がゴロッと入っている。












きっと今まで好んで食べていたビリヤニは、


インド料理素人の日本人用にアレンジされたものであって、


本場のビリヤニは極めて強烈な、こんな感じなのかもしれない。













例えて言うと、インド旅行に行ったとして、


初日とかに出てきて、「うわ・・・」と思いながらも、


ずっと朝晩食べ続けていたら、舌が慣れてきて、


1週間後の帰国直前くらいに「あれ、なんかクセになってきたかも」と思うような味。












いつか好きになりそうな気配はあるんだが、いかんせん、味が強烈。


なので、今の段階では、うまいも、まずいも判断が付かないかな。













■「サイーファケバブ アンド ビリヤニ」
http://r.gnavi.co.jp/gaf5801/














■今日のカメ

■「サイーファケバブ アンド ビリヤニ」

f0232060_2123183.jpg大江戸線「六本木駅」から徒歩3分ほど。東京ミッドタウン近くの雑居ビル1階にあります。









■店内の様子
f0232060_2134229.jpgテーブル席のみで、そこそこ席数はあります。










■ランチサラダ
f0232060_2142499.jpgビリヤニセット(1200円)に付いてくるサラダ。上の白いものは、豆腐。









■チキンビリヤニ
f0232060_2151346.jpgビリヤニは、野菜、マトンなどから選べます。

皿が来た瞬間に、かなり強烈なスパイスの香りがします。ボリュームはたっぷり。







■ビリヤニ、アップ
f0232060_2191564.jpgシナモン、カルダモン、ベイリーフ、パクチーなど、スパイスがそのままゴロッとビリヤニの中に入っています。

きっと本場のビリヤニはこんな感じなんだろうなあ・・・と思いながらも、初回は、スパイスの強さに撃沈しました。




■ライタ
f0232060_2113756.jpg甘くないヨーグルトです。ビリヤニにかけて食べると、スパイスの味がマイルドになります。




吉祥寺界隈で人気があるタイ料理店、


「KHUCHAI クゥーチャイ」で夕食。












元・ムエタイチャンピオンの日本人オーナー自ら作ってくれるタイ料理は、


ムエタイ修行で長年タイにいらっしゃっただけあって、


本格的で、とても美味しかった。













特に、パッタイは、今年8月にバンコクに行って、


バンコクNo.1と言われるパッタイ専門店「ティップサマイ」で食べたパッタイと、


遜色ないほどの美味しさで、驚いた。












これだけ美味しいタイ料理なので、


個人的にもっと色んなタイ料理を食べてみたかったが、


小さめのお店なので、メニューが少ないのが、ちと残念。











またぜひ伺わせていただきたいと思う。












■「クゥーチャイ」
http://r.gnavi.co.jp/a0bka36r0000/















■今日のカメ

■「クゥーチャイ」
f0232060_12312943.jpgJR吉祥寺駅井の頭口から徒歩1分ほど。バスが通る商店街沿いにあるビルの2階です。道路に出てるピンクの看板が目印。








■かわいらしい階段
f0232060_12325330.jpgカフェっぽい感じのかわいらしい階段を上って、2階へ。









■店内の様子
f0232060_12342258.jpg店内は、オーナーの現役時代の写真やムエタイのポスター、タイのテレビなど、タイ一色。

テーブル席のみで、席数は少なめです。







■ジャスミン茶
f0232060_12355062.jpgタイらしいコップ(お椀?)で登場。










■ラオビール
f0232060_12362531.jpgタイのビール。










■「パッブンファイデーン」
f0232060_12372254.jpg空芯菜の炒めです。本場同様、かなり辛めの味付けですが、とても美味しくできていました。

日本だと、野菜炒めって単品でも食べれるように、優しい味付けになりますが、タイだと、野菜炒めも基本ご飯と一緒に食べるので、野菜料理ほど辛い味付けになってたりしますね。




■「カイチアオ ムーサップ」
f0232060_12405587.jpg豚ひき肉がたっぷり入ったタイ風玉子焼き。ご飯が欲しくなる味。辛くありません。









■芳寿豚の炙り
f0232060_12413554.jpgお店イチオシの名物メニュー「芳寿豚」の炙り(780円)です。









■芳寿豚、アップ
f0232060_12423794.jpg通常、豚は悪玉菌が多いので、生はNGですが、この芳寿豚は上質のマグロよりも悪玉菌が少ないために、生食が可能だそうです。

脂がくどくなく、臭みもなく、かつ、甘味があり、とても美味しい豚でした。





■海老カレー炒め
f0232060_12451717.jpg海老のカレーミルク炒めです(980円)。

レモングラスをはじめとしたタイハーブたっぷりの、タイ料理らしい風味がする一品でした。







■タイ米
f0232060_12465813.jpgタイ料理は、どんどんご飯が進みますねー。










■「ムートード」
f0232060_1247425.jpg豚を自家製のタレに漬け込んで揚げるタイ風豚から揚げ。









■パッタイ
f0232060_12484711.jpgどれも美味しかったですが、特にこのパッタイが美味しかったです。バンコクで本場のパッタイを食べてきたばかりだっただけに、パッタイにはうるさくなってましたがw、これは本場に近く、ホント美味しかったです!
by meshi-quest | 2013-11-15 08:01 | 吉祥寺





西麻布にあるオーガニックワインと肉料理の店、


「GORI ゴリ」で開発会社さんと会食。












会議室じゃ堅苦しくて話しづらいことがいっぱいあるからね。


食事って、大事。


飲みって、大事。












ちなみに、「GORI ゴリ」は、オーガニックワインにこだわっていて、


飲み放題のワインにもオーガニックワインを出してくれる。


気のせいかもしれないが、オーガニックのおかげか、


散々飲んでも、翌日にそこまで響かない。


あと、結構、料理のボリュームもあって、しかも、美味しいのがいい。













■「GORI ゴリ」
http://www.gorigori.jp/















■今日のカメ

■「GORI ゴリ」
f0232060_2323191.jpg日比谷線「六本木駅」から徒歩8分ほど、大江戸線「六本木駅」から徒歩12分ほど。

西麻布の交差点近く、六本木通りから路地に入ったところにあります。駅からはちょっと遠いです。






■店内の様子
f0232060_23255158.jpgカウンターとテーブル。席の間隔が開いているので、ゆっくりはできますが、全体的に席数は少なめです。








■サラダ
f0232060_23265939.jpg人数に合わせて、お店に料理はおまかせしました。

まずは、色々野菜のサラダ。








■カルパッチョ
f0232060_23284552.jpgサーモンを使ったカルパッチョ。










■豚とラタトゥイユ
f0232060_2329269.jpgラタトゥイユの上に、揚げ焼きされたジューシーな豚が乗っている一品。









■モッツァレラ
f0232060_2330363.jpg水牛のモッツァレラ。やわらかく、濃厚で、すごく美味しい。









■豚のロースト、きた!
f0232060_23315662.jpgドドーンとボリュームたっぷりの赤豚のロースト。めちゃくちゃやわらかくて、甘みもあり、とても美味しい豚でした。









■ラグーパスタ
f0232060_2333070.jpgラグーを使ったオイルベースのパスタ。こちらもすごいボリューム。









■デザート
f0232060_23345159.jpg塩胡椒のブラウニー。

塩と胡椒が甘味を抑えていて、大人向けのブラウニーでした。




ちょうど1年前に香港へ行ったとき、


香港路地裏の食堂で、冬の風物詩ともいえる、


名物土鍋ご飯(ポゥツァイ飯)を食べたのだが、それがとても美味しかった。












日々めっきり寒くなってきて、あの味を思い出す。


東京でも同じようなものが食べれるお店がないかなあ、と思っていたところ、


知り合いから、香港ではなく中国式ではあるが、


美味しい土鍋ご飯が食べられる店があると聞き、行ってきた。












確かに、香港で食べた土鍋ご飯とはちょっと違ってたが、


これはこれで美味しい土鍋ご飯だった。













ぶっちゃけ、見た目が地味というか、イマイチなので、


デートや会食にも合わなさそうだが、


個人や友達とのランチや夕食に、ぜひ。












■「天一保 テンイッポウ」
http://www.kiwa-group.co.jp/shop/1338267475















■今日のカメ

■「天一保」
f0232060_2365734.jpg日比谷線「六本木駅」から徒歩3分ほど。六本木ヒルズのヒルサイド1階にあります。

「紅虎餃子房」や「万豚記」などのチェーン店を手がける際コーポレーションのお店。






■テラス席
f0232060_2383590.jpg屋内はカウンターとテーブル席、奥に屋外のテラス席が3卓ほどあります。

晴れている時は、テラス席が気持ちいい。







■スペアリブ土鍋飯
f0232060_2392831.jpgランチは、数種の土鍋飯が選べ、スープと香の物が付いて、980円です。

これは、豚スペアリブの土鍋飯。







■土鍋飯、アップ
f0232060_23121722.jpgしっかり味付けされていますが、見た目ほど、くどくありません。スペアリブもやわらかく、美味しい土鍋ご飯です。

直接、土鍋にご飯を入れて炊くので、ほど良くおこげも出来ていて、いい感じです。





■香の物
f0232060_23141657.jpg中華香の物3種。




吉祥寺にある、仲良しの居酒屋さん「オクワ酒屋」へ。











友達と近況報告し合いながら、


旨いつまみと旨い酒で、夜が更けていく・・・。











■「オクワ酒屋」
http://ameblo.jp/okuwa-zakaya/















■今日のカメ

■自家製サングリア
f0232060_15242722.jpgいつもは赤を飲むのだが、赤が売り切れちゃったようなので、珍しく白のサングリア。









■大人のポテサラ
f0232060_15251315.jpg味付けひき肉がたっぷり入った大人のポテサラ。コロッケを食べているような感じ。美味しい!









■だし枝豆
f0232060_15274824.jpgややピリ辛の出汁に漬け込んだ枝豆。酒飲みには、最高のおつまみ。









■ブロッコリー
f0232060_15284960.jpgブロッコリーのガーリック炒め。










■名物「オクワメンチ」
f0232060_15293645.jpgオクワ酒屋さんの名物メンチ。

肉をお店でたたいてひき肉にしてから作っているので、鮮度も、肉のコシも違う。うまい!







■バーニャカウダ
f0232060_1530384.jpg何があっても絶対頼むバーニャカウダ。都内No.1。










■海苔とゆず胡椒のパスタ
f0232060_15312866.jpgオクワ酒屋さん唯一ある〆の食事。海苔とゆず胡椒のパスタ。風味良く、ピリ辛な大人のパスタ。
by meshi-quest | 2013-11-12 08:09 | 吉祥寺




最近、私を取り巻く環境が変わり、


とても楽しく仕事をさせてもらっている反面、


調整や交渉、業務も多岐に渡り、作業量も格段に増え、


嫌な疲れではないが、事実、疲れてる。












よし、疲れたときには、カレーが一番!


ということで、六本木界隈で一番人気というインドカレー店、


「SWAGAT スワガット」へ。












まあ、カレーとラーメンはホント好みなので、


あくまでも個人的な意見だが、正直、あまり美味しくなく、


全く疲れが取れなかった。











カレー云々の前に、ターメリックライス。


これが、一番ダメ。


値段の関係もあるのか、日本米を使っていて、


べっちょりしてて、まるでもち米のよう。


スパイスの効いているもち米は、ホント美味しくないな。












■「SWAGAT スワガット」
http://swagat-jp.com/
















■今日のカメ

■「スワガット」
f0232060_13424957.jpg大江戸線「六本木駅」から徒歩3分ほど。麻布警察署裏のビルの2階です。









■店内の様子
f0232060_13451526.jpgテーブルが数席。小さめの店内です。

人気店で、外に待ちの列が出来ていました。








■ランチサラダ
f0232060_13501561.jpgカレー2種に、サラダ、チキンティッカ(骨なしチキン)、パラタ(全粒粉の薄焼きパン)、ライス、ミニデザートが付く「Cセット」(1350円)を注文しました。

サラダは普通。





■Cセット
f0232060_13523396.jpg豪華なCセット。パンの下に、チキンが2つあります。

ライスがホント美味しくなかった・・・。







■カレー①
f0232060_13542997.jpgカレーはメニューの日替わり4種から好きなものを選べます。

これは、ほうれん草とベジタブルのカレー。ほうれん草の青臭さが出ていて、イマイチかな。






■カレー②
f0232060_13552155.jpg鶏ひき肉のキーマカレー。これは、美味しくできていました。









■デザート
f0232060_13561555.jpg揚げドーナッツのシロップ漬け。かなり甘いです。

糖尿病になりそうな糖分量・・・(苦笑)。








■チャイ
f0232060_13572026.jpg食後のアイスチャイ。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン