<   2004年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

先日、ママの命日を迎えた。



ママが亡くなってから、もう今年で5回目の秋を迎える。
実は、色々と想うところあって、今年ついに引越しをすることに決めた。

今の家はママと一緒に住んでいたマンションに、そのまま一人で住んでいる。
ママがいつ戻ってきてもいいように、ママの部屋もそのままの状態にしてある。
2つ部屋があり、そのうちの1つは全く使われていない状態にあった。

いつか戻ってくると思っていた。
戻ってくると思っていたから、ママの部屋には手をつけなかった。

でも、本当は戻ってこないことも分かっていた。
分かっていたからこそ、手をつけたくなかった。
部屋に手をつけた瞬間、自分自身で『戻ってこないこと』を肯定してしまうのが怖かった。

今年、5年目の命日を迎えた。
来年は6年目で、7回忌をしなければならないらしい。
「らしい」というのは、私は7回忌は7年目にするものだとずっと思っていたのだが、今年の命日にたまたま連絡をしたママの友人であるおばさんから「来年は7回忌しないとね・・・」と言われ、そのとき初めて知ったのだ。

そんなことも分からない、何も分からない状態で、ただただひたすらこの5年間の毎日を生きていた気がする。

何でもできた素晴らしいママに頼って、ママに任せていれば安心だった。
でも、その安心も5年前になくなり、ゼロからすべてを出直した。

自分で覚えて、自分で学んで、【自分】で生きていくことの大変さを感じた。
「親元離れて一人暮らしをしています」、そんなもんじゃない。
【一人で暮らす】のと、【一人で生きる】のは雲泥の差がある。

【一人で暮らす】人も一人で生活する中で色々と苦労はあるだろうが、その人の後ろにあるものは、たとえ暗闇だったとして陸が続いている。
しかし、【一人で生きる】人の後ろにあるものは、崖なのである。

崖に立って、5年。
どうやら少し崖で立つことに慣れてきたようだ。

仁王立ちで前を見て、進みもせず、ただただその場に足を踏ん張る。
そんな毎日の中で、最近は後ろの崖を気にせず、足を動かしたり、よそ見したり、時にジャンプしたりするようになった。

「生まれた街を離れて、新しい場所に行ってみよう。」
ふと、そう思った。

後ろが崖であることは一生変わりない私の運命だが、どうせそういう運命なら、見える景色が違う、新しい崖に立ってみようと思った。

生まれた街、ママと住んでいた家を離れる今回の引越は、私にとって大きな意味を持つ。

引越にあたって、今まで手をあえて付けなかったママの部屋にも手を付けることになり、今まで捨てられなかったママのものもたくさん捨てなければならなくなる。

良いか悪いかは分からない。
ただ、「新しい場所に行ってみたくなった」気持ちに素直に従った。

墓前でママに引越の報告をした。
「りえは引越することに決めたよ。」

ママはびっくりするかなぁ・・・と思っていたけど、もうそれを知っていたかのように、楽しそうな顔をしていたような気がした。









■家はゴミの山
5年目_f0232060_11363187.jpg服や食器、はたまた小学生の時の教科書など、すごいゴミが出た。
最低限持っていくモノ以外はかなり捨てているのだが、捨てども捨てども減らず。。。










■外もゴミの山
5年目_f0232060_11365516.jpgマンションの前がゴミ捨て場になっているのですが、全部うちのゴミで山ができています。
今日だけでもざっと東京都指定ゴミ袋70リットルで20袋くらい捨てました。










■たからもの
5年目_f0232060_11372968.jpg押入れの奥から、こんなのが出てきました。

箱に「たからものいれ」と書かれていました。
私が小学1年生くらいのときに、ずっと大事にしていた箱です。










■中身は・・・
5年目_f0232060_11375789.jpg開けるまで自分も中身を忘れていたのですが、色とりどりのおはじきでした。

そういえば、この頃おはじき集めていて、いつもどこに行くにも持ち歩いていたなぁ。

こんな思い出の品が続々出てきて、出ては中断して思い出に浸ったりしてしまうので、引越準備一向に進まず・・・。
by meshi-quest | 2004-11-29 11:35
スーパーやコンビニに、用がないのについ立ち寄ってしまう。まるで、日課のように。

取り立てて何か買いたいものがあるわけでもないのだが、フラッと入って、中を物色と、たまに見たことのないモノ(新しいモノ)に出くわすことがある。

成沢家は代々、ホント新しいモノ好きだ。
「新製品」「新発売」「NEW」・・・こういった単語に異様に弱い。

おばあちゃんも、ママもそうだった。
新しいモノがあると、まず買ってきて試してみるのが好きだった。
その血は、孫であり、娘である私に脈々と受け継がれ、成沢家の伝統をこうして守っている。

さて、最近、近所の中規模スーパーが、1階の入り口付近をイベントスペースに見立てて、独自の仕入れによるプチイベントを行うようになった。
プチイベントは、ヨノナカの流れ、流行り廃りとは全く関係ないところで行われており、完全に独自路線を突っ走っている内容となっている。

9月は、ベトナムに着目し、ベトナムうどん「フォー」をはじめとして、ベトナムから輸入してきたカップラーメンやら、ベトナムの調味料やら様々な食材を販売していた。
この前は、海外の缶詰製品をクローズアップし、缶詰のスープやら、魚の缶詰、オリーブの缶詰、様々な缶詰であふれていた。

現在は・・・というと、「沖縄」に着目をしているらしく、沖縄に関する食材がたくさん並べられていた。
沖縄の黒糖ドーナッツ、沖縄そばなどなど、見ているだけでもちょっと楽しい品揃えだった。

その中に、新しいモノ好きの血を騒がすものが売られていた。

「やぎみるく」

でかめのヤクルトくらいしか入ってないのに、1本380円もする。
ミルクというカテゴリではありえない値段だ。

やぎみるくを見つめること、10分。
ずっとその場にいるのも気が引けたので、イベントスペースをグルッと一周してみる。
結構、いいポジションで売られているのに、一向にやぎみるくに手を出す客がいない。
やはり値段だろうか。

ミルクに380円。
やぎみるくの紹介文を読むと、牛乳で下痢をしてしまうような方にも安心して飲んでいただける、栄養たっぷりのミルク、とある。
素晴らしいミルクであろうことは分かるが、払うべきか、払わぬべきか。

相当悩んだあげく、1本お買い上げしてみることにした。

そして、家に帰って、ドッキドキの試飲タイム!

う~ん、マズイ。
マジ、マズイ~。

でも、いいんだ。
新しいモノだったし、コラムのネタにもなったから。









■今日のカメ


■やぎみるく
新しいモノ好きの挑戦 ~やぎミルクの巻~ _f0232060_11332134.jpg 手のひらサイズの小さな容器に入ってます。
沖縄直送と書いてありました。








■やぎの嘘つき・・・
新しいモノ好きの挑戦 ~やぎミルクの巻~ _f0232060_11334795.jpgパッケージのやぎは「うめぇ~」とないてますが、マズイです、ハッキリ言って。

好みの問題もあるとは思いますが、何が問題って、とにかく臭いです。やぎ臭い。これがかなり強烈で、どうにもこうにも・・・・無念。





■工夫
新しいモノ好きの挑戦 ~やぎミルクの巻~ _f0232060_11341712.jpg生でダメならと、ミロをまぜて工夫してみたんですが、臭さは全く防げず・・・・断念。
by meshi-quest | 2004-11-02 11:31
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン