カテゴリ:西荻窪( 340 )










西荻窪にある人気とんかつ専門店「とんかつ けい太」でランチ。


西荻窪駅前にあって、予約必至のとんかつ店。


西荻窪「とんかつ けい太」へ行く。_f0232060_18074917.jpg


西荻窪「とんかつ けい太」へ行く。_f0232060_18091555.jpg


西荻窪「とんかつ けい太」へ行く。_f0232060_18084060.jpg


西荻窪「とんかつ けい太」へ行く。_f0232060_18084972.jpg
















山梨県の甲州富士桜ポークシャトーブリアンとんかつ(3200円)。


中がレアで、とても柔らかく美味しいとんかつ。


ただ、決してまずくはないのだが、何度も食べたくなる何かはなかったかな・・。


西荻窪「とんかつ けい太」へ行く。_f0232060_18130204.jpg


西荻窪「とんかつ けい太」へ行く。_f0232060_18131572.jpg


西荻窪「とんかつ けい太」へ行く。_f0232060_18132908.jpg
















キャベツのドレッシングが2つあって、


黒トリュフのドレッシングと青じその2種類。


黒トリュフのドレッシングは珍しかったけど、


黒トリュフが強いので、これを使ってしまうと、


舌がトリュフ味になってしまって、とんかつの味が鈍るのが勿体なかった。


西荻窪「とんかつ けい太」へ行く。_f0232060_18171374.jpg









■「とんかつ けい太」






「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ














by meshi-quest | 2020-10-23 08:08 | 西荻窪











懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」へ。


本日も岡部シェフのおまかせコースをいただく。



西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15040042.jpg



西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15040499.jpg
















まずは、大好きなバッツァ社生サラミと、


注文入ってから切ってくれる生ハムのしゅわしゅわ切り


これだけで赤ワインがどんどん進むw。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15073599.jpg
















自家製イクラ発酵バターのブルスケッタ。


濃厚な旨味のイクラと甘味ある香り良い発酵バターのコンビネーション。



西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15092145.jpg



西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15092340.jpg
















焼き立ての大きなブリオッシュ


甘くていい香りが店内に広がる。美味しい!!



西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15105235.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15105511.jpg
















勝浦産ののカルパッチョ。


特製の香味ソースが厚切りした鰹にすごく合ってて、さっぱりいただける。



西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15125687.jpg



西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15125973.jpg


















いろいろキノコのリゾット


原木椎茸、舞茸、マッシュルームなど秋の山の幸がいっぱい!



西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15164562.jpg



西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15165406.jpg

















「パスタ・エ・ファジョーリ」というパスタ。


具はシンプルに、生の落花生のみ。


いい香りの生の落花生を使って、トロトロにクリーミーに仕上がっている。


なかなか他店では味わえない、本場イタリアンな一品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15190245.jpg



西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15190761.jpg
















メインディッシュは、大好きな鶏バター


シンプルだけど、家ではなかなか食べれない一品。


たっぷり上質な発酵バターを使っていて、


バターと鶏自身の脂で鶏肉が美味しく仕上がる。


めちゃくちゃいい香りで、鶏肉も柔らかく絶品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15205925.jpg



西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15210321.jpg



西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15210620.jpg















デザートはクラッシックなプリンブランマンジェ


本場イタリアンデザートらしく、少し甘めの仕上がり。


プリンの固さがちょうどいい感じ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15230387.jpg



西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15230628.jpg
















「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ











by meshi-quest | 2020-10-14 08:08 | 西荻窪









懇意にさせていただいているフレンチビストロ「organ」で、


シェフおまかせの初秋のフルコースをいただく。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_16531581.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_16533653.jpg















今日は、イラストレーターさんや漫画家さんと、


ありがとうございましたを兼ねての食事会だったので、お祝い仕様。


めちゃくちゃ素敵なテーブル。


料理が来る前から、すでにワクワクする。


ニンニクを効かせたオリーブとしっかりとした味わいのパン


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_16552889.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_16554220.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1655546.jpg
















1品目は、礼文島の雲丹黄色パプリカのムース。


上には爽やかな酸味の透明のトマトのジュレ。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_16582239.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_16583246.jpg
















2品目は、エロティックなオーガニック白ワインと共に、


イチジクの前菜。


ソースもイチジクと白ワインのソースで、イチジクの風味を楽しむ一皿。


アクセントにクレソンや水茄子も。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_172173.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1721085.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1722234.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1722975.jpg
















3品目は、カツオの藁焼きのorganスタイル。


付け合わせに、焼きキュウリが乗っていて、美味しい。


黒にんにくと味噌を合わせたソースも絶品だった。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1745991.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1752110.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1753216.jpg















4品目は、海老自家製ブータンブランの温菜。


ブータンブラン(ソーセージ)、フワフワで美味しかったなあ。


上に乗っているのはエノキのフリットなのだが、


ものすごく海老風味がして、これも美味しかった!


特に海老味にしてるわけではないそうだが、


エノキは揚げると海老っぽい味になるのだそう。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1773467.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1792440.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1793147.jpg
















5品目は、帆立とハーブのクネル(練り物)。


付け合わせは冬瓜と枝豆、ソースは白ワインのクリーミーなソース。


このクネルもフワッフワでめちゃくちゃ美味しかったー。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_17115637.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_17121743.jpg
















6品目は、フランス産の


美しく上手な火入れで、柔らかく美味しい。


付け合わせはアンディーブ


鴨にはやたら甘いソースを合わせるレストランがあるが、


個人的には甘さに飽きちゃってちょっと苦手で、


でも「organ」はほのかな甘みのバランスのいいソースだった。さすが。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_17151713.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1715252.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_17153975.jpg
















7品目はアーモンドミルクのブランマンジェ。


甘味あるネクタリンとレモンバーベラのアイス。


このアーモンドミルクのブランマンジェ、絶品。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_17171462.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_17174347.jpg













「organ」さんは、


アンティークテイストの雰囲気にも食器にも凝っていて、


料理の盛り付けも美しく、


美味しいだけでなく、他店では食べれないここだけの個性もあって、


本日はアート系の方々の会食だったが、ものすごく喜んでいただけた。


本当にいつお邪魔してもクオリティーの高い、素晴らしいビストロ。











■「organ オルガン」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/13419.html












by meshi-quest | 2020-10-07 08:08 | 西荻窪









西荻にある人気日本茶専門店「Saten(サテン)」へ。


外にも行列が出来る人気カフェだが、


今日はたまたま店内テーブルも1席空いてて、ラッキー。


西荻窪「Saten(サテン)」へ行く。_f0232060_117714.jpg


西荻窪「Saten(サテン)」へ行く。_f0232060_1172397.jpg















抹茶ミルク抹茶プリンをいただく。


同じような緑と白のかわいい配色。


西荻窪「Saten(サテン)」へ行く。_f0232060_1185119.jpg
















濃厚で香りの良い抹茶と甘いミルクとの相性がいい。


どちらもすごく美味しい。


抹茶好きにはたまらない。


西荻窪「Saten(サテン)」へ行く。_f0232060_1193545.jpg


西荻窪「Saten(サテン)」へ行く。_f0232060_1194499.jpg













以前はカウンターにも席があって、


お茶を入れてる姿を目の前で見ながらお茶を楽しめたが、



今はコロナの影響もあって、奥のテーブル3席のみ。


店内は競争率が激しいが、テイクアウトもできるので、


混んでいる時はそちらがオススメ。










■「Saten(サテン)」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13221306/











by meshi-quest | 2020-09-26 08:07 | 西荻窪








西荻窪駅からちょっと離れた静かな住宅街にある


カジュアルフレンチ「anicca アニカ」でディナー。


とても素敵な内装で、居心地がいい。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21315642.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_2132995.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21322331.jpg
















無花果八女茶の白いサングリア。


色も綺麗で、いい香りがする美味しいサングリア。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21334952.jpg















まずは、名物の「色々な野菜の大鉢」から。


色んな野菜を、色々な調理法で混ぜてあるサラダで、大麦も入ってる。


ドレッシングが美味しくて、ハーブも効いてて、好きな味。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21361248.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21362395.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21365217.jpg
















「ジャガイモとテスクチャー 果物とチーズ」という一品。


マッシュポテトを棒状に凍らせて、


発酵したブルーベリー、ブラータチーズ、ハーブといただく。


絶妙なバランスで出来ていて、


凍らせることでジャガイモに軽やかさが出てて、


チーズ、ハーブ、そして濃厚な発酵ブルーベリーソースがいいアクセントになってる。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21401824.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_2140467.jpg
















霧島豚のリエット。


上にはラクレットチーズ、無花果のジャム、栗の粉が掛かってる。


かなりリエットの味が濃いので、ワインと一緒な感じ。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_2143103.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21431995.jpg















真鯛のミキュイ(半生)。


発酵させたアイコトマトと、ブラータチーズの組み合わせ。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21445611.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_214562.jpg















メインディッシュは、ホロホロ鶏のむね肉の熟成。


鶏出汁と、肝を粉上にしたものが掛かっている。


珈琲醤油というものがあるらしく、それも使われてる。


付け合わせはジャガイモのヴィネグレット。


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_2148860.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21481665.jpg


西荻窪「anicca アニカ」へ行く。_f0232060_21482479.jpg













雰囲気もとても良く、料理も美味しく、


他店では見かけない、独創的な唯一無二の料理が食べれる。


今後どんな料理が出てくるのか楽しみ。


逆に、変な意味ではなく、あまり分かりやすく普通のモノはないので、


そういう意味では食べ慣れた人というか、


やや外食上級者向けのカジュアルレストランという印象。











■「anicca アニカ」
http://anicca.tokyo/













by meshi-quest | 2020-08-27 08:07 | 西荻窪









懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」へ。


本日も岡部シェフのおまかせコースをいただく。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1494431.jpg
















まずは、トウモロコシのムース。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_141236.jpg















夏にピッタリのスイカガスパチョ


トマトや香味野菜の他に、メインにスイカを使ってて、


酸味が穏やかで、とても美味しいガスパチョ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14131912.jpg
















厚切りのカツオのカルパッチョ。


夏のカツオは脂はそこまでないが、さっぱりしてて赤身が美味しい。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14154970.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14155855.jpg















とアスパラのフリット。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14164395.jpg
















シンプルなトマト冷製パスタ


トマトだけだけど、旨味が凝縮されてて、すごく美味しい!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14181052.jpg
















グリーンピースリゾット


豆の香りがすごくいい。緑も美しい!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14185743.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1419982.jpg















メインは鶏バター


濃厚なバターの香りと旨味。


鶏肉もめちゃくちゃ柔らかくて、絶品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14202236.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14203338.jpg
















コーヒーのパンナコッタと、


ヘーゼルナッツのセミフレッド


前菜からデザートまでシンプルで美味しい、本当に素敵なイタリアン。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14215470.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1422356.jpg












■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/











by meshi-quest | 2020-08-20 08:08 | 西荻窪









西荻窪にある大好きなネパールカレー


「sajilo clove サジロクローブ」でディナー。


最近、吉祥寺にも姉妹店「Surya Sajilo」が出来たが、


西荻店はまた雰囲気も異なり、いい感じでこじんまりとしてて落ち着く。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11213986.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11221446.jpg















インドの豆せんべい・パパドと、


ネパールの漬物・アチャール


アチャールはかなりスパイシーではあるが、


辛くなく、酸っぱくもなく、カレーを待つ間のおつまみ感覚。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11232436.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11233340.jpg















グリーンサラダ


特製のスパイスと柑橘が効いたドレッシングが美味しい。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_1126182.jpg
















タンドール焼物の盛り合わせ。


タンドリーチキン
、海老、白身魚、つくねなど、豪華!


食欲をそそるスパイスは利いてるが、全く辛くはない。


ヨーグルトとスパイスで下味が漬けこまれてるので


しっかり味が付いてて、肉も柔らかく、とても美味しい。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_1131267.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11311246.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11312132.jpg
















いよいよネパールカレーの登場!


定番のチキンカレー


ベジタブルカレー


「sajilo」のカレーはたくさんの複雑なスパイスの香りや旨味を感じつつ、


全く辛くなくて、体にやさしいカレー


体調悪い時にも食べると元気になりそうな味。相変わらず、美味しいなあ!


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_1135174.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_113592.jpg


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11352681.jpg















そして、溢れんばかりのチーズが入ってる


特製のチーズナンがホント絶品。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11361910.jpg















チャイをいただきつつ、「sajilo」の料理を堪能。満足。


西荻窪「sajilo clove サジロクローブ」へ行く。_f0232060_11373218.jpg














■「sajilo clove サジロクローブ」
http://sajiloclove.jp/










by meshi-quest | 2020-08-05 08:07 | 西荻窪








懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」へ。


本日も岡部シェフのおまかせコースをいただく。















1品目は、


とうもろこしパンナコッタ


夏のチクロの名物なのだが、


甘味あるとうもろこしのムースが濃厚でまろやかですごく美味しい。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22261364.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2226374.jpg















2品目は、カツオカルパッチョ


このカツオ、こんなに厚切りなのに、


カツオのクセや血なまぐささは全くなく、ペロリと前菜で食べれてしまう!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22281739.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22283411.jpg
















3品目は、サワラ黄色ズッキーニのフリット。


サワラも美味しいけど、ズッキーニがジューシーでたまらん。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22321943.jpg















4品目は、トマトのパスタ。


ホント美味しい(感激)。


シンプルだけに、旨さがピカっと光るというか


トマトだけで十分なくらい甘味と旨味があって、


これに具もチーズも全くいらない感じ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22345050.jpg
















5品目は、ボンゴレのリゾット。


これもホント美味しい(感涙)。


あさりの旨味がしっかり効いてて、もう2皿は食べれそうな感じ。


ちゃんと生米から丁寧に作られてることが分かる本格リゾット。


炊いた米を使った、いわゆる「リゾット風」とは雲泥の差。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22364423.jpg
















6品目は、メニューにはなく、


特別に前からお願いして作ってもらった


バスクチーズケーキ


そして、これも美味しくて笑ってしまうくらいの出来映え。


バスチーも今後テイクアウトで販売してほしい・・・。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22393132.jpg
















7品目は、仲良くさせていただいてる


北参道のミシュランフレンチ「sincereシンシア」


石井シェフから教えてもらった石垣島の絶品ピーチパイン


パイナップル自体、元からいい香りがするけど、


こんなにいい香りと甘味あるパイナップルあるんだ!くらいの驚き。


美味しかったな、ピーチパイン。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2243819.jpg












■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/











by meshi-quest | 2020-07-25 08:08 | 西荻窪









懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」へ。


本日もシェフのおすすめコースをいただく。












まず1品目はタコクスクスの前菜。


クスクスはジェノベーゼで味付けされていて、


タコとも相性が良く、暑い日にも美味しくいただけるさわやかな一品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12303017.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12303870.jpg
















2品目はイワシの香草パン粉焼き。


イワシにしっかり香草が付いてて、


野菜たっぷりのラタトウィユソースもかかってるので、


サッパリと食べれる一品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12353718.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1249489.jpg















3品目は特製丸メンチカツ


「チクロ」さんでメンチをいただいたのは初めてだけど、


めちゃくちゃ美味しい!!


しっかりと肉のコクがあるのに、不思議とすごく軽い仕上がりになってて


何個でもパクパク食べれてしまいそうなメンチ。


今日はメニューには出してない試作品とシェフが笑ってたけど、


ぜひ今後のデフォルトメニューにして欲しい一品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12523928.jpg
















4品目はフレッシュトマトのパスタ。


バジルも、ベーコンも、チーズもいらないと思わせる


トマトだけでこんなに美味しいんだ!と驚く味。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1304532.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1305377.jpg















5品目はカチョエペペ


チーズと胡椒のシンプルなパスタだけにバランスが難しいのだが、


胡椒がピリッと効いてて、すごく美味しく作られていた。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1383152.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1383972.jpg















6品目のメインは、脂乗ってるイサキのフリット。


下には大きな茄子のラタトウィユ。


白身魚とトマトの相性は抜群。これも美味しかった!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1316281.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_13161080.jpg










■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/











by meshi-quest | 2020-07-04 08:08 | 西荻窪









懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」へ。


本日もシェフのおすすめコースをいただく。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14291075.jpg















1品目は、タコとジャガイモのマリナータ。


ほど良い酸味が食欲をそそる。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14295838.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1430132.jpg















2品目はヤングコーン


黒く焦がした感じがすごく絵になる。


この時期の甘くて香りが良いヤングコーンは、ヒゲまで食べられる。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14313215.jpg
















3品目は新玉葱リビエーネ


リビエーネは詰め物をした料理。


ローストした新玉葱の中にトマトで肉込んだひき肉が入ってる。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14344296.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14345149.jpg















4品目は、しらす春キャベツカラスミのパスタ。


春キャベツの甘味としらすやカラスミの塩加減がクセになる。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14365018.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14371113.jpg















5品目は、ンドゥイヤという


カラブリア名物のチョリソーを使ったパスタ。


お酒が進むピリ辛感。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14402166.jpg















6品目は、鶏肉ロートロ(バロティーヌ)。


生ハム、タイム、ローズマリーなどを巻き込み、華やかなメインディッシュ。


食べたことのない料理や食材も多くて、


シェフのおかませはすごく楽しく、勉強になるなあ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14433520.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14435393.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1444228.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14441094.jpg












■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/











by meshi-quest | 2020-06-25 08:07 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン