カテゴリ:神楽坂( 38 )




友達と神楽坂「鳥半」でランチ。











ここの名物「親子丼」は、親子丼と聞いて想像するアレとちょっと違う。


濃いめの味付けで、個人的には好きな味の親子丼でした。












■「神楽坂 鳥半」
http://www.torihan.jp/index.html















■今日のカメ

■「神楽坂 鳥半」
f0232060_1612129.jpg東西線「神楽坂駅」、大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩5分ほど。兵庫横町という細道を抜けた先にあります。








■店内の様子
f0232060_16181680.jpgカウンターメインで、奥にテーブルもあります。










■小鉢
f0232060_16191892.jpg小鉢2品と、香の物。小鉢は大根おろしと、高野豆腐の煮物でした。









■親子丼
f0232060_16201164.jpgランチ名物の「炭火焼親子丼」(1000円)です。










■親子丼、アップ
f0232060_16213115.jpg親子丼といっても、卵と具が混ざっているのではなく、ふわふわ卵の上に、鶏の炭焼きが乗っています。

ボリュームたっぷり。鳥専門店が出す鶏なので、やわらかく美味しかったです。





■デザート
f0232060_1623484.jpg最後にわらびもちが出てきます。
by meshi-quest | 2013-03-31 08:05 | 神楽坂


友達と神楽坂でランチ。


駅からちょっと外れたところにある、


カジュアルフレンチ「ブラッスリー・グー」へ。












ここのランチは、かなりお得で、


前菜に、魚料理と肉料理が両方きて、最後にデザート付きで2100円。











高級フレンチと比較してしまうと、なんだが、


カジュアルに、ボリュームたっぷりのフレンチを食べたいときにはいい。











■「ブラッスリー・グー」
http://r.gnavi.co.jp/6020678/














■今日のカメ

■「ブラッスリー・グー」
f0232060_22284640.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩5分ほど。真っ赤なひさしと扉が目印。東映アニメーションの近くです。








■店内の様子
f0232060_22305893.jpg赤白チェックのテーブルクロスがかわいい店内。










■前菜
f0232060_22321112.jpg今日は、魚も肉も付く2100円のコースで。

これは、1品目の前菜の盛り合わせ。








■前菜アップ
f0232060_22331087.jpgパプリカのムース、パテ、キッシュなど、いろんなものが少しづつ盛られています。









■パン
f0232060_2234543.jpgバゲットです。










■魚料理
f0232060_22343730.jpg魚料理は、本日の鮮魚を使った1品のみ。

この日は、「スズキのポワレ クリームソース」でした。美味しくできています。







■肉料理
f0232060_22362138.jpg肉は、4種類くらいから選べます。

これは、牛ほほ肉の赤ワイン煮込みです。スッと切れるほど、やわらかくできていました。







■デザート
f0232060_22373080.jpgデザート自体は色々とありますが、コースのデザートは決まっていました。

これは、洋梨のタルトとバニラアイスの盛り合わせ。
by meshi-quest | 2013-03-02 08:03 | 神楽坂


神楽坂にある多国籍レストラン「アジアンパーム」へ。











ここは、まさに多国籍で、インドを中心に、


タイ、インドネシア、中国、ベトナムと、アジア各国の料理が食べられる。











色んな料理を出すところは、


往々にしてどの味も中途半端になりがちだが、


ここ「アジアンパーム」の料理は、


どの国のものを食べても、美味しく、バランス良くできている。











その多国籍料理が、ランチでは1000円で食べ放題となる


超お得なビュッフェをやっている。


この値段で、この種類、この味が食べられるなら、文句なし。











あまり知られていないのか、神楽坂でアジア料理を食べる人が少ないのか、


ランチビュッフェが割りと空いているのも、ありがたい。


会社の近くにあったら、毎日でも通っちゃいそうだ。











■「アジアンパーム」
http://asianpalm.net/
















■今日のカメ

■「アジアンパーム」
f0232060_237574.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩30秒ほど。出口でて、すぐのところにあります。









■店内の様子
f0232060_23967.jpgアジアンな感じの店内。席数は割とあって、ゆったりとしています。









■ビュッフェ
f0232060_23112533.jpgインドカレー、タイカレー、タンドリーチキン、チャーハン、青菜の中華炒め、中華スープなど、多国籍バラエティーに富んでいます。

ブッフェの種類はそこまで多くありませんが、定番のものが並んでおり、どれもなかなか美味しいです。




■ナン
f0232060_23134627.jpgナンは注文すると、ちゃんと焼いて、出来立てを持ってきてくれます。甘味があって、美味しいです。








■取ってきたもの①
f0232060_2315139.jpgサラダ、焼きそば、青菜炒め、タンドリーチキン、スパイシーポテトなど。









■取ってきたもの②
f0232060_23172210.jpgベジタブルカレー。これも美味しかったです。










■取ってきたもの③
f0232060_23182829.jpg具沢山の中華スープ。これも美味しくできていました。









■取ってきたもの④
f0232060_23192059.jpgココナッツミルクに入ったフルーツポンチ的なものなのですが、なぜかコーンが入ってましたw。現地では、こういう食べ方するのかな。








■チャイ
f0232060_23204167.jpgチャイも飲み放題です。
by meshi-quest | 2013-02-23 08:00 | 神楽坂


神楽坂にある有名な蕎麦屋、


「巽蕎麦 志ま平 (しまへい)」へ。











先日、友達の紹介でランチに伺って


とても美味しかったので、早速、夜にもお邪魔してみることにした。











昼は、蕎麦単品の注文が可能だが、


夜は、大将のおまかせか、蕎麦懐石コースのみ。












大将と世間話をしながら、ゆっくりとした時間が流れる。


お酒に合わせて、色んなおつまみをちょっとづつ出してくれて、


最後に〆で蕎麦が食べれる。


美味しい蕎麦懐石だった。











色んな人から「どうやったらお店と仲良くなれるのか?」と聞かれるが、


何より、美味しい店には立て続けに通って、


お店を知り、お店にも自分を知ってもらうのが、一番だと思う。











■「巽蕎麦 志ま平」
http://shimahei.jp/














■今日のカメ

■「巽蕎麦 志ま平」
f0232060_17193559.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩10分ほど。少し駅から歩きます。









■カウンター
f0232060_1720279.jpg厨房が見え、大将と話しながら食事ができるカウンターがメイン。









■テーブル
f0232060_17214248.jpgカウンターの後ろに、4名用のテーブルが2卓。ですが、基本は1名、2名のお客さんが多く、ほとんどがカウンターだそうです。








■1品目
f0232060_1726660.jpg大将のおまかせなので、メニューはありません。

1品目は、大将セレクトの酒の肴盛り合わせ。1つ1つの器にもこだわりがあり、とてもかわいらしい。







■酒の肴①
f0232060_17282287.jpg大将手作りの、八丁味噌を使った肉味噌。これ、絶品。酒も、ご飯もイケる!









■酒の肴②
f0232060_17292944.jpg油揚げと青菜のお出しのおひたし。やさしい味。










■酒の肴③
f0232060_17311121.jpg生海苔。食感と風味がいい。










■酒の肴④
f0232060_17321569.jpg「味噌豆」というものらしくて、大将が御用達の豆腐屋さんが持ってきてくれるそうです。

これ、めちゃくちゃ美味しいのですが、ネバネバしていない納豆のような味がします。






■福犬の箸置き
f0232060_17543494.jpg










■真澄
f0232060_17235988.jpg最初は飲まない予定だったんですが、おつまみが酒を誘発するので(笑)、長野県の銘酒「真澄」を。

大将が上手に保存をしているので、いい味です。







■2品目
f0232060_17342230.jpg「志ま平」でしか食べれない、蕎麦の実のスープ。これも美味しい!

すごくやさしいポタージュのような感じ。でも、蕎麦の実も入っているので、カリカリとした食感もあります。味だけで言うと、六本木「HAL YAMASHITA 東京」の名物「コシヒカリのポタージュ」に似ています。



■3品目
f0232060_17375654.jpg手作りの蕎麦寿司です。

よくある蕎麦寿司は、すでに作ってあるものを切るだけで、美味しくないのですが、「志ま平」では蕎麦をゆでて、巻いて、作り立てを出してくれます。






■蕎麦寿司、アップ
f0232060_17393360.jpg芸術的な蕎麦寿司!










■「獺祭 磨き二割三分」
f0232060_17415056.jpg山口県の銘酒「獺祭」の最高級純米大吟醸「磨き二割三分」。ちょっと贅沢しましたw。

このお酒は、かれこれ10年前くらいに、それまで日本酒が苦手だった私が日本酒好きになったきっかけのお酒です。高いけど、ホントうまい。





■4品目
f0232060_1744256.jpg「獺祭 磨き二割三分」と、おつまみの盛り合わせ。









■おつまみアップ①
f0232060_1751115.jpg蕎麦屋の出し巻き、いわしのごま和え、板わさなど。

特に、出し巻きが具たくさんで、とても美味しかったです。






■おつまみアップ②
f0232060_1753271.jpgさつまいもの甘露煮、ほたるいか、かずのこなど。赤いものは、珍しい赤こんにゃくです。









■5品目
f0232060_18162369.jpg鶏の煮こごりです。










■煮こごり、アップ
f0232060_18171354.jpgハムのようなやさしい味がします。この煮こごり、めちゃくちゃ美味しかったです。









■6品目
f0232060_1818267.jpgアツアツ出来立てのそばがきです。










■そばがき、アップ
f0232060_18253687.jpg香り良く、フワフワの蕎麦がき。










■7品目
f0232060_18265185.jpg大将オリジナルの蕎麦クレープです。










■蕎麦クレープ、アップ
f0232060_18281357.jpgなんちゃって北京ダックのような感じで、蕎麦クレープの中に、蕎麦と、野菜と、鴨と、八丁味噌が入っています。








■8品目
f0232060_18301234.jpg季節の野菜の煮物です。

この煮物は予定になかったそうですが、あまりに私がどんどん食べ進むので(笑)、もう一品足してくれました。






■煮物、アップ
f0232060_18315666.jpg蕎麦屋さんの出汁で煮た煮物なので、これまたとても美味しいです。









■9品目
f0232060_18331478.jpg最後の〆は、好きなせいろか、鴨汁を選べます。

私は鴨汁大好きなので、鴨せいろを。








■蕎麦、アップ
f0232060_18342268.jpg鴨せいろを頼むと、通常は、奥の色の薄い細い蕎麦で出るのですが、手前の太い粗挽き熟成蕎麦が好きなので、2色にしてもらいました。しかも、大盛り(笑)。







■鴨汁、アップ
f0232060_18354996.jpg「志ま平」の鴨汁は、今まで食べた鴨汁の中で一番美味しいです。









■蕎麦アイス
f0232060_18364957.jpg最後のデザートは、蕎麦アイス。上には、香ばしい蕎麦の実が乗っています。

これだけ蕎麦づくしの料理も久しぶり。蕎麦アレルギーの人は絶対ダメだろうなあ・・・。
by meshi-quest | 2013-02-18 08:00 | 神楽坂


蕎麦好きの友達のおすすめで、神楽坂にある有名な蕎麦屋、


「巽蕎麦 志ま平 (しまへい)」へ。










「巽蕎麦」の「巽」という字、変換してもなかなか出てこず、


このメシクエ書くのにかなり苦労したのだが(苦笑)、


この字を掲げるところに、大将の蕎麦への深いこだわりがある。











この「巽」の意味は、私みたいな素人が書くよりも、


こちらのダイヤモンド社書籍編集者さんが分かりやすく解説されているので、


ぜひこちらを読んでいただければと思う。



■神楽坂「志ま平」
江戸職人の粋が溢れる店内で楽しむ、巽蕎麦と蕎麦懐石
http://diamond.jp/articles/-/14165










さて、今回初めて、希少蕎麦の「こそば」を使った


熟成蕎麦なるものをいただいたのだが、


ビックリするくらい香り良く、コシがあり、本当に美味しかった。


家帰ってからも、ちょっと思い浮かべちゃうくらい美味しかった。









蕎麦でこんなに感激したのは、初めてだ。











またぜひ伺わせていただきたいと思う。










ちなみに、「志ま平」の大将は、


私が大好きな鮨屋「鮨いずみ」の大将と懇意であることが分かり、


なぜか蕎麦いただきながら、「鮨いずみ」の大将の話に花が咲いたw。










すごい職人同士は、分かり合えるというか、


すごい職人同士だからこそ、分かり合えるというか、


ちゃんと繋がってるんだなあ。












■「巽蕎麦 志ま平」
http://shimahei.jp/














■今日のカメ

■「巽蕎麦 志ま平」
f0232060_18252244.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩10分ほど。少し駅から歩きます。









■玄関
f0232060_18263273.jpg誰かのお家にお呼ばれしたような感じで、ここで靴を脱いであがります。









■蕎麦打ち場
f0232060_18274614.jpg玄関脇に蕎麦打ち場があります。










■店内の様子
f0232060_18282787.jpgカウンターとテーブル2卓。

小さな店内ですが、大将が集めた日本各地の焼き物だったり、古家具だったりが飾られていて、とてもセンスが良く、居心地が良いお店です。






■鴨汁せいろ
f0232060_18303021.jpg鴨汁せいろ、1200円です。










■せいろ
f0232060_183211.jpg香りがよく、コシがある細めの蕎麦。すごく美味しかった!









■鴨汁
f0232060_18325920.jpgこんなに出汁のバランスが良く、美味しい鴨汁は初めてです。絶品。









■二色せいろ
f0232060_18341646.jpgあまりに蕎麦が美味しくて、しかも、残っている鴨汁も食べたかったので、せいろをお代わりしました。

今度は、二色せいろ(1100円)で。






■二色
f0232060_18364048.jpg手前が「深山」という名前の太目の蕎麦。幻の蕎麦「こそば」を使って、11日間熟成させた蕎麦。奥は、鴨汁で出てきた細めのせいろ。

どちらも美味しいですが、やっぱり「深山」の方が好きかな。絶品。





■つゆ
f0232060_18352450.jpgせいろの、いわゆる蕎麦つゆもとても美味しくできていました。

とはいえ、個人的には、鴨汁が好きかな。







■蕎麦湯
f0232060_18383076.jpg私にしては珍しいのですが、つゆもすべて蕎麦湯入れて飲みきりました。美味しかった!!









■「伊吹だんご」
f0232060_18401024.jpg注文が入ってから、そば粉を使ってアツアツを作ってくれる、名物の「伊吹だんご」(500円)。

これがまた泣けるほど美味しかった。最高です。
by meshi-quest | 2013-02-10 08:06 | 神楽坂


友達の紹介で、神楽坂にあるイタリアン、


「Ristrante LASTRICATO リストランテ ラストリカート」でランチ。











1階は、「オステリア ラストリカート」という名前で、


カジュアルなイタリアン居酒屋をやっており、


2階は、「リストランテ ラストリカート」という名前で、


アンティーク家具に囲まれた本格的なイタリアンが楽しめる。












雰囲気も良く、非常に居心地の良い空間で、


ちょっとおしゃれして行きたいイタリアンコースのランチ。


若干、量は少なめだが、前菜、パスタ、メイン共に、とても美味しかった。











■「Ristrante LASTRICATO リストランテ ラストリカート」
http://www.r-lastricato.com/















■今日のカメ

■「ラストリカート」
f0232060_16172219.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩7分ほど。軽子坂通り沿いにあります。

1階はカジュアルイタリアン、2階はしっかりイタリアンです。







■2階の様子
f0232060_1620369.jpgアンティーク家具に囲まれた静かでおしゃれな店内。

なお、2階「リストランテ ラストリカート」のランチは、完全予約制です。1階は、いつでもOKのようです。





■テーブルセット
f0232060_16243663.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■1品目
f0232060_16252168.jpgランチのコースは、おまかせコースのみで、内容と品数で値段が分かれています。今回は、3800円のコース。

まずは、前菜の盛り合わせ。






■前菜、アップ
f0232060_16263545.jpg北海道産ホタテ、大間のマグロのカルパッチョ、豚のパテです。









■パン
f0232060_16282047.jpg焼きたての自家製パン。










■オリーブオイル
f0232060_1629488.jpgこれ、ワインではなくオリーブオイルなのですが、スタッフがオリーブオイルのボトルを見せてから注いでくれました。

確かに見せにくるだけあって、パンに付けて食べましたが、すごく美味しいオイルでした。





■2品目
f0232060_1631592.jpgパスタは2種から1種を選べびます。2種類とも食べたかったので、友達と半分ずつにしました。

まずは、桜海老をつかったパスタ。







■桜海老、アップ
f0232060_16332039.jpg桜海老の風味が良く、パスタもモチモチでとても美味しかったです。









■3品目
f0232060_16342542.jpg水菜とタコ(だったかな?)のピリ辛トマトソースのパスタです。









■トマトパスタ、アップ
f0232060_16352590.jpgトマトの酸味を押さえ、甘味とコクがしっかり出ている、私が好きなトマトソースの味でした。









■4品目
f0232060_16363446.jpgメインは、魚か肉のどちらかから選べます。今日の肉は、豚でした。









■豚、アップ
f0232060_16371995.jpgやわからくジューシーで、美味しい豚でした。下に敷かれていた玉ねぎのピューレとも良くあっています。

ちょっと量が少なめなので、よく言えばもう少し欲しかったかな。





■デザート
f0232060_16394841.jpg最後はデザート。赤ワインのゼリーとヨーグルトジェラート。ワインの香りがする大人のデザート。









■食後の飲み物
f0232060_16412763.jpgラテアート付きのカフェラテ(友達)と、紅茶(私)。









■小菓子
f0232060_1642487.jpg最後に、ビスコッティーなど、小菓子がつきます。
by meshi-quest | 2013-02-06 08:07 | 神楽坂


久しぶりに神楽坂にあるとんかつ屋、


「とんかつ 本家 あげづき」へ。











日本農林水産大臣賞を受賞した宮崎県永田種豚肉場の「南の島豚」にこだわり、


この豚の美味しさを極限まで引き上げた絶品とんかつが食べられる。













最初に言うと、ここ最近食べた中で一番美味しいとんかつだった。


こだわりがすごく、油が超低温で余熱で豚の甘味を出しており、


揚げ鍋に入れる豚肉の枚数も決まっているため、


とにかく提供までに時間がかかる。













なので、混んでるときは、最悪だ。


この日、とんかつを食べるまでに、ぶっちゃけ1時間15分待った(苦笑)。












だが、この1時間15分を待ったかいがあるだけのとんかつが食べられる。


揚げ鍋にどんどん豚肉放り込んでくれよーと心底思うのだが(笑)、


きっとこの美味しさは、時間と引き換えなんだろう。













■「神楽坂 とんかつ 本家 あげつき」
http://r.gnavi.co.jp/ga27300/















■今日のカメ

■「とんかつ 本家 あげづき」
f0232060_17163340.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩3分、東西線「神楽坂駅」から徒歩5分ほど。

神楽坂通り沿いの雑居ビルの地下にあります。







■豚のれん
f0232060_17184670.jpg入口には「豚」と描かれた大きなのれん。分かりやすい。









■店内の様子
f0232060_17195349.jpgテーブルとカウンター、そこそこ席数はありますが、満席。待ちの客もいました。この日はカウンターで。

入った直後に、お店からかなり時間がかかる旨は伝えられていたが、どうしても食べたかったので、待つことに。




■香の物
f0232060_17221810.jpg香の物と、特製とんかつソース。










■ひたすら、待つ。
f0232060_17225867.jpg目の前でゆっくり揚げられていくとんかつを尻目に、ひたすら自分のとんかつの番を待つ。苦行w。

日本橋の超人気天丼屋「金子半之助」みたいに、待ち時間に自由につまめるおしんことかあると、口がさびしくなくていいんだけどなあ・・・。





■とんかつ、きた!!
f0232060_17262289.jpg1時間15分の時を経て、ようやくやってきたロースとんかつ(1100円)。









■ロース、アップ
f0232060_17274138.jpgとにかく、豚が甘い!そして、やわらかい。

あげづきのとんかつ、大好き。
by meshi-quest | 2013-01-10 08:02 | 神楽坂


神楽坂に非常に詳しい方からご招待いただき、


神楽坂にあるフレンチレストラン、


「Maison de la Bourgogne メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ」へ。











神楽坂のような町が入り組んでいて、知る人ぞ知るような店が多い場所は、


本を見ても、歩いてみてもよく分からないので、


地元の人だったり、詳しい人に教えてもらうのが一番いい。











ここ「メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ」は、静かな路地裏にあり、


常連さんや地元の人で賑わっている感じ。


店員さんは、全員フランス人で、まるでフランスの町のレストランにいるかのよう。


気取らずに美味しいフレンチが食べれるお店だった。












■「Maison de la Bourgogne メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ」
http://www.wine-bourgogne.com/index.php














■今日のカメ

■「メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ」
f0232060_20435884.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩5分ほど。メイン通りから1本裏に入った路地にあります。東西線「神楽坂駅」やJR飯田橋駅からも歩けます。








■店内の様子
f0232060_20463664.jpgテーブル数席と、外にもテラス席があります。

みんなワイワイ楽しんで食事をしていて、フレンチと言っても気取らずに食べれます。







■テーブルセット
f0232060_2057977.jpg封筒型に折られたナプキン。おしゃれ。










■赤ワイン
f0232060_20581081.jpgお店おすすめの赤ワイン。










■ズワイガニの前菜
f0232060_2105233.jpg「ズワイガニのエピセ トマトとアボカドのヴェリーヌ」です。









■ヴェリーヌ、アップ
f0232060_2151259.jpg「ヴォリーヌ」とは、ムースやジュレなどをグラスに入れて出す料理のこと。ズワイガニの甘さと濃厚なアボカドが合っていて、美味しい前菜。








■ろうそく
f0232060_214810.jpgろうそくの炎で食事をするのは、温かみがあって、いいですね。









■「テリーヌ・ド・カンパーニュ」
f0232060_2163276.jpg「テリーヌ・ド・カンパーニュ 根セロリのレムラードと赤ピーマンのマーマレード」です。

見た目以上にさっぱりしていて、食べやすいパテ。甘酸っぱい付け合わせが、パテと合っていて、これも美味しかったです。





■鯛のタルタル
f0232060_2194994.jpg「鯛のタルタル 自家製フリット添え」です。

香味野菜で味付けされた鯛のタルタルと、大きなポテトフライ。かなりボリュームがあります。







■牛ハラミのポワレ
f0232060_21114737.jpg「牛ハラミのポワレ ハーブバターソース 自家製フリット添え」です。

「肉食べてる!」という感じがするガッツリフレンチです。






■牛の赤ワイン煮
f0232060_21143057.jpg「牛ホホ肉のブレゼ ブルゴーニュ風赤ワイン煮 マッシュポテト添え」です。

トロトロの赤ワイン煮込み。お酒に合う味です。







■マッシュポテト
f0232060_2116792.jpg付け合わせのマッシュポテトも器にたっぷりと。










■クレームブリュレ
f0232060_2120968.jpg「栗とパルメザンチーズのクレームブリュレ」です。

栗の甘さとチーズの風味で、お酒に合いそうな大人のクレームブリュレ。とても美味しかったです。






■ショコラ
f0232060_21213696.jpg「トリュファード・ド・ショコラノワール クレームシャンティ添え」です。

かなり濃厚なショコラに、ホイップクリームを付けていただきます。
by meshi-quest | 2012-12-25 08:00 | 神楽坂


とある晴れた日、友達とお茶をしに、


チョコレートで有名な「THEOBROMA テオブロマ」がやっている


ジェラード専門店「ジェラテリア テオブロマ」へ。











元も子もない話をすると、チョコレートが苦手で、あまり好きではない。












友達だけでなく、店のテンションも下げそうで、ちょっと心配だったのだが、


幸いにして、ジェラードはチョコだけでなく、色んな味があった。











既存の味だけでなく、好きな味をベースにして、


フルーツやクッキーなどのトッピングを選び、


ミキサーで混ぜ合わせて、オリジナルのジェラードも作ってもらえる。












試しに、「ミルクジェラード」をベースに、


「メレンゲ」+「メイプルクッキー」の組み合わせで作ってもらったが、


ベースのミルクジェラードも濃厚で美味しかったせいか、激うまかった。


個人的に、おすすめトッピング。












■「ジェラテリア テオブロマ」
http://www.theobroma.co.jp/cn36/cn37/pg133.html















■今日のカメ

■「ジェラテリア テオブロマ」
f0232060_23475024.jpg東京メトロ「神楽坂駅」もしくは「牛込神楽坂駅」から徒歩5分ほど。

路地裏の、飲食店や雑貨屋さんが入っている洋館の中にあります。






■店内の様子
f0232060_23503851.jpgジェラードだけでなく、チョコレートや焼き菓子、ケーキの販売もしています。









■カフェスペース
f0232060_23512871.jpg奥に、テーブル4卓ほどの小さなカフェスペースがあります。









■カフェラテ
f0232060_23522581.jpgジェラードやケーキに、プラス500円で好きなドリンクをセットにできます。









■オリジナル
f0232060_23532487.jpgベースのジェラード1種、混ぜるトッピング2種、上からかけるトッピング1種を選んで、オリジナルのジェラードを作ってもらえます。

これは、ミルクジェラード(神楽坂店限定)をベースに、メレンゲとメイプルクッキー、上にはピスタチオをかけています。濃厚で美味しい!




■ジェラード2種
f0232060_23552467.jpg既存のジェラードも注文できます。上は、ピスタチオ、下は、期間限定マロンです。

どちらも素材の味がしっかりでていて、とても美味しかったです。
by meshi-quest | 2012-11-17 08:10 | 神楽坂


友達と、牛込神楽坂「茶寮 Saryo」でお茶。











とにかく和風なスウィーツが食べたくて、


最初は、饅頭カフェ「mugimaru2」に行く予定だったが、


あいにくやってなかったので、こっちへ。











「茶寮 Saryo」は、神楽坂界隈で人気のカフェで、


いつも混んでいるのだが、この日は、割とすんなりと入れた。












「ホントお互い大変よねー」なーんて、


若奥様のようなおしゃべりを楽しみながら、


ケーキをほおばりながら、お茶を飲む。












ケーキも、日本茶も、とても美味しかった。












■「茶寮 Saryo」
http://www.saryo.jp/kagurazaka.html















■今日のカメ

■「茶寮 Saryo」
f0232060_2143224.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩3分ほど。東西線「神楽坂駅」からも5分ほど。

大通りから1本入った路地にあります。神楽坂は、路地にいいお店がいっぱい隠れています。






■店内の様子
f0232060_216738.jpg観光や買い物に来たおばさま方や、散歩途中の親子連れなどで、満席でした。









■「茜富士」
f0232060_2183384.jpg静岡県産深蒸し煎茶「茜富士」です。濃いめで、いい感じの渋みもあり、しっかりと茶の味がする、美味しい煎茶でした。

「茶寮」というだけあって、日本茶、中国茶、台湾茶など、お茶の種類は豊富です。





■金時芋のチーズスフレ
f0232060_21101554.jpgチーズケーキは、ベイクドよりも、スフレ派なのですが、この金時芋のチーズスフレは、芋の甘さと、スフレの感じがちょうど良く、かなり好みの味でした。美味しかったです。







■シフォンケーキ
f0232060_21114186.jpgフランボアーズのシフォンケーキ。

ベリーの酸味と香りが入った華やかなシフォンケーキでした。
by meshi-quest | 2012-10-28 08:05 | 神楽坂
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン