カテゴリ:旅行_国内( 324 )









仙台在住の方に教えていただき、


港に近い宮城県塩釜に本店がある


仙台の大人気寿司屋「塩釜 すし哲」で夕食。


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_23482952.jpg


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_23484888.jpg















「すし哲」名物のカツオの酢の物


よくある醤油や薬味で食べるカツオではなく、


甘酢大根おろし香味野菜を混ぜていただく。


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_23504471.jpg















このカツオの酢の物、めちゃくちゃ美味しい!


カツオはもちろん嫌いではないけど、


そこまでカツオが好きな方ではなくて、


ただ、この甘酢の酢の物を食べて、永遠にカツオが食べれそうなくらい美味い。


これはすごいなー。


仙台来たら、絶対食べていただきたい一品。


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_23535710.jpg















オススメのにぎりが盛り合わせになった


「すし哲物語」(4280円)。


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_23554035.jpg


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_23561174.jpg


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_23554815.jpg















塩釜の鮨の特徴は、


冷凍ではない生のマグロと、


子持ち昆布のにぎりと煮タコのにぎりだそうで、


確かに、東京ではなかなかいただけない美味しいにぎりだった。


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_23575134.jpg


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_235808.jpg


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_2358992.jpg














〆は、自家製のマンゴーシャーベット


美味しいお寿司だった。


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_23592175.jpg













■「塩釜 すし哲」
https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4000160/









「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ









by meshi-quest | 2020-10-17 08:07 | 旅行_国内







日帰り仙台出張








前回の仙台出張の際にもお邪魔させていただき、


とても美味しかった鮨屋「塩釜 すし哲」で食事。


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_20113586.jpg












「すし哲」名物のカツオの酢の物


東京ではカツオは醤油や薬味で食べることが多いが、


ここでは甘酢大根おろし香味野菜をよーく混ぜていただく。


これが驚くほど美味しくて、クセになる。


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_20154990.jpg


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_2016112.jpg













前回同様、オススメのにぎりが盛り合わせになった


「すし哲物語」(4280円)をいただく。


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_20183874.jpg


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_20184958.jpg


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_2018582.jpg


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_2019157.jpg













塩釜のお鮨の特徴である、


冷凍してない生マグロ子持ち昆布煮たこも美味しかった。


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_2020233.jpg


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_20203443.jpg


仙台「塩釜 すし哲」へ行く。_f0232060_20204334.jpg










■「塩釜 すし哲」
https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4000160/











by meshi-quest | 2020-10-03 08:08 | 旅行_国内









仙台駅近くにある紅茶洋酒のお店「リンクス」でランチ。


仙台「紅茶と洋酒の店 リンクス」へ行く。_f0232060_2332112.jpg


仙台「紅茶と洋酒の店 リンクス」へ行く。_f0232060_23321910.jpg















ランチのメニューは


サラダ、スープ、前菜、メインに、デザートや紅茶が付く


スペシャルランチ(1800円)のみ。


まずは、バジルの冷製ポタージュ。


仙台「紅茶と洋酒の店 リンクス」へ行く。_f0232060_23353764.jpg















本日のメインは、煮込みハンバーグ


サラダはツナと海老のサラダ、


前菜はカポナータに、とうもろこしとチキンのテリーヌ。


仙台「紅茶と洋酒の店 リンクス」へ行く。_f0232060_2338122.jpg


仙台「紅茶と洋酒の店 リンクス」へ行く。_f0232060_23381463.jpg


仙台「紅茶と洋酒の店 リンクス」へ行く。_f0232060_23382366.jpg


仙台「紅茶と洋酒の店 リンクス」へ行く。_f0232060_2338318.jpg


仙台「紅茶と洋酒の店 リンクス」へ行く。_f0232060_23383912.jpg


仙台「紅茶と洋酒の店 リンクス」へ行く。_f0232060_233849100.jpg
















デザートは、紅茶のキャラメルが掛かったパンナコッタ


仙台「紅茶と洋酒の店 リンクス」へ行く。_f0232060_23392420.jpg


仙台「紅茶と洋酒の店 リンクス」へ行く。_f0232060_23393465.jpg















紅茶のお店だけに、食後の紅茶は種類豊富なメニューから選べる。


ダージリンT.G.F.O.P.を。


飲みやすい、上品な香りのダージリン。


仙台「紅茶と洋酒の店 リンクス」へ行く。_f0232060_23411465.jpg
















せっかくのなので、もう1杯追加注文。


ロイヤルミルクティー
も美味しかった。


仙台「紅茶と洋酒の店 リンクス」へ行く。_f0232060_23415992.jpg













■「紅茶と洋酒の店 リンクス」
https://singlinks.com/wordpress/













by meshi-quest | 2020-09-21 08:06 | 旅行_国内









仙台駅の繁華街近くの大きな商店街の中にある隠れ家カフェ


「café haven't we met Opus」でお茶。


仙台「café haven\'t we met Opus」へ行く。_f0232060_23125382.jpg


仙台「café haven\'t we met Opus」へ行く。_f0232060_2313861.jpg















ここのカフェ、まさに隠れ家で、


商店街の中にある半地下の「すき家」の横の入口を入り、


仙台「café haven\'t we met Opus」へ行く。_f0232060_2314419.jpg
















すき家横の長い廊下をひたすら進み、


仙台「café haven\'t we met Opus」へ行く。_f0232060_23182779.jpg
















なんと一旦外に出て、


別の建物の2階に上がると、目的のカフェがある。


仙台「café haven\'t we met Opus」へ行く。_f0232060_23194812.jpg


仙台「café haven\'t we met Opus」へ行く。_f0232060_23195837.jpg


仙台「café haven\'t we met Opus」へ行く。_f0232060_2320662.jpg















こんな分かりにくい場所にあるが、


中は開放感があり、とてもオシャレで、若い人達で賑わっていた。


仙台「café haven\'t we met Opus」へ行く。_f0232060_2324180.jpg


仙台「café haven\'t we met Opus」へ行く。_f0232060_23241033.jpg















ベイクドチーズケーキカフェオレ


美しいフォトジェニックなチーズケーキ。


チーズケーキも甘さ控えめでとても美味しく、カフェオレも良かった。


いいカフェ。


仙台「café haven\'t we met Opus」へ行く。_f0232060_23262644.jpg


仙台「café haven\'t we met Opus」へ行く。_f0232060_23265688.jpg


仙台「café haven\'t we met Opus」へ行く。_f0232060_2327395.jpg














■「café haven't we met Opus」
http://haventwemet.jp/













by meshi-quest | 2020-09-20 08:08 | 旅行_国内









仙台出張









仙台で有名な大盛の聖地「久美食堂」で夕食。


噂を聞いてぜひ行きたかったので、めちゃくちゃテンション上がる。


仙台・北四番丁「久美食堂」へ行く。_f0232060_22314377.jpg


仙台・北四番丁「久美食堂」へ行く。_f0232060_22315325.jpg















昔ながらの地元の食堂という感じだが、


店内は老若男女、大人気の満席


仙台・北四番丁「久美食堂」へ行く。_f0232060_22371186.jpg















メニュー豊富で、どれもが大盛。


悩んだ挙句、みんなでカツ丼&半ラーメンセットを。


4つ並んだ、このカツとラーメンの圧倒感(笑)。


しかも、カツもラーメンもたっぷりで1045円という安さ!


仙台・北四番丁「久美食堂」へ行く。_f0232060_22401123.jpg















かなりのボリューム。


想像の斜め上をいく大盛っぷり


横の唐辛子の瓶と比べると、その大きさが明白。


仙台・北四番丁「久美食堂」へ行く。_f0232060_2248517.jpg















大盛で安いとなると、


正直、大味であまり美味しくないんじゃないかと思ってしまうが、


このカツ丼もラーメンもちゃんと美味しいのが驚き!


大盛で美味しくて安くて、こりゃ、混まないわけがない。


仙台・北四番丁「久美食堂」へ行く。_f0232060_22581462.jpg


仙台・北四番丁「久美食堂」へ行く。_f0232060_22582440.jpg















しかし、ご飯の量、すげーなw。


仙台・北四番丁「久美食堂」へ行く。_f0232060_22584692.jpg
















他の人が頼んだ五目あんかけ焼きそば


味は普通に美味しいのだが、3人前くらいあるw。


仙台・北四番丁「久美食堂」へ行く。_f0232060_230975.jpg


仙台・北四番丁「久美食堂」へ行く。_f0232060_2302025.jpg















こっちはから揚げ定食(864円)。


から揚げ、サックサクでかなり美味しく出来てて驚いた。


仙台・北四番丁「久美食堂」へ行く。_f0232060_232128.jpg


仙台・北四番丁「久美食堂」へ行く。_f0232060_2321696.jpg















さすがに私は完食できなかったが(泣)、


男性陣は完食してて、お椀の底が綺麗に見えていた。


普通に美味しかったなあ、「久美食堂」の定食。


また機会があったら、ぜひまた他の定食にもチャレンジしたい。


仙台・北四番丁「久美食堂」へ行く。_f0232060_2333983.jpg














■「久美食堂」
https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4002711/













by meshi-quest | 2020-09-19 08:08 | 旅行_国内








短い仙台出張の最終日は、やっぱり牛たん


地元の方に聞き、仙台に数ある牛たん屋の中の人気店の1つ、


「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ。


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_2313023.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_231397.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23131717.jpg















きゅうりの一本漬けと、


定義の三角揚げいぶり。


縁結びで有名な宮城県の「定義山」の名物三角油揚げだそうで、


普通の油揚げよりも厚みがあって、大豆の旨味も感じる美味しい油揚げ。


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23181772.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23182551.jpg















名物の真中たん定食(4枚、3050円)。


通常のたんではなく、上下左右を切って、


真ん中だけの美味しいたんを焼いたもの。


厚切りなのに、すごく柔らかい!


テールスープも葱たっぷりで、濃すぎず、薄すぎずで美味しかった。


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23254885.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23263892.jpg


仙台「たんや善治郎 仙台駅前本店」へ行く。_f0232060_23264637.jpg











■「たんや善治郎 仙台駅前本店」
https://www.tanya-zenjirou.jp/













by meshi-quest | 2020-08-02 08:06 | 旅行_国内









仙台出張








地元の方に美味しいとお聞きした


塩釜港近くにある人気寿司屋「亀喜寿司」でランチ。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2228133.jpg















店内はカウンター、テーブル、座敷もあって、席数も多いが、


到着時は満席で、次の予約客が来るまでの間、カウンターに入れさせてもらった。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22411255.jpg















メニューはこんな感じ。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22442311.jpg
















2種類の美味しそうな玉子の前のアリーナ席w。


これは玉子を食べねば!!


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22415885.jpg















葱とカニ身が入った厚焼き玉子


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2245178.jpg


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22452616.jpg














季節の盛り合わせ(3500円)。


海老は頭の海老味噌付き、本マグロのとろ、とり貝、


カツオ、アジ、穴子、カニ身など。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22474036.jpg


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22475314.jpg


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2248376.jpg















今が旬の深海魚メヌケのあら汁。


旨味がしっかりあるのに、変に脂っぽくなく、


意外にサッパリしてて食べやすいあら汁。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2249328.jpg















追加注文で、メバチの中トロ、蒸し海老、メヌケの3つ。


メバチは10日熟成して、中トロ部分をはがしたもの。


正直、あまりメバチに美味しいイメージが無かったけど、


このメバチはすごく美味しかった!


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22525872.jpg


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_2253137.jpg















食後はもう1つの玉子焼き、すり身入り。


卵の代わりに、魚のすり身を使って、


甘くフワフワに作った寿司屋のシフォンケーキ。


メニューでも「デザート」の中に入ってる一品。


確かに、おかずと言うより、デザート。


本塩釜「亀喜寿司」へ行く。_f0232060_22563453.jpg










■「亀喜寿司」
https://tabelog.com/miyagi/A0404/A040404/4000004/












by meshi-quest | 2020-08-01 08:06 | 旅行_国内








名古屋のB級グルメと言えば「海老ふりゃ~」だが、


海老に縁があるのか、名古屋駅近くに


オマール海老のビスクラーメンなるものを出してくれる店があると聞き、


夜ラーメンの背徳感も味わいながら「麺屋はやぶさ」へ。


名古屋「麺屋はやぶさ」へ行く。_f0232060_1140935.jpg


名古屋「麺屋はやぶさ」へ行く。_f0232060_11401827.jpg















お店の人気メニューである


オマール海老のビスクラーメン(980円)を注文。


綺麗な黄色で見た目は華やか。


名古屋「麺屋はやぶさ」へ行く。_f0232060_11422479.jpg















ただ、残念ながら、味は全くオマール海老を感じず、


オマールどころか、海老を感じず、チーズしか感じなかった。


甲殻類のビスクは大好きな新宿「五ノ神製麺」もそうだけど、


しっかり出汁が取れると、もう少し赤っぽいオレンジになるはずだが、


こんな鮮やかな黄色はチーズとか、他の食材のボリュームが多いからなのかな・・。


値段もそこそこ高めだし、オマール海老という名前を出して謳ってるので、


すごく楽しみにしていただけに、残念。


名古屋「麺屋はやぶさ」へ行く。_f0232060_11485898.jpg















味変のためのセットが付いてくるけど、


あくまで「味変」するだけで、オマール海老が強調されたり、


オマール海老の味がうまく味変する訳ではなかった。


名古屋「麺屋はやぶさ」へ行く。_f0232060_11495584.jpg











■「麺屋はやぶさ」
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23064343/












タグ:
by meshi-quest | 2020-05-31 08:02 | 旅行_国内









京都出張









仕事の合間に、京都の繁華街・四条河原町の路地裏にある


自家焙煎カフェ


「IKARIYA COFFEE KYOTO イカリヤコーヒーキョウト」へ。


京都「IKARIYA COFFEE KYOTO」へ行く。_f0232060_19543271.jpg


京都「IKARIYA COFFEE KYOTO」へ行く。_f0232060_19544022.jpg















ちょうど名物の米粉のバウムクーヘンが出来上がったところ。


京都「IKARIYA COFFEE KYOTO」へ行く。_f0232060_19554856.jpg















しっとりモチモチで、卵ケーキのような優しい味わいで、


好きな味のバウムクーヘン


ほど良い甘さも、香り良い美味しいコーヒーと合う。


バウムクーヘンもコーヒーもテイクアウトが可能。


京都「IKARIYA COFFEE KYOTO」へ行く。_f0232060_19571716.jpg


京都「IKARIYA COFFEE KYOTO」へ行く。_f0232060_19582848.jpg













■「IKARIYA COFFEE KYOTO」
https://ikariyacoffekyoto.gorp.jp/













by meshi-quest | 2020-05-16 08:06 | 旅行_国内







お仕事で名古屋








いい感じにお昼くらいに到着。


名古屋に来たからには、コレを食べないと始まらん!!


というわけで、ひつまぶし専門店「まるや本店 名鉄店」でランチ。


名古屋「まるや本店 名鉄店」へ行く。_f0232060_1749139.jpg


名古屋「まるや本店 名鉄店」へ行く。_f0232060_17493445.jpg


名古屋「まるや本店 名鉄店」へ行く。_f0232060_17501589.jpg












肝吸い付きの上ひつまぶし(4000円)をいただく。


名古屋「まるや本店 名鉄店」へ行く。_f0232060_17525585.jpg












上ひつまぶし、キターーーーー!!


江戸っ子の私は鰻はうな重でいい派だったので、


全くひつまぶしの良さを理解出来ていなかったが、


美味しいひつまぶし店でいただくと、


同じ鰻とご飯の組み合わせなのに、


ひつまぶしとうな重では味とか食感が微妙に違ってて、


これはこれで美味しくて、別の料理だなと思う。


名古屋「まるや本店 名鉄店」へ行く。_f0232060_1756659.jpg


名古屋「まるや本店 名鉄店」へ行く。_f0232060_17564156.jpg












最後に薬味と出汁をかけて、うな茶を。


東京でいただく、ガツンとした鰻とはまた違うが、これはこれでとても美味しい。


名古屋「まるや本店 名鉄店」へ行く。_f0232060_17582629.jpg


名古屋「まるや本店 名鉄店」へ行く。_f0232060_17583691.jpg


名古屋「まるや本店 名鉄店」へ行く。_f0232060_17584798.jpg


名古屋「まるや本店 名鉄店」へ行く。_f0232060_17585677.jpg










ちなみに、東京ミッドタウンにも店舗があるので、


本場名古屋のひつまぶしを東京で食べたい場合はぜひ。








◼︎「まるや本店 名鉄店」
https://www.maruya-honten.com/










by meshi-quest | 2020-05-09 08:08 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン