<   2011年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧



とある晴れた休日。


ムームー森川さんと白石ちゃんからお誘いいただき、


「たき火」をしに、車で富士山のふもと富士五湖へ出掛けた。












「たき火」をするのは生まれて初めてだ。


「キャンプファイヤー」をたき火にカウントして良いならば、


おそらく小学校5年生の時以来だ。












元々、全くアウトドアに縁がない人間なので、


普段から自然に触れる機会が極端に少ない。


免許もないので、ちょっと山や海へドライブ、ということもない。












お誘いいただいて、大喜びで参加表明をさせてもらった。


自然は好きだし、興味はあるのだ。


今まで縁がなかっただけで。












さて、当日。


何を着ていこう、私・・・。











白石ちゃんから来ていた旅のしおり(メール)に、


「火の粉が飛んで、ちょっと焦げ目ついてもOKな服」


とあり、改めてクローゼットを眺めてみるが、


どう考えても、いま私の持っている服はどれも燃えやすそうだ。












しかも、機能よりデザイン重視に偏っているため、


なんかいっぱい糸が出てて、枝に引っ掛かりそうだわ、


テカテカした素材で汚れやすく、燃えやすそうだわ、


いまさらになって、サバイバル力の低い装備ばかり揃っていることに驚く。












とはいえ、何か着ていかねばならないので、なんとか


「燃えてもOK」「暖かい」「汚れてもOK」「枝に引っかからない」


を満たす装備を選出した。


靴も普段はヒールなので、濡れてもいいようにレインブーツにした。













「よし、なかなかアウトドアになってるじゃん!!」


と、自分なりには自信があったのだが、


集合場所へ行く途中にあった友人に


「え、それで山行くの!?」と驚かれてしまった。


どうやら何かが間違っていたようだ・・・。













いまだに私の装備の何が悪かったのかが分からないので、


今度その子に会ったら、じっくり聞いてみようと思う。

















■今日のカメ

■談合坂SA(下り)
たき火をしに行く。 前編_f0232060_1802348.jpg中央道で行きに、軽く食事とトイレ休憩で立ち寄った談合坂サービスエリア。

下りはリニューアルをしたようで、お店も新しく、何よりトイレが高島屋並みにキレイでビックリした。壁にはテーマパークのようなカラフルな絵、パウダールーム完備で、BGMは東京事変。サービスエリアも進化したなあ・・・。




■空気が美味しい
たき火をしに行く。 前編_f0232060_1843827.jpgとてもよく晴れて気持ちがいい。空気が美味しい。

サービスエリアで、すでに自然を満喫。








■談合坂コンシェルジュ
たき火をしに行く。 前編_f0232060_186434.jpgサービスエリアの雰囲気とにつかわない「コンシェルジュ」の文字(笑)。

「総合案内」とかではダメだったんだろうか。







■フードコート
たき火をしに行く。 前編_f0232060_18101964.jpg私が子供の頃、サービスエリアで食事と言えば、カレーかラーメンだったもんだが、いまやちょっとしたデパート並みの立派なフードコートがあるんですね。ビックリ。







■バイキングも
たき火をしに行く。 前編_f0232060_18114721.jpg何で今までなかったんだろ?と思ってしまうくらい、便利なバイキング形式のデリ。

色んなお惣菜を量り売りしていて、弁当BOXに詰めてテイクアウトもできる。






■こんな感じ
たき火をしに行く。 前編_f0232060_181301.jpgサラダ、お惣菜、ご飯、スープなど、種類も豊富。

さらに、地方限定の郷土料理なども量り売りになっていて、サービスエリアとの相性がいい。







■ロボット、発見。
たき火をしに行く。 前編_f0232060_18141746.jpgデリの前に、ロボットがいました。

ふと見ると、お腹に張り紙があります。








■張り紙
たき火をしに行く。 前編_f0232060_18151147.jpg触っちゃダメな理由は、「フライパンが取れやすから」(爆笑)。

正直でいい。







■しずおか茶コーラ
たき火をしに行く。 前編_f0232060_18165346.jpg「しずおか茶コーラ」なるものを見つけたので、お土産に購入。

まだ開けてませんが、成分表を見る限り、甘い抹茶の炭酸版という予想。






■パン屋
たき火をしに行く。 前編_f0232060_18182438.jpgパン屋の天井にレールが敷かれていて、買い物かごのようなものがグルグル回っています。

かごの中にはパンが入っているのですが、何のために回ってるんだろう・・・。






■談合坂あんぱん
たき火をしに行く。 前編_f0232060_1820990.jpgパン屋の人気商品「談合坂あんぱん」。「談」の焼印が効いてます。









■森川さんと白石ちゃん
たき火をしに行く。 前編_f0232060_18211571.jpgたき火に向け、軽く食事。
森川さんはしっかりカレーを食べていますw。









■ふじやま。
たき火をしに行く。 前編_f0232060_18225858.jpg富士五湖向かう途中、窓から見えた富士山。

他の山とは貫録が違います。
まだ雪もなく、赤茶ぽい色をしていました。紅葉もまだのようです。
by meshi-quest | 2011-10-30 18:26 | 旅行_国内


ジビエの季節なので、西荻窪にある肉専門イタリアン


「トラットリア29」でも、ジビエ祭り。









今日のメインは、熊と鹿。


この季節、熊や鹿を出すお店も多く、


熊のステーキだったり、鹿のローストだったり。


この季節のジビエは、ホント美味しい。












さて、「トラットリア29」ではどんな調理法で出てくるのか楽しみだったが、


熊がラザニアになってたり、鹿が煮られていたり、


さすが「トラットリア29」、オリジナルの熊と鹿になっていた。













■「トラットリア 29」
http://trattoria29.jugem.jp/
















■今日のカメ

■メニュー
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_1775131.jpgメニューに書かれている今日の一言。

「秋本番!!ジビエの季節到来!! 鹿!熊!!イタリアからポルチーニも~♪」







■1品目
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_1795132.jpg「トラットリア29」お馴染みの有機野菜のスティックサラダ。

オリーブオイルとハーブ塩で。







■赤ワイン
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_1711628.jpgトスカーナの赤ワイン。










■自家製パン
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_17115812.jpg外はカリカリ、中はモチモチの絶品パン。










■2品目
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_17124071.jpg前菜の4種盛り合わせ。










■豚舌マリネ、アップ
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_17133955.jpg「豚舌と長ネギと胡桃のマリネ」です。

臭みは全くなく、酢の加減もちょうど良くて、とっても食べやすい冷菜。







■フリッタータ、アップ
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_1715416.jpg「黒キャベツのフリッタータ パルミジャーノソース」です。

フワフワしたオムレツのような感じで、濃厚なチーズソースととても合っていました。個人的に大好きな味。






■自家製生ハム、アップ
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_17165982.jpg来る度に冷蔵庫の骨付き肉が気になっていたのだが、ついに解禁された自家製生ハム。

塩味は強めですが、下の甘いいちじくと食べるとちょうどいい感じになります。







■サルシッチャ煮込み、アップ
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_17192129.jpg「サルシッチャとセロリと黒オリーブの煮込み」です。

適度な塩味で、やさしく仕上がっており、そのままご飯のおかずになりそうな感じ。美味しい。






■3品目
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_17204925.jpg「栗と北海道産熊のラザニア」です。










■ラザニア、アップ
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_17215772.jpg熊のラグーも初めてですが、熊肉を使ったラザニアも初めてです。

臭みは全くなく、濃い牛肉のラザニアという感じ。栗がアクセントになっていて、秋らしいラザニアになっていました。美味しい!





■メイン
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_17233917.jpgドドーンと出てきたボリュームたっぷりの鹿。

「北海道産蝦夷鹿とイタリア産ポルチーニの煮込み ポレンタ添え」です。







■鹿、アップ
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_17245354.jpgやわらかくしっかり煮込まれた鹿と、香りよいポルチーニ。下の白いものがポレンタ。

美味しく出来ていたが、煮込むと鹿が若干パサつくので、個人的には、鹿の旨味とやわらかさを堪能するため「焼き」で食べたかったかな。





■デザート
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_17281527.jpg「栗粉のクレープ リコッタクリームと柿添え」です。

周りにはハチミツがかかっています。







■クレープ、アップ
西荻窪「trattoria 29 ~ジビエ祭り~」へ行く。_f0232060_1729334.jpg初めて栗粉を食べましたが、イタリアではよく食べるそうです。

小麦粉と違って、重量感があるというか、そば粉に近い感じでした。しっかりとした生地のクレープ。栗の香りはあまりしません。さっぱりとしたクリームや柿と合っていて、美味しかった。
by meshi-quest | 2011-10-30 17:33 | 西荻窪





代々木の路地裏にある古民家カフェ「DADA CAFE」へ。











ランチメニューに、「ミルトン」とある。


「ミルトン」???


「見る豚」?












それを確かめに行くのだ。













■「DADA CAFE」
http://www.religare.biz/dada_top.html















■今日のカメ

■「DADA CAFE」
代々木「DADA CAFE」へ行く。_f0232060_16405767.jpg人通り少ないJR代々木駅東口から徒歩1分ほど。

古民家をリノベーションしているので、見た目はホントに住居。







■路地裏
代々木「DADA CAFE」へ行く。_f0232060_1643193.jpgこんな路地裏を入っていきます。

昔、代々木をふらふらしてた時に、たまたま路地に迷い込み、見つけたカフェ。







■店内の様子
代々木「DADA CAFE」へ行く。_f0232060_16442033.jpg中も古民家をほぼそのまま利用しています。大きな窓からいっぱい光が差し込んでいます。









■庭
代々木「DADA CAFE」へ行く。_f0232060_16461450.jpgソファ席もあります。庭も縁側もあって、昔は庭でもご飯食べれたんだけど、今はどうなのかな・・・。








■本日のランチ
代々木「DADA CAFE」へ行く。_f0232060_16471962.jpgスープと、ご飯やサラダ、おかずが一緒になったワンプレートランチ。









■これが「ミルトン」
代々木「DADA CAFE」へ行く。_f0232060_16481414.jpg南仏の家庭料理だそうです。大量のピクルスと豚のひき肉と玉ねぎをトマトで煮込んだ感じ。

味は、ピクルスとトマトで少し酸味が強めですが、サッパリしていて、疲れていてあまりご飯食べたくない時とかいいかも。






寒くなってきた。


いや、確実に、寒い。


お汁粉が食べたひ・・・。









思い立ったらじっとしてられないので、吉祥寺「横尾」へ。


ここで出してくれるお汁粉には、甘酒が入っていて、


ほんのり日本酒風味の、美味しいお汁粉を出してくれる。












そして、即決でいつもの「冷たいお汁粉」を頼む。


横尾のお汁粉は、温かいのと冷たいのの2種類あるのだが、


ここに限っては、冷たいお汁粉の方が好きなんだ。











寒さとお汁粉と私の意思の関係なんて、そんなもんだ。













■「お茶とお菓子 横尾」
http://www.sidetail.com/cafe-index.html

















■今日のカメ

■「お茶とお菓子 横尾」
吉祥寺「お茶とお菓子 横尾」へ行く。_f0232060_16193540.jpgJR吉祥寺駅から徒歩7分くらい。藤村女子中高の近くの路地裏にあります。

古本があったり、小学校で使っている木の椅子があったり、素朴でかわいい店内。






■お茶とお菓子セット
吉祥寺「お茶とお菓子 横尾」へ行く。_f0232060_16224323.jpgだいたいいつも「お茶とお菓子セット」を頼みます。

お茶やお菓子も数種から選べますが、いつもほとんど「冷たいお汁粉」と「凍頂烏龍茶」にします。ここの「凍頂烏龍茶」はホント香りよく、台湾で飲んだ本場のものより美味しいかも。




■冷たいお汁粉
吉祥寺「お茶とお菓子 横尾」へ行く。_f0232060_16251176.jpg白玉いっぱいの冷たいお汁粉。温かい方だと、かなり甘酒の香りが立つので、冷たい方が私にはちょうどいい。








■抹茶
吉祥寺「お茶とお菓子 横尾」へ行く。_f0232060_16262051.jpg抹茶もあります。










■かわいいナプキン
吉祥寺「お茶とお菓子 横尾」へ行く。_f0232060_16265757.jpg横尾さんのHPにも出ていますが、かわいい和風の手書き絵が、ナプキンにハンコで押されています。
by meshi-quest | 2011-10-30 16:29 | 吉祥寺


西荻窪にある肉専門イタリアン「トラットリア29」へ。











秋の肉祭り。


秋茄子、サンマ、ポルチーニ、マスカットなど、秋の味覚がいっぱい。












そして、メインは、トロトロのアグー豚。


豚肉の厚さがハンパなく、潔く完敗を認め(笑)、おみやにしてもらう。


とても美味しかった。













■「トラットリア 29」
http://trattoria29.jugem.jp/
















■今日のカメ

■秋のメニュー
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_19521574.jpg秋の特別メニュー。










■赤ワイン
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_19525242.jpg今日は4人で。
人数が多いと、ボトルでワイン入れられるから、いい。








■1品目
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_19551953.jpg生野菜スティック。
肉を食べる前に、胃の準備体操を。









■2品目
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_19562529.jpg秋の前菜3種の盛り合わせ、登場。










■オーブン焼き、アップ
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_19573344.jpg秋茄子とサルシッチャのオーブン焼き。

茄子の甘味とサルシッチャの濃厚さが合っていて、すごく美味しい!







■サンマのパテ、アップ
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_1959178.jpg秋の味覚、サンマを使ったパテ。すごくいい香りで、臭みなく、これもうまい!









■鹿肉、アップ
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_200876.jpg「鹿肉のポルペッティーニ パプリカとクミンのソース」です。鹿肉のミートボール。

風味良く、すごく美味しい。ご飯が食べたくなる感じ。






■自家製パン
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_2014683.jpgトラットリア29の、大好きな自家製モチモチパン。外側はカリッとした蒸しパン、そんな感じ。

こういう感じのパン、ここ以外で食べたことないなあ。






■3品目
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_203918.jpgトリッパと豚耳とレンズ豆の煮込み。

風味付けにオレンジを使っているので、臭みなく、すごくさわやか。
トリッパ、実は苦手なのですが、これはすごく食べやすい。





■4品目
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_2044372.jpgポルチーニのリゾット。










■リゾット、アップ
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_20768.jpg運ばれてきた瞬間からポルチーニのいい香り。

リゾットは、シンプルにポルチーニ&チーズが一番好き。







■ポルチーニ
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_208819.jpgすごく大きく、身も厚いポルチーニ。










■5品目
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_209653.jpgトラットリア29自家製のハム3種盛り。

左から自家製ハム、ポルケッタ、ソプレッサータ。
酒飲み4人でどれが好きか投票してみたところ、ポルケッタに2票、ソプレッサータに1票、ハムに1票という結果。





■6品目
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_20131555.jpgメインディッシュ、登場。
沖縄県産皮付きアグー豚の煮込み。ソースはマスカットを使ったフルーティーなソース。

手前はマッシュポテト。






■アグー豚、アップ
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_20152340.jpgこの厚み、この脂身。
やわらかくて、すごく美味しかったのですが、完食ならず(苦笑)。おみやに。








■デザート
西荻窪「trattoria 29 ~秋の肉祭り~」へ行く。_f0232060_2016201.jpg「モンテビアンコ」、イタリア風モンブランです。

栗のペーストはないですが、食べるとモンブラン。
洋酒のきいた栗やレーズンに、たっぷり生クリームが入っています。
by meshi-quest | 2011-10-23 20:19 | 西荻窪


ご招待いただき、丸の内にあるシュラスコ料理店


「バルバッコア クラシコ」へ。











シュラスコっぽい料理は食べたことがあるが、


ちゃんとしたシュラスコ料理は初めてだ!











・・・ということを言ってみたら、


「残念ながら、日本で食べるシュラスコは、


本場ブラジルのシュラスコとはだいぶ違いますよ(笑)」


と教えていただいた。











実際ブラジルへ何度も行かれている方が言うのだから間違いない。


今日は、「シュラスコ風」ということで。












ちなみに、あとで知ったんだが、この「バルバッコア」って、


「モーモーパラダイス」「モーパラ鍋ぞう」の系列店なんだね。












■「バルバッコア」
http://www.barbacoa.jp/















■今日のカメ

■「バルバッコア クラシコ」
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_1715870.jpg新丸ビルの6階にあります。










■店内の様子
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_1735251.jpgバイキング形式になっていて、シェラスコとサラダバー食べ放題で5800円、それにビールなどの飲み放題を付けると8300円といった感じ。

人気があるようで、スーツを着た会社員団体客がたくさんいました。





■サラダバー
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_1754671.jpg本格的なサラダバーほどではありませんが、割と種類はありました。

変わった野菜などはありません。







■お惣菜など
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_1773545.jpgポテトサラダ、かぼちゃを炒めたものなどイタリアン惣菜から、チンゲン菜を似た中華っぽい惣菜まで、色々。








■ブラジル料理
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_1791223.jpgブラジル家庭料理のコーナーもありました。

一度食べてみたかった「フェジョン」(ブラジル豆のシチュー)、「フェジョアーダ」(黒豆と肉のシチュー)もあった。






■テーブル
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_17114277.jpgこんな感じで、肉食べる気満々。










■パン
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_17123938.jpgポンデケージョのようなもちもちパンとクラッカー。

ハッキリ言うと、かなりの量の肉が来るので、炭水化物はいらない感じ。






■取ってきたもの①
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_17142213.jpg野菜をいっぱい。










■取ってきたもの②
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_1715184.jpg味見程度にちょこっとブラジル料理も。

「フェジョン」も「フェジョアーダ」も基本、豆の味というか、クセや臭みなどはなく、食べやすい料理でした。






■シュラスコ、登場
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_17174634.jpgシュラスコは、串に刺さった肉をもったスタッフが各テーブルを回るので、欲しいモノを欲しいだけもらう感じです。

これは、牛のランプだったかな。






■次々と
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_17202122.jpg色んな肉が次々とやってきます。15~20種くらいあるようです。

これはソーセージ。







■刺さってないもの
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_17215594.jpg「シュラスコ」は、基本串焼きを指しますが、串に刺さっていないものもありました。

というか、ここでは刺さっていないものが半分くらい合ったような気がする。






■刺さってない肉
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_17233036.jpg刺さっていないのはこんな肉。










■こんなのも。
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_1724262.jpgかなり大きな塊で焼かれています。ラムだったかな。









■野菜も。
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_1725315.jpg野菜のシュラスコもあります。これは新玉ねぎ。










■肉
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_17262714.jpgかなりいい感じで焼けています。

食べ放題ということもありますが、何よりかなり色んな種類の肉が食べれるので、人気があるのかもしれません。






■ラム
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_17282419.jpg骨付きのラム。










■今回の一番お気に入り
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_17285688.jpg今回、私がお代わりまでして一番美味しいと思ったのは、これ。焼きパイナップル。

肉でなくて、ごめんなさい(苦笑)。







■焼きパイン、アップ
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_17302547.jpg最初は「焼きパインなんて・・・」と思っていたのですが、焼かれることで、激甘くなり、香りも立ち、ビックリするほど美味しくなります。これは美味い!







■デザート
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_17313098.jpg食後にマンゴーシャーベットが出てきます。










■丸い札
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_17321729.jpg各テーブルに、この牛の絵の描かれた丸い札が1枚置かれています。









■裏
丸の内「シュラスコ バルバッコア クラシコ」へ行く。_f0232060_17332426.jpg裏面は赤になっています。

これ、何かと言うと、緑を表にしていると、シュラスコスタッフがテーブルに立ち寄りますが、赤の裏にしている場合は、素通りします。そのためのマーク。
by meshi-quest | 2011-10-22 17:36 | 東京


神楽坂にあるイタリアン「神楽坂 しゅうご」へ。











神楽坂という町は、平日夜の方が賑やかな気がする。


土日の夜は、意外と静かで、のんびりとしているんだな。












■「神楽坂 しゅうご」
http://www.kagurazaka-shugo.com/















■今日のカメ

■「神楽坂 しゅうご」
神楽坂「しゅうご」へ行く。_f0232060_16275991.jpg東西線神楽坂駅からは10分ほど。JR飯田橋駅か大江戸線牛込神楽坂駅からの方が近いかもしれません。

カウンターとテーブル数席。小さめの店内です。







■ウーロン茶
神楽坂「しゅうご」へ行く。_f0232060_163069.jpg休肝日、ということで(笑)。










■アミューズ
神楽坂「しゅうご」へ行く。_f0232060_16305352.jpg白しめじのポタージュ。
キノコの香りよく、美味しい。









■「蝦夷豚の自家製ラルドといちじくのマリネ」

神楽坂「しゅうご」へ行く。_f0232060_1632201.jpgまずは冷菜から。
季節の果物いちじくを使ったサラダ。









■マリネ、アップ
神楽坂「しゅうご」へ行く。_f0232060_16332046.jpg白いのがラルド、下の赤いものがいちじく。

かなり酸味が強く、美味しいのですが、ちょっと苦手な人もいるかも。







■「メジマグロのレアフリットと黒舞茸のフリット」

神楽坂「しゅうご」へ行く。_f0232060_1635422.jpgレアマグロにも惹かれたんですが、何よりも舞茸が気になって注文。









■レアメジマグロ
神楽坂「しゅうご」へ行く。_f0232060_163752.jpg食べ応えある、大きめのマグロがいい感じでレアになっています。

1点残念なのは、ちょっとしょっぱかったこと。もっと塩少なめでいいかも。






■舞茸、アップ
神楽坂「しゅうご」へ行く。_f0232060_163849.jpg舞茸と色々野菜のフリット。

舞茸の天ぷらが大好きで、なんでしょうね、舞茸って脂吸って衣で揚げられると、爆発的に美味しくなりますよね。






■「サウスダウン種仔羊ラグーと赤ピーマンのキターラ」

神楽坂「しゅうご」へ行く。_f0232060_16393193.jpgラグーパスタが好きなので、注文。赤ピーマンがどっさり。









■ラグーパスタ、アップ
神楽坂「しゅうご」へ行く。_f0232060_16401671.jpg味は?というと、美味しいのですが、青椒肉絲(チンジャオロースー)にすごく似ています。ピーマンのせいかな(笑)。

パスタのゆで加減はバッチリでした。






■アラビアータ
神楽坂「しゅうご」へ行く。_f0232060_1643549.jpg基本のアラビアータ。
本当はクリーム系が食べたかったのですが、この日のメニューにはなく、残念。








■アップ
神楽坂「しゅうご」へ行く。_f0232060_16435950.jpgゆで加減良く、ニンニクの風味がきいていて美味しく出来ていました。ちょっと辛めです。









■「栃木益子町で捕れた猪(1歳半オス)の肩ロースグリル」

神楽坂「しゅうご」へ行く。_f0232060_16453498.jpg銃ではなく、罠で捕まった猪だそうです。

かなり厚みあり、ボリュームたっぷり。これで2250円。







■猪、アップ
神楽坂「しゅうご」へ行く。_f0232060_16465056.jpg肉はやわらかく、焼き加減も良いのですが、いかんせん、塩が強いのが残念(泣)。上の塩をどけて食べました。

ソースはバジルのジェノバソースでしたが、いまいち合っていない感じ。あと、付け合わせが人参と人参の葉のグリルでしたが、ちょっと単調でアクがあるので、飽きるのも残念。
タグ:
by meshi-quest | 2011-10-22 16:50 | 神楽坂


とある日。


なんか散歩をしたくて、ふらっと神楽坂へ。










場所はどこでも良かったんだ。


なんか昔からある町で、人が地元に根付いている町であれば。











「人」を感じたかった。


「人が生活している姿」を見たかった。


私も生活はしているのだが、なんだか息しているようなしていないような、


そんな変な感覚に襲われていたのだ。












ふらっと散歩していたら、例のごとく、喉が渇いてきた。


近くにあった古民家カフェへ。











近くに、どうやらこの界隈で人気のおしゃれカフェがあって、


かなりの行列を作っていたが、私はこっちに行く。













手作りのホカホカのおまんじゅうをほおばる。


これがいい。












■mugimaru2
http://www.mugimaru2.com/
※音が出ます。















■今日のカメ

■「mugimaru2」
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_1681263.jpg東京メトロ東西線神楽坂駅から徒歩5分ほど。神楽坂上交差点近くの路地裏にあります。

ジブリ映画に出てきそうな古いけど、温かくてかわいらしいお店。






■階段
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_16105676.jpg1階と2階があります。
靴を脱ぎ、細い階段を上って、2階のテーブル席へ。









■2階席
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_16123266.jpg木漏れ日刺す落ち着く店内。お家に遊びに来たかのよう。

こういう古民家が残っているのも神楽坂ならでは。







■チャイ
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_16135657.jpgカフェボウルたっぷりはいったチャイ。スパイスがきいていて美味しいです。









■抹茶
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_16144951.jpgこっちは抹茶。










■まんじゅう
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_16151866.jpgまんじゅうカフェなので、デザートはもちろん蒸し立てまんじゅう。

上の緑は「よもぎに小倉あん」、右は「紅茶生地にシナモンあん」、左は「プレーンの記事に小倉あん」です。甘すぎず、お茶に合います。





■料亭街
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_16183785.jpg細い小道に古民家が連なる料亭街。神楽坂っぽい感じ。









■お風呂屋さん
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_16192927.jpg町中のお風呂屋さんも健在。結構、入りにきている人がいっぱいいました。地元の人たちの交流所になっているのかもしれません。
タグ:
by meshi-quest | 2011-10-22 16:21 | 神楽坂


吉祥寺にあるラーメン店「旅人の木」へ。










吉祥寺は、カレーと共に、ラーメン店も多い。


その中でも「旅人の木」は、ここ界隈で有名なラーメン店の1つで、


駅から15分近く離れているのに、行列が出来ている。












というか、何もない住宅街の一角になぜか人だかりができているので、


それで店の場所が分かる。












「旅人の木」は、かなり濃厚な魚介出汁のラーメンで、蕎麦に近い印象。


個人的には、濃厚ギトギトの脂っこいラーメンが好きなので、


本来の好みからは外れるのだが、すごく食べやすくて、美味しかった。













■「旅人の木」
http://blog.livedoor.jp/tabibitonoki2004/














■今日のカメ

■「旅人の木」
吉祥寺「旅人の木」へ行く。_f0232060_15483522.jpgJR吉祥寺駅北口から徒歩15分ほど。中道通り商店街を真っすぐひたすら歩いていくと、人だかりが見えます。








■店内の様子
吉祥寺「旅人の木」へ行く。_f0232060_15494395.jpgカウンターのみ8席くらいの小さな店内です。










■ナンプラー
吉祥寺「旅人の木」へ行く。_f0232060_15503884.jpg魚醤(ナンプラー)が置かれています。










■醤油ラーメン
吉祥寺「旅人の木」へ行く。_f0232060_15512337.jpgスタンダードな醤油ラーメンの味玉子入り。

さっぱりしていて、胃にもたれないというか、食べやすいラーメンでした。







■岩海苔ラーメン
吉祥寺「旅人の木」へ行く。_f0232060_15523928.jpg岩海苔がこれでもか!というほど乗った岩海苔ラーメン。
タグ:
by meshi-quest | 2011-10-22 15:58 | 吉祥寺


神泉にあるフレンチ「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ。











久しぶりの訪問だったが、奥様が覚えていてくださって、


大好きな紅茶の話で盛り上がった











薄暗い店内に、フランスのアンティーク家具と、ろうそくの火。


「ダムジャンヌ」の独特な雰囲気が好き。












メニューは少なめだが、どれも丁寧に作られていて、とても美味しい。


料理だけでなく、デザートも良く出来ている。











シェフであるご主人と、奥様の2人だけで切り盛りされているので、


お店の混み具合にもよるが、料理はかなりゆっくり出てくる。


時間を忘れて、ゆっくり、静かに料理を楽しみたい時におすすめ。














■「dame-jeanne ダムジャンヌ」
http://r.gnavi.co.jp/p959000/















■今日のカメ

■「ダムジャンヌ」
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_2564716.jpg京王井の頭線神泉駅から徒歩数歩。ほぼ駅の隣にあります。









■店内の様子
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_2585548.jpg10席くらいの小さな店内。
フランスのアンティーク家具がいっぱい置かれています。








■シャンデリア
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_30932.jpg天井にはシャンデリアが。










■燭台
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_313958.jpg各テーブルに燭台が置かれています。

ろうそくが照らすやさしい明りで食事。








■ろうそく
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_341885.jpgろうそくの明かりって、いいなあ。落ち着く。










■メニュー
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_354459.jpgメモ帳のような小さなノートに、えんぴつの手書きで書かれたメニュー。









■赤ワイン
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_374090.jpgグラスで赤を。










■蛤のオーブン焼き
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_382667.jpgお店の名物料理、蛤にパン粉を付けて焼いた一品。










■蛤、アップ
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_392549.jpgバターと蛤のいい香り。美味しい!










■フォアグラのサラダ
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_3112272.jpgこれもお店の名物料理、大きなフォアグラのソテーが乗ったサラダ。









■フォアグラ、アップ
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_3125290.jpgやわらかく、ジューシー。抜群の火入れ。バルサミコのソースもとても合っていて、美味しい!









■オマール海老
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_3184414.jpgでっかいオマール海老のぶつ切りがゴロっと入ったお料理。

濃厚なトマト風味。食べ応えがあります。







■牛テールの赤ワイン煮込み
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_3205889.jpg牛テールの赤ワイン煮込み。手前は、付け合わせのマッシュポテト。









■牛テール、アップ
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_322810.jpgすぐに骨から身がほぐれるほど、やわらかく煮込まれたテール。

マッシュポテトとの相性もバッチリで美味しい!







■チーズ盛り
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_3232330.jpgハードとウォッシュの盛り合わせ。そして、お皿が逐一かわいい。









■本日のデザート
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_330060.jpgデザートは奥様が実物を持ってきてくれます。今日は、3種。

シンプルですが、大皿で作られていて、どれも美味しそう。迷う。






■ガトー・バスク
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_331537.jpgいつも散々迷って、いつもこれに落ち着く(笑)。

フランス南西部の家庭的な焼き菓子で、すごくシンプルで、甘くて、素朴な味がします。これがたまらん。






■ヌガー・グラッセ
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_3334271.jpgこれもフランスの代表的なデザート。メレンゲと生クリームで作られたムースのようなもの。

チェリーソースがかかってます。







■「フォレノワール」
神泉「dame-jeanne ダムジャンヌ」へ行く。_f0232060_3355131.jpg「ル・パレデテ」の「フォレノワール」という紅茶。

トリップしそうなくらい香りが良く、すごく美味しい。
うちも買ってみたが、なんかここで飲む方が美味しい(苦笑)。
by meshi-quest | 2011-10-16 03:40 | 渋谷・神泉
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン