カテゴリ:山手線その他( 124 )











テレビ「孤独のグルメ」など数々の番組でも紹介されて話題になり、



予約の取れないお店に伺ったが、


私が知ってる予約が取れない中でもトップクラスで予約が取れない、


五反田の和食の名店「食堂とだか」で食事。



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17283977.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17293237.jpg

















「食堂とだか」では飲み物はアルコール含めて飲み放題で、


お任せのコース料金の中に含まれている。


個人的には「食堂とだか」の生搾りジュースが大好きで、




ますは生オレンジジュースからいただこうと思う。


甘くて、みかんの旨味が濃厚で、それでいてさっぱりしてて、絶品。


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17321021.jpg
















1品目は名物のウニ・オン・ザ・煮卵


いくらが多すぎて、こぼれてしまうのだが、


毎回このこぼれイクラは2品目に使うものなので


そのまま取っておくのが「とだか」通。


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17333698.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17334105.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17334554.jpg

















2品目は、鰻おこわ


鰻も良く焼けてて、おこわのもち米とも相性がいい。


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17351216.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17351676.jpg
















この鰻おこわには、1品目のウニ・オンザ・煮卵のこぼれイクラを乗せる。


鰻にイクラ・・・なんて幸せ。


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17382317.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17382800.jpg

















3品目は牛モツのお椀。


いい出汁の中に手作り牛蒡豆腐が入っている。


このお椀もすごく美味しいなあ。


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17395760.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17401269.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17401757.jpg
















続いて、生搾り葡萄ジュース


葡萄ってかなり濃くなりそうなイメージだが、


見た目以上にスッキリ飲める、これまた美味しい生ジュース。


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17433065.jpg

















4品目は、お造り


のたたきは、墨塩とすだちで。


これもすごく脂乗ってる!


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17421628.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17422286.jpg


















戸高さん笑顔の大きな穴子


サッと炙って、お造りに。これもすごくうまい!


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17451081.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17451612.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17452061.jpg
















5品目は、「食堂とだか」特製の鯖バーガー


鯖バーガーは、日本では珍しいが、海外では結構食べる国があり、




だが、どこもホント美味しくなくて(笑)、


鯖バーガーにネガティブイメージがあったのだが、


この「食堂とだか」特製の鯖バーガー、めちゃくちゃ美味しい!!


紙のバーガーペーパーに移して、普通のハンバーガーのようにいただく。


付け合わせの里芋のフライドポテトも絶品。


この「とだか」の鯖バーガーをトルコに美味しえてあげたいw。


日本でもとだかバーガー屋をやったら絶対流行る!!


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17470561.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17470989.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17471391.jpg
















6品目は、箸休めのシャインマスカットの白和え。


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17545802.jpg
















7品目は、毛蟹雲丹イクラキャビア


もう言うこと無しの味。


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17574011.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17574760.jpg


















3杯目の生ジュースは、生搾り紅玉りんごジュース


風邪ひいた時に飲みたくなるようなトロトロ感!


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_17575016.jpg


















8品目は、箸休めのしらたき山菜のペペロンチーノ。


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_18051753.jpg
















9品目は、秋刀魚茄子


この秋刀魚もツヤツヤで脂乗ってる!


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_18065218.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_18065662.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_18070005.jpg
















10品目は、「食堂とだか」お馴染みの甘納豆チーズ餅


甘納豆は実はあまり好きではないのだが、


こうしてチーズと餅に絡めると、こんな美味しいものになるんだなー!


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_18083637.jpg

















10品目の〆は、戸高さんが作った手打ち麺を使う松茸らぁめん


この松茸らぁめん、麺が見えないほど松茸が入ってる!


香りもよく、めちゃくちゃ旨味たっぷりのスープ。


麺もすごく美味しいなあ。素晴らしい。


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_18103014.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_18103521.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_18103925.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_18104485.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_18110932.jpg



五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_18111300.jpg

















最後はお土産でシャインマスカット大福


最初から最後まで、ホント美味しくて、丁寧で、楽しくて、


それでいてこんなに贅沢な料理食べて、


1万円ちょっとというリーズナブルな値段。


都内最強の「食堂」ココにあり。


戸高さん、今日もホントありがとうございました!!


五反田「食堂とだか」へ行く。_f0232060_18165474.jpg





















「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ





















日本一と言っても過言ではない


予約の取れないうなぎの名店「かぶと」。


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0383093.jpg
















くくみ酒
と長野県佐久の有機冷やしトマト


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0412213.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0413131.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_041424.jpg
















まずは、養殖うなぎの頭のえり焼き


関東風に蒸し焼きをしたたれと、


関西風にパリッと焼いた


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0433351.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0434985.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0435740.jpg















尾びれや背びれを巻き込んだひれ焼ききも焼き


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0445617.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0451560.jpg















一口蒲焼きくし巻きレバー


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0465778.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_047772.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_051219.jpg
















本日は天然の入荷があり、養殖の食べ比べが出来る。


注文があってから捌いている「かぶと」ならではの


天然の鰻と養殖の生首


左側の天然の鰻の方が圧倒的に首も太くて、元気に動く。


そして、香りも草のようないい香りがする。


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0495180.jpg
















いよいよ、養殖白焼きから。


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_052044.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0521920.jpg
















天然白焼き


手前が天草天然鰻


奥が岡山児島湾青鰻


産地が違うと、香り、味、脂の感じも全然違う!


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0544254.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0545238.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_055255.jpg















天然養殖蒲焼


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0563513.jpg
















こっちは養殖


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0572443.jpg















こっちは天然


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0575319.jpg















「かぶと」の鰻、最高!


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_0584099.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_059153.jpg
















■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/






















日本一と言っても過言ではない


予約の取れないうなぎの名店「かぶと」。


コロナ中も何度か鰻弁当を買わせてもらっていたが、


ようやく店内で捌き立て、焼き立ての鰻がいただける!!


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22142055.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_221589.jpg
















まずは、いつものくくみ酒絶品豆腐


「かぶと」さんの豆腐、ホント甘くて、藻塩だけでいただけるくらい美味しい。


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22195681.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22205645.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_222193.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22231436.jpg
















まずは、養殖うなぎの頭のえり焼き


関東風に蒸し焼きをしたたれと、


関西風にパリッと焼いた


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22251670.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22252976.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22254732.jpg















尻尾、腹びれ、背びれなど、


鰻の美味しさが詰まっているひれ焼き


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22275226.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22281473.jpg















本日は天然養殖の食べ比べが出来る。


左の黄色っぽくて首が大きいのが天然、右の青い小さいほうが養殖。


注文が入ってから鰻を捌いてくれる「かぶと」ならではの


恒例の鰻の心臓の丸飲み。健康にいいらしい。


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22341429.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22343262.jpg















一口蒲焼き


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22362249.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22363523.jpg
















天然の頭、バラ身、レバー、ひれ。


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22373843.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_2238734.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_2238262.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22385613.jpg
















養殖は鹿児島の養鰻場「泰正養鰻」(たいせいようまん)の白焼き。


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22401036.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22402843.jpg















天然は千葉のもの。


ほど良い脂や旨味もあるけど、スッキリしている。


どちらも美味しいけど、今日の白焼きは天然の方が好みかも。


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22435631.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_224494.jpg
















最後はたっぷり蒲焼


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22453626.jpg













こっちは鹿児島「泰正養鰻」の養殖


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22464010.jpg














こっちは天然の蒲焼。


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_2247964.jpg















どっちも美味しかったけど、


蒲焼は脂乗ってる養殖の方が好み!


ご飯も大盛でいただいた。


いい鰻丼だった。美味しかった!!


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_2253193.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22532096.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22534558.jpg


池袋「かぶと」へ行く。_f0232060_22535694.jpg












■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/



















高田馬場にある老舗とんかつ店「とん久」でも、


以前よりお弁当はやってはいたが、


コロナの影響を受けて、店内飲食が減り、


今まで以上にお弁当の需要が増えているようだ。


【テイクアウト情報】高田馬場「とん久」_f0232060_13162466.jpg














特選ヒレカツ弁当をテイクアウト。


大きくて太いヒレカツがドーンと1本!


昔ながらのしっかり火を通したとんかつだが、


柔らかくて、肉の旨味を感じられる。


ヒレカツもさることながら、


甘めのトマトソースに絡んだ


付け合わせのスパゲッティーが何気に美味しくておすすめ。


【テイクアウト情報】高田馬場「とん久」_f0232060_13185732.jpg


【テイクアウト情報】高田馬場「とん久」_f0232060_13191642.jpg


【テイクアウト情報】高田馬場「とん久」_f0232060_13192280.jpg














「とん久」
大好きです!


応援しています!!


【テイクアウト情報】高田馬場「とん久」_f0232060_13195461.jpg












■テイクアウトの情報はコチラ。
http://tonkyu.com/























日本一と言っても過言ではない


予約の取れないうなぎの名店「かぶと」



前回お弁当のテイクアウトさせていただき、


あの鰻の美味しさが忘れられず・・・


2回目のテイクアウトをさせていただいた!













「かぶと」の鰻は本当に美味しい


素人にはもう他と何がどう違うのか分からないんだが、


鰻も、たれも、ご飯も全てが美味しい!!


正直、毎日でも食べたいw。


【テイクアウト情報】池袋「かぶと」_f0232060_1381685.jpg


【テイクアウト情報】池袋「かぶと」_f0232060_1384025.jpg














藤森ご夫妻、いつもありがとうございます!



「かぶと」
大好きです!


応援しています!!


【テイクアウト情報】池袋「かぶと」_f0232060_1391737.jpg










■テイクアウトの情報はコチラ!
https://omakase.in/r/uh859944




















本格的なイタリア料理が楽しめる


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」でディナー。


巣鴨駅からもちょっと離れていて、決して交通の便は良くないが、


イタリアン好きには有名なお店の1つ。


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_1913343.jpg


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_191436.jpg


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_1915297.jpg















メニューも本格的でイタリア語で書かれているものに


カタカナでルビが振られているが、


全然料理の内容が分からず(笑)、1つ1つ内容のご説明をいただく。


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_194684.jpg















まずは、ペコリーノのフリットから。


カラッと揚っている美味しいチーズ。


甘味あるイチジクのジャムとも相性がいい。


最初から赤ワインが進む味。


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_1961113.jpg


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_1962252.jpg


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_1963461.jpg


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_1965388.jpg















玉子ほうれん草のフィオレンティーナ。


「フィオレンティーナ」とは、「フィレンツェの」という意味。


たっぷりのほうれん草に、巣ごもり卵のような感じで、チーズも乗ってる。


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_1910366.jpg


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_19105432.jpg















旬のホワイトアスパラガスはそのまま茹でてて、


ゆで卵のソースに絡めていただく。


シンプルイズベストで、すごく美味しい。


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_191221100.jpg


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_19123944.jpg


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_191247100.jpg















シェフこだわりのパスタは2品注文。


ミートソースのペンネと、


トマトソースが入ったクリーミーなペンネ。


ソースとパスタは組み合わせがちゃんとベストのものが選ばれてるそうで、


1つ1つパスタによって、使っているものが違う。


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_19152843.jpg


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_19153835.jpg















メインは、トスカーナの豚肉の伝統料理


アリスタ・ディ・マイアーレ


骨付きの大きな厚切りの豚肉を使った豪快なローストポーク。


甘味のあるタレがどこか日本っぽくもあり、ご飯が食べたくなる味w。


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_19192778.jpg


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_19193598.jpg















最後は、プリン


しっかりとした固さのビターなキャラメルの大人のプリン。


巣鴨「DA PEPI ダぺピ」へ行く。_f0232060_19202279.jpg












いわゆるイタリアンのような料理はないので、


本格的なイタリアンを楽しみたい大人向けのイタリアンレストラン。










■「DA PEPI ダぺピ」
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132301/13124157/











タグ:






大人の飲屋街・新橋のガード下にある


複合型居酒屋施設「新橋ガード下横丁」へ。


新橋「新橋ガード下横丁」へ行く。_f0232060_2024484.jpg


新橋「新橋ガード下横丁」へ行く。_f0232060_2025522.jpg












ジンギスカンからカラオケスナックまで、


10店舗ほどが1箇所に集まっている賑やかな施設で、


ラーメン博物館に来たようなエンタメ感もあり、歩いてるだけでも楽しい。


出張の際にお邪魔した高知のひろめ市場を思い出した。


東京にもこんな場所があるんだなー!


新橋「新橋ガード下横丁」へ行く。_f0232060_20283927.jpg


新橋「新橋ガード下横丁」へ行く。_f0232060_20285998.jpg


新橋「新橋ガード下横丁」へ行く。_f0232060_20292217.jpg


新橋「新橋ガード下横丁」へ行く。_f0232060_20295185.jpg













横丁の中はどこのお店の席でも自由に座って良くて、行き来も自由


座った席の店舗がメインになって、お通しもそこから出てきて、


1品何かそこで注文することにはなるが、


各店が「出前」をしてくれるので、


どこのお店の料理も自由に食べられるのが楽しい。


新橋「新橋ガード下横丁」へ行く。_f0232060_20315084.jpg













とりあえず、串焼きのお店に座ってみる。


新橋「新橋ガード下横丁」へ行く。_f0232060_20325742.jpg


新橋「新橋ガード下横丁」へ行く。_f0232060_20331065.jpg












鉄板メンチが気になって頼んでみる。


いいバランスのジャンク感が出てて、お酒が進むw。


新橋「新橋ガード下横丁」へ行く。_f0232060_20354791.jpg












でも、その後すぐに、九州料理店からチキン南蛮頼んだり・・・、


新橋「新橋ガード下横丁」へ行く。_f0232060_20343392.jpg













ラーメン屋さんから餃子牛出汁ラーメンを頼んだり、


すごいフリーダムな居酒屋メニューになったw。


新橋っぽくて、楽しい居酒屋だった。


新橋「新橋ガード下横丁」へ行く。_f0232060_20371559.jpg


新橋「新橋ガード下横丁」へ行く。_f0232060_20374576.jpg










◼︎「新橋ガード下横丁」
https://www.hamakura-style.com/works/shinbashi_yokocho/









タグ:









日本一と言っても過言ではない


予約の取れないうなぎの名店「かぶと」も、



コロナの影響を受けて、通常営業を大幅に短縮し、


鰻弁当テイクアウト販売を始めた。














「かぶと」も言うまでもなく、


大人気店で予約が取れない鰻の名店であり、


数か月前からずっと楽しみにしていたお客様に


ごめんなさいのお断りをしないといけないのは、


お客様との触れ合いを大切にされてきた藤森大将ご夫妻としては、


本当に心が痛んだことだろうと思う。














「かぶと」の鰻はお弁当になってもやっぱり本当に美味しくて


家で「かぶと」の鰻が食べれるありがたさを感じつつも、


「かぶと」のカウンターに座って、


いつもの大将の鰻のお話を聞きながら、


捌きたて、焼き立ての鰻が食べたくなった。


コロナが終息したら、絶対にまたお邪魔します!


【テイクアウト情報】池袋「かぶと」_f0232060_16443089.jpg


【テイクアウト情報】池袋「かぶと」_f0232060_16444967.jpg














「かぶと」大好きです!!


応援してます!


【テイクアウト情報】池袋「かぶと」_f0232060_16451679.jpg













■テイクアウトの情報はコチラ!
https://omakase.in/r/uh859944




















予約の取れない日本料理の名店「日本料理 晴山」。


本日はのコースにお邪魔させてもらった。


夜の「晴山」はもちろん良いけど、晴れている昼間の「晴山」もまたいい。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_2064069.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_2072084.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_2073498.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_207497.jpg














1品目の先付は、うるいの梅肉和え。


春の山菜のほのかな苦みと梅の香りがとても合う。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20103881.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20111141.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20112716.jpg















2品目は、車海老の真薯のお椀。


車海老の真薯がめちゃくちゃ美味しい!!


自家製のくちこ(ナマコの生殖巣)と共に。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20125896.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20133052.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_201343100.jpg
















3品目のお造りはメジマグロ


脂乗ってて、甘くて美味しいー。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20143942.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20145149.jpg
















4品目は、自家製からすみの素麺。


蛤エキスたっぷりの素麺に、からすみパウダーたっぷり。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20164151.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20165462.jpg
















5品目は、筍の牛肉巻き


これもめちゃくちゃ美味しいーーー!!


甘くて柔らかい筍に、甘辛く味付けた脂乗ってる牛肉がベストマッチ!


これは日本酒!!なので、鳳凰美田のブラックフェニックスをいただく。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_2019963.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20192239.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_201930100.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20194499.jpg
















6品目は、旬のホタルイカタラの芽の天ぷら。


サクッと、カリッと上手に揚ってる!


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_2021487.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20211585.jpg
















7品目は、のまんじゅう。


甘味ある蕪のまんじゅうが濃厚な鰻と合ってて、これも絶品。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20225065.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_2023375.jpg
















8品目のご飯は、サクラマスの炊き込みご飯。


これまたすごくいい出汁といい香り。


筍が甘くて、すごく美味しい。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20241610.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20243482.jpg
















9品目のデザートは、イチゴ和三盆のパンナコッタ。


優しい甘さで、上品な日本料理の〆のデザートにピッタリ。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20254275.jpg











満足感の非常に高い昼コース。


昼とは言え、夜コースのような、いい意味の重厚感があるので、


夜は時間が取れない人でも昼も十分満足させてもらえる。


「晴山」さんの日本料理はしみじみ美味しいなあ。










■「晴山」
https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13127807/



















予約の取れない五反田の和食の名店「食堂とだか」さんも


コロナの影響を受けて、オーナーシェフの戸高さんが苦渋の選択をされ、


通常営業を自粛し、テイクアウト販売を始めた。


名店「食堂とだか」さんは2年待ちは当たり前の大人気で、


何年も来店をずっと楽しみに待っていたお客様に


このようなコロナの状況があるとは言え、


ごめんなさいをしなければならないのは、


お客様以上に、戸高さんも本当に辛かったのではないかと思う。


【テイクアウト情報】五反田「食堂とだか」_f0232060_15423097.jpg


【テイクアウト情報】五反田「食堂とだか」_f0232060_15424047.jpg















大変な中でも、笑顔で戸高さんが迎えてくださって、


テイクアウトでも遜色なく「食堂とだか」の味を家で楽しめるようにと、


本当に採算度外視の、ものすごいボリュームと内容のお弁当になっていた。


【テイクアウト情報】五反田「食堂とだか」_f0232060_1545537.jpg













今回は、常連さんのご厚意で、


「豪華とだか弁当」(5000円)の2段弁当を買わせていただいた。


まず、その重さ!!


ズーーーーン、ズッシリ!!


軽く1キロ以上あるそうですw。


【テイクアウト情報】五反田「食堂とだか」_f0232060_15472574.jpg















そして、この豪華なお献立内容!


「弁当」と呼ぶには申し訳ない、


「食堂」と呼ぶには申し訳ない「食堂とだか」さんらしい料理。


【テイクアウト情報】五反田「食堂とだか」_f0232060_15494674.jpg















まずは、1段目


和牛サーロインステーキに豚ロース炭火焼き、


津本式で血抜きされた熟成うなぎの白焼きに、


栗蟹ふぐの白子の炭火焼きなど。


【テイクアウト情報】五反田「食堂とだか」_f0232060_15532446.jpg


【テイクアウト情報】五反田「食堂とだか」_f0232060_15535331.jpg


【テイクアウト情報】五反田「食堂とだか」_f0232060_1554177.jpg















そして、2段目


ホタルイカの炊き込みご飯に、


とだチキ、子持ち昆布のフライ、


鶏団子に、いぶりがっこポテサラ、魚の南蛮漬けなど。


【テイクアウト情報】五反田「食堂とだか」_f0232060_1556525.jpg


【テイクアウト情報】五反田「食堂とだか」_f0232060_15561622.jpg


【テイクアウト情報】五反田「食堂とだか」_f0232060_15563352.jpg














言うまでもなく、めちゃくちゃ美味しかった・・・。


今まで食べた和食弁当で


一番美味しかったかもしれない・・・。


「食堂とだか」さんの渾身のお弁当だもんな、そりゃそうか。感動。


こんな豪華な食材の、美味しいお弁当が2段で5000円は正直安い。


戸高さん、本当にありがとうございました。













たまらず、別注で牛ご飯もいただいた。


もうこのビジュアル見たら、買わずにいられないw。


「食堂とだか」さんで〆にいただいた牛ご飯は、


もちろん出来立てで最高だったが、テイクアウトもとても美味しかった。


でも、やっぱりまたいつかちゃんと出来立ていただきたいな!


【テイクアウト情報】五反田「食堂とだか」_f0232060_1621861.jpg













「食堂とだか」大好きです!


応援しています!!


【テイクアウト情報】五反田「食堂とだか」_f0232060_1624967.jpg









■「食堂とだか」
https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131603/13187669/











プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン