<   2005年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

吉祥寺という町が好きだ。

大学が隣駅の三鷹にあったので、大学時代からよく吉祥寺に通っていた。
そのせいもあるが、この町は非常に居心地がいい。

「それぞれが自分の好きなことをのびのびとやっている」
そんな雰囲気がこの町にはある。

時間とか、流行とか、そんなものを追うことも、追われることもなく、好きなことを好きなだけやろう、そんな意思を町から感じる。

だから、好きだ。
私もこの町によく来ては、好きなだけいて、好きなことをして帰る。
お茶を飲んだり、井の頭公園を散歩したり、服を見たり、路地を探検したり、のびのびさせてもらっている。

さて、この町に来ると、約8割の確立(ほとんど毎回じゃん・・・)で立ち寄る店がある。
やきとりのいせやである。

吉祥寺近辺に住んでいる方には超お馴染みの緑のひさしに赤提灯がトレードマークの焼き鳥居酒屋で、安くて美味しい。
1階が立ち飲みカウンターとテーブル席、2階がお座敷にちゃぶ台スタイルになっている。
「スタイル」なんて書いてしまったが、ハッキリ言って、こじゃれたデートに使えるような店ではない(笑)。

昼間っから、冷酒片手に立ち飲みカウンターでレバーをほおばるオヤジがいたり、片や、学生が座敷でワイワイ騒いでたり、寝転んでいたり、とにかく雑多な人種で構成されている。

が、そこが、なんともいい。
やきとりの煙に巻かれながら、肉をほおばり、酒をくらい、語らう。そんな店だ。

安くて美味しいことも理由の1つだが、なんともこの雰囲気がたまらなく好きで、よく行かせていただいている。
飲み目的ではなく、普通にご飯を食べに行ったりもする。
店から出ると、やきとりのにおいで、髪の毛も服も一式やきとり風味になってしまうのだが、それでもいい。

最近、メニューを見てもおしゃれすぎて何の食い物だかもはや分からないような創作系居酒屋が増えているが、「やきとり」「ごはん」「みそ汁」「生野菜」とひたすら一本道を行くメニューも時にはいい。

好きな時間を好きなだけ好きなように過ごす、そんな吉祥寺にピッタリの店だ。

吉祥寺に行かれる際にはぜひ。








■今日のカメ


■いせや
いせや_f0232060_15202882.jpg吉祥寺に2店舗あります。どちらも駅から近いです。
結構客席はあるんですが、いつも混雑しています。










■1階カウンター
いせや_f0232060_15204280.jpg持ち帰りもできる立ち飲みカウンター。ここで昼間っから酒くらっているオヤジを多数見かけます。









■2階座敷
いせや_f0232060_15205526.jpg大学時代の友達としこ嬢と。彼女と吉祥寺に来るときには、95%の確立で(超高確率w)、いせやに行きます。








■やきとり
いせや_f0232060_1521676.jpg1本80円~。大きくて美味しいです。この日は、ひな鳥、ハツ、つくね。







■ジャンボしゅうまい
いせや_f0232060_15212188.jpg
隠れた絶品メニューがコレ。このしゅうまいはぜひご賞味あれ。








■手羽先
いせや_f0232060_15213359.jpgやわらかくて美味しいです。ぜひ塩で。








■生野菜
いせや_f0232060_15214540.jpg肉もいいけど、野菜もね!というわけで、必ず野菜も注文します。
by meshi-quest | 2005-04-30 15:18
4月某日、大安吉日晴天。

この春の良き日に、会社の先輩の結婚式があり、式にご招待いただいた。
新郎はこの日を誰よりも楽しみにしていたかのように、終始笑顔で、みんなに「ありがとう」と声をかけていた。
会社でも見せてくれる、いつもの元気いっぱいの先輩スマイルだった。



私が入社当時、ソフトウェア事業部というゲームを作る部署におり、先輩は営業部という弊社商品を売る部署にいたので、実は、直接一緒に仕事をしたことは一度もないのだが、ちょくちょく会社の同僚と共にご飯食べに行ったり、飲みに行ったり、廊下ですれ違っても必ず声をかけてくれたりと、他部署であっても分け隔てなく親切にしていただいた。

先輩はすごく何事にもポジティブで、少なくとも私の記憶ではこの人から悲観的な話を聞いたことがない。
もちろん仕事のグチを言い合ったりすることはあるが、最後には「よし、頑張ろうぜ!」とみんなを励ましていた。

人と接するのが、すごく好きだった。多くの人が集まる輪に入るのもうまかった。
人と話したり、笑ったり、時に言い合ったり、それでも「人」が大好きだった。
また、すごく人に気を遣い、自分が楽しむよりも前に、常に周りが楽しんでいるかどうかを優先していた。

本人に言うと照れてしまうと思うので言ってなかったが、実は常々、すごいなぁ、と感心をしていた。

基本マイナスから発想が始まり、みんなでワイワイ楽しくを苦手とし、人生、自分の楽しいことを突き進んできた私としては、この真逆に存在する先輩が不思議で仕方がなかった。



先輩の家族構成は、結婚式に出席して初めて知ったのだが、お父様、お母様、弟さんの4人で、みんな明るく、元気で、誰にも気さくに声をかけてくださり、とてもフレンドリーだった。
特にお父様は私たちの席に来て昔話をしてくれたり、親族挨拶でみんなと一緒に歌をうたったり、とても素朴で、良い方だった。
親戚の方も出席されていたが、これまたすごく元気で、式の最中も笑いのたえない人々だった。

そうか。

これだったのか!



私は、家族を知らない。
かなり子供の時に、父親の記憶はなくなって、一人っ子なので、母一人子一人、そのママも数年前に亡くなってしまった。

なので、大勢に囲まれることに慣れていない。
たまに、何かのイベントで大勢で仲良くご飯を食べたり、寝泊りすることがあっても、傍からは普通に見えるが、実は、すごいプレッシャーと居場所ない感に覆われて、結構緊張してたりする。

少数人数が当たり前になっているので、何かあっても逃げ場を探せるよう、まずマイナス発想から考えてしまうし、行動を決める指針も「自分がどうか」が重要なファクターになっていたりする。

未だに家族がどういうもので、お父さんはどういう会話をして、どういう役割を果たすものなのか分からないが、結婚式に出席をして、【家族】の模範を見て、ちょっといいなぁ、と思った。

うらやましいついでに、帰りがけにお父様に「今度遊びに行かせていただいてもいいですか?」と聞いてみた。

満面の笑みを浮かべて、握手をしながら、「おお!いつでも来い、来い!待ってるぞぉ!」

すごくうれしかった。









■今日のカメ


■今回の結婚式の衣装
温かな家族と温かな結婚式_f0232060_1516638.jpg 胸元がかなり深くあいてて、丈がくるぶしまである、ピンクのAラインドレスに、サンゴをイメージさせるピンクやオレンジの石がちりばめられた大きなネックレスをつけました。側頭部の耳の下辺りに大きな牡丹のような花飾りを指し、メイクはアイラインをキツメに入れて、ちょっと70年代風にしました。

一応・・・、テーマは人魚だったんですが、これからディナーショー行きます風なシャンソン歌手みたいになってます(笑)。


■新郎&新婦
温かな家族と温かな結婚式_f0232060_15162383.jpg新郎新婦から近い位置だったので、よく見れました。
素敵でした。末永く、お幸せに!









■ケーキ入刀
温かな家族と温かな結婚式_f0232060_15164078.jpg結婚式のメインイベント、ケーキ入刀。この後、後ろのカーテンが一斉に開いて、29階の絶景が見えるという演出がありました。







■お色直し
温かな家族と温かな結婚式_f0232060_15165628.jpgお色直しで、ウェディングドレスから一転して、和装に。
最近の結婚式は皆さん洋装が多いので、和装は新鮮ですごく良かったです。








■余興
温かな家族と温かな結婚式_f0232060_15171834.jpg結婚式から裸族登場。長州力軍団(笑)。
ええ、もちろん、新郎のスクエニ側の余興タイムです。








■踊ってます
温かな家族と温かな結婚式_f0232060_15173075.jpg謎の裸族に囲まれて、新郎もセンターで踊ってます。









■親族ご挨拶
温かな家族と温かな結婚式_f0232060_15174859.jpg今までいくつも結婚式に出ていましたが、こんなに素直でみんなの心を捉えた親族代表お父様スピーチは初めてでした。
by meshi-quest | 2005-04-16 15:14
■4月某日

暑い。
今日はやたらクソ暑い。

ここのところやたら晴天が続き、そうなるとどうなるかと言うと、四方をコンクリートとガラスで囲まれているあるうちの部屋は一瞬にしてビニルハウスと化す。体感温度が2倍にあがる。

しかも、ベッドの上の天井は青空全開のガラス張り。
まだ4月だというのに、額から、背中から汗が噴出している。

暑くて暑くて、眠いのに、寝れない・・・。

転げるように、床へ退避。
ひんやりしていて、割と寝心地が良かった。

■4月某日

ネットゲームをしていたら、うっかりスーパーの閉まる時間になっていた。
夕食どうしよう・・。

そこで、久しぶりにピザを頼むことにした。
外ではピザなんてほとんど食べないのに、なぜか出前のピザは時に無性に食べたくなるときがある。

ネットゲームをしながら、ピザ。
なんだか、すごくアメリカンな気分だ。

■4月某日

朝食を食べることが、すごく健康に良いらしい。

それまで全く朝食なんて食べなかった私だが、健康を気にするお年頃になり、ここ4ヶ月ほど毎朝朝食を食べている。

はじめは体が慣れずおにぎり一個とお茶が精一杯だったが、今やかなりガッツリとした朝食もたいあげるほどに元気な胃腸となった。

朝食を食べるようになって、朝の目覚めも、頭の回転も良くなり、便秘も徐々に改善されてきて、体調が良い。
朝食はお薦めだ。

■4月某日

今日も暑い。
もしや、うちだけか?

暑くて夕食食べる気力もない。

4月だというのに、早速、冷やし中華を作ってみた。
成沢家では、冷やし中華は8月になって出てくる季節を感じさせる夏季限定メニューだったのだが、もうすでに食卓登場。

この部屋では季節が狂ってしまうらしい。

夏本番を乗り切れるのか、今からもう不安でいっぱいだ。

■4月某日

吉祥寺にある井の頭公園の花見に行ってきた。

この土日は花見日和の晴天で、井の頭公園まで真っ直ぐ伸びている細道には人がいっぱいで、なかなか入り口までたどり着けない。

大学が隣駅にあったので、よくこの時期には井の頭公園にきて、「いせや」の焼き鳥買って、朝までサクラ見ながら酒飲んでたなぁ。

サクラはイイ。
派手に咲いて、派手に散る。
実にこの気高さ、潔さ、美しさが好きだ。

東京にあるたくさんの同じような枯れ木の中で、「私はここです」とこの時期に自分の存在をアピールするサクラ。
うちの隣あった大きな大木が、実はサクラだったことに、初めて気がついた。

■4月某日

会社でパソコンをうっていたら、突然、鼻血が出た。

マジであせった。
鼻血なんて出したのは、小学生以来だ。

どうしよう、鼻血。
鼻血、どうしましょう。

そして、意外に止まらない。

仰向けに椅子に寄りかかっていると、友達が毛布を持ってきてくれた。

なんだか、保健室の懐かしい感じがした。








■今日のカメ


■ピザ
サクラの自己主張 _f0232060_15123253.jpgたまに食べると、すごく美味いです、ピザ。










■ある日の朝食①
サクラの自己主張 _f0232060_15124443.jpgうちの近所に、営業時間AM7:00~PM2:00までという朝昼しかやっていないちょっと不思議な定食屋がありまして、そこによく行ってます。
おばちゃん一人で切り盛りしていて、メニューは少ないですが、どれも素朴で美味しいです。








■ある日の朝食②
サクラの自己主張 _f0232060_15125816.jpg朝っぱらから、刺身付きの魚定食を食べるときもあります。








■冷やし中華、はじめました。
サクラの自己主張 _f0232060_15131461.jpgあんまりにも暑いので、早速冷やし中華を作ってみました。









■井の頭公園のサクラ
サクラの自己主張 _f0232060_15132834.jpg満開でした。
井の頭公園にある大きな池の周り一面にサクラが咲いていて、実にイイ感じでした。








■花見
サクラの自己主張 _f0232060_15134465.jpg会社の同僚&制作会社の皆さんと飲んでました。
by meshi-quest | 2005-04-10 15:10
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン