<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

コラム「神様のシナリオ」でも少し書いたが、最近、じんましんがひどい。

寝ても覚めても、体がカユイ。
会社では怪しい人と思われないように(笑)、なるべく平静を保っているが、家ではかゆくて、ボリボリ常に体をかいている始末。明らかに挙動不審だ。

かくと悪化するのは分かっているのだが、かかずにはいられん。
塗り薬もあまり効果がない。

仕方がないので、医者に相談して、飲み薬の強さをアップしてもらった。
前よりも効いているのか、かゆみは少し楽になってきたが、逆に今度は副作用で重度の眠気に襲われるようになってしまった。
ひどいときには、寝たのに気付かず、ガクッと落ちているときがある。

と、まぁ、最近日々こんな感じなので、なんとかせなあかんなということで、遅めの夏休みを利用して、一泊二日の湯治に行くことにした。

場所は、群馬県四万温泉。
「よんまん」でも、「しまん」でもなく、「しま」と読む。
ここは四万もの病気を治すと言われている古くからある湯治場らしい。
四万の中に、きっと「じんましん」も入っているはずだ。

早速、上野発・特急草津号に乗り、祈るように、いざ四万へ。

車中、ちゃんと名物駅弁を食べ、即熟睡。栄養補給も睡眠も完璧。
あとは、湿疹治すのみ!

上野駅から電車で2時間ちょっと、中之条という駅で降りて、そこからさらに路線バスで山を登ること40分。
そこには昔ながらの佇まいが残る、どこか懐かしい雰囲気の湯治場があった。
大正・昭和の街並みを模したどこかのテーマパークに行ったかのような感じと言えば、分かりやすいだろうか。

派手さはまるでない。
周りを山と川に囲まれ、細長い道沿いに旅館と土産物屋が静かに並ぶ。
「温泉街」というより、「湯治場」という言葉が、実によく似合う。

今回の目的は、「リラックス」でも、「デトックス」でもなく、「治癒」。
私には絶好の場所だ。

さて、じっくり「じんましん」を治させてもらうとするか。








■今日のカメ


■上野駅
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_1144624.jpg上野駅もだいぶお店が増え、明るい雰囲気になってきましたが、草津号が発車するこのホームは、人もまばらで、演歌で歌われるような暗い上野駅でした。










■草津号
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_11441799.jpg1000円でグリーン車にグレードアップできる、なんともステキな電車。
もちろん大人旅なのでグリーン車で。









■駅弁
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_11442761.jpg旅と言ったら、やっぱ駅弁。
私は「幸福弁当」(だったかな?)という素材にこだわったらしい駅弁を購入。おかずの種類豊富で、なかなか美味しかったです。特に銀鱈の粕漬けがグッド。








■駅弁
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_11443999.jpg今回の旅に一緒に行ってくれたとしこ嬢チョイスの駅弁、高崎名物「だるま弁当」。
こうしてみると、すごい絵づらだ(笑)。だるまは、食べた後、貯金箱になるようです。









■駅弁
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_11444962.jpgだるま弁当内部。
野菜の煮物、豆、山菜、こんにゃくなどヘルシーなおかずの下に炊き込みごはんがはいっているようです。こちらもなかなか美味しかったとのこと。









■中之条駅
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_11445929.jpg東京はそうでもなかったですが、ここまで来ると、肌寒くなっていました。
駅の至る所にサルビアの真っ赤な花が咲いていました。









■路線バス
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_11451036.jpg駅前に出ている路線バスでさらに山を登って、四万を目指します。










■バス運賃
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_11452042.jpg四万温泉まで900円。ちなみに、タクシーだと少し早く着きますが、数千円かかるようです。
少人数ならバス、4名くらいなら割り勘タクシーでもいいかもしれません。










■山
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_11452921.jpg周りは山に囲まれており、空気が美味しかったです。風はもうかなり冷たかったです。








■川
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_11454034.jpg山と湯治場に沿って、四万川が流れています。











■コバルトブルーの水
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_11455040.jpg見てください、この澄んだきれいな川の水。感動しました!!
もちろん、画像修整は一切していません(笑)。こんなきれいなコバルトブルーの川が間近で見れるんです。









■滝
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_1146936.jpg近くに滝もありました。大自然が堪能できる素晴らしい湯治場です。










■空
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_11465071.jpg山の天気は変わりやすく・・・空は晴れたり曇ったりを繰り返していました。









■湯治場
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_11473100.jpg泊まった旅館近くの湯治場の様子です。
四万温泉は縦に細長く宿が点在しており、私の泊まった旅館は路線バスの終点あたりの山の上のほうにありました。










■落合通り
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_11471292.jpg四万温泉内にある、古き良き温泉街チックな「落合通り」。ラーメン屋、スナック、スマートボール、射的場が並びます。










■落合通り
湯治に行く 1 ~いざ、四万温泉へ~_f0232060_11472437.jpgバリバリ現役のスマートボール店を発見。若い子はスマートボールなんて、きっと見たことも聞いたこともないんだろうなぁ・・(苦笑)。
by meshi-quest | 2007-09-26 11:42 | 旅行_国内
このコラムでもたびたび生前のママの話を書くが、娘が言うのもなんだが、実によく出来たママであった。

多趣味でなんでもできる、とても器用な人だった。

料理は和洋中からなんでも作れて、野菜に飾り包丁を入れて花や動物まで作れるほどの腕前だった。
日曜日の休みの日には、野菜を丁寧に裏ごして、スープを作ったりしていた。
お正月のうちのおせちは、きっとどの料亭にも負けないくらい、華やかで美味しかった。

裁縫も上手だった。
型紙なしで、布製のCDコンボカバーを作ったり、私のベッドカバー、枕カバー等、既製品で気に入った柄のものがなければ、ママに好きな柄の布で作ってもらっていた。

スポーツも万能だった。
娘ができないテニスやスキーも難なくこなし、大好きなスキーに至っては、朝からナイターまで上級者コースを滑りっぱなしだった。
一応、一緒にスキー場まで付いていくが、娘は早々とリタイアし、ソリに切り替えるか、ホテルで休憩を取っていた。

趣味も多かった。
若い時に、華道、茶道を習い、茶道は看板を持っていた。
華道、茶道の影響で、着物がとても好きで、自分で着付けをし、鬢つけ油をつけて日本髪を結ったりしていた。

木目込み人形作りが趣味で、家にはママ作品のガラスケースに飾った日本人形が何体もあった。
中学生になるまで、ずっと買ってきた人形かと思っていた。

40代になってからも趣味のアンテナは衰えず、フラワーアレンジメントを習い始め、先生の資格まで取ってしまった。

とまぁ、これ以外にもたくさんあるのだが、なんでもできるスーパーウーマンだった。



先日、ママが愛用していた花切りばさみが出てきた。

よくこのはさみを使って、卓上に小さなフラワーアレンジメントを作ったり、玄関の花を生けたりしてったけ。

なんだかはさみを見ていたら、「あなたもお花をやりなさい」と言われているような気がしてきて、何かに動かされるように、ネットでフラワーアレンジメント教室を探した。

たまたま花屋さんで少人数で教えていて、初心者も途中参加できる教室を見つけた。
HPで見た雰囲気もとてもよく、善は急げで、お稽古の2日前に突然電話をしたところ、空きがあるとのことで快諾いただき、急遽、参加させてもらった。

私は、常々、物事がスムーズに動くときは、それは「やるべき」もしくは「当たっている」ということだと思うようにしているので、きっと、フラワーアレンジメントはやる運命だったのだと思う。


教室は、駅から歩いて15分ほどの閑静な住宅街にあった。
アレンジメント初体験&飛び込み急参加だったので、かなりドキドキしていたが、とても気さくで優しい先生で、笑顔で迎えてくださった。

2人の生徒さんに交じって、今回は用意されたお花を木のバスケットにアレンジしていく練習。

「いかにもアレンジメント!」というような、よく花屋さんで見かけるようなお花ではなく、こんな初心者にも、個性的だけれども、色味が渋くステキな花が用意されていたので、嬉しかった。

基本的なルールとコツを教えていただいた上で、 先生から「最初ですので、あまり細かいことは気にせず、まずは、思ったように、好きなように生けて大丈夫ですよ」と言われた。

全体の配色を考えたうえで、すぐにアレンジメントのイメージが頭に描かれたのだが、実際、花を切る段になると、なかなか手が動かない。

当たり前だが、いったん切ってしまえば、仮に失敗しても、花の長さは元に戻らない。
そう思うと、急に花を切る自信がなくなる。

思うのと、実際やるのとでは、全く違うものだ。

好きな花を買ってきて、ひょいひょいと生けているママを見ていたので、割といけるんじゃないかと思っていたが、大間違いだった。

うーむ、これからもっと練習せねば。
修行せねば。

試行錯誤の上、なんとか初作品が完成した。

なんか嬉しくて、仕方がない。
プロの目から見たら、きっとまだまだなんだと思うが、出来た喜びが大きく、個人的には満足している。

早速、家に帰って、仏壇の前に飾った。


ママ、娘の作品はどうですか?
少しでもあなたの才能の片鱗が出ているといいんだけど。








■今日のカメ

■フラワーアレンジメント教室
花はじめ _f0232060_1141465.jpg東京吉祥寺にある「プティクール・エーム」というお花屋さんでやっているフラワーアレンジメント教室に参加させていただきました。










■教室内の様子
花はじめ _f0232060_11412268.jpgアレンジメントを教えてくださる濱田先生と、教室内の様子です。
アレンジメントを教えるというより、まずはお花を好きになってほしい、お花をもっと知ってほしいという感じで生徒と接していらっしゃる印象を受けました。嬉しいですね。
少人数で先生と相談をしながら練習ができるので、すごく良い雰囲気の教室でした。






■最初の課題
花はじめ _f0232060_11413999.jpg今回のお花たちです。
いかにも練習というような感じではなく、最初から藍色、薄紫色、薄桃色、赤、白、緑と個性的な色と、個性的な形状のお花が準備されていたので、「練習とか甘っちょろいこと言ってられねーぞ」と自然と気合がガ入り(笑)、とてもやりがいがありました。








■初作品
花はじめ _f0232060_11415896.jpgジャーン!これが初作品です!!
無事完成したのが、嬉しくて、もう感激です!
自分から生まれた子は、どんな子でもかわいい!(早速、親バカ炸裂)
by meshi-quest | 2007-09-26 11:40
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン