<   2005年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私のママが亡くなっていることは何度か書かせていただいた。

父ももういないし、おばあちゃんも10年以上前に亡くなってしまった。
おまけに兄弟もいないので、私一人という超シンプルな家族構成になっている。

今、唯一肉親はおじいちゃんだけになってしまった。



おじいちゃん。
おじいちゃんと孫は、昔からすごく仲が良かった。

うちは共働きだったので、幼稚園から帰るとおじいちゃん家に直行することになっていた。
おじいちゃん、おばあちゃん共に良い人で、何か悲しいこと、困ったことがあるとおばあちゃんに相談し、何か楽しいことをしたり、話したりするときはいつもおじいちゃんだった。

もう御年今年で90歳になるが、すごく頼りになるスーパーおじいちゃんである。

90歳と聞くと、もしかしたらかなり腰が曲がって、あまり動かないお年寄りを想像するかもしれない。誰かに介助されているイメージかもしれない。
が、私のおじいちゃんはよく歩き、よく食べ、よく笑う、90歳とは思えない元気なおじいちゃんである。むしろ、いまだに私がおじいちゃんに相談をしたりすることもある。

まず、私(約168センチ)より背が高い。
背筋もピンとしているし、どこか食事に行くときも私がタクシー・・・とか言っている側で、この距離なら歩こうよと言う。

去年の引越しの際も、私の荷物運びを一緒になって手伝ってくれて、私でも踏ん張って持ち上げるような荷物を簡単に持ち上げる。

とても器用で、好奇心が旺盛であり、家の倉庫に自分で配線をして電球を取り付けてみたり、木で棚を作ってみたり、色々なことをする。今もご飯は自分で自炊をしている。

きちんと私との会話も噛み合うし、冗談も言う。
正直、自分が90歳になった時にここまで動けて、ここまで元気で、ここまでいろんなことに興味と理解があるお年寄りになれている自信がない。

おじいちゃんになぜこんなに元気で丈夫でいられるのか秘訣を聞くと、「戦争行ってたからじゃないかなぁ。若いもんとは違うんだよ。」と決まって笑う。

こうして孫が安心して働けるのも、おじいちゃんが元気でいてくれるからでもある。

子供の頃はしょっちゅうおじいちゃんちに遊びに行って、泊まったりもしていたが、社会人になってからは電話で話すことはあっても、会ったりする機会がなかなか取れなくなってしまった。引越して家もちょっと遠くなってしまった。

で、先日、孫はおじいちゃんを食事に誘った。
「おじいちゃん、ご飯食べに行こうよ。」
「いいよ。」
「何食べたい?食べたいものある?」
「何でもいいよ。何でも食べれるから。」
「じゃぁ、寿司は?」
「いいよ、りえの好きな寿司にしよう。」
こうしておじいちゃんと孫は二人で蒲田の寿司屋に行った。

寿司屋には会社帰りのサラリーマンが酒を飲みながら、寿司をつまんでいた。
おじいちゃんと孫・・・、たぶん客には謎のお年寄りと謎の若い女に見えたのか(笑)、こっちを凝視された。

おじいちゃんと孫で寿司屋のカウンターに座り、一緒に熱燗をくみかわし、寿司をつまみながら、おじいちゃんの戦争体験を聞く・・・。
なんだか、すごく幸せな気がした。








■今日のカメ

■おじいちゃん
おじいちゃんと孫 _f0232060_12542174.jpg「いいよー、俺の写真なんてー」と照れているおじいちゃん。
90歳にはホント見えないです。








■おじいちゃんと孫
おじいちゃんと孫 _f0232060_12552335.jpg考えてみると、大人になってからおじいちゃんとツーショットで写真撮ったのは、私が大学卒業したときに、ママと一緒に三鷹まで来てくれた時以来だったなぁ。







■握り「小粋」
おじいちゃんと孫 _f0232060_1255492.jpg蒲田駅から徒歩1分。
西口駅前の飲み屋街にある「小粋」さんです。

カウンターしかなく、小さなお店ですが、「赤しゃり」という赤酢を使った赤みの帯びたシャリが特徴で、お寿司も美味しいです。






■中とろ
おじいちゃんと孫 _f0232060_12561089.jpg激ウマでした。追加でもう1個食べました。
ほんのりシャリが赤いのがごらんいただけますでしょうか・・・?






■かんぱち
おじいちゃんと孫 _f0232060_12563466.jpg歯ごたえがあり、脂ものっていて、ウマウマでした。







■えんがわ
おじいちゃんと孫 _f0232060_12572235.jpg寿司屋行くと必ずえんがわは食べますね。子供の頃は全く食べれなかったのですが、もう今や好きな寿司ネタのベスト5には入ってます。
ちなみに、上に乗っている黄色いものは、卵でした。脂っぽさがほんのり甘い卵でいい感じに中和されていました。





■サラダ巻き
おじいちゃんと孫 _f0232060_12574460.jpgかにサラダとか、ツナサラダとか、寿司飯とマヨネーズの組み合わせは結構好きです。









■たまご その①
おじいちゃんと孫 _f0232060_1258990.jpgここでは大将のその日の気分でいろんな出来立て玉子焼きが味わえます。

この卵、ちょっと茶色いでしょ。
食べてみると、ほんのり甘くて、カカオの味がします。
そうです、ココア入りです。意外な組み合わせですが、実は意外に美味いんです、これ。





■たまご その②
おじいちゃんと孫 _f0232060_12583254.jpg大将がもう1個できたよと持ってきたのが、これ。
ちょっと緑がかっています。
ほうれん草?最初私もそう思いましたが、パセリ入りだそうです。
by meshi-quest | 2005-01-26 12:53 | 蒲田
ついに来た。

ついにこの日が来た・・・。

私には、どうしても会いしたくて、でも、いつどうやったら会えるのか分からない【神様】のような存在の人が何人かいる。
その中の一人に、ついに会うチャンスがやってきたのだ。



1月某日、新宿西口の大手ゲームセンターで超ビッグなイベントが行われた。
イベントの名は、「大山のぶ代一日店長」

大山のぶ代さん・・・
女優でもあり、料理研究家でもあり、そして、言わずとしれたドラえもんの声優さんである。

ドラえもん好き関しては、このコラムでも何度か書かせていただいた。
パンを食べるときもドラえもんトースター、寝るときも枕元にドラえもん、携帯着信&着メールはもちろんドラえもんソング、未だに何度見てもドラえもん映画で号泣する始末。

最近は年のせいか、ドラえもんの感動的なワンシーンを思い浮かべただけで泣けるようになった。ある種の特技だ。
この特技は何回か友達の前で披露したのだが、そうとう驚かれた。

そう、ドラえもんは私が生きていく上での重要なパーツの1つなのだ。
ドラえもんの声、しぐさ、笑顔、すべてに癒される。

辛いことがあったら、ドラえもんに会う。
のび太がジャイアンにいじめられてドラえもんに泣きつくとき、心の中ではいつも私も一緒にドラえもんに泣きついている。
時には、「もっとしっかりしないとダメだよ」と励まされ、時には「そりゃ、ひどい。なんとかしてあげる。」と助けてくれる。
とにかくドラえもんが大好きだ。

一度でいいから、生で、この耳でドラえもんの声が聴きたい・・・。
ずっとずっと夢だった。
あわよくば、ドラえもんに「りえちゃん、大好き」なんて言ってもらいたい。
いや、そんなことがあったら、気絶してしまうだろう・・・。

こんな私にとって、このイベントはまさに狂喜乱舞、超BIGイベントだ。
とうとう神様の一人に会える・・・。

気合入れて、イベント前日に会場の下見まで行った。
会場が分からずイベントに遅れるとかはもってのほかだ。

前日からすでに整理券の配布や席取りで並んでいる人がいるのでは・・・と一人で焦っていたのだが、行ってみると特に音沙汰もなく、会場もできていなかった。
お店の人の話でも当日そのままお越しいただければ・・・といった感じだった。

前日勝負がなくなった分、ちょっと安心しつつも、当日は超気合を入れていかねばならぬ。
かなりドキドキして、前の日何度か夜に目が覚める始末だった。

当日。
天気は最悪の大雨。風も吹いて、気温もかなり低い外出にはまったく向いてない天気だった。

中学生が天下のアイドルに会いに行くかのように、私が出来る最大限のおしゃれをして、出かけた。
握手できたときのことを想定して、いつも指にしているごっついメンズの指輪から、女の子らしい指輪に変えた。
自分で言うのもなんだが、もう重症だ(苦笑)。

電車を降りて、イベント会場へは待ちきれずに小走りで向かった。
会場に着くと、ゲーセン入り口のUFOキャッチャーをどかしたスペースにステージが作られていて、その周りを何十にも人垣が出来ていた。
しかも、新宿、ゲーセンという場所柄か、人垣が頑丈で、背丈が高く、隙間を縫って前へ進むこともできない。鉄壁のスクラムを組まれていた。

神様がこんなに近くに来るのに、これっぽちも見えない。
もう泣きそうだった。

こんなところであきらめてはいられないので、必死にわずかな隙間を探して歩き回った。
一箇所、遠くはあるが、斜め45度からステージが見える場所を見つけて、陣取った。
途中、何度か会場の方に「道をあけてください」「立ち止まらないでください」と言われたが、ホントすみません、譲れません、これだけは。どうか勘弁してください。

14:00。
司会の人の呼び込みで、会場にドラえもんのお馴染みのテーマソングが流れた。
「あんなこといいな~できたらいいな~」

そして、その曲に会わせて、大山のぶ代さんがステージにあがられた。
開口一番、「みなさん、こんにちは。」(ドラえもんの声で)
もう泣いてました。幸せ。

そこから、大山のぶ代さんのトークイベントが始まった。
普通にお話されている声も、ほぼドラえもんだった。マイクを通しているせいか、すごくドラえもんだった。
話の中で何度か「のび太くん」「しずかちゃん」という単語が出てきたが、やっぱりドラえもんだった。

トークイベントのこともじっくり書かせていただきたいが、長くなってしまうのでやめておく。
一生の想い出としてココロに閉まっておかせていただく。





約1時間におよぶイベントが終了し、最後にみんなに向かってドラえもんがこういった。
「みんな、またね。ばいばい。」

ドラえもぉぉぉ~ん、またねー(絶叫)!!!!!








■今日のカメ


■私の位置からの神様
大山のぶ代さんと会った日 _f0232060_12511487.jpgご覧の通りかなり遠い位置です。これが精一杯やっと見つけた隙間です。











■ズームして見た神様
大山のぶ代さんと会った日 _f0232060_12513517.jpg大山のぶ代さんです。感激です。
by meshi-quest | 2005-01-12 12:49
明けましておめでとうございます。

皆様、お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。

今年の正月は12/29~1/3までと非常に短かったので、結局どこに行くこともなく、引越したての新居でひっそり新年を迎えておりました。

12/28は会社の忘年会があり、当然そのまま朝までとなり、12/29は夕方まで寝てしまって一日をつぶし、12/30は家の大掃除をして、12/31にはお正月のおせちの買出し・・・・と、なんだかんだ用事があって、バタバタしながら年を越しました。

以前住んでいた蒲田には駅ビルが3つあって、コラムでも紹介させていただいたことがありますが、その各地下街にかなり優秀な生鮮市場があるので、いつもそこに買い出してたんですが、今年は駅に駅ビルすらない町に越してきたので、隣町まで電車乗って買い出しに出かけました。

しかも、買出しをした31日はまんまと大雪に降られてしまって、もうそりゃ、大変でした。
生鮮市場を探しつつ、買い物をしつつ、お正月のメニューを考えつつ、雪に降られつつ、あー靴はビショビショ・・・。

あ、あと、31日は買い物しておせち作りながら。K-1とPRIDE観てました。
いいですねー、格闘技は。大好きです。
この格闘技タイムだけは譲れませんね。

で、年明けて、1日。
当然初日の出など見ることもなく、昼頃やっと起床。

さて、正月と言えば初詣へGOなのですが、この町に神社仏閣があるのかどうかも分からず。
悩んだ挙句、とりあえず有名どころに行こうと決め、友達みんなで小泉首相ばりに九段下の靖国神社へ参拝に行くことにしました。

さすが昼過ぎに起床しただけのことはあって、重い腰をあげて靖国に着いたときはすでに6時。終了ギリギリ。
そのくせ、お願いしておきたい案件はかなりあり、人一倍長くお祈り。

そして、おみくじ会場へ。
気合入れてひいた神言は、「吉」。
簡単に内容を要約すると、「良くも悪くもありません。まぁ、頑張れよ。」といった感じ。

待ち人、来るかも。
金銭、努力惜しまなければ貯まるかも。
旅行、場所によるかも。
すべてこんな感じです(苦笑)。

まぁ、神様的にも良くも悪くもないということなので、地道に頑張っていこうかと思います。



本年もどうぞよろしくお願いいたします。








■今日のカメ


■靖国神社
靖国参拝から始まる正月 _f0232060_12473920.jpg金色の菊の紋がオーラを放っている本殿前











■今年は酉年
靖国参拝から始まる正月 _f0232060_1248198.jpg酉年ですね。
いつも不思議なのですが、「トリ」とは「にわとり」を指すんですね。孔雀のようなちょっとゴージャス鳥じゃないんですね。











■神酒
靖国参拝から始まる正月 _f0232060_12483194.jpgお正月の参拝客に日本酒を無料でふるまってくれるようです。
樽の木の香りがして美味しいお酒でした。
by meshi-quest | 2005-01-05 12:45
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン