カテゴリ:神楽坂( 38 )









神楽坂にある人気古民家イタリアン、


「Angela アンジェラ」へ。











オーナーシェフが女性とのことで、お店も、料理も、


柔らかく、丁寧で、上品な雰囲気。


お客さんも、圧倒的に女性が多かった。












とはいえ、料理はボリュームもあり、味付けもしっかりとしている。


名物の9種イタリアン前菜盛り合わせから、


パスタ、メイン、デザートに至るまで、とても美味しくできていた。


f0232060_11314665.jpg
























f0232060_1132958.jpg
























f0232060_11324174.jpg





























特に、ランチのような値段帯で前菜にたくさんの料理が出てくると、


見た目には華やかだが、1つ1つのクオリティーが下がりそうな気がして


嬉しい反面、実は若干心配になったりするが、


9種類もあるのに全部丁寧に出来てて、味も美味しかったことに感激した。










■「Angela アンジェラ」
http://www.angela-kagurazaka-italian.com/












■今日のカメ

■「アンジェラ」
f0232060_11351727.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩30秒ほど。駅隣の路地裏にあります。

JR飯田橋駅からも歩けます。







■カウンター
f0232060_11383968.jpg本日はカウンターで。1階はカウンターとテーブル、2階にはお座敷の個室があります。

お店は、玄関で靴を脱いで上がるようになっているので、まさに誰かの家に招かれたかのような気分です。





■テーブルセット
f0232060_11403922.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■名物前菜盛り合わせ
f0232060_11314665.jpg本日は、前菜にパスタ、メイン、デザートが付く2700円のコースにしました。

まずは、名物の前菜9種盛り合わせ。内容は日替わり。すごく豪華です。






■前菜、アップ①
f0232060_1143443.jpgガスパチョ(トマトやパプリカの冷たいスープ)や、とうもとこしとマスカルポーネのトルテッリなど。

数合わせじゃないというか、どれも、1つ1つ、ちゃんと違う料理としてしっかり作られています。





■前菜、アップ②
f0232060_11454853.jpg鶏もも肉と白いんげん豆のピリ辛煮込みや、冬瓜のミント風味レモンクリームソースなど。









■パスタ
f0232060_11472378.jpgパスタかピザが選べ、パスタはさらに4種から選べます。

これは、「ホワイトアスパラガスのピューレをソースにした冷製カルボナーラ」です。






■カルボナーラ、アップ
f0232060_1132958.jpg若干塩が強めだったのが気になったのと、ホワイトアスパラガスの風味がもう少し出ていると良かったなあと思いましたが、ソースの味やパスタの茹で加減などは美味しくできていました。







■メイン
f0232060_11511584.jpg仔羊のハーブグリルです。羊がとても柔らかく、臭みもなく、美味しくできていました。









■デザート
f0232060_11524933.jpgデザートも数種から選べます。

これは、白桃のスープとジェラートです。かなり白桃が濃厚で、そのまま絞ったかのよう。桃好きなので、美味しかったです。






■食後のドリンク
f0232060_11553680.jpgカモミールティー。食後のドリンクも数種から選べます。
by meshi-quest | 2015-09-08 08:06 | 神楽坂








ご招待いただき、神楽坂にあるインド料理店「想いの木」へ。











にぎやかで、壁にガネーシャの絵が飾られているような、


いわゆるインド料理店とは異なり、


和食店だったり、フランス料理店かのような落ち着きで、


デートや会食にも使えそうな雰囲気。












そんな雰囲気だが、料理はかなりスパイシーで、本格的。


悪い意味ではなく、食べやすい町のインド料理とは違って、


美味しかったが、好き嫌いは分かれるかも。


不思議なアンバランスで成り立っている面白いインド料理店だった。


f0232060_22152478.jpg
























f0232060_22155559.jpg
























f0232060_22163093.jpg
























f0232060_22165239.jpg





























■インド料理 想いの木
http://omoinoki.com/













■今日のカメ

■「想いの木」
f0232060_2218479.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩1分ほど。神楽坂上の交差点近くにあります。









■入口
f0232060_22192912.jpg店外にもスパイスのいい香りが。階段上って、2階が入口です。









■店内の様子
f0232060_22202293.jpgすごく静かで落ち着いた雰囲気。席数は少なめです。









■テーブルセット
f0232060_2221212.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■烏龍茶
f0232060_22214573.jpg本日は休肝日。










■サラダ
f0232060_2223025.jpg千葉県君津市鈴木メロン園のフルーツトマトと、リーフサラダと、自家製人参のドレッシングサラダ(900円)です。

メロン園と聞いて、めちゃくちゃ甘くて美味いトマトを想像しすぎてしまったのですが、普通かな。





■シーシカバブ
f0232060_2226450.jpg野菜と鶏ひき肉をタンドール釜で焼き上げた料理(1490円)。









■シーシカバブ、アップ
f0232060_22163093.jpg見た目にすごくキレイなシーシカバブ。かなりカルダモンが利いてて、スパイシーです。









■チーズナン
f0232060_22152478.jpg名物の「しあわせ薫るチーズナン」(900円)。

中のチーズは、チーズの名店「アルパージュ」さんのもので、2種類から選べます。これは、イタリア産チーズ「プロボローネ」。チーズが選べるチーズナンは初めて。





■カレー①
f0232060_22302034.jpgバターチキンカリー(1860円)だったかな。バターチキンも、辛さはマイルドですが、かなりスパイシー。ちょっとカレーは高めです。








■カレー②
f0232060_22155559.jpgラジスターニチキンカリー(1860円)。青唐辛子を使った、スパイシーでとても辛いカレー。









■ビリヤニ
f0232060_22341134.jpg金目鯛のビリヤニ。厚切りの脂の乗った金目鯛をふんだんに使った、香り高いビリヤニです。これもかなりスパイシー。
by meshi-quest | 2015-08-24 08:04 | 神楽坂








神楽坂で軽く飲み。


スペインバル「El Pulpo エルプルポ」へ。












私が子供の頃なんて、スペイン料理屋とかほとんどなかったけど、


ここ最近すごく増えたなあ。


美味しいもんね、スペイン料理。


名物のウニプリンも、オマール海老のパエリアもガッツリいただいた。


f0232060_11294256.jpg
























f0232060_1130446.jpg





























■「El Pulpo エルプルポ」
http://www.el-cerdo.com/












■今日のカメ

■「エルプルポ」
f0232060_1131372.jpg大江戸線牛込神楽坂駅から徒歩5分ほど。JR飯田橋駅からも歩けます。

メイン通りから1本入った、飲食店がひしめき合う路地裏にあります。






■店内の様子
f0232060_1133287.jpg小さめの店内ですが、いつも混んでて、賑やか。この日もカウンターがちょうど1組空いたので、滑り込み。








■サングリア
f0232060_11344567.jpgスペイン料理には、やっぱりコレ!

「サングリア」は、スペイン語の「血」という言葉が由来になっているスペインの飲み物。本場のものは、かなりアルコール度数高いですが、ここは日本仕様でアルコール穏やかで、飲みやすいです。





■フリット
f0232060_1137726.jpgイカ大好き。










■名物ウニプリン
f0232060_11381198.jpg名物の「殻付きウニのプリン」(2個1200円)です。

ウニのプリンの上に、さらに生ウニ。ウニ尽くしです。






■ムール貝
f0232060_11401617.jpgムール貝の白ワイン蒸し。食べられないので、写真だけ。

ムール貝がどうも昔から苦手で、スペイン料理店行くと、避けては通れないところにいるけど、避けたい一品・・・。なんか苦手な牡蠣と同じ味がするんです。




■スパニッシュオムレツ
f0232060_11421839.jpgポテトたっぷりのスパニッシュオムレツ。美味しい!









■オマールリゾット
f0232060_11434855.jpgオマール海老のリゾット。濃厚な味。ちょっと具が少ないのは残念。
by meshi-quest | 2015-08-06 08:06 | 神楽坂









最近、「お中華」にハマっている。












成沢家の独自ルールで、町の中華屋さんの中華を「中華」、


ヌーベルシノワ的な上品で繊細な中華を「お中華」と呼んで分けている。


元々、中華料理好きなので、中華屋さんのガッツリ炒飯的なモノも好きだが、


今は、胃に負担がなく、サラッといただけてしまう「お中華」にハマっている。













神楽坂エリアに詳しいグルメな方に教えてもらった


おすすめのお中華「膳楽房」に行ってきたのだが、


先に結論から言うと、全体的にとても美味しかった。


お中華だけど、そんなに気取ってなくて、行きやすく、食べやすい。


特に、葱油鶏と、海老と卵炒めが絶品だった。


f0232060_13294095.jpg

























f0232060_133019.jpg

























f0232060_13302719.jpg

































とてもいいお中華だった。


またぜひ伺わせていただいて、他のメニューもいただいてみたい。













■「中国菜 膳楽房」
https://www.facebook.com/zenrakubou













■今日のカメ

■「膳楽房」
f0232060_13322194.jpg神楽坂ではありますが、JR飯田橋駅が最寄り駅。徒歩1分ほど。神楽坂のメイン通りに入ってすぐの路地裏にあります。








■店内の様子
f0232060_1334108.jpg1階と2階があり、こちらは2階のテーブル席。










■テーブルセット
f0232060_133541.jpgテーブルセットは、こんな感じ。










■呼び鈴
f0232060_13353514.jpg呼び鈴で1階のスタッフを呼びます。結構、2階からでも響くんですね、鈴って。









■紹興酒
f0232060_13362585.jpg昔は全く飲めなかった紹興酒。

中華を頻繁に食べるようになってから、なんか好きになってきて、中華の時のアルコールは、ほぼ紹興酒。






■1品目
f0232060_13294095.jpg通称「酔っ払い甘エビ」という、甘エビの紹興酒漬けです。めちゃくちゃ香り良くて、美味しいー。









■2品目
f0232060_13395055.jpg自家製豚肉シュウマイ。やわらかくて、ジューシー。









■3品目
f0232060_13404314.jpg「台湾豆苗と自家製ベーコンの炒め」です。

台湾豆苗は、他店でも以前いただきましたが、日本のスーパーで見かける細い豆苗と違って、葉も茎もしっかりしていて、食べ応えがあります。






■4品目
f0232060_133019.jpg「葱油鶏(ツォンユウジィ) 骨付き蒸し鶏の香味ソース」です。葱油の香味ソースが絶品。めちゃくちゃ美味しい。








■5品目
f0232060_13302719.jpg海老と卵のあっさり塩炒めです。フワフワ!










■6品目
f0232060_13462440.jpg「スペアリブの四川風から揚げ」です。コレ、見た目以上にかなり辛いです。









■7品目
f0232060_13481620.jpg名物という「膳楽房の麻婆豆腐」です。

麻婆のタレが豆腐と別になっているというか、混ぜて食べる感じの変わった麻婆豆腐。ただ、個人的に好みの麻婆豆腐ではなかったかな。ちと薄めで、コクがない感じ。





■8品目
f0232060_13501853.jpg「シンプルチャーシュー炒飯」。米がパラパラで、軽くて、美味しい炒飯でした。
by meshi-quest | 2015-06-24 08:08 | 神楽坂








リンゴから作られたお酒、シードル。


英語で「cider」と書き、サイダーの語源ともなっている。


シードルは、海外から日本へ輸入が一部除きストップし、


シードル好きには、とても残念な状況。













以上が、私の知り合いのシードル好きの方から教えてもらった情報だ。












そんなシードルの数少ない日本販売代理店が、


もっとシードルを知ってもらおうと開いたレストランバー、


「LE BRETAGNE Bar a Cidre Restaurant 


ル ブルターニュ バー ア シードルレストラン」へ、シードル好きの方と行ってきた。













神楽坂の路地裏にあり、古民家をリノベーションしたお店は、


玄関先にテーブルがあり、オープンエアで、縁側もあって、


空を見ながら、シードルを飲み、食事ができる。


f0232060_0153658.jpg
























f0232060_0155864.jpg




































ちなみに、シードルはサイダーの語源にもなっている通り、炭酸アルコール飲料で、


炭酸飲めない私は、シードルも苦手なのだが、


さすが、リンゴのお酒を扱っているお店だけあって、リンゴジュースが激うま。


シードルが飲めなくても、リンゴジュースや料理でも十分楽しめた。


f0232060_01977.jpg
























f0232060_0195311.jpg





































■「ル ブルターニュ バー ア シードルレストラン」
http://www.le-bretagne.com/j/bar/
















■今日のカメ

■「ル ブルターニュ バー ア シードルレストラン」

f0232060_021598.jpgJR飯田橋駅から徒歩5分ほど。大江戸線「牛込神楽坂駅」、東西線「神楽坂駅」からも徒歩7分ほど。

神楽坂のメイン通りから1本奥に入った路地裏の古民家です。






■店内の様子①
f0232060_0252489.jpg夏の期間は、玄関先や外にもテーブルが出ていて、外で食事が出来るので気持ちいいです。









■店内の様子②
f0232060_0153658.jpg縁側も座われます。










■オープンエア!
f0232060_0155864.jpg家と家の谷間。空は狭いけど、東京らしいオープンエアなテラス席。









■シードル
f0232060_029357.jpgシードルの輸入代理店なので、様々な種類のシードルがあります。グラスで色々と試せます。

シードル以外のお酒もいっぱいあります。







■リンゴジュース
f0232060_01977.jpgシードルを作るリンゴで作ったリンゴジュースとのこと。甘さがスッキリしていて、香り良く、めちゃくちゃ美味しかった!








■アミューズ
f0232060_0322362.jpgガレット(そば粉のクレープ)料理を多数揃えているお店なので、アミューズも一口ガレット。









■ガレット、アップ
f0232060_0333053.jpg中は、アボカドとスモークサーモン。










■ヴィシソワーズ
f0232060_0354970.jpg「有機ジャガイモのヴィシソワーズ つぶ貝のマリネ添え 生のりのクーリー ニシンの卵」(1600円)です。

貝や海苔の魚介の香りがアクセントになった、まろやかなヴィシソワーズでした。





■海老のガレット
f0232060_0382455.jpg「赤座海老と桜海老のガレット 春野菜のエスカルゴバター」(2800円)です。









■海老のガレット、アップ
f0232060_0195311.jpg野菜も、海老もたっぷりの、食べ応えがあるガレットでした。









■デザートガレット
f0232060_040559.jpgブルゴーニュバターをたっぷり使ったシュガークレープ。

色んなトッピングがあるものよりも、シンプルなバターシュガーが一番好き。うまうま。






■紅茶
f0232060_0415489.jpgフレンチなので、フランス紅茶を。「マリアージュフレール」の『マルコポーロ』。
by meshi-quest | 2015-06-16 08:04 | 神楽坂







メシクエでは、割りとジャンル問わず、


風の吹くまま、興味の赴くまま幅広くクエストをしてきてるが、


意外とやってこなかったクエストがある。


それは、大食いだ。














日々のクエスト量を見ると、十分大食いじゃないか!と言われそうだが、


ここで言う大食いとは、「1品の量が異常に多い」という大食いだ。


いろんなものに興味があり、とにかくクエスト数をこなしたい派なので、


あんまり1品ガツン、というクエストはやったことがない。













たまたま、仲良くさせていただいているゲーム会社の社長さんと飲んでるときに、


飲みの軽いノリで、大食いテレビ番組でお馴染みの神楽坂飯店の話題になって、


フードファイターの聖地へ行ってみますか!と投げかけたら、


0.3秒くらいで「行きましょう!」が返ってきて、


あれよこれよで、10人が集まる盛大なゲーム業界懇親大食い大会となった。













餃子100個分の「ジャンボ餃子」と、


一升の米を使った「一升チャーハン」を目の当たりにし、


想像のはるか上を行く大きさに、心が折れ、戦意までそがれる始末。


f0232060_14245464.jpg























f0232060_14253467.jpg






























フードファイターさんは、ホントすごいな・・・。














ちなみに、大食い料理と聞くと、失礼ながら、


なんとなく大雑把で、味もイマイチのイメージがあったのだが、


意外とイケる味だったことも付け加えておく。













■「神楽坂飯店」
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13011333/
















■今日のカメ

■「神楽坂飯店」
f0232060_14345590.jpgJR飯田橋駅から徒歩1分ほど。神楽坂駅からも歩けますが、最寄り駅は飯田橋。









■食品サンプル①
f0232060_14375859.jpg店前を通る人がみんな立ち止まって見て行く、ジャンボ餃子の食品サンプル。









■食品サンプル②
f0232060_1439040.jpg一升チャーハンのサンプル。










■店内の様子
f0232060_14355653.jpg1階と2階があり、団体客はだいたい2階。

ジャンボ系は、事前予約が必要で、開催の数日前までに料金を前払いしないと出来ません。







■ジャンボ餃子、登場。
f0232060_1440974.jpg手前のビールジョッキで大きさが分かると思いますが、バカでかいです。餃子100個分が1つになってます。








■中はこんな感じ。
f0232060_14422031.jpgもはや餃子じゃないですね、これ(笑)。でかい肉まん?









■一升チャーハンも到着。
f0232060_14435760.jpg後ろのタバコの箱で大きさを感じていただければ・・・。









■みんなで取り分け①
f0232060_14472431.jpg10等分に切り分けしながら、みんな一斉に写真撮影。









■みんなで取り分け②
f0232060_14495789.jpg切っている姿を見ると、より餃子の大きさが分かりますね。









■みんなで取り分け③
f0232060_1451219.jpg切り分けるだけでも一苦労w。










■私担当分
f0232060_14514145.jpgチャーハンはともかく、餃子が取り分け皿いっぱいに・・・(苦笑)。









■餃子、アップ
f0232060_14523573.jpg皮は、餃子のようにパリッとはしてなくて、分厚くて、すいとん食べているような感じです。火を中まで通すために、焼いてから、蒸してるからかな。

おそらく、100個が1つになった餃子より、1個分で100個ある餃子の方が、単体では美味しいかもw。






■ジャンボ餃子、完食!
f0232060_14551220.jpgフードファイターの聖地巡礼なので、私のようななんちゃってファイターだけでなく、ゲーム業界を代表する大食い自慢の方々がいたので、ちゃんと完食しました!







■チャーハンも、完食!
f0232060_14572415.jpg最後は、中嶋さんがすべて食べてくれました!

チャーハンは、町の中華屋さんの味で、嫌いじゃないです、この味。







■さらに、追加注文①
f0232060_1458312.jpgさすがに、餃子とチャーハンを10人で割ってしまうと、いくらジャンボでもちょっと足りないので、追加注文。

きくらげと卵の炒め。ご飯が欲しくなる味。結構好き。





■さらに、追加注文②
f0232060_1513055.jpg意外にも、から揚げがとても美味しかったです。中華風味のから揚げ。









■さらに、追加注文③
f0232060_1523674.jpgもうさすがに餃子は・・・と思ってたら、まだ餃子いける勇者現るw。さすが。









■さらに、追加注文④
f0232060_1533580.jpg上には上がいるもんで、「せっかくなんで・・・」と、なんとジャンボラーメンを注文する勇者がw。

ジャンボラーメンだけは、事前予約なく注文可能。3人分のラーメンが入ってます。






■飲み干す!
f0232060_1563567.jpgジャンボラーメンを飲み干します。残さず、が基本!









■ラーメンも、完食!
f0232060_1591258.jpgラーメンもキレイにいただきました。
by meshi-quest | 2015-03-31 08:09 | 神楽坂




グルメな方が「美味しい」と勧めてくれたお店は、


名前と場所をちゃんとメモって、なるべく行くようにしている。












餅は餅屋じゃないが、最終的に自分の好みかどうかはおいておいても、


餅屋が話す餅のことは、必ずそれなりに意味と発見があるからだ。













先日、鎌倉「凜林」の高級中華昼食会でご一緒させていただいた


「ファンロード」編集長の浜松さんは自他共に認めるグルメであり、


お話の中で仕切りに勧めていらっしゃったフレンチがあった。













神楽坂のフレンチ「au13julliet オー・トレーズ・ジュイエ」。


ちょうど近くで用事があったので、伺ってみることにした。













ランチは、2800円の1コースのみで、


シェフが調理もサービスも行っている小さなフレンチ。











コースの中に、魚も、スープも、肉も織り交ぜられていて、


おまけにデザートも付く、満足度の高いランチだった。












料理は、フレンチをベースとしながらも、


ちょっとアレンジが加えられていて、王道と言うより、創作系。


なので、割りとフレンチを食べ慣れている人の方がより楽しめる気がする。













■「au13julliet オー・トレーズ・ジュイエ」
http://au13julliet.jimdo.com/















■今日のカメ

■「オー・トレーズ・ジュイエ」
f0232060_14462922.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩30秒ほど。

駅からはすぐですが、ちょっと分かりにくい奥まったビルの2階にあります。







■店内の様子
f0232060_14493226.jpgカウンターとテーブル。席数は少なめです。










■テーブルセット
f0232060_145029100.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■1品目
f0232060_1452592.jpg「焼きスイカのメキシコ風 イベリコ豚のソテー添え」です。









■焼きスイカ、アップ
f0232060_14534141.jpg焼きスイカ、初めて食べました。軽くソテーしてありますが、ちゃんと甘味とみずみずしさが残っていて、この甘さとイベリコ豚の塩気がいいバランスになっています。







■フォカッチャ
f0232060_1454359.jpgやや塩味強めのフォカッチャ。










■2品目
f0232060_14543574.jpg「本日の鮮魚のコンソメ 夏野菜のサラダ」です。










■コンソメ、アップ
f0232060_14552418.jpgコンソメがとてもいい味でした。野菜たっぷりで、魚も、スープも楽しめる満足度の高い一品でした。









■3品目
f0232060_14562689.jpg「ミラボーの牛ロース イワシのリエット タプナードのソース」です。

付け合せのフリットは、赤玉ねぎ、ズッキーニ、茄子。






■牛ロース、アップ
f0232060_1457594.jpgボリュームたっぷりのメインディッシュ。ソースはとても美味しかったですが、ちょっと牛は硬かったかな。








■イワシのリエット
f0232060_1516376.jpg牛ステーキに、イワシのリエットとたたみイワシ。牛にイワシがあわされているのは初めてでしたが、美味しかったです。

シェフに聞いてみたところ、「ミラボー風」という料理でアンチョビを使うそうなのですが、アンチョビだと塩気が強いので、イワシのリエットにしているとのこと。



■デザート
f0232060_1518598.jpg「アプリコット、リ・オ・レ、バジルのパルフェ」です。「リ・オ・レ」とは、お米を牛乳で煮たデザートのこと。

私には全体的にちょっと甘めだったかな。
by meshi-quest | 2014-07-31 08:02 | 神楽坂



神楽坂近くで用事があったので、


夜、久しぶりに美味いとんかつを食べに「とんかつ 本家 あげつき」へ。













ここは、とんかつにものすごいこだわりがあり、


使っている肉やソースはもちろんのこと、


超低温でじっくり火を通し、鍋を2つに分けて2度揚げをしている。


さらに、1回に鍋に入れる肉の枚数も決まっている。












とても美味しいとんかつなのだが、


人気店で、常に満席の上、席数も少ない。












というわけで、当然めちゃくちゃ混むだけだが、


ある程度、覚悟もしていたこととは言え、


待ち時間1時間、注文してから1時間で、計2時間。


ここまで来ると、正直、いくら美味しくてもなあ・・・


と、ちょっと考えてしまう今日この頃。













さすがに、2時間待ちは萎えた。


美味しいんだけど、ね。













■「神楽坂 とんかつ 本家 あげつき」
http://r.gnavi.co.jp/ga27300/















■今日のカメ

■「とんかつ 本家 あげづき」
f0232060_14552093.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩3分、東西線「神楽坂駅」から徒歩5分ほど。神楽坂通り沿いの雑居ビルの地下にあります。

着席までかなり待つ上、注文してからも待つので、予約だけでもしておいた方がベター。





■店内の様子
f0232060_14582375.jpgカウンターとテーブル席。席数は少なめで、アルコールやおつまみもあり、席の時間制限がないので、フラッと行こうとすると、とんでもなく待たされます(泣)。







■付け合せ
f0232060_14593814.jpg席待ちに1時間、注文してから1時間で、ようやく定食セット登場。とんかつ料金にプラス380円で、ご飯、味噌汁、自家製ポテサラ、うまきゅう、おしんこが付きます。

もうそろそろ、とんかつが来そうな予感ですが、結局、この後さらに10分くらい待ちました。




■ヒレとんかつとメンチ
f0232060_1531265.jpg肉にこだわり、宮崎県永田種豚場生産の「南の島豚」を使ったヒレとんかつ(1990円)。さらに、自家製メンチも付けてみました(400円)。








■ヒレ、アップ
f0232060_1581773.jpg脂が甘くて、肉もやわらかく、とても美味しいです。衣は、低温調理のせいか柔らかめなので、若干好き嫌いが分かれるかもしれません。








■メンチ、アップ
f0232060_1593812.jpgいわゆるメンチというより、つくね揚げのような感じ。

ちょっと生姜のきいているフワフワの肉団子が揚げられています。個人的には、好み。






■特製ロースかつ
f0232060_151132100.jpgこっちは、特製ロースかつ(2150円)です。










■ロース、アップ
f0232060_15122060.jpg南の島豚は、脂が甘くて、重くなく、食べやすいですね。ジューシーで、美味しいとんかつでした。
by meshi-quest | 2014-04-22 08:02 | 神楽坂



神楽坂にある人気イタリアン、


「SOPRA ACQUA ソプラアクア」でランチ。












シェフは、国際料理コンテストの日本代表の経験もあり、


テレビや雑誌でも取り上げられる有名な方だそう。


駅からだいぶ離れているが、店内はほぼ満席で賑わっていた。











さて、料理の味なのだが、とても丁寧に作られてはいたが、


正直、あまり印象に残らなかった。











「一期一会」とはよく言ったもので、


この日のコースのパスタやメインの味付けが、


私の好みでなかったのも否めないが、


また来たくなるような何かがなかったなあ。











かなり期待したいただけに、ちと残念。











■「SOPRA ACQUA ソプラアクア」
http://www.sopra-acqua.net/














■今日のカメ

■「ソプラアクア」
f0232060_20155780.jpg東西線「神楽坂駅」、大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩10分ほど。

ちょっと駅からは離れています。







■店内の様子
f0232060_20172750.jpgテーブルのみの小さな店内。席数は少なめです。

壁に、イタリア・ローマの「真実の口」のオブジェがあって、それが印象的でした。







■テーブルセット
f0232060_20185374.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■パン
f0232060_20193162.jpgパンは2種で、手前のオレンジ色のパンはトマトを練りこんだもの、奥はバケット。









■前菜
f0232060_20214251.jpg前菜、パスタ、メイン、デザートがつくランチコースにしました。2940円也。

前菜は、豚肉の上にジェノバ風味の野菜がかかったサラダ仕立てです。さっぱりしていて、美味しくできていました。





■パスタ
f0232060_2026155.jpg名物の「本日の生ウニソースのスパゲッティー」です。

この日は、ブラックオリーブを使ったオイル風味のウニパスタでした。






■ウニパスタ、アップ
f0232060_2028055.jpgブラックオリーブが強すぎて、ウニの香りや味があまり分からなかったのが残念。あと、ちょっとウニに火が入りすぎてたかな。








■メイン
f0232060_20322875.jpg骨付き鶏もも肉のソテー。ソースは、玉ねぎたっぷりのカレーっぽい風味のするソースでした。









■メイン、アップ
f0232060_20342033.jpg思った以上に、強めのインドスパイスで、丁寧に出来てはいましたが、食べたかったのはこれじゃなかったかな。

難しいところですが、イタリアン気分で、『意外性』という範囲に収まるインドスパイスならOKだったんですが、あまりにインドだったので、意外性を通り越して、これじゃないになってしまったのかも。



■デザート
f0232060_20364687.jpgブランマンジェと、ジェラードと、季節のフルーツジュレ。
by meshi-quest | 2013-06-16 08:04 | 神楽坂



神楽坂にあるイタリアン、


「Trattoria Fioritura トラットリア フィオリトゥーラ」でランチ。












神楽坂の近くで働いている友人がよく利用しているというのを思い出し、


ランチに立ち寄ってみた。











前菜、パスタ、メイン、ミニデザートが付いて2000円のコースを。


これといった外れもない代わりに、これといった当たりもなかった感じ。


2000円という値段を考えると、内容的にやや物足りなさがある。











メインが付かない、前菜、パスタ、ミニデザートで1000円のコースもあり、


こっちを選んでいたら、それなりにCPも見合っていて良かったのかもしれない。












あと、ちょっと話が逸れるが、「フィオリトゥーラ」は基調が黄色らしく、


レンズ越しから見ると、全体的に色が飛んでしまって、


カメラで料理を美味しそうに撮るのが難しかった。











それを踏まえて、このお店に限らず、ちょっと思ったこと。












最近、どんな携帯にも高性能なカメラが付いて、


撮った写真を簡単にアップして共有できる仕組みが万全で整っている今、


「撮らせない」ではなく、「撮らせて口コミをうまく利用する」が、


実は、広告料かけずに大きな広告が打てて、店にとっても一番有益な気がする。













となると、撮る前提で、どんな腕前の人が撮っても、


そこそこ美味しそうに撮れて、美味しそうなまま共有してもらえるようにしておくと、


店の戦略としては、非常に良い気がする。


さすがに、撮った写真の加工までを客に要求できないからね(苦笑)。












あくまで、撮らせてもらっている客の勝手な言い分だが(苦笑)、


あながち間違っていないと思う。












■「トラットリア フィオリトゥーラ」
http://trattoriafioritura.com/















■今日のカメ

■「フィオリトゥーラ」
f0232060_1541043.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」、東西線「神楽坂駅」より徒歩5分ほど。JR飯田橋駅からも歩けます。

新しくできたポルタ神楽坂の2階です。







■店内の様子
f0232060_1543087.jpg黄色が基調で、キッチンを囲むコの字型のカウンターがメイン。後ろにテーブル席もあります。









■フォカッチャ
f0232060_15441963.jpg自家製のフォカッチャ。美味しくできていました。お代わり自由だそうです。









■前菜
f0232060_15544511.jpg2000円のコースを注文。

まずは、前菜3種の盛り合わせです。イタリアンサラミ、鴨肉、モッツアレラチーズなど。







■トマトパスタ
f0232060_15561188.jpgインゲンとカニ(だったかな?)のトマトパスタ。

ゆで加減もよく、美味しく出来ていましたが、特別印象には残らなかったかな。







■鶏もも肉の煮込み
f0232060_1558091.jpgメインは、肉か魚が選べます。

これは骨付き鶏もも肉の煮込みです。








■鶏肉、アップ
f0232060_15591199.jpg骨からすぐに外れるくらいやわらかくできていました。









■ミニデザート
f0232060_15595365.jpgクリームと固めのスポンジのシンプルなケーキでしたが、意外と好きな味でした。
by meshi-quest | 2013-05-19 08:07 | 神楽坂
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン