<   2001年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

バリはイイ。

すごくイイ。

ココロとカラダと、そして、ワタシに優しい、癒しの楽園である。
もし仮に1ヶ月休みがあったりしたら、さっさと身支度して間違いなくバリ島へ発つ。
が、残念ながらそんなに身軽な御身分ではないので、私の魂とキモチだけバリにあずけてある。

バリはいい。
→初めてバリに行ったときの感動は、「衝撃」というか「落雷」に近いモノがあった。
ドリフの爆発コントのようなボンバーヘア状態。

空が広くて、高くて、青くて、緑が深くて、澄んでいて。
空ってこういう色しているんだなぁ・・・・
「緑」ってこういう色だったんだなぁ・・・
そんなことに気づかせてくれた場所であった。

バリは、「神々の島」と呼ばれる。
私が神だったら、間違いなくこの島に定住を決める。成沢神殿を造る。
ずっとずっと居たくなる雰囲気がある場所なのだ。


行くといつも決まった場所に泊まる。
今年の夏もバリに行ってきた。
行くまでは遠く遠く感じて、着くとどこか懐かしい、すごく身近な場所となる。

不思議な感覚。
私にとっては、海外旅行に来た気など全くしない。

バリ島の人々はみんな親切だ。
笑顔がステキで、丁寧で、よその人も同じ仲間のように接してくれる。

すぐバリの友達も出来た。
行きつけの店もできた。
今年、1年ぶりだったのだが、覚えていてくれて「久しぶり!」と集まってきてくれた。

今回も、よく通っていたナシゴレン(=インドネシア風チャーハン)の店の店員の女の子とも友達になった。

彼女、カリアニは、すごく日本語がうまい。
すぐに彼女のダンナに関するグチを聞くまでの仲となった(笑)。
ギャンブルやるわ、やきもち焼きだわ、家事の手伝いはしないわで、ダンナのダメっぷりを散々聞いた。

女の子同士で男のグチを話すなんて、もうかなり高度&重度の親友である。
「マブダチ」である。
「マブダチ」、「だめんず」、「亭主関白」・・・余計な日本語を彼女に教えてしまった。

「そんなダメ旦那、カリアニがもっとガツンと言ってやんないとダメよ。」

「ダメよ、怒るとコワイし。バリの女の子、みんな弱いの。」

「私だったら、そっこう別れるけどなぁ・・そんなダメ男。」

「いいなぁ、日本の女の子は強くて(笑)。」

そんなことを彼女と夜遅くまでずっと話していた。
そうやって過ぎていく毎日が楽しくて、穏やかで、新鮮であった。

バリはワタシに優しい。

バリに行くとココロの雨雲がサッと晴れていく気がする。
胃が痛くなるほどのことも、気づけば「どーでもいいコト」に変わっている。

キレイなモノをいっぱい見て、目もよくなっている気がする。
おいしい空気をいっぱい吸って、肺も若干キレイになっている気がする。
オイシイモノをいっぱい食べて、よく寝て、よく笑って、よく歩いて、よく見て、よく聞いて・・・カラダが喜んでいる気がする。

そんなバリ島が大好きである。

また、きっと来年あの空の下に私は立っているのである。




今日のカメ。

バリはお土産の宝庫だ。
自然の資源が豊富で、手の器用な人たちがすごく多いバリのお土産は、どれをとってもイイ。

そんな中で行くと必ず買って帰るのが、コレ。バリ神様のお面。色々な形や色がある。

これからも行く度に1つづつ必ず買って帰ってきたら、一体うちの壁にいくつお面が飾られるんだろう・・・。

●ガルーダ

聖鳥ガルーダ。空を飛ぶ。バリ三大神の1つヴィシュヌ神ご愛用の乗り物である。インドネシアに行かれた方はご存じかと思う航空会社「ガルーダ航空」のガルーダである。

●バロン

聖獣バロン。カワイイでしょ。

コレでだいたい日本円で350円くらいだったかな。バリの値段は交渉で決まるので、毎度英語でガンガンに値切り交渉を行う。交渉には日本語は使わない。「日本=金余ってる」概念があるので、英語の方が値下げ幅&成功率が高い。
バリ島と私_f0232060_18163363.jpg


バリ島と私_f0232060_18164087.jpg

by meshi-quest | 2001-07-30 18:15
自分がやけに自己完結している気がする。
悪く言えば、協調性と社会性に欠けているのである。


友人で商社のOL事務をやっている子がいて、この前久しぶりに電話で話をした。
その中で出た話。彼女曰く、ランチや休憩時間など何かにつけて女子で固まり、夕方以降も一緒にクラブ行ったり、飲みに行ったり、半共同生活状態らしい。
彼女としてもそんな生活にイヤ気がさしているらしいが、抜けられないらしい。

毎ランチが「連弁(つれべん)」・・・つまり、毎日数人で連れだってメシを食いに行くことだが、そんな生活は私には考えられない。
狂ってしまいそうだ。

私の会社は新宿ど真ん中のオフィス街にあるので、12時となれば一斉に人が出てくる。
観察していると、制服を着た女の子集団もさることながら、オジ様達の群も見受けられる。

もちろん、友達同士なのだろうか楽しそうに笑ったり、おしゃべりしたりしている人たちもいるが、中には集団の右端か左端に位置し、ただ着いてきただけと思われる人もいる。
明らかにつまらなそうである。

独りで食べるのが「サミシイ」のだろうか?「カッコ悪い」のだろうか?
全く分からん。

1食1食を大切なひとときと思う私にとって、ツマラン飯なら食わない方がマシである。
ご飯は、自分が食べたいと思うモノを楽しく食べるべきである。
それに同調できるような、食の嗜好性も話題の提供もちゃんと合う仲間なら一緒に食べたいが、そうでなければ自分でランチタイムを満喫した方がずっと楽しい。

それは、メシに限ったことではない。
何事も自分が満足できて楽しめる方向性を追求すべきである。他人に迷惑をかけない限りはね。

いいんです、それがたとえ自分一人でも。


核家族、両親共働き、カギっこ、一人っこ・・・なんだか典型的な協調性欠落環境で育ってしまった。
いつしか、独りで遊ぶこと、独りで考えること、独りで生き抜くことが当たり前に染みついてしまった。
否定的ではなく、本人は「これが当たり前」と思っているのだ。

実は最近、病気でひどい腹痛に見舞われた。
ここ数年にないビッグウェーブだった。
波に乗りきれず溺れてしまった私は、1週間ほど固形物が食べれず、注射と薬の日々が続いた。

ホントこの腹痛にはまいった。
会社には事情を話して、病院に行ったりしていたが、それでも仕事があるので、最低限のことをやって、最低限の話をして、家で自分の腹痛世界に閉じこもるという繰り返しだった。

一人の世界で、一人の戦い。
この間、色々な人からお誘い、心配メールなどなどをいただき、すごくありがたいとは思っていたのだが、応答する気に全くなれなかった。

その時、そこには、完全に「私しかいなかった」ように思った。
そして、いないことが当たり前のように自然に感じられた。
私の中で完全に自己完結してしまっているのである。

大勢の人といても、たった2人でいても、自分一人の気分の時がある。
それが、うまく表現できないが、自分が「自己完結」している瞬間である。
いつ起こるのか、誰に起こるのか、どこで起こるのかは全く分からない。

そんなことをぼんやりと数日考えていた。なんだかなぁ・・。

遊びに行くときも基本形は1人、多くて2人。3人以上になると、途端に焦ってしまう。そういう状況に慣れていないんだろうなぁ。


ここまで書くと、何だか自分自身病的なモノすら見えてきそうだが(笑)、もちろん友達数人と遊びに行ったり、ご飯食べに行ったりもよくするし、それはすごく楽しいのだ。
みんなで大騒ぎするのは大好きだ。むしろ、大歓迎。カモン、ベイベー。
それは間違いない。

矛盾しているようだが、自己完結意識がココロのベースにあるのもどうやら間違いないらしい。

私というニンゲンは、ホント面倒くさい。
本人が言うのだから、これも間違いない。

こんなニンゲンに愛想をつかずにいついつまでも相手をしてくださる方々には、ホント感謝であります。

足を向けてなんて、寝られません。
でも、感謝の皆様がいっぱいいすぎて、誰かしらには足を向けて寝ているかもしれません。
ただいま成沢家では南西の方角に足が向いております。

あしからず。




今日のカメ。

腹がだいぶ快調になってきたので、やっと食べれるね・・・マック。

●マックでおままごと

マクドナルド商品のおままごとセット。これは、アメリカ製で子供用に売られていたと思われる。

たまたま数年前にいつも行くがらくた屋に入荷されていて、2000円という明らかにボッタクリの値段を見たときには買うか買わぬか脳ミソフル回転で悩んだが、「おもちゃ」の誘惑に負けた。

●3秒クッキング「マックバーガーの作り方」

チャララッチャッチャッチャ~(3分クッキングの音をイメージしてください。)。

今日のお献立は、ハンバーガーでぇっす。
まず、用意していただくモノは、パン、ピクルス、トマト、バーグ、レタス、チーズでぇっす。

●完成

お好きなように重ねるのでぇっす。メインのハンバーグを忘れると、ただのピクルスバーガーになってしまうので、要注意。完成でぇっす。


ふ~、2000円か・・・。
平日マック(本物)がいくつ食べれるんだろう・・・。
自己完結する女 _f0232060_18145016.jpg


自己完結する女 _f0232060_18145836.jpg


自己完結する女 _f0232060_1815546.jpg

by meshi-quest | 2001-07-17 18:11
さて前回の続き。
ケーススタディ、小娘Nの場合でございます。
こんなヒトになっちゃダメですよーの続き。

食品玩具の話。
最近「オトナ買い」した食玩、「ゲゲゲの鬼太郎」。

ラムネ菓子が付いている子供のおまけ・・・そんな時代は終わった。
最近は子供よりオトナの方が盛り上がったりしている。
おまけの質もかなりイイし、内容も素晴らしい。

ちょっと前では食玩メーカー「フルタ」さんの「百鬼夜行」シリーズにまんまとハマってしまった。
「フルタ」さんは、100円のチョコの中にハムスターやら金魚やらのおもちゃが入っている大人気食玩「チョコエッグ」の販売元。

私の場合、OLさんが会社のデスクトップにズラッと並べるほどチョコエッグにはいまいち興味が出なかった。

が、「百鬼夜行」シリーズに関してはヤバかった。
あまり知られていなかったが、同時期に300円で売られており、小さなお菓子と日本の妖怪のフィギュアがセットになっていた。河童とか、かわうそとか、ね。
「百鬼夜行」シリーズ
その出来の凄いこと、凄いこと。ステキング!
細部のモデルといい、塗りといい、300円の価値を十分超えていると思われた。
その筋の人間に聞いたところ、超有名フィギュア会社の「海洋堂」さんというところが手がけているとのこと。

ホント良かったです。
第3弾シリーズも数千円握りしめてココロより楽しみにしております。


話それましたが、今回は「ゲゲゲの鬼太郎」をオトナ買い。
こちらは確かフルタさんではなかったと思いますが、ゲゲゲの原作者水木しげる氏が監修されたとあって、かわいらしくも趣深い作品となっておりました。

特に「目玉のオヤジ」がすごくイイ感じでした。
個人的には「たんたんぼう」のスケールの大きさが気に入り(フィギュアがデカイ)、「いったんもめん」や「ねずみ小僧」もステキングでした。

私に「妖怪ブーム」が来ているようで、妙に妖怪モノが気になる今日この頃。
パッケージの中には水木先生の各妖怪に対する温かいコメントがついており、300円で十分に楽しませていただきました。
こちらもまた第2弾を期待しております。

そんなこんなでおもちゃ病が進行しております。
もうここまで来ると治らないような気がするので、おもちゃの中でホネを埋める覚悟で生きていこうかと思っております。


診断結果

重症。




今日のカメ。

今日のコラムで出ていた「百鬼夜行」と「ゲゲゲの鬼太郎」です。

●輪入道

ワニュウドウです。実物はもっとリアルです。

●鬼太郎ファミリー

「モノ」って集まってくるとすごく楽しくなってきてしまうんですね。
「ニンゲンシンリ」って、1つでも欠けているモノがあると気になってしまって、つい全部揃えたくなってしまうんですよね。
大なり小なり、ヒトにはコレクション心理があって、異常にそれが強いのでしょう、小娘Nは。

●オヤジ

オイ!鬼太郎、砂かけババアを呼ぶのじゃ!(オヤジの甲高い声でどうぞ)
おもちゃ病 -ケーススタディ~小娘Nの場合~ (後編) _f0232060_18102147.jpg


おもちゃ病 -ケーススタディ~小娘Nの場合~ (後編) _f0232060_18102666.jpg


おもちゃ病 -ケーススタディ~小娘Nの場合~ (後編) _f0232060_18104360.jpg

by meshi-quest | 2001-07-16 18:09
私はおもちゃに弱い。

しかも、年々クレイジーになっている。

ホント困ったものだ。
家の中でご主人様である私の居住区域が完全に侵されている。

「おもちゃ」と一言にいっても、幅広い。
小さくは、コーラののキャラクターボトルキャップや、数百円でラムネとかと一緒に売っている食玩(食品玩具)から、おままごとセット、レゴブロック、プレイモービル、ボードゲーム、お風呂に浮かべるとガーッと進むアヒルちゃん、ドラえもんグッズ・・・などなど。

ちょっと前に、昔懐かし初代「人生ゲーム」と、アメがガチャガチャで出てくるミニ・ガチャガチャマシーンを買ってしまった。
満足げ。

でも・・・
兄弟いないのに誰とやるんだろう・・・「人生ゲーム」。
アメなんてそんなに食べないのに、このガチャガチャは・・・。

そんなココロの自問自答には、
「人生ゲームはお正月にみんなでやるのー」
「普通にアメ食べるより楽しいじゃーん」
と、もう1人の自分を散々ごまかしてきた。

せめてもの救いは、「おもちゃ」なら何でも集めると言うようなコレクターではなく、一応自分の興味をひいたおもちゃしか手を出さないことぐらいだろうか。
これでゴジラとかガメラとか、よく知らないくせに「おもちゃ」というだけで集め始めたら、もう終わりだ。

このコラムでも部屋の話を書いたときにいくつか私の家にある無意味な物体おもちゃの数々を紹介したが、もちろんごくごく一部。あんなもんじゃない。

たまに家に遊びに来るおじいちゃんも自分の孫のおもちゃ帝国に若干あきれつつも、部屋に新作を見つけると一応触って帰っていく。
最近では、食玩の「ゲゲゲの鬼太郎」セットに興味を示していたおじいちゃん。
この血はおじいちゃんからの隔世遺伝なのかもしれない。

思うと、別に子供の時からおもちゃが好きだったわけではなかった。
いや、おもちゃは好きだったが、そんなに数はなかった・・・というか、少ないおもちゃでじっくり遊び倒す子供だったように思う。

それが大学生くらいからか、異常におもちゃや雑貨が好きになり、年々日増しにイキオイがついてきている気がする。

それに拍車をかけたのが、このスキル。
「オトナ買い」

このオトナ買いというスキルがだんだんと使えるようになってからは、一気におもちゃや雑貨が増え、収拾つかなくなってしまった。

「オトナ買い」とは、30円握りしめてどれを買うか全精力を使って悩んでいた時を過ぎた頃から、「お金」という黄金色の堕天使によって習得可能になるスキルのことである。欲しいモノを1つではなく、1箱で買ってしまう権力による恐ろしい瞬間制圧スキルである。

みなさんは有効に「オトナ買い」を使っていますか?


最近の私の「オトナ買い」スキル使用例は、コカコーラのおまけで付いてくるレゴと、食玩の「ゲゲゲの鬼太郎」。

飲料水のおまけ系は、ペプシのペプシマンボトルキャップの過熱&成功ぶりで、コーラや緑茶などあらゆるモノにおまけが付いてきており、徐々におまけの質もあがり、内容も充実している。

余談だが、大抵ボトルキャップ系のおまけは種類がいっぱいあって、でも中身が見えないように袋に入っている仕組みになっている。
が、最近は袋を手で触ることで形や雰囲気を感じ取り、かなりの確率でお目当てのブツを手に入れる「触手」スキルまで身に付いてしまった。

さて、私の場合、炭酸が全くダメなのでコーラが飲めず、おまけのために百数十円払っていることになる。そして、本体の飲料水は友達にプレゼント。


・・・もういいの、それでも。


一方、食玩に関しては次号ということで。
つづく。




今日のカメ。

おもちゃ帝国の一部を後悔・・・じゃなくて、公開します。
日本語って面白いなぁ(独り言)。

●ミニカー

道路標識も買いました。机の上が渋滞しています。ブーンって走ります(手動)。

●おままごと

昔からおままごとが好きでした。
これはお祭りの縁日と大型デパートのおもちゃ売り場で揃えました。

最近のハイテクなお子様方はこんなものでは遊ばないらしく、「あまり入荷しないんですよ。」(おもちゃ売り場担当者談)。ちなみに最近の人気はパソコンや携帯のおもちゃ版。時代は変わっているんですね。
私なんて、ハンバーグ焼いたりとかにんじんトントンとか楽しくって仕方ないのに。

●粘土細工

おもちゃ好きが高じて、自分でもたまに作ったりします。
これは、カラー粘土を使って作った作品。手前は、自信作のざるそばとモンブラン。

大きさは、1センチ四方以下の小さいモノ。楽しいんですが、意外に作るのたいへんで熱中します。

あと、重要なのは色の組み合わせ。
カラー粘土は、全部で5種類の色しかないので、それをうまく組み合わせて中間色を作るのです。青と黄色で、緑みたいに。

すごく微妙な作業なんです。ちょっとでも青が多いと変な色になったり、試行錯誤の繰り返しです。それが、楽しい。

昔のお子様はこうやってアタマとケイケンを使って、うまく遊んでいたものです。

それに比べて、今のハイテクなお子様方。
携帯なんて、今からおもちゃで遊ばんでも社会人になればイヤでも持たされるのに。
「カブトムシ」とか木に見に行くんじゃなくて、Yahoo!とかで調べちゃうんじゃなかろうか。

おもちゃ病 -ケーススタディ~小娘Nの場合~ (前編) _f0232060_1882592.jpg


おもちゃ病 -ケーススタディ~小娘Nの場合~ (前編) _f0232060_1883289.jpg


おもちゃ病 -ケーススタディ~小娘Nの場合~ (前編) _f0232060_188388.jpg

by meshi-quest | 2001-07-16 18:07
えー、何の知識もございませんが、小娘の立場から今政治について感じていることを書かせていただいてもよろしいですか?

では、失礼いたします。
寝言だと思って、あまりお気になさらぬよう。
あんまり悩むとハゲてしまいます。

さて、きっかけは、昨日の筑紫さんの某ニュース番組。
「国民はよく分からず、政治に迷っているのではないでしょうか。」
その通り!

先日参議院選挙がありました。
が、投票には行きませんでした。日本国民として、すみません。でも、その前の選挙にはちゃんと行きました。

今回、言い訳っぽいんですが、「行こう」とは思ったんですよ。
でも、結局よく分からなくて、分からないモノに自分で記入して何か大事なコトを決めるのがコワイ気がした。

小泉首相は、イメージとして確かにイイと思うし、信頼ゼロだった政治に国民の顔を向けるには非常に良かった。
少なくとも、大事件中にゴルフ優先させちゃったり、クダラン発言ばかり繰り返して、後で大騒ぎになってから側近に言われて詫びを入れるような前総理よりはずっとイイ。あの時は、悪いが日本国民として恥ずかしかった。

もっと言うと、大人としてハズカシイ。私のお父さんくらいの年齢のいいオトナでしょ?
政治のことはよく分からないが、なぜあの人が首相になったのか?、なぜ推薦されたのか?、あのブーイングの最中の選挙でもギリギリとは言え自民勝利になったのか?は、一般市民の私としては非常にナゾ。

海外の他の国だったら、もっとスゴイんだろうな・・と思う。
こんなに荒れていたらもっと大騒ぎだし、その政党滅亡に関わるほどのことになっていたとは思う。
それでも、こうやってなんだかんだ言って自民なのは、やっぱり自民の長い長い政治上の「ブランド」なのでしょうか?
私なんかはもう前回の首相でびっくりしちゃって、不安でいっぱいなのですが。

それと思うのが、自民以外に入れるところがない、ということ。だから、とりあえず自民という動き。

野党さんが何をしているのかがよく分からない。
いっぱい野党があるのに、個性が違うからこそそれぞれの党として存在しているはずなのに、違いがよく分からない。カリスマ性も感じない。安心感も感じない。

実は政党ごとの全く違う画期的な案を打ち出しているのかもしれませんが、ほらこの通り、民の方へ掘り下げていってみると伝わっていない。
でも、こんな私レベルの人間が実は大切な1票を握っているのですよ。

今回の選挙中、ちらほら投票速報を見ていて一番印象的だったのが、「投票用紙に、立候補者ではない小泉首相と田中外相の名が多数」というテロップ。

笑ってしまった。
が、実はみんなのキモチをよく表していると思った。

小泉さんの名前書いたら無効投票になるのは百も承知で書いているんです。
つまり、入れるところがないということ。

個人でちょっと期待できるところはあっても、大きく見たとき政党としては入れるところがないということ。
仮に政党名で入れてしまうと、比例候補であらかじめ名前が列挙されている人の名簿1番から順に当選してしまうでしょ。
散々ニュースでも言われていたが、小泉さんはちょっと期待するけど、自民はどうよ?・・という国民の声。

それと、「痛み」って何ですか?
新聞とかにご丁寧に改革するとこうなるみたいな説明が載っていて何度もよく読んでみたんですが、具体的にどうなるみたいなリアリティー部分がよく分からなかった。
だから、痛そうな気もするけど、今痛くないから、まぁいいのかな・・のイケナイキモチ。

きっと、こういう人って多いと思った。
実際になってみて、すごくすごく思った以上に痛かったら、みんな怒ると思う。

それと、よく聞く「聖域なき改革」。これもよく分からない。
そもそも、なんで聖域なんて作ったんですか?こんなに問題になるなら、聖域なんて作らなければいいのに。誰かが、何かのために、他の誰より得するための隠れ家「聖域」。謎。

ホント、ナゾが多い。

選挙中、しつこいくらい駅前で旗持って「いってらっしゃい。お勤めご苦労様です。~党の~です!」なんて言っていたのに、今や非常に静かな駅前。
あの時、とてもアタマが痛くてイキナリの攻撃に迷惑してたのに、元気になって今なら受けてあげられる「いってらっしゃい」を言ってくれる人がいない。どこへ消えたのか?
これじゃ、みんなに「選挙のためだけ」「軽薄そう」と思われても仕方がない。だって、そうじゃん。

環境問題を楯にしている候補の方もいたけど、その割には足下に落ちているタバコの吸い殻にも気が付いていない。
もし選挙終わっても、日本をキレイにしたいのです!とか言って、毎日ゴミを拾い続けている人とかいたら、ちゃんとその人に1票入れようと思う。

今回、数名の有名人の方が当選されましたね。
桝添さんとか田嶋さんとか。がんばってください。
かき乱してください、朝生やTVタックルの時のように。

今までは教授や評論家の立場だったと思いますが、今度は実際に動かさなければならぬ立場。

「できません」はキキマセン。
それぞれ今までTVなどで掲げていた看板の真価が問われますね。じっくり見させていただきます。



最後に・・・

こんな小娘にも分かる政治になってほしいですね。
小さな1票を持っているんですから(笑)。

世界に恥じない日本、日本の国民の代表として、恥ずかしくない態度を。オトナっぷりを(笑)。

こんな小娘も安心して住める社会を・・・ココロから望みます。

以上、ご静聴ありがとうございました。




今日のグルメなカメ。

夏バテしてませんか?
そんな時はウナギで乗り切りましょう!

ということで、写真を整理していたら出てきました。去年、とある会社の社長さんに連れていっていただきました赤坂の高級鰻屋さんにて。すごく雰囲気の良いお店で、すごく美味しかったのを覚えております。

政治について語ってもよろしいでしょうか?_f0232060_186323.jpg


政治について語ってもよろしいでしょうか?_f0232060_1863967.jpg

by meshi-quest | 2001-07-14 18:05
最近、空が小さいなぁ、と思います。
空を見る時間が増えました。
ビルに潰されて、窮屈そうな空です。

田舎の空は、逆に大きく感じます。
田舎に行ったときに、どこかほっとしたような、温かいキモチになれるのは、きっと空が大きいからだと思います。

自分の悩み事よりもずっとずっと大きな空が広がって、包んでくれるからだと思います。本当に。


さて、ちょっとお休みをいただきまして、イタリアに行っておりました。

古代ローマ帝国です。初ヨーロッパで、初イタリアです。

実は前々から行くことを決めていました。
ちょっと前、色々なコトに詰まっていた時に、すごいイキオイで計画して、あっと言う間にチケットの手配をしていた感じです。

色々なモノの発散が下手くそなので、こんな強引なやり方しかないんです(笑)。
自分で閉めて、自分でふくらました風船に、自分で穴を開けないと。
ふくらんだままじゃツライでしょ?

今回、荷物の軽量化を図るためにカメラは持っていったんですが、相棒のデジカメを置いていってしまったので、「今日のカメ」で色々とお見せできないのが申し訳ないですが、どうかご勘弁を。


さて、私の旅の基本は、「好奇心」と「発見」です。
見たい、聞きたい、知りたい、食べたい、触りたい、嗅ぎたい、買いたい・・・そんな色んな「たい」に動かされて旅支度をするのです。

それと、「実は、だまされているんじゃないか??」という妙な感覚。コレが強い。
コレ、うまく伝えられないんですけど、例えば歴史の教科書にピサの斜塔の写真が載っていて、でも、コレって実は傾いてないんじゃないの?みたいな感覚。

だって、傾いているかどうかは自分で見てこなきゃわからんし、見ていない以上は実在すらしないかもしれない。

人間不信ってわけじゃありません。
いや、間違いなくあるんだろうし、実際見てきた人もいるだろうから、「ある」のだろうけど、あえて「ないんじゃないのー??」と思って、ワクワクしたい感覚。
子供のように目を輝かせて。

「百聞は一見に如かず」とは似て非なる感覚。
この目で見なきゃ!みたいな強いパッション。


旅はいいなぁとホント思います。
今回もイイモノいっぱい見せてもらいました。
イイ体験をさせていただきました。

例えば、フィレンツェのウィフィッツイ美術館。
ここには、「ルネッサンス」と言えばコレという有名なボッティチェリ作「ビーナスの誕生」と「春」がおさめられています(歴史の教科書とか開くとすぐ出てきます)。

歴史の教科書とかで見ると、紙面構成上、同じ大きさで挿し絵されているので、つい同じ大きさの絵だと思いがちですが、実は実物は「春」の方が「ビーナスの誕生」よりも大きい絵なんです。

大したことないかもしれないけど、コレも旅して実物を見に行った醍醐味。
こっちの方が大きいんだぁ・・・単純に感動。

それと、貝殻の上に乗っているビーナス。実は右に傾いているんですよ、重心が。実物を真正面から見ると、その傾きがハッキリ分かる。

アカデミア美術館には、肉体美のダビデ像がおさめられています。
教科書でよく見るダビデさんは常に正面画像ですが、今回裏に回ってダビデのケツを見てきました。

ケツです。
素晴らしいケツをされておりました。
また「女の子なのにケツなんて・・・」とおしかりを受けそうですが、ケツはケツです。
ステキング!


こんな旅の見方、こんな美術館の見方もあると思っていただければ幸いです。
行ったからこそ見れるモノ、行ったからこそ感じれるモノをいっぱい感じましょう。

この感覚は、普段の生活でも一緒かもしれませんね。
この日、この時、この場所で会ってる、食べてる、聞いてる瞬間を何でも興味深く、楽しげに感じられるならば、毎日の生活は変わってくるかもしれません。

そんな感じです。




今日の赤いカメ。

一時期リンゴにゾッコンで、気が付いたら家がリンゴだらけでした。

●リンゴだらけ

おうちにあったリンゴ系グッズの一部。リンゴは形といい、色といい、かわいくて好きです。

●リンゴの妖精

リンゴをテーマとしたキャラクターはいっぱいあるけれど、コレはリンゴに本当に茶色の手足が生えているという非常に奇妙なモノ。目もないし、キャラクター性もない。大阪のおもちゃ屋にたった1つだけあったので、つい買ってしまった。

●もちろん・・・

PCはMacです。
会社のマイ・アップル。ラブリー。
ダビデのケツ_f0232060_1823915.jpg


ダビデのケツ_f0232060_1825041.jpg


ダビデのケツ_f0232060_183779.jpg

by meshi-quest | 2001-07-01 18:02
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン