カテゴリ:横浜( 17 )










数々のラーメン大賞を取り続けている


伊勢佐木長者町にある大人気ラーメン店「地球の中華そば」へ。


「地球の」と書いて、「ホシノ」と読む。


伊勢佐木長者町「地球の中華そば」へ行く。_f0232060_10264132.jpg


伊勢佐木長者町「地球の中華そば」へ行く。_f0232060_10264513.jpg


伊勢佐木長者町「地球の中華そば」へ行く。_f0232060_10264923.jpg
















清湯と白湯が選べるのだが、濃厚民族としては当然白湯!


白湯スープの海老ワンタン煮玉子ラーメンをいただく。



伊勢佐木長者町「地球の中華そば」へ行く。_f0232060_10295428.jpg















全体的にとてもまとまっていて、美味しく、綺麗なラーメン。


見た目よりも、個人的にはあっさりしてる印象。


券売機に「やや濃厚」と書かれていたのだが、


濃厚民族的には全く濃厚の部類には入らない感じではあったw。


海老ワンタンと煮玉子、とても美味しかった。


伊勢佐木長者町「地球の中華そば」へ行く。_f0232060_10322442.jpg















こちらは別の方が頼んだ清湯の海老ワンタン煮玉子ラーメン。


こちらは見た目通りのスッキリ淡麗


伊勢佐木長者町「地球の中華そば」へ行く。_f0232060_10504226.jpg










■「地球の中華そば」









「メシクエLV34」の本が出ました!!


■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」
https://www.amazon.co.jp/dp/B08JRZD33S


■「メシクエLV34」インスタ
https://www.instagram.com/rienarusawa8/














タグ:
by meshi-quest | 2020-12-07 08:06 | 横浜










元町中華街にある大人気リトランテ「SALONE 2007」でランチ会。


何度聞いても忘れてしまうのだがw、


正しくは「サローネドゥエミッレセッテ」と読む。


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23004877.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23005381.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23005783.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23010258.jpg















コロナの影響で、各テーブルにはパーテーションがしっかり配置されており、


プライベートが守られた個室のような感じになっている。


最近、カジュアルなイタリアンにお邪魔することが多かったので、


この感じは久しぶりだなあ、さすが格式あるリストランテ。


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23022232.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23022969.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23023494.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23023968.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23025202.jpg
















1品目のアミューズは、「SALONE2007」の定番でもある、


黒毛和牛A5サーロインスピエディーノ


スピエディーノとはイタリア語で「串焼き」の意味。


A5サーロインでトリュフの香りのジャガイモを巻いたもの。めちゃくちゃ美味しい!!


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23081588.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23081928.jpg
















2品目は、洋梨のモスタルダのジェラティーナ。


モスタルダは果物をマスタード風味のシロップに漬け込んだもの、


ジェラティーナはシチリアの伝統料理で、


豚肉のいろんな部位を固めた冷前菜。


ソースは洋梨のマスタードソースと、カボチャとクローブのスパイシーソースの2種。


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23131571.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23132875.jpg















パンもすごく美味しい。


特に手前のローズマリーとオリーブオイルのパンが絶品。


手がオイルでベトっとなるけど、そんなの構わないくらい食べてしまう。



元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23144890.jpg
















3品目は、ある時とない時があるという隠しパスタ。


コースとは別料金にはなるが、ぜひ食べて欲しいものが用意されている。


本日は、「パスタワールドチャンピオンシップ」にて


準決勝の時にシェフが披露したという渾身の逸品。


材料は、アンチョビニンニクオリーブ玉ねぎだけ。


これをひたすら4時間近くじっくり炒め続けると、


こんなシンプルな具材とは思えないほどのコクと風味が出てくる。


麺もつけ麺で有名な浅草の製麺会社「開花楼」と共同制作した低加水パスタ。


パスタっぽくもあり、つけ麺っぽくもある、麺だけでもすごく美味しい。


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23202615.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23203077.jpg
















4品目は、カリフラワーズッパ


中にはバッカラマンテカート(干しダラの練り物)が入っている。


このカリフラワーのスープも絶品だった!素晴らしい!


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23243659.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23244093.jpg
















5品目は、クミン風味のマグロを使ったプッタネスカ


プッタネスカは娼婦風とも呼ばれるパスタ料理で、


通常はトマトを入れた赤いパスタだが、


今回はオレガノ風味セミドライトマトを使い、白く仕上げている。


クミンとオレガノでマグロのクセもなく、すごくあっさりいただける食べやすいパスタ。


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23263475.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23263841.jpg
















6品目のメンディッシュは、仔羊ストゥファート


ストゥファートとは蒸し煮込み料理のこと。


10時間かけてゆっくりと火入れをして肉の旨味を閉じ込めている。


ラルド(背脂)と栗とセロリと共に。


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23324562.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23324958.jpg
















7品目は、「SALONE 2007」の伝統のトマトソースを使ったポモドーロ


最後のパスタは好きな量で注文できるようになっていて、


お店の最高はなんと1人で1kg!!


私はひよって90gに。


乾麺でのグラムなので茹でるとさらに増えて、


250gを頼んだ方と比べると、その量は一目瞭然w。


ただ、このポモドーロがめちゃくちゃ美味しくて、


美味しすぎてあっという間に食べてしまい、もっと頼んでも良かったかもw。


トマトの尖った酸味がなく、トマトの旨味、甘味、風味だけが生かされてる。


すごく濃厚で、私が好きな味。今まで食べたポモドーロのNo.1。


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23372346.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23372971.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23373267.jpg















8品目は洋梨のコンポート。


ゴルゴンゾーラのクリームとポルチーニ茸の風味の赤ワインのグラニテと共に。


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23393998.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23394358.jpg















食後のハーブティー小菓子


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23403813.jpg


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23404256.jpg
















最後にシェフ自ら各テーブルに挨拶にいらしてくださり、


しかも、細かい料理の説明を書いた紙までくださった。


料理も素晴らしかったが、ホスピタリティーも素晴らしい。


さすが、国内最高峰のリストランテの1軒。大満足。


元町・中華街「SALONE 2007」へ行く。_f0232060_23425183.jpg













■「SALONE 2007」

「メシクエLV34」の本が出ました!!


■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」
https://www.amazon.co.jp/dp/B08JRZD33S


■「メシクエLV34」インスタ
https://www.instagram.com/rienarusawa8/










by meshi-quest | 2020-11-13 08:08 | 横浜








ひょんなことから、久しぶりに中華街。







11時近い結構な遅めの夕食になってしまったので、


この時間からでも入れて、リーズナブルで、


それなりに美味しいところを考えると、うーん、ここかなあ。


元町中華街「山東 2号店」へ行く。_f0232060_0361354.jpg
























元町中華街「山東 2号店」へ行く。_f0232060_036396.jpg






























相当遅い時間にも関わらず、一般のお客さんも多く、


また中華街近辺の中国人と思われる現地の方々も多数。










「山東」名物の皮が厚いモチモチ餃子は、


具も餃子のタレも独特で、若干好みは分かれると思うが、


出来立てはやっぱり美味しい。


その他の一品料理もどれも安心して食べられるレベル。


元町中華街「山東 2号店」へ行く。_f0232060_0395315.jpg























元町中華街「山東 2号店」へ行く。_f0232060_0401513.jpg























元町中華街「山東 2号店」へ行く。_f0232060_0404146.jpg























元町中華街「山東 2号店」へ行く。_f0232060_041596.jpg
































■「山東 2号店」
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14000483/










■今日のカメ

■「山東2号店」
元町中華街「山東 2号店」へ行く。_f0232060_0361354.jpgみなとみらい線「元町・中華街駅」から徒歩8分ほど。

メインの中華街大通りから1本入った路地にあります。






■店内の様子
元町中華街「山東 2号店」へ行く。_f0232060_036396.jpg23時過ぎでも、1階、2階が満席で、3階席へ。席数は多めです。夜中までやっています。









■焼き餃子
元町中華街「山東 2号店」へ行く。_f0232060_0395315.jpg水餃子が有名ですが、個人的には焼き餃子派。八角など各種中華スパイスの効いた独特な餃子ですが、美味しいです。皮は厚め。








■豆苗
元町中華街「山東 2号店」へ行く。_f0232060_0401513.jpg皿一杯の豆苗炒め。塩加減もちょうど良く、とても美味しい。









■エビチリ
元町中華街「山東 2号店」へ行く。_f0232060_0404146.jpg大海老がいっぱい入ったエビチリ。玉ねぎたっぷりの甘めのトマトチリソース。









■ワンタンスープ
元町中華街「山東 2号店」へ行く。_f0232060_041596.jpg海老ワンタンスープ。優しい塩味です。
by meshi-quest | 2016-11-02 08:06 | 横浜








「シュウマイ」と言われると、すぐに思い浮かぶ


あの赤い箱のシュウマイ。


日本全国、特に関東圏では知らない人はいないと思われる、


シュウマイと言えば、崎陽軒。













崎陽軒のシュウマイは、関東圏ではスーパーでも売ってて、


駅でも買えたりするのでお馴染みだが、


私含めて、おそらく東京都にお住まいの方は、


崎陽軒がやっている中華料理店があることまではあまり知らないと思う。













「嘉宮」の存在を知るまでは、少なくとも私はそうだったのだが、


崎陽軒は、日本ハムとか伊藤ハムとかそんな感じで、


あくまでシュウマイのメーカーであって、


中華料理店を店舗で持っているような会社だと思っていなかった。














というわけで、なかなか行く機会がなく、ようやく「嘉宮」に行けたので、


ちょっとリッチにランチコースをいただいてきた。


「崎陽軒」と聞いて、客が期待する「崎陽軒のシュウマイ」も


もちろん、ちゃんとコースに入っている。


しかも、なんと「崎陽軒のシュウマイ2種の食べ比べ」だ。


横浜「崎陽軒本店 中国料理 嘉宮」へ行く。_f0232060_11581937.jpg





























テンションが最高潮になった崎陽軒のシュウマイの登場。


こんな入れ物で出てくる崎陽軒のシュウマイは初めてだw。













ちなみに、シュウマイの食べ比べは、


「特製シュウマイ」と「昔ながらのシュウマイ」という2種だったが、


ぶっちゃけ、あまり味の差を感じなかったことは、正直にお伝えしておく。













■「崎陽軒本店 嘉宮 (かきゅう)」
http://www.kiyoken.com/restaurant/honten/h_kakyu/
















■今日のカメ

■「嘉宮」
横浜「崎陽軒本店 中国料理 嘉宮」へ行く。_f0232060_1223554.jpgJR横浜駅東口目の前の崎陽軒ビル2階です。地下街ポルタからも行けます。

崎陽軒のシュウマイの庶民的なイメージからは想像できないほどの、かなり立派な高級中華店です。まあ、元々、こっちが最初だったんだと思うんですがw。




■店内の様子①
横浜「崎陽軒本店 中国料理 嘉宮」へ行く。_f0232060_1254051.jpg中はすごく広いです。席数もかなりあります。優雅な作り。









■店内の様子②
横浜「崎陽軒本店 中国料理 嘉宮」へ行く。_f0232060_1263377.jpg半個室のゆったりとした席に通していただきました。









■テーブルセット
横浜「崎陽軒本店 中国料理 嘉宮」へ行く。_f0232060_1271862.jpgテーブルセットは、こんな感じ。

今回は、「いろどりランチ」(2880円)のコースをいただきました。







■1品目
横浜「崎陽軒本店 中国料理 嘉宮」へ行く。_f0232060_1282270.jpg「旬の生野菜サラダ 銘々盛り」です。

崎陽軒という名前と、この店内の雰囲気で過度な期待をしちゃったのかもしれませんが、かなり普通で、高級中華っぽさもなく、若干ガッカリ。






■2品目
横浜「崎陽軒本店 中国料理 嘉宮」へ行く。_f0232060_12103773.jpg「桜えび入り大根餅の香り焼き」です。

ランチだからかなのか、作り置きしてあった感じの味と硬さ。イマイチ。







■3品目
横浜「崎陽軒本店 中国料理 嘉宮」へ行く。_f0232060_11581937.jpgコース最大の見せ場、「崎陽軒シュウマイの食べ比べ」です。特製シュウマイと、昔ながらのシュウマイ。








■シュウマイ、アップ
横浜「崎陽軒本店 中国料理 嘉宮」へ行く。_f0232060_12124658.jpg手前が、特製・・・だったかな。

子供の頃から食べている崎陽軒のシュウマイの味なので、両方好きな味ではありますが、特製と昔ながらの違いが全く分かりませんでした(苦笑)。どちらも、あの崎陽軒な感じ。





■4品目
横浜「崎陽軒本店 中国料理 嘉宮」へ行く。_f0232060_12154154.jpgメインは、メニューにある6種の中から2種を選びます。

これは、「ブロッコリーと健味鶏、青森産真イカ、中国サラミの八宝菜 トウチ風味」です。風味良く、美味しく出来ていました。





■5品目
横浜「崎陽軒本店 中国料理 嘉宮」へ行く。_f0232060_12185746.jpgメインのもう一品は、「大豆もやし・春ニラと細切り豚肉の炒め」にしました。

これもご飯が進む、美味しい料理でした。







■6品目
横浜「崎陽軒本店 中国料理 嘉宮」へ行く。_f0232060_12203339.jpgご飯と香の物と、「蟹肉と神奈川県産恵寿卵のスープ」です。









■7品目
横浜「崎陽軒本店 中国料理 嘉宮」へ行く。_f0232060_12221458.jpg特製マンゴープリン。濃厚で美味しかったです。
by meshi-quest | 2015-04-16 08:04 | 横浜






横浜で用事を済ませ、帰りに


「La Maison ensoleille table ラ・メゾン アンソレイユターブル」へ。













横浜店ではないが、大学時代によく利用させてもらったカフェ。


かわいいケーキが魅力で、よく友達とお茶しながら長い時間しゃべってた。













今回、久しぶりに行ってみたが、


なんか思い出補正もあったのか、舌が変わってしまったのか、


正直、昔喜んで食べていた時の感覚はなくなってた。














ケーキ、甘くなったかな?


クリームも、スポンジも重くて、イマイチだったなあ・・・。













■「ラ・メゾン アンソレイユターブル」
http://www.la-maison.jp/
















■今日のカメ

■「ラ・メゾン アンソレイユターブル」
横浜「ラ・メゾン アンソレイユターブル」へ行く。_f0232060_1657267.jpgJR横浜駅からすぐ。ルミネ横浜の7階にあります。










■店内の様子
横浜「ラ・メゾン アンソレイユターブル」へ行く。_f0232060_16583093.jpgかわいらしい店内。席数はかなりあります。女性のお客さんがほとんど。









■イチゴとバナナ
横浜「ラ・メゾン アンソレイユターブル」へ行く。_f0232060_1712485.jpgイチゴとバナナのショートケーキタルト(680円)です。

全体的に甘いのと、生クリームが重いかな。







■紅茶
横浜「ラ・メゾン アンソレイユターブル」へ行く。_f0232060_1715896.jpgアールグレイ。
タグ:
by meshi-quest | 2015-01-11 08:03 | 横浜






おそらく、回転寿司界の最高峰ではないかと思う店に出会った。


少なくとも東京近郊では、No.1なんじゃないかと思う。













寿司屋として人気の「美登利寿司」が運営する回転寿司。


ウワサはかねがね聞いていて、前評判も高く、


しかし、こんなにうまいとは。


正直、驚いた。













「まぐろ人」とか、「三崎港」とか、


今までいくつか好きな回転寿司があったが、


その味をはるか超えてきた。














マジで、近所に欲しいなあ。


店舗拡大、激望!













■「回し寿司 活」
http://www.katumidori.co.jp/index.html
















■今日のカメ

■「回し寿司 活」
横浜「回し寿司 活 横浜スカイビル店」へ行く。_f0232060_15532495.jpgJR横浜駅から地下道通ってすぐのところにある横浜スカイビルの11階にあります。









■長蛇の列!
横浜「回し寿司 活 横浜スカイビル店」へ行く。_f0232060_1555254.jpgやっぱり、安くて美味いものを食べたいのはみんな一緒で(笑)、お昼時を外したのに長蛇の列。入店まで30分かかりました。

ちなみに、待ってでも食べる価値ある回転寿司です。





■店内の様子
横浜「回し寿司 活 横浜スカイビル店」へ行く。_f0232060_15572128.jpg中は、普通の回転寿司屋です。席数も多いですが、それ以上にお客さんが多く、かなり混んでます。









■まぐろ三貫盛り①
横浜「回し寿司 活 横浜スカイビル店」へ行く。_f0232060_15585058.jpg写真だと分かりにくいですが、ネタも新鮮で、美味しく、厚みもあります。









■まぐろ三貫盛り②
横浜「回し寿司 活 横浜スカイビル店」へ行く。_f0232060_15594946.jpg中トロ、ネギトロ、炙りの3種。










■しまあじ
横浜「回し寿司 活 横浜スカイビル店」へ行く。_f0232060_160343.jpg歯ごたえある、美味しいしまあじでした。










■えんがわ
横浜「回し寿司 活 横浜スカイビル店」へ行く。_f0232060_1611031.jpgこれも美味しい。










■大ボイルエビ
横浜「回し寿司 活 横浜スカイビル店」へ行く。_f0232060_1615055.jpgここまでのネタが回転寿司と思えないほどで、かつ、メニューに「大エビ」と書いてあったので超期待してましたが、エビはごくごく普通。ちとがっかり。







■サラダ軍艦
横浜「回し寿司 活 横浜スカイビル店」へ行く。_f0232060_1632244.jpgマヨネーズと酢飯の相性って、すごくいいですよね。回転寿司来ると、なんかサラダ軍艦食べたくなる。








■あら汁
横浜「回し寿司 活 横浜スカイビル店」へ行く。_f0232060_1641983.jpg具だくさんの美味しいあら汁でした。
by meshi-quest | 2015-01-09 08:07 | 横浜



横浜モアーズのレストラン街にある、


沖縄料理「南国食堂 首里」でランチ。










沖縄料理は、野菜やら、豆腐やらで、とってもヘルシーなので、


飲み過ぎたり、肉食べ過ぎたりした翌日のランチに食べたりする。











シンプルそうなのに、微妙に店によって味が違って、美味さも違う。


たまに、めちゃくちゃ美味しい沖縄料理に出くわすことがあるが、


ここの味は、普通かな。












■「南国食堂 首里」
http://www.nangoku-shuri.com/














■今日のカメ

■「南国食堂 首里」
横浜「南国食堂 首里」へ行く。_f0232060_2531390.jpgJR横浜駅から徒歩30秒ほど。駅前の横浜岡田屋モアーズの8階です。









■店内の様子
横浜「南国食堂 首里」へ行く。_f0232060_2555235.jpg席数も多く、広い店内でした。










■豆腐チャンプル定食
横浜「南国食堂 首里」へ行く。_f0232060_2565340.jpgチャンプル定食(900円)に、プラス200円でミニ沖縄そばを付けました。









■チャンプル、アップ
横浜「南国食堂 首里」へ行く。_f0232060_258033.jpgホントはゴーヤが入っているのですが、苦手なので、小松菜に変えてもらいました。野菜と豆腐でヘルシー。








■沖縄そば
横浜「南国食堂 首里」へ行く。_f0232060_25992.jpgまずくはないんですが、あまり特徴なく、普通かな。
by meshi-quest | 2013-07-13 08:06 | 横浜



横浜ベイクオーター近くにある、


「Ginger's Beach ジンジャーズビーチ」でランチ。











店内の天井が高く、窓も大きく、席の間隔も離れていて、


ゆったりくつろげる、居心地良い優秀なカフェ。










料理も美味しく、ここのロコモコはジューシーで、


来るとほぼいつも注文しているお気に入り。











■「Ginger's Beach ジンジャーズビーチ」
http://luckbag.jp/gingers/















■今日のカメ

■「Ginger's Beach」
横浜「Ginger\'s Beach」へ行く。_f0232060_16413566.jpgJR横浜駅きた口から徒歩5分ほど。横浜ベイクオーターの裏手にあります。

「リゾートホテルのエントランスロビー」をイメージしている店内は、ホントゆったりしていて、居心地がいい。





■ランチサラダ
横浜「Ginger\'s Beach」へ行く。_f0232060_16432952.jpgランチは、日替わり、カレー、パスタなど数種から選べ、どれもサラダが付いています。









■特製ロコモコ
横浜「Ginger\'s Beach」へ行く。_f0232060_16443170.jpgお気に入りの特製ロコモコ(980円)です。










■ロコモコ、アップ
横浜「Ginger\'s Beach」へ行く。_f0232060_16452281.jpg手作りハンバーグがやわらかくて、ジューシーで、美味しく出来ています。温泉卵と、フライドオニオンもいい感じ。








■デザート
横浜「Ginger\'s Beach」へ行く。_f0232060_16494491.jpgランチについてくるドリンクと、プラス150円で付けられるミニデザート。









■デザート、アップ
横浜「Ginger\'s Beach」へ行く。_f0232060_16503977.jpg日替わりで、この日は紅茶のシフォンでした。150円でも、かなりちゃんとしたデザートがつきます。
by meshi-quest | 2013-07-04 08:03 | 横浜



ママのお墓参りをしに、横須賀へ。


毎年この時期、ママの誕生日に合わせて、必ずお墓参りに行く。












去年と今年の報告と、今考えてることや悩んでいることを話す。


話すときには、すでに心が決まっていることが多いので、


相談というより、心の整理やアドバイスをもらうに近い。











生前、精神的な面も、物理的な面も、すべてをママに頼っていた私は、


ママが亡くなったことで、良くも悪くも大きく変わって、


一歩一歩づつ暗闇を進んでいくことになった。












ようやく、道も分かってきて、冒険の仕方もこなれてきて、


思うところがあって、また新しい暗闇に入ってみようかと思っているが、


今はまだ、ママと私のヒミツにしておこうと思う。











さて、お墓参りの帰りに、夕食を食べに中華街へ。


年に数回、おそらくここだけでしか食べない「謝甜記」のお粥。


お粥嫌いな私が、唯一、喜んで食べに行くお粥。


ママは私と違い、お粥好きだったので、食べさせてあげたかったな・・・。











■「謝甜記 シャテンキ 貮号店」
http://www.shatenki-nigouten.co.jp/
















■今日のカメ

■中華街
横浜中華街「謝甜記 シャテンキ 貮号店」へ行く。_f0232060_18475942.jpg休日、夕食時の中華街。人が溢れています。

一時期、大地震や日中関係悪化で中華街もだいぶ閑散としていたようですが、見る限り、賑わいを取り戻しているように思います。






■「謝甜記 貮号店」
横浜中華街「謝甜記 シャテンキ 貮号店」へ行く。_f0232060_18501385.jpgみなとみらい「横浜中華街駅」から徒歩5分ほど。中華街の上海路にあります。

人気店は入店待ちの行列が出来ていますが、ひときわ長い行列ができていました。40分待ち。






■テーブルセット
横浜中華街「謝甜記 シャテンキ 貮号店」へ行く。_f0232060_18512660.jpgジャスミン茶、ザーサイ、お粥の調味料などは、最初からテーブルにセットされています。









■乗り切らない・・・(苦笑)
横浜中華街「謝甜記 シャテンキ 貮号店」へ行く。_f0232060_18522713.jpg注文してから出てくるまでが早い上、テーブルが狭く、客が食べ終わるまで次の提供を待つ的なおもてなしもないので(笑)、一気にこんな状態になります。

接客はイマイチですが、まあ、現地の方がやっているお店は、中華街どこもほぼそんな感じなので、ご愛嬌。



■「五味粥」
横浜中華街「謝甜記 シャテンキ 貮号店」へ行く。_f0232060_18561776.jpg「五味粥(ういかゆ)」という、牛肉、豚肉、鶏肉、豚スネ肉、ピータンの5種入りのお粥。

ちなみに、お粥は「普通」と「中椀」があり、100円くらいしか差がないですが、かなり量があるので1人前なら「普通」で十分。





■えび粥
横浜中華街「謝甜記 シャテンキ 貮号店」へ行く。_f0232060_1859295.jpgこっちは、えび粥の普通サイズ(788円)。

相変わらず、ここのお粥は美味しいなあー。








■空芯菜炒め
横浜中華街「謝甜記 シャテンキ 貮号店」へ行く。_f0232060_1934535.jpgボリュームたっぷりの空芯菜炒め。










■名物「鶏の唐揚げ」
横浜中華街「謝甜記 シャテンキ 貮号店」へ行く。_f0232060_1936858.jpg「謝甜記」行ったら絶対注文する、名物「梅味噌付きの鶏の唐揚げ」(1260円)。

カレー風味の鶏の唐揚げに、自家製の梅味噌ソースが合っていて、とても美味しい!!






■えびたま
横浜中華街「謝甜記 シャテンキ 貮号店」へ行く。_f0232060_1938967.jpgプリプリのエビがいっぱい入ったえびたま(1680円)。

まるで大盛りチャーハンのようですがw、エビと玉子の炒めだけでこのボリュームです。






■エビ春巻き
横浜中華街「謝甜記 シャテンキ 貮号店」へ行く。_f0232060_19393327.jpg「エビとマヨネーズの春巻」(420円)です。

サクサク、プリプリの春巻をマヨネーズに付けていだきます。これも美味しかった!







■焼餃子
横浜中華街「謝甜記 シャテンキ 貮号店」へ行く。_f0232060_1941148.jpg椎茸がいっぱい入っていて、椎茸の風味がたっぷりの焼餃子(630円)。
by meshi-quest | 2013-05-24 08:05 | 横浜



横浜中華街にある「tef-tef」へ。












関帝廟通りにあるおしゃれな雑貨屋さん。


中国やアジア山岳民族の服や雑貨をセンス良く仕入れていて、


かつ、お手頃で買えるので気に入っているお店。












中華街には、それこそ、ものすごい数の中国・アジア雑貨店があり、


正直、質が良くないところも多く、値段も高かったりするが、


ここ「tef-tef」は、バランスが良い。


他のお店で見かけないようなものも多く、中華街に行くと、必ず立ち寄る。











実は、大きく看板は出していないが、


ここ「tef-tef」の2階にはカフェがあり、


休日、中華街のカフェが軒並み大行列で、全滅している中、


静かにお茶を楽しむことが出来る。











そして、何よりもトイレ。


喉が渇いたというより、


トイレに行きたいからカフェへという需要は絶対あると思うが、


観光地では、なかなかそれがすんなり叶わない。












こういう時、色んな場所の、色んな店の情報が頭に入っているのは役立つなあと、


自画自賛しながら(笑)、トイレを使わせてもらった。












■「横浜中華街 tef-tef」
http://www.tef-tef.cc/














■今日のカメ

■「tef-tef」
横浜中華街「tef-tef」へ行く。_f0232060_2022582.jpgみなとみらい「横浜中華街駅」から徒歩5分ほど。中華街の関帝廟通りにあります。

1階は中国やアジア諸国のかわいい服や雑貨を売っています。






■店内の様子
横浜中華街「tef-tef」へ行く。_f0232060_2033996.jpg大きな看板が出てないので、知る人ぞ知る感じですが、2階がカフェになっています。

席数は少なめですが、あまり知られてない分、すんなり入れて、ゆっくりお茶が出来ます。この日、晴天の休日で、メイン通りのよくあるチェーンカフェでもお店の外まで長い列ができていましたが、ここはすぐ入れました。



■カフェラテ
横浜中華街「tef-tef」へ行く。_f0232060_2082960.jpg濃厚な牛乳を使っているので、コクがあって、美味しいカフェラテでした。エスプレッソは自分で好みの量を入れます。








■トロピカルスムージー
横浜中華街「tef-tef」へ行く。_f0232060_209027.jpgグアバ、リンゴなど数種のフルーツが入ったスムージー。
タグ:
by meshi-quest | 2013-05-24 08:02 | 横浜
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン