<   2003年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年は全くプールバックを持ってはしゃぐ小学生を町で見かけなかったなぁ・・・と思う今日この頃。

このまま涼しくなって秋になり、寒くなって冬になっていくのか・・。
この服好きの私ですら、例年よりもTシャツ買う量が圧倒的に少なかった。
こんなに涼しいと、ココロなしか夏服を買う元気も当社比マイナス30%である。



今年の冷夏は、私の購買欲を直撃という激・小規模な部分から、日本人の経済、生活といったもっと大きな部分までありとあらゆるものに影響を与えている。

まず、「日本の夏」という風情に影響を与えた。

プールではしゃぐ子供、道端で花火をする家族、スイカを美味しそうに食べる様、キャミソール1枚の綺麗なお姉さんが汗をぬぐうしぐさにかいまみるエロス(笑)・・・・そんな数々の日本の夏の情緒がいつになく見られなかった。

いまいちソフトクリーム熱も盛り上がらない。
夏になると大好物のキハチのソフトクリームが「暑さ」という期間限定フレーバーによって、より一段と美味しく感じられるのだが、こう涼しいと私のクリーム熱も元気なし。

夏の風物詩、「花火」も今年はまだ一度もやっていない。
そういや、夏祭り大好きっ子の私が、今年は夏祭りにあんまり行ってない。
海やプールも行ってないのでよく分からないが、時期もの商売をされている方は相当影響を受けたんだろうな、と思う。

野菜の価格も相当高騰している。

先日、スーパーに買い物に行ったときも、レタス1玉で398円と書かれていて、たまげた。
不規則な生活でただでさえ野菜不足なのに、これではさらに野菜不足になってしまう。

「えー」
がっかりしながら、ふとレタスの横を見ると、ダンボールにたくさん積まれた白い顔したひょろっと細長い野菜が私を見ている。

もやしである。20円と書いてあるではないか。
もやしは素晴らしい。
いつだって、どんな時だって庶民派だ。

しばらくは、もやしとともに生きてゆこう。



そんな8月の終わりに会社の先輩の結婚式二次会に出席した。

イイもんだ、新郎新婦というのは。
幸せそうな新郎と嬉しそうな新婦の姿は、いつ見てもステキだ。
みんなを幸せにするパワーがある。
冷たい夏によってクールダウンしてたココロもホッカホカだ。

そして、結婚式を見るたびにいつも思うのだが、「白」という色はホント素晴らしいなと思う。

新鮮で、かわいらしく、それでいて気高くもあり、招待客がどんな衣装で来ようとも、花嫁が身にまとう「白」には勝てないのだ。
今日の花嫁さんも本当にきれいだった。

ちょっと面白かったのが、結婚式の二次会に来ていた台湾の来賓による台湾式「愛のしるし」の実演。
どうやら台湾で結婚式のときに新郎新婦が行うとっておきの儀式らしい。

下記、「愛のしるし」のやり方を書くので、ぜひ結婚式の時にお試しいただきたい。

新郎をまずイスに座らせ、その上に新婦を座らせる。

その次に、新婦の履いていた白いハイヒールを脱がせ、その中にビールを注ぐ。
ちなみにハイヒールにはビールに限らず何を入れても良いらしい。

そして、新郎が来て下さったお客様に感謝の意があり、かつ、新婦を心から愛しているのなら、それを一気飲み。

以上が、台湾式「愛のしるし」の儀式である。

ハイヒールビールを飲むという新郎とビールでぐちょぐちょのハイヒールをまた履かねばならないという軽い負荷が新郎新婦にかかるものの(笑)、イベントとしてはかなり盛り上がって、お客としては楽しかった。



この年になると先輩や友達の結婚式や二次会にお呼ばれされる機会が増え、それぞれの結婚式に個性があり、特徴があり、おまけに色々な人間ドラマが見れて楽しい。

独身貴族の小娘も、先輩方の見て、色々と勉強させていただこうと思う。



大介さん、ちなこさん、いつまでもお幸せに!







■今日のカメ。
◆黒のドレスで小娘出席
冷たい夏と温かい結婚式_f0232060_1441782.jpg黒のノースリーブロングワンピースで出席しました。
髪に付いている白い花の飾りは実はネックレス。こんな使い方をしてみました。




◆台湾式「愛のしるし」
冷たい夏と温かい結婚式_f0232060_14413995.jpg新郎さんが飲んでます、飲んでます!









◆都々さん、ありがとうございました。
冷たい夏と温かい結婚式_f0232060_1442218.jpg結婚式の三次会は、小娘が度々遊びに行かせていただいているマジックバー「うさぎや」さんに新郎新婦と一緒に行きました。

「うさぎや」さんは日本風家屋の落ち着いた雰囲気でゆっくりお酒を飲みながら、本格的なマジックが楽しめるお店です。

この日はたまたま「USO!?ジャパン」に出演された有名マジシャン『都々』さんがマジックを披露して下さいました。しかも、特別にウェディングマジックをしていただきました。

ワイングラスの中にトランプを入れて、そのグラスの口の部分をお客に手でふさがして、新婦に新郎をイメージしたカードを選ばせ、都々さん自身は一切グラスに触れてないのに、グラスの中のカードとかが浮くんです!!!!マジで。
もちろん、そのカードは新婦の選んだ新郎のカードで、全くもってイッツ・マジックです。

すごく楽しくて、良い記念になりました。

「うさぎや」さんに行くたびに、私もマジシャンになりたいと影響されて帰ってくる私。いいなぁ、マジシャン・・・。
by meshi-quest | 2003-08-17 14:39
私は過去に1度だけ家出をしたことがある。

そんなこと急に思い出した。

大学生や社会人になってからたびたびあった「家に帰らない」は、家出なのか単に帰宅が遅いのか分からんような生活の一環だったのでなんとも言えないが、小学3年生の時の「家に帰らない」は、明らかに「家出」だった。

小さい頃から何かいやなことがあると、狭い場所に閉じこもる癖があった。閉じこもる場所がない場合は、そこから出て行くという手段をとった。
どちらも「その場から消える」という行為だ。
この癖は大人になっても治らず、困ったことに今も割りとそうだ。

うちはママとすごく仲良かったので、ケンカしても何だかんだ言って、すぐ元に戻って、仲良くやっていた。
というより、ママは自分の娘の性格をよく分かっていたので、『なだめるところ』『ほっとくところ』『声をかけるタイミング』など実にピンポイントで押さえていたのだと思う。

ケンカなんてできればしたくない。
実は、ケンカに突入する直前からすでにケンカするつもりなんてないのかもしれない。
それが仲の良い相手であればあるほど、ケンカはしたくないものだ。

ところが、威勢良くたんかを切ってしまった手前というか(笑)、自分で自分のひっこみがつかなくなってしまうことが多々ある。ココロのひっこみも、シチュエーション的なひっこみも。

「今のウソぴょーん!」とか言いながら、ケンカになりそうなシチュエーションをすぐに回避できる性格だったらどんなに幸せか、と思う。
残念ながら、天邪鬼にはこんな芸当はできない。



小学3年生の時は、もう何が原因だったかは覚えていないが、相当腹が立って、自分なりに荷物をまとめて、家を出た。

荷物の中身は、着替え、下着、お菓子、メモ帳、ジュース、財布に約1万円だったと思う。
今、考えると家出するには、かなり不十分なアイテムラインナップだった。

家を出る前に、頭にきたことを列挙し、最後に決まり文句「探さないでください」を書き加えた支離滅裂な手紙を作成し、その後家を出た。

その時は真剣に家を出るつもりだった。
家出をしたことの重大さより、これからどうやって生きていくか、どうやって金を稼いで生活をしていこうかという具体的なことをひたすら考えていた。
小学3年生にしては、冷静だったように思う。

町をウロウロして、気が付いたら夜の10時頃になっていた。
夕食はたしかマックですませたような気がする。
10時まで町をうろつくなんてことがなかったので、未知の領域にワクワクしながらも、だんだん不安になってきていた。

この頃にはあれだけ怒っていたことの大半以上がどうでもよくなっていた。
時間がたって、怒りが静まってきたのである。
気が付くと、「誰か気づいてくれ」と言わんばかりに自分の家の近くまで戻ってきていた。

結局、私がおじいちゃんちの車庫の中で寝ているところをママに発見され、日付が変わる前に家出イベントは終了してしまった。



なぜ家出をしたのか?

きっと、突き詰めていくと「腹が立ったから」ではなく、ママにとって「自分がどういう存在なのか」、それを確かめるために家出をしたのだと思う。
つまり、ママから自分は愛されているのか?、好かれているのか?、大切にされているのか?を知るために。
ケンカというちょっとしたきっかけで、それが分からなくなってしまったからだ。



ヒトは時として、ホントしょーもない手段を使う。
自分で「感じること」ができないから、相手のリアクションを見て、それを感じようとするのである。
要は、鏡のようなものだ。

車庫で私を発見した時のママはすごく慌ててて、心配していて、そして、私を見て心からほっとしたような顔をしていた。
そして、その様子を見た私もすごく安心をした。
愛されていることが分かった。
だから、それ以降、家出をするようなことはしなかった。



相手の前から「消える」ことで、自分が相手にとってどういう存在意義のある者なのかどうかが分かる気がしていた。
もし自分が相手にとって大切な者であれば「探す」だろうし、大切でないなら「探さない」。
最終的には、ケンカによって生まれた「怒り」とかはどーでもよくて、「大切なのか?そうでないのか?」だけが分かればいい。それだけだ。

それが分かれば自分のケンカのひっこみもつくし、こちらからも素直に「ごめんなさい」と言える。

ここで消えた自分を探してもらえないと、ますますひっこみがつかなくなって、出て行けなくなる(苦笑)。
消えた本人は「探してもらえる」ことを前提に消えているのだから(笑)。
本人には全く悪気がありませんので、こういう場合はぜひ探していただきたいと思う。



我ながら、ホントしょーもないな、と思う。

大人になっても治らない。
ホントしょーもないな、と思う。

こうして文章にしてみて、改めて読んでみても、ホントしょーもない癖だと思う。






■今日のカメ。
夏なのでお祭りの話題を。


◆爆裂王~君の笑顔が見たくて~
しょーもない癖_f0232060_14381463.jpgお祭り好きで、夏になると毎週のように色々なお祭りに顔を出していたので、過去相当色々な露店を見てきたが、こんな強烈なネーミングの露店は初めて見た。

ノボリには、「君の笑顔が見たくて」と書いてある。
実際、笑顔の客が相当列を作っていた。

これは一体何屋なのか?というと・・・・実は、焼きそば屋でした。
しょーもない癖_f0232060_1438282.jpg一見、普通の焼きそば屋に見えますが、おにいさんの盛り付けている焼きそばの量を見てください。
なんと、入れ物から焼きそばがあふれています!!
このお店の焼きそばは通常露店焼きそば価格で、爆裂量の焼きそばが買えるのです。

露店業界も客争奪戦で色々と様変わりしているなぁ、としみじみ。
by meshi-quest | 2003-08-09 14:37
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン