<   2004年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

前回、心霊ツアーに行った話をさせていただいた。

心霊ツアーというより、真夜中の山登りといった感じで、心霊スポット巡りで結構歩いた。

そして、腹が減った。
仕方がない。
自然な流れだ。

さて、実はこの心霊ツアーの後にあらかじめ用意していたツアーがあった。
それが楽しみで仕方がなかった。心霊どころではない。

心霊スポットのトンネルを後にして、一行は目的地に向かった。
時計は朝の4時を指していた。もう外は明るく、ちらほら車が出始めてきている。

目的地は東京のど真ん中、もんじゃで有名な月島と夜の街銀座に挟まれた場所にある。
そう、「築地市場」だ。

以前よりたびたびコラムで私が寿司好きであることに触れてきたが、この聖地「築地」にはまだ行ったことがなくて、どうしても行きたかったのだ。

築地の魚河岸でセリ落とされた新鮮な魚介類を使った食の数々。
中でも、ここ築地では朝っぱらから、にぎり寿司やら海鮮丼が食える。
なんて贅沢で、なんてステキな朝食なんだろう。

ただ、唯一、問題だったのは、時間。
築地はだいたい早朝4時くらいから、遅くても昼すぎ1時くらいには店も市場も閉まってしまうらしい。
つまり、築地に行くためには、着替えて、移動する時間も考えると、かなりの早起きをせねばならないのだ。

そこで、考えた。
「そうだ、寝ないでそのまま行けばいいんだ!」

この時を待っていた。
一晩中寝ないで、かつ、築地周辺に早朝来れるイベントを。

そして、ついに築地市場にやってきた。
朝の5時半、朝食を食べるにはいい時間だ。

初めての築地は、ただただ驚くばかりだった。

まず、こんなに広くて、大きいと思わなかった。
市場を囲むように、定食屋、寿司屋、土産物屋、玉子焼き屋、乾物屋などが軒を連ねている。

セリ市へは一般市民は入れないが、魚河岸には入れるので、実際入ってみたが、これまたとにかく広い。
広い市場の中にみっちりと水揚げされたばかりの魚を売る店があって、人が右往左往している。
魚を売る人、魚を買い付ける人、とにかくすごい人だ。

さらに、超早朝だと言うのに、こんなにエネルギッシュだとは思わなかった。
アジアの市場だ。
中国とベトナムに行ったときにみた市場に似ている。こんなエネルギッシュな市場が東京にあるとは思わなかった。

人々は、とにかく忙しそうで、魚河岸内だけで乗れる小型荷台付きスクーターみたいな乗り物をすごい速さで乗り回している。
実際、何度か轢かれそうになった。もう観光客なんておかまいなしだ。

とにかくすごかった。
私のつたない文章ではこれ以上伝えきれないので、このすごさは、きちんと早朝に行って、ぜひ築地という場所を見ていただきたい。
一見の価値はある。

さてさて、お楽しみの朝食タイム。
色々と店があって迷う。明らかに店前に長蛇の列が出来ている有名そうな店もあったが、腹が減って我慢ができなかったため、とりあえず海鮮丼をウリにしている定食屋にはいった。

「まぐろ・なかおち・うに丼」というものを頼んだ。
ウマイ。朝からかなり豪快な朝食だが、ウマイものはいつでもイケるのだ。

あぁ、来てよかった。

お土産に今晩食べようとトロのぶつ切りを買って、帰った。
朝はなかおち、夜はトロ。
あぁ、どうしましょー。

こうして、興奮のうちに築地ツアーは終了した。
解散したときには、朝の9時になっていた。

長い1日が終わった。

あれ、そういえば、なんで築地行ったんだっけ?
そういえば、昨日心霊ツアー・・・・・ま、いっか。









■今日のカメ

■朝の5時半に現地到着
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18424154.jpgうっすらと日が出てきています。








■築地場外市場
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_1843132.jpg念願の築地にやってきました。









■市場周辺の様子①
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18432527.jpgおじちゃんが乗っている荷台スクーター、これがうん十台と市場を疾走していて、何度も轢かれかけた。








■市場周辺の様子②
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18435171.jpg朝からすごくにぎわっています。









■陶器屋さん①
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18441861.jpg陶器も売ってました。
料亭とかで使われてそうなかなりイイ感じ和食器が、超激安。







■陶器屋さん②
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18443540.jpg魚河岸だけあって、長めの焼き魚皿や刺身皿などをたくさん売ってました。







■買い付けに来ていたおじいさん
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18445479.jpg観光客だけでなく、買い付けに来ている人もたくさんいました。みんな専用の籐カゴを持っていました。








■市場の外の様子①
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18452548.jpg車も人もびっしりです









■市場の外の様子②
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18454135.jpgかれこれもう15分以上は歩いたと思うが、まだ出口の気配なく、魚に囲まれてます。








■魚河岸内の様子①
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_184735100.jpgとにかく広くて、迷子になりそうでした。
広い市場の中にびっしり店が出ていて、人もいっぱい。







■魚河岸内の様子②
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_184837.jpgかれこれもう15分以上は歩いたと思うが、まだ出口の気配なく、魚に囲まれてます。









■イルカ
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18462272.jpgウソです。冷凍マグロです、巨大な。








■運ばれていくマグロ
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_1849635.jpgおじさんがどんどんマグロを運びます。というか、おじさんが足でマグロを踏んでるのが気になる。







■マグロアップ
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18492420.jpgこんなにマグロを間近で見たの初めてです。







■マグロ解体中
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18494972.jpg冷凍マグロを薪割りのごとく解体しています。








■美しいなかおち
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18501522.jpg美味そう・・・・。スプーンでほじくって食べたい感じです。










■うなぎも売ってます
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18505552.jpg大きくて美味しそうなうなぎ蒲焼が、1串340円。安いです。







■築地付近の定食屋①
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18512798.jpg寿司屋、定食屋、様々なお店があります。洋食屋もありました。特大エビフライ定食がありました。








■築地付近の定食屋②
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18515983.jpg早朝だと言うのに、どこも混んでいます。








■今回入った定食屋①
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18522051.jpg海鮮を使った丼ものをメインとした定食屋に入りました。













■今回入った定食屋②
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18524419.jpgカウンターのみ15席ほどの店内は、客足途絶えず、満席でした。








■まぐろ・なかおち・うに丼①
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18531782.jpg新鮮なお刺身は美味いです。あぁ、朝から最高です。








■まぐろ・なかおち・うに丼②
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18534168.jpg見てください、この新鮮なお刺身!








■お土産①
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_1854685.jpgトロのぶつ切りパック入り、いっぱい入って1000円也。この日の夕食はトロを使った手巻き寿司になりました。







■お土産②
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18542449.jpg魚河岸バンダナ。魚が付く漢字が並んでいます。お約束の魚河岸お土産(笑)。








■お土産③
朝ごはんを食べる朝 _f0232060_18545131.jpg回転すしボールペン。なんと、クリックたびに、回転寿司がひっくり返ったり、また出てきたり(笑)。こりゃ、買うしかないでしょ。
by meshi-quest | 2004-09-25 18:33
飲んでいるとき、ひょんなことからみんなで心霊ツアーをしようということになった。

その場では、かなりの人が「おお!行くぜ!!」と言っていたのだが、心霊ツアー実施1週間前に2人抜け、ツアー前前日にまた1人抜け、当日にも1人抜け・・・こうして残った怖いもの知らずの8人で行くことになった。

9月某日。
仕事を終えて、夜中の12時からレンタカーに乗って、東京郊外にある超有名な心霊トンネルへ。

このトンネルは、霊が出ることで有名なトンネルで、テレビでも本でも常連のスポットである。
トンネルは現在も使われているものの他に、旧トンネル、旧旧トンネルという2本があり、旧トンネルは現在車両は通行止めで歩行のみ可、旧旧トンネルは全通行止めとなっているとのこと。
もちろん、この中で旧旧トンネルが一番ヤバイらしい。

車を走らせること2時間ちょっと。
仕事後ということもあり、車中で軽くご飯を食べつつ、食べたら今後は眠気が襲い、完全にだらだら状態で現地に着いた。
狙ったかのように丑三つ時だった。

トンネルは山道をあがった上にあった。
周りには、何もない。使われているのかも分からないさびれた食堂が1軒あるだけ。
トンネルが放つぼんやりとしたオレンジ色の光が奇妙な空間を作っていた。

山の上ということもあり、外は異様に寒い。
有名スポットというだけあって、すでに数台の車がトンネル脇に止められていた。
懐中電灯の光と、集団の若者の声がする。
明らかに心霊スポット見学者たちだ。

まずは、若者たちの声がする旧トンネル方面に向かって、車を降りて、山道を歩いた。

困ったことに、私は極度の鳥目で、遊園地にあるお化け屋敷とかも満足に進むことが出来ないほどなのだ。
もちろん、山の砂利道もこの暗闇で歩くことが出来ず、友達に手を引っ張ってもらって道を進んだ。それでも、たまに石につまずいて転んだりしていた。

現トンネル脇の山道を歩くこと、5分。
目の前に廃トンネルが見えてきた。これが旧トンネルだ。

今は全く使われていない様子で、トンネル内も水浸しで、舗装もされていなかった。
トンネル内には無数の落書きと、空き缶や雑誌などが落ちていた。
入り口から先のほうに出口が見え、あまり長いトンネルでもないので、中に入って歩くことにした。

夜中に月明かりと懐中電灯だけをたよりに、トンネルを歩く様はなんだか小説にありそうな感じでもあり、映画「スタンド・バイ・ミー」のような感じでもあった。

ふと、空を見上げると、満天の星が頭上に広がっていた。
恐怖感はなく、ただただ静かで、穏やかで、綺麗な夜だった。

旧トンネルを何事もなく抜け、次は旧旧トンネルを探しに山を下った。
探しに探したのだが、残念ながら、旧旧トンネルは見つけられなかった。

1つそれらしい山道を見つけ、これではないかとしばらく進んで見たのだが、進んだ先にぽつんと1軒の民家があり、その横の道は通行止めになっていた。
通行止めの先を男性陣が山に入って見に行ったのだが、有刺鉄線でふさいであり、またツアー者の1人が「その先に何ややな予感がする」というので、結局戻ることとなった。
後で分かったことだが、どうやらその先に旧旧トンネルがあったらしい。



帰りがけに、1台のバンに乗った若者男子集団がやってきた。見るからに、肝試しをしにきたヤンキーっぽかった。

特に問題もなく、うちらはすぐにそこを離れたのだが、心霊ツアー経験者が「心霊ツアーで一番気をつけなければいけないのは、心霊ではなく、ヤンキー」と言っていたように、心霊スポットでのヤンキー遭遇率は非常に高いらしい。

「なぜヤンキーは心霊スポットに行くのか?」と聞いたところ、「することがないから」「お金なくても手軽に楽しめるから」「強さの誇示」など様々な理由でヤンキーが心霊スポットにやってくるらしいのだが、皆さんももし心霊スポットへ行くようなことがあったら、決して女の子だけとか、少人数では行かないようお気をつけください。
あの世も現世も危険だらけである。



さてさて、ここまで心霊ツアーのことを書いたが、実は私が本当に楽しみにしていたのは心霊ツアーではなく、この後に行くことになっていたとあるツアーの方であった。

心霊ツアーの後、一行はそのままどこへ向かったのか。
それは次週に書かせていただく。









■今日のカメ

今日のカメは暗闇での撮影のため、写真全体が暗く見にくいかもしれませんが、
ご了承ください。
フラッシュもちゃんとたいていたのですが、あまりにも暗すぎてフラッシュが効か
なかったんです。


■丑三つ時、現地到着
秋の心霊ツアー_f0232060_18305860.jpg 夜中2時すぎ、現地到着。
地図は持ってきていなかったので、現トンネル付近の山道を探って、旧トンネルへ向かうための話し合い中。






■心霊スポット見学者の車の列
秋の心霊ツアー_f0232060_18311567.jpgちょっと見にくいかもしれませんんが、トンネル脇にたくさんの車が止まっています。明らかに心霊スポットを見に来た人たちなのですが、正直こんなにいると思いませんでした。
この後もひっきりなしに車が止まっていました。






■塩かけます
秋の心霊ツアー_f0232060_18313318.jpg心霊スポット見学後、コンビニで買った塩をみんなでかけました。効果があるのかは分かりませんが、気持ち的な問題で・・・。







■通行止め
秋の心霊ツアー_f0232060_18315250.jpgホント真っ暗な山道に通行止めの看板。
実はこの先に旧旧トンネルがありました
by meshi-quest | 2004-09-21 18:30
最近、会社で健康診断があった。

身長、体重、血液検査、尿検査など一通りの検査を行った。
30才を超えると、バリウム一気飲みの刑が待っているようだが、まだギリギリセーフだ。

さて、ここで自分の健康状態をバラしてしまうが、以前左の腎臓で患った腎炎の調子がよくなく、医者に大学病院で腎臓のエコー(超音波)をとるよう勧められた。

まぁ、自分でも分かっていた。
忙しかったというのは事実だが、明らかにおかしいことを自分でも分かっていたからこそ、ちょっと行きたくなかったのだ、病院に。

疲れたり、極度にストレスがたまると、左腰に激痛が走る。
とりあえず、トイレに駆け込んで座り込んでみるのだが、痛みで冷や汗が額から流れ落ちる。
この症状、常に起きるわけではなく、疲れとプラスαの条件が必要らしく、一般でやるような健康診断では表面化されてこないため、今まで強制的に病院に行かされることがなかった。

ええ、確かにおかしいです(苦笑)。
ええ、かなり前からです、実は。
というわけで、近々、病院に行ってこようと思います。今の仕事が一段落したら。



見た目は健康そうに見えるが、実は、私は色んな持病を持っている。
こう書くと、明日からみんなに近寄ってもらえなくなりそうだが(笑)、あくまでも伝播せず自己完結している病気なので、安心していただきたい。

日常に支障があるわけでもないし、決して不健康とは言わないが、健康か?と聞かれると、微妙だ。
条件が重なると、一気に爆発するような感じの病気なのだ。
肺、肝臓、左の腎臓、左足膝の靱帯・・・なんか色んなところに爆弾が仕掛けられている(苦笑)。

さらに、仕事柄とても不規則な生活をおくっているので、ただでさえ病気を悪化させやすい環境下にいる。
なので、できる範囲でなるべく健康でいれるように、日々色んなことをしている。

夜、ほぼ毎日お湯に浸かって、半身浴をしている。
カラダのゆがみを直すストレッチをしたり、ビタミンや亜鉛のサプリメントを飲んだり、最近流行っているコエンザイムQ10もかなり前から飲んでいる。
抗酸化が人間の健康や美容の敵らしく、コエンザイムQ10はかなり抗酸化に効くらしい。この前の「あるある大辞典」でもやっていた。

とにかくカラダに良い!と私が判断したものは色々と試してみている。
実際のところ、どれが効いているのか、果たして効いているのかも分からないが、昔より左腰激痛の頻度も若干減ったような気がするし、この年になってもそんなに肌のトラブルを感じない。

毎日何かを続けるということは大変だ。楽ではない。
半身浴も「読書をしながら、おしゃれなバスタイム」のように思えるかもしれないが、汗をかいて不要物を外に出す作業なので、想像以上につらい。
サプリメントもついつい飲み忘れそうになるのを、常に意識して自分に飲ませているし、ストレッチだって、帰ってきてバタンキューしたい衝動をグッとこらえて、寝る前に行うのである。
ちょっとした修行だ。

が、自分のために、自分がいつまでも健康で美しくあるために努力することは大事であり、望みでもあるので、こんな忍耐我慢ゼロの私も頑張っている今日この頃である。

自分に埋まっている爆弾が解体されるまで、なるべく引火しないように頑張る所存である。









■今日のカメ


■髪、切りました。
爆弾女_f0232060_18262051.jpgちょっと前に髪切りました。15センチ切ってます。 →とはいっても、元々長いので、気づいてくれた人はごくわずか・・・。







■サイドを思い切って、切ってます
爆弾女_f0232060_18263932.jpgサイドを思い切って、40センチくらい切りました。
顔にかかる髪がちょっとショートになった気分を味あわせてくれるので、楽しいです。長いと、髪が顔にかかるとか、そういう次元じゃなくなっちゃうので(苦笑)。






■最近のヒット!「イージーファイバー」
爆弾女_f0232060_18265739.jpgCM見ていて、欲しくなりまして、飲んでます。
飲み物に混ぜて飲むのですが、顆粒が固まらないし、味も変わらないので、飲み続けられそうでいい感じです。
ハッキリ言って、うんこが出るか出ないかはホント死活問題なのです、便秘者にとっては。(すみません、キレイな表現できずに。)







■りんごジュース
爆弾女_f0232060_18271829.jpg「まるごとりんごをしぼってます」というキャッチフレーズにひかれ買いました。
安くて(100円でした)、とても美味しいです。
りんごは万病に効くと言われてますし、きっと何かに効いているはず!








■愛用品「炭の入浴剤」
爆弾女_f0232060_18273781.jpgお習字とかで墨をすっているときの香りが結構好きなんですが、まさにあんな感じの香りがします。ヒノキの入浴剤の香りに似ているかな。入れると、もちろん水は黒くなります。
by meshi-quest | 2004-09-19 18:24
いつもコラムを読んでくださっている方から、こう言われた。

「最近、成沢のコラムは食い物コラムになってるね。」

確かに最近食い物のことばかり書くことが多くなっているかもしれない。
ちなみに、今日も食い物の話だ。

が、今日の食い物は、いつもとはわけが違う。



ヨノナカには、「セレブ」という言葉がある。
どうやら私の知らないところで、ゴージャスな生活をされていらっしゃるらしい。

一般に「セレブ」と呼ばれる人たちがどういう生活をしているのか私には全く分からないが、想像したとしたら、今日の私の一日のような生活なのかもしれない。

今回このようなステキなご招待をくださったF氏にこの場を借りて、心よりお礼を。

そして、事のすべては、「今日のカメ」を見ていただきたい。









■今日のカメ。

ご招待いただき、フランス料理を食べに「ミクニ マルノウチ」に行ってきました。

世界的にも有名なシェフ三國清三さんのレストランです。
三國さん自らがお料理される本店「オテル・ドゥ・ミクニ」へは数回行かせていただき、今回は丸の内のミクニさんへ行ってきました。

以下、お料理来たらすぐ食べそうになるのを、グッとこらえて撮影した写真です(笑)。
「食い過ぎ」という点にはどうか目をつぶってくださいませ。

もう、ぶっちゃけどれも最高に美味しかったです。最高ですったら。
岸朝子さん風に言うと、「おいしゅうございます」。

■入り口
セレブな一日_f0232060_1813596.jpg1階と地下があり、1階はイタリアン、地下がフレンチです。写真は支配人さん。










■店内の様子
セレブな一日_f0232060_18132983.jpgこの日は平日ということもあり、ゆったりとしていました。
丸の内という場所柄か、年齢層はやや高め。ご婦人方で食事会をされているテーブルもありました。










■突き出し
セレブな一日_f0232060_18134718.jpgエビとポテトをマッシュにしてあげたもの。これにパセリのソースを付けていただきます。

角のように2本出ているのはパスタを楊枝のようにしているもので、すべていただけます。








■前菜
セレブな一日_f0232060_1814472.jpg鯛のマリネにキャビアを添えた、見た目にも綺麗で涼しげなお料理です。











■スープ
セレブな一日_f0232060_18142955.jpgこの日、すごくポタージュが飲みたくて、メニューには載っていなかったのですが、出してくださった一品。
じゃがいもの冷たいスープ、ビシソワーズの中にコンソメのゼリーが入ったとても美味しいスープ。
じゃがいもにコンソメのゼリーがすごくアクセントになってました。







■メインディッシュ①
セレブな一日_f0232060_18144690.jpgこの日はアラカルトで注文をし、メインを3つ頼んでいます。

1皿目は、アワビのトリュフソース、黒米添え。
こんなに軟らかいアワビ、生まれて初めて食べました。
アワビの下に黒米のリゾットのようなものがあり、味が染み込んでいて、すごく美味しい。絶品。
ちなみに、私の中ではこのアワビのお料理が今日のお料理No.1でした。



■メインディッシュ②
セレブな一日_f0232060_1815715.jpg上からトリュフ、フォアグラ、牛フィレのサンドウィッチ。
なんだか、もう凄すぎて訳が分かりません。










■メインディッシュ③
セレブな一日_f0232060_1816344.jpgこの日はアラカルトで注文をし、メインを3つ頼んでいます。

鳩のロースト。丸焼きです。
このお料理は注文してからちょっとお時間がかかります。







■鳩、さばきます。
セレブな一日_f0232060_18165584.jpgウェイターさんが手際よく目の前でさばいて、お皿に盛り付けてくださいます。









■鳩、解体中。
セレブな一日_f0232060_18171297.jpgすごく手際がよくて、あっという間に解体。











■できあがり。
セレブな一日_f0232060_18173793.jpg鳩のロースト。ブラウンソースでいただきます。
生まれて初めて鳩食べました。
食べる前までは生臭くてクセがあるのかと
思ってましたが、全くクセなく、すごく美味しくてビックリ。鶏肉より、しっかりしていて、味が濃く、油気もあるかな。

さらにビックリしたのが、中が赤身であったこと。
鳥肉なので、しっかり焼かれて硬いのかと思いきや、品質が良いので身が赤い状態でも十分食べれて、柔らかく美味しくいただきました。


■デザート①
セレブな一日_f0232060_1818522.jpg「デザートは別腹」とはよく言ったものです。
もう食べれないと思っていたのに、ホントに別腹でした。

こちらは巨砲のゼリーとアイスクリーム。ミントの香りがさわやかなデザートでした。








■デザート②
セレブな一日_f0232060_18183361.jpgどうしても食べたくて頼んだバニラスフレ。
注文してから20分かかりますが、待つだけのかいがすごくある一品。卵の香りとバニラ香りが最高。
アツアツスフレに冷たいバニラアイスを付けて食べます。
無言でひたすら食べてました。もうね、「動けなくなってもいい!!」って思いました。








■デザート③
セレブな一日_f0232060_1819051.jpgクリームブリュレとチョコムース。
美味しそうだったのですが、この頃には、さすがに、もう食べれなくなってました・・・。
無念。









■ジャーン!!リムジンです。
セレブな一日_f0232060_18192258.jpg生まれて初めてリムジン乗りましたー。

あぁ、映画で見た長い車だ!!
【プリティーウーマン】でジュリアロバーツを
迎えに来た車だ!!

「五代」とか呼びたくなるようなすごく優しそうな運転手さんがいるし、白い手袋してるし、ドアは開けてくれるし、中は広いし、足伸ばせるし、あぁブランデーセットまであるー!!!

このときには、周りの言葉が一切聞こえないほど、おおはしゃぎしてました。


■はしゃぎすぎ
セレブな一日_f0232060_18194389.jpgリムジンで丸の内から帰ってきたのですが、その間嬉しくて、リムジンの天井にある窓からずっと顔出してました。

まるで選挙の宣伝カー状態。
ふと隣を見ると、車の中の若者たちが笑っている。
でもいいの。嬉しかったんだもの。
by meshi-quest | 2004-09-04 18:12
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン