<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

劉ちゃんと一緒に中華を食べに行った。

劉ちゃんは私の仕事のアシスタントをしてくれている会社の後輩だ。

大学時代ICUにてかなり多くの外国人に接してきたほうだが、こんなに日本語うまくて、日本に馴染んでいる人は初めてだ。

と、いうことを劉ちゃんに言うと、いつもニコニコ笑って嬉しそうに、「ありがとうございます」と言う。かわいい妹だ。


劉ちゃんのおススメで連れて行ってもらったお店は、幡ヶ谷駅から徒歩1分くらいのところにある「餃子辣菜房」(ぎょうざさいらいぼう)というお店。

劉ちゃんの知り合いの若い中国人夫妻がやっているらしく、美味しいと評判とのこと。

確かに、店内は狭かったが、お客さんは満席いっぱいだった。

日本語のメニューがあったが、ここはあえて劉ちゃんにすべてお任せ。中国語でおススメを聞いてもらって、味付けも本場中国っぽくしてくれた。

私も何度か上海に旅行へ行っているが、出てきた料理すべて上海で食べて感動した味に似ている。

高級な味ではないのだが、家庭料理というか、安心する味。

いい意味で油っぽくて、味が濃い。

そうそう。
上海行って「うまい、うまい!」言いながら食べた中華の味はこんな味だったなぁ。

家でも中華をよく作るが、どうもこういう味にならない。日本の中華って感じ。
火力なのか、コツがあるのか、味付けなのか・・。

たらふく食った。


また近いうちに一緒に行きたいけど、残念ながら、妹は今月末に家の事情で中国に帰国してしまう。

とても淋しいけれど、飛行機3時間ちょっとでまた会えるので、笑顔で一旦お別れ。


今度は上海で会いましょう。








■今日のカメ

■ 餃子辣菜房
とっても中国っぽい中華料理_f0232060_113038100.jpg京王線幡ヶ谷駅から徒歩1分くらいの雑居ビルの地下にあります。












■ 前菜
とっても中国っぽい中華料理_f0232060_11304723.jpgきゅうりの甘酢漬けとザーサイ。実はどちらも苦手な料理なんですが、ここのお店のはとても美味しくて、中毒のように食べ続けてました。特に何かあるわけではなく、普通のシンプルな前菜なんですが、妙に中毒性があって美味しかった!









■ 水餃子
とっても中国っぽい中華料理_f0232060_11305572.jpg劉ちゃんおススメの水餃子。上海で食べた、あの水餃子の味がする。皮が厚くてモチモチしていて、肉にしっかり味が付いている。うまい!!









■ 豚足の煮物
とっても中国っぽい中華料理_f0232060_1131493.jpgすごく軟らかくてコクのある豚足。ただ、私が豚足自体がちょっと苦手みたいで・・・、周りにあった青梗菜をメインに食べてました。豚足苦手な私も食べれたので、好きな人にはきっとたまらない一品。










■ 羊の串焼き
とっても中国っぽい中華料理_f0232060_11311458.jpg劉ちゃん曰く、中国の西のほうの料理のようです。モンゴルとかそっちに近いほうかな?かなり味が濃くてスパイシーですが、私はかなり好きです、これ。









■ ホウレンソウのにんにく炒め
とっても中国っぽい中華料理_f0232060_11312312.jpgシンプルな料理なのに、なぜにこんなにうまいんでしょうねー。この濃さ、この油、最高(笑)。









■ エビとセロリとカシューナッツの塩炒め
とっても中国っぽい中華料理_f0232060_11313558.jpgこれも美味しかったです。セロリ食べれないんですが、このセロリは全くあの臭みとクセがなくて、食べれました。









■ 山芋のサンザシがけ
とっても中国っぽい中華料理_f0232060_113144100.jpgこれ、デザートだそうです。長芋をおかずでしか食べたことなかった私にとっては初めての経験でした。長芋の味はそのままで甘いジャムがかかっている感じでしょうか。正直私は苦手でした。










■ 杏仁豆腐
とっても中国っぽい中華料理_f0232060_1131535.jpg今までかなりいろんなところで杏仁豆腐食べてきましたが、5本の指に入る美味さかも。かなり牛乳の味が濃くて、甘さもあるので、賛否両論分かれると思いますが、私はすごく好きな味でした。








■ 劉ちゃん
とっても中国っぽい中華料理_f0232060_1132373.jpg3年間、お疲れ様でした!後輩というより友達のような感じで、楽しく仕事をさせてもらいました。ぜひ次は上海で!!
by meshi-quest | 2008-05-29 11:29
ストレスがたまると。


人によっては買い物に走ったり、

人によっては食べまくったり、

人によっては飲みまくったり、

人によってはタバコの本数が増えたり、

人によっては家も仕事も捨て急に旅に出たり、

人によっては・・・・。


私の場合は、急に派手な色に囲まれたくなる。

身につけたり、飾ったり、色は派手であればあるほどいい。


なんだろう。

「いろんな色で私を消し去ってくれ!」という感じでもあり、

ストレスで訳わからなくなっている自分が「ちゃんとここにいる」ことを示すために印を付けている感じでもあり。


で、この前も、明確に何かあったわけじゃないんだが、妙にストレスがたまっていたようで、気が付けばまた派手な色を周りに集めていた。

一種の病気か(苦笑)?








■今日のカメ

最近買った派手色アイテムたちです。


■ 古着のワンピース
派手な色に囲まれて _f0232060_11282083.jpg花柄の真っ青なサテンの古着のワンピースを買いました。











■ バスソルト
派手な色に囲まれて _f0232060_11283652.jpg大好きな香りのフランフランのバスソルト。ローズウッド、ゼラニウム、ローズマリーです。










■ カラフルなランチョンマット
派手な色に囲まれて _f0232060_11284796.jpgフランフランの花柄のランチョンマットも買いました。なんとなく目をひいたので。










■ 靴
派手な色に囲まれて _f0232060_11285613.jpg「「WANONANO」」というブランドが好きで、ここの靴をよく買います。デザインがかわいいというのもありますが、ここのブランド、私のような25.5センチ以上の大きいサイズにも対応しているのが、ありがたい!

この白の靴は、人魚姫っぽくて、かわいかったので、つい買っちゃいました。







■ 靴
派手な色に囲まれて _f0232060_1129567.jpg「WANONANO」のショッキングピンクのヒール。色がキレイなだけでなく、中に低反発の素材が入っているので、長時間履いていても疲れにくくて、気に入ってます。








■ 靴
派手な色に囲まれて _f0232060_1129165.jpg「WANONANO」水玉ゴールドのヒール。ピンクのヒールの色違いですが、ゴールドは何かと合わせやすいので、買っちゃいました。
by meshi-quest | 2008-05-21 11:27


子供のときは、そんなでもなかったのですが、


年取ってから、すごく魚が好きになりました。







なんでしょうね、コレ(笑)。







今も肉大好きなのですが、肉ばっか食べていると、


急に魚が恋しくなってきたりするようになりました。










今日はいろんな魚に応用できる、美味しくて簡単な


照り焼きの作り方を書かせていただきます。


魚焼き機は不要、フライパンだけで作れます。












例の如く、成沢家の料理は経験則と目分量で成り立っているため、


材料や調理法にアバウトな部分があること、ご了承ください。











「カジキマグロの照り焼き」

【材料】2名分




・カジキマグロ(切り身) 2切
(カジキ以外にも、タラ、ブリ、カレイ、ホタテ等など、何でもOKです)

・しょうゆ 大さじ3

・みりん 大さじ3

・砂糖 小さじ1

※調味料は上記の割合さえ合っていれば、人数に合わせて増やすことも減らすことも可能です。








【作り方】



1.
カジキマグロをキッチンペーパーなどで軽く拭く。

2.
しょうゆ、みりん、砂糖をボールに混ぜ合わせ、その中にカジキを20~30分漬け込む。

3.
フライパンに油をひき、軽く水気を落としたカジキを入れ、焼く。途中、様子を見ながら、裏返して、両面焼く。

このとき、しょうゆが焦げないように中火~弱火の火加減で、蓋をしながら焼くと、火の回りが速く、中まで焼けます。

4.
中まで火が通ったら、出来上がり。
(箸でちょっと割ってみて、身の色が白っぽく、サクッと身が割ければ、中まで火が通っている証拠です)


個人的にカジキマグロが大好きなので、今回はカジキにしていますが、他の魚にも応用ができますので、色々とお試しください。

ちなみに、「カジキマグロ」とは俗称で、「マグロ」と名が付いていてもマグロ属ではないようです。
つい最近知りました。へー。
















■今日のカメ

■ カジキマグロ
【レシピ】カジキの照り焼き _f0232060_11262263.jpg照り焼きには、やっぱカジキ!










■ 調味料に漬けます。
【レシピ】カジキの照り焼き _f0232060_11263243.jpg合わせた調味料にカジキを漬け込みます。










■ フライパンで焼きます。
【レシピ】カジキの照り焼き _f0232060_11264154.jpg焼き網を使わずに、フライパンで作れます。片付けも簡単。









■ 完成
【レシピ】カジキの照り焼き _f0232060_11264938.jpg両面に焼き色が付いて、中まで火が通ったら、完成です。脂乗ってて、とてもおいしいです。ご飯が進む、進む。
by meshi-quest | 2008-05-19 11:25 | 料理レシピ
カフェでまったりお茶をしていると、ついついそのまま横になって眠りたくなってしまうものだが、それを推進というか(笑)、可能にしている究極のカフェを見つけた。


吉祥寺にあるハンモックカフェ。

ここはハンモックのショールーム(試乗)とカフェが一緒になっており、客は靴を脱いでお店にあがり、思い思いにハンモックを楽しみながら、お茶ができる。


天井からぶらさがっているたくさんのハンモック。

みの虫のようにハンモックに包まれて揺れる人たち。

なんとも不思議な光景。


ハンモックをよく使う地域の人たちにとってはなんてことない椅子(ベッド?)の一種かもしれないが、滅多に座ったことのない私にとっては、見ただけでかなりテンションあがる。

はしゃぎ過ぎて、揺らし過ぎて、テーブルにぶつかったり、コーヒーをこぼしそうになったり。

しまいには、ハンモックの揺れに酔ってしまい、逆にテンション大幅ダウン(苦笑)。
不覚にも、しばらく、しゃべれなくなるほど、酔ってしまった。

元々、三半規管が弱いみたいで、船酔いとか激しい人なのだが、まさか、ハンモックでも酔うとは・・・。

はしゃぎすぎ、要注意!








■今日のカメ

■ ハンモックカフェ
ハンモックでカフェ_f0232060_1124583.jpg東京・吉祥寺にある「Hanmock cafe+gallery mahika mamo(ハンモックカフェ+ギャラリー マヒカ マノ)」です。駅から徒歩5分くらいです。












■ お店の様子
ハンモックでカフェ_f0232060_11241595.jpgお店の入り口です。雑貨屋さんみたいなかわいらしい入り口です。あくまでもメインはハンモックショールームなので、カフェっぽい看板は出ていません。おそらく、中にカフェがあることを知らない人が多いかと思います。










■ 入口の様子
ハンモックでカフェ_f0232060_11242392.jpgお店の入り口はこんな感じになってます。丸まったハンモックが吊るされています。








■ カウンターの様子
ハンモックでカフェ_f0232060_11243258.jpg入り口はいって目の前にキッチンとカウンターがあります。白を基調とした、木の優しい空間です。










■ ハンモック
ハンモックでカフェ_f0232060_11244182.jpg店内はこんな感じで、「イス=ハンモック」という、なんともステキな空間になってます。座るタイプのハンモックがメインで、2つだけ寝そべるタイプの大きなハンモックがあります。







■ ハンモック
ハンモックでカフェ_f0232060_11245074.jpg皆さん思い思いのスタイルでハンモックに座り、思い思いのスウィングで揺れています。みの虫がいっぱい。








■ ハチミツラテ
ハンモックでカフェ_f0232060_1125314.jpgハンモックに揺られながら、温かいミルクをすする。あぁ、極楽、極楽。
by meshi-quest | 2008-05-15 11:23
4月末、横須賀にあるママのお墓へ墓参りに行った。


あれから、9年経った。


毎年、誕生日にお墓参りに行く。

命日には行きたくない、というか、行かないことにしている。

亡くなった日よりも、生きていた日のほうが大事だからだ。


1年は長くもあり、早くもあり、

毎年毎年違う気持ちで、環境で、状況で、私はこうしてお墓の前へ来るが、ここはずっと時間が止まっていて、静かで。


今日まで1年間の報告と無事にやってこれたことのお礼をして、これからやろうとしていることや考えていることを、こっそりママにだけ話して、お墓を後にした。








■今日のカメ

■ 花束
誕生日と母の日_f0232060_11224984.jpg墓前への花というより、誕生日と母の日のプレゼントとして。
あめ玉のようにカラフルでかわいらしい花を選びました。
by meshi-quest | 2008-05-14 11:21
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン