<   2004年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

非常に遅ればせながら、井上雄彦先生の名作「スラムダンク」を1巻から全部読破した。

連載をしていたときも、アニメをやっていたときも、ずっと気になっていて、いずれきちんと読みたいと思っていたのだが、なかなか全巻通して読む機会がなかった。



面白い。
とにかく、面白い。
いまさら、私が言うまでのことも全くないのだろうが、ホント何かに吸い込まれるように読みきってしまった。

そして、バスケットをまたやりたくなった。
バスケットって、こんなにカッコいいスポーツだったのか、と改めて思った。

私は、元・バスケ部員だった。
バスケ部というほど長く在籍していたわけでも、部員と言えるほど活躍していたわけでもなかったが、一応、成沢の歴史の中ではバスケ部員である事実が残っている。

中学にあがると、それまでの小学生の趣味のクラブ活動とは違って、ちょっとワンランク上の活動を要求される。
それまでずっと文化系クラブに属していたくせに、なぜか中学にあがってスポーツをやりたくなった。

どの道、どんなスポーツもド素人なので、とりあえず色々な部活を見学し、楽しそうにみえたスポーツ部に入ることを決めた。
たまたま体育館で見たバスケット部員のユニフォームとバッシュ(バスケットシューズ)がすごくカッコよく見えた。
うちの父親が昔バスケ部だったことや、比較的背が高かったこともあり、バスケ部に入ることにした。

が、私の描いていたカッコいいバスケ部とは違って、バスケ部員となった後には、地獄のようなキツイ練習が毎日待っていた。体力と根性の勝負だった。

「スラムダンク」でも主人公の桜木花道が「基礎ばっかりじゃなくて、ダンクさせろ!」と監督やキャプテンに言うシーンが描かれているが、実際も本当に基礎練習と基礎体力作りをとにかく来る日も来る日も繰り返す・・・という日々を行う。
思い描いていたジャンプやシュートをする自分の姿とは全く違うものがそこにあった。

バスケットははた目で見るよりも、ずっとずっと体力や精神力を要求されるスポーツだ。
限られたコートの中を動いているだけに見えるし、ボールパスやシュートもいとも簡単そうに選手が打つので、華やかでかつさわやかに見えるが、実際は違う。

限られたコートゆえにすぐにオフェンスとディフェンスが切り替わるので、ものすごいスピードで敵陣に行き、すぐにまた自軍の陣地に戻るというダッシュの反復を試合中ずっとしなければならない。
止まっている間も、常に相手を監視し、体を張ってゴールを死守する。
走るわ、飛ぶわ、投げるわで、コート内でトライアスロンをしているような感じだ。

体力を消耗すると、追って精神力も消耗する。
すると、シュートを打っても、全くゴールにボールが入らなくなっていく。
入らないことでの精神的ダメージと、入らなかったことでまた攻守が交替し、猛スピードで試合が進む。

赤木キャプテンが「根性のないやつにはできん」と言っていたが、本当にその通りなのだ。

これだけハードだからこそ、それに耐えうるだけの体力、精神力、根性を身に着けるべく、基礎をとにかく繰り返す。
バカのひとつ覚えじゃないが、どんなに自分がフラフラで目がかすんでいても、ボール投げたらゴールに入るくらいに、何度も何度も自分に刷り込みを行う。
基礎があってこそ、あの華麗なシュートや攻防がなせるのも、また事実である。

「スラムダンク」を読んで、純粋に笑いながら楽しめた反面、「あぁ、この練習きつかったよなぁ・・・」「これ、苦手だったなぁ・・・」と普通そのまま読み飛ばしてしまうようなシーンでいちいち立ち止まって感慨深く思う部分もたくさんあった。



結局、体力も、精神力も、根性も、情熱も、そして、バスケに対する大きな目標を見出せなかった私は、一年後に退部届けを出した。

仲間にも恵まれなかった。
精神的に支えてくれる先輩も、同期もいなかった。
まぁ、バスケが上手いわけでもなく、練習きつくてすぐにサボるような者を歓迎してくれるわけもないので、致し方ないが。

バスケ部員であった間に覚えていることと言えば、練習のキツさと、初めて買ったコンバースのバッシュと(後に、先輩に生意気と言われ不評をかうのだが)、一回だけ出させてもらった公式試合で得点は取れなかったが、練習どおりのアシストパスが出せて、初めて監督に「よし!」と言われたこと、この3つ。



あれから・・・・、バスケを離れてもう十数年経つが、「スラムダンク」を読んで、改めていいスポーツだなぁと思った。
読み終えて、過去の苦い思い出がちょっと変わった。

あのときに、「スラムダンク」を読んでいたら、もしかしたら、もう少し頑張れていたかもしれない。









■今日のカメ。


■スラムダンク
スラムダンク _f0232060_1842648.jpg バスケを知っている人も、知らない人も、ぜひ
読んでいただきたい一冊です。読んでるうちに、カラダがウズウズしてきて、何か始めたくなる・・・そんな本です。






■読書のお供に・・・KFC
スラムダンク _f0232060_1844999.jpgたまに、妙に食べたくなるケンタッキー。好きです。








■KFCフライドチキン
スラムダンク _f0232060_185935.jpgケンタッキーのフライドチキンは店によって、
すごくアタリハズレがある、と思うのは私だけ
でしょうか。
ちなみに、このチキンは、肉が硬く、油の臭い
がしたのでハズレ。





■KFCポテト
スラムダンク _f0232060_1852838.jpgケンタッキーのポテトは甘みがあって、すごく美味しいですね。ベリーグッド!








■必ず頼む、KFCスウィートコーン
スラムダンク _f0232060_1854820.jpgケンタッキーのコーンが好きです。
何の変哲もないコーンそのまんまですが、
これがすごく美味しいです、甘くて。
by meshi-quest | 2004-08-25 18:03
私の会社の机の上に、ずっと欲しかった冷蔵庫がやってきた。

冷蔵庫のカラーはピンクで、4ドア式。
しかも、旧式冷蔵庫のように上に冷凍室があるのではなく、ちゃんと真ん中に冷凍 室が引き出しになっていて、チルド室もある。

ハッキリ言って、自宅の冷蔵庫より格上だ。
ただ、唯一、家の冷蔵庫と違う点は「冷えない」ことだろうか。

冷えない冷蔵庫。
聞くと全く役に立たなさそうな響きだが、コレがずっと欲しくて、待っていたので ある。数ヶ月前から。



キャンディトイや雑貨メーカーのリーメントという会社が出している「ぷちサンプル シリーズ」という食品玩具がある。
レストランなどのショーケースで見かける「食品サンプル」のミニチュア版とお菓子がセットになったものだ。

数年前、夜中のコンビニでこのぷちサンプルシリーズ第一弾となる「和食処」という 箱を見つけたときに、即座にそこにあるだけ全部(たしか、8個あった)を買った。
今や、中華、デザート、回転寿司などかなりのシリーズがたくさん出ている。

記憶をたどると、たぶん幼稚園の頃だったと思うが、はじめてこの【食品サンプル】 というものに興味を持った。
レストランに行く度に、ショーケースに張り付いて、食品サンプルを眺めていた。

この、やたらリアルな食のニセモノに、完全に魅せられてしまった。

それからというもの、食品サンプルが気になり、大好きになった。
すごく欲しかったが、入手方法も、いくらなのかも全く分からなかった。(大学生になって、はじめて浅草の河童橋という問屋街に行って、食品サンプル問屋をみて、 食品サンプルが異様に高いことを知った。)

小学生の時、家族でよく行っていたレストランがつぶれて、その閉店のときレストラ ンのマスターさんが「コロッケ」のサンプルを1つくれた。はじめてマイ・食品サンプ ルをゲットした。
ころもの付き方といい、きつね色の揚げ色具合といい、どれをとってもエクセレン トだった。

もらったコロッケは、大切に自分の学習机の上に飾っておいた。
もらっておいたくせになんだが、マスターはコロッケしかくれず、付け合せのレタ スなどはなかったため、机の上にドーンとコロッケが乗っているという異様な子供部屋だった。

「三つ子の魂百まで」とは、よく言ったものだ。

辞書によると、幼児期の性質は大人になっても変わらないという意味らしいが、オトナになった今でも食品サンプルへの情熱は消えていない。

さて、話をまとめながら戻すと、要は食品サンプル大好きっ子なのである。
で、冷蔵庫なのだが、これは、ぷちサンプルシリーズを収納するための、いわゆるコレクションBOXとして最近発売されたものなのだ。

買うたびに感心させられるのは、これを企画し、作っている人たちが「本当にサンプルが好きで作っているんだろうなぁ」と感じられること。

商品化の経緯や作者の思いを知らない末端のいちユーザーに、作者の「何か」がちゃ んと伝わるというのは、本当にスゴイことだ。
作者がココロをこめたものは、どんなに少しでもきっと通ずるのだろうと思う。



ちなみに、この冷蔵庫ももちろんリーメントから出されている。
もちろん嬉しいのだが、サンプルシリーズがらみで、いくら費やしたこと か・・・・・(苦笑)。

三つ子の魂は、やはり百までなのである。









■今日のカメ。

今日は、自分の携帯カメラで撮影したので、うまく撮れているか非常に心配・・・。

■冷蔵庫がやってきました!
机の上に冷蔵庫がやってきた。 _f0232060_17572412.jpg私の会社の机の端っこに置いてあります。幸せ。

うちの冷蔵庫は3ドアなので、こっちの方が格上。でも、カラーはうちの冷蔵庫と全く 一緒。









■食品を詰めてみました。
机の上に冷蔵庫がやってきた。 _f0232060_17574221.jpgかなり充実した冷蔵庫になりました。












■冷蔵庫の様子。
机の上に冷蔵庫がやってきた。 _f0232060_17575775.jpgポイントは「夕食で残ったご飯をとっておいてます」です(笑)。
半額シールが付いた豆腐や、「朝は確実にパンですね」と思わせるマーガリンや チーズも配置してみました。








■野菜室の様子
机の上に冷蔵庫がやってきた。 _f0232060_1758159.jpgかなり充実。いちごも、白菜もあります。イイです。












■ステーキもあります。
机の上に冷蔵庫がやってきた。 _f0232060_17584829.jpg「夢のアメリカンライフ」という中の1つ。












■機内食もあります。
机の上に冷蔵庫がやってきた。 _f0232060_1759758.jpgこれも「夢のアメリカンライフ」シリーズ。
1つのシリーズが出ると、ほぼ全種類集めて、机に並べておきます。










■新巻鮭の宅急便もあります。
机の上に冷蔵庫がやってきた。 _f0232060_17592598.jpgこれは「産地直送便」というシリーズの1つ。ざるに乗った切り身シャケがたまりません。











■コロッケ定食もあります。
机の上に冷蔵庫がやってきた。 _f0232060_17594557.jpgこれは「和食日和」というシリーズの1つ。
コロッケの乗っている皿の雰囲気とか、ご飯を乗せている銀のお盆とか、もう細か いところまでたまりません。
by meshi-quest | 2004-08-04 17:56
若い女の子が、オヤジは暑苦しいと言う。
だが、ここに、とてもさわやかなオヤジがいる。

オヤジは、近寄るなと言われる。
だが、ここに、「カワイイー」と逆に女の子から近寄られているオヤジがいる。

オヤジは、動きが鈍いと思われている。
だが、ここに、とてつもなく俊敏な動きと、超人的な運動能力を見せ付けるオヤジがいる。

オヤジはダサいと言われる。
だが、ここに、自分のイニシャルの入った帽子をかぶり、世界で一番オーバーオールが似合うオヤジがいる。

オヤジは力がないと思われている。
だが、ここに、歩くキノコや火を吐くカメに勇敢に突き進むオヤジがいる。

オヤジはロマンティックではない。
だが、ここに、いつまでも若くて美人な姫を守り続ける超ロマンティックなオヤジがいる。

オヤジは魅力がないと言われる。
だが、ここに、巨大化し、時には空を飛び、星を食べては無敵になり、医者でもあり、はたまたゴルファーにもなる人を魅了してやまないオヤジがいる。

「俺、弟いてさー、顔そっくりなんだ・・・」と告白されたら、ホントげっそりするが、ここに、双子のようにそっくりな弟を持ち、またその弟もみんなから好かれているオヤジがいる。



オヤジは嫌われているのだろうか?
だが、ここに、全世界の人から愛されているオヤジがいる。

そんなオヤジが私は大好きだ。









■今日のカメ。



■ゲーセンで取ってもらいました。
マリオ_f0232060_17532432.jpg最近、ゲーセンにマリオや懐かしいファミコンをデザインしたグッズがいっぱい出ていて、かなり楽しいです。
ちなみに、この箱の中にはフェイスタオルが入っています。





■マリオブラザーズ
マリオ_f0232060_17534216.jpg昔、従弟とかなりやりました。ファミコンのボタンが沈んで壊れるくらいまでに。
もちろん強力プレイではなく、殺し合いですが。







■スーパーマリオブラザーズ
マリオ_f0232060_1754511.jpg1-1で一番最初に出てくるクリボーがかなり極悪で、ダッシュで突っ込んでいくと、ジャンプのタイミングが合わずに抹殺されることもしばしば。もしかして、裏ボス?






■ストラップもマリオ
マリオ_f0232060_17542017.jpg今、使っている携帯のストラップもマリオです。
横にファミコンのコントローラーが付いているところがカワイイです。
by meshi-quest | 2004-08-02 17:52
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン