<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

子供の頃、よく水族館に連れて行ってもらった。

地上の動物よりも海の生き物のほうが神秘的で、珍しくて、見ていて楽しかった。

特に、深海魚コーナーが好きだった。
キレイな魚より、ちょっとグロテスクだけど愛嬌のある魚が好きだった。

きっと人間が潜れる範囲には、「共存」の観点から、比較的人当たりの良い魚たちが住むようになり、人間が来なさそうなところには魚のボスクラスというか、キワモノたちが住むようになったんだろうなぁ、そんなことを深海魚コーナーを見るたびに思っていた。

仮に、あんなグロテスクな魚が水深1メートルくらいのところにウヨウヨしていたら、人類の夏のエンターテイメントとして、海水浴なんて流行らなかっただろう。まさに修行、もはや苦行に近い。
うまくできてるなぁ、世の中。

このように、子供の頃の私は真剣に、魚と人間の共存の歴史を紐解こうとしていた。
理論としては、相当間違っていると思うが。



大人になって、なかなか水族館に行く機会がなくなってしまったのだが、品川(しながわ)に2つめの水族館が出来たと知って、遅ればせながら行ってみることにした。

とある日曜日。
JR品川駅から徒歩3分。いざ、品川プリンスホテル内にある「エプソン品川アクアスタジアム」へ。
水族館を持つ都内の室内娯楽施設では最大級らしい。

元々、ボーリング場だった場所に、水族館、メリーゴーランド、ライブ会場、レストランなど様々なエンターテイメントが集まっていた。

水族館はホテル内の施設ということもあり、魚の数も少なく、そんなに大きくないが、様々なサメが周遊する水槽トンネルやイルカプール、ペンギン、マンボウなど、目玉もいくつかあった。

特に、マンボウ好きとしては、ちゃんと彼がいたことが嬉しかった。
巨大な水槽の中で、水に揺られ漂うハンペンのような魚。
本当に彼こそ最高の癒し系だ。

イルカショーもかなり楽しかった。
この水族館全体の大きさからは想像できないほど、立派で大きいイルカプールが用意されていて、イルカショーも今まで見た中で一番イルカの技術が高かったように思う。

よくある高速移動やジャンプだけでなく、ジャンプしながら高速回転のひねりが入っていたり・・・、うーむ、このあたりは私のつたない文章では表現しきれないので、機会があればぜひ見に行ってもらいたい。

水族館の中のお客の入りは多すぎず、少なすぎずと行ったところ。カップルが多かった。
ただ、その他のメリーゴーランドやレストランなどはかなり空いていて、超余計なお世話なのだが、経営のことを心配してしまうほどであった。

そんなに大きい施設ではないにしろ、家に帰る途中に立ち寄れる水族館があるなんて、なんとも素晴らしいと思う。



「クソ上司め!!!」なんて悶々としながら家に帰るくらいなら、水族館に立ち寄って、マンボウに今日一日辛かったこと語ってみてはいかがだろうか。

きっとその上司より、ナイスな回答をくれるはずだ。








■今日のカメ


◆サメのトンネル
ホテルの中の水族館_f0232060_1044122.jpgノコギリザメなど多数のサメが周遊している水槽です。トンネルになっています。











◆館内の様子
ホテルの中の水族館_f0232060_10441381.jpg大きな魚は大きい水槽に、小さな魚は覗いて見れるような小さな水槽に入ってます。












◆イルカプール
ホテルの中の水族館_f0232060_10442393.jpgかなり大きくて、立派なプールでした。ショーはここで行われ、ショーをやらないときも、ここにイルカがいるので、いつでも見ることができます。












◆マンボウ
ホテルの中の水族館_f0232060_10443690.jpg飲んでいらっしゃっていたのか(笑)、もうかなりグデングデンでした。泳ぐ気力もないのか、たまに水面と並行になっていたり、もはや魚っぽくない動きが多数。マンボウ大好き。












◆たつのおとしご
ホテルの中の水族館_f0232060_10444676.jpgたつのおとしごも、見ていて飽きないですね。たまたま正面向いたとき、シャッター切れた写真。












◆ペンギン
ホテルの中の水族館_f0232060_1045050.jpgコレ、結構気に入っている写真です。キレイでしょ?
剥製でも静止画でもなんでもなく、生きているペンギンを水槽越しに撮ったのですが、背景がかっこいいセットになっていたので、とても絵になりました。
by meshi-quest | 2006-05-31 10:42
「30才になると、あるスイッチが入るよ」

色々な人に言われてきた。
いったい、どんなスイッチがはいるのか。
そもそも、そんなスイッチ、わたしにあるのか。

焦って答えを聞いてみると、
「それは、なってからのお楽しみ・・・」
ずっと謎のままだった。



3月に誕生日を迎え、カチッ!とスイッチが入るかと期待していたが、結局スイッチは入らず、いつもの私のままだった。

暖かくなってきた頃だろうか・・。
ふと、自分が何者で、自分が今何をやりたくて、自分が何が欲しくて、何が見たく て・・・そんなことを考えるようになった。

今、自分が見ているもの、食べているもの、買ったのもの、すべて自分が選び取った はずなのに、「そうではない」ような感覚。しっくりきていない感覚。

それがずっとずっと気持ち悪かった。

カッコよく言えば、「自我を呼び起こす」「本能を解放する」行為、もう少し柔らかく言えば、「自分にしたいことをさせてやる」行為。

食べたいときに食べ、寝たいときに寝る。
遊びたかったら、友達に我がまま言っても一緒に付き合ってもらう。
泣きたかったら、他人に遠慮せず、所構わず泣く。
辛いときは、30だろうがなんだろうが、頭を撫でてもらう。

「いいじゃん、寝たかったんだもん。いいじゃん、食べたかったんだもん。いいじゃ ん、頭撫でてもらいたかったんだもん。」

この「いいじゃん」って、最近自分に言ってあげられてなかったな。

大人になるにつれ、好きなことが好きなように出来なくなってくる。
気づけば、「何をしたかったか」すら忘れてしまっていたりする。

やりたかったこと、欲しかったもの、それをちゃんと忘れずに心に残しておくことは 大切だ。



GW中にふらっと自分の大学へ足を運んでみた。
人生の中でとても自由で、好き勝手していた時期の1つを過ごした場所だ。

実は卒業して一度も母校に戻ったことがなかった。
特に仲良かった先生が居たわけでもなかったし、場所も家から遠いので、行くこと はないだろうと思ってた。

気がついたら、この地に来ていた。

新緑の季節で、木々が生い茂り、とても気持ちがよかった。
服が汚れるのも構わず、青い芝生に寝転んで、昼寝をした。
20年ぶりくらいにキャッチボールをした。

ふと自分の手のひらを見てみたら、あるはずのないスイッチが現れていた。

そして、そのスイッチは赤字で「ON」となっていた。








■今日のカメ


◆カフェ三昧
スイッチ _f0232060_10411571.jpg最近暇さえあれば色んなカフェに行っています。
ここは学芸大学にある「POPHOT」という半オープン式のカフェで、クレープが美味しくて、よく通っています。とても気に入っています。








◆バターシュガークレープ
スイッチ _f0232060_10412868.jpgこれは私の持論ですが、クレープに自信がある店に行ったら、トッピングなどせず、迷わずシンプルな「バターシュガー」を頼め!
美味しいクレープ屋は生地だけで十分美味しいので、ぜひたっぷりバターとシュガーのシンプルクレープをお薦めします。










◆最近、飲みすぎ
スイッチ _f0232060_10413956.jpgここ最近、かなり飲んでます。バーボンとか焼酎とか、結構強い酒を飲んでしまうの で、ヤバイ。
30になって、初めて酒で怒られました(苦笑)・・・ハイ、気をつけまっす。

焼酎は、会社の同僚に教えてもらった「明るい農村」という芋焼酎をよく飲んでます。
すごい美味しいです、このお酒。芋焼酎はクセがあって苦手だったんですが、全く クセがありません。あまり目にすることが少ない焼酎ですが、見かけたらぜひ!
by meshi-quest | 2006-05-24 10:40
ストレスとは、圧力や緊張を指す。

そして、人間は必ずどこかで何かしらのストレスを受けている。

ただ、それをどう受け取るかどうかで、体や精神への負担が変わる。

私の友達に「ストレスなんて、感じたことない」というツワモノがいる。
しかし、その子の仕事は相当ハードで、とてもストレスがないとは思えない。
が、いつも楽しそうで、いつもケタケタ笑っている。泣いたり、落ち込んだところを見たことがない。

彼女の精神力の高さと、モノの捉え方のうまさが、ストレスを負担ではなく、心地よいモチベーションに変化させているのだ。

うらやましい。
実に、うらやましい。

私は、どうか?というと、ストレスの波にモロに飲み込まれてしまう。
まるで渦潮の中にいるように、同じところをグルグル回ってしまう。

さらに性格的なことも追い討ちをかける。
割と神経質なために、酒を飲んでも、たくさん食べても、好きなだけ買い物でしても発散できず、意外と悲観主義者なので、先々のことを考えたりして、ストレスを増幅させ、悪化させてしまったりする。

そして、結果、今のように、飯が食えないという状況になるのだ。

いつもいつもこんな感じなのだが、このままでは体が持たん。
何よりも、腹は減っているのに食べれないため、所かまわずお腹が鳴ってしまう(苦笑)。相当な辱めだ。
先日もかなり込み入った会議で、お腹がなってしまい(音大きめ)、失笑を買ってしまった。

こんな辱めを受け続けるわけにはいかんので、色々と考えた末、こんなストレス撲滅キャンペーンを始めてみた。

「いつもと違った行動を取ってみようキャンペーン」

たとえば、一人で寿司屋に入ってみる。
たとえば、一人で見知らぬバーに飲みに行ってみる。
たとえば、いつも頼まないくせにバーボンなんぞを飲んでみる。

これが結構楽しくて、好評に付きキャンペーン延長をしている。
ぜひお勧めしたいキャンペーンの1つだ。

今度は何をしてみようかな。

精神力もなく、モノの捉え方もうまくないような人がストレスに勝つための武器は、「新鮮な驚きから来るワクワク」なのかもしれない。








■今日のカメ

私が生まれ育った蒲田という町は、知る人ぞ知る、餃子の町。
その由来は分かりませんが、そんな町で育った私は餃子っ子です。

今まで一番美味しかった餃子は、国外で言うと上海で食べた餃子で、国内で言うと中華街にある「満珠園」というお店の餃子でした。
どちらも遠いのでなかなか行けないので、家の付近でうまい餃子を探していたところ、吉祥寺にある「一圓」というラーメン屋の餃子が美味しかったです。

特徴は、ジューシーなあんと、モチモチした皮と、なんといっても餃子の巨大さ。
お近くに行ったときには、ぜひ。


■お持ち帰り家用餃子
ストレス撲滅キャンペーン_f0232060_10392045.jpg自分の家で焼く生餃子も売ってます。「餃子」と頼むと、この巨大なやつが来て、「一口餃子」と頼むと、普通の店でるサイズの餃子になります。5個で500円だったかと思います。






■ジューシー餃子
ストレス撲滅キャンペーン_f0232060_10393417.jpgかなりデカイので、たぶん最初はちゃんと焼けるか心配になると思いますが、割ときちんと焼けます。
by meshi-quest | 2006-05-12 10:38
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン