<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ママがなくなってから、今年で7年経った。

もういっそのこと一緒に死んでしまおうかと思ったあの10月27日から、なんだかんだ言って、もう私は7年も生きていることになる。
数字で「7」という字を見ると長い気がするが、感覚ではかなり早い7年間だった。

人って生きられるもんだな、生きれちゃうんだな・・・というのが、とても正直な感想だ。
誰にも世話になってないなんて、そんな偉そうなことを言うつもりはないが、常に今も「この世で独り」という意識は強いし、そういう状況になってしまった7年前の私は生きていくことはできないんじゃないかと思ってた。

世間のこと何にも分からないし、ママのように何でもうまくできるわけでもない。

気が遠くなるほど、知らなければならないこと、学ばなければならないことが多くて、それが心の準備もできていないまま一気に「やれ!」と来たもんだから、もう何がなんだか分からなかった。

あれから7年。
今も特に生きることへのすごいモチベーションがあるわけでもないし、ママは心の中で生きているので前向きに頑張ります!なんて綺麗事を言うつもりもない。
怒られること覚悟で正直な話をすると、これが本当だ。

事実、大好きなママはいないし、ママは戻らない。独りなのも事実。
ただ、変わったのは「逃げることはなくなった」こと。

「今が辛いから、どうせ独りだから、いっそのこと消えてしまおう」という考えから、「まぁ、いつ死んでもいいけど、とりあえず今を行ける所まで行ってみるか」という考えになった。
一見、すごくネガティブな発言に見えるかもしれないが、私にしては、「変わったなぁ、自分」という感じである。

前進も後退もしていないが、足踏みはするようになった。



今回、七回忌をするにあたって、もちろん七回忌なんてやってことないので、命日から7年後なのか、なくなった年も入れて7年なのか、計算方法から分からなかった。

ママの戒名を付けていただいたお寺に電話して、七回忌について教えていただいた。
どうやら、亡くなった年に「6」を足した年が、七回忌を行う年らしい。やはり、今年だ。

住職と法事の日程を確認して、服装聞いて、お布施の額聞いた。
出席していただく方へ法事のお知らせをした。
お墓参り行くためのお花やお供え物の準備をした。
ママが昔、おばあちゃんの法事でやっていたことを思い出して、お寺へのお菓子や出席者への御礼の品を準備した。

すごく手際よくなった。

聞いたり、調べたりしながらも、こういうことが自分の手でできるようになったこと。
これを7年間の私の成長として、ママに見てもらえればと思う。










■今日のカメ

■七回忌
七回忌_f0232060_18173276.jpg10月某日。おじいちゃんにも出席してもらって、少人数の小さな七回忌を行わせていただきました。











■お墓から見た眺め
七回忌_f0232060_18174782.jpg七回忌はママの実家でもある蒲田の寺で行い、その足で、お墓のある横須賀まで行きました。
お墓は眺めの良い高台にあり、おばあちゃんと同じ場所に一緒にいます。
by meshi-quest | 2005-10-28 17:12
犬(ミュウ、メス)を洗ってみた。

ママが飼っていた猫(やひち、オス)もそうだったが、ペットはどうも水を嫌がる傾向にある。
きれいになるし、いいにおいになるし、さっぱりするしで、こんなありがたいことはないと思うのだが、どうやら風呂の良さがいまいち分からないらしい。

近くにペットショップもあるのだが、ペットショップが空いている時間になかなか寄れないので、ミュウはうちで風呂にはいる。

風呂に入ると、それまだふわふわしていた毛が全部濡れ、当社比70%くらいに縮む。
そして、水が嫌なのか、実に情けない顔でこっちを見ている。

その顔がなんともたまらなく好きだ。
普段は割と威勢のいい犬なのだが、この時ばかりは、「ぶっちゃけた話、水嫌いなんです」という、実にイイ表情をしている。
ホントいい顔をしているのだ。

彼女を見ていると、芸術欲が沸いてくるというか、この表情を、この想いを、文で表現し、絵に描きたいところなのだが、アツイ想いと実際の体が合っておらず、致し方ないので、「写真」という技術に頼って、皆さんにお伝えすることにする。









■今日のカメ


■ミュウのイイ顔
たまに洗う。_f0232060_17115965.jpg本人にとっては、このお風呂タイムは毎回地獄なんだろうなぁ・・(笑)。
by meshi-quest | 2005-10-10 17:07
先日、こんなことがあった。

中高からの親友と、久しぶりゆっくり夕食でも食べながら語ろうということになり、六本木のとある水炊き鳥鍋専門店に行った。

前に1度来たことがあり、コラーゲンたっぷりの濃厚なスープが美味しかったと記憶していたので、日々サービス業で疲れている彼女に栄養を・・と思って、連れて行った。

基本的に人を店に連れて行くときには、必ず1回でも自分が行って、良かった店しか紹介しない。
大事な人たちとの大事な時間を、ちゃんと大事にできる空間で過ごしたいからだ。

席について、メインの水炊き鍋と、シーザーサラダを頼んだ。
しばらくすると、シーザーサラダが運ばれてきた。

お腹がすいていたので、かなりがっついて食べており、あっという間になくなった。
最後の残りのサラダを取り分けしようとしたとき、ふと、サラダにはない【色】の物体があることに気が付いた。

それは、レタスの上に・・というか、レタスの裏にくっついていて、目を凝らしてよく見ないと、それが何だか分からない。
「あれ?このシーザーにはベーコンとか入ってなかったはずだけどなぁ・・・」

ここまでくれば、もうお察しかもしれないが、【それ】はいも虫(小)だった。

「げー!!!」
若干腹が満たされ、冷静に食事と向き合うことができていたから気が付けたが、上の方のレタスだったら、とっくに食べてしまっていたかもしれない。

飲食店として、これはナシだろう・・・。
ただ、まぁ、他ののお客様もいることだし、店としても悪気はなかっただろうし、と思って、店員をこっそり呼んで、小声で注意をした。

ところが、その店員はこう言った。
「あ、すみません、確認してまいります。」

コラ!!
キミは一体今から何を確認してくるんだい?
目の前のレタスの上に乗ってるじゃないか、マヨネーズにまみれて。

で、「何か」を確認してきたらしき店員は、戻ってきて、さらにこう言った。
「至急、作り直しをいたします」

ゴォラァァァ!!
作り直すとか、直さないとかの問題じゃないだろ。それに、こんなてんこ盛りのサラダをもう1つなんてもらっても、食えるわけないだろ。

この時点でかなりあきれ果てていた。
その後も店の対応の様子を見ていたが、誰一人、このいも虫サラダに関して話すものはいなかった。

そして、お会計になり、ダメ押しでこう言われた。
「すみません、先ほどのサラダの御代は引いておきますね。」

・・・もういい。引かなくてもいいっす。
六本木に割りと大きな店を構えて、でっかい看板も出しているのに、このざまだ。

もう二度と紹介もしなければ、来ることもないだろう。





こんなことがあった。

会社の近くにある鳥料理専門店。
とても美味しいので、よくランチに行っている。

ある時、一緒に行った友達がたまたま体調不良で、注文した料理を結局ほとんど食べれず、残してしまった。

その時、店長さんがやってきて、「お気分、悪いですか?何かお料理に問題ありましたでしょうか?」、と。

友達は、料理は食べたかったんだけど、自分の体調が悪くて、ごめんなさい、と説明をした。

すると、店長は、「お食べになられてませんので、御代は結構です。それよりも、もっと何か食べやすいものをご用意しましょうか?」、と聞いてきた。
彼女調子が悪かったため、別のものを作っていただくことは丁重にお断りしたのだが、結局、このランチに関しては、お店側のご好意で御代無しとなった。

彼女が申し訳ないから・・とずっと千円を渡そうとしていたとき、千円を返して、店長がにこやかにこう言った。
「では、元気になられたら、またランチを食べにいらしてください。それで、結構です」

なんだか、すごく感動をした。
立派な店長さんだな、と思った。

このお店は、今でもよくランチに行くし、色んな人にも紹介したりしている。









■今日のカメ


■イライラするときにはコレ①
飲食店として、人として、ダメだろ、これは。_f0232060_1762876.jpg長風呂なので、いつも色んな入浴剤を用意しています。

なかでも最近の一番のお気に入りが、これ。「インドエステ入浴液」という入浴剤で、サンダルウッドの香りがすごく癒されます。ちなみに、風呂に入れると、真っ赤になります。ワイン風呂みたいです。



■イライラするときにはコレ②
飲食店として、人として、ダメだろ、これは。_f0232060_177373.jpg最近のお気に入り、RMKのジェルスクラブです。
RMKのコスメは香りがよいので愛用していますが、このジェルスクラブ洗顔もかなりいい香りします。しかも、肌もつるつる、すべすべになります。
by meshi-quest | 2005-10-02 17:05
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン