カテゴリ:四谷( 78 )










四谷にある予約が取れない中華の名店「南方中華料理 南三(みなみ)」へ。


今宵も水岡シェフの唯一無二の絶品スパイシー中華をいただく。


まずは、いつもの10年ものの紹興酒で乾杯。


炭酸が飲めないから、ビール、シャンパン、ハイボールとかがダメで、


いつもゴッツイお酒で乾杯することになってしまうw。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00124919.jpg

四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00132438.jpg















まず1品目は、名物の6種の中華前菜盛り合わせから。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00145406.jpg
















本日の前菜ラインナップは・・・、


よだれあん肝


発酵パインを使った牡蠣の燻製、


酔っ払いボタン海老


茄子ピータンの和え物


サワラの塩レモン、


里芋の中華マッシュポテト。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00151837.jpg

四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00150024.jpg

四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00150436.jpg

四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00151359.jpg
四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00150955.jpg

四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00152295.jpg
















2品目は、定番の3種の珍味の盛り合わせ。


鴨舌スモーク、大腸のパリパリ揚げ、ウイグルソーセージ


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00211070.jpg
















3品目は、広東白菜


濃厚でクリーミーなアヒルの塩卵カラスミの組み合わせ。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00221043.jpg















4品目は、雲南トリュフとジャガイモの春巻。


薄皮でカリッと揚っていて、サクッサク。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00225589.jpg













5品目は、アンコウの湖南唐辛子炒め。


大量の唐辛子を風味付けに使う。


見た目ほど辛くはなくて、良質の唐辛子をたくさん使うので実は贅沢な料理。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00245267.jpg

四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00250158.jpg
















6品目のメインディッシュは蝦夷鹿のニラミントソース。


ジビエの旨味たっぷりの赤身の蝦夷鹿に、


香り引き立つスパイシーなニラとミントのソースがすごく合う。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00264124.jpg
四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00265159.jpg















7品目は、白子麻婆豆腐


豆腐と思いきや、かなりのボリュームで白子が混じってるw。


こんな贅沢な麻婆豆腐は食べたことない!


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00292798.jpg














8品目は、洋梨イチゴの杏仁豆腐。


茶色いものは桃の樹液


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00293045.jpg











組み合わせも、調理法も、食材も、調味料も、


「南三」でしか食べられない料理ばかり。


こういう料理がいただけるのは外食の醍醐味。家では味わえない料理。












■「南方中華料理 南三」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13221235/








「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ













by meshi-quest | 2021-01-20 08:07 | 四谷










懇意にさせてもらっている


人気日本料理店「はらまさ」で食事。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_00404867.jpg

四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_00405183.jpg

四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_00432217.jpg














まずは和歌山県九重雑賀の大吟醸「雑賀孫市」で乾杯。


『合戦酒』って、すごいなあ。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_00441891.jpg















1品目は、聖護院かぶら穴子と菊菜の温かい前菜。


胃が温まりながら、徐々に動いていくような優しい味。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_00443966.jpg

四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_00444401.jpg















2品目は、名物の自家製あん肝醤油と共にいただく、


甘鯛のお造り。


このあん肝醤油がめちゃくちゃ美味しくて、


これだけずっと食べていられそうな味。


単に醤油とわさびで食べるのではなく、


刺身にこのあん肝醤油を付けて、


薬味海苔で巻いて食べるのが「はらまさ」流のお造り。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_00492239.jpg

四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_00493791.jpg
四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_00492757.jpg

四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_00493074.jpg















3品目は、焼きフグのお椀。


体が癒されるいい出汁。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_00525415.jpg

四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_00525871.jpg















4品目は、通称「痛風素麺」と呼ばれているw、


これまた「はらまさ」名物の豪華素麺。


素麺に濃厚な白子を和えて、


上からカラスミいくらキャビアなど魚卵のオンパレード。


単に豪華なだけでなく、見た目ほど濃くなくて、


美味しいのであっという間にサラッと食べれてしまう。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_00545038.jpg

四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_00544407.jpg
















5品目は、太刀魚の塩焼。


脂が乗っていて、日本酒が進む味。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_01205453.jpg
















6品目の〆のご飯は、


美味しい出汁で炊いたご飯の上から


たっぷりの黒トリュフを削るトリュフご飯


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_01224248.jpg

四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_01224648.jpg

四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_01231230.jpg

四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_01231598.jpg
















出汁とトリュフだけでも十分美味しいのだが、


その上に黒毛和牛のすき焼きと雲丹をトップピング。


さらに、その上から追いトリュフ


こんな豪華な牛丼が食べれるのは「はらまさ」ならでは!


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_01253798.jpg
















お代わりの際にはトッピングを変えることができ、


揚げたて牛カツ追いトリュフの組み合わせもできるw。


もはや〆のご飯のレベルを超えてて、


メインディッシュを兼ねたご飯。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_01263909.jpg

四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_01264786.jpg















7品目のデザートは、マスカルポーネのムース。


本格的な日本料理を美味しさはそのままに、


食べやすく、かつ、食べ応えあるようにアレンジして出してくれる日本料理の良店。


四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_01282339.jpg

四谷三丁目「はらまさ」へ行く。_f0232060_01283079.jpg




















「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ















by meshi-quest | 2021-01-04 08:07 | 四谷











四谷にある予約が取れない中華の名店「南方中華料理 南三(みなみ)」へ。


今宵も水岡シェフの唯一無二の絶品スパイシー中華をいただく。
















まず1品目は、名物の6種の中華前菜盛り合わせから。


そして、いつもの通り、20年モノの紹興酒!!



四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_22595775.jpg

四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23003484.jpg


















本日の前菜ラインナップは・・・、


よだれ鰹


とキクラゲの腐乳和え


アワビとマコモダケ


生落花生と紹興酒漬けの枝豆


ホヤとパプリカ


茄子とニラのピータンソース


真蛸と発酵茶葉和え


他店ではなかなかいただけない珍しい食材の豪華6種の前菜。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23000946.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23001439.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23001741.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23002088.jpg



四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23002553.jpg



四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23002915.jpg


















2品目は、定番の3種の珍味の盛り合わせ。


鴨舌スモーク、大腸のパリパリ揚げ、ウイグルソーセージ


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23085379.jpg



四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23085891.jpg

















3品目は、おかわかめと黄ニラとしらすの台湾黒胡麻油炒め。


優しい味わいの食べやすい野菜炒め。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23090517.jpg

















4品目は、点心2種。


松茸自家製XO醤焼売と、


秋刀魚ヒラタケ春巻


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23121191.jpg



四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23121493.jpg



四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23121722.jpg


















5品目は、のフリット。


たっぷりのレモングラス発酵トマトのアジアンスパイシーなソース。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23143397.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23143664.jpg
















6品目のメインディッシュは、


柔らかい厚切り牛タンポルチーニ茸


牛タンがめちゃくちゃ柔らかくて、美味しい!


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23170159.jpg


















7品目は、たっぷりイクラチャーハン


サラサラのチャーハンに、プリプリ、ツヤツヤのイクラがすごく合ってる!


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23182902.jpg



四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23183268.jpg
















8品目は、手作り杏仁豆腐


上にはのシャーベット、桃の樹液


甘さ控えめで、濃厚な中華にピッタリな口直しのデザート。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23184830.jpg













益々予約の取れない人気中華店になっていく「南三」さん。


それでも定期的にお邪魔させていただけてて、本当にありがたい。


次回は、冬に!楽しみ!










■「南方中華料理 南三」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13221235/






「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ













by meshi-quest | 2020-10-30 08:08 | 四谷









四谷にある予約が取れない中華の名店「南方中華料理 南三(みなみ)」へ。


今宵も水岡シェフの唯一無二の絶品スパイシー中華をいただく。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_1765515.jpg
















まず1品目は、名物の6種の中華前菜盛り合わせから。


この美味しそうな前菜には、20年モノの紹興酒!!


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_17104647.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_17113827.jpg
















本日の前菜ラインナップは・・・、


よだれ鰻


酔っぱらい縞えび


シマアジのレモン、セロリ、マスタード和え、


台湾ハイビスカスの甘酢漬け、


アヒルの卵とゴーヤの和え物、


雲丹と干し豆腐とアスパラ、


一品目からテンションが上がる豪華6種の前菜。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_17162385.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_17163841.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_17165277.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_1717791.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_17172182.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_17173142.jpg
















2品目は、定番の3種の珍味の盛り合わせ。


鴨舌スモーク、大腸のパリパリ揚げ、ウイグルソーセージ


濃厚な珍味に、紹興酒が止まらないw。みんなでもう1本。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_1720137.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_172099.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_17202558.jpg
















3品目は、自家製干し肉と空心菜の貴州豆豉煮


見た目も納豆っぽいが、味もホントにそのまんま納豆(笑)。


納豆が調味料になっている不思議な煮込み。白米が食べたくなる味。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_17234214.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_17235693.jpg
















4品目は、雲南ポルチーニ春巻


アツアツ、サックサクの揚げ立てで、めちゃくちゃ美味しい!


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_1726958.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_17262849.jpg
















5品目は、の山椒唐辛子煮。


唐辛子の辛さはあるが、見た目ほどではなく、


山椒のいい香りに川魚の鮎がすごく合ってる。


これだけスパイシーな味付けだと、


サッパリした海の白身魚より、いい意味で少しクセのある川魚がいい。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_17315957.jpg
















6品目は、台湾トンカツ


サックサクの揚げ立てとんかつに、


ミントなどのハーブをたっぷり使った香味野菜ソースをかけたもの。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_1734527.jpg
















7品目は、今回特別に事前に頼んでおいた


「南三」特製カツカレー


以前、水岡シェフが試作をしていた時に偶然いただけて


めちゃくちゃ美味しくて、もう一度食べたいなあと思ってた一品。


仕込みがかなり大変だそうで、普段のコースメニューでは出てこない。


ホント、美味しい。


複雑なスパイスを感じるのだが、辛くなく、すごく食べやすくて、


なんか体が楽になるような、健康にも良さそうな味。毎日食べたいw。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_1738819.jpg

















8品目は、スイカのシャーベットと


杏仁豆腐桃の樹液


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_1739521.jpg













「南三」のカツカレー、ホント絶品だったなー!


今日も大満足の「南三」中華コースだった。ご馳走様でした!!












■「南方中華料理 南三」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13221235/











by meshi-quest | 2020-08-14 08:08 | 四谷










懇意にさせてもらっている牛たんの名店、


「たん焼 忍」で食事。


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1405719.jpg


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1411626.jpg


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1412616.jpg
















エリンギの炭火焼きと、


絶品の肉じゃが


味が染みてて、「忍」の肉じゃがは絶品。


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1431047.jpg


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1432116.jpg















まずは、ゆでたん


この柔らかさ、この美味しさは「忍」ならでは!


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1443256.jpg















次に、たんシチュー


濃厚なデミソースに、トロトロのたん。これまた絶品。


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1461669.jpg
















そして、ジューシーな焼きたん


たんは茹でても、シチューになっても、焼いても、ホント美味しい。


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_1492280.jpg
















〆は焼きおにぎりたんスープ


最初から最後まで牛たん尽くしの幸せな夕食。


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_14103781.jpg


四谷「たん焼 忍」へ行く。_f0232060_14104688.jpg














■「たん焼 忍」
http://www.tanyaki-shinobu.com/













by meshi-quest | 2020-08-10 08:07 | 四谷







四谷三丁目にある甲殻類料理専門店「うぶか」で食事。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16435625.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16441947.jpg













ここ「メシクエ」でもたびたび私は甲殻機動隊であることを宣言しており、


海老、蟹の登場頻度が高いのだが、


甲殻機動隊の中でも最初から最後まで甲殻類尽くしの有名な一軒。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16443838.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1644524.jpg













料理は月ごとのコースのみ。


まず1品目の先付は、北海道産縞海老から。


トマト、とうもろこし、羅臼昆布のジュレの組み合わせ。


最初から甲殻類!!縞海老甘くて美味しい。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16475941.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1648971.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16482230.jpg













2品目の向付は、鹿児島県産車海老をメインとしたお造り。


兵庫淡路島の、熊本県産のスジアラもあるが、


ここは甲殻類専門店だけあって、


珍しく甲殻類がドーンと大きく、メインのお造りになっている。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16512384.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16515883.jpg













3品目のお椀は、ノコギリガザミ


熊本の赤茄子じゅん菜の入ったいい出汁の一品。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16534615.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16541320.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1654231.jpg













4品目の強肴は、釧路産の毛蟹の共和え。


毛蟹の身と味噌を和えた一品。


毛蟹の身の甘さと蟹味噌の濃厚な旨味が絡んだ絶品。


あと3皿くらい食べたいw。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16572378.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16574617.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16575895.jpg













ここで甲殻類の旨味を最大限に引き出す、


甲殻類のために作られた日本酒登場。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_16584790.jpg













5品目の焼物は、北海道根室産のたらば蟹


焼きたらば、ウマーーーーーー!


そして、付け合わせの山梨産有機栽培ズッキーニもすごく甘くて旨い!


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1712516.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1713785.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1714765.jpg













6品目の揚物は、大きな車海老味噌フライ


海老味噌がたっぷり入った状態で、サックサクに揚げられてるので、


かじると、身だけでなく、味噌の旨味も一緒に口の中に溢れてくる。


フライにもしっかり味がついてて、ソースは無しでそのまま美味しくいただけるが、


実山椒のタルタルソースを付けると、爽やかな風味に。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1742653.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1743794.jpg













7品目の飯物は、北海道紋別産のずわい蟹と真竹の炊き込みご飯。


蟹身と蟹味噌がいっぱいすぎて、ご飯が見えないくらいw。


こんなに蟹いっぱいのご飯、幸せだーーーー!!


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_17143616.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1714495.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_1715049.jpg












8品目の水物は、青梅の甘露煮と赤しそのジュレ。


口の中がさっぱりとする、夏らしい水物。


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_17163156.jpg


四谷三丁目「うぶか」へ行く。_f0232060_171641100.jpg









我こそは甲殻機動隊という方にはぜひオススメしたいお店。








■「うぶか」
https://ubuka.jp/










by meshi-quest | 2020-07-27 08:08 | 四谷







四谷三丁目にある人気焼肉店「名門」で夕食。


四谷三丁目「焼肉 名門」へ行く。_f0232060_22195339.jpg


四谷三丁目「焼肉 名門」へ行く。_f0232060_22204849.jpg


四谷三丁目「焼肉 名門」へ行く。_f0232060_22205971.jpg













韓国海苔もやしナムル


四谷三丁目「焼肉 名門」へ行く。_f0232060_2222303.jpg


四谷三丁目「焼肉 名門」へ行く。_f0232060_22224115.jpg












葉物たっぷりの名門サラダ


肉も食べるなら、野菜もね!


四谷三丁目「焼肉 名門」へ行く。_f0232060_12402984.jpg















まずは、タン塩から。


四谷三丁目「焼肉 名門」へ行く。_f0232060_12412510.jpg















続いて、ハラミカルビ


四谷三丁目「焼肉 名門」へ行く。_f0232060_12415988.jpg


四谷三丁目「焼肉 名門」へ行く。_f0232060_1242797.jpg


四谷三丁目「焼肉 名門」へ行く。_f0232060_12421587.jpg















〆は野菜スープ


四谷三丁目「焼肉 名門」へ行く。_f0232060_12425030.jpg
















サービスで食後にアイスキャンディーがもらえるのが嬉しい。


焼肉食べた後は、なんか一口でもいいから口がサッパリする何かが欲しい。


四谷三丁目「焼肉 名門」へ行く。_f0232060_12435595.jpg










■「焼肉 名門」
http://www.y-meimon.com/









by meshi-quest | 2020-07-15 08:07 | 四谷






四谷三丁目にある日本料理店「旬菜料理 山灯」で夕食。


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_20491817.jpg













本日も魚と肉がどちらも食べられるプリフィックスコース(5000円)。


まずは日本酒と3種の前菜から。


新生姜の酒盗白和え


帆立とオクラの南蛮漬け


蛸桜煮と苦瓜のタプナード和え


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_2110975.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_217204.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_218137.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_2191829.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_2193225.jpg













魚料理はのカダイフ揚げのうるかソース仕立て。


うるか(鮎の肝の塩辛)は本来あまり得意ではないのだが、


このうるかソースは全くクセがなくて、食べやすかった!


鮎も全部食べられるように、頭も骨もカリっと揚がっている。


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_21133365.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_21134747.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_2113577.jpg













肉料理は和牛タンシチュー


和食屋さんの作るタンシチューなので、出汁と醤油を使っていて、


ちゃんとコクがあるけど、さっぱり食べられる一品。


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_21152278.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_21153897.jpg













〆の炊き込み御飯は、伊佐木とドライトマトと大葉。


旨味ある伊佐木に、爽やかなドライトマトと大葉の組み合わせ。


〆にもさっぱりいただけるご飯。


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_21173531.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_21174980.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_2118049.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_2118215.jpg













最後のデザートは抹茶のケーキと白胡麻のチップス。


本格的な味を気軽に食べやすく出してくれる


一通りをしっかり食べれて、満足度の高いコース。


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_21185317.jpg









■「旬菜料理 山灯」
https://yamabikojp.jimdofree.com/











by meshi-quest | 2020-07-14 08:07 | 四谷







曙橋にある予約の取れない大人気焼肉店、


「焼肉ヒロミヤ」にて2階貸し切りの焼肉会。


この日は恵比寿「BBQ610」 のオーナーシェフでもある


上級BBQインストラクターでもあり、肉の卸もやられている


肉と肉焼きの専門家・武藤さんが主催するイベント、


通称「ムトミヤ」の特別会。


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_16461218.jpg


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_16464379.jpg


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_16465140.jpg












いつもの通り、飲み物は飲み放題


ビールでも日本酒でもウイスキーでもご自由に好きなだけ。


ご飯なども各自好きなタイミングで炊飯器から取っていく感じ。


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_16495890.jpg













ムトミヤ、開始!


武藤さんのスペシャル焼肉会なので、なんと網が三段!!!


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_16511881.jpg













はらみ、リブロース、ホルモンなど。


めちゃくちゃ美味しいーーー!!!


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_1655939.jpg


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_16553392.jpg


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_16555986.jpg


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_16565279.jpg


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_1657696.jpg













「BBQ610」で開発、販売されている燻製醤油


このお醤油がこれまためちゃくちゃ美味しくて、お持ち帰りの購入宣言。


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_16591394.jpg













そして、たまらず白飯


参加者の中で、かなり早期の白飯特攻隊の一人だったと思う。


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_1659469.jpg













肩さんかくやランプなど、次々と色んなお肉が登場。


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_1715513.jpg


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_172846.jpg


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_1722438.jpg












メインディッシュは、ウチモモの塊肉!


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_1732170.jpg


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_1733591.jpg













そして、長ネギドーーーーン!!!


こんな焼き方初めてでしたがw、


意外としっかり火が入って、甘みも感じる美味しい焼きネギになる。


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_174330.jpg













〆は冷麺


武藤さんオススメの


フレッシュオリーブオイルを冷麺に入れると、


香りが増して、より美味しくなる。


通常の「ヒロミヤ」も美味しいけど、武藤さんが色んな肉を焼いてくれて、


普段出てこない肉も出してくれる「ムトミヤ」はさらに楽しくて、美味しい。


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_1764380.jpg


曙橋「焼肉ヒロミヤ (ムトミヤ)」へ行く。_f0232060_1765234.jpg









■「焼肉ヒロミヤ」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13177366/









by meshi-quest | 2020-07-02 08:08 | 四谷







四谷三丁目にある日本料理店「旬菜料理 山灯」で夕食。


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_14525896.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_14531163.jpg













燗酒をオススメしていて、すっきり飲みやすいお燗をいただく。


長らくずっと日本酒は冷酒一筋だった私が


お燗もいいなと思うきっかけになったのは、


吉祥寺にあった「カイ燗」という燗酒居酒屋の名店だったのだが、


「山灯」の大将もまさに「カイ燗」と懇意な方で、偶然四谷と吉祥寺が繋がったw。


メシクエストをやる醍醐味の1つというか、こういう繋がりや発見が面白かったりする。


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_14582462.jpg













コースは品数によって違う2種類のコースで、


メインとご飯が選べるプリフィックス。


今回は魚も肉もいただける5000円のコースにした。


まず1品目の前菜は、本鮪苦瓜のタルタル風。


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_1513699.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_1515054.jpg













2品目は、新生姜の酒盗白和え。


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_1532814.jpg













3品目は、帆立とズッキーニの南蛮揚げ。


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_1544485.jpg













4品目は、メニューから選べる魚料理で、


ときしらずと夏野菜のオイル煮を選択。


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_15503148.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_15504878.jpg













5品目は柔らかくて、食べやすい和牛タンシチュー


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_1555284.jpg













6品目は甘鯛の松笠と三つ葉の炊き込みご飯。


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_15565833.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_15572170.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_15573098.jpg


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_15574082.jpg












7品目のデザートは抹茶の黒蜜の和風ケーキ


四谷三丁目「旬菜料理 山灯」へ行く。_f0232060_15585020.jpg










前菜、メイン、ご飯、デザートも丁寧に作られてて、


しっかりボリュームあって、美味しくて、


「旬菜料理」の名の通り、旬の食材の美味しさを堪能できる。


これで5000円はものすごくリーズナブルで満足感が高い。


小さなお店が多い荒木町にあって、お座敷も完備されてるので、


会食や家族でのゆっくりとした食事にも使える。








■「旬菜料理 山灯」
https://yamabikojp.jimdofree.com/











by meshi-quest | 2020-06-30 08:07 | 四谷
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン