カテゴリ:沖縄( 83 )









ちょっとひと休みでカフェに立ち寄る。








沖縄でお茶と言えば、緑茶でも、紅茶でもなく、コレ。


私も大好き、さんぴん茶


那覇「やちむんとカフェ チャタロウ」へ行く。_f0232060_18225455.jpg





























中国のジャスミン茶「香片茶」(シャン・ペン・ツァー)がなまったものと言われ、


ジャスミン茶と一緒だと言われるが、


飲みたびに思うのは、やっぱ別物な気がする。









配合とか茶葉のせいなのかもしれないが、


ジャスミン茶に比べ、さんぴん茶の方が独特の華やかさを少し抑えて、


和食に合いやすくしている気がする。








まあ、とにかく、さんぴん茶大好きなので、


デザートでも、さんぴん茶プリンをいただき、


那覇「やちむんとカフェ チャタロウ」へ行く。_f0232060_1828375.jpg



























さんぴん茶尽くしのひと休みを満喫させてもらった。










帰り際、レジ横でずっとにこやかにほほえんでいる2匹。


那覇「やちむんとカフェ チャタロウ」へ行く。_f0232060_18365350.jpg





























「エコシーサー」というらしいのだが、


そんな無邪気な顔で見られたら、帰れなくなるじゃないかー。


というわけで、彼らにも一緒に東京に来てもらうことになった。








■「やちむんとカフェ チャタロウ」
http://cafe-chataro.com/











■今日のカメ

■やちむん通り
那覇「やちむんとカフェ チャタロウ」へ行く。_f0232060_18305632.jpg那覇繁華街に「やちむん通り」という場所があり、ここは沖縄の陶器を売っているお店が多数連なっています。

陶器販売を兼ねて、カフェや雑貨屋をやっているお店もあります。





■「チャタロウ」
那覇「やちむんとカフェ チャタロウ」へ行く。_f0232060_18324373.jpgやちむん通り内にある、かわいい手作り陶器を売っているお店。お店で売っている陶器を使ったカフェもやっています。








■店内の様子①
那覇「やちむんとカフェ チャタロウ」へ行く。_f0232060_18342543.jpg陶器を売っているスペース。若いスタッフの方がきりもりされていて、すごくかわいくて、おしゃれな陶器がいっぱいありました。








■店内の様子②
那覇「やちむんとカフェ チャタロウ」へ行く。_f0232060_18353959.jpgカフェはカウンターとテーブル。小さめですが、席数はそこそこあります。









■店内の様子③
那覇「やちむんとカフェ チャタロウ」へ行く。_f0232060_18394710.jpg陶器のお店なので、至るところにかわいい陶器が置かれています。

女の子が足を抱えている一輪挿し。







■お水
那覇「やちむんとカフェ チャタロウ」へ行く。_f0232060_18405479.jpg何気ないお水のコップも、お店のオリジナル陶器。










■デザートセット
那覇「やちむんとカフェ チャタロウ」へ行く。_f0232060_18414232.jpgメニューの中から好きな飲み物と好きなデザートを組み合わせられるセット。

さんぴん茶×さんぴん茶デザートにしましたw。







■さんぴん茶
那覇「やちむんとカフェ チャタロウ」へ行く。_f0232060_18225455.jpgいわゆる中国のジャスミン茶より、少し緑茶寄りというか、薄めというか、料理にもデザートにも合わせやすい気がします。








■さんぴん茶プリン
那覇「やちむんとカフェ チャタロウ」へ行く。_f0232060_1828375.jpgお店おすすめのさんぴん茶プリン。上には波照間島の黒蜜ソースがかかっています。

このプリン、めちゃくちゃ美味しくて、甘さもちょうど良く、絶品でした。しかも、入れ物もすごくかわいい。





■箸置き
那覇「やちむんとカフェ チャタロウ」へ行く。_f0232060_18452921.jpg箸置きもかわいい。










■エコシーサー
那覇「やちむんとカフェ チャタロウ」へ行く。_f0232060_18365350.jpg愛くるしい顔がヤバイw。

レジ横で大量に売っていたので、その中から笑顔のまぶしい2体と一緒に帰京しました。
by meshi-quest | 2015-12-16 08:07 | 沖縄








仕事ではあったが、人生初めて沖縄に来た。


那覇は、東京とあまり変わりがなくて、変な意味ではなく、驚いた。









よくテレビや雑誌で見る『沖縄』とは、違った。


米軍基地が住宅や商店街のすぐ側にあって、


海からの風で、町中に磯の香りが漂っている。








百聞は一見にしかず。


やっぱり行かないと分からないことが多い。









有名な国際通りの近くの牧志第一公設市場に連れてきてもらった。


肉屋には、豚そのままの形状が並び、


魚屋では、ゲーム出てきそうなファンタジックな魚たちに遭遇した。


那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_180255.jpg
























那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_17584925.jpg
























那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_183919.jpg
























那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_1833553.jpg
























那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_184018.jpg


































1階の市場からエスカレーターで2階に行けるようになってて、


2階では1階で買った魚介類を調理して食べさせてくれる。


那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_1862043.jpg
























那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_1864468.jpg
























那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_1871340.jpg
























那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_188975.jpg































新鮮な魚介類は、やっぱりその場で調理してもらうと違うね。


観光地向け価格になっているとは言え、


それでも東京で食べるよりはずっと安く、すごく美味しかった。









市場で買った魚介類以外の料理も美味しかった。


市場はいいなあ。








■「牧志第一公設市場」
http://kousetsu-ichiba.com/











■今日のカメ

■国際通り
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_1814834.jpg那覇市の観光名所の1つ、国際通り。東京の原宿とか、京都の四条みたいな印象。修学旅行生がたくさんいました。








■アーケード
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_1816375.jpg国際通りに対して、垂直に大きなショッピングアーケードが何本か走っています。この中に市場があります。








■牧志第一公設市場
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18195532.jpgここから入ります。










■入口
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18203232.jpgお店の裏方の関係者入口っぽい。

詳しい方に案内いただいたので来れましたが、知らなかったら通り過ぎてしまいそう。







■市場内の様子①
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_180255.jpg魚、肉、沖縄そば、お惣菜など、色んなものが揃う活気ある市場です。









■市場内の様子②
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_183919.jpg「チラガー」(豚の顔)と豚足。本当に、豚って全部食べられるんだなあ。









■市場内の様子③
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_17584925.jpg開発会社の皆さんと昼食を物色。

説明上手で、元気なおばちゃんがいたこの魚屋さんで魚介類を購入。







■市場内の様子④
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18261149.jpg伊勢海老。調理用に、半身に切られています。甘くて美味しそう。









■市場内の様子⑤
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_1828310.jpgセミエビ。平べったい海老。沖縄では有名な海老だそう。









■市場内の様子⑥
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18312439.jpg夜光貝(やこうがい)という沖縄では有名な貝だそう。

市場のおばちゃんのおすすめだったので、1つ購入して、昼食に。






■市場内の様子⑦
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18324826.jpg新鮮な海ぶどう。東京ではなかなか鮮度の問題で入ってこないけど、食感がすごく好き。









■市場内の様子⑧
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18335933.jpgデカイ蟹。










■市場内の様子⑨
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18352150.jpgやしがに。さすがに、大きくて、高い。










■市場内の様子⑩
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18361093.jpg「アバサ」というハリセンボン。から揚げにすると美味しいとのことで、これも昼食にゲット。









■市場内の様子⑪
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_183777.jpgぐるくん。沖縄料理店で食べた「ぐるくん」は、こんな形状をしていたんだなあ。









■市場内の様子⑫
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_184018.jpg熱帯魚のようにカラフルな魚。ファンタジック。こういう魚は、東京じゃ見られないなあ。








■2階の食堂へ
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18395233.jpg1階のエスカレーターから2階の食堂フロアへ。










■「きらく」
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18423119.jpg魚屋さんによって提携している食堂が決まっているのか、ここのお店を案内してもらいました。









■食堂の様子
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_1862043.jpgこれぞ、市場の食堂という感じの食堂。観光客だけでなく、地元の人も食べに来ている感じでした。

現地の方に聞くと、やっぱり観光地価格で、町よりはちょっと高めの値段らしいです。






■料理①
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18452244.jpg魚屋で買った夜行貝と伊勢海老の刺身の盛り合わせ。









■夜光貝アップ
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18461712.jpg夜光貝。アワビに似ているというか、コリコリしています。食べやすい貝。美味しかったです。









■伊勢海老アップ
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_1864468.jpg伊勢海老と海ぶどう。伊勢海老が甘くて、すごく美味しかった。









■料理②
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_1849352.jpg伊勢海老の半身は、焼きで。クリーミーで、焼きも美味しい。









■料理③
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_1871340.jpgハリセンボンのから揚げ。小骨が多い。意外と、さっぱりしている白身。









■料理④
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18503721.jpg伊勢海老の頭で出汁を取った味噌汁。出汁が効いてて、絶品。









■料理⑤
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18513458.jpg個人的に大好きな沖縄料理の1つ、「にんじんしりしり」。

初めて東京で食べた時に、こんなにもニンジンを美味しくする方法があるのかと驚きました。






■料理⑥
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18523749.jpgタコライス。タコミートと、チーズと、レタス。

東京のおしゃれカフェで出てくるようなタコライスも美味しいが、別物な感じ。この男らしいタコライス(笑)もとても美味しい。






■料理⑦
那覇「牧志第一公設市場内 きらく」へ行く。_f0232060_18544827.jpg沖縄そば(小)。

鰹出汁も効いてて、豚骨の風味もあり、かなり好きなスープの味でした。美味しい!
by meshi-quest | 2015-12-15 08:07 | 沖縄








いま、沖縄がアツい。








元から暑い場所ではあるのだが、ゲーム業界的にアツい。


沖縄に支社や子会社、一部の事業部だけを移すような会社が増えている。









仕事で出張があり、私にとってこれが初めての沖縄となった。


冬だけど、東京はコートにマフラーでも凍え初めているけど、


沖縄はさんさんと太陽が照り、半袖でもイケて、ハイビスカスも咲いてる。


那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_1641140.jpg
























那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_1644160.jpg
























那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_165454.jpg
























那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_1652892.jpg































「ヤヴァイ、仕事したくなくなってきちゃったよ・・・」


という気持ちをグッと押さえ、


ああ、大人になったもんだ、わたしも。


こんな風景見てたら、まともじゃいられなかったなあ、昔じゃ。









さて、諸々の会議を終えて、夜に開発会社さんのご厚意で、


プロジェクトのキックオフと歓迎会をしていただいた。


東京からやってきた沖縄初心者のために、沖縄料理尽くしのフルコース。


那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16142341.jpg
























那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_1615751.jpg
























那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16153623.jpg
























那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16161668.jpg































東京の沖縄料理店でも食べたことないような料理も多く、


食べたことがあった料理でも味が若干違っていたりして、


現地スタッフから料理の説明を聞きながら、すごく興味深く、勉強になった。


しかし、沖縄料理は美味しいなあー。











そして、いつか自ら洗礼を受けようと思っていたコレ。


まさか同日に一気に洗礼を受けることになろうとは・・・。


ヤギ汁と、


那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_1619231.jpg



























ルートビア


那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16195176.jpg































ヤギ汁は、色んな人から臭い臭いと聞いていたが、


羊料理が好きで、モンゴル羊料理とかも食べちゃうくらいなので、


確かに独特のニオイはあれど、意外と平気というか、美味しくいただけた。









ルートビアも、かなり構えていたが、飲めることは飲めた。


ただ、アリかナシか?と聞かれると、やっぱりナシかなあ(笑)。


貼り薬のニオイがするので、脳が湿布と判断しているのか、


「それは飲んじゃダメです」という指令をずっと出し続けてくるんだよね(苦笑)。







■「ぱいかじ おもろまち本店」
http://www.paikaji.jp/










■今日のカメ

■「ぱいかじ本店」
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16271666.jpg沖縄料理の有名店「ぱいかじ」の本店。那覇市のおもろまち駅近くにあります。









■シーサー
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16282890.jpgシーサーがお出迎え。

名前は、サンスクリット語で獅子を意味するシンハーから来ているそうです。







■店内の様子
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16294745.jpg広くてきれいな店内でした。琉球の民族衣装を着たお姉さんや、沖縄楽器三線の演奏などもあり、観光客もよく利用するそうです。








■ルートビア
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16195176.jpg最初の乾杯からのルートビア。

確かに、湿布の味がする。飲み薬ではなく、貼り薬系のw。でも、飲めないことはないレベル。現地の方は何杯もお代わりされてたので、沖縄での国民的ドリンクなんですね。





■スク豆腐
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16322829.jpgこれ、東京で初めて見た時、衝撃でした。豆腐の上に、小魚がおる!!!

スクガラスという魚の稚魚を塩漬けにしたものが乗っています。






■もずく天ぷら
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16341818.jpgもずくの天ぷら。ほんのり海の香りがして美味しい。東京の天ぷらでも出してくれたらいいのになあ。








■ラフテー
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16142341.jpg豚三枚肉を甘辛く煮た沖縄代表的な郷土料理。

見た目ほど脂っぽくなくて、美味しいラフテーでした。お酒にも、ご飯にも合う。







■グルクン
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_1615751.jpg「グルクン」という沖縄でよく食べられる魚のから揚げ。正式には、タカサゴという魚だそうです。

意外と皮が硬い魚で、食べる時に、ハサミが一緒に来て、切って食べました。さっぱりしている白身魚です。





■紅芋
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16393638.jpg東京でも最近スイーツで流行っている紅芋の天ぷら。しっとり、ほんのり甘味もあって、普通のサツマイモの天ぷらより好き。








■フーチャンプル
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16412571.jpg麩を使ったフーチャンプル。味付けがすごく良くて、とても美味しかった!









■シーサーかまぼこ
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16424965.jpgシーサーのかまぼこ。沖縄のスーパーやお土産屋に売ってましたが、いいな、コレ。









■ソーメンチャンプル
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16435870.jpgソーメンチャンプルも美味しかったなあ。あまりソーメンは好きな方じゃないのですが、このソーメンの料理だったら、しばらくずっとこれでもいいくらい。







■ヤギ汁
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_1619231.jpg獣臭が詰まったスープですが、個人的には美味しくいただけました。かなり強烈なニオイなので、量はそこまでいらないけど、旨味が詰まってて、ちゃんと美味しい。







■中身汁
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16161668.jpg豚の臓物を下ごしらえしていれた郷土料理、「中身汁(なかみじる)」。

初めて食べましたが、豚の臓物なのに、全く臭みがなく、驚きました。沖縄の方は、豚をすべて食べ尽くすと言いますが、本当に全部上手に料理をされますね。




■ゆし豆腐
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16491848.jpg東京で言うおぼろ豆腐のようなやわらかい豆腐のスープ。すごく胃にやさしい感じ。これも美味しい。








■アグー豚
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_16544311.jpgアグー豚のメンチカツ。しっかり味が付いてて、ソースいらないくらい。









■ジーマミー豆腐
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_1656149.jpgピーナッツ豆腐。美味しい豆腐だったのですが、ネギだけいらなかったかな。甘いタレにネギの主張が強くて、ジーマミーの味が薄くなってしまってたかな。







■田芋
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_1658396.jpg田芋(たいも)という沖縄でよく食べられる粘着質な芋のコロッケ。おかずというより、おやつ感覚。大根餅にも似てて、個人的に好き。








■ゴーヤの味噌炒め
那覇「沖縄料理と居酒屋 ぱいかじ 本店」へ行く。_f0232060_1659343.jpgゴーヤチャンプルとかはありますが、ゴーヤの味噌炒めは初めてでした。沖縄では、定食屋でも出てくるポピュラーな料理だそうです。
by meshi-quest | 2015-12-14 08:09 | 沖縄
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン