<   2001年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お久しぶりでございます。
おゲンキでしょうか?

いよいよ5月31日木曜日にプレイステーション2「エンドネシア」が発売となります。
バリバリのピンクのパッケージです。きっとお店でも超目立ってくれるのではないかと(笑)。

中を開けると、これまた御来光のようにピッカピッカのロムと、(たぶん)PS2では初の特殊仕様の取説が入っています。どんなモノかは、ヒミツ。お楽しみです。
ぜひぜひ、近所の方々お誘い合わせの上、お買い求めをよろしくお願いいたします(笑)。

思い返してみると、約1年半のプロジェクトで、この間私は2才も年をとっております。2才・・・赤ちゃんであれば、もう何かしゃべっているころです。歩いています。

色々あったなぁ・・・。
感慨深く、思ひ出深く、そして何よりとてもかわいい大切なプロジェクトでした。

「思ひ」はそっとココロに閉まっておきます。
いつかどこかでみなさんにお会いしたときに話させてください。
文字だとうまく伝わらないので。コトバで、いつか、またどこかで。

さて、発売前の5/25売り号ゲーム誌「ファミ通」さんにて、エンドネシアが「ゴールド殿堂」をさせていただきました!とても光栄に思っております。わ~い。

ご存じない方にご説明いたしますと、「殿堂」とは「賞」みたいなもので、プラチナ殿堂、ゴールド殿堂、シルバー殿堂の3種あります。
審査員が4人いて、各自持ち点が10点づつの40点満点で評価されます。その中で、35点以上のゲームがプラチナ、32点以上がゴールド、30点以上がシルバーとなります。
ファミ通さんのこのゲームレビューは伝統と権威あるものでして、この評価をみてゲームを買われるお客様も多数いらっしゃいます。

で、エンドネシアは32点以上でしたので、ゴールドをいただきました。通信簿で言えば、4オール。嬉しいことです。

こんな日は飲まずにはいられませんね。
パァ~っと・・・といきたいところですが、もう次の仕事でバタバタしていて、ゆっくり飲む機会がない今日この頃。これが落ち着いたら、ちょっとゆっくりしようかなと思ってます。



この前久しぶりに、夜中、親友から電話が来ました。
「ファミ通見たよ!良かったね。がんばったね。本当にお疲れさま。」

ちょっと泣きそうになっちゃいました。




今日のカメ。

今日のコラムはお仕事トーク一色で、すみません・・。

●「エンドネシア」パッケージ

・・・ピンク・ピンク・ピンクです。パッケージはこんな感じです。中はヒミツです(笑)。
お店で見かけたら、かわいがってあげてください。

●主人公

・・・この子が主人公です。小学校5年生です。この子がある日突然学校帰りに不思議の島エンドネシアに連れてこられて・・・そんな冒険のお話しです。

●ダツコチやん

・・・「ダツコチやん」と言います。こんな不思議な生物がいっぱいエンドネシアにいます。

ちなみにこれは粘土などを使ったジオラマで出来ています。
エンドネシアにいる植物や動物たちは、実は全部こういった1つ1つ手作りのジオラマでできていて、それをアニメーションさせて動かしています。
これらの制作を担当されたのは女性のイラストレーターさんで、すごく手先が器用でジオラマ制作が上手な方です。
殿堂エンドルフィン_f0232060_17542678.jpg
殿堂エンドルフィン_f0232060_1754351.jpg
殿堂エンドルフィン_f0232060_1754434.jpg

by meshi-quest | 2001-05-20 17:51
山形では色んなところで「イチゴ狩り」をやっていました。
というわけで、当然、私も参加(笑)。親戚に連れていってもらいました。

イチゴはイイですね。
形といい、色といい、味といい、デリシャス&プリティー。
今回がイチゴ狩り初体験です。

連れていってもらったところは、親戚の家から車で1時間くらいの所にあるイチゴ農園。
よく晴れた日だったので、カップルや子供連れのお客さんでにぎわっていました。

イチゴ園への入園料1000円と、コンデンスミルク代200円を払って、30分限定のイチゴの国へ。

入った途端に、甘い香り、イイ香り。これぞ、ストロベリー。
ハウス栽培なので、園内はサウナ状態で、ちとアツイが、そこはイチゴパラダイス。
もぎ放題、食べ放題です。

私のイメージでは、イチゴは土で育つモノと思っていたのですが、最近は水栽培らしいです。
ここでも栄養をたっぷり含んだ水で育ったプリプリのイチゴちゃんたちがいっぱいいました。

うまい!
ミルクつけなくてもかなりイケるんですけど、つけるとさらにスウィート。
あぁ、来てよかった・・・。

私はイチゴ棚の上の方のイチゴを、ふと下を見ると佳奈ちゃんが下の方にある真っ赤なイチゴを一生懸命たべていました。子供もやっぱイチゴ好き。

結構、食いました。
今日の昼食、イチゴってくらいに。1パック分くらいは余裕で食ったかな。

「狩る」って楽しいですよね。
こんなに楽しめて、美味しくて、30分食べ放題1000円。安いものです。
銀座とかでちょっとコーヒー飲んだら1000円くらいとるところとかあるけど、こっちの方に払う1000円の方がずっとイイ。

こんなカフェあったらいいな。
イスとテーブルあって、周り果物とかの花壇。
入館料を払うと、紅茶と生クリーム、アイス、ケーキスポンジとかでてきて、自由にもいで、トッピング。
「狩る」と「食べる」を一緒に兼ね備えた新しいカフェ。
ちょっと東京じゃ無理かな・・・。
誰かやってくませんか?

山形はお隣福島県と並んで、果物の宝庫です。
あと有名なのは洋なしの「ラ・フランス」とさくらんぼ「さとう錦」。
絶品です。その時期になるといつも送ってきてくれるんですが、あっという間に食べてしまいます。

今度はさくらんぼ狩りに行きたいなぁ・・・。





今日のカメ。

●イチゴの国

・・・プリプリのイチゴ。甘くて美味しかったです。

●イチゴ、狩りました。

・・・そして、食べました。

●佳奈とイチゴ

・・・ママにくっついて、一生懸命イチゴをほおばっていました。

ザ・イチゴ狩り_f0232060_17504467.jpg


ザ・イチゴ狩り_f0232060_17505441.jpg


ザ・イチゴ狩り_f0232060_1751384.jpg

by meshi-quest | 2001-05-05 17:49 | 旅行_国内
前回の山形道中記の続きでございます。

5月。山形では色々なイベント満載でした。
こどもの日が近いということもあって、ほとんどの家にゴージャスな鯉のぼりが風に泳いでいました。

東京の一軒家で鯉のぼりなんて見かけると、「金持ち」「お屋敷」というイメージがしますが(私だけかな?)、この辺じゃ鯉のぼりを飾る事なんて、いたって普通、どっちかというと飾らない方がおかしいくらいの比率らしいです。
そう言えば、居間に豪華な兜と五月人形もあったなぁ・・。

親戚の家から車で約30分くらいのところに「あゆ茶屋」という場所に行きました。
結構急流の川のところに鮎を捕るための梁を仕掛けて、捕れた鮎を塩焼きで食べさせてくれるところです。

しばらく川の梁を見ていたけれど、一向に鮎はかからず。でも、近くでは鮎の塩焼きを屋台で売っている。要はこのあたりの観光スポットですね。観光バスもいっぱいあったし。

鮎は見れなかったけど、キレイだったのが鯉のぼり。
川の両岸に大きな綱を張って、川を渡るかのように何十匹も泳ぐ鯉のぼり。圧巻。

後で聞いてみたら、この何十匹もの鯉のぼりは近所のお家からいらなくなった鯉のぼりをいただいて、活用しているとのこと。
珍しいリサイクルの形(笑)。

あともう1つ、サクラ。
寒い山形ではちょうど今が山桜の時期でして、よく晴れた青に、ピンクのコントラスト。
キレイでした。

今回の旅では結構色々と写真を撮ってきました。フィルムカメラとデジタルカメラを併用して。

写真、楽しいです。
子供の表情撮ったり、風景撮ったり、構図を決めてモノを撮ったり。
で、帰ってきてから、ゆっくり見てみる。その時その時で写したいモノ、伝えたかったモノがある自分に気がつきます。

「あぁ、きっとこの花に感動したんだろうな」と思うときは、あとで見てみると、同じ場所を数枚撮っていても、自分で花を大きく撮るような構図をとっていたりします。知らず知らずに。

だから基本的にはどんなに失敗していても、一発撮りをして、そのまま一応残すことにしています。後で見てみると、意外に言いたいことが分かる写真とかもあったりするんです。
ここでは小さく一部しかご紹介できませんが、「今日のカメ。」で見てくださいね。



近くに大きな池があって、本物の鯉も泳いでいました。
鮎はいるわ、鯉はいるわ、鯉のぼりはいるわで、サカナに囲まれたひとときでした。




今日のカメ。
●「あゆ茶屋」の鯉のぼり

・・・町民みんなの鯉のぼりをリサイクルした鯉たちの群。結構大きい川の対岸まであったので、ざっと30匹以上はいたような・・・。

●鮎塩焼き
・・・ここの名物らしいです。みんな買っていました。

●山桜

・・・すごいキレイでした。青空と花のピンクのコントラストがビューティフルだったんですけど、ちょっとこのデジカメだとうまく色が出ない。やっぱ、本物には負けちゃうなぁ。
鯉泳ぐ青空_f0232060_17484723.jpg


鯉泳ぐ青空_f0232060_17485318.jpg


鯉泳ぐ青空_f0232060_1749057.jpg

by meshi-quest | 2001-05-04 17:47 | 旅行_国内
こんにちは。ポカポカの5月になりました。

まず、ちょっと近況報告を含めて、お仕事のお話しをしばし。
私の担当しているプレイステーション2用ゲーム「エンドネシア」が、4/27売りゲーム雑誌「ファミ通」GW合併号の「読者が選ぶ期待の新作ソフト」ランキング27位に入りました!

このランキングは、ファミ通読者の皆様方の投票によって決まるランキングでして、このランキングの30位以内に入ることはかなり大変。狭き門。
とてもありがたいことです。光栄です。

それと、CMをさせていただいております。
毎週火曜日6時30より、テレビ東京にてアニメ「スターオーシャン」提供枠にて、「エンドネシア」CM放映中です。もしよろしかったら、見てくださいね。

5/31の発売日近々には、色々な雑誌で紹介していただく予定ですので、ぜひぜひ見てくださいね。



さて、話は変わって、ゴールデンウィーク。
GWは皆さんどのようにお過ごしになられましたでしょうか?
ゆっくりできましたか?

私は、GWの数日間を利用して、山形の親戚の家に行って来ました。
正確には、私のおばあちゃん(テイおばあちゃん)のお姉さん(ハナおばあちゃん)と、その娘さん(和子おばちゃん)夫婦と、そのおばちゃんの息子(和彦ちゃん)夫婦の3世帯が住んでいるお家です。
理解していただけましたでしょうか。簡単に言うと、「親戚」です。

渋滞を避けるために、ネムイのをガマンして2日深夜に出発したのですが、東北自動車道宇都宮インターチェンジ付近でまんまと17キロの渋滞。

私が子供の頃には、深夜に出さえすれば、道なんて渋滞していなかったのに、最近じゃコンビニ24時間の普及、ドンキホーテの普及などなどで深夜に慣れてしまっている人たちが増え、深夜の道も平常時のにぎわい。いつ脱出すれば、道は空いているのか?
っていうか、私も深夜族だけどさー。

で、渋滞中は寝ました(笑)。
こういう時、免許のない人間ははなっから全く期待されていないので、楽です。
どうせ運転できないしー。
起きてても、寝てても、いっしょだしー。

かわいそうな運転手をよそ目に寝ること数時間。
気が付くと、そこは山。一面、山。マウンテン。
あとは、田んぼ。
田おこしの季節らしく、米の苗を植える準備をしている人たちの姿がちらほら。
「来たねっ!山形!!」って感じです。ワクワクです。

どこにもビルはありません。
見渡す限りの緑です。
空は高く、そして広く、空気は美味しいです。
PHSの電波はバリバリ圏外なので、私を呼び出す人もいません。
自由気まま、風の吹くまま。ゆっくり時間が流れる場所に来ました。

山形に来るのは、数年ぶりです。
おばあちゃんは元気かなぁ?
周りに少しは家が増えたのかなぁ?
4月の終わりに、ふとのんびりできる場所に行きたくなって、急きょ車で行くことにしました。

今回の旅の目的が、3つ。
1つは、88才のおばあちゃんの元気な姿を見に行くこと。
ちょっと前に肺炎になってからは、体調がすぐれないという話を聞いていたので、すごく会いたかった。
会ってみて、元気そうだったので、ホント安心した。
ちゃんとご飯食べているし、触った手も温かく、しっかり握り返してくれる。一安心。

2つめは、「リフレッシュ」。これ。
美味しい空気をいっぱい吸って、さわやかな風に吹かれて、米所のオイシイご飯を食べて、よく寝る。
コレ、大事。

最後は、子供に会うこと。
はとこ夫婦の子供、長男で小1の航太と妹の佳奈4才。
ゲーム好きな二人。
「ゲームのお姉ちゃん」が来ると待っていてくれたらしい。

兄弟もいないし、近くにちっちゃい子もいない私には、エンターテイメント業界を支える子供たちを観察するチャンス。
子供と遊び、子供から学ぶ。

初日ははずかしがって、なかなか話をしてくれなかった2人も、次の日には「どっか行こう!」とか「これで遊ぼう」のオンパレードで、結局彼らが眠る10時までは、ひっきりなしに遊んでいたような・・・。
まぁ、そんな休日もイイもんです。



この子達にとっては、私は血縁上「オバサン」にあたるんだよなぁ・・。

いやいや、一生「りえお姉ちゃん」と呼ばせようっと。
お姉ちゃんです、あくまでも。いつまでも。





今日の山形カメ。

今日のカメは、とってものほほんとしています。

●山形

・・・家の裏にある河原から撮影した風景。時がのんびりと流れています。空気が美味しいです。このままずっと風に吹かれていたくなります。そんな場所。そんなひととき。川は、有名な「最上川」です。

●航太

・・・恥ずかしがり屋だけど、素直でやんちゃな航太。ゲーム大好きで、Nintendo64のカセットとか遊戯王カードとかいっぱい持ってた。山形滞在中は、ずっと航太のN64「マリオテニス」をしていた。また、やろうな。

●佳奈

・・・お兄ちゃんに輪をかけて、超恥ずかしがり屋の佳奈。すぐママの後ろに隠れてしまい、なかなか写真撮影の許可が下りず(笑)、やっと撮らせてもらえた1枚。超カワイイ。将来は美人さんだね。

そうだ、GWは山形に行こう!! _f0232060_1747958.jpg


そうだ、GWは山形に行こう!! _f0232060_17471653.jpg


そうだ、GWは山形に行こう!! _f0232060_17472470.jpg

by meshi-quest | 2001-05-03 17:46 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン