<   2005年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧



HOTEL DE MIKUNI(オテル・ドゥ・ミクニ)という


一軒家のレストランがある。










三國清三さんという有名なシェフのレストランで、


四ツ谷の住宅街の森の中にひっそりとたたずむ洋館である。











門をくぐると、お店の方々が笑顔で出迎えてくださり、


優雅で落ち着いた空間で、シェフが心を込めて作る最高級のフランス料理をいただく。












伺うたびに新しいお料理、新しい味に出会い、そして、本当に美味しい。


旬の食材を使い、本当に美味しいものを、一番美味しい形で振舞ってくれる。












食は、舌だけでなく、目や鼻、五感すべてで感じるものと、


とある料理の本に書いてあったが、ミクニさんに来ると、本当にそうだなぁ、と思う。


大げさでなく、全身全霊が大喜びしている感じがする。












時にはこんな日があってもいい。


自分を大喜びさせてあげる日があってもいい。













■HOTEL DE MIKUNI(オテル・ドゥ・ミクニ)
http://www.oui-mikuni.co.jp/hoteldemikuni/

現在、5月17日(火)~8月31日(水)までの間、期間限定・1日3組様1万円にてミクニのコースディナーをいただけるミクニ体験特別プランを実施中とのこと。ネット予約のみの超特別限定プランです。
前菜、魚料理、肉料理、チーズ料理、デザート、ワインなど、ミクニさんを存分に味わえるメニューです。

若い人たちなどにぜひフランス料理の美味しさ、ミクニ料理の美味しさを知ってもらいたくて、とのお話。お薦めです!!

















■今日のカメ


■ウェイティングバー
四谷「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行く。_f0232060_15351377.jpgミクニさんに入るとすぐの場所にあるウェイティングバーです。
木の作りの落ちついた空間になっています。
席が整うまでの間、こちらでシャンパンをいただいたり、食事の後に、こちらでくつろいだりできます。





■Barでくつろぐ
四谷「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行く。_f0232060_15352567.jpg食事の前に世間話をしながら、くつろいでます。










■バーテンダー戸田さん
四谷「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行く。_f0232060_15353832.jpgこのBarで20年近くもバーテンダーをされており、また、写真家でもある戸田さんです。
いつも笑顔で色々なお話をしてくださいます。
ミクニさんのHPの写真も戸田さんが撮られているとのこと。






■ミクニさん店内の様子
四谷「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行く。_f0232060_15355122.jpgこちらのメインダイニングのほかに、個室やバンケット・ルームがあります。









■アミューズ
四谷「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行く。_f0232060_1536474.jpg今日の先付けはキッシュ。
元々キッシュ好きですが、ミクニさんのキッシュは本当に美味しいんです。








■前菜スープ
四谷「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行く。_f0232060_15362233.jpg和歌山・半天然鮎のヴィシソワーズ仕立て。
上の緑色は、鮎が食べる苔をイメージした胡瓜のコンソメジュレとのことで、夏にぴったりの涼しげで美味しいスープでした。







■魚料理
四谷「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行く。_f0232060_15364282.jpg「今が一番美味しいです」ということでお薦めを受けた時鮭とオマール海老のお料理。
濃厚なソースが二種類かかっており、鮭の下にはリゾットが寄せられていました。絶品です。







■肉料理①
四谷「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行く。_f0232060_1537261.jpg生まれて初めてウサギをいただきました。
ウサギは臭いイメージがあったのですが、臭みは全然なく、とても柔らかくて美味しく、驚きました。

どうやら冬のウサギは臭いらしいです。
ちなみに、このウサギ、フロム・ジャパンです。日本で食用ウサギが飼育されているとは知りませんでした。



■肉料理②
四谷「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行く。_f0232060_15372278.jpg胃袋に別人格が現れてしまい・・・、肉料理二品目いただきました。
普通、肉料理を二品も食べないらしく(苦笑)、ソースや食材が重ならないようにと、豚料理を薦めてくださいました。

イベリコポークという豚のトロを使ったカツレツ風のお料理で、1頭から少ししか取れない貴重なお肉らしいです。
ポークで取ったソースにバルサミコの香りが加わり、とても美味しいお料理でした。



■ワゴンデザート
四谷「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行く。_f0232060_15374745.jpgこれが楽しみで仕方がなかったワゴンデザートです。
ケーキに囲まれ、夢のような瞬間。好きなものを選べます。







■ワゴンデザートの中から・・・
四谷「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行く。_f0232060_15382173.jpgあれだけ食べたくせに、ワゴンデザートの中からこんなに選び取ってしまいました。
甘いものは別腹です(断言)。








■フルーツ
四谷「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行く。_f0232060_15383589.jpgメロン、オレンジ、キウイなど、各種フルーツもあります。









■調理場を見学
四谷「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行く。_f0232060_15385166.jpg本日はたまたま50名様の団体のお客様がいらっしゃっていたということで、シェフの方々がフル稼働でお料理を作ってました。
こちらはメイン料理の盛り付けの様子。
by meshi-quest | 2005-06-14 15:33 | 四谷
クソ暑い。

寝てても暑さで目が覚める。
そして、病気か?と思うほど、大量の汗をかいている。
冷や汗ではない。暑いのだ。

もう夏ですか?

こう毎日暑くては、やってられん。
早速、クーラーをつけてみた。

クーラー自体は一生懸命仕事をまっとうしているようなのだが、結果が出ていない。
暑い・・・。

自ら望んで住んだデザイナーズマンションだったが、夏と冬に盲点があった。
いや、『盲点』という「気づかなかっただけで、気づけば対処法あるさ」風な生易しいものではない。
修行、耐久レース、呪縛、苦難・・・よく分からんが、そういった類のモノである。

とはいえ、「致し方ない」として夏の暑さを受け入れるほど、根性も忍耐もないので、いかにしてこの修行を避けるかを考えることにした。

・・・買うか、電化製品。
早速、家電売場に行って、お兄さんに相談をしてみた。

「あのー、まだ6月だというのに、もう暑くて暑くて・・・涼しくなる何かありますか?」

「えっと、クーラーの熱を逃がせる排気口ありますか?」

「いえ、ないです。」

「・・・・それでは、クーラーは無理ですね・・・。」

そうなのだ。
私は、この冬を床置き式のハロゲンヒーターで乗り切ったのだが、同じように床置き式の涼しい何かがきっとあると思っていたのだ。

ところが、話を聞いてみると、クーラーというジャンルはまだ非常に開拓がされておらず、涼しさを生み出すことで逆に作られる熱を処理する方法はなく、未だ「熱気を外に逃がす」しかないという。

うちはすでに1台の備え式クーラーが排気口を占拠しているため、クーラーが設置できず、また、そのクーラーも特殊なものらしくて、夏商戦に向けて売られている最新クーラーに買い替えもできない。

と、なると・・・・残りはアイツですか?

「小型家電」というフロアのかなり隅の方にあった扇風機コーナーへ行った。

「色は白くなくて、扇風機っぽくない感じで、かつ、とっても涼しい扇風機ください。」

「・・・・ありません。」

妥協するしかない。
一番妥協はしたくなかったが、「扇風機はクーラーにはどうしても負けてしまいます」という言葉により、「とっても涼しい」はあきらめ、その代わり、なるべく扇風機っぽくないデザインのものを選んだ。

とりあえず、今年の夏はこれで乗り切ってみようと思う。

今後の大手家電メーカーさんのさらなるクーラー開発に期待する。








■今日のカメ

■メインクーラー 1号機
うちだけですか?_f0232060_1530346.jpg元々この家に備え付けだった、天井についているクーラー。
一生懸命作動はしているようなのだが、あまり涼しくならない。










■補助クーラー 2号機
うちだけですか?_f0232060_15304829.jpgメゾネット2階にあるクーラー。
このクーラー、床に設置されており、かつ、その、目の前にベッドがあるため、ベッドの高さで冷気がブロックされていて、これまた涼しくない。









■レトロ風扇風機 3号機
うちだけですか?_f0232060_1531227.jpgシルバーのレトロ風な扇風機。デザイン性を重視してしまったため、ヘッドが小さく、風力が弱め。











■大型扇風機 4号機
うちだけですか?_f0232060_15311327.jpg私に安らかな睡眠を与えるべくやってきた期待のホープ。
かなり思い切って巨大なものを買ってみた。果たして真夏にどれだけ期待に応えてくれるか。











■タワー式扇風機 5号機
うちだけですか?_f0232060_153127100.jpg私に穏やかな食卓を届けるためにリビングに配置された。
特技として、マイナスイオンも吐き出す。今のところ、割と涼しい。
by meshi-quest | 2005-06-02 15:28
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン