<   2001年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

占いを信じますか?

日テレの人気番組「進ぬ!電波少年」で、今、2人の女の子が占いを信じて幸せをつかむ旅をしていますが、「人」に何かを定められること、定められたレールを歩くことがキライな私は、基本的に占いは信じていません。

当たるも八卦、当たらぬも八卦。

当たったらラッキー程度に思ってます。
以前に友達とよく道でやっている占い師の占いを受けたことがありましたが、「結構、努力家ですね。」とか「人に好かれるタイプの方ですね。」とかありきたりのことしか言わない。
努力しない人はいないし、少なくとも横に友達数人を連れているのだから、とりあえずは好かれているのだろう。誰でも言える。
ここで、ズバリ私の所持金とか、過去のハズカシエピソードとかを当てて、その上で「ご苦労されてますね。でも、これからはこうすれば・・・」なんて言われれば、少しは信じるかもしれないが。

今日はじめて私を見て、その人が私のクロウ、カナシさ、タノシさ、キモチ・・・何が分かるんだろう。
根が、天性の「あまのじゃく」な私は、いつもそう思う(笑)。ま、いいけど。

ただ、そうは言っても、信じなくても、雑誌とかでついついチェックしてしまうのが、占い。
先日、某雑誌の星座占いで目に留まった内容。
私は3月生まれの魚座なのですが・・・。


「魚座の貴方は、いつも動いていないと死んでしまうほどの活動家。」
・・・サカナだから?確かに私はじっとしていない方だけどさ。

「自分の得意分野だと、水を得たサカナのように本領発揮。」
・・・「サカナ」がお題の笑点っぽくなってる。

「でも、分野が違うと、元気なし。腹仰向けで、水に浮いているサカナ状態。」

・・・確かに興味がないと、まるで反応しないけどね。

「ホントかウソかワンポイント!魚座は魚好きの人が多い。」
・・・もうココまでくると、占いじゃないな。まぁ、金魚も好きだし、水族館も好きだし、スシも好きだし、焼き魚定食も好きだけど。

「夏に向けてのラッキーエリア。ビーチ。」
またもや、サカナだから?もう占いが笑える記事になってしまっている。

と、まぁ、こんな感じの占い記事でした。他の星座も気になったのですが、「蟹座はカニ好き。」とかまた訳分からないこと書いてないかなって・・・でも残念ながら時間がなくて、それしか立ち読みできませんでした。

信じるか信じないかは、個人の勝手として、でも、読んだり、占ったりしてもらうのは単純に楽しいです。
私の今までの占い結果を総合すると、「超マイペース」「芸術、芸能、美術などのクリエイティブ関係で活躍」「人と仲良し」「わがまま」と書かれていることが多いです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦。

占いを希望に頑張れる人がいればそれでいいし、信じないで自分の道を切り開く人もいてもいい。でも、それを強制されるのはイヤだな。

そうそう、動物占いをやったときは、「ライオン」でした。
百獣の王ライオンは、一匹狼。一見接しづらそうだが、懐まで入り込めれば優しく、大切にしてくれる。そんな童話「ライオンとネズミ」みたいなことが書かれていました。
群キライな点は当たっているかも。

スシ占いでは、「いくら人間」と判定されました。
いくら、食べれないけど。



結構、なんだかんだ言って、占ってるじゃん??

うん、そうみたい・・・(笑)。





今日のカメ<下北番外編>。

前回コラムの下北の続きです。

●ベトナム式カフェオレ

・・・「カフェ・スダ」と言います。ベトナム式カフェオレの事で、まずグラス(氷なし)にコンデンスミルクが入っていて、その上に銀色の容器をかぶせ、かなり濃いコーヒーをドリップさせます。その後、かき混ぜて、今度は別のグラス(氷あり)に移し替えて、出来上がり。写真が暗いのでよく分からないかもですが。

私がベトナムに行ったときは現地で毎日コレを飲んでいました。
下北にも同じような方法で、ベトナムコーヒー豆を使って飲ませるという場所があったので、行ってきました。でも、現地のより、ちょっとコーヒーが濃かったかな。現地のはもっと甘くて、コンデンスミルクの量が多く、コーヒーブラックが飲めないお子様な私にとっては、デリシャスなドリンクでした。

「ベトナム」と「カフェ」。
一見結びつかないように思う人もいらっしゃるかもしれませんが、実は結構カフェが盛んです。コーヒーも結構飲むし。かつてフランス領であったこともあってか、ヨーロッパの良さとアジアの良さが融合したカワイイ食器やテーブルウエアとかもいっぱいありました。
何と言っても、プリンが絶品でした。そう、あのプリンです。ベトナムのカフェ入ると、大抵置いていて、どこも美味しかった。意外な感じですが。


●五号

・・・とある木造古アパートをそのまま改造して作ったと思われる古着屋の店先。木の階段を上がると、そこは下宿部屋みたく小さな部屋に区切られていて、その部屋ごとに色々な古着屋さんが店を構えている。ふと、上を見たら、こんな番号札。今はあんまりないですよね、こういうの。小さな発見、小さな幸せ。イイ感じ。

魚座ピスケスのアフロディーテ _f0232060_17453331.jpg


魚座ピスケスのアフロディーテ _f0232060_17454242.jpg

by meshi-quest | 2001-04-14 17:44
4月中旬。
暖かい日々が続いています。春爛漫です。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

いいですね。適度に暖かく、適度に夜は涼しく、適度に風が吹いて、適度に眠い。極楽気分です。

この時期はゴキゲンです。が、夏に向かって暑くなるにつれ、私のゲンキもなくなり、いつか溶けてなくなる・・・。アツイのキライです。このくらいの気温が続けばいいのに。


先日、下北沢に行って来ました。
風に誘われ、ふらっと一人で。ホントに、誘われた感じです。「そうだ、下北に行こう・・」という声が聞こえたもの(笑)。
元々予定は立てないで、その日の気分で行動する人間なので、よく誘われてしまいます。特にこの時期と秋と夜。思い立って、夜にカフェ行ったり、意味なく散歩したり。
逆に、夏と冬には全くお声がかかりません。本人にやる気と生気がないので。

下北はいいです。すごくイイ。
古着、古家具、カフェが好きなので、よく遊びに行きます。
以前コラムで紹介したお気に入りのちゃぶ台。それも下北で発掘。
今回もカッチョイイ古着見つけちゃいました。

なんか落ち着くんです、この町。
別に人が少ないとかではありません。晴天の休日なんて、わんさか人がいます。
でも、落ち着く。なんとなく。

で、この前行ったとき、「なんでだろ・・」なんて考えながらフラフラしてました。
まず、思うに、町が「散歩していてタノシイ」、「何かを見つけてタノシイ」、そんな作りになっている。「ハイ、ココで買いましょう。」みたいに店やモノが密集しすぎてなく、適度に密集、適度に点在。
私がよく行く古着屋や古家具屋は、駅からだいぶ歩いた落ち着いた住宅街の路地にある。ここも駅前からの道をたどって、横道くねくねして、偶然見つけたお店。嬉しげ。

あと、おしゃれな町なかに、「生活」を感じられるのもイイ。
かわいげなカフェの隣に純和風の木造住居があったり、町なかにスーパーがあったり。渋谷とか原宿繁華街の駅近辺にはない、生活感あるスーパー。
なんかホッとするというか、安心するというか。若干時間の流れも緩やかな気さえします。

あと、町の空気。
若者だけでなく、昔からの下北ピープルのおじいさんやおばあさんによっても構成されている町。
昔っからのカフェとかで、マスターが「最近の下北が多くなったもんだよ。」なーんて話すのを聞くと楽しくって仕方ない。「そうなんですか、昔より多いんですね。」
今と昔。それを知る人、知らぬ人。散歩途中、ほっと一息。

あと、楽しみ方の自由度と選択の広さもイイ。
簡単に言うと、「色々ある」ということ。古着あり、おもちゃあり、雑貨あり、劇場あり、カフェあり・・・それぞれが好きなもので楽しんだり、商売したりしている。ただ散歩を楽しむのもまた一興。「どうぞご自由に。どうぞ如何ように。」と選択権を任されている気がすごくする。

渋谷とかだと「買わなきゃ。」って気が強い。台場とかだと「見なきゃ。」って気が強くなる。
それが、あまりない。今日の気分で散歩も、観劇も、カフェも、買い物も可能。
鎌倉もこんな雰囲気を感じさせる町。
イイ町、落ち着く町。


家から下北まで電車乗り継ぎ45分くらいかかるので、一度下北にチャリで行ける距離に住んでみたいものです。





今日のカメ<下北編>。

●遊ぶのだ!

・・・4月某日、よく晴れた日曜日。
こんな晴れた日は、お外に出て遊ばなければなりません(キッパリ)。
旅は道連れ、世は情け。
旅の恥はかき捨て。
遊べ、若人よ!!
以上。


●「茄子おやじ」のカレー

・・・お久しぶりに下北沢「茄子おやじ」のカレーを食べに行きました。4時とか5時の中途半端な時間だと、ゆっくりカレーが楽しめる。お口でとろけるビーフがデリシャス。イイ感じ。
そうだ、下北に行こう。_f0232060_17435453.jpg


そうだ、下北に行こう。_f0232060_1744162.jpg

by meshi-quest | 2001-04-12 17:42
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン