<   2002年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

先日、富山県かどっかで、工事現場で地面を掘っている途中に、地中から大判小判がザックザク出てきたという新聞記事を読んで、非常に楽しげな気分になった。ステキ。

地中から小判だなんて、何とも夢があって面白い。
ココ掘れ、ワンワン!なんて昔話だけの世界かと思ったら、2002年のヨノナカでおこった。

最新式の削岩機によって掘られた旧貨幣。
現代社会の中から時代を超えた産物が蘇る。

リアルな日常で、ファンタジーを感じることなんて、そうそうない。
「仕掛け」や「ヤラセ」でもない。
まさにリアリティーの中のファンタジー。
ファンタジックな超リアルである。


先日、噂のムネオ議員が離党したことが話題になり、新聞一面に涙の会見様子が載っていた(しかも、超アップで)。
国会の証人喚問の様子とかをニュースで見ていて、確かに悪いことをした人をを罰させることは正しいが、税金を使う国の一大事を決める国会という場で、たかが1人に対し、ここぞとばかり元気いっぱいに手を挙げ、はりきっている大勢の国会議員の方々を見ているとどうも虚しく思えてならない。

予算とか、医療費とか、もっと大事なことを決めるときには、みんな静かで、寝ている方もいらっしゃるのに。

これも、リアル。
今の日本を動かしている現場のリアルな姿である。

翌日、会社に出勤するときには、今度はムネオ議員を散々叩いていたツジモト議員の詐欺疑惑記事が出ていて、そんな日本を「滑稽」に思った。

それにしても、ムネオ議員は何に対して涙を流したのだろうか。
ニンゲンの機能の中で、もっともピュアである「泣く」という行為ですら、見ている人のココロを全く打たなくさせてしまったのは、リアルな欲望を追求しすぎた彼にとって、大切なモノを売り渡した高い授業料となったであろう。

同じ新聞に、野村サチヨさんの判決記事が出ていた。
裁判官が彼女に言ったコトバが、印象に残った。

「脱税などしなくても、人並み以上の生活を送れたでしょう。」

この素朴でストレートなコトバに、彼女は「言葉が見つかりません。」と答えられなかったらしい。

答えは、「欲」である。
人生の半分を過ぎている1人の女性として、母として、ヒトとして、これまた高い高い授業料であった。


先日の春爛漫な土曜日に、会社の同僚の結婚式に出席させていただいた。

結婚式は何度見ても、いいものだ。
これもリアルな中にファンタジーを感じる一瞬である。

特に女の子にとっては・・・花嫁さんはもちろんのこと、招待を受けた女の子にも魔法がかかり、キレイなドレスを遠慮なく着て、思いっきり楽しむことができる場である。
こんな時は、女の子で良かったなぁ・・・といつも思う。

私も魔法にあやかり、当日はエンジのカクテルドレスに、ルビーのネックレス、ゴールドのヒールに、ティアラを頭につけて、出席した。

春の暖かな光をいっぱいに受けて、真っ白なドレスで登場した花嫁さんは本当に可愛かったです。

ステキなお城のような会場、色鮮やかな美味しい食事にデザート、キレイに着飾ったゲスト達、そして壇上の王子様とお姫様。

いつだって、結婚式は、リアルな中の超ファンタジーです。

「ゲーム」もそうかも。




■今日のウェディングなカメ。

●ティアラとネックレス

今回着ていったエンジのカクテルドレスに合わせたティアラとネックレスです。

普段の生活でこんなの付ける機会はあまりないので、すごく楽しかったです。うふ。

●ドレス着用後の私

外で撮影したため、コートを着ています。
さすがにカクテルドレスのまま山手線には乗れないので(笑)。

●結婚式

目白の椿山荘にて。
式場も綺麗でした。特にお庭が。

しかし、セケンで結婚する人の多さには驚かされました。
当日も結婚相談室みたいなところに幸せカップル達がぎっしり詰めかけており、あちらこちらでバラ色の「2人の世界」が。

こういう光景を見ると、出生率減少とか、雑誌でよくやっている「モテない君を救おう!」企画なんかも、実は心配御無用なんじゃないかと思ってしまうんですが、どうなんでしょう。


リアリティーの中のファンタジー_f0232060_16542546.jpg


リアリティーの中のファンタジー_f0232060_16543071.jpg


リアリティーの中のファンタジー_f0232060_16543785.jpg

by meshi-quest | 2002-03-11 16:53
3月4日に1つ年を取りました。


お誕生日です。
あ、でも、年は言えません。言うとディズニーランドに中高生料金で入れなくなっちゃうので(爆笑)。

本当は3月3日の雛祭りに女の子らしく生まれる予定でしたが、どうも数時間予定が延びて4日になったようです。
なので、私が女の子らしくないのも「仕方がない」ということで(笑)。

毎年必ず誕生日には、1年間頑張った自分へのご褒美として、1年間かけて成長した自分への記念として、自分で自分にプレゼントを買ってあげることにしています。
1週間前くらいに買い物をし、キレイに包装をしてもらい、リボンをかけて、誕生日当日まで開けずにとっておく。
で、当日「おめでとう。」と封を開けるのです。

中身なんて、買った本人なんだから当然分かっているはずなのに、「何かな?何かな?」と妙にワクワク。
そんなとき、ココロの中から小さな声で「ありがとう。」って聞こえてきます。きっとココロの中で生息している「ミニ成沢」がしゃべっているのでしょう。

しかし、今年は珍しく自分にまだ何も買っていません。
なんかバタバタしていて、なんか体調悪くて。なので、早いうちに買ってあげようと思います、自分に。

それを察知してくださったのか、色々な方がお祝いのメールをくださったり、お花を届けてくださったり、プレゼントをくださったり、お食事に連れていってくださったり・・・おかげでとても楽しいお誕生日を迎えることができました。

この場を借りてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。


「年を取る」ことに関して、ココロは高校生ぐらいから発達が止まっている気がするんですが、一方、カラダは着実に年を取っているようで、駅の階段の2段飛ばしがつらくなったことや、混んでいてもつい階段横のエスカレーターを利用してしまうこと、昔はオールナイトカラオケの後に翌日もそのまま遊んでいたのに日に日に徹夜ができにくいカラダになっていること、酒が弱くなったこと・・・等々、枚挙にいとまがございません。

特に「徹夜」と「酒」に関しては割と自信があったんですが、オールナイトカラオケはバリバリいけても、その次の日そのまま遊ぶまでには至らず「睡魔」に負けてしまいます。

酒に関しても、昔は親友のカオリ嬢と1時間飲み放題で10杯、しまいには飲むスピードに間に合わないのでお店からカクテルがビールピッチャーで出てくる始末でしたが、その威力はもうございません。

「徹夜」現役および「酒」現役引退です。
深夜、渋谷とかで路上で元気いっぱい騒いでいる若者とかを見かけると、「あぁ、若いっていいなぁ。」などと思う今日この頃。
我ガ青春ニ栄光アレ!

で、そんなことを考えていて、ふと体力を付けねば!!という危機意識に見舞われ、突発的に近所にある会員制スポーツクラブの会員になってきました(笑)。思い立ったらすぐ実行。

そこはプール、スポーツジムの他、マッサージやジャグジーも付いており、何よりも深夜も営業しているのが魅力です。
仕事的に深夜しか通えないので、ミッドナイト会員という夜10時30分から深夜2時までの会員になりました。

早速、登録直後にプールに行って、25メートルプールを数回クロールで往復(一応、泳げます。)したのですが、翌日カラダ全身に激痛。筋肉が悲鳴を上げておりました。
悲鳴というより、号泣とクレームの嵐ですね。

腕曰く、「無茶するなー。」
肩曰く、「イイ気になるなー。」
足曰く、「ちょっとは自分のカラダを考慮してから挑戦しろー。」

成沢筋肉軍団の反逆です。
沈静化させるためには「慣れ」が必要。
しばらく、頑張って通おうと思います。




■今日のバースデーなカメ。

うちは現代に典型的な核家族だったため、ケーキを食べることはよくあっても、ケーキを「ホール」で買うことはあまりありませんでした。買っても余っちゃうので。

なので、自然と「ホールケーキ」=「パーティー」という図式が私の中でできあがっており、ホールケーキを見ると妙にワクワクしてしまうわけです。楽しげ。

■家で買ってもらったショートケーキ

もちろん、ホールです。

■ご満悦の図(笑)

■デバッガーさんが用意してくださったチョコケーキ

うちの会社のデバッガーさん(ゲームのプログラム上の不具合を発見する方々)がケーキを買ってきてくださり、会社でお祝いをしてくれました。これまた幸せなホールです。

会社の自分の机の上でケーキにローソク立てて(笑)、後でみんなでいただきました。
本当にありがとうねー。

3月4日に。_f0232060_16524548.jpg


3月4日に。_f0232060_16525079.jpg


3月4日に。_f0232060_16525597.jpg

by meshi-quest | 2002-03-05 16:51
そうです、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、おにゃん子クラブの名曲のタイトルです。
カモン、カモン、カモンカモン、フー!!
そうです、パクリです。
そうです、タイトルが思いつかなかったんです。


突然ですが、春は来ていると思いますか?


答えは、「来ています」。

最近、ちょっと暖かくなってきましたね。
思わず出社拒否をしたくなるような厳しい寒さはなくなりました。
コートの下に、2枚も3枚も着込んでいた私ですが、コートに1枚くらいですむようになりました。

でも、これはあくまでも個人の体感による「春」。
もっと春は目に見える形でやってきておりました。

成沢家にはたくさんの観葉植物が生息しています。
天井まで届くほどの高さの幸福の木をはじめ、ベンジャミン、ポトス、折り鶴蘭・・・などなど。

冬の間は葉も元気がなく、水をあげても、あまり吸う気配もなく、なんだかこのまま枯れてしまうじゃないかと心配になるくらいでしたが、2月の終わりくらいから新芽が出始め、春に向けて着々と準備をし始めている様子が部屋のあちこちで見られるようになりました。

いいですねぇ、家にいながらにして春の到来を感じられるのは。
緑はココロを和ませてくれます。

植物の体内時計というか、生命時計にはホント毎度驚かされます。
部屋の中なので、いつも部屋が一定の温度になるようエアコンが設定されているのに、「2月」という季節をカレンダーも見ずに感じ取って、3月に向けての準備を始めるのです。

逆に、家主の私の生命時計は完全に狂っているので、寝坊はするわ、冬なのにかき氷が突然食べたくなるわで、誠実な植物さんを目の前にお恥ずかしい限り・・・。

狂いついでに白状しておくと、この前の日曜日は起きたら夕方の5時でした。
起きた瞬間、「超早起き」したのかと錯覚してしまいました。
「やるじゃん、私。今日ははりきって朝食とか食べちゃおうかなー。」

その後、夕刊が来ていることでやっと現実に気が付きました・・・。
もうこの時計は電池交換くらいじゃ治らないですね。

ま、いいんだ。
そろそろ春だし、ネムイし。




今日のカメ。

■洗面所にあるポトス

枯れかかっていたので、もうダメかと思っていたのですが、2月の終わりからちゃんと新芽が出てきました。プチ感動。

■トイレのベンジャミン

トイレはジャングルのようにベンジャミンが生い茂っています。
常緑樹ですが、冬はボロボロ葉が落ちてきて心配だったのですが、こちらもちゃんと実を付けて元気いっぱい。ステキング。

ほらね、春が来た! _f0232060_1651788.jpg


ほらね、春が来た! _f0232060_16511239.jpg


ほらね、春が来た! _f0232060_16511769.jpg

by meshi-quest | 2002-03-01 16:40
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン