カテゴリ:西荻窪( 316 )











懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」で友達とディナー。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14294925.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14295877.jpg















本日はたっぷりワインを飲む気満々で来てるので、早速チーズもいただく。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14301827.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14313251.jpg















1品目は、岡部シェフオススメのトスカーナ風の温かい野菜のスープ


このスープがビックリするくらい美味しくて


それでいて野菜の旨味と甘味がたっぷりで優しくて、


もし具合が悪くなったら、


「チクロ」に来て、シェフにこのスープを作ってもらおうと心に決めた。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14344723.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14345488.jpg















そして、今日はワインに詳しく、大好きな友達と一緒なので、


早速紅白ワインをボトルで入れる。めでたいなーw。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14363738.jpg
















2品目は、イタリア産フィノッキオと紅まどんなのサラダ。


フィノッキオはフェンネル、ういきょうと呼ばれる香りの高い野菜。


紅まどんな(愛媛みかん)の甘味とフィノッキオの香りがいい感じ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14391682.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1439297.jpg















3品目は、玉ねぎリピエーネ


リピエーネとは詰め物をした料理のこと。


中に白いチーズソースを入れて、丸ごとオーブン焼きした


玉ねぎの旨さを感じる一品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1442947.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14422510.jpg















4品目は北海道アンコウと六甲シャンピニオンのフリット。


今が旬のアンコウと大きなキノコを軽いフリットに。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14433567.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1443476.jpg















5品目は手打ちのカサレッチェを使ったシンプルなトマトソース。


モチモチの自家製カサレッチェと、


トマトの旨味がぎっしり詰まった濃厚なトマトソースの組みあわせ。


トマトソースがここまで美味しいと、具はいらなくて十分!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14454840.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1446820.jpg















6品目は、手打ちのタリオリーニを使ったローマ風カルボナーラ


ローマ風はバターや生クリームを一切使わずに、卵とチーズで作る。


なので、濃厚だが、意外と軽く食べれるのが特徴。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14482456.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_144832100.jpg
















7品目は、鶏バター


もうテーブルに乗った時点からバターのめちゃくちゃいい香り。


胸肉もものすごく柔らかく、


カロリー気にせず(笑)、ひたすらバターと鶏肉を楽しむ一品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14501666.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14502426.jpg
















8品目のデザートは、ナポリの伝統デザート、ババ


ラム酒に漬けられている大人のデザート。


今まであまりサバランのような洋酒漬けデザートは好きではなかったが、


「チクロ」のババを食べてから、好きになった。


洋酒と甘さのバランスがすごく上手。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_14535499.jpg










いつ来てもアットホームで、


それでいて、本格的なイタリアンを食べさせてくれるので、素晴らしい。


西荻窪を代表するイタリアンの1軒。










■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/









by meshi-quest | 2020-01-09 08:08 | 西荻窪








西荻窪駅から徒歩15分くらいの場所に、


素敵なお花屋さんと食用花などを使った焼き菓子を売っている


「cotito コチト」というお店がある。


ご縁あって、「cotito」のオーナーの前山さんと知り合い、


私の家の内装の一部は「cotito」さんにお願いをしている。


おかげで緑豊かなオシャレなカフェのような空間で毎日を過ごしている。


西荻窪「cotito コチト」へ行く。_f0232060_1691489.jpg


西荻窪「cotito コチト」へ行く。_f0232060_1692388.jpg















さて、そんな「cotito」さんが満を持して


11月の上旬にお店の隣にカフェをオープンされたのでお邪魔してきた。


京都のカフェのような、ちょっと奥まった小道の先に入口があり、


入口の天井も素敵なドライフラワーで飾りつけされていた。


西荻窪「cotito コチト」へ行く。_f0232060_16123548.jpg


西荻窪「cotito コチト」へ行く。_f0232060_16124275.jpg


西荻窪「cotito コチト」へ行く。_f0232060_16125349.jpg














店内は静かで落ち着く空間で、


所々にお花屋さんである「cotito」さんらしい装飾がされている。


西荻窪「cotito コチト」へ行く。_f0232060_1613526.jpg


西荻窪「cotito コチト」へ行く。_f0232060_1614293.jpg


西荻窪「cotito コチト」へ行く。_f0232060_16141061.jpg


西荻窪「cotito コチト」へ行く。_f0232060_16141757.jpg
















メニューはこんな感じで、


お花をテーマにしたケーキや焼き菓子が並ぶ。


西荻窪「cotito コチト」へ行く。_f0232060_16151227.jpg
















レアチーズ好きなので、


ベイクドレアチーズケーキ(600円)を注文。


真っ白なレアチーズに、紫のお花が乗ってて、すごくかわいらしい!


西荻窪「cotito コチト」へ行く。_f0232060_16164531.jpg















国産のクリームチーズをたっぷり使ったレアチーズは、


甘さ控えめで、固さも味もバランス良く、


久しぶりに美味しいレアチーズを食べさせてもらった!


西荻窪「cotito コチト」へ行く。_f0232060_1618764.jpg
















お茶は、有機ルイボスティーをポットで。


お茶にもクッキーが付いてきて、このクッキーも美味しかった。


素敵な花に囲まれて、美味しいケーキが楽しめる良いカフェ。


西荻窪「cotito コチト」へ行く。_f0232060_16192378.jpg


西荻窪「cotito コチト」へ行く。_f0232060_16194128.jpg











■「cotito コチト」
http://cotito.jp/











by meshi-quest | 2019-11-20 08:08 | 西荻窪







懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」で私のお花の師匠と食事。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_23213495.jpg













「チクロ」は何を食べても美味しいし、


長年お邪魔してて私の好みも知ってもらっているので、基本おまかせ。


今日も岡部シェフのおまかせコースにしてもらった。


まずは、手作りのセミドライトマトから。


大きなトマトを半分くらいの大きさになるくらいまでセミドライにして、


甘味、酸味、旨味をバランスよく引き出してる絶妙な前菜。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_23251282.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2326481.jpg













生で食べられる六甲シャンピニオン


ミントレモンでさっぱりと風味良く。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2327737.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_23272829.jpg












モンサンミッシェルムール貝


牡蠣が大の苦手な私は、ムール貝もちょっと同じ系統な感じで


本来は苦手な貝なのだが、これはそんな私でも美味しくいただけた。


旨味たっぷりのスープは、パンと共に。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_23292967.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2331119.jpg













牛の白モツシシトウのピリ辛トマト炒め。


これ、めちゃくちゃ美味しい!!


ジューシーでプリプリの白モツとピリ辛トマトとの相性が最高!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_23324978.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_23325965.jpg













イワシウイキョウのピチ(パスタ)。


これもすごく美味しい!


イワシの濃厚な風味をウイキョウのアクセントで


バランス良く、飽きずに、食べやすくしてる。


魚系のパスタは味や香りがクドくなりすぎたりして難しいんだけど、


すごく上手に作られてる。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_23363376.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2337833.jpg













メインディッシュは、


グーラッシュという牛すね肉のパプリカ煮込み。


赤ワインがついつい欲しくなってしまう味。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_23385996.jpg













さっきのイワシのパスタがめちゃくちゃ美味しかったので、


岡部シェフにおまかせパスタをお代わり


シンプルにフレッシュトマトのみのパスタを作ってもらったのだが、


これも本当に美味しくて驚いた。


具はトマトだけなのに、こんなに深い味で、旨味が出るのはすごいなー。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2348209.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_23483153.jpg













最後は、デザート3種盛り合わせ。


パーティーみたいw。


ラム酒にスポンジケーキを染み込ませたババ


フルーツポンチシャインマスカットのゼリー。


ババはここ最近食べた中で、一番美味しいババだったなー。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2351201.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_23515738.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2352936.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_23521878.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_23523054.jpg










■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/









by meshi-quest | 2019-11-05 08:08 | 西荻窪







西荻窪にあるハンバーグポークソテーの専門店、


「西荻ハンバーグ bloom ブルーム」 でランチ。


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_15192218.jpg













シェフの実家が養豚場で、


実家の黒豚を使って料理をしているのだそう。


ちゃんと席から見える鉄板焼きで焼いてくれるのが嬉しい。


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_1521474.jpg












ポークソテーも気になるが、


自称ハンバーグラーの私としては、


ここはハンバーグを食べざるをえない。


ハンバーグの種類が豊富ですごく悩むところだが、


和牛かごしま黒豚の合挽きハンバーグ


「牛すじシチューのソース モッツアレラチーズのせ」に決定。


もうタイトルからしててんこ盛りで美味しそうw。


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_15242143.jpg













ランチのサラダコンソメスープ


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_15253466.jpg


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_15254490.jpg


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_15255586.jpg













和牛かごしま黒豚の合挽きハンバーグ、登場!!


ハンバーグは大きくなりと食べた気がしないので、


300gの一番大きなサイズを注文。いいボリューム感。


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_15264335.jpg













しっかり作られてて、美味しくできているが、


あまり特徴がなく、思い出して何度も行きたくなる感じ、


もっと言うと、中毒になるような感じが弱かったかな・・・。


東京駅の「Vimon」とかはいい意味で中毒寄りのハンバーグなのだが、


ハンバーグ中毒になりたかったw。


西荻窪「西荻ハンバーグ bloom」へ行く。_f0232060_15473555.jpg










◼︎「西荻ハンバーグ bloom」
http://bloom2015.com/






by meshi-quest | 2019-11-04 08:05 | 西荻窪









懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」でディナー。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_17132773.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_17134323.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_17135124.jpg
















今晩は岡部シェフのスペシャルディナーで、


今が旬のコレ!!






大好きなフレッシュポルチーニを使ったフルコースをいただく。


それにしても、笑っちゃうくらい大きいw


マリオが1UPする気持ちも分かる。


今日は私がきっと1UPする番だ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_17145880.jpg
















まずは、フレッシュポルチーニ茸を使った


新鮮だからこそできる生のポルチーニサラダ


なかなか生でポルチーニを食べる機会も少ないが、


甘味があって、柔らかくて、すごく美味しい。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_17163221.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_17164062.jpg















2品目は、ポルチーニクリームソテー


ポルチーニはすごくクリーム系と相性がいい。


生も美味しいけど、焼くと風味が増す感じ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1718581.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_17181474.jpg















3品目は、ポルチーニトマトを使った


オイルベースのタリアテッレ


これもすごく美味しく出来てる!!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_17194371.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_17195673.jpg
















4品目のメインディッシュは、


ポルチーニ牛すね肉のブラウンシチューを


サックサクのパイ包み焼きに仕上げたもの。


秋を感じる香り良く、温かいメイン料理。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1722131.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1722940.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_17222957.jpg















5品目のデザートは、ラム酒を使ったババ


さすがにポルチーニは使ってないがw、とても美味しい。


実は、ラム酒は本当はあまり得意でなく、


ババとかサバランとか強いアルコールに漬け込んだデザートも


本来はあまり得意ではないのだが、


「チクロ」のババはラム酒の効かせ方、バランスが絶妙で、


シロップも甘すぎず、くどすぎず、私でも美味しくいただける。


むしろ、好きな味。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1725163.jpg











ポルチーニを使った料理はこの時期だけのお楽しみ。


今回のものはメニューには載ってないものばかりだが、


ポルチーニメニュー自体は入荷に合わせてたまにあるそうので、要チェック。











■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/









by meshi-quest | 2019-10-23 08:07 | 西荻窪








懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」でディナー。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_129669.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1294710.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1295973.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1213814.jpg















ものすごい数のワインがあるのだが、


私の最近のお気に入りは甘めのこの赤ワイン。


葡萄の味がしっかり効いてて、少しだけ微発泡してて、


大人のファンタという感じで好きw。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12114970.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12115710.jpg















まずは、赤肉メロンの冷たいスープから。


メロン好きにはたまらない一品で、めちゃくちゃ美味しい!


メロンの甘味や香りを感じつつも、


決してデザートではなく、ちゃんとおかずのスープになってる。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1218918.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12181965.jpg















群馬産ゴールドラッシュのパンナコッタ。


コーンの甘味と旨味がしっかり詰まったおかずなパンナコッタ。


濃厚な美味しいコーンポタージュを固めた感じ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12224021.jpg














沖縄産完熟マンゴーとスペック。


マンゴーのトロピカルな甘みに、生ハムの塩気がピッタリ。


生ハムメロンのマンゴートロピカル版。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12253292.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12254551.jpg















ブッラータチーズと2種のトマトのカプレーゼ。


美味しいブッラータチーズに、これまたトマトの甘酸っぱさがいい感じ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12271210.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12272051.jpg















ジャガイモのマリナート。


「マリナート」は茹でてマリネをした料理。


蛸とジャガイモでポルトガルやスペインっぽさもある。


これもすごくお酒に合う味!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12294515.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12303332.jpg















大阪泉州の水茄子のフリットとパルマ産生ハム


油を吸った茄子は最強w。


水茄子好きとしては、たまらん一品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12463069.jpg














千葉県産スルメイカのインズィミーノ。


「インズィミーノ」はイタリアの煮込み料理。


イカの旨味で一緒に煮込まれた青菜も美味しい。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_12584714.jpg















パスタは、ブッロ・エ・サルビアという、


手打ちのタヤリンを使ったセージのバターパスタ。


「サルビア」はセージのこと。


いい香りが口いっぱいに広がる、さわやかな味わい。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_131812.jpg















メインは、私が大好きな鶏バター


バターたっぷりで、鶏肉もとっても柔らかい!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1324391.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1325133.jpg














最後は、クラッシックなプリン


こういうシンプルで、美しいプリンを出してくれるお店、


最近少なくなったなあ。しみじみ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1335913.jpg











■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/









by meshi-quest | 2019-09-27 08:08 | 西荻窪









昨年秋、西荻窪の駅前商店街を抜けた先にオープンしたお菓子屋さん、


「mimine ミミンヌ」でお買い物。


西荻窪「mimine ミミンヌ」へ行く。_f0232060_1150554.jpg















数人入るといっぱいになってしまう小さなお店だが、


すごくかわいらしい店内で、雰囲気も良く、居心地がいい。


西荻窪「mimine ミミンヌ」へ行く。_f0232060_12345993.jpg


西荻窪「mimine ミミンヌ」へ行く。_f0232060_1235712.jpg
















焼き菓子は大好きな紅茶のクッキーを購入。


サクサクの食感と紅茶のいい香りがたまらない。


甘さが控えめなのも、すごくいい。


西荻窪「mimine ミミンヌ」へ行く。_f0232060_12363040.jpg


西荻窪「mimine ミミンヌ」へ行く。_f0232060_1236365.jpg














焼き菓子も美味しいが、ケーキもすごく美味しい。


濃厚チーズケーキと、レモンケーキと、オレンジケーキを購入。


ケーキも甘さ控えめで、香りが良く、すごくいい味。


イートインはなく、テイクアウトだけだが、


自分家で美味しくいただくのはもちろん、誰かにあげてもすごく喜ばれる。


ケーキ・焼き菓子激戦区の西荻窪でオススメのお菓子屋さんの1軒。


西荻窪「mimine ミミンヌ」へ行く。_f0232060_1240188.jpg


西荻窪「mimine ミミンヌ」へ行く。_f0232060_12401043.jpg


西荻窪「mimine ミミンヌ」へ行く。_f0232060_12401762.jpg


西荻窪「mimine ミミンヌ」へ行く。_f0232060_12402552.jpg










■「mimine ミミンヌ」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13228300/










by meshi-quest | 2019-09-11 08:08 | 西荻窪









懇意にさせていただいているフレンチビストロ「organ」で、


紺野シェフおまかせの夏のフルコースをいただく。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_2054134.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_20541732.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_20543192.jpg
















1品目は、イワシ焼き茄子を使った前菜。


赤いジュレは赤しそ、凍った赤いものはスモモを凍らせたもの。


夏らしく元気の出る色で、かつ、サッパリしてて食べやすい。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_20571512.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_20572370.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_20575299.jpg















2品目は、アンディーブ水茄子のサラダ。


桃の甘味、アンディーブ(チコリ)の苦み、


水茄子のみずみずしさが融合した夏らしい一品。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_210325.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_2102248.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_210318.jpg















3品目は、を使ったスープ仕立ての料理。


鮎を全て食べてもらえるように頭と骨でブイヨンを取って、


ヌイユ(フランスのパスタ)の中には鮎の肝が練り込まれている。


鮎の身をスープ仕立ての肝パスタでいただく。


なかなか鮎をこういう調理で食べさせてくれるところは少ない。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_2125639.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_2132781.jpg
















4品目は、モモ(チベット文化圏で食べられる小籠包)。


モモの中には豚肉、周りにはトウモロコシの甘味あるポタージュ。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_2153988.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_2155688.jpg















5品目は、ヒラメほうれん草で巻いたもの。


周りにはパルミジャーノを使ったカルボナーラソース


濃厚民族としてはかなり大好きな味。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_2191967.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_2192744.jpg















6品目は、岩中豚の厚切りロースト。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_21104086.jpg
















バーナーで軽く炙って、そのままかぶりつく。


ジューシーで脂が甘くてすごく美味しい。


付け合わせはアワビダケと雑穀のサラダ。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_21115616.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_2112935.jpg















7品目は、パイナップルのパブロア。


ココナッツアイスと共に、トロピカルな夏のデザート。


数種のフレッシュハーブを好みの分量で入れる、


「organ」ハーブティーと共に。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_21135446.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_2114398.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_2114998.jpg









「organ」流の夏を感じる大満足のコースだった!







■「organ オルガン」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/13419.html









by meshi-quest | 2019-09-02 08:08 | 西荻窪









懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」へ。


土日だけ2時から営業をしていて、


お酒も飲めるし、美味しいつまみも食事も食べられる。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22303186.jpg
















本日は、「チクロ」さんの内装のお手伝いをさせていただき、


スワッグと投げ入れを作りにお邪魔させてもらった。


1mのスワッグはお店入ってすぐの大きな壁に飾っていただいた。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22335477.jpg
















併設している隣のカフェに移動して、投げ入れを作る。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22344187.jpg
















レジ横のカウンターの目立つ場所に置いていただき、


座ってコーヒーを飲まれるお客様にも見ていただける。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22365927.jpg
















天井が割と高いので、その高さを生かして、


まるでお店の中に木が生えているかのように


背の高い大きな投げ入れを作った。


美味しいコーヒーを飲みながら、お客様が少しでも癒されてくれるといいな。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22389100.jpg
















無事に一仕事を終えたのでw、昼から飲みながらのランチ。


前菜の盛り合わせ。


茄子のカポナータとヒラマサのカルパッチョ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22405893.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_2241880.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_224114100.jpg















パスタは肉たっぷりのボロネーゼ


太めのパスタとも相性が良くて、すごく美味しい!


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_22422054.jpg











西荻窪「チクロ」さんにフラワーアレンジメントが飾られてますので、


お近くの方はお食事と共に、ぜひ見に来てくださいね!!


よろしくお願いします!









■「チクロパノラマキッチン」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/









by meshi-quest | 2019-09-01 08:08 | 西荻窪







懇意にさせていただいているフレンチビストロ「organ」で、


紺野シェフおまかせの夏のフルコースをいただく。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_13384041.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_13391466.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_13392682.jpg













1品目は、カリフラワーのムースと雲丹と、


透明になるまでエキスを抽出したトマトのジュレの前菜。


美しい紫色は、紫カリフラワーのパウダー。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1351184.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_13511424.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_13512351.jpg













2品目は炙った穴子スモークメロンのサラダ。


メロンはウリに近い感じのサラダ感覚で食べれるさっぱりとした味。


その他、たっぷりのハーブと生マッシュルームも。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_13544320.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1355531.jpg













3品目は、つぶ貝のブルゴーニュバタータルト。


タルトの中に濃厚なつぶ貝バターとグリーンピースとチーズ。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_13562939.jpg













4品目は、大きなどんこ椎茸のソテー。


美味しい椎茸を食べてもらうために、


中にはフォアグラ黒米のリゾット、ソースはフォンドボー。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_135865.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_13581654.jpg













5品目は、真鯛のポワレ。


上にはイカスミのパリパリ生地、下にはジャガイモのガレット。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_13594887.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_13595976.jpg













6品目のメインディッシュは、うずら


横にはうずらの卵も添えてあり、黄身をくずしてソースに絡める。


うずら、柔らかくてとても美味しかったなー。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_142206.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1422985.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1424149.jpg













7品目のデザートは、カモミール甘夏のアイス。


夏らしく、爽やかにさっぱりと。


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_1435656.jpg


西荻窪「organ オルガン」へ行く。_f0232060_144826.jpg









今日も素晴らしいコースだった。


本当に最初から最後までワクワクさせてもらえて、そして、美味しい。


「organ」さんに来る度に、紺野さんの料理をいただく度に、


この「美味しい」という言葉の意味、


「美しく」そして「味がいい」ということを改めて想う。







■「organ オルガン」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/13419.html









by meshi-quest | 2019-07-26 08:08 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン