カテゴリ:東京( 43 )




増毛。





「ぞうもう」ではなく、「ましけ」と読む。


「オテル・ドゥ・ミクニ」の三國清三シェフが生まれた北海道の増毛町のことだ。







先日、東京・新丸ビルで「増毛deナイト」というイベントがあり、


ご招待いただいたので、参加させていただいた。







これは、三國シェフが「フランス農事功労章」を受章された記念イベントで、


三國シェフ監修の下、増毛町の海や山の幸をふんだんに使った料理や、


北海道や各地の美味しいお酒が集まった食のお祭りだ。







お祝いには、地元・増毛町の方々やレストランの常連さんをはじめ、


X-JAPANのTOSHIさんや藤井フミヤさん、


かたせ梨乃さん、服部先生など、著名人も集まっていた。








さすが、三國さんの監修だけあって、おつまみがどれも美味しい(笑)。





できれば、ずっとここにいて、翌朝の朝食まで食べていきたい勢いだったが(笑)、


忘年会シーズンで、この後にも呼ばれていたイベントがあり、残念ながら途中退散。









三國シェフ、


受章、本当におめでとうございました!!

















■今日のカメ

■夕暮れの東京駅
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_22482189.jpg「増毛deナイト」は16時スタートで、開始同時くらいにお邪魔しました。

東京駅は全面改装中。






■夕暮れの皇居
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_22495974.jpgビルの谷間、奥に見えるのが皇居です。










■「増毛deナイト」会場
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_22525022.jpg新丸ビル7階のレストランフロアの一角が「増毛」一色になっていましたw。









■「増毛deナイト」
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_22535675.jpg三國シェフとヒグマ。
往年の古い日本映画風、男らしいかっこいいポスター。












■増毛食堂
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_22561796.jpg新丸ビルに実際あるレストラン「musmus」というお店が、今日だけ「増毛食堂」に大変身。

●musmus
http://www.musmus.jp/index.html









■おむすびコーナー
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_231248.jpg北海道産のお米、北海道産の鮭、たらこをふんだんに使った、作り立ての美味しいおむすび。









■ジンギスカン
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_2321691.jpg北海道産のラムを使ったジンギスカン。焼き立て。










■ハンバーグ・カレーコーナー
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_2335350.jpg増毛村のハンバーグ、増毛浜のエビカレーなど。

どれも三國シェフ監修の贅沢な料理。








■舎熊通り
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_2352257.jpg北海道・増毛町に実際ある「舎熊通り」が新丸ビルに登場。









■スナックやバーなど
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_2383243.jpg舎熊通りの中には、「スナック増毛」「ロックBAR 増毛」があります。

実際に新丸ビル内にあるお店がこのイベントのために変身していますw。






■スナック増毛
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_2372384.jpgいいなあ、この看板。
すごくいい(笑)。












■スナック増毛、店内の様子
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_2311512.jpgイベント用のセットかと思いましたが、本当にこういうお店だそうです。

こんなお店が新丸ビルにあるとは(笑)。







■カラオケも楽しめます。
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_23123526.jpg普段は、「来夢来人(ライムライト)」というスナックで、ママさんはミッツ・マングローブさんです。

●来夢来人
http://raimuraito.jp/





■三國シェフ
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_23175710.jpg来場された全員に、笑顔でご挨拶に回っていて、休む間もなくお忙しそうだった三國シェフ。

胸に付けられているのが本物のフランス農事功労章。






■戸田さん
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_2327305.jpg「オテル・ドゥ・ミクニ」のチーフソムリエの戸田さん。

今日はカメラマンとして、大忙し。







■服部先生も1曲
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_2315331.jpgお祝いなので、服部先生が1曲披露くださいました。

曲は、名曲「みちのくひとり旅」です。








■スズキのマリネ
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_23214732.jpg増毛食堂からいただいてきたスズキのマリネ。

ほどよく生の状態で、〆すぎず、ちょうど良いマリネ。







■イクラご飯
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_2323528.jpg北海道の生いくらを使った、とても美味しい贅沢ないくらご飯。









■ジンギスカン
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_2324812.jpg北海道と言えば、コレ。

羊肉を使った肉じゃがのような味付けで、ご飯が欲しくなる感じ。すごく美味しい。

このおかずあれば、ご飯何杯でも食べれそう・・・。




■じゃがいもとかずのこ
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_23255568.jpg北海道産の蒸しじゃがいもと、かずのこ。










■鮭のわっぱ飯
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_23284727.jpgジンギスカンと甲乙付けがたいところですが、やっぱり、今回一番美味しかったのは、この鮭のわっぱかな。

今までわっぱ飯を美味しいと思ったことがなかったのですが、コレ食べて、ビックリしました。絶品。





■増毛浜のエビカレー
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_23302465.jpgカレーは少し甘めの欧風カレー。

左側の丸いモノは、増毛村のハンバーグで、羊肉使用の香り良い大人のハンバーグ。







■羊のマッシュポテト
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_23314713.jpgマッシュポテトに、甘めに煮た羊肉が混ざっています。

見た目、素朴な料理ですが、美味しい。







■モルドヴァの美人お姉ちゃんたち
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_23341445.jpg会場でモルドヴァのワインが提供されていて、モルドヴァ出身のキレイな金髪お姉ちゃんたちが、はっぴ衣装で会場を回っていました。

当然、どこもかしこも撮影会(笑)。






■北海道ケーキ
「増毛deナイト」へ行く。_f0232060_23362585.jpg三國さんの受章のお祝いに大きな大きな北海道型チョコケーキが届いていました。

北海道の上に乗っているのは、鮭を食べている熊さん。
by meshi-quest | 2010-12-27 23:43 | 東京
慶事のお遣い物を買いに、東京・新丸ビルへ。

ちょっとお茶しようと、地下にあった和風喫茶店「叶 匠壽庵」に入った。

和菓子の販売をしている横で、席数は少ないが喫茶スペースがある。

見た目にも華やかで、なかなか美味しいデザートだった。




■叶 匠壽庵
http://www.kanou.com/








■今日のカメ

■叶 匠壽庵
東京「叶 匠壽庵 (かのうしょうじゅあん)」へ行く。 _f0232060_18325335.jpg東京駅目の前の新丸ビル地下にあります。










■喫茶スペース
東京「叶 匠壽庵 (かのうしょうじゅあん)」へ行く。 _f0232060_1833375.jpg全8席くらいの小さな喫茶スペースです。












■抹茶パフェ
東京「叶 匠壽庵 (かのうしょうじゅあん)」へ行く。 _f0232060_18331117.jpg抹茶パフェです。パフェの上に葉っぱが乗っています。










■葉を取ると、こんな感じ。
東京「叶 匠壽庵 (かのうしょうじゅあん)」へ行く。 _f0232060_18331931.jpgパフェの中はこんな感じになっています。白玉、あんこ、抹茶アイス、バニラアイスで構成されています。この容器の2/3くらいがアイス(特に抹茶)で占めているので、途中で若干アイスオーバーになります。










■和三盆のロールケーキ
東京「叶 匠壽庵 (かのうしょうじゅあん)」へ行く。 _f0232060_18332858.jpg優しい甘さのロールケーキで、なかなか美味しかったです。ロールケーキの中にクリームとあんこが入っています。
by meshi-quest | 2009-11-02 18:32 | 東京


先日、ご招待をいただき、


今年11月に東京・八重洲北口の大丸13階フロアにオープンをした


「XEX TOKYO」に行ってきた。










「XEX TOKYO」は、XEXグループが展開する、


イタリアン、鉄板焼、バーが楽しめる、大人のための本格的なレストランだ。










まず、結論から言うと、今まで行かせていただいた東京近郊のXEX、


「XEX代官山」、「XEX愛宕」、「森本XEX」、「XEX六本木ヒルズ」の中で、


一番美味しかった。











料理、デザート、ワイン、カクテル、雰囲気、客層、どれをとっても一番イイ。


正直、驚いた。









実は、現地行くまでは、ご招待いただいた方とも、


ぶっちゃけ「大丸デパートの上かぁ・・・どうなんだろう(苦笑)」と


よくあるデパート上の集合レストランみたいなものを想像していた。













実際、現地着いた時も、オープンして間もないことや、


クリスマスシーズンということもあって人が多かったのもあるのだが、


「XEX TOKYO」受付前に人が溢れていて、せわしない感じがして、


「うーん」とは思っていた。












ところが、一旦、中に入ると、東京駅と皇居を見渡す夜景と、


広々とした席で、ゆったり食事ができるようになっており、


さすがXEX、とても雰囲気が良く、くつろぐことができた。











森本XEXやXEX愛宕で腕を振るっていたメインシェフやスタッフの方も、


XEX TOKYOの立ち上げのためこちらにいるようで、


ご丁寧に席まで挨拶に来てくださった。











この日は、あまりに美味しかったので、調子こいて、ありえないほど食べた。


ここだけの話(・・というかバラしてるが)、


ディナーコースを一人前キッチリ食べた上に、


鉄板焼で肉食べて、デザート盛り合わせまで食べた。













ご飯を食べている時はあまりお酒は飲まないのだが、バーテンさんが素晴らしく、


そのバーテンさんが作るカクテルがめちゃくちゃ美味しくて、


ガンガンにカクテルも飲んだ。


カクテルは、ここ数年飲んだ中で、一番美味しかったかも。












そんなこんなで、私のお腹はパンパン。


気のせいか、体が重い(おそらく気のせいではない)。


恐ろしくて体重計に乗れん。












ホント美味しかったです。


東京駅付近でお食事される時にはぜひ。













■「XEX TOKYO」
http://www.ystable.co.jp/restaurant/xextokyo/















■今日のカメ

■イタリアン店内の様子
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_105428.jpgちょっと暗くて分かりにくいかもしれませんが、東京駅や皇居が見える大きな窓に向って、席が並んでいます。
景色を見ながら、ゆっくり食事が楽しめるようになってます。










■窓側の席
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1051698.jpg夜景がきれいです。
昼間だと、また雰囲気もだいぶ違うんでしょうね。









■カクテル
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1052880.jpgカクテルが美味しいところでは必ずフレッシュフルーツを使ってもらって、嫌いなリキュールだけ告げて、バーテンさんにお任せをします。

まず最初はバーテンさんも様子見だったみたいで(笑)、クリスマスアレンジのストロベリーとパッションフルーツのカクテルを作ってくれました。




■カクテル
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1053918.jpg最初のカクテルがちょっと甘かったことと、パッションフルーツが強くて、ストロベリーの味が消えてしまっていたことを告げて、次はマンゴーで作ってもらいました。

そしたら、下が紅茶、上がマンゴーの二層になっている、バーテンさんオリジナルカクテルが出てきたのですが、これが、ビックリするくらい美味しくて、最高でした!

バーテンさんに自分の好みを知ってもらう攻防(笑)は、実に楽しいです。




■カクテル
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1054924.jpg調子こいて(もちろん、私が)、もう一品オーダー。

このバーテンさん、ホント、センス良くて、次はピーチを使うと告げて、出してくれたオリジナルカクテルが、コレです。

ピーチはあぶったデザートとして出てきて、白いカクテルはクリームのリキュールを甘過ぎないようにカプチーノ風に仕立てたカクテルで、ピーチを一口食べてから、このクリームカクテルを飲む、という感じです。
ピーチがこう来たか!!という意表を突かれたカクテル。

絶品!!参りました、乾杯・・・いや、完敗です。



■クリスマスメニュー
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_106679.jpgクリスマス期間中はコースメニューのみでしたが、通常時は、コースはもちろんのこと、アラカルトも多数あるようです。










■コース1品目
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1061825.jpgメニュー名をそのまま書くと、「フルーツトマトのコンポート オーガニックミントとシャンパーニュのゼリーと共に」だそうです。

トマトなので、ちょっと酸味があるかと思ったら、甘い味付になっていて、ミントの爽やかさとも合っていて、前菜にピッタリでした。




■コース2品目
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1063058.jpgメニュー名「オーストラリア産オマール海老とプンタレッタのサラダ仕立て カリカリに焼いた生ハムとキャビアのアクセント」。
うーん、もう何が何だかよう分かりません(苦笑)。なんかの呪文みたいだ(笑)。
黄色にんじんのソースが甘みがあって美味しくて、さっぱりと食べれるお料理でした。




■コース3品目
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1064557.jpgメニュー名「ハンガリー産フォアグラのインパデッラ ポルト風味の焼きリゾット添え 生姜のアロマ」。

何度も言うようですが、全く理解できてません、私(笑)。
うまいか、まずいか、のみで判断しています(笑)。

フォアグラが絶妙な焼き加減で美味しかったのと、「生姜のアロマ」と書かれているだけあって、フォアグラとリゾットの間に挟まっていた生姜がいい感じでアクセントになってました。
肉の臭みを消し、料理を軽く食べやすくしている感じです。



■コース4品目
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1071529.jpgメニュー名「トリュフを練りこんだ自家製タヤリン イベリコ豚と栗のラグーソース」。

簡単に言うとパスタなんですが、このパスタ、とっても美味しかったです。
パスタ自体も美味しいのですが、コクのあるラグーソースが最高!




■コース5品目
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1073073.jpgメニュー名「福岡産アラのソテー その骨から取った出汁で炊いた亀戸大根 蛤とフカヒレあんをかけて」。

これだけ、残念ですが、美味しくなったです。塩辛くて、素材の味が全くしなかったです。
お店の人にも言いましたが。魚料理は期待していただけに、うーん、残念。



■コース6品目
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1074470.jpgメニュー名「沖縄産 もとぶ牛サーロインのグリル 菜の花と北あかりのキッシュ添え キリストの涙をソースにかえて」。

涙をソースに、か・・・なんだかこっちが照れるくらいオシャレなメニューだ(笑)。
「キリストの涙」をソースに変えるって何?なに??とずっと気になってたのですが、「ラクリマ・クリスティー」という「キリストの涙」と呼ばれるワインをソースに使っているそうです。

味はこのキリスト涙ソースがとっても美味しくて(なんか私が言うと、急に庶民っぽくなるな)、肉も味がしっかりしていて、ジューシーでした。




■鉄板焼フロアの様子
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1075493.jpg和をイメージしたシックな鉄板焼フロアです。










■鉄板焼カウンター
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_10862.jpg目の前で焼いてもらうスタイルです。写真は、鉄板焼をいつも焼いてくださる青木チーフシェフさん。
コラムにも書いたとおり、イタリアンでコース食べた後、隣に移動してきて鉄板焼食べにきました。
この日は満腹中枢が死んでました(笑)。






■野菜
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1081593.jpg濃い料理が続いたときに、こういう生野菜は嬉しいですね。付ける味噌も美味しかったです。









■今日のお肉
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1082657.jpg素晴らしい霜降りの神戸牛サーロインをいただきました。









■鉄板焼
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1083580.jpg野菜、肉などをお好みの3種のソースでいただきます。
左からポン酢、オレンジソース(?)、粗塩&胡椒です。







■ミディアムレア!
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1084661.jpg絶品です。
今年一番の美味しいお肉でした。あー、たまらん(笑)。

ちなみに、手前の白いものは青森から週1で取り寄せているというニンニクです。
実は、ニンニク焼きが苦手で絶対食べない人なんですが、このニンニク、イモみたいにホクホクしていて、全くニンニク臭くなく、ビックリしました。高級なニンニクって、違うんですね。。。



■最後はデザート
東京 「XEX TOKYO」に行く_f0232060_1085982.jpgシャーベット、ティラミス、パンナコッタ、ベークドチーズケーキの盛り合わせです。

ハイ、食べ過ぎです・・・。すんません
by meshi-quest | 2007-12-27 10:02 | 東京
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン