カテゴリ:神楽坂( 41 )










神楽坂にある中華料理「中国菜 膳楽房」でディナー。


神楽坂「中国菜 膳楽房」へ行く。_f0232060_211143.jpg
















まずは、酔っぱらい海老と紹興酒。


神楽坂「中国菜 膳楽房」へ行く。_f0232060_212568.jpg


神楽坂「中国菜 膳楽房」へ行く。_f0232060_2121715.jpg















焼売。肉が詰まってて、美味しい。


神楽坂「中国菜 膳楽房」へ行く。_f0232060_213817.jpg


神楽坂「中国菜 膳楽房」へ行く。_f0232060_2132055.jpg














むき海老チリソース


少し甘めのチリソースで、海老が小さいので、海老食べた感が少し薄いかな。


神楽坂「中国菜 膳楽房」へ行く。_f0232060_2152049.jpg


神楽坂「中国菜 膳楽房」へ行く。_f0232060_2153047.jpg















シンプルな叉焼炒飯


これぞ炒飯。シンプル・イズ・ベスト。


神楽坂「中国菜 膳楽房」へ行く。_f0232060_21152268.jpg


神楽坂「中国菜 膳楽房」へ行く。_f0232060_21153487.jpg











決して美味しくないわけではないのだが、


なんとなく前よりも味が落ちたような気がするのと、


メニューを1人分のハーフサイズにしてもらえないのがちょっと残念。


色々と食べたくても、1人でフラッと行きたくても、ちょっと行きづらい。










■「中国菜 膳楽房」
https://www.facebook.com/zenrakubou











タグ:
by meshi-quest | 2020-07-18 08:06 | 神楽坂







ミシュラン3ツ星獲得の


日本を代表する日本料理の名店、神楽坂「虎白」で食事。


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_138718.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_138275.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_1384021.jpg













本日はカウンター。


お店と距離が近く、大将の小泉さんとお話できるのが楽しい。


早速、オススメの日本酒で乾杯。


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_1341594.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13182383.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13183224.jpg













1品目は、すっぽんと炭焼き厚揚げのお椀。


「虎白」さんの力をいきなり感じるような、めちゃくちゃ美味しい出汁。絶品!


最初の1品目から目を覚ましてくれるような料理。


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13203249.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13205510.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_1321794.jpg













2品目はとらふぐの白子の揚げ物。


たっぷりの新鮮なキャビアが出来てるのがかわいらしいw。


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13221148.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13223193.jpg













3品目は香箱がにの紹興酒漬けご飯。


超濃厚な酔っ払い香箱がにに、日本酒がすごく合う。


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_1325143.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13252585.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13245743.jpg













4品目は、松葉がにの真薯のお椀。


これまた上品な出汁で、体に染み渡る感じ。


松葉がにの甘みあるフワフワの真薯がめちゃくちゃ美味しい!


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13272169.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13273120.jpg













5品目は、「こしび」のジュレ掛け。


「こしび」はメジマグロの幼魚で、すごく脂が乗ってて、上品なマグロ。


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13325386.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_1333335.jpg













6品目は、炭火焼のさわら


ソースは出汁で溶いたこのこ(ナマコの子)と、


付け合わせは春先取りの菜の花。


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13345872.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13354621.jpg













7品目は、出汁で炊いた海老芋白黒トリュフの組み合わせ。


これまた海老芋の甘みと、出汁の旨味と、トリュフの香りで絶品!!


めちゃくちゃ好きな味。


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13403424.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13404569.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_1341259.jpg













8品目は、甘鯛のみぞれ仕立て。


冬の風物詩、甘みある聖護院かぶらがたっぷり入った一品。


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13451732.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13453041.jpg













9品目は、なまこの炭炙り。


メインと〆のご飯の間の箸休め。


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13474921.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_134806.jpg













10品目は、とらふぐの炊き込みご飯。


とらふぐの身とエキスがたっぷりご飯に混ざっていて、幸せ!!


何気にお新香もとても美味しかった。塩加減もちょうどいい。


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13512315.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13514152.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13515411.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_1352633.jpg


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_13524977.jpg













11品目は、イチゴのアイス。


イチゴをバターで炒めたソースと松の実と共に。


神楽坂「虎白」へ行く。_f0232060_1455330.jpg










最初から最後まで満足度が高く、ずっと楽しめる日本料理。


ここまで本格的な日本料理なのに、アットホームで肩肘張らずに食べられるのもいい。


格の違いというか、さすが日本を代表する名店の素晴らしい日本料理だった。










◼︎「虎白」
https://kagurazaka-kohaku.jp/











by meshi-quest | 2020-02-12 08:08 | 神楽坂








久しぶりに用事があって昼間の神楽坂へ。


路地裏にある豚肉専門店「しゃぶしゃぶシャ豚ブリアン」でランチ。


神楽坂「しゃぶしゃぶシャ豚ブリアン」へ行く。_f0232060_21141427.jpg


神楽坂「しゃぶしゃぶシャ豚ブリアン」へ行く。_f0232060_21142559.jpg












しゃぶしゃぶのお店なのだが、


幻のくちどけ

加藤ポーク上ヒレカツ定食
(1850円)


という超魅力的な文字を発見してしまったので、ヒレカツをいただく。


神楽坂「しゃぶしゃぶシャ豚ブリアン」へ行く。_f0232060_21164465.jpg













確かに、口どけ柔らかくて、上ヒレカツすごく美味しい!!


豚特有の臭みがほとんどないので、塩でも美味しくいただける。


久しぶりに満足感の高い、とてもいいヒレカツをいただいた。


神楽坂「しゃぶしゃぶシャ豚ブリアン」へ行く。_f0232060_21215174.jpg








神楽坂は「とんかつ 本家 あげづき」もそうだし、


美味しいとんかつ屋、豚料理店が多いなあ。








◼︎「しゃぶしゃぶシャ豚ブリアン」
https://syatonbrian.com/









by meshi-quest | 2019-10-22 08:06 | 神楽坂








私が信頼を寄せているグルメな方からのご紹介で、


神楽坂にある一軒家フレンチ、


「Le Mange-Tout ル・マンジュ・トゥー」へ。


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10272250.jpg


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10273286.jpg


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_1027433.jpg












神楽坂の路地裏にあって、雰囲気的にもカップルが多いのかと思ったら、


年齢層高めのお偉いおじ様方が商談や会食をしている席が多く、意外だった。


泡も白も苦手なので、私に合わせてもらって、みんなで赤で乾杯。


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10275240.jpg












1品目のアミューズの5品盛り合わせは、


どれも手に取って一口で食べるスタイル。


見た目にもかわいらしいが、味もしっかりしていて、美味しい。


ブロッコリーのキューブ、たらのムースを炭の生地で挟んだもの、など。


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10321983.jpg


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10323137.jpg


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10332677.jpg


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10333598.jpg












2品目は、岡山県産の足赤海老を使った前菜。


ソースは、濃厚で香り良い、アンチョビバター。


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10343741.jpg


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10344810.jpg












都内の某超有名ベーカリーから取り寄せているパン2種。


パンがめちゃくちゃ美味しくて、お代わりが止まらず。


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_1036226.jpg








パンって、料理のサブ的な扱いだけど、実はすごく大事。


パンが美味しいお店は、それだけで嬉しくなる。











3品目は、ホタテのムース


フワフワで茶碗蒸しのようなホタテ。


めちゃくちゃ好きな味。


ソースは香味野菜を使ったもの。


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10383292.jpg


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10384751.jpg












4品目は、シェフのスペシャリテのエゾ鹿のコンソメ


すごくいい香りがする、澄み切った美しいコンソメ。


エゾ鹿の生ハムも添えられている。


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_1040850.jpg


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10401928.jpg


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10402999.jpg












5品目は、和歌山県の石鯛


少し酸味を効かせたクリーミーなソースで。


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10412356.jpg


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10413542.jpg













6品目のメインディッシュは、


宮崎県産の網捕りをした青首鴨


柔らかくて、しなやかで、全く臭みを感じない優しい鴨だった。


付け合わせは、ラットというじゃがいもとキノコを合わせたマッシュポテト。


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10434063.jpg


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10434843.jpg


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10435778.jpg












デザートは、2種。


1つ目は、季節のイチゴを使った真っ赤なスープ。


甘さ控えめで、イチゴ好きにはたまらない一品。


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_1045997.jpg













2つ目は、惑星のような球体のチョコレート。


「スターウォーズ」最新作が公開されたこともあり、


なんだかデススターにも見えるw。


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10462433.jpg


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10465687.jpg












ちなみに、デススターの中は、こんな感じ。


パッションフルーツソースやキャラメルムースが出てくる。


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10474553.jpg












食後の小菓子は、カヌレ


前菜からデザートまで内容もボリュームもちょうど良く、


すべてが安心して食べれる、完成したフレンチだった。


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10493129.jpg


神楽坂「ル・マンジュ・トゥー」へ行く。_f0232060_10494435.jpg











■「ル・マンジュ・トゥー」
http://www.le-mange-tout.com/








by meshi-quest | 2017-12-27 08:07 | 神楽坂








私のラーメン師匠と神楽坂に用事があったので、


行きの腹ごなしでラーメンクエストを行う。


神楽坂ラーメンの老舗「麺屋ふうふう亭」へ。


神楽坂「麺屋ふうふう亭」へ行く。_f0232060_12574947.jpg


































看板に「塩は一番、味噌は十八番」と書かれてあり、


メニューに醤油ラーメンもあったが、何も言われていないところを見ると、


ここは初参戦にとって、まずは「塩」一択の模様。







サッパリしていながらもコクもあって、


普通に美味しい塩ラーメンではあったが、


ここならではの強烈な印象に残るか?と言われると、


特筆すべきところはあまりなく、「普通に美味しかった」が答えになりそう。


神楽坂「麺屋ふうふう亭」へ行く。_f0232060_1303637.jpg























神楽坂「麺屋ふうふう亭」へ行く。_f0232060_1311411.jpg























神楽坂「麺屋ふうふう亭」へ行く。_f0232060_1313497.jpg

































師匠も久しぶりに来て「あれ?」となっていた様子。


ここが出来た当初は、こんなうまい塩があるのか!!くらい衝撃的で、


大行列店だったようだが、昨今ラーメン業界にライバルが多く、


我々も美味しいラーメンを普通に食べ慣れてしまっているのか、


はたまた時代を経て、味が当時から変わってしまったのか・・・。






■「麺屋ふうふう亭」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13092114/






by meshi-quest | 2017-05-13 08:04 | 神楽坂








福島大震災の被災地である陸前高田に、


今も醤油を作り続ける「八木澤商店」さんという老舗醤油店がある。







震災により、ほとんどの醬油樽が流されてしまった中で、


奇跡的に助かった麴があり、そこから復興を遂げ、


「奇跡の醤」という名前で新しく醤油を作り、


この一連の話は本にまでなっている。


醤油を作ってきた話。_f0232060_2243031.jpg


































実は、陸前高田には震災後に行っていて、


八木澤商店さんの醤油が美味しいと聞き、


お店に行って、醤油や醤油を使った加工品など、色んなお土産を買わせてもらった。









そんな八木澤商店の店主である河野さんが


神楽坂「la kagu(ラカグ)」にて


醤油作りのワークショップを開かれるということで、


お誘いをいただき、醤油作りをしてきた。


醤油を作ってきた話。_f0232060_22393987.jpg































子供の頃に、学校の授業かなんかで味噌は作ったことがあったのだが、


醤油を作るのは初めてで、ワクワクする。









材料は、なんとなく想像が付く、大豆と、水と、塩と、


そして、なんと小麦


私は知らなかったのだが、醤油を作るには、


大豆と同量の小麦が必要になるらしい。


醤油を作ってきた話。_f0232060_2242336.jpg























醤油を作ってきた話。_f0232060_22433519.jpg






























水に塩を入れて、よーく混ぜて・・・


醤油を作ってきた話。_f0232060_22445776.jpg






























そこに、蒸した大豆と、炒った小麦を合わせたものを入れる。


醤油を作ってきた話。_f0232060_22454185.jpg
































これで、もう仕込みは完成。


あまり混ぜてもいけないそうで、


あとはじっくり菌による発酵を待つ。


醤油を作ってきた話。_f0232060_2247092.jpg































なお、醤油の完成は、11月くらい。


自分の作った醤油で卵かけご飯を食べるのが楽しみだ。







ちなみに、ワークショップでは、


市販されている火を通した醤油と、


火入れをしていない生の醤油の食べ比べや、


なかなか手に入らない生のもろみの試食なども行われた。


醤油を作ってきた話。_f0232060_22492337.jpg























醤油を作ってきた話。_f0232060_22494647.jpg































もっとちなむと、このご飯、「BALMUDA バルミューダ」さんが提供している


新製品のBALMUDA炊飯器で炊かれていたのだが、


元々、BALMUDA炊飯器は気になっていて、かなりの確率で買うつもりだったが、


このご飯を食べて、その思いが250%になった。


めちゃくちゃ、ご飯がうまい。


BALMUDA炊飯器、やばい。


醤油を作ってきた話。_f0232060_2250610.jpg
































by meshi-quest | 2017-04-11 08:08 | 神楽坂








だいぶ肌寒くなってきたので鍋でも食べに、


久しぶりに神楽坂の関西料理店「鳥茶屋」へ。


神楽坂「鳥茶屋 本店」へ行く。_f0232060_1865313.jpg

































ここの名物は何といっても「うどんすき」


関東ではあまり見かけないが、


極太うどんと具を関西風のさっぱりとした出汁の中に入れて食べる鍋料理。


神楽坂「鳥茶屋 本店」へ行く。_f0232060_189979.jpg























神楽坂「鳥茶屋 本店」へ行く。_f0232060_1893471.jpg





























京都にあるうどんすきの老舗で食べた時は、


うどんがちくわぶのように太くて驚いたが、


「鳥茶屋」のうどんは常識サイズの太うどん。










関西出汁でさっぱりしているので、


鍋と言っても、気軽に食べれて、昼から楽しめる。


寒くなってきたので、ちょうどいい感じのランチ。








■「鳥茶屋 本店」
http://www.torijaya.com/









■今日のカメ

■「鳥茶屋本店」
神楽坂「鳥茶屋 本店」へ行く。_f0232060_1865313.jpgJR飯田橋駅、大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩3分ほど。早稲田通り沿いにあります。









■店内の様子
神楽坂「鳥茶屋 本店」へ行く。_f0232060_18183728.jpg今日は掘りごたつ式のお座敷。その他、カウンター、テーブル席も。別館もあります。









■テーブルセット
神楽坂「鳥茶屋 本店」へ行く。_f0232060_1819376.jpgテーブルセットはこんな感じ。

今日は、うどんすきコース(2850円)にしました。小鉢は切り干し大根。







■前菜
神楽坂「鳥茶屋 本店」へ行く。_f0232060_1821245.jpgしそ大根と、玉子の湯葉巻き。










■お造り
神楽坂「鳥茶屋 本店」へ行く。_f0232060_18215014.jpg本日のお造りは、まぐろとイカです。










■煮物
神楽坂「鳥茶屋 本店」へ行く。_f0232060_18223476.jpgサトイモと高野豆腐の鶏そぼろ餡かけです。優しい味。









■うどんすき、きた!
神楽坂「鳥茶屋 本店」へ行く。_f0232060_189979.jpgいよいよメインのうどんすき。具だくさんで豪華です。









■煮えた!
神楽坂「鳥茶屋 本店」へ行く。_f0232060_1893471.jpg関西風出汁で、すごく優しく、さっぱりしています。具の下に極太うどんが隠れています。









■デザート
神楽坂「鳥茶屋 本店」へ行く。_f0232060_18245910.jpg巨峰のシャーベットです。
by meshi-quest | 2016-11-07 08:06 | 神楽坂









とあるよく晴れた日。


仲良くさせていただいているゲームディレクターさんと共に、


ミーティングを兼ねて、神楽坂でお蕎麦。











神楽坂の、ちょっと分かりにくい路地裏にある「東白庵かりべ」。


神楽坂っぽい佇まいに、店内は意外とギャップがあって、割とモダン。


本格的な手打ち蕎麦を食べれるのに、蕎麦屋っぽくない感じが、気に入ってる。


神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_1235439.jpg























神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_12363157.jpg























神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_1236528.jpg























神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_12371716.jpg

































神楽坂って、ホントいいなあ。


蕎麦屋の出し巻きいただいて、揚げ立ての天ぷらをいただいて、


最後に手打ちのせいろをいただいて、いいランチだった。


神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_12405810.jpg























神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_12412197.jpg























神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_12414535.jpg























神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_12421835.jpg






























■「東白庵かりべ」
http://touhakuan.jp/












■今日のカメ

■「東白庵かりべ」
神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_1235439.jpgJR飯田橋駅、大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩7分ほど。路地裏のさらに裏にあるので、ちょっと分かりにくいかも。








■入口①
神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_12363157.jpgここの暖簾をくぐります。










■入口②
神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_1236528.jpg竹の小道を進んで奥がお店の入口。










■店内の様子
神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_12371716.jpg本格手打ち蕎麦屋と聞いて思い浮かべる感じではなく、すごくモダンで、おしゃれな店内。テーブルが和風で、イスが洋風。

席数は少なめですが、席自体が広々としているので、ランチミーティングにも便利。ランチ予約も可。




■テーブルセット
神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_12481034.jpgテーブルセットはこんな感じ。お茶と胡麻豆腐。










■出汁巻き
神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_12405810.jpg注文入ってから焼き上げてくれる出汁巻き玉子。蕎麦屋さんの出し巻きは格別。









■野菜天ぷら
神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_12412197.jpgししとう、レンコン、しいたけなど。サクッと揚がっていて、美味しい。









■天せいろ
神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_12414535.jpg普段は、海老のかき揚げですが、今日はかき揚げが終わってしまったとのことで、代わりに穴子の1本天ぷらに変更。








■蕎麦、アップ
神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_125129100.jpgさっぱりとしていて、食べやすい蕎麦。のどごしもいい。









■天ぷら、アップ
神楽坂「手打ち蕎麦 東白庵かりべ」へ行く。_f0232060_12421835.jpg穴子天ぷらに、追加で海老1本(+400円)。すごく香り良く、軽く、サクッと揚がってて、美味しいです。
by meshi-quest | 2016-04-11 08:06 | 神楽坂








神楽坂にある有名なネコカフェ、「mugimaru2」でお茶。









ここ、いわゆるネコがビジネスになっているネコカフェではなく、


おばあちゃんちに遊びに来た感じと言うか、


すごくナチュラルにネコがいる、ネコカフェ。


神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_1245951.jpg
























神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_12445310.jpg
























神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_12453980.jpg



































で、主役はどこにいるかなあ・・・と探してみると、


いた!!!



神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_12464792.jpg




























頭が寒かったのか、頭だけこたつに突っ込んで、ケツだけ外に(笑)。












しばらくしたら、私の膝の上に移動してきて、熟睡。


神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_12483969.jpg






























お姉ちゃん、本日黒のワンピース着てきてるんだけど・・・、ま、いっかw。









私にとっては、お茶を飲むというより、なんかネコの様子を見に来るカフェ。


半分くらいの席が相席で、ネコが主役なので、ネコ好き向け。


ネコ嫌いの方は諦めた方がいいカフェ。









■「mugimaru2」
http://www.mugimaru2.com/












■今日のカメ

■「mugimaru2」
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_1251571.jpg東京メトロ東西線神楽坂駅から徒歩5分ほど。神楽坂上交差点近くの路地裏にあります。

ツタで覆われていて、入口がよく分からない、ジブリ映画に出てきそうなお店。






■2階の様子①
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_12445310.jpg1階は常連さん向けの小さなテーブルのみで、メインは2階の座敷。大きなテーブルと、こたつがあります。








■2階の様子②
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_1245951.jpg窓側の席はこんな感じ。2人用のカウンター。










■2階の様子③
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_12453980.jpgちゃぶ台がある席もあります。










■主役①
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_12464792.jpg寒いので、こたつ避難中。










■チャイ
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_1256045.jpgシナモンチャイをいただきました。










■主役②
神楽坂「mugimaru2」へ行く。_f0232060_12483969.jpg膝元へ移動。気に入っていただけたのか、私が帰るまでずっとここに座ってました。
タグ:
by meshi-quest | 2016-03-27 08:03 | 神楽坂








神楽坂にある人気古民家イタリアン、


「Angela アンジェラ」で、打ち合わせ兼ねてランチ。










路地裏の雰囲気良い古民家で、


2階は、半個室のように、仕事の会食でも使えるので便利なイタリアン。


神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_1251448.jpg























神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_12521658.jpg































古民家でいただくイタリアンは、


外人さんのみならず、日本人のお客様にも喜ばれ、


どんな人を連れてきても、だいたい気に入ってもらえる。









名物の9種の前菜盛り合わせも美味しかったし、


神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_12542853.jpg





























生トマトのパスタや仔羊のポトフ、イチゴのパフェも美味しかったな。


前菜からデザートまで、トータルで満足度の高いランチだった。


神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_1256164.jpg























神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_12562734.jpg























神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_12564884.jpg































■「Angela アンジェラ」
http://www.angela-kagurazaka-italian.com/









■今日のカメ

■路地のどん突き
神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_12573029.jpg大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩30秒ほど。駅隣の路地を入ったどん突きにあります。









■ここが入口
神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_1251448.jpg神楽坂らしい、素敵な一軒屋の古民家です。










■2階の様子
神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_12521658.jpg1階と2階があり、靴を脱いで上がります。

1階はテーブルとカウンター、2階は小さな部屋に分かれています。プライベートでも仕事でも使いやすいです。






■テーブルセット
神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_130991.jpgテーブルセットはこんな感じ。

本日は、パスタに、メインとデザートが付くコースにしました。







■1品目
神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_12542853.jpg名物の9種の前菜の盛り合わせ。豪華!










■前菜、アップ
神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_1321657.jpg春菊のペペロンチーノ、イベリコ豚の舌のトンナータソース、新じゃがのパン粉焼きなど。









■2品目
神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_1332487.jpg2品目は、パスタ4種、ピザ5種から選べます。

これは、「数種の美味しい生トマトの濃縮スパゲッティ」です。







■パスタ、アップ
神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_1256164.jpg具はトマトだけのシンプルなパスタですが、本当にトマトの旨味が凝縮されていて、とても美味しいパスタでした。








■3品目
神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_1355161.jpgメインは、3種から選べます。

これは、「仔羊の肩ロースと辛いサルシッチャのポッリート」です。ポッリートは、煮込み、ポトフを指します






■仔羊、アップ
神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_12562734.jpg見た目よりもサッパリとした食べやすい味付けで、美味しくできていました。









■4品目
神楽坂「Angela アンジェラ」へ行く。_f0232060_12564884.jpgデザートも4種から選べます。これは、イチゴのパフェ。

甘さ控えめで、ボリュームたっぷり。美味しいパフェでした。
by meshi-quest | 2016-03-21 08:06 | 神楽坂
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン