<   2002年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

先日、森川幸人画伯と釣りに行ってきました。
(糸井重里さんがご自身HP「ほぼ日」にて、森川さんを「森川画伯」と呼ばれていたので、私もマネしてみました。)


森川さんは、伝説のテレビ番組「ウゴウゴルーガ」(CX)のCG(コンピュータグラフィック)制作や、家庭用ゲーム初の本格的AI(人工知能)搭載育成シュミレーションゲームPS「がんばれ森川君2号」、アクションゲームとして名高いPS「ジャンピングフラッシュ」など多方面でご活躍の偉いお方です。

私の前コラム「バブーをよろしく。」でご紹介したPS「アストロノーカ」というゲームの生みの親でもあります。

最近、不思議な遺伝子の物語『テロメアの帽子』(新紀元社)という絵本を出版されました。
私も早速読ませていただいたのですが、読み終わった後、何とも言えない不思議な空気に包まれる本で、その「不思議さ」はどこから来るのか確かめるために何度も読み返してしまいました。

「絵本」と言っても、子供だましの絵本とは違います。
不思議がいっぱいの大人の絵本です。
最近「不思議な」気分になったことがないなぁ・・・というあなた、ぜひお読みください。

詳しい内容はこちらです。
■「ほぼ日」にて、本のご紹介
http://1101.com/morikawa/index.html


さてさて、そんな森川さんとラブラブデート(笑)。
森川さんは釣りがご趣味で、成沢は今回が釣り初体験です。

「釣りとは・・・竿とエサ??」
成沢はこんな程度のレベル。

場所は富士山のお膝元、富士五湖の1つ「本栖湖」。
森川さん曰く、難易度は高いけど、キレイな場所とのこと。
目指すは、ブラックバス。

実は、こっち方面に行くのは今回が初めてで、とっても楽しみ。
本栖湖までは東京から高速を使って、車で2時間弱。
森川さんの愛車で連れて行ってもらったのですが、途中、晴天にくっきり見えた大きな富士山をバックに、オウム真理教で一躍有名になった「上九一色村」や自殺の名所「富士の青木ヶ原樹海」などを「世界の車窓から」さながらのアングルで観光しつつ、湖へゴーゴー!

本栖湖、到着。
思ったより人がいなく、静かに釣りに没頭できそうな感じ。
水も濁ってなく、キレイでした。

森川さんは、「釣り」を「男女関係」に例えて説明してくれました。
「捕まえたいとギラギラしていると、それが女の子(サカナ)にも伝わってしまい、なかなか捕まらない」、と(笑)。
そして、「本栖湖は、場所で例えると「青山」か「表参道」でナンパだ」、と(笑)。

私、ナンパ初めてなのに、いきなり青山っすか???
相当カッコ良くて、相当ナイストークができて、相当金持ってて、相当心広くないとダメじゃないっすか?

はなっから、不安がよぎった。
田舎から上京したてで、「東京って広いなぁ・・」なんて思っているようなレベルの私なんかで、果たして青山のお高いお姉ちゃんがナンパできるのだろうか・・・。

釣りの指導を受け、森川さんからプロ用の軽い釣り竿を借りて、早速チャレンジ。
釣りには準備が結構かかりそうというイメージがあったのだが、思ったより、道具少なく、釣りってすぐできるんだなぁ・・と感心。

山の天気は変わりやすい。
糸を垂らして、数分後、強風と強雨に見舞われた。
それでも、青山姉ちゃんゲットのため、文字通り雨ニモマケズ、風ニモマケズ、男らしく糸を垂らし続けた。

が、さすがに寒さには勝てず、途中断念。
初戦、青山姉ちゃんの夢は破れた。

温かい飲み物を飲んで、気を取り直し、今度は森川さん曰く「ソープ」へ(爆笑)。
河口湖のことである。

確かに、釣りのためにお金を払う場所があって、湖に行ってみると、素人目にもウジャウジャ女の子(サカナ)がいるのが分かる。

選び放題である。
スレンダーな子、ちょっとぽっちゃり系、色の違うモノ・・・なんでもござれ。

男として、あからさまなソープ(河口湖のメイン釣り場)は避け、ちょっと裏手の若干難易度の高そうなソープへ行った。
クドイようだが、私と森川さんの名誉のために言っておく。
行ったのは、河口湖である。
間違いない。

日没までのラスト2時間に命を懸け、女の子ゲットのため、糸を垂らす。
水温、色、気分など様々な要素が絡み合い、サカナが何に反応するか分からないらしいので、私は赤いミミズ(超リアルなゴム製の偽物)、森川さんは青いミミズを従えて戦場へ向かった。

軍配は、青。
というよりも、単に森川さんがうまかったんだろうと思う。
見よう見まねで同じようにやっているつもりでも、たぶん私はギラギラしていて(笑)、女の子に逃げられてしまった。
いや、見向きもされてなかったんだろう(笑)。

初めて見たブラックバスは大きかった。
森川さんは「これでも小さい方だよ。」とおっしゃってましたが、私にとってはとても大きく見えました。

帰りに信州名物「ほうとう」を食べて、身もココロもホットになって帰ってきました。


いつか、青山お姉ちゃん(サカナ)も一声でゲットできるくらいのステキな男(釣り人)になれるように、頑張ります。
また連れていってくださいね、森川さん。



最後に、私が行った先は青山でもソープでもなく、湖なのだ。
あしからず。




■今日のカメ

○赤ミミズ
ホンモノっぽい質感がタマラナイ。

○森川さんと私
本栖湖ナンパ(釣り)記念に。

○釣り人森川さん
ちょっとあたりが暗くなり、湖が幻想的な雰囲気を帯びたときに、真剣に釣りをする森川さんを撮った1枚。
空気も美味しかったし、のんびりできた一日でした。

本栖湖で青山系お姉ちゃんをナンパ_f0232060_17563528.jpg


本栖湖で青山系お姉ちゃんをナンパ_f0232060_17564027.jpg


本栖湖で青山系お姉ちゃんをナンパ_f0232060_1756458.jpg

by meshi-quest | 2002-05-29 17:55 | 旅行_国内
『あなたが今までに「この人には勝てない」と思った女性って誰ですか?』


先日、こんな質問を受けた。
それに対し、私は、こう答えた。

『いません、ただ1人を除いては。』


今まで、女性の中での勝ち負けというものを意識したことはあまりない。

こう書くと、たいそう偉そうに聞こえてしまうかもしれないが、いっぱいの中の「ナンバーワン」ではなく「オンリーワン」でいたいと常に思っている。
だから、比較論的な勝ち負けの意識があまり働かないのである。

しかし、冒頭の質問を受けて、厳密には勝ち負けという意識ではなく、何というか・・・、「超えられないなぁ」というスペシャルなカテゴリーに属する女性がいることを思った。


私が勝てないと思う、その「ただ1人」とは、私の母のことだ。

母子家庭だった私にとって、母は母であると同時に父でもあり、時には友達でもあった。
そして、何より尊敬できる素晴らしい女性であった。

仕事もバリバリこなし、大きなバイクにまたがって風のように颯爽と会社へ向かうその後ろ姿を見送るのが、好きだった。
子供ながらにカッコイイなぁと思っていた。

よく会社にも連れて行ってもらった。
男も女も関係なく、仕事の司令を下す母を見ていて、スゴイなぁと思っていた。

そんな時いつも、誰に自慢するでもないが、心密かに「この人が私のママなんだぞ。」と得意げになっていた自分がいた。

母は、料理をしたら野菜に飾り包丁をほどこせる程の腕前だったし、裁縫も若い頃に趣味で裁縫学校に通っていたらしく、着物の生地で日本人形を作ってしまうような人だった。
売り物のような母の作品が今でも家にいっぱいある。その他、枕カバーや洋服も型紙から自分で作って、完成させてしまうような人だった。

私も小さい頃から料理を教えてもらい、そこそこ裁縫もできるが、さすがにニンジンに飾り包丁を入れて梅の花とかは作れないし、日本人形も作れない。型紙だって、市販のモノを買ってきて作るしかない。

母は、茶道の看板も持っていて、華道の経験もある。
ボーリングのスコアも私より上だし、スキーの腕前も上級者だった。
頭の回転も速く、いつも毅然としていた。

中高6年間、ずっと昼はお弁当だったが、母は一日たりともそのお弁当を欠かせることはなかった。そして、前日と同じおかずが入ることも一度もなかった。

私が学校やら、会社やら、病気やらで悩んでいても、いつも解決する術を与え、安心感を与え続けてくれた。

母が家で悲しい顔をしたところをほとんど見たことはなかった。
つらいこと、悲しいこと、色々あったはずだが、決してそんな素振りはせず、時には自分を犠牲にしても娘にすべてを与え続けてくれていた。


私にとって、完璧でカッコイイ最高の母であった。
素朴に、「完璧」とはこういう人に使うのだろうと思う。

そんな母を目の前に見ながら生きてきて、多くのことを学んだ。
完璧な母を目の前に、その子供が嫉妬・嫌悪・窮屈・・そして、グレる・・なんて、そんなシナリオもあったかもしれないが、私はその完全さがとても心地良く、「超えられないモノ」=「決して崩れない安心感」として、温かいその恩恵を素直に受けていた。

たった1つでいいから・・・
絶対に崩れないモノ、変わらないモノ、安心できるモノがあることが私には心地良かった。

時間をかけて、経験値を貯めて、レベルさえあがれば倒せるようなラスボスは、私にとってのラスボスではない。
やっぱりスゴイものなのだ、ラスボスは。
追いつけないし、追い越せないし、最強のレベルと最強の武器を持ってしても、たぶん何かダメ。
心のどこかで、追いつけないであろうことを楽しんでいた気もする。



そんな最愛にして最強の母は、もうこの世にはいない。


冒頭の質問を受けて、何だか妙に母のことが書きたくなり、書かせていただいた。




■今日のカメ。

うちに観葉植物がいっぱい生い茂っていて、家が半ジャングル状態になっていることを以前のコラムで紹介させていただいた。

その成沢家ジャングルの50%を構成しているのは、「幸福の木」という観葉植物である。
常緑樹でキレイな緑色の大きい葉が特長なのだが、最近、数ある幸福の木鉢植えのうちの1つが真っ白い花を咲かせた。

幸福の木に花が咲くのを見るのは、幸福の木がうちに来て15年以上経つが、これで3回目だ。
15年で3回として、5年に1回。
オリンピックよりも率が悪い。

最初に花が咲いたとき、驚いて花屋に駆け込んだのだが、花屋曰く、非常に非常に珍しいことらしい。
去年も一昨年も咲かなかったが、今年になって咲いた。

超ラッキーだ。
今年はイイことがありそうな気がする。

●緑の葉の中に白いつぼみ
最初に白くふっくらしたモノが現れて、そこから1週間後くらいの写真。

●ちょっと大きくなりました。
さらに上記から1週間後。カリフラワーみたいなつぼみがいっぱい付きます。

●花が咲きました。
さらにさらに、1週間後の写真。
幸福の木の花はやたら蜜を落とします。なので、葉がベトベト。しかも、花はカワイイのに、ちょっとクサイのが玉に瑕。

ゴッド・マザー _f0232060_17544894.jpg


ゴッド・マザー _f0232060_17545459.jpg


ゴッド・マザー _f0232060_17545926.jpg

by meshi-quest | 2002-05-15 17:53
GW中にひいた風邪がやっとおさまり、固形物を食べ始めて、やっと社会的な生活に戻ろうとしています。

やっぱ日本人はご飯です。
100%オレンジジュースだけで数日過ごさねばならぬような昆虫みたいな生活はいけません。断じて。


最近、色々な人に映画の話を持ちかけています。
映画を見るのは好きなのですが、映画をよく知らない。なので、色んなジャンルの、色々な方々に意見を聞いて、勉強させてもらっています。

つい最近地元に「TSUTAYA」ができたんで、助かってます。
祝・進出記念でTSUTAYAに一言。
店舗毎に会員カードが違うのは面倒なので、やめてください。
以上。


ところで、皆さんの心の1本って何ですか?
誰かに、「アナタの心に一番残っている映画は?」と質問されて、即答できますか?

私の非常につたない映画歴史ではありますが、今まで観た中で良かったのは『ショーシャンクの空に」でした。

とある作家さんに、「この映画は絶対見ておくべき。」と言われて、観たのがきっかけです。ですから、この映画に出会ったのは社会人になってからです。

映画に限らずそうかもしれませんが、「第一印象」って大事だと思います。

社会で働いて、ある程度モノゴトが分かるようになって・・・とある夜に心穏やかにショーシャンクをじっくり観たのですが、大げさに言うのならば、そのシチュエーションで初めて観れたことに感謝しています。

すごい急いでいたり、眠かったり、そんなときに観ていたらまた考え方も違っていたかもしれません。

せっかく良い映画なのだから、自分もそれをちゃんと理解し、自分なりの感想が持てるほどに、自分にOSとメモリを十分積んでいる状態で観たいものです。
見始めてハング・・そして再起動なんて、イヤですからね(笑)。

こんな話を先日ゲーム作家さん達と話をしていたら、とてもうらやましがられました。
「良い映画をまだまだこれからいっぱい見る機会が残されているってのは、いいなぁ。」と。

私にしてみれば、単なる「お恥ずかしながら映画知識不足」に思っていましたが、確かに見方を変えれば、「これから無限に作品と出会えるチャンスがある」ってことなので、これからもモリモリTSUTAYA通いをしていこうと思います。


さてさて、新人フレッシュマンの皆様、お仕事の調子はいかがですか?
5月になって少しは落ち着いた頃でしょうか?

フレッシュマンも映画と一緒。
大変だろうし、知らないこともいっぱいあって、日々ハズカシ&トマドイの嵐かもしれませんが、角度変えれば、これから見るモノすべてが『新鮮』ってことです。

『新鮮』はイイことです。
最初の新鮮さは、最初じゃないと味わえないですからね。

そんなことを考えつつ、来年フレッシュマンになるべく頑張っている電車の中のリクルーターをほほえましく見送っている今日この頃。




今日のカメ。

先日、ゲーム雑誌のファミ通さんとゲーム制作会社スマイルビットさんとの草野球試合を観に行ってきました。

なんと場所はIN東京ドーム!
しかも、日曜日の夕方。ゴールデンタイムですわ。
生まれてはじめて、マウンドってヤツを間近に見ました。感激。

■広いドーム

やっぱ広いですね、東京ドームは。

■バッターボックスから見るマウンド

だだ広いと眺めもいいですな。

■成沢の初マウンド

試合に出たわけではありません。
ちょっと記念撮影がしたかっただけ。
とてもじゃないけど、野球やるような格好じゃないし(笑)。


ショーシャンクとフレッシュマン_f0232060_1753776.jpg


ショーシャンクとフレッシュマン_f0232060_17531232.jpg


ショーシャンクとフレッシュマン_f0232060_17531827.jpg

by meshi-quest | 2002-05-10 17:10
ここ数日、昼は暖かいのに、夜はめちゃくちゃ寒いという日が続きましたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

久しぶりに本格的な風邪をひいてしまいました。

ある晩のこと、すごく寒い日があって、ブルブルぶるぶる・・・生まれたての小鳥のような日がありました。押入から冬の布団を出してきても温まらず、暖房を付けるかどうか迷ったのですが、「4月の終わりなのに暖房なんてなぁ・・」という気持ちがあって、結局付けず。
間違いなくあの日にウイルスは体内に進入したと思われます。

まず喉が破壊され、オカマのような声になり、元々、扁桃腺が弱いので一気に高熱が出ました。39.5だったかな、体温計で計ったら。

次に狙われたのが、胃。
これが今回の最大のネックで、ここ2日間くらい固形物を食べておりません。
『食べられない』
『エネルギーが出ない』
『いつまでたっても熱が下がらない』
『食べられない』・・・という、魔の循環が始まっております。

ご飯とか見ると気持ち悪くなるので、オレンジジュースとかで栄養を補給する昆虫のような生活を送っていました。
普段は病気中でもご飯を食べれる方だったので、今回はかなりヤバいですね。

自分のバロメーターとして、『スシ』と『お茶』というのがあります。
大好物のスシを見ても食欲が出ない場合、重症。
さらに、お茶も飲めないようだと、かなりアウチ。

今回、どちらもダメで、スシも食べたいと思わなければ、お茶の香りにも酔ってしまう始末。
超アウチです(苦笑)。

あと、頭痛もキツいですね。
頭の痛さと熱によって、何が何だか分からない。
頭の回転もいつになく悪い。
あ、でも、別の意味で頭は回ってますが。視界の両端がグラグラ回っています。

それと、鼻。
これが冒されているので、嗅覚と味覚がない。

そんな今日この頃です。
市販薬の一番強いヤツを服用しているので、徐々に回復に向かっているとは思いますが、ありえない睡魔にも見舞われています。

特に、カコナールドリンク。
コレの効き目がスゴイ。

葛根湯が主成分らしいのですが、飲むと一気に覚醒。スペシャルハイテンション。
でも、効き目が切れる「飲んでから3~4時間後」に、かなりグッタリ。
カラダがダラ~ッとし始め、やがて撃沈。
撃沈ムードが高まってきたら、すかさず自分を呼び起こすかのように、もう1本ドリンキング。
そして、また覚醒。

そんな繰り返しだったので、かなり体力を奪われていたようで、体重も1.5キロ減っていました。
そりゃ、そうだよなぁ・・・まともに食ってないし、薬漬けだし。

というか、「大人しく病院行って、寝てればいいじゃん」って話も一方であるんですが(笑)、悲しいかな遊び人の血が騒ぐ。
じっとしてられないんですよね。GWも近いし。悲しい性。


この原稿がアップされる頃には、快気祝い中でモリモリ飯を食っているか、病院強制収容中かの2つに1つ。

前者であることを祈りつつ、皆様もゴールデンウィークを存分に満喫されていることを期待します。




今日のカメ。

■髪を赤くしました。

4月某日。
髪を赤くしました。
でも、あっと言う間に色が落ちちゃって、今はもう茶。

■Love Psychedelico

4月某日。
大好きなラブサイケデリコのライブを見に行ってきました。
渋谷AXEにて。ステキング!

■10年モノの冷蔵庫との別離

4月某日。
別離は突然やってきました。

家に帰ってきたら、息1つしてない彼。
おそるおそる扉を開けてみると、なま暖かい空気と、冷蔵されなかった食物の異臭。

あまりの突然さに、ひと蹴りかまして寝てみたんですが(現実逃避)、朝起きても同じ状態だったので、中身を整理し、新しいのを買うことにしました(コレが現実)。

さようなら、そしてありがとう。

風邪と闘う遊び人_f0232060_1705676.jpg


風邪と闘う遊び人_f0232060_171277.jpg


風邪と闘う遊び人_f0232060_171650.jpg

by meshi-quest | 2002-05-01 17:00
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン